2011年5月アーカイブ

労働への対価

user-pic
0

社内の生産計画表には設計~加工~配線~組立~デバッグと工程表が盛り込まれています、またそれに基づき個人別の行動予定表を作成して毎朝、朝礼で確認しております

私達は社会人です、何がどの様な状況でいつまでにどの様なストーリーで結果が出せるのかをイメージし、スケジュールに乗せ、それを言葉で報告、発表する事も、社会人の努めです

メカも制御も構想設計には二つの考え方しかありません、開発的要素は何か、実績的要素は何か、その二つの考えがまとまれば、まず先に何をすべきか考え行動する事が出来る筈です

腕を組んで考えている時間にお客様はお金を出してはくれません、あくまでも労働への対価や価値に、お金を出してくれるのです・・・と何か今日は、独り言の様な内容になってしまいましたね

本当は先日、労働基準監督署からの依頼内容を紹介しようと思っていたのですが、また明日!

 

切削刃物

user-pic
0

先日のブログで加工費に刃物代も含まれるとコメントしましたが、刃物って何ですか?とか、いくら位するのか?等の質問を受けました

刃物は汎用のフライスや汎用旋盤、マシニングやNC旋盤等で材料を削る為の物で、ボール盤のドリルもその内のひとつです

(ちなみにドリルも規格がありますので、図面を書く際は確認しましょう)

価格は1本1000円程度の物から5万円位のものもあります、純鉄等を削るのは3万から10万位で場合によっては1個の部品を加工しただけで使えなくなります、エンジニアリングプラスチック等はハイス鋼の刃物で研磨し直せば数年は使えます

設計と加工は切っても切り離せません、加工が出来る様にとは申しませんがコストダウン設計や機械交差を見直す為にも、時には加工をしている人達の話を聞く事も必要ですね

週の初めから、またもや初級編で恐縮です・・・新人の皆さん、頑張りましょう!

 

タイトル通りの書類が東電より届きました、中小企業ではもともと節電には取り組んでいました、ましてリーマンショックからは高崎や近郊の企業さんも出来る限りの節約や対策に取り組んでいたのです

私達も常識ある、社会人として更なる節電には取組んでおります、会社の駐車場はブレーカーを落したままですし、事務所内も1/3は消灯しております、機械の暖機運転も使用直前までメインブレーカーを上げない様にしたりと思いつく限りの努力しております

大企業でもない限り、微々たるものかも知れませんが、精一杯全員で取り組んでおりますので、これ以上は経済活動に支障を来たします、厳しい状況は充分理解しているつもりですが、"企業は電気を使うな"と言った文面を送りつける事で協力が得られると思っているのでしょうか?日本の80%以上が中小企業の現実、更にはこの中小企業に働き収入を得ている人達が殆どの実情を理解しての文面なのか、理解に苦しみます?

人材(財)育成

user-pic
0

昨日は夕方から浦和へ出掛けて参りました、いつも納品や品物を預かったりするので車の移動が殆どでしたが、最近では電車を利用する様にしております

帰りは夜も更け、駅では目が座り、倒れ込む様にホームに座り込む人や、寝ている人達が沢山いました、時代は移り変わっても、この光景は変わらないのですね

(話は戻り) 久し振りにお会いした方から、" サンシステムさんの社員はレベルが高いですね "と言って頂けました、Kさん、ありがたいお言葉を頂き、有り難うございました

私にとって社員さんが褒められた時が一番の喜びです、また社員さんが頑張り努力して成果を上げ結果を出した時の笑顔が何よりの宝物です

時に衝突する事もありますが、日頃は結果を教えるのでは無く、答えを導きだせる指導に心掛けています、社員さんは企業の鏡ですので、時に厳しい事も言いますが私の為では無く、結果として全員の為なのです

褒められる事が目的では無く、技術力(設計力や物流、調達力、加工技術、組立技術)を高め、その上で正しい判断や行動が出来る様になれば、結果として周囲からも認められるのでは無いでしょうか?

私達はこれからも自己満足では無く、社会に通用する企業人の育成に努めて参ります。

 

HPのトピックスにも掲示させて頂きましたが、被災地支援中小企業リストに登録を致しました

被災地から要請があり、高崎経済大学の河籐教授を根幹に運営させるもので、工業製品の一時的生産移管やOEM、生産委託等を目的としたものです

"㈱サンシステムの業務内容とは異なるのでは?"とお気づきの方もいると思いますが、生産したくても生産ラインが被災して物が作れなかったり、手作業で物を作ったけど検査が出来ないと、お困りの製造メーカーさんもいる筈です、その様な企業に対し生産ラインを立ち上げたり、製造装置や検査装置を復旧させる事で製造、生産を間接的にサポートする事が狙いです、何でも支援すると言う事では無く、自社の強みを通じ支援に参加される企業が増えれば、製造業の早急な復旧に繋がり、日本に活気が戻って来ると言うシナリオの支援策です

私達の仕事は絶対に無くなりません、なぜなら物を作るには機械が必要です、テレビ、カメラ、自動車等の全てが生産用のラインや製造装置、検査機器が幾つも必要となり、生産量が多くても少なくても、無ければ物が作れないのです、私達は日々の仕事を、社会貢献そのものと考え、これからも活動して行きます

最後に支援の話ではありませんが、昨日もカンブリア宮殿で阪神淡路大震災に遭われた某企業の社長が取り上げられていましたね、震災に遭った人に頑張れと言う言葉は禁物だそうです、当時は頑張れと言われると "あなたより今の私は何倍も頑張ってる" と思い、居た堪れない気持ちになったそうです、人により震災で失うものは様々ですが、良かれと思い押しつけの親切は、相手を不愉快にさせる事もあるのです、気遣いも忘れない様、心掛けようと考えさせられた、ひとときでした。

機密保持契約

user-pic
0

リコー1万人削減の記事、御覧になりましたか?また今回の災害を機にルネサスや自動車関連企業の生産を海外へ分散するそうです、日本から労働の場が消えて行くのですね

またニコンとシグマの特許侵害の訴訟も行われる事になり先行きも気に成ります

 

うちの会社では就業規則や服務規程にも、その趣旨の内容は記載してありますし、企業間の機密保持契約書も社員の皆さんに回覧し、周知しております、また契約書を取り交わしていなくても、企業のモラルとして徹底しております・・・ちなみにサンシステムと協力工場とも機密保持契約を取り交わしてあります、また私自身も雑談や商談等、企業間の情報には更に気をつけて行きたいと思います。

 

機械設計をする上で部品同士のハメアイがありますね、自分で考えて交差を詰めようとする人もいますが、一般的な基準があるのです

A 部品相互間が動きうる場合

1、機能上、大きなスキマを要する部分(熱膨張する部分や部品や穴の長さが長い事)

2、円周方向又は直線方向に回転や摺動する部分の普通部品

3、殆どガタを持たせない精密運動部分

 

B 相互間に動きえ無い場合

1、部品を損傷する事無く、分解も結合も出来る

1-a ハメアイ部を通じてちからを伝達する事は出来ない

1-a-1 手で組み付けが出来る

1-a-2 木やプラスチックのハンマーで組付ける

2、部品を破損する事無しに分解する事は出来ない

1-a ハメアイ部分を通じてちからを伝達する事が出来る

1-a-1 プレスで組みつける

1-a-2 プレス又膨張を利用して組付する(ハメアイにより発生する応力が弾性限界を超えない範囲)

以上の基準に対し機械交差もH7g6やH7h6等、それぞれの項目に定義があります

ベテランは理解して頂けるかと思いますが、これを読んで言葉が理解出来ない新人の方は、もう一度、教科書を開くか文献をお買い求めください、個人的にコピーが必要な方は配布致します(ボロボロでセピア色した私の資料で宜しければ・・・)

話は戻り、基準は上段の様になっています、昨今では精度を上げれば組み付けもしっくり行くと勘違いしている初心者も多く、交差を上げたは良いが組み付けで齧ってしまい取れなくなったとか、頻繁に脱着する部品まで5μの精度がうたってあり、組付けたのは良いが動かないなど毎日の様に事件が起きています、考える所は考え悩み、定義を守った方が良い部分は悩まずに従う事も大事では無いでしょうか?

仕事は開発要素と実績的要素の二つから構成されます、開発要素はアイデアから仮説を立てたり基礎実験をしたりして考え悩み結果を導き出さなければいけませんが、実績的要素は今まで経験した要素技術の組み合わせです、今回のテーマのハメアイ適用基準もある意味その一部だと考えて頂ければ幸いです

工作機械も年々良くはなっていますが、交差が狭まれば値段も上がり、時間も掛る事を若い社員にも教えて行かなければ・・・

いずれにせよ、基準や定義は身に着けつつ、個人の感性や発想力は思う存分に伸ばしてもらいたいと思います。

 

 

基礎設計

user-pic
0

うちの会社では日々、設計を行っていますが、コストダウン設計(以前にもご紹介したVA,VE)に心掛けています

たとえばプレート物の4隅の角はC3までなら一般的な面取り盤で取れますが、それ以上になるとフライスで引かなければ行けません、そうすると200円のコストが余分に掛るのです

これは、ほんの一例で黒皮でメッキを施すのであれば4面フライスで済みますが、これもフライスで引くとなると、100mmまで200円、100~150mmは250円、150~200mmは600円となります、サイズが大きくなれば成る程、金額が嵩みます、たとえば200*200*10(mm)で計算すると、6面フライスの場合3600円が画引きで掛り、4面で済ませると2400円となり、1個あたり1200円の差額になりますので、複数加工する際は金額も嵩んできますね

またアルミの場合は加工工数に刃物代として10%、鉄は15%、SUSは20%、SK等は30%を計上します、これで見積もりを出しますので、当然材料に刃物をあてる時間が短ければ安価になるのです

加工に関して言えば、うちの会社のマシニング精度は真円切削精度が3μです、これは一般的なマシニングの10倍近い精度で、リニアガイド式のものでは無く、角形ブロック式ならではの素晴らしい精度なのです

そのマシニング加工は一般的に粗引き、仕上げ、超仕上げ等の加工工程になりますが、図面の書き方ひとつで金額が変わる事も日々、社内にはアナウンスしています、場合によっては加工担当者の意見を聞き設計や部品図を作図する様にしているのです

設計段階では知恵を絞っても、製品絡みの部品はともかく、一般的な部品はシンプルな方が良い設計と言えるのでは無いでしょうか?

為になるお話では無く、恐縮です。

先週末には自動車関連企業の輪番操業が発表になりました

7月から9月までは木曜と金曜を休日として土曜と日曜は稼働すると言った内容でした、100%自動車関連事業を展開されている企業に関しては同様の稼働体制を取るのかも知れませんが、弊社の様に様々な分野の企業様と関わっていると、なかなか難しい問題です

こうした状況を考えるとサプライチェーンの健全化は早くても、秋以降に持ち込むのは必至です、またそこから発生する問題として、真っ先に物流が上げられます、まだしばらくは工業製品の品不足、材料不足、ガソリン高は続きそうですね

一般的に考え危惧されるのは、取引先と納期の摩擦、稼働日が違う為に打ち合わせが思うように出来なかったり、情報の遅れによる時間のロスが上げられ、結果的に売り上げ減少により日本経済の後退、そして給料の減少からGDPの押し下げと一連のストーリーが見えて来るのです

昨日も震災の影響が無い地域での企業倒産が加速していると、報道していましたが前段の流れに身を任せるわけには行きません、家族もいますし、社員さんやその家族、協力工場の仲間達の為にも、先手先手と考え行動して行ける企業作りが必要です

しばらく市場経済が健全化されるまでは社内の情報を密に取り、戦略的且つ計画的に、会社ぐるみで取り組んで行く所存です。

user-pic
0

昨日は某大手の、とある工場で働いていた方々にお会いして来ました

その工場は数年前に閉鎖されてしまい生産は海外の拠点に移管しました、しかし私の関わっていた方々は本当に良い方達ばかりで "なんでこんなにまじめにやっている人達が、辛い思いをしなければいけないのだ" と、今でもやるせない思いでいっぱいです

その会社の、ある管理職の方がこんな風に表現していました、"昔付き合っていた彼女が懐かしくても、戻れないのと一緒だ・・・" 自ら、やるせなさを言葉で表現したかったのだと思います

懐かしんでも戻れないのは分かっていますが、新製品の発売前には深夜まで設備を一緒に立ち上げたり、アイディアを出し合い議論したり、ともに笑ったり、苦しんだりを経験しました

その工場が閉鎖される時に退職した方や会社に残り遠方へ単身赴任で行っている方など様々ですが、この様な出来事が日本のあちらこちらで、おこっている現実を皆さん、どう思いますか?

戻る事が出来なくても、離れてしまったからと言って人を粗末にする事など私には出来ません、私は幼稚園の頃から小学校、中学と転居の為、転校の繰り返しでした、転校後に仲良くなっても直ぐにまた転校し、出会いと別れの連続でした、その中で人との繋がりを人一倍大事に感じています

私はこれからも、お客様はもちろんの事、家族や社員さん、協力工場の皆さんも含めて、思い出や人との絆を大切にして行きたいと思います。

 

 

夕べはNHKの番組でサイバーエージェントの日常が紹介され、藤田社長も出演していました、トップダウンでは無く、自主性に任せディベートの中から、ひとつのアイディアを膨らませて行く手法や、終身雇用を取り入れて会社が社員を大事にする事の意味等も紹介されていましたので、うちの会社と重ね合わせて見てました

番組で紹介されたサイバーエージェントの社員の方々も決して標準語で話しているわけでは無いのですが、言いたい事や情熱等は50代の私にもきちんと伝わり、こんな人達がうちの会社にも来て欲しいと、心から思った次第です

最後に30歳代の藤田社長が、素晴らしい事を言ってました、"若いうちはただ頑張るだけでは無く、時には極限まで頑張る事も大事なのだ" この言葉を聞いた瞬間、どれだけの若い人達が理解してくれるかは、わかりませんが、未来を担う若い方々には本当に頑張って欲しいと心から思います。

生活基盤の安定

user-pic
0

昨日は思いもよらず、ある大手メーカーの開発本部へ招かれ、想定外の打合せをさせて頂きました、普段はセキュリティーが厳しく、その会社の社員の方でさえ入れない部署でしたので "私なんか入って良いのでしょうか?" と一応問いかけたのですが、"逆ですよ、●●●●さんだから入って良いのです" と返事を頂きました、とは言え一応上層部の方々にはご挨拶は欠かさずに於きました

(内容は個人的に来て頂いても、機密事項に関わるので部屋の様子やら、会話の内容も一切、口外しませんのでご了承ください)

少しうれしい気持ちと逆に、自分でなければいけないと言う事に悩みが膨らみ、"サンンシステムの社員さんだから・・・と全員が言われる様になるには何が足りないのだろうか?"と考え続けました

会社はここまでやれば完成と言う事は無く、企業に関わる全員が経営環境の変化には柔軟な対応が必要です、そしてまたいつものセリフになりますが、結果としてそれが社員ひとりひとりの生活基盤の安定に繋がるのです。

 

パキラ

user-pic
0

P1000079.JPGのサムネール画像写真は会社の設計室にある、観葉植物のパキラで、7年前の会社新築時にアルスメタル(板金加工のメーカーさん)の森社長に頂いたものですが、毎年5月に枝振りをして水をたっぷり上げると新芽が出て来たのですが、今年は新芽がひとつも見られません、震災の影響で自然界も人間では分からない変化が起きているのでしょうか?これだけ長く連れ添っていると愛着もわき、心配になります、どなたか観葉植物にお詳しい方がいらっしゃいましたら、手入れの方法等、教えてもらえないでしょうか。

ちなみに、アルスメタルさんは高崎に工場がありまして仕事も丁寧で森社長同様、専務の佐藤さんも人柄が良く、無理なお願いも "困ってるんでしょう?何とかしてみます" と断られた事がありません、皆様もレーザー加工、曲げ、溶接等の板金加工の際は是非、アルスメタルさんをご利用下さい

いつも同じセリフですがサンシステムを愛してくれるお客様や協力してくれる方々と手を取り合って、日本の技術を継承して行きたいと思う毎日です。    

鉄鋼材価格

user-pic
0

毎朝、モーニングサテライトと言う番組を見ているのですが、今朝は昨年から続いていた鉄鋼材料の価格が、要約上げ止まりと言う報道をしていました

昨日はあるお客様から "材料ってそんなに値上げしてるのですか?" と尋ねられて説明と回答をしましたが、自分の回答が間違いでは無い事が解り、妙な安堵感を覚えたと同時に、タイムリーなニュースで気持ちの悪さも感じました

ベテラン社員はもちろんの事、新社会人の方々も、社会人として自分の関わっている産業の状況くらいは興味を持ち知っておく事も、マナーのひとつかも知れませんね。

個人情報

user-pic
0

大手取引先へ打ち合わせに出掛けた時の事ですが、新築後に訪問するのが初めてで勝手が変わっていた為、ひとまず本社正面に車を止めた所、黒服に黒のネクタイ姿でマイクにイヤホンをつけたガードマンらしき人達が私の車を囲み応対してくれました、その後はハイテク化された駐車場へと車のみが自動搬送され、私は玄関を潜り10名程の女性に "お待ちしておりました" と迎えられホッとしたのも束の間で、その後警備員が前後に付き会議室に案内をされましたが、会議室ではモニターカメラやマイクが付いており第三者の監視のもとに会議が行われた次第です

これだけセキュリティーに万全を期しているメーカーからも個人情報を盗む人達がいるのですから、自分達も安易にネット上で口座番号を打ち込んだり、怪しいサイトは閲覧しない様に気をつけましょう。

設計用の使用キャドを紹介します

タイトルにもあります様に現在はオートキャドとマイクロキャダムを使用しています、オートキャドはLTの2次元と3次元、それからオートキャドメカニカル3D,オートメックを使い、マイクロキャダムはHilixの2D,3Dを使っています

設計技術課では、この両方を使い業務を行っております、キャドは所詮、道具ですので、これが使えたから一人前なわけではありません

どんなに便利な時代になっても最後は頭で考え行動する事がエンジニアの仕事の様ですね。

 

  P1000075.JPG高崎にある、IPF(市川プレス工業)市川社長のお話を聞かせて貰いに行って参りました

そのお話を集約すると、成功している会社は、会社のモラルとコストに対する問題意識をしっかり持っているのが共通点の様です

コスト意識とは、全員が問題意識を持ち自主性や自発性から生まれるものなので、モラルとは、挨拶・返事・時間・約束・後かたづけ(物質的なものと報告まで)また、報告・連絡・相談も組織に於はモラルの一部なのです

実際の行動面では、このふたつを持ち合わせ、モノ作りする側の都合では無く、  お客様の要望や、どうしたら喜ばれるかを考え、行動する事が企業として成功し、社員ひとりひとりの生活が守られるのではないでしょうか?

 

日韓親善

user-pic
0

韓国からお客様がいらしてると取引先の方から連絡があり、お会いして来ました

震災前にも10名程でいらしており、その時も親しくさせて頂き日本と韓国の経済や工業分野について歓談後、お互いにビジネスモデルを作ろうと意気投合しました、その直後に震災が起こり、韓国からも何度と無く連絡を頂いていたのですが、日本の状況もうまく伝えられずにもどかしさを感じる毎日でした

ところがその韓国企業の方々は震災で困っていないかと、私の事をとても心配してくれていたそうで、夜遅くまで真剣な面持ちで次から次に言葉を掛けてもらう内に目頭が熱くなり、人を思いやる大切さを外国の方から再認識させられた次第です

こんな良い方達と日韓のビジネスモデルが作れたらきっと上手く行くと感じたひと時でした。

 

 

昨日は某プラネタリューム開発メーカーさんの所へ打ち合わせに出掛けたので、ついでに未来館等にも寄りたかったのですが、うちのY君、T君が他のお客様の所へ業務で出掛けていた為、いろいろあり仕事を優先させました、ふたりの結果は、なんとかバッチリ(かな?)、任務遂行してくれた様です

社会人として、自分のちからで困難を乗り越えたり、目の前の問題を解決する能力は、技術や知識と、ともに成長期には、もっとも重要な事です、合わせて礼儀やマナーもそうですね、最近では挨拶も、いい加減だったり、すみませんの一言が言えない方々が多く見受けられます、この事はどの会社の人事総務の方々と話をしても話題に上ります

話は変わり、プラネタリューム自体の歴史は長いのに最近、話題に上がるのはなぜだかわかりますか?

星の数が劇的に増えたり、3D等のハイテク技術が盛り込まれており、光学とコンピューターのコラボレーションが楽しめて、まるで宇宙にでもいるような感覚になり癒されるからです、小さなホールや自宅で楽しめるタイプもありますが、個人的には大きなホールでゆったりナレーションを聞きながら楽しみ、特別な時間として楽しんで頂きたいと思います、そんな私も忙しく足を運んでおりません・・・。

この業界の仕事内容に関しては雑談の内容でも、見たもの聞いたもの全てにおいて、どんな些細な事でも、話せませんので、ご容赦願います。

合同求人説明会

user-pic
0

昨日は合同求人説明会に行って参りました、隣の写真は開始前のもので,一番手前が弊社のブースです。

P1000077.JPG求職者数160名、参加企業50社程でしたが今回は残念ながら、ご縁が出来そうな方には巡り会えませんでした、と言うのも技術系志望よりも営業、介護、事務、民芸品や農業関係の業種を希望される方々が中心の様で、事前に告知頂ければ見合わせたのですがコーディネータの方にも終了間際に聞かされたので複雑な心境でした

中小企業家同友会の経営指針を作る会へ参加した際に、経営コンサルタントの山口さんや丸橋さんに言われたましたが "仕事の量と質に対して、人財が不足している、もう数人は補充すればもっと利益も出しやすい体質になる" そうです

頂いた資料に基づき人件費や労働分配率をシュミレーションから分析をしましたが、あと数人補充し、その分の売り上げも伸ばした方が限界利益率アップ、労働分配率ダウンが実現できる様です

給料、賞与、退職金、勤務内容、他の部分も大手中堅と比べても、社員の皆さんには恥ずかしい思いをさせない様、いろいろな方面のコンサルタントに見てもらい、しかも同じ部分を数人の方に見てもらう等、ちからを入れて来ました、あとは社員さん全員参加の指針作成がテーマです、規模が小さい事を弱点にしない様ここまでちからを入れて来ましたが・・・やはり今の時代、モノ作りに魅力が無いのでしょうか?やっている当事者の私達はと言えば、時に努力も必要ですが、楽しさや充実感、達成感を味わい、仲間やお客様と一喜一憂しながらワイワイ楽しんでやっております

何れにせよ、うちの会社も早く人材(財)を確保しなければ・・・。

今日は、いよいよ合同求人説明会当日です、何十人何百人とは行きませんが良い方と、ご縁が出来れば幸いです

うちの会社だけではありませんが産業界全体の共通点として、打合せや解析、発想、発言発表能力が技術的な能力や知識とは別に要求されます

極まれに "コツコツやりたい" "言われた事はやっている" と自分の判断だけを押し通そうとする人もいらっしゃいますが、周りとコミュニケーションを取らずにそれを押し通しても、評価には繋がりませんし、会社の中で孤立してしまうだけです

周囲との報告、連絡、相談を怠らずコミュニケーションを取っていれば、お客様や社員同士、上司にも考え方が伝わり、わだかまりも薄れる筈です、またそれは特別な事では無くて、社会人としての責務でもあるのです

私達はその公共の場であるサンシステムで、社会人としての責務を果たせる方々を心より、お待ちしております。

先日、とある取引先の方に招かれて いろいろなお話や会社の中を紹介頂きました

考え方のしっかりした方で生産技術と設備開発の切り分けのレクチャーを受けました、聞いているうちに "そうだ少し前までは、どこのお客様もそうだったのだ" と感銘を受けて参りました

生産技術はより生産性を向上させたり、安全性や作業改善が主たる目的で、設備開発は新しい製造方法や要素技術、技法の開発がメインの筈でしたが、いつの頃からか人員削減や組織集約と開発や設備投資削減で、どのメーカーも成果物や実績で個人評価がされる様になり、設備は買ってくるもので、リスクは外へ委ねるシステムに代わってしまいました

しかし・・・ノウハウやコアな技術は企業内に残らず、若者も育たない事になりませんか?

あまり個人的主語を交えると物議を醸し出すので、この問題はここで一端、終わりとしますが

ここで見えて来る事があります、私達は大手中堅のまねをしても、企業の特徴を活かす事は出来ません、上記の事柄をヒントに様々な方々の協力を得て魅力ある企業に成長して行く事が私達の進むべき道だと再認識が出来、そのお客様にはとても感謝しております

そんな出来事と、その前も別な取引先の方に指摘頂いた、ベンチャー企業における組織のあり方等も振り返りながら、自分達の立ち位置を明確にして行きたいと思う、ここ数日でした

いずれにせよ、私達は良いお客様に恵まれているのだと、こちらも再認識した次第です。

常務のお言葉

user-pic
0

昨日は連休明けでしたが、想像していた様に遙か先まで忙しそうな機運を感じました

企業年表を考察すると、ひとつに特化せず幅広いカテゴリーに携わっていたり、戦略的なキャッシュワークを行っている御蔭で景気に大きく左右されずに来ています、ひとえにサンシステムを愛してくれるお客様と社員との信頼関係、また弊社と協力企業との信頼関係が要因と考えられます

これからもこの愛される要因を絶対に無くさない為にも大手中堅メーカーと同じ、ステークホルダーの為の政治的な組織では無く、ベンチャー企業として何を見つめなければいけないのか、しっかり考えた組織構造が、これからの時代に必要不可欠では無いか・・・と、某大手メーカーの常務に、ご教授頂いて参りました

そしてその言葉が心に響いて鳴り止みません

5日(木)20:44 ジョブカフェ群馬 富田氏よりレジュメが届きました

各企業のボックスは幅3m60cmの場所に椅子が2個とシンプルなもので、求職者の方へ会社紹介、企業説明をした後にコーディネーターの方と後日、詳細を詰めてから正式に面接する仕組みです

今回は自分の子供の様な年齢で、これから経済を動かして行く世代の人達です、心の底から"頑張れ"と応援させて頂きます

連休最終日

user-pic
0

待ちに待っていた連休も今日で最終日です、みんな楽しんだりゆっくりした事と思います

私の方はと言えば月末月始もあり、また取引先様や協力工場が稼働したりしていて、終日ではありませんが毎日、応対しておりました、まあ会社の皆さんがゆっくり出来て且つ、業務上何も問題が無い事が私にとっては一番の、心の休日と言えます

まだ原発や被災地の問題が収束した訳ではありませんが、皆さんもこの連休のおかげで震災発生から要約、気持ちも落ち着きを取り戻したのでは無いでしょうか?

個人的には、震災後の余震、ガソリンや灯油不足、輪番停電、電池やトイレットペーパーの品切れ、また花見の自粛等・・・この2か月の緊張が連休でゆっくり解された気がします

また明日から忙しく、慌ただしい日々となりますが、皆さん頑張りましょう!

 

ガイヤの夜明け

user-pic
0

昨夜、ガイヤの夜明けでメガスター&大平貴之氏が紹介されていましたね

大平さんを知ったのは12年位前になると思います "凄い若者が現れたな" と身震いする程の衝撃でした、ファンそして会うのは簡単でしたが "こんな人と仕事がしたい、何か役にたてないのか" と、いつも考えていました、それからしばらくし念願叶い夢のお手伝いが出来る事になりました、自分の願いを託すと言うと失礼に当たるかも知れませんが、日々進化するメガスターと共に日本を代表するプラネタリュームクリエイターでいて欲しいと思います

震災に遭われた子供達も夢や希望を見失わず、大平さんの様に才能や可能性の芽を伸ばして欲しいと願うばかりです

  P1000074.JPG5月10日(火)グリーンドーム前橋にて合同求人説明会が開催され、弊社も参加致します

過去3年間に大学、専門学校を卒業したけれど就職が決まらないと言った方々が対象で群馬県で行う自己啓発セミナーや社会人としてのマナー等、カリキュラムを受講した方々が対象です

会社案内を持参して良い方々と縁が出来ます様に、当日を楽しみにしております。

 

追伸

ブログヘ画像を入れたのですが,自己流でして、しっくり来ていません、お詳しい方がいましたらご教授願います

 

 

このアーカイブについて

このページには、2011年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年4月です。

次のアーカイブは2011年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。