2012年8月アーカイブ

昨日は、デバッグ中の金澤さんに、「ワイヤレス制御って、コスト的にどれ位、割高なの?」と、聞いた所、幾つかの言葉を交わし、最後には「どんどん新しい機器が出るので制御するにも毎回、調べながらで大変ですよ~」と嘆いてました

そうです、技術の進化は喜ばしい事なのでしょうが、その技術を利用する方にして見ると、常に技術の進化を追い駆けている様なものです

それが開発に携わる、私達の仕事でもあります

先日は弊社で設計担当の吉澤君が、サーボプレスのパラメーターを入力するのに取扱い説明書を見ながら頭を抱えて居ましたが、今後もこの様な事が続き、その経験回数が技術者としてのスキルに磨きを掛けてくれる気がします

部品加工も然り、渡辺君も呟いていました、「年々、難しい精度物が増えて来ている気がする」、会話の中でポツリと出た言葉なので、彼自身、覚えて居ないかも知れませんが、私は聞き逃しませんでした

実際に製品もコンパクト且つ、複雑化してきている中で、それに対する相手部品等も形状や公差の難易度が高まっています

しかし、金澤さんも吉澤君そして渡辺君も、プロ意識を持ち、「ここまでやって貰えれば、最高です」等、御客様から喜んで貰える仕事をしています 

そんな、新しい事への挑戦こそが、技術者としてのテーマの様な気がします

そして経営者にとっても、「新しい事への挑戦」は絶えず、頭から離れない重要なテーマです、未来に向かって挑戦しながら、企業収益の確保と将来へ向けた企業経営を実現したいと思います

 

~エンジニアを志す、学生の皆さんへ~

プロのエンジニアに成ると言う事は、学校を卒業したら一人前と言うわけにはいきません、調理師等と一緒で、学校を出てからが、スキルアップのスタートです

社会人に成っても、新しいものへのチャレンジ精神を持って、未来に向かい、羽ばたいて下さい。。。

 

弱者の戦略

user-pic
0

知り合いの会社に「山岸製作所」と言う所がありますが、「未来に残したい企業」にエントリーした所、特別賞を貰ったそうです、部品加工の量産をやっている会社なのですが、社員は新卒のみ採用する等、受賞するには幾つかの条件があり、それを全てクリアした上で、今回の受賞となりました

リーマンショックの時には平日も開店休業、雇用助成金等を貰って何とか乗り越え、V字回復の後には震災で需要も激減し、存続の危機に立たされても社員はひとりも辞めずに、それどころか社員全員がお互い励まし合い、会社を守ってくれました

今では社員の間で職場を良くしようと言う文化が生まれ、今回の受賞に繋がった様です、言わば社員の努力と社長の情熱が受賞に繋がったのだと私は感じています

 

~戦略無くして、存続無し~

他の企業はともかく、弊社に於いては経営者も社員も共に汗をかき、共に成長出来る企業にしたいですね

そして今は、周りの目や人の目を気にするよりも、未来に目を向けながら、新しい事へのチャレンジ精神も欠かせません

それが、これから来る新しい時代に対して、中小企業が「弱者の戦略」を成功させるひとつのキーワードだと、感じているからです。。。

 

 

 

皆さん、日本の人口が120年後には2200万人に成るって知ってましたか?

これは一昨日のセミナーでも紹介していましたが、最近では様々な所で話題として取り上げられますね

誰しも120年後の話題では興味も持たれ無いと思いますが、30年後に8000万人になると聞くとどうでしょうか?そしてそのうちの1/3は高齢者なのです

また逆に世界の人口は右肩上がりで伸びて行く中で、日本は無く成るとも言われています、時節柄、公務員が良いと言われていますが、近い将来、公務員では食べて行けず、国と地方税制の悪化から退職慰労金すら無くなる可能性があるそうです

それを踏まえながら、弊社に於いては地道に今後10年、20年そして30年後を真剣に考え、生き残りのストーリーを手繰り寄せたいと思います

 

ユニクロを展開する、ファーストリテイリングの柳井社長が言ってましたね

「10の仕事のうち、9の失敗をしても、1の成功が企業を救えば良い経営者と言える」、うちの会社もこれから試行錯誤が続くと思います、この言葉を胸に、後世に残せる老舗企業にして行くつもりです

 

またこんな事も言っています

「確率で言えば、経営者が一番優秀である確率の方が低い」

~どん底の私を救った「三行の経営論」より抜粋~

柳井社長の周りには優秀なブレーンが沢山います、トップダウンの様に見える企業も、実は話し合いの中で戦略を引き出し、経営をしているのですね

社員と幹部、経営者が共に汗をかき、30年後も企業を成長させる事の出来る土壌を作りたいと思います。

P1000198.JPG昨日は「上毛新聞社主催、ネットショップセミナー」が上毛新聞社内、上毛ホールにて行われました

講師はネットショップコンサルタントの第一人者で有名な、㈱ECコンサルタントカンパニーの江藤政親さんと、日本中の地方新聞社と契約を結んでいる、㈱47CLUBの栗田健一さんです

何れも有名な方なので、何かが得られる事は間違いないと思い、弊社の伊藤さんと私で参加しました

聞く事、見る物、全てが新鮮であっと言う間の2時間半でしたが、ネットショップ業界の実態と取り組み方が理解出来ました

また合わせてネット通販の今後に関しても、世界の動向や日本の人口問題等、ネットショップ業界から見た外部環境と内部環境を織り交ぜて、詳しく説明してくれたので、初心者の私達には本当に解り易いセミナーでした、そして何より、この仕事に賭ける、おふたりの勢いと真剣さを感じる事が出来ました

(今朝は上毛新聞の記事に私の姿が写っていましたが、あまり人に見られたく無い写真でした・・・)

 

私達もこれから、「ロボットファクトリー」の注文をネットショップ形式で進めてみようと考えています

最初は試験的に行い、大学を始めとした教育関連施設や、ロボット作りを仕事や趣味にしている方を対象に日本国内で行います、その後は海外展開して行き、最終的には10年後から20年後に、医療や介護、宇宙開発ロボットを自社販売します

夢は大き過ぎるかも知れませんが、コツコツと実績を積んで行くつもりですので温かく見守って下さい

それよりも社員の皆さんが、年老いた頑固一徹の私を、会社に置いてくれるかが問題ですね

それではまた!

カリフォルニア大学バークレーン校では、日本の被災地から300人の高校生を招集し、3週間の短期ステイに於いて、「リーダー研修」を実施されたそうです

300人は復興の志がある学生達が対象で、費用は全てソフトバンクが出してくれたそうです

最初は自分が正しいと思う事を主張し、実行する事がリーダーの仕事と考えて居た生徒達も、教授から資料を配布されると愕然とした様子でした

「傾聴、まずは相手の話を良く聞いて話の中身を理解する事」

これが出来て居ない事を教えられたようです

聞いてはいるつもりでも、相手の話が終わる成り、「でも・・・だろう」「それは・・・だろう」では、傾聴とは言えません

リーダーとして、普段の行うべき言動と、ディベートの場を一緒にしてしまっては、周囲の人達も、「どうせ話をしても受け入れて貰えない、リーダーの意見が絶対で言っても無駄だ」、挙句の果てには、リーダーと傘下のメンバーで悪口の言い合い、これが典型的な組織の腐敗例だそうです

優れたリーダーでも、ひとりの判断が絶対に正しいとは言えません

もし正しいと思う考えなのであれば、話し合いの中で周囲を納得させれば良いだけの事です

相手の話を良く聞き問題の抽出を行い、論点を絞り議論を進めたり改善を行う事が、リーダーに求められる条件だと、今朝のモーニングサテライトの特集で紹介されていました

 

まあ時と場合によって、発展途上の過程に於いては、いろいろと模索して見る為にも、芯がブレずに基軸となる考えの中で、臨機応変にメリハリの利いた言動で方向性を見い出す手法も、重要な事かも知れませんね

一週間の始まり、そして週末には9月に突入です!

日曜の朝

user-pic
0

この所、4時前後に起きていますが、毎朝涼しくて、ウオーキングやジョギングには快適です

今朝もそれから出社ですが、パソコンを開くと、取引先から沢山のメールを頂き、まだ確認しきれて居ないので、これから2時間はその対応です

(取引先の皆様、いつもご愛顧頂きまして、ありがとうございます)

 

話は変わり、私はこの歳になっても、これからまだまだ勉強し無ければいけない事が沢山あります、そして実現したい夢もあります

若い頃は50歳代なんて人生の終焉と思っていましたが、自分がその年に成って見ると、過ぎ去りし日よりも未来に目が向く事に気づかされます

昨日は20代後半の方と話しをさせて頂く機会がありましたが、自分も、その彼と同じ年の頃には、同じ様に将来への不安を感じたり、諦めと希望とが入り混じっていた事を思い出しました

時には若い人の意見を、しっかり聞く事も勉強になりますね

先の読めない世の中ですが、うちの会社に於いては皆が頑張り甲斐のある、夢の持てる会社にしなければいけないと感じた、ひと時でした

 

すみません、諸事情で今朝はここまでです。。。

 

複合5軸

user-pic
0

うちの会社の吉澤君ですが、最近では見積りまで自ら行う様に成りました

しっかり健康管理や適度な運動をして、これからも頑張って欲しいと思います、取引先の皆様や協力メーカーの皆様に於かれましては、今後ともこの「吉澤」を宜しくお願いします。

 

吉澤君の話はここ迄で、うちの会社では5軸の複合加工機を検討中です

今までも、モーターやカメラ、カメラレンズを扱っている関係上、検討は進めていたのですが、これからロボットファクトリーを推進し、設計したり製作する上でも重要性を感じております

導入すれば責任者は決めても誰が担当と言う事では無く、加工している社員は全員が使える様に成らなければいけませんし、加工後の三次元測定も同時に行う必要があります

(三次元測定機に関しては現在も、加工者全員と設計チームの者も使えるように成っております)

ですが今の所、これと言う機械やソフトがまだ見当たりません、5年程前から展示会等で、新作が出ると見に行く様にしていますが、進化しているのは実感出来ても、まだまだと言う印象です

量産するのであれば我慢出来る部分も、1個だけ作ろうとした時には段取りや工数が計り知れません

またキャムに関しても設計図や部品図をそのまま活かせれば良いのですが、まだそこまでソフトも汎用的ではありません

ちなみに設計用のツールは、2D-2.5D-3D共にマイクロキャダムとオートキャドを使用していますが、キャムで図面を開くにはdwgもしくはdxf形式になりますので、そのへんでも制約があります

何れにせよ,きちんと稼いでくれる投資に成る様、検討を進めたいと思います

 

設備投資と同時に、「ロボット事業部、ロボットファクトリー」も5年から10年かけて育てたいと思います。

組織の作り込み

user-pic
0

最近は組織作りの考え方も大きく分かれて、年功序列の終身雇用が良いと言う人もいれば、もうそんな時代は終わり、その時々の目的にあったプロ集団を作り方向性を変えながら、人も入れ替えをする方が良いと言う意見の方もいますが、最近では後者の手法に注目が集まっている様です

それよりも産業構造やグローバル化、リストラ等で前者のやり方では機能しなく成り、綺麗事では無く、企業も後者のやり方で無ければ、組織が作り込めないと言うのが現実だと思います

 

以前、東京商工リサーチや帝国データバンクの方々に、こんな事を言われました

「経営者はどんな時でも会社を黒字にするのが仕事です、震災やリーマンショックを言い訳に『赤字でした』と言うのは言い訳に成りません」

如何ですか? 経営者はこんなことを言われているのです、厳しいものですね

結論から行くと、組織作りをどうするかは、評論家が言ってる程、単純なものでは無く、業種や規模、考え方によって区々だと言う事ではないでしょうか?

そしてそれが正しいか否かは、経営分析をすれば答えが見えて来ます 

労働分配率や限界利益率、運転資金差異日数、人を増員するのであれば人件費計画等・・・経営者は常に数字と向き合う事が重要ですね

これからも、ただ闇雲に規模を大きくする様な膨張肥大では無く、成長拡大に向けた組織作りを目指して行きたいと思います。。。

今日はどうしてもこの言葉を紹介したいと思います

 

五つの「あ」が言えない人は、「仕事が上手く行かない」と言う話を良くする

①挨拶が出来ない

②ありがとうと言えない

③謝れない

④頭を下げられない

⑤新しい事に取り組まない

~人材開発研究所所長・澤田富雄著書~

 気分を悪くされたら申し訳ありません、これはあくまで一般論ですので、否定するつもりも無ければ促すつもりもありません、あくまで企業で働くには、そう言った意識が必要なのだと教わりました

社会で働くにはルールがあります、みんなそれぞれ個性があって考え方も違いますが、そのルールを守れるかどうかで、周囲の人達があなたとどう接するかが決まるそうです 

なんでも途中で挫折したり投げ出したり転職を繰り返す人は、人や社会のせいにしたがり、自己啓発や自分磨きが出来ていな事が原因で、結果的に人や社会から敬遠されてしまっていると言う、負の連鎖に気がついていないと言うお話でした

すみません今朝は講義の受け売りでした、それではまた!

本日、8月22日(水)18時30分~21時00分

場所、高崎市総合福祉センターにて

主催、中小企業家同友会高崎支部

協賛、高崎経済大学地域政策学科で構成されるNPO団体、DNA

題目、「企業と学生との交流会(学生達と本音で語り合おう)」

以上が行われます

是非参加してみたいと言う方は、同友会事務局までお問い合わせ下さい

熱く語る前に今朝はこの辺で、それではまた!

昨夜はNHK総合で高崎市のジョブカフェ群馬が紹介されていましたね、代表を務める加藤さんもインタビューを受けて居ましたが、緊張した面持ちで、面識があるだけに微笑ましく成りました

大学生が夏休みの帰省を機会に、Uターン就職のセミナーを受けている場面の紹介でしたが、最近は就職セミナー等で、「若者の考えを理解しよう」とか「どんな事を考えてるか話し合ってみよう」等と言う集まりに良く招かれます

 

今朝はいつも通りの出社でしたが、社員さんが来るまでにやらなければいけない仕事もありますので、手短ですがここまでです

それではまた!

昨日は自律制御方式を生み出した、野波教授の研究室がテレビで紹介されていましたね

ヘリコプターをリモコン(リモートコントローラー)無しで、目的地に到着させると言ったもので、GPSで目的地を設定すると、高度や水平等を自ら検知して、自動で目的地へ飛んでいくのですが、このコアな技術が私達の平穏な日常を支えてくれているのです

細かな事は置いておきますが、野波教授の思想に取りつかれた若者が多い事に、安堵感を覚えたひと時でした

最初は誰もが、出来るわけ無いと思っていた技術も「成功させよう」と言う思いが、野波さんの心と体を制御していたのだと思います。

サッカー少年

user-pic
0

今朝は会社の周りを清掃していると、近所の小さな子が、サッカーの練習をしている場面を目にしました

あまり気にも止めていなかったのですが、お母さんが「上手だね、Jリーグに入れるよ」と言いながら囃したてて居たので、私も「成れるよ、きっと!」と声を掛けました、すると子供は「本当!」と嬉しそうな笑顔で再び練習をしていたのですが、素直な前向きな子供の心を見習いたいと思う、ひと時でした

また会社と照らし合わせてしまう悪い癖で、この子の様に企業に於いても目標が大切です、漠然としたものでは無く、しっかりと形成された目標です

大人に成るって事は諦める事? 少なくとも私がそれではいけないと、改めて目標を持つ事の重要性を、この小さな子供に再認識させられた気がします

3月に配布した指針書も中期計画の前倒しを行います

具体的に明記し無かった、「現在の事業から派生した事業」の部分です

ロボット事業部の発起、そして「ロボットファクトリー」の設置がそれです、来年からはロボットを扱う各大学の訪問を皮切りに10年後のノウハウ蓄積と内製化ロボットの販売、20年後には医療、宇宙に向けたロボットを自社開発致します

「出来るのか?」「無理に決まってる」「出来っこ無いさ」

100人いたら少なからず100人とも、心の中でそう思うでしょう

しかし、成ろうと思わなければ成れないのです、サッカー選手でさえプロに成ろうと頑張るから成れるのではないでしょうか?

うちの会社もそれと同じで、明日から出来るわけではありません、様々な壁や障害、問題を乗り越えて10年後には最初の目標を達成しようと言うものであって、その為の一歩を今から踏み出そうと言う、これからのストーリーとロードマップです

「みんながやりがいを感じられる、20年後の会社作り」

「出来るのか?」

その答えは、今の私達に必要ありません。。。

 

太陽の黒点

user-pic
0

今朝は4時頃目が覚めて、いつもの通りジョギング・・・と思ったのですが、膝に痛みを感じた為、ゴミ拾いをしながらの散歩をしました

いつも走ったり歩いたりしている道路に、空き缶やゴミの多い事が気に成っていたので良い機会だと思い、拾い集めてはスーパーのリサイクル箱やゴミ箱に捨てて来ましたが、こんな少しの事で途轍もなく、良い事をした気分に成ってしまうのは何故でしょうね

 

昨日は雷雨で停電もあった様ですが、この異常と言われる気象は太陽の黒点数が減っているからと言うのはご存知でしたか?

太陽の燃えてるパワーは一定ではありません、実は強弱を繰り返していて、黒点が減ると言う事は、太陽熱が下がる事を意味します

太陽熱が下がる事により、紫外線が強く成ります、良く曇ってる夏の方が紫外線が強い等と言う言葉を耳にしますよね、まさにそれです

その強い紫外線の為、地球上の大気の位置も低く成り、そして低い雲や積乱雲が発生し易く、ゲリラ豪雨や雷雨が多く成ると言ったメカニズムなのです

もっと詳しく知りたい方は、「太陽の黒点数情報」で検索して見て下さい、世界の天気図を見た時に、「あー最近、黒点が少なくて紫外線が強いのかー」等、皆さんの常識や天気の見方が変わるかも知れませんよ

「そんなので見方が変わる?」と思ったそこのあなた!

まあ興味でも無ければ、私もそれが一般的な意見だと思います

それではまた!

「人を信じなければ組織は動かせない、しかし信じる人間を間違えれば組織は動かない」

~葛西敬之~

皆さん、こんな言葉を耳にした事がありませんか?

私事で恐縮ですが、私の周りでも先日こんな事がありました

あるテニスの大会で、私と、私よりも7歳年下の川浦君と言う後輩とでダブルスの試合に出た時の事です

相手は若手で群馬県のAクラスでもトップの選手、こちらは52歳のおじさんと、高崎市でAクラスの川浦君です

(彼の場合は実力的にはもっと上ですが、仕事の都合上、県登録はしたものの、エントリーが難しい状況でもあります)

8ゲームマッチ1セットオンリーの試合、ゲームカウントは,3ゲームストゥー5で負けている場面です

川浦君から「押されっぱなしで、まずいですね」と彼は焦っている様子でした

「大丈夫、まだワンブレイク差だろ、8ゲームは長丁場でスタミナ配分と駆け引きが大事なポイントだ、押し通せばいいもんじゃない、まだ試合は中盤、ここまでで相手の弱点や戦法も見えたし、川浦君がいつも通りやれば勝てる相手だ、自分を信じていつも通りのプレーをしようぜ」

私は、そう彼に言葉を掛けて試合を続けました

彼には話しませんでしたが、私の作戦は、私自身は絶対にミスをしない事、無理せず返すだけでもいいから、2歩か3歩、必ず走らせる場所にボールを落とし、彼にボールを繋ぎ決めさせる事、それを繰り返す事で彼が自身を持ち、終盤は彼の調子がピークに来る様なゲーム運びを心掛けました

作戦は成功しました、相手が拾いに来るボールを川浦君が確実に決めてくれます、そしてその後は1ゲームも落とさずに8to5で快勝しました

彼は最後に言いました「駄目かと思ったけど、あそこで五十嵐さんが冷静に言葉を掛けてくれたので目が覚めました」

でも1番は彼の実力であり、私が彼を信じていたから成功した作戦でもあったのです、そこで私が「自分で何とかしなければ」と思い、二人の歯車が噛み合わなければ自滅して終わりです

会社の仕組みもこれに似ていますね、信じるべき人を信じて託し、その信じられる人が成長出来る環境を作って上げる事が、結果的に組織が伸びる事に繋がる様に思えます

 

今日も暑くなりそうですね、体調管理に気を着けて下さい

それではまた!

休日のご案内

user-pic
0

申し訳ありません、今日から稼働と言う御客様も多い中、弊社は今日までお休みを頂き、明日から稼働となります

お盆休みの基本的な考え方としては12日移動、13日から15日迄はお墓参りの為の帰省、16日に移動と言う、モデルスタイルが会社の考え方です

これであれば実家が遠方の方でも、迎え盆から送り盆迄の3日間を田舎で過ごす事が出来ますし、法事等で盆客を受け入れる家庭も、15日迄は忙しくても、16日は片づけをしながらゆっくり出来ると言うのが理由です

お盆は個人的に遊びに行くと言うよりも、文化伝統と風習、家族や親戚の関わりが深い行事なので、暦の関係で例外もありますが、上記の様な休日の設定になって降ります、ご不便お掛けしますが、何卒ご理解賜ります様、お願い致します

また、明日と明後日は稼働日と成っておりますので、お問い合わせやご依頼をお待ち申し上げて降ります

以上ですが、宜しくお願いします。

電子認証

user-pic
0

稼働している取引先もあったり、この連休で設備を立ち上げている御客様もいて、なかなか気の抜けない数日ですが、どんな仕事も御客様が居なければ成り立ちません、日々感謝の気持ちを忘れずに応対したいと思います

それよりも最近では何でもネット経由で、請求書も送られて来るのでは無く、こちらで相手のホームページから入り、自らダウンロードしなければいけなかったり、銀行金融機関の手形割引やファクタリングも同様です

しかも電子認証登録されたパソコンでしか対応出来ない為、土日祝日、年末年始以外は会社に来ないわけには行けない状況です

パソコンを持って帰れば?と良く言われますが、システム上の不都合があるのでそれは出来ません

今日もこれから、送り盆で御寺に行って来ますが、連休明けからは、また社員一同、宜しくお願いします。

輪番休暇

user-pic
0

昨日は午前中は仕事をして午後は墓参りに出掛けましたが、稼働している工場が多いのに驚きました、ミナト精機に山岸製作所他

その後、墓参りから再び会社に戻り、何軒か電話をして見ると、主に自動車関連業界の製造現場は、11日(土)から15日(水)までの休みでは無く、13日(月)と14日(火)を出勤にして15日(水)から19日(日)までを輪番休暇としているとの話です

全体の電気使用率のピークカットが目的の様ですが、弊社の取引先の於いても夜の残業は2時間迄、それ以上は早朝出勤の早朝残業を実施している所もあります

まだまだ電力の問題は長期化しそうですが、どうなって行くのでしょうか?

里帰り

user-pic
0

今日は技術ネタでも、会社の出来事でも無いのですが・・・昨日の日曜日は親戚の家々へ御線香を上げたり、挨拶回りに出掛けて来ました

私は母親の実家の大広間で産婆さんに取り上げて貰ったのですが、今もその生家で暮らす親戚や、幼少の頃から御世話に成った、おじさんおばさんの顔を見に行って参りました

田舎の景色や、懐かしい顔を見ると、子供の頃良く遊んだ山々の思い出や川遊びをした思い出等と同時に、みんなに御世話に成った記憶が、一瞬にしてフラッシュバックしてしまいます

そんなおじさん達も、田舎でのんびりと何十年と変わらない生活をしている人もいれば、脳梗塞や原因不明の重い病気に侵されながらも、明るく振舞っているおじさんもいます

自分で言うのも何ですが、私程、おじさんおばさんとの思い出がある人も珍しいのでは?と実感出来る程の記憶が残っています

そして、いつも田舎に行くと懐かしく嬉しい半面、帰りには胸が熱く成り、「こんな温かい人達とも、そう遠く無い将来、別れが来ちゃうのか・・・」と、涙が込上げて来ます

 

経営者である私には背負う物が沢山ありますが、こうして幼い頃から沢山の人達に恩を受けたお返しも含めて、自分もこれからの人生、企業経営を通して社会に恩返しをしようと思わされた、一日でした

 

そんな感傷的なのも昨日だけで、今日は平日なので出社する成り銀行からのファクスや、取引先からの問い合わせで緊張感満載です

それではまた!

夏季休暇

user-pic
0

夏季休暇の日程も企業によって事成りますが、弊社は今日から16日(木)までと成って降ります

取引先の方々等は、連休の半分は休出と言う話も結構聞きましたが、せっかくの連休です、有意義に過ごしたいものですね

それではまた!

中村館長

user-pic
0

P1000191.JPG行って来ました、千葉県立現代科学館。

到着後は受付を済ませると、入口では大平技研、広報の大渡さんが出迎えてくれたので挨拶を交わし、入場です

ホールでは大平さんもいらっしゃったので、久し振りに挨拶と少しの時間立ち話ですがお話をさせて頂き、しばらくすると続々と研究員や学芸員の方々が到着です

中には月面用のブルドーザーを作ったと言う町工場のおやじさんも作業着で来てましたが、それが自身が溢れ、渋くてなんか凛々しく、男儀を感じた次第です

また某有名玩具メーカーの女性達が仕事の事で熱く語る姿も凛々しさを感じましたが、どんな仕事もプライドを持って、それに打ち込んでる方々は年齢性別関係無く、素晴らしいと感じました

そうこうしているうちに中村館長の挨拶が始まり、様々な取り組みや今後のテーマ等について語ってくれましたが、研究熱心な思いが伝わって参りました

まだまだ途中ですが、そんな昨日の報告も今日はここまで、11日(土)お盆休み前の今日は少しハードな日に成りそうです

それではまた!

 

何故か会社の前の国道が7時頃から渋滞しています、車と言えば昨日は出張に行く途中に、関越自動車道の藤岡ジャンクションでワンボックスカーが横転し、タイヤが天を向き天井が地に着いた状態で数台の事故があり、その為に藤岡から本庄インターまで渋滞していました

皆さんもお盆や帰省の際は、運転にくれぐれも気を着けましょう

今日は千葉県立現代産業科学館へ行って参ります

館長の石井さんからの招待状を忘れない様にしないと・・・

「何しに?」

隠す様な事ではありませんが、相手もある事なので守秘義務と言う事にさせて下さい

そんなわけで今朝はこのへんで、それではまた!

  P1000190.JPG      共育研修会に申し込みました、本来は教育と表記するのですが、この研修会は共(とも)に育つと言う意味で、共育研修会と謳っています

参加者は宮下君と小林君です、そして経営者同席になっているので私も参加致します

宮下君は職場長に任命されていますが、現在は管理職修行中で自分成りに悩み自己問答をしていますが、この半年間で脱皮して貰い、グループミーティングの取組やリーダーとは何かを学んで欲しいと思います

スケジュールとしては6カ月を要します、これは人間の脳が考える習慣を身に着けるのに必要な期間だそうです、これは経営コンサルタントの山口勝さんが言っておりました

そして今回はこの2名ですが、順次、渡邊君、伊藤さん、吉澤君、保坂君、外所君と繋げて行きたいと思いますし、その前にはキャリ診断のカウンセリングもあります、「社員の成長無くして会社の成長無し」と良く言いますが、今後も教育には積極的に取り込んで行くつもりです。

我々のミッションは、

プロ集団として、顧客に最も望まれるサービスを提供し、

最初に選ばれる企業に成る事です。

~オルフェウスの法則~

皆さん、こんな言葉をどこかで見たり聞いたりした事はありませんか?

今朝はいろいろと思う事があり、早朝から、ある文献を手にしました

そしてなんの気なしに開いたページに、冒頭の言葉が書かれていたのです

何かあると、時折こうして読み終えた本を手にします

 

スポーツと絡みますが、練習の成果が意識し無くても、とっさに試合中のプレーに出たり、テニスで言えば普段からマナーの悪い選手は、グランドスラムでもラケットを叩き折ったりして、スポンサーから解約を迫られる等、良い所も悪い所も、隠せるものでは無く、普段から自らの言動に現れているのだろうと思います

探しものや調べものをしていると、他の事のに気がついたり、他の物が見つかる事も良くあるといった、朝のひと時でした。

新規事業

user-pic
0

現在、新たな事業に参入するべく、司法書士や行政書士に依頼をして追加登記を行っております

許認可を新たに取得するのが難しい場合は、企業買収も視野に入れていますが、その場合のビジネスモデルも、もちろん考慮しての話です

まず最初は大学の研究室や高校、県庁等の団体へアプローチを仕掛けますが、具体的な表現は登記が完了してからにさせて下さい、サンシステムとして、セカンドステージの始まりです、本腰入れて掛からないといけません

 

話は変わりますが、オリンピックで活躍中の、なでしこジャパンと言い、卓球の団体戦と言い、感慨深い思いで準決勝を見守りましたが、個人の実力もさる事ながら、何か大きな試練や何かを乗り越える時には、支え合う ちからや、チームワークが勝っている方に勝利の女神がほほ笑むのかな・・・と言う思いで見てました

それは私達の職場、企業に於いても同じ事が言えるかも知れませんね、皆さんはどう思いますか?

高崎祭り

user-pic
0

高崎祭りへ行って来ました

景気を反映してか、年々縮小しイベントや企画物も地味に成った気がします

そして山車に神輿も、今ひとつ活気が無い様な印象の年でもありました

また地権者や人伝に聞いた話ですが、お祭りを行う街の商店街も普段は人影まばらな状況で、目の前でお祭りを行うのにも寄付を出せない所も多く、お祭りを開催しても買い物はしてくれないと言う状況から、商店街の皆さんは複雑な心境の様です、お祭りを開催する場所や内容も、伝統や文化は継承しながら、次の世代を取り込むのも、なかなか大変な様ですね、それではまた!

中小企業家8月例会、日時8月22日18時30分受付開始、場所は高崎総合福祉センター

テーマ「学生と企業との交流会、(本音で語ろう)」が行われます

高崎経済大学の学生さん達がお手伝いして下さるそうですので、お時間許す方は是非ともお出掛け下さい。

NCM_0020.JPG高崎市域震災復興支援委員会でお世話になっている、高崎経済大学の佐々木先生から、中小企業家同友会を通じ「地域政策セミナー」のご案内がありました
御都合の許される方がいらっしゃいましたら、御参加ご検討下さいます様、お願い申し上げます


以下、案内文に成ります

地域政策セミナーのご案内を申し上げます
 関係各位様いつも大変お世話になっております。
梅雨の終わりで、九州地方を中心に災害が続きますが、お変わりなくお過ごしのことと存じます。
さて、この夏の 地域政策セミナーの案内ができましたので、添付させていただきます。
今夏のテーマは、「観光まちづくりと地域-地域資源の保全・活用の本質に迫る-」です。小職も、1テーマお話しさせて頂きます(地域資源のブランド化)。
ご多用とは存じますが、是非とも、お出かけ頂ければと思います。
また、関係の皆様にも、お知らせ頂けますと幸甚です。
どうぞ、宜しくお願いします。

 高崎経済大学 
 経済学部 経営学科 教授
 地域連携戦略室長
 佐々木 茂

タイトルだけ見ると何の事?と言う人が殆どだと思いますが、今回のロンドンオリンピックで競技の撮影用にセッティングされているロボットカメラは、殆どが日本のキャノンとニコン、この2社のカメラが独占していると言う話は皆さんご存知でしたか?

 

http://t.co/EZJ1p6IT

 

競技場の天井に吊してあるロボットカメラや、短距離トラックと並走しているロボットカメラ、、また水泳でも選手と並走するカメラロボットシステム、それら全てが日本のカメラメーカーがテクノロジーを注ぎ込んだもので、世界中のカメラメーカーが注目しているそうです

 

そう考えると、「日本の技術って凄い!」と思いませんか?

コアな技術だけでなく、こうしてセット物として世界の舞台で認められるのは、我々日本人のエンジニアとしても嬉しい物ですね

 

これからも、もっと日本の技術を世界にアピール出来る様に、私達も頑張りたいと思います。。。

  

 

 

群馬県職業能力開発協会が行うキャリア診断の申し込みの為、コンサルタントの高橋信夫様に御越し頂きました

 

椅子に腰かけて10分程でしょうか、今までの常識が非常識に思える位のアドバイスや指摘事項は、まさにに目から鱗と言う言葉がぴったりのお話でしたが、やはり何かを相談する時は、スペシャリストに相談するのが一番だと感じた次第です

 

本題ですが、キャリア検診は、国の管轄でも有ります厚生労働省の全額負担で行われます

また、コンサルタントと社員さんのヒアリングやアンケート等を経て、結果が出るまでに大よそ3カ月位が掛かりますが、感じが掴めれば、毎年実施しようと考えています、

無料で優秀なコンサルタントが入ってくれるので、お願いしない手は無い筈です

 

しかしこれは社長である私の為ではありません、社員の皆さんが真面目に働いた成果を無駄にしない為のものです

 

良い会社と言うのは沢山あるかも知れませんが、うちの会社は適度な緊張感を感じながら、「楽しい会社」「面白い会社」にしたいですね

 

それでは3カ月後の結果報告を、お楽しみに!

 

このアーカイブについて

このページには、2012年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年7月です。

次のアーカイブは2012年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。