未来

user-pic
0

数日前に創業当時の出来事を紹介しましたが、今日は続編を紹介させて頂きたいと思います。

起業した当時は設計をするにも手書きのドラフターではなく、既にCADが普及していた事もあり、私も設計に必要不可欠なCADを購入しようと650万円の融資の相談に某銀行へ出掛けると、融資担当の方から「事業計画書を持って来て下さい」と言われ、後日改めて出直すと、今度は「審査をしておくので1週間後に来て下さい」と言う事でしたので、1週間後に再び訪れると、大勢の人達が見ている前で、「忙しくて面倒を見ていられないので信用金庫にでも行って相談して下さい」と恫喝され、更に提出済の事業計画書の返却を求めると「あんなものは捨てたよ」と信じられない言葉が返され、それを知人に話したところ、数日後に「五十嵐さんの話を東和銀行の人に話をしたら事業計画書を持って銀行に来るようにと言ってくれましたよ」と言うので直ぐに電話をしてみると、「夜7時頃に来い」と言うので訪ねてみると、厳つく恰幅の良い支店長が待ち受けており、「私が面倒を見てやるから、恩を仇で返さない様に真面目にやるんだぞ」と言われ、まずは事なきを得る事が出来ましたが、その当時の出来事は22年経った今でも忘れる事はありません。

その後は登記をしようと法務局へ出掛けると、幾度となく書類の修正をさせられ、解らない所を教えて貰おうとしても文献を渡されるだけで、終いには「ここは受付をする処で書き方を教える処ではありません」と怒られてしまい、それも知人に相談をすると「悪い事は言わないから御金が掛かっても司法書士に頼みなさい」と言われたものの「その数十万円の御金があれば苦労はしないよ」と心の中で呟いたのも、今では苦い思い出です。

今は起業をするにも其の様な生々しい苦労をする人は居ないと思いますが、今の私に大切なのは、その様な今迄の苦労ではなく、この先にある未来ではないかと感じる昨今です。

ビジネス

user-pic
0

以前に山梨県立科学館に勤務していた高橋さんがテレビのドキュメンタリー番組に出演していたので、驚きながら見ていると、今は八ヶ岳でNPOを設立し、病院や養護施設を訪問しながら、移動プラネタリュームと称し、プラネタリュームコンテンツの上映や解説をされている様子が紹介されていましたが、高橋さんの個人情報には触れないまでも、彼女を含めて、いろいろな事をビジネスにしてしまう人がいる事に改めて感心させられる昨今、ビジネスに大切なのは「自社のビジネスモデルはこれ」と決めつけるのではなく、良い意味でブレも必要と言うか、ビジネスの勘を働かせ、既存の技術やサービスから如何に新たなビジネスを見出せるかが重要なのではないか感じています。

前置きが長く成ってしまい恐縮ですが、その挑戦する彼女の姿に、私自身も「まだまだ様々な事にチャレンジしなければ」と感銘を受けながらも、いろいろな意味で頭の痛い朝を迎えております。

訪問

user-pic
0

今週は久し振りに各取引先を訪問しましたが、未だに訪問出来ていない取引先に至りましては、申し訳なさや心苦しさを感じる次第です。

また来週以降も各取引先の訪問を予定しておりますので、出来る限り多くの御客様と御会いして参りたいと考えております。

しかしながら時間に追われた昨日は、2度ほど車両事故を起こしそうになり、全ての用事が済んだ処で反省をしながら帰路に経ちましたが、一度出掛けると余程の事が無い限り休憩をしない性格な為、社員も私とは余り出掛けたがらないと言う話はさて置き、改めて車の運転には気を付けたいと思います。

そして社内を見渡せば、しばらく心労が続きそうな状況ではあるものの、「経営者たるや社員の前では常に明るく元気良く」と言う教えの基に・・・

創業

user-pic
0

最近のブログはネガティブに受け取られたのではないかと反省をしておりますが、その様な意識は全く無く、寧ろ常に前向きに頑張るが故に、苦悩する毎日を書き綴ったに過ぎず、こうして書き込みをしている今も「もっと良い会社にするにはどうするべきか」「社員の資質を高めるにはどうしたら良いだろうか」と悩みが尽きる事はありません。

誤解を与えそうな時はブログを休むべきなのかも知れませんが、7年前から意味があってブログの書き込みを続けている事もあり・・・

鬱陶しい話はさて置き、あと1週間で10月に成ろうとしておりますが、10月と言えば弊社の創業した月でもあり、早いもので今年で22周年を迎えようとしております。

改めて感謝の意を申し上げるつもりではおりますが、皆様には謹んで御礼を申し上げます。

創業当時は休みもままならず、忙しくない時にはビジネスの繋がりを求めて知人を訪ねたりしましたが、普段の生活と言えば、早朝から取引先へ打ち合わせや納品に出掛けると、午後には事務所に戻り黙々と設計を熟し、夜に成ると今度は組立作業に勤しみ、数日間の徹夜は当たり前で、床に段ボールを敷いて仮眠するのは日常的と成り、そのまま朝に成ると再び取引先へ出掛ける事も度々ありました。

当時は社用で出掛けると、大手企業を見掛ける度に飛び込み営業に勤しむものの、虫けらの様にあしらわれたり、人間である事を否定されたり、ゴミ扱いされたりと、散々な想いを強いられて来ました。

更には社員募集をしようと職安に求人票の届け出をした際の事、受付の人に「ちょっと待って下さい」と言われ、程無くすると、職安の女性所長が出て来て「あなた、社員を募集するのは構いませんが、社員の人達の仕事は確保出来るんでしょうね」と恫喝されたのは未だに忘れる事が出来ません。

当時はバブル崩壊直後だった事もあり、倒産や破綻が多く、その逆に起業する人等は珍しかったのかも知れませんが、未だに心の傷は癒えておらず、今後も癒える事はないものと思われます。

ある時には埼玉、栃木、福島、宮城と打合せやら納品に出掛けると、最後の取引先で用を済ませた頃には午後6時を過ぎてしまい、休む間もなく移動を続けていた事から「5分くらい仮眠しよう」とサービスエリアで休んでいると、目が覚めたのが午前3時頃だった事もあれば、埼玉の取引先へ打合せに出掛けた時には寝不足から事故を起こしてしまい、車を大破させた事もありました。

変わったところでは、大仕事を終え、行き付けの御店へ御酒を飲みに出掛けると、御店のマスターから「これから結婚式の2次会で貸し切りになるから、それが始まるまでね」と言われ、御店の賄い飯をを分けて貰いながらカウンターで飲んでいると、程無くして結婚式を終えた人達が御店に入って来たものの、私自身も参加者と間違われてしまい、そうこうしていると見ず知らずの人の結婚式の2次会で一緒に乾杯をし、更にはスピーチをさせられてしまった事もありましたが、今でも忘れられない当時の思い出となっております。

話を戻しますが、当時は打合せに出掛けると1日に10種類から20種類程度の装置や冶具の打合せを施す事もあり、それら全てを自らが設計製作していた事から、多い時は私個人の売上だけでも1億円程度を稼いでいましたが、その要因として、当時はメディアやポータブルゲーム機の他にも実装機やロボット等が好調だった事もあり、そのブームに乗れたのが功を奏したものと感じています。

今は社員を抱える身なので、そんな経験を社員には求めてはいませんし、車の運転さえも眠気を感じ際には早めに休憩をする様に促していますので、くれぐれも誤解のない様に御願いします。

また法令に関しては、何事も「知らなかった」とか「利いてない」では済まされない時代ですので、しっかり法令順守に努めて参ります事を、この場を借りて、改めて御約束を申し上げます。

以上、まだまだ思い出話は尽きませんが、当時の事を思うと、今は起業支援も充実しており、本当に良い時代に成ったと感じる一方、様々な事を企業に求められる時代に於いては、これから起業をするよりも、出来上がった会社をM&Aで買う事を御勧めしたいと思います。

呟き

user-pic
0

私用を挟みながらもGW以降は夏季休暇も無く無休で働いているせいか、躰が悲鳴を上げているのを実感する毎日ですが、これも時代が提唱する経営環境の変化に追従する為の試練と言った処でしょうか。

ちなみに其の様な状況は私個人に限った事であり、同じ事を社員には求めておりません事を悪しからず御了承下さい。

その様な私の状況と言うよりも、弊社に何が足りないのか・・・

 

以下は個人的に気になる話題を紹介させて頂くと同時に、今時は高校生でもニューラルネットワークを使い、AI実装が出来る様ですが、私個人的には大変な時代に成ったものだと感じています。

大成建設、力触覚伝達の遠隔操作システム AIで全自動化へ

https://www.nikkan.co.jp/gnr_spaces/view/0015066

 

 

設置

user-pic
0

DSC_0037.JPG弊社も遅ればせながらAEDを設置しましたが、今時は企業規模に関わらず、様々な事が要求されますので、今後も時代に取り残されない様に努めて参りたいと思います。

使用に際する講習では、社員全員が使い方から使用時の留意点などを学び、全員で実技も行うなどの本格的なものでしたが、話を聞くだけではなく、実技を通じて初めて感じる事や戸惑いなどを体験する事が出来ましたので、とても有意義な経験をしたと感じています。

その他にも昨日はメインバンクより投資信託の講義を受けたり、事業系一般廃棄物用のコンテナを新たに設置をしたり、働き方改革セミナーに参加をしたり、盛り沢山の週明けと成りましたが、この所は様々な知識を詰め込み過ぎて、覚えきれないと言うか、覚えては直ぐ忘れてしまう勘が否めないまでも、これもまた自らが乗り越えなければいけない使命ではないかと、真摯に受け止めております。

コア

user-pic
0

土曜は久し振りにパワーポイントで資料を作ったものの、使い方を思い出すのに独り言が止まらなかったり、日曜はマーケティングの講師に説教を受けたり、月曜は短パンにTシャツ姿で出社をすると、早々に取引先へ出掛ける事に成り、すぐさま自宅へ着替えに戻り、出掛け際には何時もの様に高速道路の渋滞情報を調べてみると、大規模な事故渋滞が確認出来た事から已む無く電車で出掛ける事に成った連休最終日でしたが、努力せずして不平不満や愚痴を溢すのは控えようと心掛けている昨今、どう働くか、どう生きるかは本人次第とは言え、表向きは働く側が有利に見える現代社会の仕組みを紐解けば、誰もが中間層意識を抱いていた今迄とは異なり・・・

週の初めから重い話題ばかりではなんですので、個人的に気になる話題を紹介させて頂きますが、「こんな事をビジネスにしてしまうんだ」と感心させられた次第です。

本格工具が自由に使えるコワーキング工房 GoF studio

https://www.spacemarket.com/spaces/gofool/rooms/Y1U3b_sv9xtVNNCj

それはそうと、先週の金曜からアキレス腱炎を患っており、動かなければ良いものを、運動せずには居られない性分故に、未だ持って復調の兆しが見えない状態です。

簡単な事

user-pic
0

明日は弊社内に於いて、資産運用セミナーやAED運用セミナーが行われますが、前者は参加希望者としながらも、後者は社員全員が強制参加と成りますので、その間は業務が滞ります事を御了承下さい。

また個人的に今週はイベントよりも取引先の訪問を優先したスケジュールを予定している事から、明日以降は外勤の為に会社不在と成りますが、人財不足故に経営者と言えども・・・

それも然る事ながら、週末個人的に気に成った話題を御紹介。

WEB-NHK特集 科学技術強国 中国の躍進と日本の現実

日本は生き辛い社会を作ってしまったので人口が減少して市場が縮退し経済が不振になった、長い知的訓練がいる知性的な労働に予算を投じなくなったので学問や芸術のレベルが低下した、簡単な事や株価だけの人工ミニバブルを起こしても何も解決しない。

今現在は中国の科学技術が急速に成長、莫大な資金を研究に注ぎ込みアメリカに迫ろうとしている、対象的に国際的な地位低下が指摘されている日本の科学技術、何がこの差を招いたのか、現実から目を背けてはならない。

https://www3.nhk.or.jp/news/web_tokushu/2018_0913.html?utm_int=news_contents_tokushu_003

マーケティング

user-pic
0

突然ですが、私自身は若い頃から現在に至り、外出先で諸先輩方を見掛けた際には、少し離れた場所だとしても、こちらから歩み寄り、敬意の意味も含めて挨拶をする様に心掛けて来たものの、その様な文化も失われつつあると同時に、昨今では逆に年配者が若年者に声を掛けるのが慣例と成っている世相に、なにかと難しい時代に成ったものだと感じております。

話は変わり、ここ数年は弊社が構築しようとしているビジネスモデルを容赦なく浚われる事態が増えており、その何れの企業も私の提唱したビジネスモデルを構築した事により注目が集まっている様ですが、私自身は何処まで人を信じて良いのか疑心暗鬼を生じるどころか人間不信に陥ってしまい、幾度となく体調不良に陥りましたが、それも自身の不徳の致す所として真摯に受け止めております。

殆どが興味本位で相談を持ち掛けながら、アイデアを持ち帰ってしまい・・・

それ以上の表現は控えながらも、同情してくれる人や良心的な人がいる御蔭で精神的には救われているものの、ここ最近は「なんて自分は御人好しなんだろう」と反省するばかりですが、そんな事もありつつ、今日はマーケティングの講師と御会いするので、そのあたりを少し相談してみようと思います。

user-pic
0

今週は体調不良に始まり、様々な催事に出掛けましたが、振り返ってみると、AIセミナーでは教わった内容を自身のPCで復習しようとしたところ、PCのスペックが低過ぎて動作しない事態に陥ったり、株主総会では弊社を厚意にして下さっている役員の方々や私が個人的に親しい役員の方々と御話出来た事もあり、良い人達に恵まれた御蔭で今日の自分がある事を再認識させられたり、1億円相当のロボット設備案件の引合いを頂いたり、某機関からの要請で弊社に於ける障碍者雇用を迫られたりしながらも、あっと言う間に週末を迎える事に成りました。

しかしながら社内を見渡せば、弊社もまだまだなのかなと思われる処も随所に見られると同時に、今時は「言わなくても解るだろう」とか「失敗は成功のもと」と言う時代ではないので、しっかりと社員を導ける統率力や管理能力が求められており・・・

あくまでも任せる事と放置する事は違いますので、先輩が後輩を育み、そこで働く全ての人達により会社の質を高められる連鎖を構築しなければいけないと感じております。

カテゴリ

月別 アーカイブ

アイテム

  • DSC_0037.JPG
  • DSC_0036.JPG
  • 0807-1.JPG
  • 0806-1.JPG
  • DSC_0029.JPG
  • DSC_0031.JPG
  • P1000821.JPG
  • P1000820.JPG
  • DSC_0028.JPG
  • P1000819.JPG

タグクラウド