2011年10月アーカイブ

今日で10月も終わり、あっと言う間に今年も終わりそうな気がして来ました

今日の日本経済新聞は、ご覧になりましたか?

「群馬県は行政が、中小企業の海外進出を支援する」と言う記事です、空洞化を抑えたいのか、進出を推進したいのか、アンバランスな政策が伺えますね

もちろん最終的には企業が考え、アクションプランを展開するのでしょうが、政治も空洞化に関しては何の政策も無く流れに身を任せているとしか思えません

あとは「年金貰い過ぎ」この記事も、受給年齢引き上げと言ってる中で、今まで多く払っていたと言うのも、何やってるんだと言わざる得ない問題です、まさか今まで貰っていた人が悪いわけでも無く、国に問題があるとしか言えないのです

景気が良く日本のGDPが6%まで上がっていれば問題も浮き彫りにならない問題なのでしょうが、1%もしくはマイナス成長の日本ではストライキや暴動が起きてもおかしくない状況が進んでいる気がします、TPPのストライキはまさにその始まりとも言えます

国の問題を見渡した上で、自社の方はと言えば、しっかりした短期計画、中期計画、長期計画に基づき、経営指針を作成し、アクションプランに落とし込まなければ行けないと考えさせられる昨今であります。。。

忘年会

user-pic
0

会社の忘年会が決まりました(ブログに書く事か迷いましたが・・・)12月9日(金)18時30分から、場所は会社の近くにある泉さんです

協力メーカーのアイテクシステム3名、アルスメタル2名、岩瀬産業2名、ツースリーセイコー2名、黛電気1名が参加します、このメーカーさんは特に弊社のパートナーとしてサンシステムに無くてはならない存在なのです

規模が小さい会社にも関わらず、協力メーカーさんを外注扱いしている様では、いつか自分に、はね反って来るのです、とかく自身案偽で普段はりっぱな事を言う人に限ってこの手の方が多い気がしますが、ビジネスにはパートナーが必ず必要です、当然お客様は大事ですが、お客様に満足の行く納期や品質、価格を提供する為には絶対に必要不可欠なのです

1年間、震災や停電諸々の不安を一緒に乗り越えた仲間達と盛大に宴を楽しみ、労いたいと思います

報告が遅れましたが来月から1名、設計の部署にキャリア入社で増員されますので、皆さん、よろしくお願いします、と言う事で歓迎会も兼ねてになります

こちらもプロのエンジニアになって欲しいと願うばかりです、設計し組立を行い調整もする、時にガツンと落ち込む事もあるかも知れませんが、そう言う事も一人前になるには当然、あるでしょう

図面だけ書いていては良し悪しの判断が出来ないのです、頭では無く経験から出て来るアイディアやポテンシャルが必要なのです

あれっ、いつの間にかまた熱弁・・・なにはともあれ、忘年会が楽しみです。。。

群馬県民の日

user-pic
0

他県の方はご存じ無いかと思いますが、今日は「群馬県民の日」です、群馬県の条例で制定されているものです

学校は休校になり、公共施設等の入場料や利用料は無料になります、またディズニーランドも割引になったりします

喜ぶのは子供だけで民間企業や役所、学校も先生達は出勤しているわけですし、施設を無料開放をしている事を考えると経済効果を期待するものではありませんね

それならば、いっその事、第3日曜日を県民の日にするとかして、無料で無く半額や割引にした方が経済効果も大きいし大人も子供も喜ぶのでは無いでしょうか?

行政の批判ではありませんが、この辺のことを考え、経済効果も考えれば28日に拘る事も無い様な気がします

昨今、景気の低迷や昇給しても手取りが減る社会制度では、共稼ぎも多く子供だけ休みになっても大人の負担が増えるだけです、ならばいっその事、学校にいてくれた方が安心と言う、親御さんも多い筈です

まだまだ行政と民間の間には溝があり、誰の為の行政なのかを真剣に考える人すら、いなくなった気がしますね。。。

 

高崎少年科学館では10月15日から11月13日まで、生き物から学ぶロボット展を開催しております

知名度が低い施設なのでピンと来ないかも知れませんが、昆虫や恐竜を見立てた手作りのロボットが展示したありますので子供よりも大人向けかも知れません

この手の物を作る事により他の産業やコアな物に転用していければ良いですね、最近では図面は書けるけど組立はあまりした事が無いと言う若い方が多いのですが、頭の中のモノをイメージやスケッチをして、形に出来るかどうかが大事で図面は後からでも構わないのです、大学の研究室等がそうですね

原発事故の時は皆さんご覧になったかと思いますが、ぎこちないロボットが原発内部を動き回ってましたが、あれも何故か外国製です、ロボット開発の技術は日本が世界で一番だった筈では・・・と思いながら見ていました

以前にも触れましたが、体操選手に小さい頃から国や行政がお金を掛けて育てるように、ロボット開発が出来る子供の育成にも手を差し伸べて頂きたいと思います

まだまだ時間はありますので、皆さんお出掛けの際はご覧になって下さい、プラネタリュームも隣接してありますが、早くここへメガスターを常設して貰いたいですね。。。

設備産業の現況

user-pic
0

あまり業務に関しての厳しい状況を話題にするのは企業としてマイナスかも知れませんが、これは弊社だけでは無く、日本の設備産業全体で起こっている事実を述べますので社会勉強と思い現実を認識して下さい

ご存知の方が殆どだと思いますが、どのメーカーも設備の製作費を3割カットを目標にしています、これは、ある特定のメーカーと言う事では無く、殆どのメーカーが製造コストや設備のコストを3割抑える動きになっています

最初は、特定のメーカーから話を受け、その後は次々に3割と言う数字を耳にします、と言う事はどこも置かれている状況が同じと言う事です

設備に使用する部品なども2週間以上納期がある物は中国や韓国、台湾で製作し、2週間を切る物は日本で製作する等が現状です

しかし2020年には中国の人口もピークダウンして来ます、10年先から15年先を見越すと、更に産業の変革が起こる物と思われます

以上を踏まえると加工だけ取ってみても、納期が無い等と言っていては仕事が消えるのです

以上が我々、日本の製造業や設備産業に纏わる現実です、これにいかに対応し先を読んだアクションが取れるかが生き残りの課題だと確信しています

ちょっと厳しい内容だったかも知れませんが、これが現実です、甘い考えは捨てて、しっかりと技術や知識を身に着け、日本の厳しい状況を認識し、また頑張りましょう!

コワーキング

user-pic
0

最近では様々な企業の社員や個人、少人数で事業を行っている方々が、一つの部屋や場所に集まり、情報交換や意見交換を行い仕事をシェアしたり、パートナー契約をしたりする、ビジネススタイルが注目されているそうです

たとえば携帯アプリのソフトは開発したけど画面の作り込みがセンス良く出来ないとなると、コワーキングのスペースへ行き、周りに相談してみるのです、そこで理解を示してくれたり会話の雰囲気や相手のスキルを知った上で、フィーリングが合う方に仕事の依頼をすると言った内容です

毎回同じ人に依頼するのでは無く、その内容のイメージに合わせて依頼者を選択するのです

大手企業も参入している様ですが、自社の考えだけでは無く、外部の不特定多数のプロの方と情報交換や意見交換をした上でビジネスの活かします

話は脱線しましたが、この辺の感覚は若い方々の方が勝っている気がします、良い物は良い、自分に足りないものは人のちからを借りる、結果、自らの結果や成果に結びつける、至ってシンプルです

時代も変わればビジネススタイルも産業構造も変わります、今までの経験と新しい考えを上手く取り入れて行き、「温故知新」の精神で厳しい時代を乗り越えたいと思います。。。

リスク回避

user-pic
0

タイの洪水も深刻化して来ましたね、しかし各メーカーは水面下で様々な動きを繰り広げております、内容はここで取り上げるわけには行かないので伏せて置きますが、サプライチェーンの展開の仕方や応用性なども含め日本企業はさすがだなと思われる事が沢山あります

中国から始まり、アジア諸国を巻き込む取り組みは日本が最初に行った事ですが、先駆者としての考えや島国ならではの考え、そして震災等で経験してきたリスク回避への取り組みが、今回はタイの問題などでも教訓が活かされている様です

企業も個人も、ぬるま湯に浸かっていては困難を乗り越えるスキルが向上しません、いざと言う時が来ても自らアクションが取れる様に普段から自分磨きに心掛ける事が今の時代を乗り越える、一番の近道かも知れませんね

 

 

M&A

user-pic
0

仕事での付き合いは昨今殆どありませんが、旧知の仲であるペリテックと言う会社が株式を全て譲渡売却して上場企業の子会社になりました

あまり個人情報に関わる古い話は避けておきますが、真面目にコツコツやって来た方ですが、業務内容や取り巻く環境、市場の変化によって社員や幹部の入れ替えが多くありました

ここ最近はラボビューに特化して企業の柱にしている様ですが、戦略がまとまり、ここ最近では要約、方向性と世代交代も視野に入れている様です

会社が変わろうとする時に社員が全員入れ換えになるのは寂しいとは思いますが、企業戦略を全うする為には仕方ないのかも知れませんね、企業を収束させるか発展させるかを考えると二つに一つしか無いわけですから、社員もついて行くか止めるか困惑した事と思います

企業の先行きを考え、M&Aを模索するのも一つの考え方かも知れません、企業の形態も様々ですので、これからは社会の変化や仕事の流れに身を任せるのでは無く、経営者が真剣に経営環境の変化に対応し、自社の立ち位置を明確に出来る技量があるかどうか、そして社員が一丸となれるかどうかが、生き残りの鍵となるのでは無いでしょうか?

今日は日曜だし、軽めにと思いましたが根っからの熱い人間で恐縮です。。。

ウォーキング

user-pic
0

昨日はちょっと熱い内容だったので今日は軽めに行きます

みなさんはウォーキングやジョギングをしていますか? 私は朝早く起きて、散歩程度の速さでダラダラ歩いたり、ウォーキングやジョギングをしています

その日の体調や気分で速さや距離は変える様にしています、日の出から朝焼けや山々の景色を見て歩くのはとても爽快です、自宅の周りは晴れていると榛名、赤城、妙義、浅間、谷川、八ヶ岳、吾妻連峰がすぐ近くに見えて実に景色の良い所です

歩いていると毎朝見かける方々や知らない人達にも行きあいますが、皆さん「おはようございます」と、声を掛け合うのもまた、気持ちの良い物ですよ

ちなみに小説家の絲山秋子さんも近くに住んでいて、良く犬の散歩をしています

自ら率先して健康管理に心掛けているのですが、会社の中で喫煙率を減らしたり、運動を推進させるのに何か良い方法は無いものでしょうか? どなたかお引き回し願います。。。

高崎の未来を考える会に参加して来ました

一般の方々には耳なじみの無い会だと思いますが、題目の通り地域の将来をどうするか、またどの様にそれを進めて行くかをテーマとした団体です、そしてどんな方々が参加しているかと言うと多業種で、時間の融通の利く方が主体です

個人的には高崎発信の群馬ブランドとしてハイテク地域を創設して民間企業を募り、様々な産業の開発センターを群馬で作り、開発したものを群馬県内の企業でそれを製造生産して国内外に送り出すシステムを提案しています

具体的に農業であれば温暖化を見据えた農作物や果物の栽培ですが、現在は各地域でリンゴや梨などを育てていますが、それはそれで進めて亜熱帯地域の農産物などを目玉にするとか、次世代の栽培方法や地域性を活かした新しい品種の栽培です

工業であれば自動車のコアな技術を他に転用するとか同業他社の開発を委託開発出来るシステムを作り開発後は各メーカーに技術提供するとかです、電子部品も同じくマーケティング会社を通し商談するとか、部品の生産を行政の委託会社を創設して海外で安価に加工し関税を免除してもらい高崎で仕入れて付加価値を付けた上で再度国内外へ販売する等と様々な事が考えられます

また土地の活用方法や工業、商業、住宅の環境も目を向けなければ行けませんね

その中で高崎や前橋、他の地域を巻き込み同じ事をやるのでは無くて、その地域の特色をもったセクターにちからを入れる様にすれば、共存共栄出来るものと思います

高崎だけの事に目を向けたり自社の事や自分が関与している産業だけに目を向けていたのでは未来はありません、本当に未来を考えるのであれば全てを網羅したビジョン構想が必要な気がします。。。

電気自動車

user-pic
0

日産のリーフに試乗して来ました

感想はとても静かでトルクもあり、且つ使い勝手が良く雰囲気も新鮮でした、あくまで個人的な意見ですがモーターとバッテリーに合わせてエンジンの両方を積んでいる車では無く、電気だけで500km走る車が出れば欲しいと思った次第です

これだけ技術が発達して入れば出来るのも時間の問題だと思いますし、三菱電機では充電しなくても良い電気自動車等も開発、試作中と言う事ですので日本を含む世界の産業構造も変化が起こるかも知れませんね

それらを読み解くとしたら、何かが発達すれば何かが衰退するのは今まで繰り返されて来た事ですので、衰退するものにしがみつくのでは無く、文化を守りつつその波にいかに乗れるかが企業の使命とも言えるのではないでしょうか?

青い薔薇

user-pic
0

このところ明るい話題が少なかったので、変わった話題ですが、この前の日曜日に前橋敷島公園と言う所へ、青いバラの鑑賞に行って来ました

サントリー総合研究所で世界で初めて実現したものですが、それまで薔薇は青色に咲かせる事は不可能と言われていたそうです、それもあってか花言葉は「不可能を可能にする」・・・だったかな?

個人的な感想ですが、青と言われてもピンと来なくて周りにある紫や濃紺のバラの方が締まった色なので、あまり感動は受けませんでした、しかし一度は実際に見ても良いと思います、本物を見て慣性を高める事で人間としての他の能力も高まる筈です・・・と、先生が言っておりました

帰りに公園内で薔薇ソフトクリームが販売されていたので、せっかくだからと食べてみましたが味の感想は秘密です、実際に食べて見て下さい、良い年をしてソフトクリームを持って歩いてる自分も恥ずかし気持ちでしたが、皆さんも一度は食べて見ては如何でしょうか?

話を戻し、もともとは生体の研究から始まった物と聞いていますが、大変な苦労があったのだと思います

この知識や技術で医療や健康、環境等の発展、改善に繋がる事を期待しています

しかし薔薇は自然に咲いている真っ赤な薔薇が一番綺麗だと感じた次第です。。。

 

昨日は税務調査がありました、本来は昨日今日の2日間が予定されていましたが、ベテランの監査員の方がテキパキと業務遂行して頂いた事と合わせて、弊社がきちんと税務処理をしている事から、昨日1日で終わりました

(税務署の清水さん、公認会計士の高橋さん、大変お疲れ様でした)

結果は何も問題無く、その旨を社員の皆さんにも報告した次第です

また経営者として、今日から心新たに限界利益率の引き上げと労働分配率の低減に向けてチャレンジして行きたいと思いますので、皆さんよろしくお願いします。。。

税務調査

user-pic
0

今日と明日は延期されていた税務調査の日です

先日、某電気工事会社が脱税で新聞に載ったり、今日も鹿島建設が利益隠蔽で告発されていますが、それらとは違うので誤解しないで下さい

一般の人は縁が無いかと思いますが、税務署の職員が毎日の様に各企業を巡回して仕分けや書類の指導をしているもので特別な物ではありません、きちんと整理されていれば確認だけで終わりです

会社は様々な規則があります、たとえば個人でパソコンを買うと資産税は掛りませんが、会社で買う場合は台帳に載せて国の税金や地方税が毎年掛ります、それと別に地元の固定資産税が毎年掛るのです

また青色申告事業者と有限会社、株式会社で、各々違いがあります

解らない事は専門家である税理士にお願いするのが一番ですので、うちの場合もそうしてます、二日間対応の為、皆様にはご不便お掛けしますがご理解ご協力の程、宜しくお願いします。

また洪水の話題で恐縮ですが、なかなか詳細な情報が入手出来ない状況です、パソコンや通信設備なども泥水に浸水してしまい、携帯電話も充電出来ず連絡のつかない取引先もあります

先日は黒田電機の現地社員が洪水を免れたハードディスクをトラックや船に積んでいる映像を見ましたが、各メーカーや中小の工場も浸水後、まだ水の引かない状況らしく心痛な思いです

数多く進出している日本のメーカーも震災後、立ち直ろうとしたものの更に大きな打撃となりました

先日も述べましたが取引先や知人も多く、早急な復旧を祈るばかりです、私の田舎も未だ電車が走れず、道路も寸断されたままの所が沢山あります、そして住む家を奪われた方もいます、タイの洪水も、とても他人事とは思えません

しかし、震災の時もそうでしたが経済を止めてしまっては復興も何もありません、働ける人が未来に向かって真剣に働き、経済を動かす事で復興への協力や社会貢献に繋がるのです

私達の会社も幸いお客様にも恵まれ、そして社員の皆さんの努力もあり、震災後も大きな痛手も無くここまで来ております、これからも"社長の成長無くして社員と会社の成長無し" この言葉を胸に叩き込み、これからも経営の勉強と社員の成長を両立させて行きたいと思います。

(洪水から話からまた話が脱線してしまいました、文才が無いのかな・・・勉強します)

10月7日付のプレスリリースで、ソニーマニュファクチュアリングシステムズ㈱が収束(閉鎖)になる事が発表となりました

事業部としては、ソニーEMCS㈱へ引き継ぎになると発表されています

実装機や印刷機を手掛けて来た、411名の優秀なエンジニア達が途方に迷うわけですから社会的な問題と捉えても過言では無いと思います

こうしてエンジニア達が働く場所を奪われる事で海外との技術格差は広がる一方です、技術大国日本は、どこへ行ったのでしょう・・・

タイの洪水(1)

user-pic
0

タイの洪水ですが、大変な状況に弊社としても、心よりお見舞い申し上げます

取引先の工場もあり、知りあいも多数現地で働いております

とかく自動車関連の大手ばかり取り上げられますが、自動車電装部品の中堅企業も多数あったり、ソニーや弱電企業も多くあります、またそれに伴い中小零細もありますが壊滅的打撃です、正直なんと言って良いのか、言葉が見つかりません

 

信頼出来る経済評論家の話では、日本国内も震災の復興需要はこれからが本番と言っていましたね

今日の景気判断指数も銅の市場相場が上がって来ています、と言う事は3か月後には自動車生産台数が伸びて行くと言う事は確定していますし、またそこから見えて来るものを考えると、しっかりした資金計画を立てながら経営を進めて行く事が必要となりそうです

暗い話題もそろそろ脱して緩やかな揉み合いを繰り返しながら半年は落ち着いた市場となりそうですね。。。

設備産業の近況

user-pic
0

最近の設備産業全体の環境をまとめてみたいと思いますが、全体的に加工物を見ると納期は1週間から1.5週間が多く、2週間以上あるものは海外で加工等が日常化して来ています、重切削で焼き入れ処理込みでも2週間以上は日程が取れません

また今まで単品ものには目も向けなかった業者さんでも1品1葉の仕事に介入して来た為、量産感覚で安く値を付けて来る所もありますが、見積もりの方式が違うので採算は取れていないのが現状です、その後のリピートを期待しての金額を出しても、実際には納期があったり数量がまとまる物はメーカー側も海外で加工をしているのが現状です

次に設計から始まる仕事ですが、以前の様にしっかりした仕様書があって、始まる仕事は殆ど無くなりました

打合せをして、その場で仕様的な事をまとめるパターンが殆どです、時代も変わったものです、怖いのは思い違いですね、設計する側は仕様が追加になったと判断しても、依頼側は最初からの仕様だと異論になる事も多々ありますので、しっかり議事録やエビデンスを残して置く事が必要です

見積もりの方式も以前とは大分、異なって来ました、以前はしっかり設計をして構想の段階でコストダウンも検討した上で、設計費と製作費は別物でしたが、最近では、どこのメーカーでも予算が先行してその中でいかにまとめるかが一番の課題となっています、しかし予算が少なく要求は高いのが実態です

設計に関して言えば、どの業界どの業種でも同じ様な状況です、予算や時間短縮などで全体的に、どの企業もエンジニアが育ち難い環境にあると言えるでしょう

外部環境を見ても以上の状況ですが、内部環境はと言うと、自動車関連、弱電関係、電子、光学と幅広い内容を社内で取り込んでいます

何でもやってると言うと誤解を与えるかも知れませんが、多業種に関わる事で様々なノウハウを得る事が出来る為、社員一人一人の知識やスキルが高まるのです

時代と共に弱まって行くセクターを社内で育てる事により、私達はこれからも世の中の為になる技術を継承して行きたいと思います

昨日に比べ今日は長くなってしまいましたね。。。

 

 

ウォーキング

user-pic
0

昨日は仕事を終えて徒歩で帰宅、そして今朝は小走りに出社、足腰鍛えているつもりでも1時間強のウオーキングは結構、長く感じますね

心と体が健康でいてこそ、毎日平穏に過ごせるのですから、会社のみんなもタバコを止めて健康に目覚めて貰いたいものですが、なにか良い方法や取り組みは無い物でしょうか?

今朝は時間が無くなったのでこの辺で。。。

 

草津星空鑑賞会

user-pic
0

ブログの機能をあまり理解せずに使っているので、また消えたりするかも知れませんが続行します

先日は谷川岳星空観賞会の紹介をしましたが、10月には草津で星の鑑賞会が行われます

天狗山リフトで山頂まで行き星空を観察するイベントです、私は冬場にスキーへ出掛けるのですが山頂から見下ろす景色は絶景でした、しかし空を見上げた記憶は無かったので、今回は時間を作り出掛けてみたいと思います

但し平野部でも朝晩は涼しくなって来ましたので、真冬並みの支度でお出掛けする様にして下さい、そして帰りは大滝の湯や無料の温泉施設も沢山ありますので利用なさっては如何でしょうか?

今日は会社の稼働日です、忙しく慌しい毎日ですが社員全員で明るく楽しく頑張って、連休を迎えたいと思います!

すみません、原因は解りませんが、昨日と今日のブログが消えてしまっています?

様子を見ますので、少々お時間頂きます

このブログを楽しみにしている皆さんには(いないか・・・?)申し訳ありませんが、御了承下さい

せっかく打ち込んだのに残念です。。。

ノーベル賞の研究発表は、宇宙が加速的に膨張していると言う件

久し振りに悲観的な感想ですが、素人目で文章だけ見ていると明確な根拠も無く、昔の人が海の向こうは大きな滝だと言っていたのと変わらない気がします

宇宙に変化があったら助けてくれるのでしたら別ですが、知らなくても良い事もある気がします

それよりも、群馬県桐生市の樹徳高校の生徒が化学のオリンピック(中・高生対象)で金賞を取った研究の方にエールを送りたいと思います

藍染の際に化学反応を起こす、最適な条件を研究発表したのです、この化学部門の他に物理部門もあります、子供達に小さいうちからいろいろな事を経験させる事はとても重要ですね

運動が得意な子がいれば、化学や物理、または将来有望なエンジニアも中にはいるでしょう、野球やサッカーも、もちろん良い事ですが、モノ作りが得意な子の芽を伸ばす環境整備が必要かも知れません

追求しようも無い宇宙の膨張を研究している人達よりも、個人的には社会全体で子供達の可能性を伸ばす取り組みに、もっといろいろなアプローチで手を差し伸べて欲しいと思います。。。

 

 

 

震災後、9月迄の輪番休日も終えてなんとか落ち着きを取り戻して来た気がします

うちの会社も心新たに10月を迎えます、2月迄行っていた経営指針で将来の会社のあり方等を唱えていましたが、さあこれからと言う時に3月に震災があり、それ依頼止まっていた様々な事を今月から再スタートさせます

それは会社の仕組み作りです、ビジョンを持って設備投資や人財育成と補充を行い、次の15年を展開します

震災は人の心を大きく変えました、しかし変えては行けない物も見つけられたのでは無いでしょうか?

以前にも触れましたが、健常者や身体障害者、母子家庭や震災にあった方等、いろいろな立場の人達が笑顔で働ける会社にしたい・・・時間は掛るかも知れません、私が元気なうちには実現しないかも知れません、しかしその指針が無ければ夢は実現しません

また、今の事業の延長線上にある別な事業も展開していくつもりです

ずば抜けたリーダーシップと根気が必要だとは覚悟の上

2011年10月、サンシステムは次のステージに向かって行きます!

あるお客様から加工の相談を受けましたが、うちの会社でやった場合等と狭い範囲の話では無く、一般的な話として紹介したいと思います

どちらのお客様かは機密事項とさせて下さい

複合加工機はは見た事があっても、その機械でどの様な形状まで出来るのか、またどんな工程で加工するかは知らない方が多く、良くお客様の方でも持っていても、実際に加工の知識が豊富でなければ自社の事すら知り得ないのが現実だと思います

では実際にどんな複合機があるかと言うと、横型と縦型の大きく分けて2種類あり、横型は旋盤の回転は上がりますが切削トルクが弱い、縦型は逆にトルクはあるが回転が上がらない

形で表現をすると円筒状の横にスパイラル状の溝を切るのは横型、ボールフィーダー等を加工するのは縦型になります

実際に自分が設計をしたり部品図を書く際は、しっかりイメージしないと図面は書けても製作出来ないと言う話もよくある事です

次にプログラムですが横型のプログラムは平面上に加工形状をキャムで書いて、筒状の絵に張り付ける作業が必要です、少し凝ったもので1週間くらいは掛る物がありますが、実際はキャムにツール指定もしなければいけませんので、単品ものは1個50万と言う品物もざらです

縦型は、これ以上に複雑で自動車のエンジンはプログラムに3か月から半年掛ったりします、ツールも登録しなければいけませんので単品物の場合はそれなりの費用も掛かります、1個の価格が300万から500万もざらです

実際に加工をするとなると、複合加工機で単品ものを商売にしている企業は殆ど無いので、1個や2個程度の場合は、運良くタイムングが合って入れて貰う事でもない限りは3か月から半年スパンで納期を検討された方が宜しいかと思われます

加工現場ではプログラムが完璧でも実際に出来た物の差異を補正して、納品する品物を作ります、良く1個の注文でも2個作るのは「失敗したら」と、言う意味では無く、プログラム上の完成度と実際の差異を埋めて確認の為です

実際に加工する側も単品もので機械の減価償却をするには、相当な値段をお客様にお願いしなければ行けませんので、次回に作る可能性や類似品がありそうな場合はプログラムを取っておいて貰う様、意思表示も次回のコストダウンや納期短縮に繋がる材料かと思われます

あまり的を得た説明が上手く出来ませんでしたが、設計初心者の方々の方の参考にして頂ければ幸いです

良い設計とはVA、VEが見た目と上手くマッチングして使い勝手の事が良い設計と言えるのではないでしょうか?

このアーカイブについて

このページには、2011年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年9月です。

次のアーカイブは2011年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。