2011年9月アーカイブ

夕べはテレビで、高校を卒業して間もない若者が、金属熱処理技能士の資格を取るまでのプロセスを紹介していましたが、あまりに感動したので少し紹介します

金属熱処理と一言で言っても一般の方には解りにくいと思うので、ここで専門的な事は省略させて頂きます

高校を卒業後、働きながら技術や知識を身に着けて、その後に試験を受けて資格を取るのですが、まず会社に入ったからと言って、先輩達がやり方からコツまで教えるわけではありません

昼間は出来る範囲の仕事を熟し、会社に利益を生み出しその報酬に給料を受け取る、会社は学校ではありませんので仕事が終ってからが勝負です、疲れた自分を奮い立たせ、夜遅くまで勉強し実践してみる、その事を一部始終ノートに記録しておく、何が良かったのか、何が原因で失敗したのか・・・

会社は場所や材料を提供しますが教えるわけではありません、自分で自らやってみて悩んで悩んで行き詰まると先輩にアドバイスを求めます

最初から聞いても、まず自分で考えろと激を飛ばされますが、この時点で悩みにポイントが生まれる為、ワンポイントだけ先輩が相談に乗ってくれます

この先輩達も、"かっこいー、やるなー"と感心させられました

その繰り返しからコツを掴み、考え方も精査され、やっと教えて貰えるスタートラインに立つのです

ここまで来れば大抵の方は時間が掛らずに、一人前になるそうですが、殆どの方はここまで辿り着けず止めて行くそうです

そして技能試験を受けて結果を出すストーリーでした、参考までに金属熱処理技能士の高卒初任給は現在15万だそうです、金額はともかく、まだまだこうして頑張っている若者がいるんだなと見ていて熱い何かが込み上げて来てしまいました

仕事に情熱を持って向き合い、家族との時間や趣味の時間をバランス良く取る事で、きっと何かが変わります

自分が変われば周りも変わります、そして頑張った結果は、いろいろな形できちんと帰って来ます、それが何か、そしてその先の答えは・・・。

 

10月1日(土)群馬大学太田キャンパスにて、メカメカフェア2011(in太田)が開催されます

小学生~中学生~高校生向けに"メカ"について知ってもらおうと言うのが趣旨で、日本機械工業財団や群馬大学が様々な分野のメカ(機械)を紹介したり体験したりするものですが、大人も楽しめると思いますので、お時間ある方は是非、足を運んで見て下さい、大人だけでも楽しめると思います

詳しくは、メカメカフェアHPもしくは群馬大学HPをご覧ください

メカトロニクスコーディネーターの私も行ってますので、見かけた方は声を掛けて下さいね!

(人が多く、ぶつかりでもしない限り、きっと解らないと思いますけど。。。)

最近、良く使われる表面処理でカニフロンやニダックス処理があります

摺動性や静電気対策、接着剤の剥離がし易い等がメリットとして上げられます

価格やどんなものかは8月31日付のブログに説明文がありますので、面倒でも是非、そちらを読み返した上で下記を参照下さい

ニダックス処理は焼成温度400°、表面硬度HV700以上と、基準があり応用性はありません

それに比べ、カニフロンはS(超高含有) A(高含有) B(低含有)の種類が選べます、何が違うかと言うと、高度がHV300~900,テフロン含有量は、30~7vo%とそれぞれ3段階に分かれます、高度とテフロン含有量は反比例の関係にありますので、用途に応じて使い分ける事が出来るのです

基本的には同じ内容で呼び名が違うと言った所ですが、ニダックス処理はアルバックテクノ社が牛耳ってますが、カニフロンの方は高度、フッ素含有量が選べ値段も安価、納期も融通の利く業者さんが多い等のメリットがあります

またカニフロンの場合は注文書に、S,A,B、(フッ素含有量と硬度)の中のどれか、膜厚等を記載して発注します

一度、自ら出し比べて見ては如何でしょうか? 価格、納期、対応、内容等を含めて、より理解も深まると思います

(あくまでも弊社において使う側又、処理を依頼する側の立場での話です、比較や中傷するつもりでは御座いません、両社それぞれ違った形での良い所やメリットがあるものと思っておりますので、ご理解頂きたく存じます)

光速超

user-pic
0

名古屋大学の小松准教授が発表した研究内容、あまり大きく取り上げられないのはなぜだろう?

学説的には質量のある物質が光の速度を超える事は無いと言うのが定説だったが、光速を超えたと発表した

もし本当ならば、もう少し大きく取り上げられてもおかしくないと思うのだが、どうなのだろう、個人的には俄かには信じられない話だ

だからと言って私達の日常生活に今すぐに繁栄されるわけでも無いので、一般人には、どうで良い事かも知れない

むしろその研究費を他に回した方が皆に喜ばれるのかも知れないし、また経済が活気を取り戻してから研究を始めても良いのでは?と、思ってしまう

今日は紹介したい技術ネタが、あったのですが次回にします(これは知っておいた方が良いかも知れません)それではまた。。。

エアーシリンダーの考え方を勉強しましょう

エアーシリンダーで各メーカーにガイド付きシリンダーがありますが、ガイドが着いているからと言っても、ガイド単体で買うのとは精度が変えてあるのです

弊社での出来事ですが、リニアガイド付きなのにガタがあるのでメーカーを呼んだ所、シリンダーに組み込まれているガイドは摺動性を良くする為に、隙間を持たせてあると説明を受けました

ガタを持たせたく無い精密物はガイドとシリンダー個別に選定し、設計する事が必要なのです

次にペンシリンダーを使用する場合ですが、海外などで使用する設備は供給エアーの環境が良くない為、使用エアーに水、油、ヘドロが混入し、シリンダー内のパッキンやリングが著しく劣化します

当然、フィルターレギュレーターやミストセパレータ他を噛ませても全ては改善されていません

その都度シリンダーを交換していては費用も納期も掛りますので、パッキンやリングが交換出来るタイプを選定し設計する事が必要です(部署によっては消耗品として持つ事もあります)

劣化や環境の事も考えずに設計者のえごでモノ作りしているうちは良い設計とは言えないのでは?

うちの会社は、誰の為に設計をして、誰の為にモノ作りをしているのか考える様に言っています

皆さん考えた事はありますか???

答えは、使う人の為です、使うとはその機械や検査器を実際に毎日使用する人やメンテナンスをしてくれる人達の事です

使い易くメンテナンス性も良く、結果的に喜んでもらえる設計が良い設計と言えるのでは無いでしょうか?

シリンダーの話から少し脱線しましたが、シリンダー一つとっても設計者の理念が必要と言う事ですね。。。

研修会の報告

user-pic
0

これはあくまで中小企業の話です

1番目は経営者が開発、組織、財務の視点で社内外から見ても発展性を感じる事が出来る企業経営者

2番目の経営者は自分の事を客観視出来ずに、優柔不断でなにをやっても中途半端、社内では人の意見も聞かないくせに、人からは良く見られたいタイプ

3番目は全てトップダウン、これはエーワン精密や未来工業の社長や黒船の社長などが上げられます

コンサルタントに言わせると私は1番目に極めて近い3番目だそうです、しかしワンマンでも自己満足でも中途半端より数倍も良いのだと言われ、胸を撫で下ろしました

やはり自分だけで自分の事を見つめるのでは無く、気の合うコンサルタントや仕事関係では逆に様々な立場の人の話を、聞く事も必要な気がします

あなたの会社の経営者は1~3のどのタイプですか? 

私はコンサルタントでは無いので、よその会社の事は正直、口出しするつもりはありませんが、自社においては社員さんや企業としての社会的責任もありますので、自己満足では無く、幅広い意味で良い経営者になりたいと思います

まだまだ道半ばですが、これからも、よろしくお願いします。

あまり取引先の事を取り上げるのも良くないと思いますので、本編は今回が最終回にしたいと思います

先日は約束していた観葉植物を持ってお邪魔しました、やはり皆さん温かい方ばかりで毎回感激させられます

スリッパを出して並べてくれたり、率先してお茶を入れてくれたり、お祝いのお礼に顔を出してくれたり、当たり前なのかも知れませんが、それが率先して出来る人格の方々なんですね

私は単なる、外注の身分ですが人を立場で判断しない姿勢は是非、見習いたいと同時にうちの会社も、その姿勢で行きたいと思います

とかくお客様にばかり目を向けたがりますが外注さんの協力がなければ中小企業は生きては行けません、まして今は注文や稟議が取れれば、直ぐに納品を要求されます

いつもいつも大平さんの事務所に行くと勉強させられますが、残念ながらこの話題は最終回とさせて頂きます、ブログと言えどもよそ様の会社の事ですので・・・

それでは、今日も一日頑張りましょう!

 

台風上陸

user-pic
0

今日は関東にも台風が上陸するのか否かと言う状況ですので、不謹慎な内容の記事は控えておきます

ソニー東海テックにいる取引先の皆さん(いや、親友の皆さん)も心配な所ですが、全員で強風や豪雨には気をつけましょう

私の田舎も先日の新潟福島集中豪雨で悲惨な目に遭い、未だ復旧の目途が立っていません、今まで大丈夫だったから今度も大丈夫と言う気持ちが、命に係わる場合もあります

また稲沢テックの皆さん、ニュースでも報じられていた様ですが充分お気をつけ下さい。。。

休日出勤

user-pic
0

昨日は休日にも関わらず、2名が出勤して何とかお客様の納期に間に会わせようと頑張っていました

どこの会社も仕事や会社に慣れて来ると、いいろいろな場面で "無理です" "出来ません" と言う言葉を頻繁に使う様になります、全てとは言いませんが、時にはチャレンジする事も大切な事では無いでしょうか?

やれる範囲の事ばかりやっていては、技術も知識も困難を乗り越える能力も衰えて、発展性がありません

当然、会社や職場の体質、環境によるものだと私も認識していますが、あくまでも開発に携わる者としての一般論です

こらからの日本で生きて行くのは技術だけでは無く、職場ぐるみで、そう言った気持ちを持続させる事も必要な気がします

残念ながら、のんびりとゆとりだけを追っていては、働く場所など無いのが、今の日本の現実です。。。

夢の扉+

user-pic
0

昨日は10年越しで発電機を開発した大工さんを取り上げていましたね

きっかけは自転車のライトをつけると漕ぐのに負担が掛る事が始まりで、発電機を分解した所から物語はスタートしたのです

到底見た目は不細工な試作機を作り、資料を持ってあちこちの企業に話を持ち掛けても相手にされなかったそうですが、これでダメなら諦めようと京都大学に電話をした所、たまたま居合わせた先生が話だけなら聞きますと言う事になり、最初は馬鹿にしていた先生も調べているうちに、ありそうで無かった凄い発明だと言う事が判明したそうです

それからは、特許も出願し実用化に向けて活動中との事でしたが、お金を追うのでは無く、夢を追った結果が実を結んだのでは無いでしょうか?

 

話は変わり、就職内定率過去最低と新聞に載っていましたね、その横には中小企業では優秀な人材が確保し難い状況と、肩を並べて記載されていました、この相反する事実・・・本当に深刻な問題だと思います。。。

企業誘致奨励金

user-pic
0

高崎市では土地建物又資産5000万円以上の物件で高崎市以外から転入した場合は3割を補助、その後5年間は様々な助成金制度を制定しました

うちの会社の規模でも1億5000万程度ですから、小規模でも5000万と言う数字は、ほぼ全社が対象となる事でしょう

ただ先日のブログにも書き込みましたが、対象となる地域はまったく交通網と道路整備等がされていません、準備もせずに、さあ来て下さいでは、いつまでたっても空地のままなのです

この辺は行政だけで判断せずに有識者を集めて、企業に魅力を感じてもらう整備も並行して行わなければいけないと思います

取り組みは評価しますが今回も行政の自己満足、アピールとパフォーマンスに終わらなければ良いのですが・・・。

現在、谷川岳星空鑑賞会が行われていますが、晴れていれば雄大な天の川や平地では見えない星も見られる様です

雨が降ったり霧や靄が掛ると、ビジターセンターでホームスターで星空を映したり、ソフトを使い映像を楽しむ事も出来ます

ガイドや説明員の方は殆どがボランティアの皆さんで、仕事を終えてから山に登り解説してくれるのですが、本当に頭が下がります

ご都合のつく方は是非、行って見ては如何でしょうか? 

群馬DCも残り僅かとなりましたので県外の方も、この機会に足を運んで見て下さい。

 

 

先日はサーボモーターの初級編を紹介しましたが今回はステッピングモーターを紹介します

最近ではステッピングモーターでもエンコーダー内臓等もありますが、一番の違いは分解能で、サーボモーターに比べて一回転当りの分割数が少ない事がまず上げられます、次に指令パルスに対しての保管機能を持っているのがサーボモーターですが、ステッピングモーターでは指令パルスに対してズレが生じても自ら補正する機能が無く、ズレたなりに指令パルス分だけ動きます

これだけ聞くとサーボだけが良いみたいですが、ステッピングは脱調しない、発震しない、負荷変動にも強い等の利点があります、但しサーボの様にいろいろな設定はきわめて少なく、やれる範囲が限定されます

最近ではブラシレス、ステッピングの両者でも様々な物が出回っているので、用途に応じて選択肢が広がっております、メーカーからデモ機を借りていろいろな実験をして見て下さい、そしてその中で一番用途にあった物を選ぶ事が良い設計と言えるのでは無いでしょうか

 

また実験話ですが、ステッピングモーターを1パルス、2パルス、3パルス・・・と、パルス数を変えて動かし、高速カメラで撮影すると、ダンピングの差がある事に気付きます

実際にやるのが良いのですが、パルス発信機で4パルスを送ってやると、不思議と振れが少ないのです、いろいろなモーターを試してみましたが、どのメーカーも結果は似ています

皆さんも買っておしまい、もしくは組み立てておしまいでは無く、いろいろと動かし実験して見る事で、次のステップに活かして見ては如何でしょうか?

 

ABCD分析

user-pic
0

まだまだ日中は30℃を超える暑さで、外回りをしているとクラクラしてしまいます

しかし9月も中旬ですので、朝はやはり涼しく過ごしやすく成りましたね、今朝は中秋の名月と日の出の両方を見ながら走ったり、歩いたりして汗を流しましたが、何か得した気分になりました

休日に震災後の受注内容をABCD分析してみましたが、最近は工場向けの仕事よりも開発センターやR&Dセンター、研究所向けの仕事が増えて来ています、守秘義務がありますので内容は延べませんが、各メーカーさんが将来に向けた新製品や新技術を開発出来る環境が出来て来たのだと思うと、胸を撫で下ろす心境です

とは言え年々技術も高度化して来ますので、私達の会社への要求度も上がって来ます、期待に応えられるべく、社員一同頑張ってまいりますので、取引先の皆様、どうぞよろしくお願いします。

 

 

昨夜のテレビで青木先生が出演してましたね、元不良少年~大学に入る前はリーゼント、それに似合いすぎる学ラン、夜になっては行方不明になり大人達をハラハラさせた少年でした

そんな青木先生が宇宙用の昇降式装置を開発しているのですが、その様子や青木先生が不良少年だった頃の担任の先生等が紹介されました

今は研究室の生徒達が目をキラキラさせてモノ作りをしている光景が好きだと、おっしゃっていましたが、目の鋭さは今でも健在でしたね

この手の番組が放送される度に思うのですが、こんな生徒達が、どうして周囲にいないのか?、こんな生徒達がいたら、是非うちの会社にも来て欲しいと、いつも祈る気持ちで見ています。。。

あるロボットを開発中ですが、以前こんな実験をしました

サーボモーター各社の同じ容量のものを集めて、THKのKRへ取り付け、おもりを載せて往復運動をさせてみました

オートチューニングからマニュアルチューニング、最高速から1パルス1ミクロンの超低速で動かし、メモリーハイコーダーで立ち上がりから停止までの実際の位置と指令パルスの関係、オーバーシュートとダンピングの波形を取りました

最高速、超低速で動かした場合に、実際の位置と指令パルスのズレやオーバーシュートとダンピングがどれだけ無くせるのかを、速度ループゲイン、積分時定数、位置ゲインの数値を変えて追い込むと同時に、電子ギヤや逓倍数を変える事による変化も試してみました

また当時は予測制御用のドライバー等も出ており各社のモーターとそのドライバーも試してみたのですが、結果だけ述べると同じ様に見えるモーターもメーカーにより癖や特徴がある事が解りました

これ以上は、とても長くなるので、皆さんも一度お試しください、高速もそうですが低速はパルスが溜まらないと動かない等、面白い事が解ります

 

問題です、良くモーター(ロボット)が止まった状態と言いますが、何を持って止まったと言いますか?

1、目で見て停止しいた状態

2、ダンピングが終息した状態

3、位置決め完了範囲に入って、位置決め完了信号が取れる状態

(位置決め完了範囲はドライバーによって初期設定されていますが、プラスマイナス何パルスと、設定も出来ます)

止まったと言っても、この3つの考え方がありますので、安易な考えで周囲と打ち合わせをする事は避けた方が良いかも知れません、出来たら"ロボットが止まったら・・・" では無くて、"位置決め完了信号を確認してから・・・" 等と打ち合わせをする様にしましょうね

また、電源を落さない限り、サーボモーターのローターは止まる事は無いのです、わずかですが常にCW-CCWの動きを繰り返して自分の居場所を補正しているのです、ですので意地の悪い言い方をすると、停止すると言う事は無いわけです

用途によりますが、以上の事を踏まえてメカ設計や制御設計をする必要があります、高速で動かす場合は微妙な装置の振動でロボットの速度(ゲインが上がらない)が上がらない場合もありますので、設計初心者の皆さんは充分に注意をして行きましょう。。。

 

 

大平技研横浜事業所へ納品に行って参りました

行きは関越~環八~第三京浜のルートで、ららぽーと前を入って直ぐの所でした・・・しかし初めてだったので、そこを通り過ぎてしまい裏から行く羽目になり、細い路地をうろうろしながら何とかたどり着いた次第です

KさんやS(女性)さんが快く迎えてくれて説明を受けながら見学をさせて頂き、帰りはS(男性)さんとNさんが、見送りまでしてくれて心温まるひと時でした、やっぱり夢を仕事にしている人は、人との接し方や口では言えない何かが違いますね

うちの会社の社員さんは他からどう見られてるんだろうと、ちょっと怖い気もしました・・・

 

気候も良くなって来ましたね、夏場はウオーキングだけで汗だくになりますが、、ようやく涼しく成って来たので最近は毎朝、走り込みをしています、本を読んで頭の体操と走り込みで運動をして、今日も一日頑張りたいと思います。。。

 

大手のみならず、中小企業や零細企業でも外国人を積極的に雇用し始めて20%以上の中小企業が既に雇用中と言う事です

多くは中国人で、雇用と同時に中国語講座を設けたり親睦会を計り、その中で中国式のビジネスマナーを学んだりして文化交流も目的の一つとして考え、日本人は仕事は教えるが文化は教えてもらい、仕事に活かすと言った取り組みが、されているそうです

また海外進出を考えている企業に於いては進出を想定している地域の人材を日本で学ばせてから進出時に現地で働いて貰うなど、様々な努力がされている様ですが、そう言った取り組みの事を昨今では、グローバル雇用と総称するそうです

もちろんそれなりに士気が高く、基礎能力の高い人材が条件となりますね

先日は大学の先生がこんな事を言ってました、"日本人も海外へ留学する機会を増やし、世界を見据えた上で、働く場所を日本と限定せずに、世界中で就職活動をすれば、就職浪人も減り、失業率も改善される" と言っていました

言う事はごもっともですが、皆さんそんなに海外で働きた人ばかりなのでしょうか?

一時的ならともかく、少なくとも私は日本で働きたいと思います、皆さんはどうですか?

ソフトスチーム

user-pic
0

早稲田大学の本庄にある研究室と埼玉産業技術センターが、共同で開発した装置です

内容は野菜を20°から80°の低温熱を加え蒸した状態にする装置で、野菜の種類ごとに設定が変えられる物です、但し今まで通りの方法で、煮たり蒸したりする物よりも栄養価が生の状態に近く、しかもそのまま食べられる状態に出来ると言う事で最近、注目を浴びている新たな技術です

様々な分野で、いろいろな新しい技術や装置が、あちこちの地域で生まれている事を嬉しく思うと同時に、高崎と言う地域はまったく、モノ作りにちからを入れていない街だと痛感させられるばかりです

他の地域にお住まいの方が、もし高崎に来る機会がありましたら、工業団地と言われるところをご覧下さい、私も日本本土、沢山の工業団地を見てますが・・・

理想は、駅にアクセスし易く、且つ高速のインターチェンジの近くに、4tトラックが行き来できる4車線道路を碁盤目に張り巡らせ、大手が真ん中、周辺は中小企業、更にその周りには個人事業主、その周りには民家が軒を連ねるニュータウン、その横に大型ショッピングセンターや小さいお店の入れるテナントビルを設ける

そんな街なら事業税も入るし雇用も生まれ生活もし易い、良い街になると思いますが、如何でしょうか?

 

 

皆さんこの言葉はご存知でしたか? 恥ずかしながら私は最近知りました

広告にゲームを取り入れたりするもので、携帯ゲームをゲーム以外の事に取り入れて利用するものです

これでゲームソフトにプラスして、新たな分野が現れたたと言う事になりますが、今ある技術を使い、新しい発想や工夫次第でビジネスが生まれるって、とても良い事だと思います

I T に関連する業界も、パソコンやモバイル機器、インターネットの普及により、これから先10年を考えると、市場が求めるものは、技術はあって当たり前でセンスが良くクオリティーの高い仕事をする業者だけが生き残って行くのだと思います

大平技研さんが9月1日付で横浜事業所を設けました、鴨居駅から歩いて程無い所です、車では東名と第三京浜がアクセスしています

そこへ今日は早朝から納品に出掛ける予定でしたが、夕べ連絡があり明日の納品となりました、生田は開発用に、そのまま借りておくそうですが、大平さんとはお会いする機会が減りそうです、もっとも最近はテレビやラジオ、講演会やイベントなどの出演が多く、事務所に行っても留守がちでしたね

昔の"凄い青年"と言う印象から最近では"類を見ない芸術家"と言った印象です、一回りも年下の大平さんですが、ソニー時代から今日までの10年間は刺激を受けっぱなしです

その刺激をバネに、あと2年の間には、うちの会社も次のステージへ繰り出したい所です。。。

電子文章

user-pic
0

最近は請求書や受領書、納品書は電子化され、反って面倒です

パソコン上だけで保管したりしておけば良いのかも知れませんが、仕入れや売掛、売上の伝票処理がチェックし難いので結局の所、PDF等で送って頂いても、こちらで出力しなければいけません

皆さんの所はどうなさってますか?ペーパーレスと言ってもメリットがあるのは発行元だけで受け取る方は、出力に手間取りあまり利便性を感じません

なにかアドバイスがありましたら、教えてください。

健康診断

user-pic
0

今日は会社の健康診断の日です、昼間は久し振りに会社も留守になりますがご了承ください

夕べは社員の皆さんも8時までに食事を済ませるとか、胃カメラや直腸検査の話で盛り上がっていた様です

それよりも喫煙率が7割以上なので、どうしたら健康に目を向けて貰えるのか思案中です、また定期的且つ日常に運動を取り入れている社員さんも少なく(殆どいない・・)いくら健康診断を行っても健康意識無ければ元も子もありません

皆さんも運動や喫煙に心掛け、健康な日常を過ごしましょう!

 

おまけですが、昨日は地元のテレビ番組で知りあいの会社 ペリテックが紹介されていました、ご覧になった方はいらっしゃいますか? 

地元の大手銀行が提供でと取引企業を紹介している番組ですが、以前うちにも " 取引して頂ければテレビで紹介しますよ" と、営業の方が数名でいらっしゃいました

ですがその銀行とは起業時に、こんな出来事がありました、ある支店へ協力をお願いを申し出た所、何度も何度も言われた書類を持って足を運び相談に行ったのですが、挙句の果てには、"忙しくて、小口は相手をしてられないので信用金庫とか他の銀行を当たって下さい" と言われ、"だったら最初から言ってくれ" と、売り言葉に買い言葉で店を出て来た事を今でも悔しく鮮明に覚えています

あの書類、この書類、書き方を変えてくれ等、なんでこんな思いをしなければいけないのだろうと、7~8回程通ったでしょうか・・・地元企業と言うより、日本中の企業と取引を目指していたので、信用金庫よりも銀行と名の付く所とお付き合いをしようと決めていた事もあり、言われた通りにしていました、今でも思い出すだけで、気分が悪くなります

その話をした所、二つ返事で協力してくれたのが東和銀行でした

話を基へ戻しますが、創業時の平社長をしっているだけに、" あー歳を取ったなー" と言う印象です(きっと平さんも私の事をそう思ってる・・・)

しかし中身は繊細で芯のある良い方です!何が正しいか見極め一心不乱に追及する、そんな方だと思います。。。

タイトル通りのことわざが脳裏を過ぎった数日です

昨日は11時に会社を出て国道17号を藤岡インタチェンジ方向へ向かいました、ところが高速道路は閉鎖、一般道は道路が冠水で、2時間経っても500m位しか動けませんでした、何とかUターン出来る所まで漕ぎ着けたので会社に戻って来た次第です

やれやれと思い帰社後、席に着くと、すぐさま新規のお客様から電話があり、契約書の説明を受ける事が出来ました、おかげで午後は契約書も書けたし、悪い事ばかりではありません

今朝はこれから一般道で打合せやら納品やらで出掛けて参ります、皆さんも風雨にお気をつけて今日も一日頑張りましょう!

 

大手3社で液晶市場を睨み、新会社設立と報じられていましたね、逆な見方をすると各社凌ぎを削り技術開発する分野では無く、既に完成されて価格競争下のカテゴリーに入ったと言う事でしょうか

かれこれ10年程前になりますが、あるメーカーから依頼されて有機ELの圧延装置を作りました、当時はその言葉すら世間では、あまり知られていなかったので、自分達が開拓者だと思うと、ワクワクしながら納品した覚えがあります

しかしその後は成長市場に入るのかと思いきや、今では名前も出て来ませんね

ちょっと話は脱線しますが、その当時の開発者は、それから1~2年足らずでリストラにより、そのメーカーから全て排除されました、そして3年目のある日、雑誌の表紙に" 私が有機ELを実用化しました" と、大学を出て間もない方が載っていたのは今でも覚えています

企業イメージの看板となる人物が必要だったのではと、当時は話題になりましたが、"ふざけるな、技術屋を馬鹿にするな" と怒りが収まりませんでした

私はそれまで苦労し裏方となり " こんなの無理だよ" と言いながら頭を抱え苦しみ抜いた社員の皆さんを讃え、今でも尊敬しています

話は戻りますが、その有機ELや消えて行く技術と反対に、新しくスタンダードの座を奪える技術の開発を是非とも進めて欲しいものですね。。。

このアーカイブについて

このページには、2011年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年8月です。

次のアーカイブは2011年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。