2013年1月アーカイブ

豪雪地帯

user-pic
0

昨日、一昨日と新潟県阿賀町三川村行字~津川へ出掛けて参りました

積雪量は5m程で、ある程度の想像はしていたものの、現実はそれを上回って降り、道路も、そうでない所も、ただひたすら真っ白な白銀の世界に神秘ささえ感じた次第です

大げさに聞こえるかも知れませんが、俗に言う豪雪地帯で、雪にあまり縁が無い方々には想像出来ない世界だと思います

そしてこの2日間は、時間の移り変わりを感じると共に、人生の節目となる決意に繋がるものでした

 

雪の話はその位にして置き、電話やメールを頂戴しました皆様には、御不便お掛けしました事を、お詫び申し上げますと共に、弊社社員の皆さんが、しっかりと対応させて頂きました事を御報告申し上げます

 

最近では、その社員の皆さんの工夫や改善活動で、会社の中が変わって行くのを実感出来ます、「自分達の職場」「自分達の会社」「会社を動かしているのは自分達なんだ」と言う基本が理解されて来たのかなと思える様になりました

また明日から2月に入りますが、心新たに取引先の皆様や素敵な社員の皆さんと時間を共有して行きたいと思いますので、今後とも、宜しくお願いします。

積雪

user-pic
0

昨日は埼玉県の取引先2社を廻って来ましたが、雪が降った形跡があり、恐怖感を感じながら会社に戻りました

 

群馬でも山沿いを除いて、高崎でも積雪している所は無いにも関わらず、南側の方で積雪が見られるのは、不思議な感覚を覚えましたが、遠方へお出掛けの際には現地の天候や情報をリサーチしてから、出掛ける様にした方が良さそうです

 

お知らせ

(私個人)今日と明日は出張の為、会社を留守にしますが、業務の御依頼等は各担当部署へお申し付け下さいます様、お願い申し上げます

 

手短ですが、留守中、宜しくお願いします。

(泊り掛けで出掛ける為、明日のブログはお休みさせて頂きます)

黄金比率1:1.62

user-pic
0

黄金比率、1:1.62とは建築学や機械構造上に用いる数値ですが、これが金融や為替、株価にも適用していると、あるビジネス番組で特集を組んでいました

今迄の日本経済を完全予測し、的中し続けて来た、ある方の解説でしたが、細かな説明はグラフやチャート図が無ければ、ここでの説明も難しいので、結論付けて説明すると、各社決算確定後、一時的に景気の下振れが秋まで続き、年の後半から大よそ20年間は明るい日本が戻って来ると言うお話でした

まあ、そう成ってくれる事を祈りますが、どこにそんな明るい材料が眠っているのか、じっくり考えたいと思わせる話題でした、みなさん、どう思いますか?

 

今朝はもうひとつおまけです

昨日の「夢の扉」、ご覧に成った方も多いと思いますが、「夢を実現するには才能に加えて150%の努力が必要だ」と言う主人公に、私の敬愛する大平貴之さんを重ね合わせてしまいました、両者、私からすると天才としか例え様も無い姿に、食い入る様に見行ってしまい、テレビを見ながら、私自身も様々な事を自問自答した次第です

しかし、そこには弊社にとってのヒントが隠されていました、(と言うより日頃から、新しい技術に目線を於いていると言う事もありますが)世界が必要としているその技術も、まったく新しい技術では無く、様々な既存の要素技術を組み合わせる事により、新たな媒体を生み出す発想と想像力が鍵と成っているのです

以前にも触れた内容ですが、世の中には、まったく新しいIPS細胞の様な技術と、既存の要素技術を組み合わせる事により、人々が必要としているもの、あるいは「あっ」と驚く技術の2種類に分類されます

私達がやろうとしている事も後者のものですが、何れも常識で物事を判断している様では、何も生まれる筈が無いと言う観点からも、「まだまだ努力が足りていないのか」と考えさせられたひと時でした

 

しかし企業経営の金銭的な部分に関しては、常識と、きちんと分析したデータに基づき、判断して行かなければ行けませんので、経営者として考える所が幾重にも重なり合っているのが現状です

まだまだ幹部、リーダーの資質、社員の志を追求し人材育成に尽力を注ぎ、企業に置ける経営力と開発力の両方を追求する必要がありそうです

中途半端な終わり方ですが、このへんで、それではまた!

MEGASTAR-Jr

user-pic
0

P1000221.JPG 大平さんが、またもや新しい商品を開発しました、パーソナル向けのホームスター等の上位機種で、案内には、その延長線上にあるハイエンドモデルと紹介されています

今回はリース、レンタルの運用との事ですが、 皆さんも、是非、ご覧下さい

 

才能とは本人の努力があってこそ開花させられるものですが、その他にも、いろいろな条件が重なった時に初めて、その努力が活かされるものだと思います

大平さんや売れている芸能人、オリンピックに出る様なスポーツ選手、そんなスポットライトを浴びる華やかな人達の様に、個人でも充分、社会貢献が出来ている方もいらっしゃいますが、誰もが皆、そう成れるわけではありません、だからこそ会社と言う場所は、人が寄り添い、支え合い、小さなちからを束にして、社会と向き合い働く事で、社会貢献に繋がるものだと思います

私達、㈱サンシステムも社員、ひとりひとりの能力を最大限に引き出し、みんなでその能力を重ね合わせ、社会に貢献して行きたいと思います

それではまた!

P1000217.JPGロボットファクトリーの実写版キャラクターを製作しました

ロボットと言っても、なかなか皆さんに認知されていないので、これからもいろいろと紹介して行きたいと思います

次回は昆虫型ロボットを動画も交えて紹介しようと企画していますが、殆どの方は、左のロボットを見た場合に外見だけしか見ない方が殆どだと思いますが、こんなロボットでも動く様にするには(制御する)には、小型サーボモーターやギヤヘッド、エンコーダーに原点センサー等が、必要に成ります、オーバーランやオーバートラベルは過電圧を見て、電圧制御を行い、自動的に止まる様に成っているのが殆どですが、最近では発振やサーボフリーに成った時の原点復帰に手間を取らない様、脱調や発振の無い、ステッピングモーターも多く成って来ています、そして注目すべきは、これらを1枚のボードで出来てしまうのが最先端技術のトレンドです

済みません、技術の話をしだすと止まらなく成ってしまい恐縮ですが、とにかく定義の無い、奥深くて幅広く、そして応用や発想力が要に成るのが、ロボット産業で成功する鍵と成ります

技術系の話題はこのへんにして置き、弊社としては、その先の、オリンピック競技で水泳や陸上に使われる、カメラロボットシステムや、探査ロボット等にも手を伸ばしていくつもりです

 

今迄も様々な産業用や民生用のロボットを製作した来ましたが、特定のユーザーと取引上の守秘義務等もあり、写真で紹介する事は出来ませんでしたが、蓄積されたノウハウを活かし、商業的な所では部品製作から始め、社内に於いては、各種自社製ロボットやカメラロボットシステムの開発を行って行きたいと思います

まずは一歩、そしてまた一歩、時に後ずさりしながらも、近い将来、世界中が㈱サンシステムを必要とする日が来る事を信じて、㈱サンシステムを愛する社員と共に、これからも地道な活動を進めて参ります

それでは皆さん、良い週末を!

今朝は、私宛にお手紙を頂いた方へ、御礼のメッセージを綴りたいと思います

(プライバシーに関わる細かな事は伏せさせて頂きますので御了承下さい)

 

高崎経済大学、宮田様

心のこもったお手紙を頂き、ありがとうございました

一字一句、しっかりとした思いを、幾度となく読み返しました

向かう方向は違っても、夢や希望、そして目標を持って生きる同士として、そこに記されてある、熱い思いに感動したと同時に、とても嬉しく、そして最後は涙が止まりませんでした、本当に、ありがとうございます

この場で返事をするのも、どうかと思いましたが、あなたが苦しい時や、辛い時に、いつでも思い出して頂ける様、ここに記録しておきます

 

人が目標や夢に向かう事は、とても素晴らしい事です

しかし、そこには幾多の苦難や、途轍もなく大きな壁も待ち構えているものです

 

これからの長い人生、挫折と失望感に苛まれ苦しむ事も必ずあります

そんな時、今迄出会った人達の笑顔を、ひとつひとつ思い出して下さい

生きて行く上で一番大切な物は何か、そこに希望の光が必ず見える筈です

 

これからも、お互い、夢に向って歩んで行きましょう

そしてどちらかが、『夢の扉』を開けた時、もう一度、再会出来れば幸いです

 

私自身、企業家として自負する所はありますが、父親としては未熟で、昨夜も子供達に、「心配するのでは無く、信じる事が大切なんだ」と教えられました

人生、まだ道半ば、これからも夢を追い掛け、震災孤児の支援もしつつ、ひとりの人間として、そして経営者として頑張り続けたいと思います

 

まずは御身体に気を着け、ご活躍下さい

30歳以上、歳の離れた友人、五十嵐より。

研修会効果

user-pic
0

今年も始まって、まだ24日と言うのに随分と長い時間が経過している気がします

話は変わりますが、そのつもりが無くても、結果的にはトップダウン方式だった事を反省し、ここ数年、社長は経営と事業を生み出す事を職務とし、現在の事業は傘下の皆さんで運営する仕組みに変えようと試行錯誤して来ました

社員の皆さんも協力的で、至らない所は積極的に研修会等へ参加して、考え方を学び実践しています

最近では、外所君も取引先の打合せの場で、提案型のミーティングを自ら積極的に行ったり、小林君もリーダー研修で学んだ事をSWOT分析からアクションプランに落とし込む作業を、社内で活用し、実践出来ています

また渡邊(晃)さんもキャリアコンサルタント講習やネットショップビジネス等の研修を活かし、積極的に改善活動を行っていますが、何よりも内面的な部分が変わり、周囲とのコミュニケーション能力が高まった様に感じます

宮下君も様々な研修会を通じ、自分のあり方を見つめ直し、後輩の良い所を伸ばし、成長させる事も先輩として、どう取り組むべきか、職場のあるべき姿とは何か、今回の研修で答えを模索しています

人は皆、自ら目先の業務だけに専念していれば良い立場から、歳相応に様々な事を身に着ける必要があります、また企業として捉えた場合、一時でもその事を怠る事は、企業の成長を止める事になります

今までの仕組み作りを変えようとする時、初めはスムーズに滑り出すものです

しかし問題が見え始めると、つまずき、先へ進む事が困難になります

そこで止まるのか、乗り越えて行くのかで、企業の価値が大きく変わるのだと思います

問題の根は深く、なかなか上手くは行きませんが、何としても立ち止まるわけには行きません

幹部と社員の皆さんも、その問題が何かは薄々感じているとは思いますが、乗り越える環境は出来ている筈です、数人で乗り越えるには高い壁も、全員で取り組めば一瞬にして乗り越えられる壁です

 

「企業は人成り」松下幸之助さんは偉大なる様々な文献を残してくれました

技術者とは何を持って技術者か?企業人のあるべき姿は?そして経営者とは?

もう少し、私も勉強しないと行けない様ですね。。。

今年の成長分野

user-pic
0

「今年の成長分野は何か?」

安部政権にシフトしてから、この手のテレビ番組が多く、ご覧に成った方も多いと思いますが、成長が期待出来るセクターと言えば、まずは金融関連、次にスマートフォンやクラウドシステムを主とした業界、その次が復興関連事業に成るそうですが、ここに民生電気の分野が見えて来ない所に寂しさを感じます

成長分野以外で注目されているセクターと言えば、宇宙開発事業や、震災で脚光を集めた、スーパーコンピューターの開発事業では無いでしょうか?

個人的には短期のトレンドよりも、長期に渡り進化を続けているセクターに興味があり、今朝のニュースでは、「はやぶさ2」には事業仕分けで縮小した予算を、復活させる動きも出ている様です、また先日は、スーパーコンピューター「京」の特集も雑誌で取り上げており、其々、開発スタッフの誇りやプライドを強く感じた次第です

大手の様な開発費も無く、行政団体の様に大規模なプロジェクトを組む事等、到底出来る筈も無い中小企業がトレンドを奪うのは至難の業です

大局的な考えの中から、弊社に於いては大手では実現が難しいと言われている、グローバルニッチの分野に挑戦し、自社製ロボットシステムの売上比率を高めて行こうと試みています

もう何度も紹介させて頂いているので、これ以上は省略しますが、最後にひとつだけ危惧される事と言えば、モノ作りの文化が弱体化している事です

私達の業界だけ見ても、昔は図面の書き方で先輩に怒られたり教えられたりしたもので、部品図等は加工方法迄、考えて図面を書かされた時代もありました

機械公差等も何で加工すれば、どの位の精度が出るのか、また材料の特性等も現場に行って学び、図面に反映しなければ行けないのが当たり前の時代でした

全ての場面でと言う事では無く、あくまでプロとして、モノ作りをしようとした時の話ですが、これを昔話で終わりにしてしまって良いのか?

個人的には、そう言った文化が失われているモノ作りの現場を寂しいと言うよりも、強く危機感を感じておりますが、皆さんはどう思いますか?

すみません、おじさんの独り言として流して下さい、それではまた!

RED DIGITAL CINEMA社

user-pic
0

タイトルにもあります、アメリカのREDデジタルシネマ社が販売している、超高解像度カメラシステム「RED ONE」は、業界で有名な会社でも有り、偉大なる商品でも有ります

S35mmペインを採用し、2Kから4.5K解像度を持ち、1~12ofpsの速度で動画も撮影出来る商品で、更に最近では「EPIC」「SCARLET」等と言う商品も登場しています

ここで特筆すべきは、C-mosセンサーのデジタル技術では無く、動画にも対応した、ズームフォーカスレンズです、超高解像度を実現しながら高速動画も可能なわけですから、自動で焦点を合わせてくれる、ズームモーターやフォーカスモーターが、高性能且つ、リニア的な動きをしてくれなければ、レンズやセンサーの性能が幾ら良くても活かす事は出来ません

カメラシステムと呼ばれる由縁は、そこから来ているのですが、昨今4Kと言われるテレビが商品化出来たのも、この様な裏方の技術があったからこそ実現したと思うと、私達の仕事も世の中の為に成っている事を実感します

日本のお家芸だった、この手の商品も、No1はアメリカに持って行かれてしまい、事業仕分けで話題と成った、「No2では駄目なんですか?」の影響は、最先端技術の場から技術者を流出させてしまい、取り返しの着かない結果を招き、基に戻すには時間が掛かりそうです

2番目でも構わないかも知れませんが、最先端技術の場から技術者を手放した事は、今後も自動車業界やコンテンツ等、あらゆる場面で後悔する事に成る事を何故、予想出来なかったのでしょうか?

 

そんな所で、社員さん達の出社の時間となりましたので、中途半端なまとめ方でしたが、本日はここまで、それではまた!

企業は人なり

user-pic
0

月曜から会社のHP上で私事は控え様と思っていましたが、しばしお付き合い下さい

今朝起きて先週の振り返りや今週の予定等を考えていましたが、どうしても、ここ数日の実生活がフラッシュバックして来ます

成長して自立した息子の事

将来に不安を抱えながらも強がっているのか、それとも純粋に成長を喜ぶべきなのか、大人に成っても親は子供を心配するものです

生まれた時から、今日までの事が思いだされて仕方ありませんでした

年老いた母の事

何度か入退院を繰り返しましたが、今は落ち着いた状態でいます

しかし会う度に年老いて行くのが目で見て解ります

久し振りに一緒に食事をしましたが、階段を降りるのに必死な様子だったので思わず手を取り一緒に降りましたが、底知れぬ寂しさが込上げて来ました

こんな場面はどの家庭でもある、極々ありふれた事なのかも知れませんが、みんな何かを抱えて生きているものです、今現在は自分の事だけ考えていれば良い人達も、一生涯そのままと言うわけには行かず、かならずそう言った日が訪れます

しかし、そう言った様々な境遇の人達が企業に於いては目標や目的に対しては同じ方向を向ける会社にしなければ行けない、そしてライフバランスも、とても重要なテーマでもあり、精神面でも自社の社員を自らの息子や娘だと思って接して行こうと考えさせられた朝でした

 

上手くまとまりませんが、松下幸之助の著書にもあります「企業は人なり」、その言葉をもう一度、掘り下げて考えてみたいと思います

 

本当は業界では有名な「超高解像度カメラシステムRED」を紹介しようと思ってましたが、その話はまた明日!

設計技術課

user-pic
0

P1000216.JPG左は弊社の設計を行っている部屋です

機密事項に触れる物が無い事を確認の上、掲載しましたので御安心下さい

8台のパソコンには、マイクロキャダムとマイクロキャダムメカニカル3D、オートキャドLT、オートキャドのオートデスクバージョンやオートキャドメカニカル2D,3Dをインストールしてありますが、其々高価なソフトに成ります

ちなみに事務所で使用している私のパソコンにもキャドが入っていますが、最近では見積りや出図にしか使用していません

日曜日でもこうしてみんなの机の上を見渡すと、日頃から一生懸命にやっている息吹を感じてしまい「阿部は今日、何やってるうだろう」「外所は・・・」「吉澤や小林は・・・」等、それぞれの顔が頭を過ります

 

私事ではありますが、私の息子も、いつの間にか自分の考え方を通せる立派な社会人に成りました、親として、何かして上げられる事等、ある筈も無く、自分のちからで生きて行く技術も既に身に着いている様です

自らが努力をして、ライバルでもある仲間や先輩後輩達に支えて貰い、これからもステップアップをして行く

自分の息子からその様な言葉を聞いた時に、うちの会社に於いても、職場の雰囲気や社員同士の繋がりや絆は、とても大切な事だと改めて実感しました

また経営者としても働く人を欺かず、正直に向き合い、一生懸命に生きている人が報われる会社にしなければ行けないと、心から思った次第です

今年は、これまでやって来た様々な取組みを精査しながら、改めて次のステップに進んで行く構えですので、皆さん、御協力の程、宜しくお願いします。。。 

経営者の仕事

user-pic
0

年も明けて未だ間もない日々ですが、いろいろな事がある毎日です

この所、特に多いのはリストラや様々な事情で独立をしたり、起業したけれど上手く行っていない方からの相談です

何故私なのかは解りませんが、傍から見ると「あいつに出来るのだから自分にも出来るだろう」と思い、独立したりする人が居る事は自然と耳に入って来ます

けれども相談に来る方とは話をすると、上手く行っていない理由や、意を決して起業したにも関わらず、何故不安なのか、直ぐに解ります

細かな事はともかく、いつもお話をさせて貰う事はこの3項目です

「頑張る事を惜しんでいませんか?」

「やってる」「頑張ってる」と答えて来る人は経営者には向いていない方です

「他の企業の真似をしてませんか?」

お金を追いかけて居ませんか?」

上手く行っていない人や不安を抱えている方の大半は同じ様な答えです

それ以上の事は言いません、答えを聞けば経営者としての資質があるかどうか解りますし、世の中そんなに甘くはありません、そんな考えで上手く行く様なら誰も苦労はしません

 

経営者の仕事は3つです

経営理念 経営方針 経営計画 この3つを経営指針書にまとめ、迷い無く、企業運営する事が経営者の仕事です

企業とは経営分析した数値を基に経営計画を経てます

人が足りないから補充すると良く聞きますが、労働分配率はどうなってるのか、また人件費計画と売上計画からする所の限界利益率は幾つなのか?

そんな事を計算しながら経営する事が経営者の仕事です

 

あまり一般の方には興味が無い話題だと思いますので、このへんにして置きますね

「あいつにも出来るのだから・・・」と思っている方にも、「あいつだから出来てるのか」と思われる様、これからも自分を磨いて行きたいと思う寒い朝でした。。。

ロボットファクトリーの営業活動を4月から本格的に行うに当たり、2月にはトライ的に雑誌で紹介頂く運びと成りました

しかし進めば進む程、壁や障害、そして問題が見えて来ます

また業界人では無く、民間の方の中にも趣味として、ロボットに詳しい方がいらっしゃっる事にも驚かされます、そんな初対面の方にも「下請けからメーカーに成ろうと、頑張っていらっしゃる様ですね、応援出来る事があったら言って下さい」等と声を掛けて頂き、本当にありがたい限りです

4月からは高等専門学校や各大学にも案内を発送するつもりでしたが、素人相手の様な原稿では逆に相手にされない事も判明したり、本当に体当たりの連続です

この所、心身共に優れないのは、そのせいかな?

この歳に成っても、未来への挑戦とか、次世代ロボットを自社製品化しよう等と言ってる大人を、若い人達や周囲の目にはどう映るのでしょうか? やはり面白おかしく、冷ややかに見るのでしょうか?

テレビCMでこんなのやってますよね

「戦う君の事を、戦わない奴らが笑うだろう」って

正直、周囲からも言われます、「もう、このままでいいのでは?」「良くやるよ」、そうかも知れませんが、心と体がボロボロに成っても未来に挑戦して行く事で、サンシステムに関わる全ての人が、幸せを実感出来る様に成る

それが社長と呼ばれる私の「使命」です

何か暗かったかな、何はとこあれ、今日も一日頑張ります。。。

昨日は「リーダー研修、第5講」へ、私と宮下さん、小林さんで参加して参りました

下の写真は宮下さんの「アクションプラン進捗状況報告」の発表場面です

プロジェクター投影の為、部屋が暗かった事もあり、上手く写真が取れませんでしたが御了承下さい

また、宮下さんもマスクをしているので顔が解り難いかも知れませんが、堂々としていて成文化された内容に、会場の皆さんからも高い評価を頂きました

P1000215.JPG

残念ながらコメント説明をしている私の写真は御座いませんので悪しからず

 

このアクションプランを立てる上で重要な事は「何をどうする?」だけでは無く、意味着けを明確化する事が必要になります

何を?            手に入れたいものは?

いつまでに?        いつ、どこで、誰と?

どれだけ?         それを実感出来るものは?具体的は見える物は何?

どの様に?         手に入れる為のリソースは? 実現する時の妨げは?

達成する為の価値は?   達成する事はどんな良い事や意味がありますか?

その一歩として初めに何をするのか、何から始められるのかが、このプランニングで重要な始まりになります

 

ここでの説明は辞めておきましょうか、研修会の報告と紹介だけで充分でしたね

せっかく打ち込んだので削除せずに置きますが御了承下さい

それではまた、良い一日を!

 

 

外貨建て投資

user-pic
0

最近は外貨建て貯金や投資を行っている企業が多い様です

様々な経営者団体からセミナー等の案内を頂きますが、退職金原資等の運用を株式投資では無く、外国債への投資に切り替える様、促す内容が殆どです

既に自社資産の殆どを、それらで運用している企業も多く、中には年率30%で利回りを得ている方もいるのが昨今の現実です

今後、資産活用は経営者だけでは無く、個人にとっても重要な事と捉えると「今迄の常識は何だったんだろう」と、セミナーを聞く度に時代の移り変わりを感じます

しかし客観的に考えると、日本人が日本の株式や国債に投資せず、海外で資産運用を行っている実態に、日本経済の成長が終わりを告げている事を、明示している様に感じられて成りません

これから行われる国の政策だけでは、日本が破綻すると言われている昨今、「銀行に貯金をしているから安心」と思っていても、20年前に証券会社が破綻した時や足利銀行事件を思い出すと、いろいろと考えておく必要があります

今時は自分達の資産は自分達で守ると言う事も、意識しておいた方が良いのかも知れませんね

 

技術ネタでも無ければ社内の出来事でも無い話題でしたが、資産運用技術のネタと言う事で御了承下さい

 

今日は夕方から、リーダー研修で、宮下君、小林君の『SWOT分析から抽出した、アクションプランシートの進捗状況報告発表』を、50名程の前で行います

そして他社の発表に対しては、私がコメンテーターを務めますが、コーチングやキャリアコンサルタントの講習で学んだ事を活かして、コメント出来る様に頑張ります

それではまた!

鴻海電子工業

user-pic
0

朝の日本経済新聞に、台湾の鴻海電子工業が取り上げられていましたね

今までは世界のあらゆるデジタル家電メーカーから委託を受けて、生産活動を行って来ましたが、今度はテレビを自社ブランド化して販売するそうです

日本企業は技術の流出を塞ぐ為、コンプライアンスや情報漏洩阻止等と国内に於いては神経を使っていますが海外生産をする時点で、それは技術提供を意味するものではないでしょうか?

まだ同族法人や現地子会社であればまだしも、デジタル家電等は現地企業と契約を行い、委託生産をしているケースが多く、製品情報や技術等を無償で提供しているわけですから、鴻海電子工業や、昨日も紹介したASUSの様な企業が現れて当然だと思いますが、何れにせよ日本の中小企業も見習うべき要素があるのではないかと感じさせてくれた、この2日間の話題でした

 

雪の話題を・・・と思いましたが、ライバルの鴻海電子工業の話題を取り上げて見ました、それではまた。

ASUS

user-pic
0

ジャイロセンサーにGPSセンサー、6軸コントローラー用のボード等、もはや秋葉原に行けば簡単に入手出来る時代を誰が予想していたでしょうか?

しかもパソコンも安価な物は3万円もあれば入手出来てしまう時代で、様々なセクターに於いて時代の転換期を予感せざる得ません

今までIはPS細胞やロータリーエンジンの様に、無の所から新しい技術が生み出されたものですが、昨今では既存の技術を組み合わせる事により、新しいモノを生み出す事がトレンドの時代だと感じます

例えばスマートフォンや両面ディスプレイのパソコン、ロボットカー等、新しい技術と言うよりも、アイディア先行型で何かと何かを組み合わせる為のインターフェイスにちからを発揮出来る企業が、ヒット商品を生み出せる様に思えます

 

最近話題の台湾メーカーASUS等も、その代表的な企業ですね

御存じの方も多いと思いますが、台湾はベンチャー支援を国の政策として位置着けて降り、インフラを強化しています(日本とは雲泥の差です)

台湾のベンチャー企業が日本でテレビCMを流し、パソコン市場を略奪してしまう事を誰が想像したでしょうか?

国境も企業規模も今は関係ありません、いかに商品力と価格面での購買意欲を引き出せるかがポイントです

テレビで特集を組んでいましたので、ご覧に成った方も多いと思いますが「5日間でこの商品を半分のサイズで市場へ投入しなければビジネスとしての意味が無い」等と必死に成っている社員の様子は、少し前の日本を彷彿させてくれる光景でした

天気も良くありませんが、明日朝は道路の凍結等に気を着けましょうね、それでは!

昨日は5日にSWOT分析後の問題定義に対する、アクションプランの作成を社員さんと幹部の皆さんで行いました

昨年から参加している、リーダー研修とキャリアコンサルタント研修の再現です

数時間もの間、議論したり考えたりする事に成れていない様で、終了後は皆さん、お疲れの様子でしたが、自分の事だけでは無く、全体を見渡し考える習慣の重要性は弊社だけでは無く、どの企業にとっても必要不可欠です

また研修等も聞いてお終いでは無く、それを活かす事が目的ですので、「聞いて勉強、会社に戻り実行する」この繰り返しが必要です

 

私が子供の頃、こんなCMが流れていたのを覚えています

「暗いと不満を言うよりも、進んで明りを着けましょう」

なんのCMか覚えて居ませんが、子供ながらに「なるほど」と脳裏に刻まれた言葉です

未だに忘れないものに成っていますが、愚痴を言っていても何も改善されません、自らが率先して考え行動する事が必要です

 

会社の経営理念や経営指針を理解した上で、今後もこの様な取組を進めて行きたいと思います、今日は真面目過ぎた内容で誰も見てくれないかな

まあ会社の出来事と言う事で、それではまた。。。

 

出張見聞録

user-pic
0

無事、出張から戻りました (大げさ?)

まずはソニー東海テック幸田サイトですが、車で5時間強、なかなかタフな道のりでしたが、そこから稲沢サイト迄は車で下道2時間、そこから美濃加茂まで更に2時間、帰りは長野テクノロジーへ寄りたかったのですが、スタッドレスでは無く、ノーマルタイヤだった為に安全を取り断念しました

帰りは再び5時間程度の道のりでしたが、事故も無く、また収穫の多い2日間でした

仕事上の話題は、いつもの守秘義務で一切の内容も紹介するわけにいきませんので御了承下さい

 

仕事上の内容ではありませんが個人的に強く感じた事は、あれだけお城が多く戦国武将を6人も輩出した地域の重みを肌で感じました

良く東京はビジネスの中心地と言ったものですが、戦後の成長期と共に昨今、その考えは様変わりしている様に思えます

東京へ行くと高層ビルが立ち並び、心理的には圧倒されたり華やかさを感じさせてくれますが、違う視線で考察すると、大幅な都市開発の施しようも無く、完成され尽くした街と言う印象で、今後の成長性と言う点からすると、昨今はビジネスと言うよりも江戸文化の「商人の町」と言った言葉が似合う気がします

対比すると、関西の方は一極集中せずに幅広い地域に於いて、未だ持って幹線道路と成る一般道や高速道路の整備を進め、都市開発の手を止めずに工業団地から周辺の商業施設の造成を拡充しているのを目にします

車を運転し、あちこちに目を向けて見ると、6人もの武将が生まれた城下町文化に、計り知れぬ成長性を感じた次第です

もちろん関西方面へは今までも何度か出掛けていますが、今回はいろいろと思う事もあり、電車では無く車での移動を選択しました

かなり疲れましたが、自分の考えに深みを持たせる事の出来た有意義な出張でした、また本文は名古屋方面と東京近郊のどちらが良い悪いと言いたいのでは無く、あくまで私個人が街を歩き感じた感想ですので御了承下さい

様々な文化に触れたり、いろいろな人と接する事は、しなくても生きて行けるかも知れません、どう考えるかは、その人によって違いはある事と思います

しかし社会に於いて、企業で働く上での自己啓発は社会人としての責務だと感じます

また講釈が始まった?

承知しました、土曜日だし今日はここまで・・・それではまた!

 

社会人の基本

user-pic
0

昨日はある人のお話を聞いていて、ハッとした事がありました

「人間、個性や特徴と言う武器が無ければ1番には成れる可能性は少なく、また武器も無く1番に成ったとしても、その者が後々まで人の記憶に残る事は無い」

これだけ聞くと穏やかな話では無さそうですが、同じ様な人達の中から抜け出て1番に成るには、どうしたら良いか、また生き残って行く為には何が必要かを語った話の一部ですので誤解をなさらない様、お願いします

人は皆、「自分は普通」と思っているかも知れませんが、それは自分が思っているだけで、周囲からは「普通」と見られる事は殆どありません、少なからず周囲の人に対しては個性や特徴を感じさせる部分が必ずあり、「あの人は・・・」と言う何かしらの印象を受けたり与えたりするものです

また、それが「普通」なのだと、法政大学や慶応義塾大学の教授から教わりました、そしてその様々な個性のある人達の中で穏便に過ごす事が出来る人間が「社会人の基本」だそうです

(各企業では、自分の考えや個性を押え切れず、隠れアスペルガーや、隠れADHD、ADD等と定義される方も増えているそうですので注意しましょうね)

話を戻しますが、1番に成らなければ行けないと言う事では無く、人や企業がトップを目指し、生き残りを考えた場合のお話です

個人的には似た様な話は何度か耳にした事がありますが、今回は単刀直入だった事もあり、とても印象着けられた言葉で、心に刻んでおこうと思いました

またこんな事も言ってました

「特徴や個性は強力な武器だけれど、人知れぬ努力を惜しんでは誰にも認めて貰えない、ただの変わり者で終わるのです」

捉え方ひとつかも知れませんが、噛み砕き、じっくりと考えて見たいと思います

 

今日は泊りで、愛知県~岐阜県~長野県へと出張です

しっかり成果物が得られる様、頑張って来ます、それではまた!

(泊りで行きますので、明日のブログはお休みさせて頂きます。)

 

帰属意識

user-pic
0

年末年始の休みも「経営者たるや・・・」と気持ちが空回りしてしまい、毎朝、早起きをしてジョギングやウオーキング等で身体を鍛えた所までは良かったのですが、一昨日の夕方から脚の付け根に違和感があり、階段の上り下りに、強烈な痛みを感じる為、昨日は年始の挨拶を、阿部、渡邊(晃子)、保坂の3名へ託した次第です

廻りくどい説明に成りましたが、関係先の皆様に於かれましては、大変申し訳ありませんでした、この場を借りて、お詫び申し上げます

 

しかし体の痛みを推して、明日と明後日は関西方面の㈱ソニー様へ出掛けて来ます

内容は守秘義務の為、一切言えませんので御容赦下さい

愛知県から岐阜県迄の3拠点を予定していますが雪が無ければ帰りは、長野テクノロジーセンターへ行って、懐かしき「アイボ」を見て来たいですね

 

中途半端な終わり方ですが、正月早々、私のくどい話も何ですので、何はともあれ、今日も一日頑張ります!

 

2013年、始動

user-pic
0

昨日は早朝から横浜にあります、某プラネタリュームメーカー様へ挨拶に出掛けました

関越練馬から環八、第三京浜から巻北インターと、まったく渋滞も無く1時間半で到着、挨拶回りの車で混雑すると思っていたのですが、空いていて予想の半分の時間で着いてしまいましたが、そのまま挨拶に入った次第です

帰りには車が見えなく成るまで見送って頂き、大変恐縮です

(うちの会社も、そのへんの気配りは見習わなければ行けませんね)

その後は、富士フィルム様と、タムロン様へ出掛けましたが、今日はマブチモーター様との約束で再び出掛けて参ります

しかし、何故か今日は混雑しそうな予感もします

 

挨拶回りも基本的には今日までにしようと思います

お約束が取れなかった取引先の皆様に於かれましては何卒、御容赦願います

 

そんなわけで、2013年も始動です

どうぞ㈱サンシステム、社員一同を今年も宜しくお願いします。。。 

I have a dream

user-pic
0

昨日の「夢の扉」、ご覧になりましたか?

実現中の先端技術を幾つか紹介していましたが、どれもこれも長い年月を経て実用化されたものばかりでしたね

リニア等は30年もの年月を経て、要約、実用化されるそうですが、見ていて感じた事は、「都合良く突然、商売に繋がる技術等、見向きもされず、苦労に苦労を重ねた時に初めて人様に認めて貰えるものでは無いのか」と、心の中で呟いてしまいました

人の為、人を喜ばせる事が出来るもの、そして結果的に社会の為に成る要素が無ければ、その技術や商品は見向きもされずに、埋もれてしまうのではないでしょうか?

綺麗事と言われても、私自身の経営に対する哲学や理念は変わりません

人を欺いて商売に繋がる筈がありません

人様から見れば、小さな会社かも知れませんが、素敵な社員と大きな夢を背負い、社会に必要とされる事への誇りやプライドを持って、私はこれからも生きて行きたいと思います

「 I have a dream 」

それが2013年、私の抱負です

 

話は変わりますが、5日に社内で行われた自由討論の今後の扱いに関して、山口先生から今後の取り組み方や、その先にある、帰属意識の重要性に関する考え方を御指導頂きました

山口さんは、面倒くさがったり、その場をしのごうとしたり、何とか誤魔化そう等と絶対にせず、研修会等でも質問や疑問点に、きちんと答えと指導の出来る方です

多くの研修に行きましたが、本当に希少な存在だと実感して降ります

今後も正しい方向へ向かえる様に、指導を受けながら頑張りたいと思います。

 

~お知らせ~

私自身、今日と明日は外回りの為に留守と成りますが、御容赦下さい。

御礼

user-pic
0

昨日は仕事初めで年始廻りに来られる方も多く、自分自身もまた例外ではありません

合わせまして、年賀状を頂きました皆様に於かれましては、気に掛けて頂き感謝と同時に、重ねて厚く御礼申し上げます

また、カリフォルニア、ニューヨーク、ウクライナ、ポーランド、リトアニア、韓国で弊社のHP、ロボットファクトリー、スタッフブログをご覧頂いている皆様、いつも気に掛けて頂き、ありがとうございます

 

今朝も5時には出社して会社の周りを掃除したりと、相変わらずの行動パターンですが、変わるのは経営に関する決断です、未だ見ぬ10年先への投資を行い、あらゆる分野へのロボット事業に参入する為にも、今年は前進しなくてはいけません

昨日の夜もNHKの番組で、「ロボットに恋する時代が来るかも知れない」と題して取り上げていましたが、人の心を読み取り、相手の相談に乗ってくれるヒューマノイドロボットが存在する時代です

また3日には同様に、近い将来現実と成る技術を取り上げていましたが、ロボット自動車、空飛ぶ自動車、地震を感知すると宙に浮く家等、様々な技術を盛り込んだ製品が、現時点でも販売されているとの事ですので驚きです

調べれば調べる程、技術革新の凄まじさに驚かされますね

 

しかしそれらとは別に、「商い(飽きない)」と言うものに拘る特集もありました

その中から、「悲観的では無く、商売を楽しみながら、生みの苦しみを乗り越えなければいけないのだ」と学んだ、今年の正月休みだった様に思えます

 

今年は経済再生の年、成長分野へ寄り添い、チャンスを是が非でも、ものにしたいと心に誓う、-4℃の寒い朝でした・・・寒い。。。

仕事初め

user-pic
0

年末年始の休みも終え、弊社は今日から始業と成ります

昨日は株の終値も高値を付けましたが、今年はゼネコンやコミュニティー用ソフト等が今年の成長分野として経済を後押しするのは確実です

また昨年から来年に掛けては戦後60年の過去と未来の節目と成り、年後半は10年物国債も2%台後半に成り、貸出金利も同様に上がる事を考えると、複合的に企業経営を考えなければ行けません

そんな中、皆様のおちから添えを頂きながら、今日から頑張りたいと思いますので、どうぞ宜しくお願い致します。

 

連休最終日

user-pic
0

昨日は3時間程、テニスでをしてリフレッシュ出来ました

ウオーキングやジョギングうも良いですが、個人的にはやはり、長年続けているテニスが、一番リフレッシュ出来ますね

 

今日、4日(金)は官公庁や学校等の教育関連施設が御用初めで、私が登録しているテニスクラブの皆さんにもそう言った方が多くいましたが、病院等で働いている医師や看護師の方々は「年末年始の連休があるだけ良いでしょう」と言葉を返して降りました

自分はと言うと、「毎日、会社で残務を行い休めて無かったな~」と言う感想ですが、そこは仕方ありませんね

 

個人的に今日の出来事は愛知県から大手取引先の皆さんが来社下さいます

会社は休みですが、ビジネスにそんな事は関係ありません、「景気の行方は不透明」と言われた頃に比べると、だいぶ見えて来た観もありますが、今回の来社は弊社にとっても意味のある内容に成りそうです

いろいろとマスコミにも取り上げられている企業ですが、個人的にも23年のお付き合いをさせて頂いて降ります上、何とか生き残りの狼煙を上げて欲しいと真剣に願っております

 

仕事の話題でお話出来るのはここまでです

明日は弊社の稼働日ですので、気を引き締めて参りたいと思います、それではまた!

感想

user-pic
0

昨夜、梅原さんの「儲け続けるしくみ」を読み終えました

儲ける意味や独自の勘定科目に出て来る数字の解析等、勉強になる事柄が詳しく載っていましたが、特筆すべき点は、シンプルな考え方にあるのではないかと、私成りに読み解きました

会社と言うのは、否定的な考え方でばかりしていては先に進む事は出来ません、しかし誰しもリスクから逃避したいと言うのも事実です

文中には数字解析の他に、どんな考え方で設備投資をしたり、社員を育てたりしたのかが書かれていますが、それは金属加工業者故の考え方であって、弊社の様に独特なキャッシュワークで成り立っている業種の場合は、「これだ」と言う賢人や文献に巡り会う事が出来ません

また今年は会社の未来について、そして設備投資についての計画を実行に移す年ですが、数字の読み方に於いては参考にして見ようと思います

感想等を書き始めると長文に成りそうなので集約しますが、社員を抱える社長たる重責を改めて促された一冊でした

 

「あれもしよう、これもしたい」と思いつつ休みも今日と明日の2日間と成りました

充分に頭と体を鍛えて、5日からは頑張りたいと思います

それではまた!

初詣

user-pic
0

昨日は初詣に榛名神社へ行って参りました

会社創業以来、毎年行っていましたが、今年は例年になく参拝客が多かった事が印象的でした

そして目を瞑って引いたおみくじは、「『大吉』、願い事は何でも敵う、但し、努力を惜しむべからず、人を欺く事無く、正しい事を全うせよ」、それは今まで読んだ本を総括した様な文言でしたので、身の引き締まる思いでした

その後は、熊手を供え、いつもの流れで、お酒を・・・大晦日と元旦には沢山のお酒も飲んだので、休み後半の今日からは仕事初めに備えて体調を整えておきたいと思います

 

経営分析や事業計画の策定、その間に読書をしたり、ジョギングやテニスをして、残り数日を過ごしたいと思います、それではまた! 

謹賀新年

user-pic
0

P1000211.JPGあけましておめでとうございます

本年も相変わらずの御愛顧賜ります様、

宜しくお願い申し上げます

今朝は会社の熊手を取りに、5時頃家を出て、徒歩にて6時過ぎに会社に着きましたが、日の出を待って、会社の会議室から、初日の出を撮影してみました、左の写真がそうです。

 

今日はこれから榛名神社へお参りをして、新たな熊手を頂いて参ります

簡単ですが、暖房を入れないと寒くてキーボードも打てないので、今日はここまで

それでは!

このアーカイブについて

このページには、2013年1月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2012年12月です。

次のアーカイブは2013年2月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。