御疲れ様

user-pic
0

「この開発は何としてもサンシステムに頼みたい」と言う取引先の依頼から、度重なる打合わせを交わし、その後、約1年の開発期間を経て完成した大型生産設備の写真をアップしようとしたものの、幾ら写真を加工して詳細が解らない様な状態に出来たとしても、守秘義務やコンプライアンスを考えた場合には、如何なる写真も公開は慎むべきと言う判断に至りましたが、幾つもの予期せぬ偶発的な課題を克服しながらも、昨日は要約出荷の運びとなりました。

ちなみにA君は責任感を滲ませながら「ここまで来たら思い入れもありますから」と言う様な言葉の後にも積出しを済ませた車を見送り、また隣にいたKさんも安堵感からか、何処か遠くを仰いでいるかの様な虚ろな眼差しの表情でしたが、最後まで出荷に立会ってくれた両名に敬意を祓いつつ、心の中で「本当に御疲れ様でした」と呟いたのは言う迄もありません。 

今朝は昨日の研修会の報告を書き込むつもりでしたが、そちらはテレビや新聞等のメディアで紹介される様ですので、私が車椅子に乗って運ばるシーンを是非御覧頂ければと思います。

会議

user-pic
0

昨日は埼玉県内の取引先2社を訪問すると、「埼玉県民の日」との事で、行きは早い時間帯にも関わらず、各所で渋滞が起きていたのは未だ良い方で、帰りは事故や工事も合間って、ありとあらゆる道路で渋滞が起きており、施設を無料開放している東松山の森林公園や上尾の水上公園等の周辺道路は駐車場に入る車が右往左往している状態でした。

話は変わり、管理職研修やリーダー研修、もしくはファシリテーションを学んだ事のある皆さんには御釈迦に説法かも知れませんが、会議や打合せ、ミーティングと言った場では、議長や司会等は会議等の日時決定や人選に始まり、その場においては各人の意見を聞き出し、それらを集約するのが目的であり、自分では意思決定をせず、全員の意見を集約し、数多いワードを具体的な文言に落とし込み、その中から結果を打合の参加者に導き出して貰う手法と、報告型の2通りがあり、それらの具体的な手法は割愛しながらも、弊社でも稀に会議の進め方や打合せ、朝礼の在り方等を模索しているものの、全てマニュアル通りが良いとは考えておらず、それらの手法を取り入れながら、創造性を重んじる開発型エンジニアリング企業に相応しい会議や朝礼の在り方を模索して参りたいと考えております。

また其の様な研修の前にまず本で予習をしてみたいと言う方に、個人的に御薦めするとしたら、入院中に息子が買って来てくれたので読ませて貰った「1分間ファシリテーション」と言う本が解り易くて宜しいかと思いますが、自己啓発を如何に捉えるかは・・・

付加価値

user-pic
0

昨朝はM君へ「駄物しか加工出来ませんと言っていたのでは企業の存続はあり得ない」と言う様な話をさせて頂きましたが、弊社では今後も「これだけはどうしてもサンシステムさんに作って貰いたい」と言って頂ける品質と精度に拘って参りたいと考えております。

またF君には、簡単な設計や汎用機ばかりしか出来ない様では、付加価値以前に価格競争に巻き込まれ、「技術は無いけど安くも出来ない」、終いには「仕事が貰えない」と為らない様にとか、景気が良くて手頃な仕事が流通している時は未だしも、景気が悪くなると安心して設計を頼める技術力の高い企業に注文が偏ると言った過去の経験を鞭撻し、弊社の社員には、開発力以前に考察力を高め、物事を分析したり、様々な想定をしたり、幾つかの仮説を立てながら日々の業務にあたるようにと言った内容の話をさせて頂きましたが、その2名に私の思いが伝わったのか否かは定かではありません。

また今迄も其の様に全社員へ想いを伝えて来たつもりではいたものの、「また社長が何か言ってる」「煩い奴」で終わっていたのかも知れないと思うと、「この30年間、自分は社員に何を伝えて来たのか」と遣る瀬無い気持ちに苛まれてしまいながらも、社員からしてみれば社長の説法なんて・・・

しかしながら、創業時から積み重ねて得た信用も、一瞬にして失う現実を身を持って経験して来ましたので、私の説法はさて置き、社員の皆さんには、心して日々の業務にあたって頂きたいと、切に願う朝でした。

挑戦

user-pic
0

昨日の午前中は群馬労働局高崎公共職業安定所から2名の方に御越し頂き、いろいろな御話をさせて頂いたり、求人活動に際するアドバイスを頂きましたので、今後の活動に役立てたいと思います。

私が知らなかっただけかも知れませんが、今迄は職安の方々が企業側に寄り添った活動をされているなどは思っても居ませんでしたので、昨日の訪問は目から鱗と言うか、私自身も気付かされる事が多くあり、普段は聞けない様な相談や、弊社の資料を見て頂きながら率直な意見を伺う事が出来ました。

今後も行政との連携を維持しながら、地元地域に貢献出来れば幸いです。

また午後には群馬県内の某計測器メーカーを訪問し、新規ロボット案件の打合せに出掛け、長々と御話をさせて頂きましたが、今日は光学機器メーカや自動車部品メーカーを訪問し、新規設備案件の打合せを行い、明日は大手コンベアメーカーに出向き、弊社が販売したロボットが兵庫県から大型トラックで直送されるにあたり、受入れや仕様の確認に立会い、明後日は群馬県次世代産業推進課主催の介護福祉用具開発セミナーに参加する予定となっており、その間にも経営面や事務的な要件に勤しむわけですが、私事はともかく、社内では明後日に船便で海外へ輸出する設備機械の追い込みに入っているものの・・・

まずは何歳になっても日々挑戦と言った処でしょうか。

偶然

user-pic
0

昨朝は会社周辺の落葉拾いやゴミ拾いをしていると、行きかう近隣の方々から次々に声を掛けて頂き、その度に「はようございます、いつも騒がしくして申し訳ありません」と返事をすると、其々に表現の違いはあれど、皆さん快く「社長の会社なんか静かなもんだよ、全然気にする事ないよ」と言った言葉を返して下さいましたが、御蔭様で朝から清々しい気持ちになれたのは言う迄もありません。

その後は妻と御昼に外出をしてから会社に戻った13時丁度の事、何処かで見ていたかの如く、席に着いた途端に会社の電話が鳴ったので出てみると、この場では要件を御伝えする事は出来ない迄も、話を聞くと、私の携帯電話に電話をしようとしたものの、間違って会社に掛けたてしまったとの事でしたが、そのタイミングで私が会社に居た事や、逆に私が携帯電話を自家用車の中に放置したまま社内にいた事、更には相手が間違って会社に電話を掛けてしまった偶然の積み重ねに、何とも不思議な感覚を覚えた次第です。

user-pic
0

 昨日は会社の休日ではあったものの、弊社のY君が輸出間近の装置に組込まれた真空ポンプのオイル抜きを行い、オイルパンのカスタマイズを施したり、先週に引き続きA君が設計図面を取りまとめたりと、彼らの努力を垣間見た次第ですが、改めて「皆の努力が報われる会社にしなければ」と自らの使命を犇々と感じた週末となりました。

ちなみにY君が意外と非力なのと同時にパイプレンチの使い方を知らなかった事を伺い知る事が出来ましたが、それは注視すべき事柄ではなく、また無理して怪我でもしない様に、非力な事を弱点と捉えず、安全を担保した上で成果に結び付ける方法を考えて頂く事が望ましく、また自身が経験した事を次に生かせるエンジニアになる事が最も重要な要素になりますので、知らない事は恥ずかしい事と思わず、若い内は沢山の経験と知識を貯め込み、歳を取ってからは其れらの知識と経験を生かし、更なる極みへと発展させて頂ければ幸いです。

ちょっと話の方向性は変わりますが、私が18歳の時に「ジョハリの窓」を学び、未だに脳裏に焼付いたままになっており、あれから40年以上経った今でも、日常生活おいて、その学びが役立っております。

自分も相手も知っている

自分は知っているが相手は知らない

自分は知らないが相手は知っている

自分も相手も知らない

ここ数日、若い時に得た知識や技術は自分自身の人生の財産になると実感する機会があった事から、今朝は改めて「ジョハリの窓」に触れたものの、詳細に関しては皆さんも御存じの事と思いますので、敢えて解説は割愛させて頂きます事を御了承下さい。

 

以下は個人的に気になる話題を御紹介

リハビリテーション向けの歩行練習デバイスにロボット制御システム「V-Sido」を提供

https://www.asratec.co.jp/2018/11/09/23642/

下積み

user-pic
0

私事で恐縮ですが、この所は社用外出や出張が続いており、来週以降もしならくは同様の状態が続き、12月から1月は年末年始業務に追われ、2月から4月末迄は決算業務が待ち構えている他にも、来季に向けての事業計画書やBCP、環境アセスメント、環境取組報告書を作成しなければ成りません。

そんな状況にも、昨日は以前から個人的に親交のある某エンジニアリング会社で汎用のフライス盤と旋盤を使って加工をしている Oさんと言う方が、こんな事を仰っておりました。

「私は今年で73歳になるけどフルタイムの正社員で働いているんだよ」

「皆さん『もう〇〇歳だから』と考えるから可笑しな事になるわけで、歳の事は考えなければ1年なんてあっと言う間に過ぎてしまい、3年前や5年前の事なんて最近の事の様に感じるよ」

それを聞き、「確かに Oさんの様に余計な事は考えず、それ迄の経験を生かして気心の知れた会社の仲間達と働くのも充実した生き方かも知れない」と感じながらも、それには蓄積された技術や知識が必要と考えた場合には、昨今言われている「下積みレス社会」を生き抜く若者達の生末及び日本の将来を案じずには居られません。

セミナー

user-pic
0

DSC_0048.JPG群馬県若者支援センター 加藤代表主査「平成30年度関東経済産業局における地域中小企業小規模事業者の人材確保支援等事業、情報発信強化セミナー」に参加しました。

簡単に紹介してしまえば、求人にあたり企業側が気を付けなければいけない要件が主な内容に成りますが、それを知らずして求人活動を行うのはかなりのリスクがあり、何かに例えるとしたら、道交法を知らずに車を運転するのと同じと言ったところでしょうか。

ここ数年は私自身も今迄何度となく、この手のセミナーに参加して来ましたが、ここ数年は度々労働法が改正されたり、面談や説明会の際にも個人情報保護法に基ずく応対が求められている事から、弊社のみならず、今時は企業側の人事担当者も事ある度に知識をブラッシュアップしていく必要があります。

「知らなかった」

「聞いていない」

「教えて貰っていない」

法令には其れらが通用する筈も無く、幾ら社労士や労務管理士を取り込んでいるからと言っても、直接人と接する企業側がモラルやコンプライアンスの尊厳を果たす義務があると考えた場合には、弊社の取るべき行動は明確です。

そんな事もありつつ、今日は自ら午前中に光学機器メーカーへ新規案件の打合せや光学機材の引渡しを行い、午後は医療機器の開発から製造迄を手掛けている企業へ納品と事務手続きに出掛けて参りますが、社内では来週前半に南アジアへ船便で輸出する装置の出荷作業に追われたり、特殊な光学検査機の追い込みに入っており・・・

判断

user-pic
0

イレギュラーな事が無い限り、毎朝早朝出社をしていると、とかく暇人扱いをされますが、当の私でさえも、客観的に考えた場合には、始業時間が8時半にも関わらず、4時半頃に出社をするなんて余程の暇人なのだと認識をしておりますので、何方様も悪しからず御了承下さい。

私が早朝出社をする理由は、誰にも気を遣わずに静かな状況下で集中して経営者としての仕事をしたい為であり、経営的な視点で物事を見極めたり、経営上、冷静な判断が必要とされる業務を施しており、始業後は社内外の社用に勤しんでいる次第です。

稀に朝は感性の高まる時間で夜は想像性の高まる時間と言われていますが、それも然る事ながら、私自身、学生の頃は毎朝3時頃から新聞配達や魚屋でアルバイトをしていた事から、いつしか其れに合わせた体内時計が構築され、必然的に朝方体質になったのだろうと思われます。

また実際に朝方の勉強を推奨している方々も多くいらっしゃり、それらは科学的にも実証されている事から、重要な判断をする際には、朝の時間帯が良いとされてはいますが、それに関しては朝方の私でさえも、全ての人に当て嵌るとは考えておらず、朝方の人も居れば夜型の人も居ますので、大切な事は人として社会に調和出来ているか否かではないかと受止めております。

そんな今日は午後からグリーンドーム前橋で催される求人関連のイベントへ参加しますが、早く相応しい人が現れてくれる事を切に願うばかりです。

訓練

user-pic
0

DSC_0044.JPG昨日の午後は群馬県産業技術センターで催された「BCP机上訓練実施によるBCMの推進」と題したセミナーを受講して参りました。

今回は 8 グループに分かれて、実際の防災訓練に始まり、BCPのブラッシュアップの為のBCMを実技と講義を交えながら、一通りの訓練要綱を学ぶ事が出来ました。

ちなみにアップさせて頂いた写真は、弊社のM課長がグループ内の意見を集約し、大勢の前で発表をしてる際の光景ですが、彼の堂々と落着いた話し方に「私も見習わなければ」と感じたのは言う迄もありません。

カテゴリ

月別 アーカイブ

アイテム

  • DSC_0048.JPG
  • DSC_0044.JPG
  • P1000823.JPG
  • P1000822.JPG
  • 20181026140940.jpg
  • DSC_0037.JPG
  • DSC_0036.JPG
  • 0807-1.JPG
  • 0806-1.JPG
  • DSC_0029.JPG

タグクラウド