モラルと規律

user-pic
0

弊社も今日から再稼働と成りますが、各部署の責任者へ、其々の職場に於ける事故や怪我への警戒を促したいと思います。

また間違っても管理職やベテラン勢がモラルを欠き、「眠い」「怠い」と呟いてみたり、傘下の人達の面前で欠伸をしたり、社員が席に就いているにも関わらず、始業前のメールチェックは愚か・・・

その様な事は私が心配する迄も無く、社会人としての良識の基に「社員の手本と成らなければ」と言った言動に努めてくれるものと信じておりますが、社員も然り、気の緩みが引き起こすミスが無い様にして頂きたいと思います。

それはさて置き、個人的には連休中も怒涛の如く業務が山積しており、グリーン調達に纏わる資料を要求されたり、BCP(事業継続計画)の提出を催促されると同時に、エコアクション21の申請を急がされ、更には来期から実行される働き方改革の資料を渡され、規約や規定の変更を促されたりした為、当初連休中に終わらせようとしていた要件には着手出来ずに終わった次第ですが、少し前までは仕事さえしていれば良かった時代も、今では会社の規模に関わらず、法人である以上、様々な事を社会的に要求される時代に成った事を痛感しております。

夏季休暇

user-pic
0

今現在、多種多様な資料を同時に作成するにあたり、其々が理解不能な専門用語や専門知識を要する事から、文献を片手に作業を進めておりますが、それ故に作業が先へ進まず、苦悩の日々を過ごしております。

話は変わり、楽しみにしていた夏季休暇も今日で終わり、明日からは弊社も通常営業と成りますが、皆様に於かれましては、連休中は御不便を御掛けしました事を御詫び申し上げますと同時に、明日からは引続き、弊社社員一同を宜しく御願いします。

眼聴耳視

user-pic
0

この所は話し方や聞き方を意識する様に成りましたが、話し方の上手い人は聞き方も上手く、説明能力の高い人は人の話を理解する能力も高い事を実感しています。

また話し方や聞き方は個々の生活環境によって大きく異なるものと思われますが、先日もアスペルガーやADHDの講座で御世話に成った、高崎市内在住の脳科学者 N 先生によると、話下手な人は切れ易い性格の方が多いとの事ですので、初対面か否かに関係なく、人と話をする際には、相手の挙動を注視したいと思います。

その様な思いに耽りながらも、昨日は稼働されている取引先から書類の提出を依頼された事から、今日は其の書類の書き込みや添付書類の作成を済ませ、それらの帳票類を御届けに上がる予定ですが・・・

日常

user-pic
0

この連休中に予定している殆どの業務が経営者の仕事ではないとは言え、何事も人のせいにせず、自身の至らなさから来るものと捉えた上で、稼働している取引先のフォローも含めて、会社として誰かがやらなければいけない業務にあたりたいと思います。

そんな今年の夏季休暇ですが、私の場合、年末年始休暇や夏季休暇には決まって体調を崩し、今現在も例外無く万全では無く、何処かへ行きたいと言うよりも、少し静養したいと言うのが本音です。

ミッション

user-pic
0

今朝は埼玉県川越市より御客様に御越し頂きますが、高速道路の混雑を避けて早朝に来社をし、午前中には要件を済ませて早々に帰宅の途に着きたいとの事ですので、御客様の意に沿える様に努めたいと思います。

以上を持って週末に予定していた案件を終えると、詳しい事情は申し上げられないまでも、私自身は明日からはミッション遂行の為にも、通常モードで業務にあたる所存です。

イベント

user-pic
0

紆余曲折を経て、弊社も無事連休に入りましたが、連休明けの16日には、社員全員の顔が見られる事を切に願っております。

また高速道路や鉄道も混雑している様なので、何方様も早目の行動が宜しいかと思いますが、混雑時には交通事故に御気を付け頂きたく御願いします。

以下はイベントの御案内です。

群馬ちびっ子大学開催

群馬大学では、地域貢献推進事業の一環として、平成17年度から継続して「群馬ちびっこ大学」を開催しています。

近年、子どもたちの実体験を通じた学習機会が少なくなってきています。体験的学習を通じて、五感で学問の面白さ、奥深さを肌で実感してもらい、将来の日本、世界を担う人材の若い芽を育むことを目的として、小・中学生を主な対象とした「群馬ちびっこ大学」を開催しています。

開催時期は暑い夏休み期間中の4日間ですが、1日の平均来場者数が約1,500人、その総数は約6,000人と、本学では最大級のイベントとなっています。

http://www.gunma-u.ac.jp/research/res003/g1960

連休

user-pic
0

この所は様々な業務を担ったり、出張続きでドタバタした状態が続いたり、休日返上で働いたが故に、かなりの疲労感を抱えていたところ、昨日は取引先で御客様と打合せをしている際にも目眩が止まず、意識が遠のきそうに成り、御客様には多大な御迷惑と御心配を御掛けしてしまいましたが、ひとまずと言うか、昨日に限っては、何とか事無きを得る事が出来ました。

そんな事もありつつ、弊社は明日から御盆を迎える為の夏季休暇に入りますが、16日からは再稼働を始めますので、引き続き宜しく御願いします。

連休中は稼働されている取引先や設備工事を行っている取引先も御座いますので、私の方は私用を挟みながらも連日出社をしておりますが、会社に不在の際には、私の携帯電話まで連絡を頂きたく御願いします。

株価

user-pic
0

金融機関に弊社の実際の株価を算出して頂いたところ、弊社の1株当たりの株価は37,323円と成り、発行済株数1,000株の総額は37,323,000円に成りますが、総資産を基に単純計算した場合、1株60,000円程度に成る事を踏まえると、割安感が否めずに居た為、その理由を聞いてみた処、複雑な計算式に歳入する先行投資額が理由との事でした。

詳しい算式は理解が及ぶに至らず、利益だけ出ていても、先行投資や設備投資をしていない企業は衰退企業と見做され、また闇雲に設備投資をすれば良いと言うものでもなく、それ以上は長文に成るので割愛させて頂くものの、弊社の場合は繰越利益剰余金も6千万円を計上しながら数億の設備投資を行っている事から、経営上は至って問題は無く、むしろ良好との事でした。

それを踏まえると、M&Aの場合、弊社の売買価格は5億円前後が適正価格の様ですが、今は売却するつもりはありません事を御了承下さい。

それはさて置き、弊社の全ての部署に於ける、社員募集に是非とも御応募頂けますよう御願いします。

20歳位から30歳前半の方であれば男女を問わず、また新卒・既卒・中途に関わらず随時募集しておりますので、皆様の応募を御待ちしております。

クリーン経営

user-pic
0

0806-1.JPG

0807-1.JPG上段の写真は先日の高崎祭りで行われたFM群馬の公開放送の様子ですが、アナウンサーの岡部哲彦さんと田中香さんがパーソナリティーを務めていました。

普段はラジオを聞いていても特に感じた事は無かったのですが、実際に話をしている様子を見ていると「あの話術が自分にもあったら」と羨ましく感じたのは言うまでもありません。

写真は他にも神輿会場で取引先の方々の写真を撮影させて頂きましたが、冷静に考えた結果、このブログに掲載するのは適切ではないと思われる為、それらに纏わる写真の紹介は控えておきたいと思います。

また下段の資料は国税局の調査依頼に成りますが、今時は5万円以上の接待行為や物品贈与の際は、いつ何処の企業の誰を接待したか、もしくは誰に贈物をしたかを企業側から国税局に報告する義務が生じますので、弊社に於いては御客様に迷惑を御掛けしないよう、報告書の提出が必要とされる過剰な接待は行っておらず、あくまでもコンプライアンスを重視したクリーン経営に徹しております。

それらは公平公正な取引を行う為ではありますが、それ以前に弊社の行為により、相手の社会的立場を失墜させてはいけませんので・・・

誤解を招かぬ様に補足させて頂きますが、調査依頼に関しては、弊社が何か問題を起こしたわけではなく、以前にも税務署の清水調査員による「噂通り、しっかりした会社だ」と言う言葉からも御解りの通り、健全経営に徹し、行政の信頼の基に社会的信用が得られている事から依頼を受託されている次第ですので、くれぐれも誤解を為さらぬ様に御願いします。

学び

user-pic
0

先日も紹介させて頂きました、日本M&Aセンターが「某上場企業から御社を買収したいと言う申し出があり交渉に来ました」と言う件ですが、勿体ない話ではあるものの、今回はペンディングと成りました事を御報告申し上げます。

日本M&Aセンターの担当者曰く、「本来は売る側の企業から売却を依頼されるのが常で有り、日本M&Aとしても今回の様に買う側が企業を名指しで指名して来るケースは初めてで、私自身も長年この仕事をしていますが、これまで経験のない事に戸惑っています」との事でした。

私自身も以前からM&Aに関しては興味はあったものの、契約に関する取り決め等は余り知らずに居た事もあり、御話を頂いたのを機に、様々なコンサルタントやアドバイザーの人達に話を聞くと、なかなか奥が深く、要は経営陣が社外の人に入れ替わるわけですから、かなり緻密に様々な交渉をしなければいけないと言う事で、取引銀行からも慎重に成る様にと促され、周到にガードされたりと・・・

しかし何事も経験と言うか、それらを多くの人達に相談した御蔭で、新たに沢山の人脈も生まれましたし、また学習した事を知識として兼ね備える事により、今後は自社の繁栄に貢献出来ると自負しておりますので、やはりここでも「生きる事は学ぶ事」ではないかと感じた次第です。

そんな事もありつつ、昨日は富士フイルムへ出掛けていたH君とJ君も帰りが遅かったようですが、出掛ける前には「大丈夫か」と言う問いに「大丈夫です、任せて下さい」と応え、そのミッションを確実に遂行した彼らには、「カッコイイと言う言葉は彼らの為にある言葉ではないか」とさえ思える以上に、愚痴を溢したり不平不満を漏らす暇があれば「どうすれば改善されるだろうか」と考える事の出来る彼らには、人としての敬意を表します。

カテゴリ

月別 アーカイブ