2012年4月アーカイブ

再び交通安全

user-pic
0

一昨日のブログで交通安全の話題を取り上げましたが、昨日も関越自動車道藤岡JCで悲惨な事故がありました

早朝の5時頃出社途中、ラジオから聞こえるニュースで会社に着くなりテレビを着けニュースを探した所、目に飛び込んで来たのは無惨な現場の映像でした

これからディズニーランドへ行く事を楽しみにしていた方々の気持ちや家族の心境を考えると何とも言えない気持ちになり、昨日は一日、吐き気が止まらず気持ち悪さと目まいに苦しみました

このブログのテーマからは、私情を挟むのは適切では無いと思いますので辞めておきますが、企業を代表して一言

この度の事故に遭われた方々の御冥福と見舞いを申し上げます。

交通安全

user-pic
0

最近は交通事故のニュースが多い様な気がします、ボーッとしていたとか無免許など理由はともかくとして、それらは一瞬にして被害者や加害者、そしてその家族も一生、深い悲しみの渦から抜け出せない日々を送る事になります

車を運転する責務を守り運転をする時は緊張感を持ち、慎重な運転と思いやりのある運転に心掛けて欲しいと思います

少し慌てても慌てなくても何時間も変わるものではありません、皆さんも疲れたりボーッとし始めた時はこまめな休憩を取り、安全運転に心掛けて下さい

「事故を起こしてから後悔しても遅い」テレビ等で遺族の方がこんな事を言っていましたが、運転する機会の多い自分自身も肝に銘じておきたいと思います

 それではまた、良い一日を!

経営研究集会

user-pic
0

NCM_0008.JPG昨日は業務も多忙ですが、社長としての勉強に行かせて貰いました

写真にあります方は愛知県で活動する、㈱エイベックスと言う企業の会長で加藤さんです、企業の作り込みに於いては見習う点が多々あり、私自身も今後の経営に光が見えた思いです

「社長独自の考えで人を育てては行けません、企業としての指針に基づき、やるべき事を明確にした上で各人の目標設定をしなければいけない、仕事の能力が高い人、いつになっても同じ事しか出来ない人、その人達を人間として差別してはいけません」そんな下りから始まり、自らが社長になる前から今日までの失敗と成功、そして失敗から学んだ事等を赤裸々に話をしてくれました

初めから順調で周りからもちやほやされては周りが見えなくなると言った話も印象的でした、失敗や苦悩から本当の意味で人に支えられていると言う事が見えて来るそうです、やはり真面目に経営と向き合っている人は自慢話や持論では無く、筋が通っているなと思いながら数時間がとても短く感じました

 

昨今、空洞化と言われていますが中小企業でなければ出来ない事は沢山あります、日本の将来は夢が無いと言っている方も多くいますが、「企業が人を育て、人が企業を育てる、そして人を活かす経営」、まずはそれを実践しなければ、社員にとって夢も何も合ったものでは無いとも話していました、

とかく経営の立場で考えがちですが、企業で働く社員さんの立場を理解する事や働く人と家族の生活が掛かっている事も重要視しなければいけません、頭では解っては居ましたが、様々な視点から改めて気付かせてくれた愛知から来た加藤さんの講演でした

これを節目にまた頑張りたいと思います。

P1000164.JPG 今月28日にリニューアルオープンする、川崎青少年科学館へメガスターフュージョンスリーの内覧会へ出掛けて来ました

いろいろと写真も撮影してきましたが、肖像権や著作権等と関係しない様に考えた挙句、キャラクターの「プリンちゃん」を載せました

凄いとか尊敬とか今まで通りの感情とは別に、自分にも何か出来るのでは無いか?自分達に出来る事って何だろう?と、自社ブランドへの思いが強まった一日でした

大平貴之さん、大平春雄さん、大平技研の皆さん、科学館の皆さん

大変お世話になりました。。。

昨日は取引先の㈱タムロンから石原様が業務の関係でお越し頂きました、自家用車に機材を沢山積んで来て頂き、大変恐縮してしまいました

石原さん、改めて御礼申し上げますが、ありがとうございます

仕事の駒の進め方や仕事をまとめるツボを、しっかり押さえた行動や考え方は見習うべき点が沢山ある方です、自分がどうするべきか、そして何をすべきかを判断して結果を出す事は、誰かに教わるとかでは無く、その事自体が会社に努める以上は役割でありスキルでは無いでしょうか?

自分の求められているものや自分に与えられている使命は何なのか社会人として自分のテーマに対し、いつまでにどうするのか、問題が発覚したりイレギュラーな事が勃発した時点で誰に何を相談するべきか、それが出来る人間を社会人と呼ぶのではないでしょうか?

そんな講演での話を聞いて来てもので、・・・この辺でやめておきますが、厚生労働省では、年齢に見合った考え方や判断力が社会人として必要です、と言う事らしいです

それでは良い一日を!

 

 

電債ネット

user-pic
0

P1000161.JPG昨日の午後は「電子債権ネットワーク」の説明会に出掛けて来ました

内容を簡単に説明すると、今までの債務債権を電子化しようと言うものです、そしてその利用方法やシステムの概要説明と言った内容でした

今まで書類で債務債権を扱って来たものを電子化しようと言うもので、便利さ故に危惧される心配な内容も考えられます

昨今、電子化が主流に成り便利ですが、見積もり依頼や注文、月次買掛明細や支払い報告書等全てがワンストップのオンライン化となり、複数台で閲覧出来る様になるのもセキュリティー上の心配も否めません、主たるPCにトラブルが生じると企業として大変な事態に発展する事は問題視しなければいけません・・・今日は暑く成るそうですよ、体調管理に御気を着け下さい、それではまた!

P1000160.JPG先日のブログで「若い方々を・・・」と書き綴りましたが、最近では,見ず知らずの小さな子供でも、けなげな様子を見ていると胸が締めつけられる感覚が多くなりました

そして先日も御父さんと兄妹の幼稚園らしき子供達、三人が食事をしているのを、何気なく目を向けると、「お父さん、ピザのSMLって何?」と言う問いに、御父さんが微笑みながら、それに答えて居ました

そんな微笑ましい光景を見たりしていると、可愛いと言うよりも、「子供達が将来、安心して暮らせて希望の持てる世の中にしなければ・・・」と、ひとりではどうしようもない使命感と悲壮感を抱いてしまいます

最近、自分自身に根付いた、そんな陰気な気分を払拭したくて、神田昌典さんの書物を思い出し探しに行きました

ビジネス書の書棚を一生懸命探した所、見当たらず他の本でも・・・と思い、「雑学」と言うコーナーがあり覗いてみると、そこに置いてあったのです

「あっ」と、人目も気にせず大きな声を出してしまい、恥ずかしさから慌てて会計を済ませ店を後にしました

まだ始め書きから50ページ程しか読んでいませんが、御題目以上にショッキングな言葉の連発で、流し読みなどでは無く、頭に刻み込もうと思わせる内容です

いつもは人の紹介で本を手にする機会が多いのですが、今回は久し振りに自分自身の今の気持ちに嘘を着かずに、「自らが、変わらなければいけない」と言う深い思いからこの本を手にしました

私の背負っているものや経営者と言う社会的責任をしっかり受け止めなければいけません、その為に「御山の大将」では無く、社員と幹部そして経営者のひとりひとりが協力し合って、まずは自分自身の会社を希望の持てる職場に成長させて行きたいと思います

 それと並行して経営者としてでは無く、一個人としても、震災で両親を亡くした子供達や被災地支援はこれからも、毎月のこずかいの範囲で続けて行くつもりです

皆さんもほんの少しで構いません、お金で無くても読まなくなった本でも構いません、無理無く出来る範囲で子供達に手を差し伸べて見て下さい

きっと皆さんの差し伸べたその手が、未来を作る子供達のちからに成る事と思います、そして社会全体で子供達の笑顔に未来を重ね合わせられる世の中に出来たらいいですね。。。

 

もう少しでGWですね、それでは今週も頑張りましょう!

経営の指針

user-pic
0

三菱自動車の社長がインタビューに答えて居るのを見ましたが、綺麗事は言わずに経営の指針が明確で、聞いていてすっきりした印象を持ちました

日本の人口は1億2000万人から近年9000万人に減少します、その中で内需拡大してGDPを押し上げ様と言うのはありえないと言う発言でしたが、真意を突いたトップに相応しい発言だったと思います

大手はもう世界をマーケットにあらゆる手段を講じるべきであり、それが日本ブランドの指名だと言っても過言では無い時代に突入したのです

では弊社はと言いと、ランチェスター戦略の中の、弱者の戦略を取り入れて太刀打ちして行く所存です、大手には出来ない、もしくは大手が欲しがる中小企業の何かをアピールして行く考えですが、何れにせよ企業で働く、もしくは働いて稼ぐと言う事は生易しい考えで生きて行けない時代です

前にも触れましたが、会社がと言うよりも、働いてお金を稼ぐと言う事は、「なんとか成るだろう」では何とか成らない時代に入ったと考えた方が良いかと思います、きちんと生活の基盤を固め人生設計を立てて生きて行かなければ成らない時代の様な気がします。

電気の保守点検

user-pic
0

今朝は関東電気保安協会の伊藤さん他が、キューピクルの清掃や工場内の機器配線等を点検に来て貰いました、結果は異常無く、良い状態が保たれていると言う事で後程、レポートを持って来てくれるそうです

信頼出来る方にお願いすると、仕事も丁寧で報告も嘘を着かずに安心していられますね

私達も御客様からそんな風に言われる会社であり、社員でありたいとつくづく感じた次第です。。。

折衝能力

user-pic
0

社会人にはコミュニケーション能力が必要不可欠ですが、人間はパソコンではありませんので yes or no  だけで仕事が進む筈がありません、きちんと相手に気持ちを伝え話し合いの中から結果を導き出す事が必要です

時にそれを折衝能力とも言いますが、日頃からきちんとコミュニケーションを取り、お互いの信頼関係を構築しておかなければいけません

相手の話をきちんと誠意を持って聞く事が出来無い人間は、自分自身の意見も周りに聞いて貰えず、開き直りや切れたりすると言うのが定説です

高崎で企業の入社試験や研修用の教本を製作している根本先生と言う方によると、時々では無く毎日少しでも構わないので、きちんと人の話を聞き、しっかり自分の意見を言える時間を作る事により脳は訓練されると言う話です

御客様や仕入れ先、協力工場の方々と仕事の交渉するにも、日頃のコミュニケーションから生まれる信頼関係と誠意ある態度が大事だと言うお話でした

またもや聞いて来た話の受け売りでした。

昨夜は仕事終えて9時頃帰宅、それから録画をしておいた「ガイヤの夜明け」を見ましたが、頭では解っていた世界経済の実態を思い知らされ、更にはそこから生き残りを掛けたストーリーを読み解かなければいけないと言う、自分に対しての使命を改めて感じさせられたショッキングな内容でした

幾つかの構成に分かれて居ましたが、まずは家電の話題です

パナソニックがインドでの市場拡大を図るにあたり、韓国企業が98%を占めて居て、日本勢は名前も知られていないのが現実

韓国企業の市場調査は、日本人の感覚とは違う視点でマーケティングされており、関心と言うか脅威を感じました

その中でも私が着目したのは、そのパナソニックがインド市場に投入する製品の全てをマレーシアで生産していると言う現実です

そうです日本企業が海外で販売している商品を、日本でモノ作りをしていないのです

次には自動車やバイクのホンダです

こちらは12億人と言う人口を抱えるインドネシアで現地のマーケティグを行い、現地の人達が好むモデルを投入しようと言う話題でした

そのインドネシアにおけるバイクの市場は、ホンダ、スズキ、ヤマハなど100%が日本企業のものでした

しかしここでも前者と同じ構図なのです、新興国で売られているバイクは全てタイで生産しているのです、部品やエンジンの調達は他の新興国でのサプライ化をしていますが、ここでも海外で売られている商品の全てが海外で作られているのです、これにも日本からモノ作りが消えて行く脅威を覚えたのです

それらを購入するアジアのボリュームゾーンより下位に位置する人達の生活にも触れていましたが、「自分も含めて日本人も会社の中の一員として自分の役割等、仕事に対する意識をしっかり持たなければ行けな」と、日本の行く末を見定めた気がしました

日本でも懸念される問題があります、それは技術者の海外流出と技術継承が出来なく成り、技術者の不足と言う問題です

明日のモーニングサテライトでも取り上げますが、アメリカでは既に問題が表面化しており、数年後の日本もこの様な状況に陥るのは間違いありません

若者達も技術を身に着けると言う事に、どうやって向き合えば良いのか戸惑いもあるかと思います、またその先輩にあたる、叩き上げ世代の人達も、どう接したら良いのかそちらも戸惑いがあるのかもしれません

市場や技術継承等、読み解かなければ成らない様々な現実と問題があるのだなと改めて考えさせられた夜でした。

設計の心構え

user-pic
0

アイテクシステムの金澤さんが良く言ってる言葉があります「年々新しい機材が出て来て、使いこなすのが大変で調べたり理解するのが大変ですよ」、私から見ても彼は最高の技術者でどんな仕事に対しても瞬時にポテンシャルを発揮するベテランです、そのベテランでもこうして業者やメーカーの人脈を使い勉強しています

今はネットで沢山の情報が得られますが、ネットだけで何かを追求しようとしても、そのベテラン達に追いつく筈がありません、何が解らないのか?、相応しい機材は?、どうやって使うのか? 応用は?値段は?

「調べるのも社会人として仕事のうちです」「うちの会社は各メーカーの新製品を扱う会社です、いつもやった事の無い仕事の連続です、すなわち、それにチャレンジする事がうちの会社の仕事です」経験値から成る要素技術と開発的要素は、なんなのかを、切り分けて考える能力も必要な事です

定期的にメーカーや商社とコミュニケーションを取っていれば自然と人脈も出来ます、原理原則を主題に考えれば、やった事の無いものでも考えは全て一緒です

設計と言う仕事は以上も含めて、ルーティンワークになります、楽しく仕事をするにはそれらが自然に出来る環境を自ら作り上げる事も大事なポイントですね

教じみた内容で恐縮です、ですが弊社には重要且つ当たり前の事なので御容赦下さい・・・こんな事ばかり言ってるから嫌われても仕方ありませんね、でも私を嫌う社員の笑顔が私自身の元気の源です。

それでは、良い一日を!

 

原理原則

user-pic
0

設計の基本は原理原則、そして「こう言う考えで、この構想にしました、こう言う理論でこうなる筈です」と、きちんと説明が出来なければ成りません

私達の仕事だけでは無く、どんな設計も人間の頭で考えイメージを形にするのが設計と言う仕事では無いでしょうか?

そして加工後、組立を行い理論通りに仕上がる所までが設計者の責任です

また、最近では大工さん等も接客の研修が多いと言っていますが、今まで職人は無口でも通用しましたが、それもまた時代と共に変わり、どんな仕事も挨拶やマナーと言ったコミュニケーション能力が求められる時代に入りました

要所要所にサービスと言う言葉が挟まれていますが、良い設計を行い、御客様と情報を共有化した中で品質の高い商品を提供し、喜んでも貰い社会の役立つ事が弊社の役割です

設計を職業にしようと志す方々は以上の事を理解した上で、日常業務に取り組んで頂きたいと思います。

求人要綱

user-pic
0

社員募集に関しての御願いが御座います

弊社の求人に関しまして今回は若年者を募集して降ります

対象者は工業系もしくは理系の専門学校もしくは大学卒業から既卒者に掛けてです

30代後半から60歳位の方々で未経験者の方々の問い合わせが多くありますが、求人票には年齢の記載に制約があり、、書き込む事が出来ずに、大変心苦しく感じておりますが、御理解賜りたく存じます上、何卒よろしくお願いします

 

未だに該当しない方々からの問い合わせを多く、ご迷惑お掛けしている状況です

申し訳ありませんが、御理解の程宜しくお願いします

I have a dream

user-pic
0

昨日は夕方早目に仕事を終えて、一週間前に録画しておいた「夢の扉」を要約見る事が出来ました

内容は岩田鉄工所の2代目が大学の教授に依頼をされてロボットハンドを製作したストーリーでしたが、若い方々が真剣に技術と向き合う姿勢は本当にカッコ良く感動してしまいますね

テレビを見て居て「参った」と、呟いてしまいました

お金を追ってもお金は逃げて行き、人に喜ばせる事が出来て初めてお金は寄って来るのだと改めて感じました

お金の話をすると下品かもしれませんが、企業はステークホルダーの幸福の為に存在します、そして企業活動はボランティア活動ではありません、御客様や社会に喜んでもらい、社員が幸せな日々を送りるには利益を出す必要があります

夢とお金を両立させるのは大変な事ですが、私もまだまだテレビに出て来た青年の様にいつまでも「I have a dream」と言う言葉を大切にしたいと思います。。。

 

御花見の報告

user-pic
0

NCM_0003.JPG会社の御花見に高崎城跡公園へ行って参りました

花や景色がとても綺麗でした、後ろに見えますのが高崎市役所です

先発隊が到着した時は風も少しありましたが1時間位すると納まり、仕事が片付いた皆さん全員が揃った頃には、少し肌寒い位になりましたが絶好の花見日和でした

さあこれからと言う時に電話が鳴り急な用事が出来てしまい、私の方は途中退席と成ってしまいましたが、料理も御酒も沢山残っていたのと、まだまだ皆と話がしたかったのに残念です

そこは、「それも我、仕事」と自らに言い聞かせ席をあとにしました。

急遽本日、16時00分より高崎城跡公園にて弊社の御花見を行う事と成りました

平日の昼間にも関わらず、皆様には御不便をお掛け致しますが御了承下さい

また一部の社員は買い出しや場所取り等も御座いますので、午後から準備に掛らせて頂きます

 

例年、土曜日に行っておりましたが、「土曜日は天気が宜しく無さそうなので御花見を金曜日にさせて貰え無いでしょうか? みんな楽しみにしているので何とかお願いします、仕事の方は来週全員で追い込みます」、と親睦会会長でもある幹事から会社側へ申し出があり、決行する運びとなりました

社員の皆さんも自分の仕事に責任を持ち毎日、業務に取り組んでおります上、慰労を兼ねての御花見に関しまして、御理解と御了承、賜ります様お願い申し上げます

それでは皆さんも、良い週末を!

加工工程

user-pic
0

部品図を書く際に考えなければ成らない中に、加工の方法があります

好き勝手に図面を書いておいて、図面通り作ってくれと言う考え方では設計者の資質やモラルが欠如しています

「ここはこんな形にしたいのだけど、精度を出すにはどうすれば良いだろう」、「どうすればVAVEに繋がり、コストダウン出来るかな」等を考えて図面を書く事も設計者の役割になります

「加工の事は解らないから形に精度だけ沢山入れておけば、その通りやってくれるだろう」、もし、そう思っても加工の知識を持った方と相談の上、部品図を書く事をお勧めしたいと思います

金型や省力機械、検査装置全て同じ事が言えますが、良く加工方法についての話をすると「俺には関係無い」と、面倒臭がる方々を見かけます(口うるさいおじさんが一人いるので、うちの会社には居ませんが)、もう表情を見ただけで「この人から良い設計は生まれないな」と解ってしまいます

設計者のモラルと言う視点からも、自分の書いた部品図を見て加工工程がイメージ出来る位には成って貰いたいと思います

初期実験や試作等でまずは形にすると言うもの以外は、加工し易く精度も出易い図面を書く事が結果的に安く早く出来る近道ですし、リピートや次号機等を考えると、それも含めて設計者の仕事です

また図面は加工する人にとっては最大で唯一の情報でもあるのです、きちんと加工する人へ設計者の意図が伝わる図面を書く事が、礼儀でもあるのではないでしょうか?

user-pic
0

日曜は未だ桜の蕾しか見られなかった高崎市内も、知らぬ間に満開に成り、このまま行くと週末には散ってしまいそうな雰囲気です

昨年は震災直後で桜をゆっくり眺める気分ではありませんでしたが、今年は気温の変化が異常で、ゆっくり眺めたくてもあっと言う間に散ってしまいそうな年になりそうですね。 

社員募集に関しての御願いが御座います

弊社の求人に関しまして今回は若年者を募集して降ります

対象者は工業系もしくは理系の専門学校もしくは大学卒業から既卒者に掛けてです

30代後半から60歳位の方々で未経験者の方々の問い合わせが多くありますが、求人票には年齢の記載に制約があり、、書き込む事が出来ずに、大変心苦しく感じておりますが、御理解賜りたく存じます上、何卒よろしくお願いします

 

話は変わりますが、昨日の4時頃、高崎城跡公園へ桜を見に行きましたが早咲きの桜以外はまだつぼみの状態で、このへんは今日から数日掛けて咲く事と思います

どこを探しても明るい話題は見当たらない世の中ですが、とりあえず桜が咲くと「やっと冬から抜け出した」と言った感じですね。。。

 

ライフワークバランスと良く耳にしますが、社員の皆さんには土曜日曜は、ゆっくり友達と過ごしたり、趣味や家族と有意義な時間を過ごし、また月曜日から活躍して貰いたいと思います

但し、イレギュラーな業務が発生した場合は別です

 

私個人は夫として父親としては、0点確実です

社員の皆さんにはそうならない様に、頑張る時には頑張り、休みにはそれを支えてくれる何かに時間を費やして貰いたいと思います

それでは良い休日を!

プロの仕事

user-pic
0

最近いいわけをしたがる業者とのマッチングが多く、困惑して降ります

たとえば「社内の情報セキュリティーを新しくしたいのだけれど、やるからにはしっかりしたものにしたい」と依頼したのですが、「大丈夫です、任せて下さい」と言うので依頼をしました

ところがやって見て機材は入れ替えたものの、以前と比べ問題は何も解決されていません、当然お金は払っていませんが、長い付き合いだとしても、この様な仕事をされては・・・御金を頂いて仕事をする以上はプロとしての意識が必要です

お金を払わずにボランティアやお手伝いなら少しくらいは仕方ないかと思いますが、自分で出来ないからお金を出してプロに頼んでいるのではないでしょうか?

プロの仕事・・・私達も人様に似たような思いをさせない様に、今一度その言葉の意味を見つめ直してみたいと思います、そして人格を疑われずに、サンシステムに頼んで良かった、また頼みたいと思って頂ける、気配りの利く活動を社員全員で心掛けて参りたいと思います。。。

工学博士 

user-pic
0

花粉症に悩まされている方々も多いと思いますが、私も昨日から微熱と鼻や喉に違和感を感じております

先日は群馬大学工学部の工学博士とお会いする機会を頂き、御話を聞かせて頂きました

数多くお会いして来た工学や理数系の「博士」と肩書きが着く方は独特のオーラがあるものですが、至って真摯で話し上手で見習うべき要素を沢山感じました、学生の皆さんも試行錯誤しながらいろいろなテーマに取り組んでいる様子で、久し振りに安堵感を覚えました

久し振りに長時間に渡り話をしたので、声も枯れてしまいました・・・

それではまた!

所信表明

user-pic
0

企業を存続させ、皆が平穏な生活を送るには、社長が継続的にビジネスモデルと仕組み作りの責務を果たし、中堅と若手が共にビジネスを成立させ、そこへ小規模でも少しずつ若手を補充し、社歴を積んで行く必要があります

また当然、社員ひとりひとりの家庭環境も違います、健常者や身障者他いろいろな人が平等に働ける仕組み作りも必要です、幅広いテーマを盛り込みながら事業を行う事は正直言って、重責であり重圧です

4月2日(月)には藤井君と、これまで15年間、企業年表を分析し、市場や世間情勢~売上構成、そして今後10年先迄の売上構成等を話しました、設備投資や向かうべき方向のどこにマイルストーンを置くのかも重要なテーマです、目標無くして平穏な日常と明るい未来は無いと思います、短い時間でしたが真剣に会社の将来を見つめる事が出来て、とても意義のある時間でした

2012年度経営指針と合わせて、その場で話し合った内容を現実の物にして行きたいと思います

それではまた、良い一日を!

4月1日よりブログの書き込みが出来ませんでしたが、A-lineの朝岡さんから連絡があり、インターネットエクスプローラー9(ウインドウズ7)からバージョン7(ウインドウズXPプロフェッショナル)に置き替えた所、書き込みが出来て表示される様に成りまし

1年間、普通に書き込み等が出来ていたので突然の事に戸惑いましたが、恐らくバージョンが問題の様です 

パソコンは便利ですが、設定等はまったく解りません、デジタルシニアへの道のりはまだまだ先に成りそうです。

このアーカイブについて

このページには、2012年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年3月です。

次のアーカイブは2012年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。