2011年7月アーカイブ

タイトルの通り、日立シビックセンターのリニューアルオープンへ行って参りました

周辺は震災の傷跡も癒えない様子でしたが、オープン直後で今日まで無料と言う事もあっての事なのか、わかりませんが午前中の到着にも関わらず午後4時の開演まで順番待ちでいっぱいと言う事でした

しかし人気なんですね・・・ビックリしました

なので恥ずかしい話ですが、行っては見たものの入れず仕舞いと言う落ちです

見れなかったのは残念ですが、被災地の方々がそこまでして見たいと思う気持ちに胸を打たれました、家が無くなったのに見に来ている家族や、家族を失ったのに並んでいる人達もたくさんいるんだろうと思うと、なにか自分が恥ずかしい気持ちにもなってしまいました

いろいろな意味で今日は無駄な時間では無かった気がします、普通に生活していける事が一番幸せなんだなーと再認識した次第です。。。

新潟、福島集中豪雨につきましては、皆様にご心配頂きましてありがとうございます

あちらこちらから、田舎の方は大丈夫でしたか? と、電話やメールを頂きました、初めて気が付いた方もいらっしゃると思いますが、新潟では五十嵐と書いて、いからし(ikarashi) と読むのですが群馬から南側では、いがらし(igarashi) と読みます、引っ越した当時は言葉に言い表せない位の違和感がありました

親戚で避難したりしてる方もいる様ですが私が子供の頃は何度も経験しました、洪水になると学校も休みになり面白がったものです

私が子供の頃は川で泳いだり、ヤスで魚を打ったりは当たり前で、洪水になっても、筏(いかだ)みたいなものを作り、浮かべて遊んだものです、昨夜氾濫し掛けた早出川も子供の頃は友達と良く泳ぎに行きました、台風が来てるのに泳いでいて怒られた事もありました・・・懐かしい思い出が次々に蘇って来ますが、改めて考えると不謹慎な子供でしたね・・・懐かしい

等々思い出は尽きませんが、この場を借りて皆様へ無事のお知らせとさせて頂きます、いろいろと、ご心配頂き恐縮です。。。

 

 

 

パナソニックがサンヨー売却のニュースですが、群馬県の太田市にもサンヨーがありました、群馬県では大手に入る部類の企業でしたので、縮小や売却などの話題が上る度に愕然としたものでした

サンヨーだけではありません、他にも大手企業が次々に群馬から撤退して行き、高崎地域では撤退率が特に多く様です、これでは失業率や生活保護を受ける人数も増えて当然ですね

日本人が作業着を着て、日本でモノ作りに励む日を取り戻さなければ行けません、そして輸出を増やし外貨を得られる時が来るよう、根柢の技術や商品開発を国で推進して貰いたいものです

行政はコアな技術には手を差し伸べません、ここにも問題があると思いますが、いろいろな講演会や産学官連携などと言う席にも行きましたが、そこから学んだ事は、結果的に甘い話には便乗し、"私達も参加して手助けしました" と、外交していますが、どうやって売り出そう等と少し考えなければいけないテーマには目も触れないのです

以前からお世話になった方が、私に言ってくれた言葉を思い起こさない日はありません" 開発の仕事は小さく生んで、大きく育てるものだ!" 何度も何度も言われましたが、いろいろな事をこの言葉に置き換えて考えてみると、とても良く理解出来ました

うちの会社のセカンドステージもこの言葉を基に、頑張りたいと思います。

ラジオ出演

user-pic
0

ラジオ出演、と言っても私ではありません

昨日は大平さんがラジオでお話をすると言うので、いつ出るのだろうと事務所にラジオを持ち込み聞いていましたが、すると8時にはその番組も終わり、聞く事が出来ませんでした

そうです、特集は首都圏のみで、群馬では大平さんの出番はカットされ地元のイベント情報に入れ替わっていたのです、仕事をしながらでしたが2時間も聞いていた虚しさだけが残りました

そんな話をしていたら広報の大渡さんから "録音してありますよ" と、メールで送って頂き、無事に聞く事が出来ました

またラジオで紹介していましたが、千葉県立科学館や坂戸児童センター等でイベントもある様ですので、皆さんも出掛けて見てはいかがでしょうか。

大平さんのファンとしては群馬にも是非、常設展示をお願いしたいものです。。。

 

求職中

user-pic
0

昨日は求職中の方から人生相談をされました、多少でも人の役に立てればと思い、電話で長々とお話をさせて頂きました、心が病んでいる様子でしたが気を取り直して貰いたいと思います

最近多いのは会社が倒産や事業所が閉鎖または企業の縮小でリストラです

その後の職業選択肢は前職と同じ分野へ進むか、ポリテックセンター等に行き、それまでと違った分野の知識や技能を身に着けて再スタートを考えている方の2通りが多く見られます

ポリテックセンターへ入所される方の年齢も20歳代半ばから40歳くらいが多いようですね

経験を生かし企業に利益をもたらす事が出来れば年齢や経験が生きる糧になりますが、違った分野へ進むと言う事は40歳の方と20歳の方が同じスタートラインに立つと言う事になるので、それ相応の心構えと考え方が必要になります、これはポリテックセンターや新たに学校を出ても同じ事です

私の友人知人も3名程、求職中の方がいますが、それ以前に仕事が無いとも言っていましたが・・・

あくまで私の周りでの出来事です、求職中の皆さんに向けてのメッセージではありません

また求職中の皆さんのお役に立てる事があれば、これからも協力して行きたいと思います。

 

私達の使命

user-pic
0

昨日は大平技研さんへ納品に行って参りました

夜遅くにも関わらず皆さん協力的で、挙句の果てには見送りまでして貰い短い時間でしたが、とても心温まった時間でした、"さすが、人へ夢を与える仕事をしている人達は違うな" と、感じた次第です

こうして人と触れ合いながら仕事をしてると、本当に安心すると言うか意志の疎通が計れて、良い仕事に繋がるのだと感じます

最近はCSRやクラウドコンピューターシステムとかで、人と人とが関わる事が良くないとされる企業やネット上で見積もりや注文のやり取りを行う事が増えていますが、いつも思う事があります

私達は定価があり、それからいかに安くするかが使命ではありません、打合せをしてお客様の予算や目的に合ったものを提供する事が必要な事で、予算に合わなければお断りさせて頂く事もお互いの為と考えております

この様なシステムが益々増えて来るのかも知れませんが、私達の使命は一つです

日々、世の中に無い物を作り上げ、社会に必要とされる物を提供する、シンプルですが、この事が私達、サンシステムの使命なのです。

夢の扉

user-pic
0

夢の扉と言うテレビ番組で "天女の羽衣" と、言う生地を開発した会社が紹介されていました

以前にもメディアで紹介されていたので存じ上げてはいましたが、いろいろな苦労に見入ってしまいました、地元への拘りや社員さんとのやり取り、経理をしながら支えてくれた奥さんの思い等が取り上げられていましたね

"やろう" と、言いだしたのは社長でしたが、ここでもやはり主役は社員さんでした、小さい会社で何億もの借金をしながらの商品開発、上手く行かずに更に嵩む借金、それを支えたのは社員さんでした

ある日、上手く行きかけていた商品が作業者のミスで、その商品を製造する機械が壊れてしまったのです、社員同士の取っ組み合いの喧嘩の最中、ひとりが目にしたものは完成品だったのです、どんなに苦労しても出来なかったものが、一人のミスから完成品が出来上がってしまったお話です

どの会社も同じ様な事が起こるとは思いませんが、先日紹介したメタンハイグレードもトラブルから見つかった日本の産物です、開発と言う仕事は、失敗やトラブルを次のステップへ、きちんと活かす事が技術者の使命の様な気がします

ちなみにメタンハイグレードは今日の日経にも取り上げられていましたね、大きく取り上げられなくてもコアな技術が日本にはあります、そう言った技術を見直す事により、更に新しい技術が生まれる事もある様です、"温故知新" うちの会社も未来に向かって、夢の扉を開いて見せるぞー!

 

受注状況

user-pic
0

あるお客様から、" 来年は忙しくなりますよ!" と、声を掛けて頂きました、新製品が目白押しでかなり盛り上がりそうです (その前に早く、出来る人財を確保しなければ・・・) 

また今年も下半期は自動車関連の業務が具体化して来て、こちらも盛り上がりそうです、他にも今期後半のテーマを沢山頂いております

様々な分野が軒並み忙しくなって来たと言う事は、日本が良い状態に向かっている証だと思われます、先日も日本の貿易黒字が数か月振りと言うニュースに対し、アメリカ経済も良くなる初期的状況と実績グラフで示していました

震災の痛手も癒えてはいませんが、全てのお客様と社員さん、協力メーカーの皆様に感謝をすると共に、しばらくは忙しく気の抜けない状態となりますので、協力し合い頑張って行きたいと思います、

H/Pを作成してくれたA-lineの朝岡さんが来てくれました

求人に対して異分野の方々からの応募は多いのですが、なかなか的を得た方からの応募が無い為、何故だろうと相談に乗って頂きました

ホームページの募集要項に、もう少し具体的に求める人物像を描こうと言う話に成り、結果は幾つかのテーマをお願いしたものを、後日リニューアルする予定です

いろいろなカテゴリーや様々な分野の取引先と契約している為、最初は何してる会社? と、なるのかも知れません

今、会社にいる社員さん達は、それぞれ人格や性格、家庭環境も様々ですが、自分に自信と誇りを持ち、キラキラしています、そんな仲間と一緒に仕事の辛い事や楽しい事を分かち合う事で私もキラキラ(してない? 熱いだけ? 藤井君と金澤さんの突込みが聞こえそう)させて頂いております

またもや話が脱線しました!!!

  P1000027.JPG   震災の影響で延期されていた、日立シビックセンタープラネタリュームが本日、オープンされます、昨日夜に大平技研の広報の方から知らせがあり感激しました

冒頭の写真はフジテレビではありません、これは震災直前に海岸線から撮影した、日立シビックセンターで、真ん中の丸い部分がプラネタリュームとなっています、他にも写真を撮ったのですが、被災地の方々の心情を察しこの1枚だけにしておきます

詳しくは日立シビックセンターのH/Pもしくは大平技研さんのH/Pからも、アナウンスされていますのでそちらからご覧頂いた方が宜しいかと思われます、今回は世界初の・・・や諸々の情報が得られると思います

今日のオープンから7月中は特別に入場料が無料になるそうですので、皆さん是非、足を運んでみて下さい、北関東道も全線開通し便利になりましたので北関東圏の方にとっては更に良い機会ではないでしょうか

大平さんのツイッターにもありましたが、史上まれな震災にも耐えたメガスターは耐久性抜群と言う事でしょうか、そんな話題豊富なメガスターを是非、群馬にも常設展示をして頂きたいですね

慌ただしい今の時代、少し大きめのホールで、時間を忘れ、頭をからっぽにして、ゆっくりナレーションを聞きながら過ごす時間を楽しみたいと思います

景気の上振れ

user-pic
0

最近はシーケンサの入荷状況が良くありません、そこへ来て良く話題に上るのが、パソコンで制御しようと言う話です

シーケンサも安い物なら数万円で買えますが、I/O数が多くなると増設ユニットを買わなければいけなかったりする為、高価な物になってしまいます

そこへ行くとパソコンは容量が多く演算も出来て処理速度も速い上に値段も10万円程で買えてしまい、しかも機種さえ拘らなければ直ぐに入手出来ます

その後、基盤を起こすと言っても最近では1週間位で製作してくれる業者も現れ、ネットでも注文が出来ます、少し前では考えられなかった事ですが、いつまでスピードと価格競争が続くのでしょうか・・・

但し難点もあります、ビジュアルベーシックやラボビュー、横河等、誰でもプラグラムを組むと言うわけにもいかず、海外の拠点などに輸出する物は、後処理が困ります

シーケンサであればメールで組み替えたラダーを送れば、機械系の人でもインストール出来るのですが、価格や入荷納期と運用面を考えると簡単には決められません

何れにせよ、もう少し部品の流通が良くなってくれないと、偏った景気の上振れが起こり、どこかで歪が起こる予感がしますが、皆さんはどう思いますか?

最近、技術系の話題が無かったので先日あった話題を紹介します

まだ設計経験の浅いY君、お客様の方で設計を行い弊社で組立をする事になった機械を組立中に、"タイミングベルトが長いので選定が間違っている様です" と言い出したので、疑問に思い装置を見てみました

見たところ、モーターはインダクション、外部にもエンコーダーは無く、可搬重量は5Kgt程度、動作は上端、下端の2ポジションのみ、停止精度等を考えると、答えは簡単です

エンドレスで回転運動をさせるコンベア等を除き、有限運動をさせるベルトは長めに選定しておき、その後、装置に合わせて見てテンションストロークの中間で切断し、切った両端を合わせ、更に余った切れ端の歯を食いつかせプレートで挟み込む使い方をするのだと説明しました

設計をする上で、既成概念にとらわれない設計も良いのですが、基本を身に着ける事はもっと重要な事ですので、日頃からカタログで使用方法や取り扱い説明書等を見て勉強して置く他に、解らない事は市販品メーカーの営業さん等が来た時に、技術的な事を聞いて自分のものにする習慣もエンジニアとしての心構えかも知れませんね。

なでしこJAPAN

user-pic
0

皆さん、なでしこJAPANの試合はご覧になりましたか?

私も食い入る様にみてましたが、1点取られた時は正直ここまでかと思いました、しかしその後も諦めずに彼女たちは、最後まで直向にフェアプレーを見せてくれましたね

試合の途中で元監督のコメントで、"今、自分達に何が起きているか?分析しながら試合を勧めなければいけない" と言っていたのが印象的でした

監督がいて、チームをまとめる人達がいて、選手がいる、まさに会社と一緒だと思い、今回は単なる決勝戦と言う意味合いでは無く、違う視点でも見る事が出来て大変勉強になりました。。。

 

先日、売り上げ増加に伴う経費の件で質問を受けましたので、計算式の例を下記に記載します

エクセルを張り付けたのですが上手くレイアウトされずに恐縮ですが参考になさって下さい、但し運転資金差異日数は自社の数値を入れて下さい、下記の日数は短い方なので他の企業様はもっと苦労なさっている筈です

皆さんの会社の社長さんも、パソコンばかりいじっているけど、何してるんだろう? と、疑問い思っている方もいらっしゃる事と思いますが、下記の様な計算をして、今、会社で何が起きているか? 数値を追って分析し、今後の資金計画諸々の構想を立てているのです。

 

売上増加に伴う必要年間資金 (例)
             
  今期売上 来期売上目標  
  270000千円 289000千円 19000千円
   
  運転資金差異日数= 13,8日(例)  
   
  19,000 毎月必要な経費
  365日       * 13,8日 = 720 (72万円)
   
   
   
             

 

売り上げは伸びていて順調なはずなのに、資金が底をついた・・・こんな事に成らぬ様に・・・。

休日のご案内

user-pic
0

本日17日と明日18日は会社の休日となっております

仕事の都合で出社される社員さんも居るかも知れませんが、お客様と協力メーカーの皆様に於かれましては、ご理解とご協力をお願いします

海の日もあったりお子さんも夏休みに入るお宅があると思いますので、有意義に時間を活用して頂きたいと思います

しかし群馬は自動車関連企業が多く、今朝も出社する際に作業着を着た方々を沢山お見受けしました、"みんな頑張ってるんだなー、今はとにかく頑張ろう" と誰にエールを送っているのか・・・感じた次第です

会社の売上比率からすると、どこに的を絞るか難しい所です、弱電、電子、自動車、光学、メディア・・・どこも大切なセクターですので優先順位を付ける事は難しく、結局の所は担当者の判断で休みを業務上のスケジュールに合わせるしかありません

諄い様ではありますが、お取引先様に於かれましては何卒、ご理解の上、宜しくお願いします。

 

暑中お見舞い

user-pic
0

~暑中お見舞い~

今日は弊社の稼働日となっています、取引先の皆様や協力工場の皆様も暑くて大変かと思いますが、私ども社員一同ちからを合わせて頑張って参りますので、よろしくお願いします

先日、高崎クエイルの串田さんが3年連続で経営指針の勉強会に参加すると伺い、私も昨年に続き、もう一度参加して今年はBコースに・・・と思いました、しかし自分に言い訳をする、もう一人の自分と葛藤中です

震災の影響でお客様は輪番操業やサマータイムを導入しており、早朝や深夜、土日祝日関係無く対応が求められます、また取引先の都合で会社の指定した休日に出勤した場合は、その取引先に合わせて休日を振り返る措置を取っております

決して勉強がイヤなわけではありません、むしろ今年も勉強会に参加したい気持ちで一杯です

昨年、WMCの山口さんや丸橋さん~私をフォローしてくれた串田さんの御蔭で自社の分析や経営状態が把握出来たと同時に資金計画が具体的なものになり、資材管理担当の努力も含め、実際に財務の状態も良くなり、社内全体で収益性の意識も向上しています、ひとえに皆さんの御蔭です

今年は今まで学ばせて頂いた事を役立てて、この国難の今、どれだけ昨年の学びが役にたったかを来年は報告したいと思います

恐らく正しい学びをしていなければ、ただ経営しているだけで、自分と会社の将来を導き出せなかったのでは無いかと振り返ったりもしています

報告と言うお土産を持って来年度は新たな気持ちで、再度ドライしたいと思いますので、皆さんどうぞよろしくお願いします。。。

 

 

職人の世界

user-pic
0

技術者を育成する事は大変な苦労です、アイデアや時間とコストの3項目を自分のものにしなければいけません、最近では大学対抗ロボット相撲とか高校生ロボットコンテストなどがありますが、その後は皆さん、どんな所へ就職しているのでしょうか?なんとかこう言った学生さんに来て頂きたいのですが・・・

先日も群馬大学工学部の教授とお会いする機会があったのでお話を伺いましたが、とりあえず2~3年ゆっくりしたいのでアルバイトしながら就職先を探す学生が増えていると言うのです

世の中はそんなに甘くはありません、結果はその後も就職が出来ない方々が殆どだと言うのです、考えがしっかりしている人達は、きちんと就職活動を行い自分の道を切り開いている様です、もちろんどの企業も、こちらサイドの学生を望んでいる筈です

 

私達の仕事は誰でも出来るものではありません、センス、素質、技術の3つが必要だからです

簡単に見られますが奥の深い仕事、いつものセリフになってしまいますが、これは職人の世界と一緒です、どうですか、あなたも技術者の世界に飛び込んでみませんか?

昨夜はタイトル通りの勉強会に参加して参りました、いつも通り熱く語ってしまい皆さんに迷惑をお掛けした次第です

題目は、「経営指針を通して私はこう変わった」 (有)高崎クエイル 串田幹雄さんの発表報告です

そもそも経営指針とは・・・しっかりと自社の経営分析を行い、それを基に具体的な経営計画を立てる、その経営計画を実現する為に、社内全体や各部署、各個人の目標を基に行動計画を立てて実行に移す、そして会議制度、経営計画を実現する為にどの様な社員教育や研修が必要なのか、それを年間行事予定等に落とし込む、この全てを持って、経営指針と言うのです

営業戦略や財務分析、資金計画等を交えたものですから、基本的に経営指針書とは社内で運用や活用する為のツールなのです

とても箇条書きには書き尽くせませんが、それを社員さんと経営者が一緒になり細かく作り込む事が成分化と言うのでは無いでしょうか?

いくら売り上げを伸ばすには、毎月いくら余分に経費が掛かるのか計算式にあてはめて見ましたか?そしてその費用はどこから捻出しますか?

具体的な利益計画をもとに数値設定していますか? 実現する為の戦略的な行動計画も立てずに、売り上げを伸ばせと営業に指示していませんか?

買って下さい、使って下さいと接客の仕方だけに拘りるのでは無く、ABC分析を行い具体的に年齢層や所得層を考慮しながらの販売戦略は出来ていますか? 

労働分配率を50%以下にするには? 限界利益率を上げるには? 長期借入金適合率は?

等と、自ら自分に問いかけています、客観視する訓練を怠ると冷静な経営判断が出来なくなるからです・・・と、生意気な事を並べましたが、全て経営指針の勉強会で山口さんや丸橋さん、内山さんや高橋さんに教わった、学びです

 

山越さん、中島さん、また熱く語り合いましょう! またこのブログを前橋支部の皆さんで閲覧し、御意見を頂けると、より一層、私の思いも深まると思いますので、ご教授願います

 

話は変わり、トヨタ自動車が東北地方を小型車生産の拠点にすると報道してましたね、久し振りに身体中が熱く成り、ワクワクする気持ちになりました

きっと昨日の私のブログを豊田社長が見てくれた・・・(そんなわけないか)・・・今までトヨタはあまり乗っていませんでしたが、急に身近に感じたニュースでした

これを機に日本でのモノ作りが活発化する事を期待すると同時に世界に通じる技術力や経営力を身に着けなければ、生き残れない事も覚悟しておかなければなりません

しっかりと経営指針を作り込み、世界に通用する企業作りを目指したいと思いますので、皆さん今後とも、よろしくお願いします。

 

毎日憂鬱な話題ばかりです、企業の採算ラインが82~83円台の、リーマンショック時に比べて5円も円高です、数年前は120円台だった事を考えると2/3になったのです、これでは日本の輸出産業が利益を出すのは至難の業ですね

そこへ来て、貧困率16%と過去最悪の数字で群馬の生活保護者数、12.000人超えも頷ける気がします

しかし円高の上に、1バレル当りの原油価格も下がってから揉み合い・・・なのに何故、ガソリン価格は下がる所か上がっているのでしょうか・・・不思議です? 

経団連

user-pic
0

経団連の会長の発言ですが "このままでは国内企業は海外で生産するしか道は無い" と言っていましたね、その後のニュースでは関西地方の大手14社は海外生産に切り替えを検討中もしくは移行中と報じていました

生産拠点は海外に移管して日本人は何を生活の糧にして行くのでしょうか? 

子育て中の人達等も含めて、たまに行くならまだしも、少数派を除いては海外で仕事がしたい人などいない筈です

どの企業も収益性を考えると海外で生産から販売まで行う方が市場性もありますし、経営面からすれば自然な流れだと思います

日本企業の海外シフト率60% 労働配当率60%この数字を読み解き、私達の会社も30年先の企業構想を立てなければなりません

以前にも述べました様に、うちの会社もセカンドステージへ進みたいところですが・・・慢性的人手不足が多少でも解消されなければ、バランスを保てなくなるので、ここは今しばらくの辛抱です。

ビジネスモデル

user-pic
0

オーキングと言う会社で設計を担当している方から、久し振りに連絡があり情報交換をしました

もうかれこれ15年以上もお会いしていないのですが、電話の声は当時のままで、とても懐かしく感じました、彼は設計センスも良く実力もレベルが高く、恐らくあれから15年以上も実務を積んでいるとすれば、相当な技術者になっている事と思います

私の方はと言えば、最近は経営に特化して30年先の企業構想など経営指針に取り組んでおりますが、同じ業界にいても同世代で考えや、方向性が違う事を最近では新鮮に感じています

今後は単発と言うよりも、ビジネスモデルを作りお互いに収益性のある関係に持ち込めれば幸いです。

七夕祭り

user-pic
0

昨日は仕事を終え、外回りも早めに切り上げて,5時過ぎに前橋の七夕祭りに行こうと思い前橋方面に向かったのですが、急に空が真っ暗になり雷も鳴り始め、結局途中で諦めました

震災から要約、気持ちも落ち着いて来た所で、今年初めての "祭り" と言う言葉の響きをとても新鮮に感じました、最近は輪番操業やサマータイムの対応に追われ休みもあまりゆっくり出来ませんが、社員の皆さんがバーベキューや釣り大会を企画してくれている様なので、そちらを楽しみにまた今日も頑張ります(業務連絡=釣り大会は涼しい所にして下さい)

昨日は電車での出張でしたが、帰りにはこんな事がありました

ほぼ満員の状況の中、ボックス席に女性が一人で座り不自然に空いていたのですが、なにも考えずに "あの、ここ空いていますか?" と尋ねてみると、イヤホンで音楽を聴いていた様で、聞こえないのかなと思い、もう一度訪ねてみると、" なんですか、何するんですか" と突然、車内中に聞こえるくらい大きな声を出して返事を返されました、" いや何もしてませんし、空いてそうなので、空いてますか?と尋ねただけなんですが "と言葉を返した次第です

暑い中、歩き回り疲れていたので、何とか座りたいと思いましたが、もめたくは無いので、空いている所を探し同じ様に" こちら空いていますか?"と尋ねてから、席に着く事が出来ました 

混雑の中、一人で数人分の席をカバンや携帯音楽プレーを置き、足を延ばしている状況に、他の人は不自然に思い、関わらない様にしていたのだなと、数分して頭を過ぎりました

電車で出掛ける際の勉強になりました、変だと思ったら近寄らず関わらない事

理不尽な話ですが、マナー違反の人が開き直り、常識ある人が変な目で見られる、こんな出来事はは公共交通機関において、日常茶飯事なのかも知れませんね・・・私は違和感を拭えませんが、皆さんはどう思いますか? 

私の周りにも、昔はヤンチャだった人達が沢山いますが、上記の様な部分は、きちんと弁えている気がします、反って礼儀やマナーはしっかりしている人達ばかりです

逆に小さい頃から我ままが通り、過保護に育てられた人の方が常識外れになってしまうのかも知れませんね

野山を駆けずり回ったり、川や海にもぐり、魚や沢蟹、貝を取って遊んでいた私には、わがままや過保護なんて事は、到底理解不能な別世界の出来事です。。。

 

鉱工業生産指数

user-pic
0

昨日は独立行政法人雇用・能力開発機構群馬センター(群馬県職業能力開発促進センター)(通称:ポリテクセンター群馬)の、(いつもながら長い・・・)講師、四戸さんと六反さんがお見えになりました、どこかで会った事があるのですが、いつも思い出せずにいます

いろいろと情報交換の上、今後の事をお話しさせて頂きましたが、良い方向へ向かう事を期待しております

6月の雇用統計から行くと、労働配当率は先進国の中で日本が最低レベルでした、働ける人口と実際に正社員で働いている人の割合は60%強しか無い日本の現実、アメリカは悪いと言いつつも70~80%と両国ともに、ここ数年下落しています

それとは裏腹に6月上旬の鉱工業生産と輸出はマイナスを脱した様です

この状況を読み解くと、国内は人手に頼らぬ自動化が進み、人件費を抑える事により利益性の向上が進んでいる事になります

この状況はしばらく続くのだと思われますが、私達が日本で生きて行くには、スキルアップを怠らずに技術や知識、時に資格を武器に生きて行かなければならない時代なのかもしれません

昨日のカンブリア宮殿や仕事ハッケン伝でも話題になりましたね、働くってどう言う事?  

 

野菜工場

user-pic
0

昨今、野菜工場が人気だそうです

畑で育てるのでは無く、室内に設置できる専用機があり、5段程の棚には水が供給され、それぞれに蛍光灯が設置されていて、そこで育てるのです

その専用機を店舗に設置して様々なビジネス展開が行われている様ですが、その専用機を開発したメーカーは機械だけ売っていたのでは、"買って下さい、使って下さいとお願いするばかりで売れないだろう" と思い、それらを使ったビジネスの提供を始めました、結果的にはビジネスとしてもチェーン展化出来て機械も売れる理想的な展開に持ち込めた訳です

現在では、機械の説明会では無く、この機械を設置するとこんなビジネスが行えますと言ったセミナーを開催していて、好評の様です

使う側が起こす流行と、作り手が戦略的に起こす流行の二つがあると思いますが、企業として考えると後者の方が一過性では無く継続性があり、望ましいと思います

弊社も今の体制になり5年が経ちます、そろそろ次の一手に打って出る時期かも知れません・・・が、今一つ人手不足が解消しきれていません、企業は人成り、人財は財産と考えると、様々なバランスを取りながら成長させて行くのは技術系企業に取って永遠のテーマかも知れません・・・。

被災地支援支援プロジェクトの名簿を久し振りに見たら、登録社数が増えているので驚きました

http://www.sansoukan.jp/sien_prj/member.html

慌てて良い事は無いと思いますので、しっかりした復興指針を立てて、アクションプランに移して行けば良いのでは無いでしょうか? この先どうして良いか解らない状況が被災者の不安を煽っている気がします

ここで話は変わりますが、企業においても同じです、経営指針を作り、10年先、3年先、来年等と企業のあるべき形を社員全員で数字を交えた目標を立てて、それに基づき行動計画を立てる

社長が夢だ希望だ家族が大事だと言っているだけでは、社員さんにとっては裸の王様として扱われ、"言わせておけば満足するのだからほっておけ" こうならない様にと、信頼出来るコンサルタントWMCの山口さんに勉強会でも教わりました

昨日もあるお客様に "サンシステムの社長は熱すぎる!" と褒め・・・苦情・・・か解りませんが、言われた次第です

また少し話がずれてしまいましたが、私は新潟の生まれで実家は三川村と言う所です、福島県の被災地にも近い事もあり、少しでも協力して行きたいと思いますので、皆さんも、よろしくお願いします。

先日は独立行政法人 雇用・能力開発機構群馬センター(群馬職業能力開発促進センター)、通称:ポリテクセンター群馬の(長い・・・)機械系講師 四戸さんと松下さんがお見えになりました

現在、職業安定所等に求人票の提出をしておりますが、是非この両名のご協力を頂き、弊社と縁のある方が見つかる事を期待しております

私は仕事が出来る出来ないの前にもっと大事なものに拘りたいと思います

短所=弱点、では無く、短所=強み、短所は個性ですので、この部分を伸ばす事により良い結果が導き出せれば、企業も社員さんも伸びるものと信じております、当然、協調性や社会倫理は兼ね備えた上での話ですので、我ままや自分勝手とは意味合いが違います

以前に、"うちの娘は気が強くて迷惑掛けて居ませんか?" と結婚後出産し退職した社員の親御さんから言われた事がありますが、気が強い部分を仕事に生かせば誰にも迷惑掛けませんし、逆に周りからも認められ、誰も彼女の事を悪く言う人はいませんでした

少し話が脱線しましたが、四戸さん松下さん、よろしくお願いしますね。

代替えエネルギーとして以前から注目されていたものですが、地球上でも日本近海の地下に多く存在し、現在日本で消費されている天然ガスの100年分が確認されているというものです

しかもCO2の排出量も天然ガスに比べ約70%と地球にも優しく"資源大国日本"を、謳っています

東京大学の増田准教授が第一人者で有名ですが、彼は一度民間企業へ入社し新潟の事業所で働いていました、そこで起きたトラブルが基で、調べているうちに世界で初めてメタルハイグレードに遭遇したのです

メタルハイグレードがどんなに偉大な発見でも、20数年前の日本はバブルまっただ中で資源は"他国から買ってくればいい" と言われ続けたそうです、しかしバブル崩壊とともに研究が進み、近年では、MH1と言うプロジェクトを3か国で立ち上げ現在も進んでいます、そして原発問題と共に昨今、注目を浴びて来たと言うわけです

私が着目したのは増田さんと若者の関係です、彼が東大の研究室に入り立ての頃は、学生には見向きもされなかったのです、ここ最近は話題にも上る為、興味を持たれる様に成った様ですが、唯一一人だけ以前から彼を支えてくれる存在が現れ、今では増田さんの研究を実用レベルの開発に結び付ける役割を担っています、この関係は短い文面で表せないのが残念です、増田さんを取り巻く、熱い若者達を見ていると、とてもすがすがしい気持ちになります

私は日本でのモノ作りに拘りたいと思います、昨日も某番組でアイリスオーヤマが紹介されていましたが、大山社長曰く、"人間が多く関わるものは海外で、自動化無人化出来るものは国内で" この言葉が日本の現状を表している明確なメッセージだと捉えました

増田准教授や大山社長の生き様や成り経ちに振るい立たされたと共に、大手では無く中小企業へのメッセージもそこに隠されていると実感した次第です。。。

 

職業安定所

user-pic
0

職業安定所へ求人票を提出しました、初日から既に50件程の問い合わせがありましたが、30代後半から50代半ばの方が殆どです

出来れば若年層を育てたいと思いますので、ご理解頂ければ幸いですが、うちの会社で必ずや利益と夢のある将来を齎してくれると、自負出来る方であれば中年の採用も考慮致します

弊社としても誰でも良いわけではありませんので、採用に繋がるか否か、ご希望に添えない場合はご容赦願いたいと思います

職安の年齢欄は余程の理由が無ければ、"不問" として提出しなければなりません、これはリストラと言う言葉の知名度が高くなった頃から、中高年層の精神的不安を取り除く為にそうなったのです、職安へ行き、逆効果では無いかと抗議した事を今でも忘れません

企業側は若年層が欲しくても、職安のシステムから行くと何歳でも受け付けなければ、行けない事になっているのです

職安には良い印象がありません、15年前会社を設立して求人票を出そうと受付をしていると、"お宅様の会社は人を募集して仕事の確保は出来るんですか?" と言われた事を、つい昨日の事の様に覚えています、その担当者に私はすぐさま、"すみません、この職安の所長さんを読んで貰えますか?" と言い、所長にその場の出来事を話した所、二人で詫びていました

また最近では、会った事も無いのに、"あー社長さん? あのね、今窓口に面接希望の人が来てるんだけどさ、合って貰えねーかね?"(声の感じは中高年の男性) とか 問い合わせに対して、"今度の土曜日は10名程面接の方がいるので翌週にしてください" と答えると " わーそんなにいるのー?でも(就職を)急いでるみたいなんだけどダメかなー?"(女性) 皆さん、これが企業と職安スタッフのやり取りです、いずれもお会いした事の無い方との実話です、公共性の高い所で働くには、礼儀や言葉使いも気を配ってほしいものですね、これは批判では無くお願いです

いろいろ思う事もありますが、ここでは批判したり中傷的な発言は事は止めて、あくまでも実話のみを公表させて頂きました

この様な出来事を踏まえて、人の振り見て我が振り正そうと自分に言い聞かせています

最近では若者支援センターや雇用能力開発機構の方々と付き合いも出来て来ましたが、求職者目線で物事を考えてくれるので、これからの時代はこう言った方々のサービスが求められている気がします。。。

宇宙太陽光発電

user-pic
0

3月~4月頃のブログにも説明しましたが、宇宙衛星に太陽光パネルを張詰めて電気を発電し、マイクロ波に変換して地上に送るのです、そのマイクロ波を受信機を返して電気に戻すと言う方式です、今朝もモーニングサテライトで取り上げてましたね

マイクロ波自体はピンポイントで送れたり、受信機が感知したりして送れる為、人体には影響が無いのです、また携帯電話に小型の受信機をつけておけば充電もしなくてOKです、この方法を利用すると電気自動車も道路のあちこちに中継用の受送信器を設置すれば自動車側でマイクロ波を受信して、電気に変換出来る為、充電無で走り続ける事が出来るのです、素晴らしいと思いませんか?

しかし、何故すぐに出来ないかと言うとコストと政治的な問題です、まず衛星を飛ばす事、そして事業化しようとすると数兆円規模になる事、この二つです

民間では三菱電機がデモ機を作り紹介していますね、まあそのうち昨今のロボット技術の様にアメリカや中国、ロシア、ベトナムあたりに、この方式も牛耳られる様になるのかも知れません

サンシステムでやれば?と良く言われますが、数兆円規模・・・三菱電機でも資金が無いと言っているのですから、現実的には無理です、やはり先日も申し上げましたが、産学官連携で取り組まなければ行けない問題だと思います

火力や風力も良いのかも知れませんが天候に左右されない、宇宙太陽光発電を是非、管総理へ、お勧めします。

このアーカイブについて

このページには、2011年7月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年6月です。

次のアーカイブは2011年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。