2011年12月アーカイブ

いよいよ今年も今日で終わりですね、なんかあっと言う間の一年でしたが、皆さんはどんな年だったでしょうか?

昨日は私と藤井君のふたりで出社していましたが、今日はさすがに私、ひとりきりです

そんな私も気が緩んだのか、夕べから頭痛が酷く、折角の休みにも関わらず安静にしていようと思います

それでは皆さん、良いお年を。。。

年末年始休暇

user-pic
0

昨日は会社の大掃除も終わり、無事に年末年始の休みに入りました

とは言え、今日も仕事で出社している人もいたりして、気忙しい年末年始となりそうです

事務関係では、年明け早々に官公庁へ提出する、源泉報告書や源泉徴収総括表、固定資産の増減申請等を作成する作業が残っています

私も明日の午後からはゆっくりした時間を過ごし、厳かに年越しをしたいと思いますが、せっかくの連休に皆さん、風邪など引かぬ様、注意して楽しんで下さいね、それではまた。。。

大掃除

user-pic
0

今日は今年最後の稼働日です

製造の方は宮下課長を中心に朝からミーティングをやっている様ですが、その後は大掃除をを行います、機械メンテや材料、刃物の整理から床掃除までをやると、一日掛かりです

設計の方と組立や資材は午前中、業務を行い午後から大掃除に移ります

とは言え、お客様の所へ4名も出掛ける事になり、残ったメンバーで頑張らないと夕方までに終わりそうもない状況です

明日も私を含め出勤する者がおりますが、何かと気忙しい状況です

今年、結びの言葉として皆様には今年一年、無事に過ごせた事を心より感謝申し上げます

 

厳しい社会情勢ですが、来年も基本方針を変えるつもりはありません

時に失敗し激怒される事もあれば、悔し涙も流す事もあるでしょう、しかし共に喜び合い、たたえ合い、そして支えてくれる仲間がここにはいます、そんな会社が、株式会社サンシステムなのです

それではまた!

 

 今年12月7日に東証一部上場した、㈱リブセンスの社長、村上太一は25歳と1ヶ月と言う年齢で上場、日本最年少記録を更新し偉業を遂げました

今朝もメディアのインタビューで話をしているのを見掛けましたが、私と共通する所は小学生の頃から社長になろうと思っていた事、私自身も小学校の卒業作文は「将来は社長に成る」と言う下りでした、それともう一つの共通点は実際に社長に成った事、この二つだけです

あとは私と違い育ちが良かったり、子供の頃からお金に困らなかったりと、真逆のタイプの様です、私の方は「一生懸命頑張れば、きっといい事がある」小さい頃から、この言葉が私の支えでした

 

以前、㈱ソニー社員で、その後は独立して会社を経営している大平さんが、10数年前にメディアを賑わせた時も「凄い若者が現れたな~」と身震いするほど感動しましたが、今回は「若い者にはまだまだ負けてられない、今に見てろ」と言う気持ちでいっぱいでした

親子ほどの年の差ですが、「私もまだまだこれからのつもりで頑張ろう」と奮起させてくれるライバルの村上君に、感謝をしたいと思います。

各地のイベント

user-pic
0

先日の日曜日に仕事が終わってから榛名湖イルミネーションに出掛けて来ました

今年もフラワーパークや伊香保に出掛けましたが、比べものにならない位、綺麗でした

皆さんも是非、お時間ありましたら出掛けて見て下さい。。。

 

P1000099.JPG 昨日は20年来のお付き合いをさせて頂いている取引先の方で、マレーシアに赴任している方から、クリスマスカードが届きました

取引先と業者の関係と言えどもこの仕事は、そのプロジェクトに参加する全ての人が戦友の様なものです、共に苦労しながら一つの目標に向かって、知恵と技術を出し合う、ごまかしの利かない仕事なのです

その様な経験を共にした方からの心使いが、とてもうれしく思えました

昨今では海外赴任や出向も当たり前になり、知人の多くがその例外ではありません、文化や習慣の違いや食事なども慣れるのには時間が掛かるかも知れませんが、それ以上に家族の負担も増える事と思います

そんな、いろいろな想いや思い出を噛みしめながら、受け取ったクリスマスカードでした。。。

 

 昨日は出社していましたが、激務の末にブログを書く余裕すらありませんでした、今日も同様で終わらせなければ行けない仕事が捗らず、かなり焦っております、しかし報告と皆さんにお願いがあってブログを書かせて頂きます

社会福祉法人で所長を務めていらっしゃる小山さんに御越し頂き、身体障害者の方や心身障害者の方との関わりについてお話を伺う事が出来ました

細かくはとても書ききれないのですが結果だけを報告します

想像していた以上に仕事を一緒にする精神面での大変さがある様です、それとは別にクリアしなければ行けない問題は明確になり考え方の整理が出来ました、また事務的に何をどうすれば良いのかはお話を伺い道筋が見えたので、先日ブログで紹介した、ふたつの夢の、ひとつ目の実現に関しては、そう遠くない物だと確信いたしました

小山さんには、いろいろなお話を伺い、突っ込んだ話を事細かに説明して頂き本当に有意義な内容で感謝して降ります

そこで皆さんにお願いがあります、昨今の製造業の海外移管により身障者の方々の仕事が減っております、「こんな仕事だけど出来るのだろうか?」「案件はあるけど、どうすれば良いのか?」、こんな所からでも構いませんので、是非とも皆さんのご支援とご協力、協賛賛同頂ければ幸いです、まずは社会福祉協議会もしくは生活支援センター、職業安定所等へお問い合わせ下さい。

年末のご挨拶

user-pic
0

 年末の挨拶に、いろいろな方々がいらっしゃっいますが私個人はどうかと言えば、暮れの挨拶は好きではありません、好き嫌いで行うものでは無いのかも知れませんが、ビジネスに終わりはご法度ですし、辛気臭い思いもあります、ですので毎年新年の挨拶のみですが、こちらは「今年も頑張ります」と、始まりでもあり、意思表示でもあります

人それぞれなので私の様に言を担ぐ人は少数派だと思いますが、これからもこのスタイルで行きますので、ご理解下さい

 心身障害では無く、身体障害者の方々で構成されている職場を運営している、行政の方々と明日明後日とお会いする事になっています

震災で両親を亡くした子供達や母子父子家庭は、あしなが育英会を通じ会社としてでは無く、少ない毎月のこずかいを切り詰めて寄付をさせて頂いておりますが、こんどはそう言った境遇の方々や、自分の意志とは無関係に、生まれつき体に障害を持った方々に、何か会社として出来ないかを突き詰めたいと考えています

寄付や、そんなものでは無く職場を作るとか、会社で開発をした商品を組立や梱包、事務仕事までを考えています、これは私個人の15年間考えていた事でもありますが、震災を機に思いが爆発しました

周囲には反対されますが、会社の新しい商品と並行してこちらも勉強したいと思います

甘ったれた経営者や外面だけ良い経営者になりたくありません、社員も社員の家族も私の仲間です、そして大きな事を言えば、助け合って生きる事の喜びを今の子供達に感じて貰える様に、自分の生き様を社会へさらけ出し、理念を全うしたいと思います

だからと言ってすぐに出来るものではありません、どこかで諦める事になるかも知れません、そしてなにより、そんなに甘いものでは無い事も、これまでの経験で解って来ました

あっ、気が付いたらこんな時間、中途半端ですが仕事モードにスイッチを切り替える時間ですので、今日はこれまで・・・見直して無いので誤字脱字はご了承下さい。

 

メガスターで有名な大平技研の広報部O/Kさんからお礼のメールが届きました

会社の忘年会にホームスターを幾つか景品にさせて頂いたのですが、わざわざお礼の挨拶を頂き、いつも気配りの出来る女性だと感心させられます、「ちょっとした言葉や小さな気配りが人を喜ばせたり、生活する上で励みになったりするものなんだなー」と、実感した次第です

O/Kさんには以前、事務所へ出掛けた時に、ステビア茶を飲ませて貰ったり、砂糖を使っていないと言うのに、とても甘かったので「これなんですか?」と聞くと、あとで資料を紹介して下さったり、とても細かい所に気が着く方なのです

私も人の良いと感じた所はまねをして、気配りの出来る人間に少しでも近づこうと思った出来事でした。

 新年のだるまが出来上がりました、毎年少林山近くのだるま屋に頼み、そこの社長に「商売繁盛、社内安全、㈱サンシステム」と書き入れて貰うのです

皆さんに「まだ早くありませんか?」と言われるのですが早いのは重々承知です、何を言われようと会社の中も明るくなるし、皆さんに正月気分を一足先に長く味わって貰えれば幸いです

年末年始は業務も立て込んでいますので、これ位の楽しみも良いのかなと言う思いからです、来社の皆さん、どうかご理解の上、職人が書き込んだ文字も眺めて行って下さいね。

社員増員

user-pic
0

 先月、うちの会社に1名、社員が増員されました、設計技術課に配属され、今はまだ試用期間中ですが組立や設計図面の仕事を行っております

新規学卒では無く、中途採用になりますが会社が変われば文化や規則も変わります、但し話し方や仕事内容に関しての説明能力は、どこの企業も変わらない筈ですので、もうしばらくは見守りたいと思います

 

 社内のインフラ整備も3月の震災以降は止まっていましたので、年明けからは計画を立てて少しずつ再開するつもりです、話し方や考え方、周囲への気配り、それぞれ立場によって学ぶべき内容は変わる筈ですので、専門家に依頼した上で、ちからを入れて参りたいと思います

私達の仕事はクリエイティブな仕事です、設計、加工、組立調整や資材管理も含めてイマジネーションが必要なのです、自分達の形を作り上げるのは時間が掛かるかも知れませんが、新たな気持ちで真剣に取り組んで参りたいと思います。

個人的に今年注目の話題を幾つか振り返りたいと思います

最初にガソリンです、ガソリンと言えば化石燃料と言う印象がありますが、最近ではバイオガソリンも一般化して、アメリカでは人工的にガソリンを作る事業にちからを入れて雇用創出にも繋がっているいる様です

今まで地面を掘り返し膨大な費用と時間を掛けた、今までの方式と違い、容易且つ、どこでも出来る方法なので、こちらは発展させて貰いたいものですね、但しCO2の削減には繋がらない物ですので、そちらは別分野での新たな課題かと思います

次に、これは以前からあった物ですが、かなり具体的に実用化されて、カタログ化までされているものですが、土と太陽を必要としない農法で水とLEDライトで作物、食物を育てる方式です

これで栽培すると虫もつかない専用のケースで四季に関係無く、野菜などが市場に供給する事が出来るのです、既にビジネスモデルも形成され熟成された分野と言える物です

その次はIPS細胞からなるIPS肝臓です、こちらは早く熟成したビジネスにして貰いたいと願いを込めて今年注目の技術としたいところです

最後にタブレット端末ですね、今までもありましたが注目すべきは、それを利用した授業や電子書籍などです、以前にもブログで紹介しましたが、アメリカの大学では教科書もなければ図書館に行っても本が置いて無い学校もあるのです、全て電子化して、しかも資料などは3D化したり、LANで一人の発表を全員が端末で見る事が出来たりと、想像を超えた利用方法の様です

こちらはアメリカだけかと思っていましたが、先日の経済新聞では日本も取り入れ始めている様です、紙業界は中国に市場を奪われ、しかも書籍を扱っている所は、これらの普及により、近い将来は市場が無くなる可能性も否定できません

こんな所が個人的に今年注目の技術的な話題です

今年も残り僅かとなりましたが、まだまだ会社の方は気忙しく落ち着きません、あるお客様は年内31日まで、年明けは1日からと言う所もある様ですが、出来ればその2日間はゆっくりしたいものですね

今日は会社の稼働日です、また一日頑張りたいと思います。。。

お知らせ・・・求人に関してのお願いが12月7日のブログに記載して御座いますのでご理解の程、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------------

またしても書き込みしたものを、アップしようとしたら消えてしまいました・・・この時間なので、本日はこれにて失礼します・・・前にもありましたが、なぜでしょう?

ふたご座流星群

user-pic
0

先日の皆既月食に続き、流星群が見られている様ですね

私は残念ながら今年はまだお目に掛かっていませんが、2年程前に会社帰りに自宅近くの展望の良い所に車を止めて、しばらく空を眺めていた所、目の当たりにする事が出来ました、その時は物凄く綺麗で大きくはっきりと見る事が出来たのです

何も考えずに星空を眺めていると、何故かとても幸せな気分になります、皆さんも時間がありましたら、たまにはボーッと冬の星空を眺めて見て下さいね。

定年延長義務化

user-pic
0

本日の新聞で定年延長、再雇用義務化の記事が載っていましたね、弊社においては既に労働基準監督署に届け出が済んでおります

年金も今の若者世代は受け取り年齢が65歳となっていますが、先日は68歳などと話も出たりしています、この問題もお金持ちで年配の政治家だけで決めるのでは無く、若者の意見も聞き入れて、住みやすい社会や希望の持てる社会と並行して決めていく必要があるのでは無いでしょうか?

 

「今どきの若者は・・・」と、良く耳にしますが、今も昔も年齢では無く、その人の人格次第だと思います、もっと若者も参画できる政治のシステムに変えてゆかなければ行けない時代ではないかと感じる記事でした。

昨夜は同友会の勉強会に参加しました

題目は「同族経営の跡取り」がテーマで、ある企業の2代目若社長が、社長に成るにあたり、自分の思いを発表するものでした

父親が創業者で社員も増えて来た所へ、自ら調理師の道を投げ出して、父親へ頼み込み家業に入り、社長に成って行くと言うストーリーです

開口一番「自分は馬鹿です、馬鹿ですから・・・」「親父は厳格でした、私の言う事は聞いてくれません」と、この開き直り論法から始まるもので、もう話の本末が見えてしまったのです

おおよそこの手の人間は何を言っても開き直り戦術で、その場は考えて討論するなどはしないタイプなのです、言いたい事は言うが人の話は開き直りで押し通す論法で、結果的に予想通りの話の展開で要点が無いまま終わりました

もし経営者としての自覚があるのなら、今までの事に加え、前からいた社員、職人さん達との関わりや、これからの展望を話すべきでは無いかと思いながら聞いていました

創業者は取引先も開拓し、総額億単位の設備を購入し、社員を集め技術も確立して、要約、信用を築き今日に至るわけです、そう言った苦労や感謝にはきちんとした言葉で敬意を表すものだと思います

取引先、設備、仕事が出来る社員、その全てを右から左に譲られる人とは、全てが違うのです、本来なら、「現状はこうで、自分が社長になる事により、会社をこう成長させ、その事業戦略はこうです」と言った話をするのが筋だと思います、今回の話を聞く限り、正直文句を言えた義理では無いだろうと私は怒りさえ覚えました

また、これから社長になろうとする人が、「俺は馬鹿だ、馬鹿だから考えられる筈が無い」と、言っていては社員さんは「その馬鹿の下で馬鹿の言う事を聞かなければいけないのでしょうか?」と、言う気持ちになりますね、もっと社員さんへの気配りも大事では無いかと感じた次第です

その2代目経営者の方もまだ30代半ばで、まだ若いと言える年齢かも知れませんが、経営者に年齢は関係ありません、社会的責任は年齢に関係無く平等に付いて来ます、もちろん創業者と2代目では、やらなければ行けない使命に違いが生じるのは理解していますし、尊敬できる2代目も沢山、周りにいます

その彼が嫌いだとか変な感情があるわけでも無く、いろいろな人が蠢いているのが社会です、これからの彼の行く末をあたたかく見守り、応援していきたいと思います

今回の報告者は、私の様な叩き上げの人間には理解出来ない位、幸せに思え、うらやましい位、贅沢な悩みがある様ですが、私も負けずに、社員の為、社会の為、自分の夢の為にも歯を喰いしばって経営者の道を突き進もう」と、あらためて奮起させて貰った出来事でした。

 *本文はあくまでも勉強会の内容に関しての感想であり、個人や企業を中傷するものでは御座いません、報告者も私達の仲間ですので、若手経営者を応援していくものです、ご了承下さい。

 

農業無人化

user-pic
0

北海道大学の教授が中心となって農業を無人化しようとする動くが始まっています

広大な大地をひとりで何百ヘクタールも管理するのは大変な努力が必要とされます、「頑張ってます」「一生懸命やってます」と言葉で言っても、海外との競争に、勝てるものではありません、トラクターや他の農機も無人化で動かして効率化を図る事により市場競争に対応しようというものです

たとえば農家の方が出荷作業をしている間や夜間も無人で耕しす事が出来るのです、家庭菜園なみであれば、そうは問題にならない事かも知れませんが、大量生産をしている所は今までのやり方で農業を続けるのは難問が多く、効率化を考えなければ市場競争に勝てません

自動車が世界をマーケットとして展開している様に、日本の農業もブランド化して世界をマーケットにする為には、様々な事を乗り越える必要があるようですね

戸惑いもあるかと思いますが、既に全ての物がグローバル化しています、、国内での市場競争から世界での市場競争になったと言っても過言では無い気がします

我々の位置する産業も様々角度から検知し、立ち位置を明確にして企業の付加価値を追求して行きたいと思います。。。

年末年始

user-pic
0

楽しみにしていた忘年会も無事に終わり、これから年末年始と慌ただしくなります

事務的には社員の年末調整、源泉徴収を作成して税理士に見てもらい税務署へ届けたり、償却資産申請を市役所へ出したり、また総括表やらいろいろ各市町村へ送ったりと事務処理だけでも会社には沢山の仕事が待っています

年末年始くらいはゆっくりしたい・・・と思っても、届出期日もあるので正月休みもままなりません、こんな様子で年明けまでは過ぎて行くのが現実です

なかなかゆっくり出来なくて個人的には家族にも申し訳ない気持ちはありますが、経営者の道を選んだ自分には社会的責任も多大にありますので、社業に打ち込みたいと思います

家族に感謝、社員や会社を取り巻くお客様や協力メーカーさんに感謝、その気持ちを胸に、まだまだやらなければいけない夢に向かって取り組んで参りたいと思いますので、これからも、よろしくお願いします。

忘年会当日

user-pic
0

お知らせ・・・求人に関してのお願いが12月7日のブログに記載して御座いますのでご理解の程、お願いします。

-------------------------------------------------------------------------------------

今日は賞与の支給日、そして会社の忘年会です(前にも触れましたね)今年は思い起こす出来事が沢山ありましたが、みなさんのお蔭でなんとかここまでやって来れました

別々に仕事をしていても、みんなが支え合い、それぞれが成長しポテンシャルを発揮しています、細かく言えばまだまだ成長過程だとは思いますが、私にとってはみんな最高の仲間です、今年は心の底から「ありがとう」と言う気持ちでいっぱいですが、これ以上は、熱いものが込み上げて来そうなのでやめておきます

一人風邪で(黛さん)欠席となってしまいましたが、他の20名で盛り上がりたいと思います、場所は会社近くの"和風泉"で行います、宴会メニューは通常のものでは無く、サンシステムバージョンでリクエストしてあります

チャーハンや餃子、鍋、カキフライ、から揚げ、アイス等、要するに自分達の好きなものだけって事です、いつもわがままばかりで、お店の内田夫婦にはお世話になりっぱなし・・・ゲーム大会は幹事さんが頑張り、ホームスターが幾つかあったり豪華な様です

来年の景気がどうかは別として、まずは本日、盛り上がりたいと思います・・・個人的にはその前に、出張から戻れるか、いや絶対に返ってきます。。。

 

 

公開特許

user-pic
0

お知らせ・・・求人に関してのお願いが12月7日のブログに記載して御座いますのでご理解の程、お願いします。

皆さん公開特許と言うのをご存知ですか?

特許ライセンスを持った所とライセンス契約の上、それに相当する商品や製品を作り、更にその商品や製品を使用して市販品化すると言ったビジネスです

ちょっと言葉だけでは解り難いかもしれませんが、たとえばA社が特許を取得するとB社へ製造と同時に販売ライセンスを委託します、B社はA社に特許料を支払うのですが販売は自由に出来ます、その後B社がC社にその製造したものを販売し、C社はそれを利用して付加価値を付けた商品を市場に送り出します

メディアで紹介されたのは、富士通と言う企業で化学反応を利用し、光があたると抗菌除菌が出来る技術を開発しました、ですが富士通自体では液体プラント等は自前で持っていない為、製造をある企業に委託します、委託された企業は次に、製品を商品として市場に送り出しますが、特許の使用料を富士通に支払います、但し販売ライセンスを持っているので自由に宣伝し販売が出来ます、次にそれを仕入れた企業は、その液体を商品に焼き付けて付加価値の付いた商品として、市場へ送り出せるのです

なんら今までと変わらないと思われるかも知れませんが、今までは特許を取っても「さあ、みなさん是非この特許を使って下さい」と、アピールする場が無かったのです、それを公開し市場で活かして貰う為に、公開特許と言う制度や方法が取られる様になって来たのです

富士通自体でも、この液体をパソコンのキーボード等に焼き付けていますが、公開特許で市場性が見込まれれば、製造を委託されたメーカーもそれを製造する為の初期費用や設備投資に対して、投資効果が上がり、更にその液体を買う側も、その恩恵で安価に入手出来ると言った相乗効果も、公開特許とする理由の一つです

中小企業に於いては、市場を活性化させる様な特許を取得するのは、時間や費用の面から考えると至難の業です、まずは公開特許等を利用してビジネスチャンスを考えた方が得策とだと思われる朗報でした。。。

 

求人に関してのお願いが御座います

現在、職業安定所に於かれまして求人票を提示して御座いますが、この度の募集に関しましては大学、専門学校の新規卒業生もしくは既卒者、またはそれに近い年齢の若年者を対象とさせて頂いております

規制上、職業安定所の求人票には理由が無い場合を除いて年齢制限を記載出来ない条件となっており、求職中の皆様には申し訳なく心痛な思いでは御座いますが、ご理解の程,お願いしたい所存です

もし私が求職者であれば、逆に記載して貰い、的を絞りやすくした方が親切だと、常々思う所では御座いますが、これもお役所の取り決めにつき、ご理解頂ければと思います

益々寒さも増す時節では御座いますが、皆様のご健康とご発展を祈念致しまして、結びとさせて頂きます。

先日、紹介させて頂いた「社長の仕事」を昨夜、読み終えました、書かれてある言葉の全てが胸に突き刺さる内容で、「読んでおいて良かったな」と、感慨深い思いで本を閉じました

昨年一年間の研修がMBOだとすると、先日も取引先の方から紹介された本や中小企業家同友会で学んだ事はMBBに属します、その両者を学んだ上で読み上げると一字一句が「きっとこんな意味が含まれているのだろうな」と、理解が深まるものでした

リーマンショック前と震災後の今とでは日本経済も、誰もが予想しなかった流れに変わりました、その中でも社長のやらなければ行けない事は変わりません、その相反する言葉は全ての経営者の重くのし掛かっている課題であり、使命感を持ってそれを乗り越えなければ行けないのです

その解決の糸口が事細かに書き綴られた物が今回の内容でしたが、経営に携わる様になってから、いつも思う事があります、

社長は自動車のレースで言えば監督、オーケストラで言えば指揮者、その役職はお客様を含め、いつもいろいろな人に見られ手を抜く事は許されません、全員が一枚岩となり将来に向けて、そして日々の平和な生活の為に、社長としての仕事、そして社員ひとりひとりがそれぞれの仕事をしていかなければ行けないのだと感じる毎日です

感想とまでは行きませんでしたが、この本もまた何度か読み返し、書いてある中身を自分のものにして行きたいと思います

技術と同じで経営にもゴールはありません、これからもいろいろな事を学ばなければいけないと考えさせられた一冊でした。。。

忘年会

user-pic
0

皆さん、職場の忘年会はそろそろでしょうか? 私達の会社も今週末が忘年会ですが、幹事さんにはしっかり予算内で納まる様にお願いしたいと思います

話は変わり、シリコンバレーでは、起業を志している若者を対象に、話し方やプレゼン時の表現の仕方を教えるスクールがブームの様です

大半がジョブズ氏の様に人前やメディア向けに話す方法等を、ひとクラス10数人程が集まり行うのですが、個人的には、こんなことまで教わらなければ出来ないのかと言った所が最初の感想でした

それと言うのも、最近ではメール等のやり取りが多く人と話す機会が少なくなって来ていますので、起業を志す方のみならず、きちんと人前で話が出来たり、きちんと相手に気持ちを伝えたりする事は社会の中において、とても大切な事だからです

しかし、セミナーやスクールを展開する等、商売が得意な人は小さな事を見つけたり、転がり落ちてる話でも拾い集めては、こうして商売に繋げるのかと、関心させられた話題でした。

 

土曜、日曜の朝

user-pic
0

今日は稼働日では無いので会社には私一人です、しかし朝から赤帽が荷物を取りに来たり、近くへ届けものをしたり電話が鳴りやまなかったり、朝6時に出社したのに、もう9時過ぎです、だいたい土曜日曜の朝は出社すると、こんな感じで時間が過ぎます、ですが不満があるわけではありません、会社が順調に稼働するにはルーティンワーク以外のイレギュラーも当然、発生し解決しなければいけないと思います

だいたいこの時間から、月毎の資金計画や経営分析をします、静かな時で無ければ出来ない事を週末で終わりにして、あっと言う間に月曜が始まります

補足ですが、その合間にジョギングやウオーキング、硬式テニスも少しやらせて頂いてます、もう33年続けてますので今更、止められないと言った所です

話は変わり、今まで震災の映像はあまり見たくなかったので封印していましたが、田舎の方も電車が復旧したのを機に報道番組を見てみました

目の当たりにした映像は線路のレールが針金を曲げた様にクネクネと曲がっている物でした、そこの鉄道会社で働く、若者の挫折と輝き・・・また家屋が流されて散乱した状況に、地元の人が涙も出ないとインタビューで言っていましたが、漁業においては、機材を買って商売を始めたのは良いのですが、膨大な借金と見えない将来・・・農業においては収穫は終えても買ってもらえない作物にうなだれる人々、今だ苦労も多い事と思います

それでもまだ国からのお金や寄付金は現場に配られていない様ですね

今でこそ、高崎近郊でも、こうして普通に生活出来ていますが、震災後の停電で信号まで消え、真っ暗な中で生活した事、ガソリンが無くなり今まで見た事の無い行列、電車は間引き運転で出掛けても返ってこれるか解らない状況、これらの事を教訓として、一生忘れる事無く生きてい行きたいと思います

連絡の取れない人達・・・改めてご冥福をお祈り申し上げます。

社長の仕事

user-pic
0

P1000097.JPG昨夜自宅に「社長の仕事」(浜口隆則)が届きました、まだ冒頭しか読めていませんが、また感想を報告したいと思います

いろいろ書き込もうと思いましたが、なぜか朝から社外の青年に人生相談をされ、この様な時間になりました、社員さんが仕事をしている間は、私も同様に真剣勝負ですので書き込みしない事にしています

ですので、今朝はこれにて、朝活に入らせて頂きます、恐縮です。。。

東京モーターショーが始まります、一般公開は今週末からですが、テレビや雑誌等では既に様々な角度から取り上げていますね

ブリジストンでは空気を使わない次世代タイヤ、強化樹脂を使ったボディー、EVスポーツ等、何れも再生可能の素材や環境に配慮した物になって来ていますが、今までのエコ、一辺倒では無くデザインやLEDを上手く取り入れたり、見ていて楽しいものになった気がします

日産ではスマートフォンで動く自動車等も出展しているそうですが、いつしか自動車も形を変えて、多様化した動く乗り物へと移り変わるかも知れませんね

自動車は日本の基幹産業です、すそ野が広いこのカテゴリーを、まだまだ衰退させるわけには行きません

自然に近い生活やエネルギーを消費しない生活が、一番理想的なのかも知れませんが「では明日から皆さん、そうしましょう」と、言うわけにも行きません、少しずつ意識して変えて行く事は必要ですが、そんな生活を過ごしやすくする為の技術や環境整備も同時進行する必要があります

必要とされる技術は時代と共に変化していきます、私達もその変化の担い手となるべく努力して参りたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2011年12月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2011年11月です。

次のアーカイブは2012年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。