2013年3月アーカイブ

出張報告

user-pic
0

昨日は宮下君出勤にて、課題と成っていた加工を終わりにした様です

(お疲れ様でした)

私の方は横浜へ出張の為、7時に会社を出たのですが事故渋滞に巻き込まれ、到着したのは12時過ぎでしたが、5時間強の移動に小型バスだった事もあり、揺れと振動に疲労感も増幅され、到着後はモチベーションが下がったままでした

やはり週末の都内や横浜方面は、電車での移動をお勧めします、ちなみに帰りも4時間掛かり、未だ持って体調が優れません

本日は月末締めの仕事も溜まっているのですが、野暮用で出掛けなければいけません、早めに社に戻り、仕事に就きたいと思います

明日は新入社員の初出社日になります、受け入れる私達も、気持ちをしっかりと持たなければいけません、また雇う側にも責任があります、どのポジションで何を仕事とするのかを明確にして成長戦略の担い手に成って欲しいと思います

短めですが諸事情により、このへんで、それではまた。。。

昨日の出来事

user-pic
0

昨日朝は、労務士の伊井さんが、労働基準監督署へ提出した書類の控えを持って来てくれました、以前は自分で全てやってましたが法律に関わる事は、やはり専門家に任せるべきだと思い、この所、毎年変わる法律に専門家でさえ頭を抱えている様ですので、今後もお願いして行こうと思います

合わせて昨日は久し振りに、アイテクシステムの金澤さんと歓談しましたが、お互いの立場を主張せずに、時には腹を割って話をする時間も大切ですね、それが無いとお互いを庇い合ったり、相手を理解しようと言う気持ちが薄く成ります

黛電機の黛さんが来ても同様に、「最近、どう?」から始まり世間話をするのは、そんな意味もあります

更に昨日は岩佐工業の金子さんも、新人の窪田君を同行させて私を訪ねて来ました、毎日、無駄話も困ったものですが、取引をしていく上では、お互いの理解を深める時間も無駄な様に見えて、実は大切な事だと感じます

製造の方では、毎日来る業者に対して、「5分間ルール」と称し、5分で要件を伝え合う様な取り組みをしています、長々と話をしても生産には繋がりませんので、話が長く成りそうな時は、テーマと時間を決めて打ち合わせをする様に決めてあります

以上が、弊社の思想であり、取組みでもあります

今日は横浜出張です、会社は宮下君が休日出勤の予定です(ご苦労様です)また昨夜は藤井君と保坂君が遅く迄、図面を書き仕上げてくれたので、月曜朝迄に私が見積もりをさせて頂く予定です、そして・・・終わりませんね

それでは皆さん、良い週末を!

人件費計画

user-pic
0

弊社の期末は2月ですが大手は3月決算が多く、関係する部署では、棚卸に売上売掛や買掛金のまとめで、多忙な数日ではないでしょうか?

4月以降の景気動向はと言えば、現実にはルネサスやエルピーダ、ソニー、シャープを見てお解りの様に為替株価に翻弄され、本業は業績不振なのが実態です

既に発表されている、各社2Qの決算報告を見てお解りの様に、売り上げは伸びても、利益配分として 社員に反映するには、難しい状況だと受け取れます

昇給賞与も然り、一人当たりの昇給は微増でも、全員分と成ると企業としては固定費増加により、経営が圧迫されるわけですから、余程、右肩上がりに利益を出し続けない限り、多くの社員が昇給する金額の増加分はリストラにより、人件費調整が必要になります

P1000253.JPG

上記は企業で人件費計画を立てる際に使用するフォーマットの例ですが、これを基に法定福利費、(俗に言う社会保険や厚生年金、雇用保険、労働保険)を算出します

逆説的な見方をすると、これにより売上げに対する必要な人員が算出されますし、人員増加や昇給により幾ら売り上げを伸ばさなければいけないのかを理解し、今現在と将来を結びつけて考える必要があります

こんな計算もせず、企業経営している会社も沢山あります、忙しければ人を増やし、暇に成ると切る、人は道具ではありません、そしてここはアメリカや中国でもありません、私達は、日本式の考え方や文化、道徳心を大切に、今後も活動を続けて参ります

 

週末です、個人的には明日早朝から横浜へ行って参りますので御用の方は携帯電話へ連絡頂けます様、お願いします、時間によって電話口に出れない場合もございますが、その場合は、こちらから折り返させて頂きます、よろしくお願いします。

夜桜

user-pic
0

毎日、刺激的な出来事が多い、この頃です

先日の「中小企業・モノ作り支援」から始まり、産業技術センターに於いては科学技術の最先端技術を目にしたかと思えば、税務説明会や労働法改正に伴う手続きに追われてみたり、更に社内で起こる衝撃的な出来事等、本当にいろいろあります

 

昨日は朝から、設計技術課のメンバーを集め設計に関する考え方や思想をレクチャーし、次に製造技術課のメンバーを集め、「新入社員、3ヶ月完結プログラム」のまとめを行いました、全員で知恵を出し合い、3ヶ月で収益を得られる技術者になる為のロードマップです、ひとりでやるのでは無く、連帯責任として、何かあれば新入社員を含む全員で考える様に指示をしてあります

「まず、やらせてみて」との声も出ましたが、目標が無ければ、そこにはゴールもありません、確固たる『目標』を明記し、その『目標達成に向けた3ヶ月間完結編、ロードマップ』を作成する様に、宮下君へ指示する所から始まり、横田さんの絶妙なトークが冴えた打合せでしたが、上手く仕上がったのかな・・・

そして「鉄は熱いうちに打て」と言う位、最初が肝心です、目標も無くやっていたのでは、その思想が最初に心と身体に浸透してしまいます

新入社員でなくても、若いうちは自分の仕事と技に目標意識を持つ事が必要です、直近の目標、短期の目標、去年より今年、今年よりも来年の志を高く持ち、若いうちに沢山の失敗や経験をしておき、30歳を過ぎたら、その経験を発揮し活躍して下さい

今後は社長では無く、各部署の責任者がこの様な行動や思想を、きちんと傘下の者へ説明出来る体制にする必要性を感じています

 

その後は、労務士の伊井さんに頼んでおいた「労働法改正に伴う、就業規則変更届」の打合せです、私が正しく改正労働法を理解出来ているか、その確認作業です、何分、この手の文章は解り難くて困りますが、他社で労務管理に携わる方々にも、「解ったつもり」では無く、第三者の専門家を入れる事をお勧めします

そしてまだまだ様々な出来事が私に襲いかかって来ましたが、今日はこのへんにして置きましょうか、今朝は昇給の発表と報奨金の説明があります、そして色々な意味で熱い日に成りそうです

桜が綺麗ですね、今夜は夜桜でも見ながら歩いて帰ろうかな、それではまた!

昨日は「ぐんま経済新聞」編集部、塚越さんが取材に訪れました

先日も取材でお越し頂いた、商工会議所の田辺さんや、ラジオパーソナリティーの佐藤さん同様に、会社概要を説明しても、弊社の仕事内容は理解困難の様子でした

まず、「業態的には加工ですか?」「設計が主なんですか?」「小ロット生産特化型ですか?」「ハードなんですかソフトなんですか?」その次は決まって、「分野としては自動車ですか?」「実装関係ですか?」「電子部品が主なんですね?」「光学分野ですか?」、概ね、誰と話をしても、この手の質問が先に始まります

皆さん、自分の知識の枠に何とか入れ込もうとする様ですが、なかなか理解をして貰えません、まあ、製造現場が海外へ流出した昨今、FAと言っても解らない理工系の学生がいる位ですから、一般の方に開発型企業と名乗っても理解頂けないのは、仕方ない事かも知れませんね

 

何回か、この場でも紹介した様に、自動車関連や光学関連、電子部品や実装関連と、幅広い分野を事業対象として、設計用のCADが8台、マシニングやNC旋盤、専用のCADCMを複数台と三次元測定機を揃えて、今期は三次元複合加工システムを導入実施、そして技術的にも設計、組立、加工、調達を、一貫して行っている会社は、ありそうで無いのです

きっと、弊社の社員も自分達は当たり前の様に感じている事が、戦略的に進んで来た事だとは気付いていない事と思います

とは言え、大企業の様な真似はせず、資金的にも勝負を掛ける事無く、地道に、しっかりと、マーケットの動向に合わせつつも、グローバルニッチの分野に於いて、10年後のサンシステム作りの為に、戦略を実行して行きたいと思います

どれだけ取材の塚越さんに、ご理解頂けたか解りませんが、取材の内容は4月4日掲載されますので、興味のある方は是非ご覧下さい、それではまた!

人権尊重

user-pic
0

昨日は社員の皆さんも遅く迄、メカ調整や仕上げに葛藤していた模様です

そんな翌朝は、会社のドアを開けると同時に不思議と空気の違いを感じます

仕事が早いとか遅いとか、能力が高いとか低いとか、そんな事を、ここで取り上げる気はありません、みんな、人間として頑張ってくれています

加工する人、組立をする人、部品の受発注をする人、打合せや設計をする人、みんな其々の悩みや不安を抱えながらも、ひとつに成って頑張っています

 

でも仕事に成ると厳しいのは、技術の向上や帰属意識、社会人としてのマナーや挨拶、整理整頓、これらは社会人として、企業人として、兼ね備えるべき重要な事柄だからです

矛盾するかに思える、このふたつの文章は、誰でも、どんな立場でも人間として平等に暖かく見守る事の大切さと、社会人として資質の向上に努めると言う、人権尊重の基本理念から来るものです 、これは誰が持論を唱えた所で揺らぐものではありません

今日も、そんな社員の皆さんと共に、切磋琢磨しつつ、この時代を乗り越えて行きたいと思いますので、今後とも、ご支援の程、宜しくお願いします。

新入社員

user-pic
0

お蔭様で昨日は3時間程、テニスが出来ましたが、家に着いた時には足腰ガクガクの状態に、年齢的な衰えもあるのかと感じた次第です、しかも諸事情で来月からの春季大会は欠場せざる得ない状況に、寂しさも感じております、また今朝は1時間15分掛けてウオーキングで出社しましたが、こちらも「数年前は1時間で来てたのに」と思いながらも、何とか会社に辿り着きました

 

そして、今週も何かと多忙な週になりそうですが、来週4月1日からは新入社員も仲間として加わりますので、楽しみな春に成りそうです

そして新人も居れば退職される方もいます、と言っても弊社の社員では無く、某大手企業の社長の事ですが、「次のへ引き継ぐ事に成った」と電話を頂き、最後に五十君、俺もいよいよ退職する事に成ったよ」との事でした

何故か一瞬にして心の汗が込み上げ、その一瞬の間に、お世話に成った23年間の出来事が走馬灯の様に目の前を駆け巡りました、今迄あまり考えた事もありませんでしたが、「ずっと自分の事を気に掛けてくれていた気がする」と思うと、更に感極まり、「長い間、お疲れ様でした、今度は私が次の世代の為に頑張る番ですね、本当にお疲れ様でした」と言葉を返しましたが、同時に「自分もそんな歳に成ったのか」と、言葉に表せない感情が込み上げました

人間とは不思議なもので、どうして一瞬にして膨大な量の情報や光景が頭の中を掛け廻ったりするのでしょうね、今回は正に、そんな状況でした

大手と言う事もあり、政治的背景もある為、名前を申し上げる事は出来ませんが、感謝の言葉が見つからぬまま、受話器を置いてしまいました

今、改めて「人はいろいろな人に支えられて生きていられる」と実感しています、そして私も同じ様に、人を支えて行く立場なのだと、言われた気がする、一通の電話でした。

月曜から重い話題でしたか? それではまた。

日曜の朝

user-pic
0

「今朝はジョギングをしながら出社しよう」と思い4時頃、外へ出て見ましたが霧雨の為、断念しました、今日は何が何でも運動したい所ですが・・・

365日、殆ど同じ生活パターンを実行していますので、休日にも関わらず、いつも通りに早朝からドタバタと家族には迷惑を掛けていますが、これも健康を維持する為です

何か宗教にでも取りつかれたわけでは無く、健康で居なければ、スポーツも出来ませんし、お酒も飲めなくなります、またちょっとした事でも働く事に支障を来たす様になれば、仕事を続ける事も困難に成り、終いには生活が成り立たなく成ります、また精神的にも肉体的にも衰え、気力が失われると、もはや頑張り様がありません

「経営者にとって、一番の仕事は健康管理」と言われる位、大切にしなければ行けないテーマだと感じています

 

昨日は土曜出社で疲れている事と思いましたが、「渡辺君、フットサルに行くんだろ」と声を掛けると、「どうしようかな~」と言うので「行っておいで」と背中を後押しした次第です

人は仕事で疲れていても、日常生活の中においては心のスイッチを切り替える何かが必ず必要な筈です、彼の場合は、それがフットサルだった様に、横田さんは、犬の散歩と孫との時間だったり、愛妻と一緒に出掛ける買い物の様です

幾つか例に挙げましたが、音楽でもドライブでもゲームでも、それが韓国ドラマでも、その人にとって、心のスイッチに成るのであれば、必要な事では無いでしょうか?

それらが無いと健康管理との向き合い方もいい加減になり、「医者に言われたから薬を飲む」しかし、定期的に、これと言った運動もしないまま、自暴自棄的な思想が先行し始めるそうです

また精神的に害されている人の仕事の考え方は、「やらされてる感」のみが先行し、「あれもやだ、これもやだ」「自分はこれこれ、こう言う考えなんだ」「自分なりに、やっている」と次第に閉鎖的に成り、帰属意識も失われ、自分が自分をコントロール出来ていない事にも気付かずにいるケースが多いとの事でした

私も、根本教授の、心の健康セミナー等に数回参加して来ました、ここで語り出すと長く成るのでこの位で止めておきますが、心と身体の健康は両者一体と言う事の様です、管理監督者は学ぶ事が沢山あるものですね

 

しかし何を日曜の早朝に語っているのでしょうね、すみません

早めに仕事を方して、久し振りに今日は倒れるまでテニスをして来たいと思います、それではまた明日!

パソコンは便利ですが、トラブルがある度に知識の無さを痛感します、更に外部から頂く書類で、エクセルとワードを駆使して作りこんであるものは、操作でさえ、弊社の渡辺さんに教わりながら作業をしている状態です

ちなみに昨日発生した、トラブルの内容をネットで検索してみた所、同じ様な質問をされている方の回答欄に「そんなのも知らなければゴミだな」とか「パソコンを使う資格無し」等と書かれてありましたが、他人事ながらもネット社会の怖さも痛感した1日でした

 

昨日は「高性能ロボット開発に於ける、三次元複合加工システムの事業化」の概要説明に関して、要約、経済産業省へ提出する書類が整いました、思えば休みも返上で、諸々のアナウンスに対し、精神的にも良く耐え忍んだと自分でも感心します

書き方の基準も最初は「平成21年度の資料を参考に、事細かに書いて下さい」から、「今年度は、なるべくシンプルに誰にでも解り易く」、最後の説明会場では「事業目的から、最後の一句まで、ストーリー性を持たせて下さい、写真や図解説明があると良いかも知れません」等の内容に、振り回された気もしないでもありません

1週間の間に次々と変貌する要求でしたが、お世話に成った、(公財)群馬県産業支援機構の皆さんには、書き換える毎にブラシュアップをして頂き、大変感謝しております、それが無ければ、私の性格上、行政の方々に強く熱く抗議していた事と思います

しかし、そのフォーマットを見ると、ワードにエクセルの票が貼り付けてあったり、苦戦した様子が伺い知れます、「パワーポイントの方が良かったのでは?」と思ったのは、私だけでは無い筈ですが、最終の説明会の場で、「慌てて作ったので、落ち度や、お見苦しい点があります事を、お許し下さい」と、素直に詫びる姿を見て、筋の通った対応に何かを学ばせて貰った気がします

 

実はこの手の書類を社長自ら書き上げる企業は無く、大凡は中小企業診断士や経営コンサルタント、弁理士に任せるのが通例で、行政や公的機関の皆さんからも、「えっ、社長が自らやるんですか?」と驚きや驚異の的となったのは言う迄も無く、経済産業省、認定支援機関に指定されている金融機関の皆さんも、「普通、一般的には・・・」と、特異希な扱いをされました

 

創業時から経理や経営分析も含め、何でも自分でやって来た癖もありますが、それは良くない事なのかも知れませんね、余談ですが、会計士の書類を見て指摘や指導をする私の事を、「会計士に駄目出し出来る素人」と、税理士の高橋さん(私以外の方は、皆さん、先生の呼んでいる様です)からも、前項の記述同様に特異希な存在として扱われます

しかし、だからこそ見えたり感じたりする事もあるのは事実です、また小さな会社を経営して行く上では、それらを感じ取る能力を鍛える事も社長の責務だと感じています。。。

群馬経済新聞社

user-pic
0

今朝はエラー表示で書き込み出来ない状態でしたが、復旧した様です

「ブログが更新されていないけど、身体でも壊したのでは?」と、御心配を頂きました皆様には、心から感謝する次第です

昨日はラジオの取材がありました、外出から戻り慌しくしていると、取材の方がお見えに成られ、手慣れた進行に、考える間も無く、「あっ」と言う間に収録が終わってしまいましたが、その後も何を話したか思い出す事無く業務に追われ、急に冷え込み寒さを感じ、ふと我に返った時には、既に外が暗く成ったいました

今日も業務が立て込んでおりますが、「群馬経済新聞社」から取材の要請があり、来週の予定で約束をしてしまいました、取り急ぎ、近況報告まで、それではまた!

しばらく引きずっている、捗らない業務に苦戦しておりますが、昨夜の暴風に何度か目が覚めて、寝不足な事もありますので、車の運転や機械の取り扱いには、充分に気を着けようと思う今朝でした

今朝は私が大切にしている事を皆さんにご紹介します、と言うよりも私自身、疲れていると忘れがちになるので、思い起こす為でもあります

以下、文中より抜粋

『お互いに努力をして、ひとつの目標を実現したいと思えるのは、全員が対等だと信じられるからだ』、大切な前提は、社長でも社員でもパートでも「対等」である事を働く人々が現実に実感出来る事だ、これがあって初めて、経営に於けるリーダーシップが発揮出来る・・・ファーストリテーリング会長兼CEO・柳井正『「創意」と「結果」7つの法則』より

企業に於いて働く人は皆、平等です、能力面では「仕事が遅い人、雑な人、気配りの苦手な人」、環境面では「母子家庭の人、病を抱えている人、介護と仕事を両立している人」、人によって環境や課題は千差万別ですが、それらは差別に値するものではありません、周囲の協力を得ながら克服するべき問題であり、目標実現に於いては平等で無くてはいけません

ユニクロも弊社も、企業としての考え方は同じです、人間として、社長も社員も平等であって、問題や課題と一緒にしてはいけません、疲れていると忘れがちになる、この大切な事を胸に、今日も一日、社員さんと共に頑張りたいと思う、疲れきった朝でもあります、それではまた・・・。

東京精密

user-pic
0

昨日迄の茨城県土浦市にある、東京精密で行われた研修会も無事に終えて、明日からは新型三次元測定器の本格稼働です、そして次は三次元複合加工機の導入が控えていますが、しばらくは落ち着かない日々が続きそうです

そして今日もこうして出社ですが、決して暇で出社しているわけではありません

皆さんも会社や職場に於いて、また其々の立場に於いて「自分の役割」と言うものがあると思いますが、経営者も同様に役割があり、職責を果たさなければ成りません、それには「日曜だから仕事はしない」と言うわけには行かない立場にあります

まあ、小学生相手の座学ならまだしも、社会人相手には不適切な内容ですね

 

この所、社用が立て込んでいて、業務の方は社員さん達に任せっきりですが、各社4月の新年度が見えて来たと同時に、注文も戻りつつありますので、全員、ちからを合わせて、売上の確保に頑張って貰いたいと思います

 

そして更に明日は朝から書類の送付、10時からは前橋産業技術センターで打ち合わせ、そのまま群馬産業支援機構の方との打ち合わせ、そして15時からは会社へ戻り、ラジオの取材、そんなジェットコースターに乗っている様なタイムスケジュールが、ここ最近の私です、短めですが、夕方までに書類を書き上げないと・・・・。

この所、毎日ドタバタしていてブログにも反映されてしまい恐縮です

ここ2週間程を例えるとジェットコースターに乗せられて仕事をしている様な状況で、そんな状況が今月一杯は続きそうです、今は馴れない業務と葛藤していますが、10年後には開花出来る様、頑張って参ります

会社を動かしている様々な取り組みに対して、社員さん達は私が思い付きで実行している様に感じている様ですが、確固たる戦略の基に今迄来ました、しかし、それを実現する為の模索は、当然、思い付きでやってみる事もありますが、それは方法や手段であり、戦略ではありません、それが証拠に、ここ数年の経営指針、長期及び中期計画に文言として謳われています

ビジネスの世界に成功の秘策等は存在しません、「企業を、どうしたいのか」、そこへ向かう努力と情熱、そして夢と戦略があってこそ企業が成立するのです

 

個人に於いては70歳位迄に、どんな出来事があり、それに対して、お金もどれ位掛かるのか、子供が大学を卒業する迄に幾ら位掛かるのか、また年金はいつから貰えるから、支出は幾ら位等、自分の年齢に対しての収入と支出を想定したライフプランを立てていると思いますが、会社も同じです

全員で目先だけ見て、行き当たりばったりの生活をしていては、企業が成り立つ筈がありません、ましてや組織など成立せず、目標等も語れるわけがありません、当たり前の事ですが企業にも経営指針を示し、10年先の企業のあり方、中期計画では何に取り組み、何を実現するのか、また単年度毎に取り組むべき事を成文化する必要があります

私が目先を追掛けていては企業の成長どころか会社の存続等ありえません、弊社に於いては、業務管理や目先の売上は大凡、阿部と藤井に任せ、10年後の企業作りに、残りの経営者人生を賭けたいと思う昨今です

話の落としどころ迄の説明が長く成り恐縮です、それではまた。

ロボット革命

user-pic
0

タイトルにあります、昨夜の番組はご覧になりましたか?

冒頭でも解説していた様に、福島原発事故で内部を撮影したロボットが「どうしてアメリカ製のロボットなのか?」と感じた技術者が沢山いたと聞き、私と同じ感覚のエンジニアが沢山いる事に安堵と感銘を受けました

番組ではヒューマノイドを中心に取上げていましたが、弊社で直ぐにそれらを商業目的で初めても勝算はありませんので、番組で紹介された様な国内ロボットメーカーと提携する事や、グローバルニッチと称される、カメラロボットやペット型ロボット等の自社製品化、更にニッチなロボット相撲やロボットコンテスト等の商業的協賛により営利を得ようと考えていますが、進めている中で新たな可能性が必ず見つかる筈ですので、そこから派生したビジネスを取り込む事も視野に入れています

私自身も最初は様々な事を言われました「ロボット?何それ?」「どうやって作るの」「ノウハウは?」大凡、こんな声が殆どですが、不思議なもので、言葉やメッセージとして発する事で、導かれる様に、様々な方々との出会いがあり、また今迄では考えられない場所に招かれたりもしました

そして次は社員のみんなを、そのステージへ連れて行き、次世代のサンシステムを切り開く事が私の仕事です

頭の中で何が出来るか考えても先には進みません、また最初から身の丈に合わない大きな投資をしてはいけません、しかし可能性を見付け時は、小さく初めて、大きな可能性を模索する事が、中小企業として守るべき経営理論です

ビジネスの世界では良く耳にしますが「近道を探すのに疲れ果てている経営者達」に成功等あり得ません、遠廻りかも知れませんが、やってみて初めて見えて来る景色や環境が必ずあります 

私が独走する事は控え、まずは全員で出来る事から始めます、そして上記にあるプロセスを辿り、見えて来る何かを大切にして行く事が、今は重要だと考えておりますので、今後の活動に御期待下さい

 

話は変わり、もうひとつおまけは、アメリカで3Dプリンターの専門店が人気との事です

3Dプリンターを開発したメーカーが開いたお店ですが、価格も21万円代と安価な上に高性能で、誰でも手頃に使いこなせる様です、5年前に弊社でも3Dをビジネス化しようとJIMTOFや専門メーカーを読んだりしましたが、当時は安価なもので500万程だった事を思うと、この技術も既に収束してるのだと思います

しかし、ここでもロボット同様、アメリカに技術力を見せつけられた印象でした

 

そして今朝は横田、小林チームが研修会へ出発して行きましたが、交通事故にはくれぐれも気を着けて欲しいと思います 

更に私の方はと言えば、2日間に渡り打ち込んだ資料も昨日の夕方には完成し、今朝は税理士に一部確認を取った上で、群馬県産業支援機構の皆さんにブラッシュアップして頂き、提出したいと思います

また、10時より労務士の方が来社し、労働法改正に伴い、就業規則の見直しを図ります、これは人に任せても良いのですが、社長が労働法の改正を知らなかったでは済まされないので、自らインプットしておこうと思います

 

そんな事も考えつつ、月曜から疲れ果てた自分を感じずには居られませんが、今は突っ走るのみです、それではまた!

テニス日和

user-pic
0

久し振りに、今日は風も無く穏やかな良い天気ですね

こんな日を私的には「絶好のテニス日和り」と言いますが、残念な事に昨日から書き上げなければ成らない書類がある為、今日もパソコンに向かいながらも、窓の外を眺めては溜息の連続です。

明日朝は横田さん、小林君が東京精密のある茨城県土浦市へ2日間の研修会の為、6時30分会社を出発するのですが「社長、朝は来てくれますよね」と横田さんが寂しそうな顔で言うので「えっ」と思いましたが、冷静に考えたら、その時間には毎朝出社しているので、「いるには居ますよ」と返事をした次第です

二人には「たまにしか出掛けないのだから泊まってくれば」と言ったのですが、「通いで行きたい」と言うので任せる事にしました

明日からは、産業技術センターへ行ったり、ラジオの取材もありますが、本業の売上げの確保も気に成る所です。

昨日は経済産業省による「もの作り中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金」の申込みをしました

既に仮申込みを済ませ本申込みをするのですが、手続きが複雑な上に相当な手間が掛かります、しかしこれを面倒がって居ては先に進みませんので、踏ん張り所です

本来、社長の仕事は金策と事業作りですから、今回の補助金に関わる一連の業務を達成した後は、ロボットファクトリーの事業化に発展性を持たせる事と、次世代のサンシステムを引き継ぐ管理職の育成を考えています

今どうのこうのと言う話では無く、適材適所に管理出来る者が居なければ、外部から連れて来る必要もあるかも知れません、様々な可能性を模索して駒を進めるのが私の仕事でもあります

 

会社として、そして経営者としての自分自身は、この先、13年間の事業プランとライフプランに沿って活動していますが、その中でも時代にあった取り組みに変える必要性はもちろん感じています、しかしそうでは無い経営者も周囲にはいます、「今迄、これでやって来たのだから」「自分には新しい事は無理」、社長がそれでは社員はたまったものではありません

人間、沁み付いた考えを変える事は中々出来ません、しかし人間として、また社会人として、成長する為に少しでも良い方向へ向かおうとするか、それとも「面倒くさい、自分は自分、変わる必要は無い」と考えるか、誰しもどちらかに属する筈ですが、苦労はしないに越した事はないと思いますが、少なくとも私は、経営者として、大変な思いや苦労は、人生のバネに成ると信じたいですね・・・ 

それでは皆さん、良い週末を! 

小さな会社

user-pic
0

この所、毎日の様に来客や訪問の対応をさせて頂いておりますが、つい最近迄は来客がある事を忘れて、別な打ち合わせに出掛けてしまう事も度々ありました、まあ忘れる位の内容だったと言った方が良いかもしれませんが、良い事ではないので正します

 

話は変わり、小さな会社ではありますが、設計から加工も行っているので両方を管理するのは意外と大変です、まずお金の面が筆頭で、そこは私がまとめていますが、売上が足りないと解った段階で、藤井君を始めとしたメンバーに、納品の優先順位を着け売上を確保します

作業をしていればお金が入って来るものではないので、売上を上げる為の作業と言う思想を持って貰える様、常々話しているところですが、それを理解して行動出来る人間が何人いるかで、会社の価値も大きく変わります

その売上を確保する為の生産計画や個人別行動予定は藤井君がまとめて、、加工スケジュールの方は渡辺さんが管理しています

少し前と違い、仕事の流れも様変わりしている気がします、業務プロセスに関しては、お客様との関係もありますので守秘義務に沿って差し控えますが、ここ5年間で、開発や設備作りの考え方も大きく変化した感じがするこの頃です

また会社の規模からすると設計人員を抱え、マシニングやNC旋盤、三次元測定機、更には複合加工機を持っている会社も珍しく、規模が小さければ分業しているのが殆どです

お世辞や持論を言わない信頼出来るコンサルタントや行政の方々からは、「規模は小さいかも知れませんが、やってる事とキャッシュフローは大手と同じですね」と言って頂けるので、目指す方向は間違って無かったかなと感じています

今後も外部環境を素早く察した経営に心掛けて参りたいと思います、それではまた!

三次元測定機

user-pic
0

P1000244.JPG写真は2月に新しく購入した接触式三次元測定機ですが、弊社のHP内に、まだ以前の三次元測定機が掲載されていますので比較して頂くとお解りの通り、同等品にも関わらず、かなりシンプルに成りました

前回は重厚感があって良かったのですが、OSが古過ぎて、そのソフトの入れ替えをするのに、新品を購入する価格と、あまり変わらない事から、長く使うものなので全て買い替える事にしたものです、OSが良く成り、操作も格段の差がありますので、これなら横田さんでもOKだと思いますが・・・どうでしょう?

せっかく新しくしたので、大きい事を言わせて貰えれば、加工をやっていたり部品を商品として扱ったりする以上、検証する為の三次元測定機は必要不可欠と言えるでしょう。 

そして今年は複合加工機を導入予定です、ツールを含めば5千万程の買い物に成りますが、この仕事は本当にお金の掛かるビジネスです

本当に羨ましい話で、弊社の場合は会社が黒字でも社長に還元される事も無く、全て会社と社員に投資です、人財も大事ですがそれに見合った環境も大切です、そして夢を追掛ける事も忘れてはいけません、まあ社員の笑顔と成長、そして家族が心身ともに健康でいる事が、私の幸せの原点です

 

話は変わり、昨日は経済産業省所轄の2名が訪問して下さいました、ご多忙中、わざわざお越し頂き本当にありがとうございました、この場を借りて厚く御礼申し上げます。

職責

user-pic
0

昨日は経済産業省宛の書類を何とか書き上げる事が出来ました、しかし書き方に関しての要件や要綱を見ながら書いていると、私等には返って解り難く、「本当に、これでいいの?」と思いながらもまとめてみました

その後、(公財)群馬県産業支援機構の杉山さんへ添削のお願いをして見た所、快く、見て下さると返事を頂き恐縮した次第ですが、その前に弊社の渡辺さんにワードやエクセルの使い方を教わりながら書いている自分が小さく感じて仕方ありませんでした、やはりウインドウズはXPが一番使い勝手が良かった気がします

午後には商工会議所の田辺さんが来社です、10時からの予定でしたが、先方の都合で13時に変更になりました、14時30分から取引先の方がお見えに成る約束でしたので、時計を見ながら何とか1時間程で話もまとめ、事無きを得ました

やはり弊社の業務に関しては認知し難く、「設計も部品加工も組み立てもしますよ、組立は設計者もしますから、それから調整も・・・」と言うと、田辺さんも意味不明の様でしたが大凡の人は皆さん、そんな感じです

「設計会社何ですか?金属加工?それとも製造業なんですか?システム開発ですか?」殆どが、まずここからスタートです、現に帝国データバンクや東京商工リサーチで発行している調査票には、ソフト開発に成っていて、税務署は製造業に成っています、その上、商工会議所台帳には金属加工扱いに成っていますので、群馬県や高崎市に於いて、機械設計で検索しても弊社の名前は出て来ない為、内心、複雑な思いがあるのも否めません

 

その後、予定していた取引先の方は、藤井君と小林君が対応してくれのですが、「挨拶しなければ・・・」と思いつつ、気が付くと、既に帰路の経たれた後でした

夜には打ち合わせに出掛けていた、吉澤チームが戻り、藤井君が「どうだった」と言う問いに、報告も無事に終わり、要約、心和む時間と成りました

彼らを見て、常々思う事があります、「会社はひとつの生き物」の様に、ひとりひとりが、それぞれきちんと機能を果たさなければいけません、人間も頭が痛かったり、胃が痛かったりすれば、身体や精神状態にも影響する様に、会社も同様です

其々が役割を果たし、職責や機能を発揮しなければ、全員に負担が掛かりますし、会社としての機能全体が働かなく成ります、彼らはそれを言わずとも自覚し、社会人としての働きを熟している様です・・・この所、諄い内容が多かったので、今日は精神論から離れますね

 

定款や登記変更迄は完了しましたので、ロボットファクトリーも軌道に乗せたい所ですが、この所、上記に書いた職責や機能を、経営者として発揮するに至らず、過度に疲労している私ですが、ロボットファクトリーとして案内やPOP作り、決算資料や自社分析、官公庁向けの資料作成、肝心な業務展開の為の調査等、頭の中ではまとまっているものの、まったく手の着いていない状況ですが、まだまだ努力が足りない証拠ですね。

ロボット大図鑑

user-pic
0

41P50X013ZL._SL500_AA300_[1].jpg左の写真は有名な「ロボット大図鑑」ですが、ブリキのおもちゃロボットから始まり、宇宙探査ロボット迄を紹介したものです

こうして様々なモノを目にすると、経済産業省の示す「ロボット産業部会」の指針も我々、民間企業からすると単に定義を押し込もうとしている様にしか感じません、ロボット産業とは先端技術や高度な技術を提唱する前に、もっと大切な事が、そこにある様な気がします

今迄に無い、ビジネスモデルを確立しようとしている弊社にとっては、定義に押し込もうとしたり、枠に入るか入らないかで判断する判定基準自体が科学技術の発展を抑え込んでる様に思えます

センサーや制御技術、モーター、カメラ等の要素技術は世界最高レベルに位置していても、衛星探査、海底探査、カメラロボットシステム等、完成されたシステムとして見ると全て海外メーカーだけが目に映ります

オリンピックの高速映像、4Kテレビ用のビデオカメラ、火星探査、震災時に原発内部を撮影したロボットも海外製品です、何故かは敏感な方でしたらお解りの通りです

弊社は、その定義や枠から抜け出し、世界を相手に勝負します、時間が掛るのは承知です、甘くない事は当たり前、様々な事を言われても揺らいだりはしません、誰も手を出さなかった弱者の戦略を武器に、サンシステムの社員を未来へ連れて行くまで突っ走る覚悟で降ります、この位で・・

 

今朝は高崎商工会議所から広報部の田辺さんがお見えに成ります、「商工たかさき」やラジオの出演も、田辺さんの御ちから添えを頂きました、しかし残念な事に今月はあまりお見せ出来る物が無く、少々気まずい感じもありますが・・・

 

HP上にある訪問数カウンターの数字が急に増えていましたが、就職活動中の学生さん達でも見てくれたのでしょうか? この場を借りて御礼申し上げます、と同時に就職活動も大変だと思いますが、体調管理と心のバランスを大切にしながら頑張って下さいね

今日は短めですが、会社の書類が溜まっていてるので、このへんで失礼しますが、

就活生と同様に私自身も気持ちをしっかり持たないといけません、それでは良い一日を!

3・11

user-pic
0

今日は震災から2年が経ち、各地に於いて式典等も多くある様ですが、被災地の皆様に於かれましては心より御見舞い申し上げる次第です。

忘れもしません、かなり長い時間の揺れだった為、「ただ事じゃない」と感じ、私が大声で「みんな表に出ろ」と設計室に居た社員を外へ出し、急いで1階の工場で加工をしている社員や、設備立会中の社員と取引先の方々を駐車場へ避難させると、次第に地面が波を打ち周囲の家屋からは屋根瓦が崩れ落ち、目の前の電線が地面に崩落したのです

その後、帰宅をすると津波の映像です、津波から逃れるも追いつかれ飲み込まれる車、コンビナートは火の海と化し、「もう日本も終わりか?」と迄考えました

その後は輪番停電により真っ暗闇の中、歩いて通勤したり様々な事がありましたが、あれからまだ2年しか経過していないのですね

 

最近では、アベノミクスで土地が高騰とか株や為替がどうのこうのと言っていますが、被災地を含め庶民の生活が良くなる方向に向かうのかと、いつも疑問に思えます

金持ちが更に私腹を肥やす方向に向かっているとしか思えない日本の状況に、一般のサラリーマン家庭が安心して暮らせる世の中や、道徳心を持った児童育成にどう取り組んで行くのか、被災地の復興と同じで政府の指針が見えて来ない気がします 

また今は国民ひとりひとりに、精神的なゆとりや余裕が無くなっている気がします

その原因のひとつに製造業の海外流出を1番に上げる方々が多くいます、「日本は原材料を輸入し、それを加工し輸出を行い、そこから利益を生み出す貿易国なのです、そのビジネスモデルを崩壊させ、日本から製造業を無くしたら、自給自足の生活しか残って居ない事を、良く考えて見て下さい」と謳っている教授が居ましたが、それには私も同感です、経営者として「サンシステムとしての方向性をきちんと精査しなければ」と誓う3・11の朝でした。

 

結婚記念日

user-pic
0

今日は日曜ですし、気分を変えて思いっきりプライベートの話題を紹介します

昨日、3月9日は27回目の結婚記念日でした

長かった様な、あっと言う間だった様な年月ですが、子供達も手が掛からなく成り、祖母の一周忌明けには長男の結婚式も予定しています、子育て中は、とにかく子供中心の生活でしたが、その子供達も、ふと気が付くと、いつしか大人に成り、成長した姿に、言葉では言い表せない寂しさを感じてしまいますが、それが当たり前の事であって、子供の成長を素直に喜ぶべきなのでしょう

会社を初めてからは朝起きると寝るまで経営の事ばかり考え、殆ど休みも無い状態で今日迄来てますので、他の家庭に比べると、妻には相当の負担を掛けている事も自覚しています、振り返れば家族にとって私は最低最悪の夫であり父親です

しかし自分が恵まれない環境で育った事もあり、自分の築いた家庭に於いて何が本当に大切な事かは承知の上で家族を守って来ました 

こんな自分の恥を曝すのもどうかと思いましたが、経営者が経営理念の成文化を行う上で、生い立ちや環境、それら全てを洗い浚い書き出します、その中で「どうやって家族を幸せにするのか?」「社員を幸せに導く具体的な方法は?」「地域社会には、どの様に貢献するのか?」「それはどんな風に、どうやって実現するのか?」等と細かく分析して、経営理念、経営方針、経営計画を立てる事を教わりました

経営の勉強をすると言うと数字しか見ない人が多くいるらしいのですが、ますが、最近、研修会でご一緒させて頂く老舗企業の経営者ですら、毎年、自らを分析し成文化した上で外部環境に合わせ、理論的に会社の方針を決め、数字を組み立てています

私を見てると企業経営等、簡単に誰でもやれそうに感じるかも知れませんが、私自身も、その方と同じ様な取り組みを続けています

結婚記念日から経営指針の成文化について、ご紹介しましたが全ての事を論理的に捉える事が経営者の仕事と言う所で、結びの言葉とさせて頂きます、それではまた!

 

P1000241.JPG小さくて解り難いと思いますが、左は「(公財)群馬県産業支援機構」様より、案内を頂いた、群馬県産業経済部による、「次世代産業振興戦略会議」の案内になります

推進する次世代産業は5部会に分かれており、次世代自動車産業部会、ロボット産業部会、健康科学産業部会、環境・新エネルギー産業部会、観光産業部会から構成されています

そして申し込みはしましたが、何の連絡もありません、やはり会社の規模で判断されてしまうのですね、寂しい限りです

良く、「形として見えるもので、アピールして欲しい」と言われますが、そこは今後、ロボット・ファクトリーの事業として進めて行かなければいけないと考えて降ります、しかし大学の研究室等と同じ考え方で企業は成り立ちません、あくまで営利を目的として、社員の給料等の原資に充てなければませんので、行政の望むモノをアピールするには時間が掛かりそうです

こんな事がある度に感じますが、「だからと言って、周囲に振り回されず、無理に会社を大きくしようとはせずに、リストラ等もせず、社員の生活を守るのが先決だ、大勢の人を幸せにするのは難しいけど、周りにいる人の幸せには貢献したい、社員、その家族には、サンシステムで働いていて良かったと思って貰える様に頑張りたい」、それが私の心情です、そしてまたそれも私の使命だと感じています

ひとりひとりは、どこでもやってる内容かも知れませんが、その要素を組み替えることで、新しいモノ作りの一歩が踏み出せるのです、そしてそれを行うか否かで、企業の価値は大きく変わるはずです。

今朝は幻想的な朝日だったので紹介します、朝靄の中に真っ赤な太陽が神秘的でした、そして(人には話せない)私の傷んだ心に、グッと沁みて来ました NCM_0034.JPG

昨年6月に「優良企業表彰、もの作り部門」へのエントリーをしましたが、昨日、通知が届き、「この度は入賞しませんでした」と書かれたありました、その上で、「入賞者の表彰式を行いますので・・・」と書かれてありましたが・・・

今回の「もの作り試作等の支援助成金(仮)」も、もう直ぐ受付開始に成りますので申込み準備をしております

 

(本当は『テクノプラザ21』の出来事を紹介をしようと思いましたが急遽変更しました。)

 

5S活動

user-pic
0
 P1000235.JPGP1000236.JPGP1000238.JPG

P1000234.JPG 今朝は弊社の皆さんがSWOT分析からアクションプランシートを作成した中の、 5S活動に関する一部を紹介します

まず左上は、頭上より高い位置には物を載せないと言う事で、部品用の棚の上から様々なものを撤去しました、 私個人的に、ソニーから譲り受けたメモリハイコーダーや、安定化電源等もこの場所に保管していましたが、思い切って処分しました( これは少し感傷的に成ってしまいました)

同じ写真の右端にあるホワイトボードは工程を「見える化」しようと言う事で加工、組立、配線、デバッグ、納品迄の生産計画が抜粋されています、今迄はパソコンで管理して降りましたが、こうしてデジタルとアナログを使い分ける事が望ましいと感じております

(これは 社員の皆さん全員の意見の様です、素晴らしいですね!)

次に 配管用エアーチューブのリールに成ります、今迄は大型の箱に入れてましたが、リールに巻く事で保管もスッキリしたと同時に組立時の配管の際も、箱を幾つも並べずに済む為、作業の際の足元も安全が保たれる様に成りました

(小林君提案の案件で、しかも自ら組み立てを行い、リールを巻いておりました!)

今度は、マシニングの横を通る際にツールワゴンの刃物に触ってしまう可能性があると言う事で、全てのワゴンにカバーを装着し、歩行の際の安全を確保出来ました

(全て横田さんお手製です、シニアパワーを発揮して、まだまだ頑張ってください!)

最後に設計室の様子ですが、あまり整然としているとは難い態ですが帰宅の際は整理整頓を促したいといます、 ここは改善の紹介では無く逆に、「こうしたらどう?」と言う声を頂戴したいと思いますので、ご指導頂ければ幸いです

何でも否定してしまえばそれで終わりですが、5Sとは小さな事の積み重ねですので、「これ位、いいじゃないか」と言い出せばそこから何も見いだせません、少しずつ何かしらの改善を行い、常に意識を持てる様な職場作りをして行きたいと思います

5Sに関しての取り組みは各企業でも行っている筈ですので、考え方に至っては皆さんの心の中にあるものが答えであって、何が正解と言いたいわけではありません

しかしどの企業、どの職場に於いても共通して言える事は、『5S活動』を行う上では職場でのルールやモラルが最も重要な課題になりますので、身の周りだけに目を向けず、心身ともに健康で居る事も大切にして行きたいと思います

私がこの場で熱く語るのも何ですね、失礼しました

何れにせよ、弊社に於いては今後も、5S活動を継続して行きたいと思います。

注1)ブログにアップした所、写真や文章の配列が乱れていますが、どうしたら良いのか解らず終いで修正の施しようがありません、お見苦しいかと思いますが御了承下さい。

注2)写真を掲載するにあたり、機密事項に触れる様な資料が無い事や取引先のコンプライアンスに関わる物が無い事を確認して御座いますので御安心下さい。

昨日は東和銀行本店、2階大会議室へ業務の関係で伺ったのですが、銀行の方と共に「公益財団法人 群馬県産業支援機構」より工業支援課の皆さんが顔を揃え、副主幹の杉山様、次世代産業推進コーディネーターの村瀬様、石川様が弊社の担当に着いて下さいました、この場を借りて御礼申し上げます

大会議室に大勢の方がいらっしゃる中、「聞き上手は話し上手、今日は聞き手に徹し様」と、キャリアコンサルタント講習で教わった事を思い出し臨んだにも関わらず、緊張する所か自ら熱く語り過ぎて、皆さんの話を聞く前に1時間近くが経過してしまい、「そろそろお時間なんですが・・」と、横で時間を管理していた方に囁かれてしまいましたが、相変わらずの自分の性格に嫌悪感を感じた次第です

会場では「こんな事は出来ますか?」と、幾つかの提案やアナウンスをされましたが、それを実現するに足りる要素技術を用意する事は可能だとしても、それは私達のやりたい事や望んでいる方向で無ければお断りする方針です

生意気な様ですが、今迄通りに、これからも周囲に踊らされずに足元をしっかりと固め、少しずつ弊社のやりたい事、やるべき事への歩みを進め、チャンスだと確信した時には、ステップアップに繋げる様な指針を示して行きたいと思います

その後、次世代産業戦略会議への参加申し込みをして会社に戻ると、杉山様からメールが届き、沢山の情報を得る事が出来ました、本当にありがとうございました

 

「ロボットファクトリーFace book」の中で、弊社の渡辺晃子が「科学を通じ、子供達へ夢を与えられる様に頑張りたい」と謳っていますが、正に弊社の理念を成文化した言葉に私自身も胸打たれ共感しました、これからも社員一同、プロのエンジニア集団として、夢と希望を持って社会に貢献して行こうと再認識した一日でした。。。

(おまけ)

企業には夢や希望が必要だと感じています、恵まれない家庭に育った私も、今では家族や社員、好意を持って接して下さる取引先の皆様に支えられながら、夢を持って生きています

社会への恩返しのつもりで始めた僅かなボランティアですが、震災後は被災地に居る見知らぬ子供達とも、夢や希望を共有する事の素晴らしさを知りました

これからも企業活動を通じた社会貢献と、地道な個人の活動で子供達が夢を持てる社会に貢献して行く覚悟です、今日は何か真面目?

P1000233.JPG写真は自社製品の自動ラッピングロボット、『SAN-WRAP1』です、通常の工程が1/3に成る超優れもので、定盤はミツトヨ製、0級石定盤を使用して降ります

実は、ある商品の試作が終わり、量産を始めたのですが、量産と成ると横田さんひとりに頼るのも忍び無いと言う事で、弊社の設計部隊が開発してくれたロボットです

小林君と藤井君で加減速調整をしていましたが、このラップの考え方としては、初期摩擦よりも鏡面に近く成った後半に摩擦抵抗が大きく成る事を想定し、前半と後半では加減速の傾斜を変える必要があります、人間の手ではそれが自然と出来ていますが、自動でやる場合は、そこが仕上がり面を良くするひとつのポイントとも言えると思います、いずれにせよ、横田さんのゴットハンドで最後は仕上げて貰う必要がありますので、「横田さん、100セットの最終仕上げを、 宜しくお願いしますね」

  wrap04[1].jpg

ちなみに「ラップって何?」と言う方に解説もお付けしましたので、参考にご覧下さい

昨日は加工出来ない図面を巡って議論しましたが、部品図を書くと言う事は加工者が加工の工程をイメージ出来なければいけません、自分で図面を書き上げてから「こんな加工、出来るのかな?」もしくは「加工する人が考えて、なんとかやってくれるだろう」では図面を書く資格はありません

もし解らないのであれば加工者と相談の上、やりたい内容を実現するには、どんな加工方法があるのか、そしてその加工方法は、どれ位の精度が出せるのかを調べる成りしてから、部品図に表現するのが、私達、プロに求められる仕事です、 またその前に、原理原則を踏まえた設計を行う事が大前提に成ります

誤解なさらないで貰いたいのですが、他メーカーの方々に対しての発言では無く、あくまで弊社サンシステムの社員としての考え方ですのでご了承下さい

サンシステムの社員としてお客様からの相談に乗れる様な技術や知識、そして人間性を兼ね備えて貰いたいと言う気持ちを、今後も継承して行く方針です

 

話は変わり、今日は経済産業省産業技術支援機構のコーディネーターと面談があります、こんな性格ですから高飛車に出ない様、真摯な振る舞いに心掛け様と思いますが、どうなる事やら・・・ それでは良い一日を!

amazon

user-pic
0

産業支援機構から、こんな案内を頂きました

コピーして貼り付けたのですが修正不可能の為、お見苦しいかと思いますがご了承下さい

              記

中小ものづくり高度化法の22分野の詳細の資料がダウンロード

出来るアドレスは次の通りです。

 http://www.kanto.meti.go.jp/seisaku/seizousangyou/sapoin/shishin.html

  (各技術指針PDFをご参照頂き申請内容に盛り込んでください)

 また、参考までに21年度に募集した補助金の要領、申請書等が

ダウンロードできるホームページは次の通りです。

 今回の要領・申請とは異なりますが、参考までにご覧ください。

 http://www2.chuokai.or.jp/hotinfo/monodukuri.htm

  (同ホームページには「補助対象事業の考え方ガイド」等もあります

   ので事業計画の策定等にご活用下さい。)

 ※JSTA-STEPはご存知ですか?

  今回の補助金とは別にこうした制度もありますのでご覧ください。

    http://www.jst.go.jp/a-step/index.html

 今後とも宜しくお願い致します。

※==============※

 ()群馬県産業支援機構

中々難しくて理解するのに大変です。

 

話は変わりますが、インターネット通販大手のアマゾンが「コンピューターに使われるロボット人間を育成している」と新聞に取り上げられていましたが、トイレの時間も管理され、タバコや携帯電話等はもっての他と言う管理体制と言う事です

賛否両論で意見は個人によって異なると思いますが、どの様な労働環境に於いても、自らの置かれている立場を認識して、自己管理出来る人財に成る事が社会人として必要な条件なのかも知れませんね

昨夜はお祝い事で我家の子供達と食事をしました、当たり前の事ですが、休前日以外は、「仕事に行くのに、翌朝、お酒の匂いが残っては困る」「お酒に飲まれない様に」と社会人としてしっかり自己管理している様子でした、お酒に関しては私も子供達を見習わないと・・・一週間の始まりです、今週も頑張って行きましょう!

この度、縁ありまして、タイトルにもあります「公益財団法人 群馬県産業支援機構」様お世話に成る事に成りました

取引をさせて頂く以上、詳しい内容は守秘義務もございますので述べるわけには行きませんが御了承下さい、他の企業様に於いても秘密厳守を徹底して来た実績もあり、信頼の上、お声掛け頂けたものと思いますので、今後もコンプライアンスは徹底して参りたいと思います

「ではブログに取り上げて何を紹介するの?」と言う話にも成ろうかと思いますが、どんなに高度なレベルの商品や最先端技術に触れる機会があっても、私共の方から情報を発信出来ない立場にある事は、今迄そうして来た様に、これからも継続していかなければ成らない事をご理解の上、ご了承下さい

ひとつ言えるとした成らば「私達、株式会社サンシステムは科学技術発展の為に、そして未来の為に、社会貢献して参ります」と言葉を添えさせて頂きたいと思います

 

良く社内でも、「ひとりひとりは、そんなりっぱな事をやってる意識はしていないけど・・・」と耳にしますが、特別な意識をせずとも、『サンシステムの経営理念と経営指針』を理解の上、全員でそれを実践しているからこそ、周囲からは、きちんとした中小企業として評価して頂けていると自負しております

またアドバイスを受けたい時には正しい判断が出来る様に私自らが、その学びと実践の出来ている方に相談する様にしております・・・また熱く成った所で、この辺にして於きます

 それでは皆さん、また明日!

他愛もない話題

user-pic
0

昨日はドタバタした一日でした、そして振り返ると、そんな日常の繰り返しで、今年もあっと言う間に3月と成り、気が付くと人との出会いも少なかった気がします、ただこのまま行くと3月も自分の行動予定を見る限り、あっと言う間に過ぎて行く気がします

今朝は事情があって徒歩出社でしたが強風の為、いつもは1時間で来れる所を1時間20分も掛かり、更に花粉と誇りで涙とくしゃみが止まりませんでした

また、どこから飛んで来たのか解らない洗濯物やバケツ、ビニール袋等が会社の駐車場に散乱していたので30分程、吹き飛ばされそうになりながら片付けを行い、今度は席に着き、郵便物の書類やメールの対応をしていると結構な時間が過ぎてい行くのですが、「今日はこの為に出社したわけでは無いのだが・・・」と思いながら毎週、同じ様なパターンの繰り返しです

土曜日は大凡、雑務的な事で半日が過ぎますが、それでもやらなければいけない事なので、独り言を言いながら熟しております

 

今月から来月に掛けて今期分の経営分析をしなければいけません、今期は大型の設備投資を予定してますので、原価償却を1年~5年で其々計算し、どれがベストか盛り込んで見ようと思います、エーワン精密の社長は設備投資を1年で償却するフォーマットを使っていますが、弊社の規模では無理な話ですので、最善最良の判断をしたいと思います

その設備と言えば、毎日、僅かな注文しかしていない弊社へ、毎日来てくれる某商社の松村君の様に、相手の事を思いやる事が出来るかどうか、社会人として節度ある言動を真似したいものですね

今朝は他愛もない内容で恐縮ですが、花粉か埃か解りませんが涙が止まらないので、このへんで失礼します(しかし今朝は本当に凄い強風です)それでは良い週末を!

 

経営指針報告会

user-pic
0

 3月3日、兵庫県伊丹市の「伊丹市こども文化科学館」がリニューアルオープンします

それに先駆け、3月2日の明日はリニューアル記念として、メガスターの特別上演と大平貴之さんのトークショーが行われるのですが、高崎からでは、さすがに「ちょっと行って来る」と言うわけにも行かない場所なので今回は諦めようと思います

お近くの方や兵庫へお出掛けの方は是非とも、お立ち寄り下さい。

 

一昨日の出張報告は守秘義務もあるので後日改めますが、今朝は弊社にとって新たな期の始まりと成りますので、そちらを報告しておきます、そして新しい期の始まりとして、「経営指針の報告会」を行います

  P1000232.JPG写真が、その抜粋したもので、本来は社外秘と成っていますが、ここまで小さく成れば文字も解らず、掲載しても差し支えない範囲と判断の上、紹介しました

私自身も経営指針の勉強会に参加して、自ら経営分析を行い、その数字の読み解き方を学び、その中から経営計画の考え方を教わり、実践しております

個人的には、まず実践してみる所から始まり、出て来た様々な問題点を抽出し、社員と共有化する所から始めなければ何も見い出せないと思います、 中小企業経営者にとって、社員は一番のパートナーであり、良き理解者なのです、 「経営者と社員には深くて広い川がある」と、耳にした事があるかと思いますが、それは経営者自身、自らががそうしているだけであり・・・朝から暑すぎですよね、月の初めと言う事で心新たに頑張りましょう!

このアーカイブについて

このページには、2013年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年2月です。

次のアーカイブは2013年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。