2013年8月アーカイブ

新聞掲載見聞録

user-pic
0

今日は月末ですので売上げや仕入れ等を取りまとめ、来年2月迄の資金計画を立てたいと思いますが、その前に新聞掲載について、ここ数日、耳にする言葉で「新聞見たよ」迄は良いのですが、何故、新事業を試みたのか誤解されている方も多い様なので、その誤解を解いて頂けきたく、お願い申し上げます

弊社は設備開発メーカーと言えども、やはりメーカー依存型の形態に位置します、その中に於いて、昨今、製造業の流出は増々加速して行き、モノ作りの現場に於いて、国内の空洞化は危機感さえ感じる様に成りました

それでも大手企業であれば、様々なカテゴリーや新技術を盛り込んだ新製品を世界へ発信し、世に送り出す事で企業の存続が保たれますが、私達の様なベンチャー企業にとっては、それらと同様では無く、時代に必要とされる『何か』を生み出す事が必要不可欠です

更には大手の手の届かないグローバルニッチの分野でなければ市場は確保出来ません、今現在、弊社に於いては戦略を立てながら、後々10年を見据えた会社経営が出来る様、社員一丸と成り、新たな時代に向かって挑戦を始めた所です

失敗や苦悩の連続から抜け出し、夢の扉を開けられる日はいつなのか?

9月には医療と工業の合同会議、「医工連」の戦略会議に参加し活動に移します、10月には群馬大学の伊藤教授をオブザーバーとして新製品開発のプレゼンテーションを進めます、今は様々な活動を通じて可能性や戦略を模索している所ですが、弊社が新たな挑戦を始めた理由を御理解頂けたでしょうか?

独特な会社だと思います、そして類の無いのが弊社かも知れません、それでも私達は、ゆっくりと、進んでは立止まり、それでも一歩一歩少しずつ、夢に向かい直向に頑張って行くつもりです

今後とも、弊社社員を温かい目で見守って頂きたく御願い申し上げます。

ものづくり主義

user-pic
0

img004.jpg昨日ご紹介した新聞記事になりますが、記者の方も、何とか弊社の事を理解しようと一生懸命に成られた様子が一字一句に感じられます、どこにでもありそうに見えて、なかなか無いのがサンシステムだと思いますので、御苦労をされた事と思います

 

受注型開発業務や提案型業務は収益面でのリスクが高く、開発的要素と経験値的要素の割合を考慮しながら受注に繋げます

開発的要素の強い案件は、やはり能力と時間の問題が深く関わって来ますが、利益の1/3は社員教育に対する投資だと思い、社員の成長の為に様々な事に目を瞑っています、

その中に於いて、この規模の設計会社で複合加工機を導入する等、誰もが想像しなかった事と思います

 

ここでまた私の思想や理念を書き込むと誤解を与えそうなので控えて置きますが、社会に必要とされる企業を目指すには、あらゆるビジネスモデルを模索しないわけには行きません、これからも自分達の進むべき道を自分達で見極め、突き進んで行こうと思いますので、どうか社員一同を宜しくお願い申し上げます。

新聞掲載

user-pic
0

今朝の新聞記事はご覧に成って頂けたでしょうか?

記者の方には弊社の業務内容を上手く伝えられずに、申し訳無い事をしたと恐縮しておりましたが、上手く文章もまとまり感謝しております、原稿や使われる写真等、発刊前の原稿は見せて頂く事が出来無いと言う事でしたので、今朝、新聞を捲るまでは不安もありました、またこれは暴露して良いのか解りませんが昨夜も記者の方から問い合わせがあり、ひと通りの要件が済んだ後、こんな会話を交わしました

「いつ掲載ですか?」

「明日です」

「報道の仕事も大変な仕事ですね、宜しくお願いします」

原稿を見せて頂く事以前に、「印刷直前迄、こうして頑張っているのか」と、頑張る姿に感動を覚えた出来事でした

 

~上毛新聞社記者クラブ内、小山さん~

慣れない業界に関する今回の取材だったと思いますが御疲れ様でした、これからも御身体に気を着けて御活躍下さい、今後とも宜しくお願いします。

進化

user-pic
0

1004528_549812235073416_597899619_n[1].jpgIEEE提供による話題ですが、建築家グループにより作成された果物野菜工場だそうです、季節に関係なく、赤と青のLEDを組み合わせる事により、220万種類の植物を育てる事が可能と言う事ですが、無農薬で害虫の心配も無く、肥料要らずで天候にも左右される事無く、エレベーター式で収穫も楽に成るそうです

露地栽培やハウス栽培がこれらに代わるのか私には解りませんが、LED技術の進化を基に生まれた新たな技術が今回のプラントだと思います、この技術が更に新たなモノを生み出す事を「技術の進化」と言うのかも知れませんね

またこれを考え付いたのが建築家グループと言う所にも、あらゆるビジネス可能性を感じさせるユニークな話題でした。

CEマーク

user-pic
0

ロボットスーツHAL®にCEマーク

―日本のロボット、欧州市場へ―
2013年8月5日
独立行政法人新エネルギー・産業技術総合開発機構
理事長 古川一夫

NEDOの生活支援ロボット実用化プロジェクトの成果であるCYBERDYNE株式会社の「ロボットスーツHAL®(以下 HAL)」が、欧州委員会(EU)の基準適合マークである「CEマーキング*1」を取得しました。これにより「HAL」は、医療機器として要求される国際的な安全性の基準を満たすとともに、EU域内への医療機器輸出に必要な欧州医療機器指令*2に適合していることが証明され、欧州市場での販売が可能になります。

NEDOは今年度から、ロボット技術を中心とした生活支援システムの国際研究開発で「HAL」を利用した実証事業を開始。脊髄損傷や脳卒中など脳・神経・筋系の患者を対象とした実証試験をドイツのノルトラインヴェストファーレン州と協力して進めていく予定です。

  • (*1) CEマーキング: 欧州地域で販売される、指定の製品に貼付を義務づけされた基準適合マーク
  • (*2) MDD:Medical Device Directive EU加盟国で流通するすべての医療機器が準拠しなければならない指令 

 

   上記は先日送られて来たNEDOによるプレスリリースですが、山海教授も山海研究室として長い間、この開発を続けていらっしゃいますが、今朝は送られて来た山海先生の写真を見て、「お互いに歳を取ったな~」と感じた次第です 

   私の記憶の中では、かれこれ20年以上、続けていらっしゃる事と思いますが、HALは介護補助器具の先駆者的な存在であり、誰もが行く末を見守っている商品ではないでしょうか?

   それらの分野に於いて、商品開発を進め市場性を担保するのは、中小企業にとっても大きな難問です、当たり前の事ですが、HALの様に素晴らしい商品だとしても、要は売れなければ中小企業としてのビジネスは成り立ちません、今、弊社に於いても他の企業と同様に、その壁が目の前に立ちはだかっています

   山海研究室を応援すると同時に、自社の戦略を深く考えさせられたNEDOからのメッセージでした 

   そしてバグらしく、またパソコンのトラブルです、文字列がズレているのがそれです・・・それではまた。 

ご紹介

user-pic
0

産業技術センターからの御案内、以下案内抜粋 

設備機器(最新導入機器)のご紹介
 産業技術センターでは、皆様にご利用いただきたい設備機器について、以下の
URLで紹介しております。
【H24導入 最新大型機器】
複合高精度画像測定機(群馬産業技術センター)
【URL】
http://www.tec-lab.pref.gunma.jp/intro/business/kikijoho.html

 

取引先でも「どこか測定を委託出来る所は無いか」等と相談されるので、「産業技術センターへ相談してみては如何でしょうか」と紹介する機会も多々あるので、今朝は取り上げてみました

かなり以前の話になりますが、産技が前橋工業試験場と呼ばれていた頃、私自身も当時は打ち込み式マシニングプログラム作成の講習や、パソコン自体、あまり触れる事が無かった当時、3Dキャドの操作に奮闘する等、様々な思い出の詰まった場所です、今年も複数回、通っていますが最近でも相変わらず御世話に成って降ります

これらの施設を利用し、相談したりする事もビジネスを成功させるには必要な事かも知れませんね。

fig1[1].png2.5 Vの電圧で駆動中の今回開発したナノカーボン高分子アクチュエーター
(左)電圧をかける前の状態 (右)電圧をかけた駆動中の状態

 

上記は産業御総合研究所が発表した新技術ですが、医療分野では、かなり利用度があり期待されているそうです、先日発表された銅線の数倍電通力のあるカーボンナノチューブを発表したばかりでしたが、それを活用したものです

しかし医療だけに留まらず、ロボット業界や電子部品業界等にも広く利用出来そうな気がするのは私だけでは無い筈ですが、実用化される頃には私も60歳を超えて一線を退いているのかも知れませんね

詳しい事を知りたい方は産総研HPよりご覧下さい、それではまた。

群馬県産業技術センターからのお誘いで、群馬県産業技術部工業振興課次世代産業振興係主催の「ファクトリーツアー」に申し込みました、受付のアナウンスを頂戴後、直ぐ様、定員の20名に達したそうです

日程は10月28日、場所は栃木県河内郡上三川町上蒲生2500、日産自動車栃木工場です、群馬産業技術センターから東毛産業センターを経由した後、現地では組立ラインの見学と共に「業務改善・品質向上の取組について」の特別講演が行われます

若い頃はトヨタの看板方式やQC活動も勉強しましたが、リバイバルプラン達成後の日産独自の取組にも注目したいと思います、見て来て終わりでは無く、ひとつでも多く何かを学び取り弊社に於いても活用させるつもりで行って参ります。

その前に群馬で活動する企業としては初出場で初優勝を成し遂げた、前橋育英高校野球部の皆さんへ祝福の辞を送りたいと思います

「優勝おめでとうございます、また関係者の皆様、大変お疲れ様でした、久し振りに爽やかな気持ちで『諦めない気持ちを、私も見習らわなければ』と感動を受けました」

キャプテン(息子)が監督(父)にウイニングボールを渡そうとする瞬間は、誰しも目頭が熱く成ったのではないでしょうか?試合もそうですが人間としても感動させられた、ひとつのドラマの様でした

話はだいぶ変わり、群馬県産業支援機構の紹介により、弊社は次世代産業振興戦略会議に登録を行い、医療介護分野、ロボット分野、次世代自動車産業分野の3分野の分科会に所属しておりますが、医療介護分野では「第1回医工連携研究会」が、9月に前橋工科大学にて行われますので早速申し込みを行い受理承諾されました、これも参加するだけで終わらせる事無く結果を出したいと思います。

昨日は上毛新聞社の小山記者に御越し頂きました、記事の方は近日掲載予定ですが、会社の事業内容等を御理解頂けたかどうか心配もありますが、センスの良さそうな方でしたので間違っても良い方向へ振れてくれる事と思います

小山さん、何とか上手くまとめて下さい、何卒、宜しくお願いします

弊社の事業内容自体が世間では、あまり認知されていない様で、今迄も取材で訪れた方の殆どが理解に苦しんでいる様でしたが、「大雑把に例えると、大学の研究室では学生さん達が図面を書いたり組立をしたり、自分達で全部やっていますが、それと同じ事をやっているだけです、しかしそれでは収入が得られませんので、企業としてビジネスモデルを作り上げ営利目的で行っている様なモノです」と言うと、大凡の方は何となく解って頂ける様です

確かに工作機械が沢山並んだり、三次元測定機まで揃っていれば「加工?金属加工業ですよね?」と成るのも間違っては居ませんし、資材管理課と製造技術課の売上げが会社全体の売上に対して半分を占めている事も事実です

説明は扨て置き、企業にとって広報活動も必要な事ですので、取材の目的が明確な場合は今回の様に喜んで対応させて頂こうと思います。

生き方

user-pic
0

新たな設備の導入は製造部の皆さんが尽力を注いでくれていますので、順調な滑り出しです、しかし、それは事の始まりに過ぎず、会社自体を次のステップへ導く必要があります、その為の様々な企画も「出る杭は打たれる」かの如く、ここしばらくは打たれまくり、「新しい事を始め様とする時には決まって四面楚歌・・・」と身を持って知りましたが、立止まるわけにも行きません、そして今朝は出社するなり、すがる思いで稲盛和夫氏の「生き方」を手にしました

その最終章の方に、こんな言葉がありました「挫折を繰り返しながらも人間として、より良く生きる事に懸命に成れば、いつか道は開ける」、この言葉を噛締めて自らに言い聞かせる朝の一時でした。

昨年の第1回に引き続き、今年も「第2回群馬県優良企業表彰・モノ作り部門」へ、無謀にも立候補しました

一昨年から昨年に掛け、様々な制度や労働法等も見直し、更に研修制度も外部コンサルタント等の協力の上、上場企業同等の取組を行った成果を評価して貰おうとエントリーしましたが、残念ながら篩に掛けられてしまいました

「やはり大手や群馬でも名の知れた中小企業が賞を取るのか」と落胆しましたが、「いや、間違った事や恥じる様な事はしていない、胸を張って今年も応募しよう」と自問自答の末、せっかく要綱に見合った応募条件が整っているのですから、応募しない手は無いと思い、今年も堂々と立候補させて頂いた次第です

結果は未だどうなるのか解りませんが、受賞出来た暁には、再びこの場で報告したいと思います、それではまた。

ロボコン

user-pic
0

先日、群馬県前橋市にてロボットコンテストが行われましたのでご紹介します、興味のある方は下記URLよりご覧下さい、私自身は、これらを見て「企業として、何を持ってビジネスモデル化するべきか」を更に考えさせられた次第です

http://www.youtube.com/watch?v=W7oO9H-yZcU&feature=player_detailpage

みんな試行錯誤した努力が見られる作品ばかりですが、それらが報われ役立つ社会になると良いですね。

 

テレビ放送

user-pic
0

昨日はテレビ番組中に、弊社で作らせて頂いたモノが映し出され感無量でした、何故そんな気持ちを抱いたかと言うと、単にテレビに映ったと言う事では無く、取り上げてくれた理由に論点があります

本来ならば単なる機材に過ぎないモノを、テレビで紹介するなんて事はしないと思いますが、それを手にした人が感銘を受け、作り手の気持ちが伝わり感動したからこそ、思い入れを抱き、わざわざ番組中に紹介して下さったのだと思います

御客様へ恩着せがましく接すのは、ビジネスとしてはマナー違反と認識しています、しかし感謝の気持ちとして、短期間で素晴らしいモノを作った弊社スタッフに感謝、その気持ちを解ってくれた取引先の方へ感謝、そしてそれを見ていた視聴者の方々にも感謝、その気持ちを絶やさない事も、マナーとして持ち続けたいと思います

以前にも出版社の土屋さんと言う方が言っていた言葉ですが、「気持ちの籠っていないモノに、人の心を動かす事や感動を与える事等ありえない」まさに、その言葉の意を感じた出来事でした

番組名や、どんなモノなのかは広報上、また取引上の問題が発生しない様に公にしませんが、これからも、この仕事に夢と誇りを持って続けて行きたいと思う、僅かな時間の出来事でした、関係者の皆様の御厚意と合わせ御配慮に心より御礼申し上げます。

1004925_545717108816262_683448533_n[1].jpg

IEEEから新技術の案内です、電気を使用する諸々の機器から大気中に自然放電された電気を集める事の出来る、電源供給ユニットだそうです、たとえば電線から放電されたものだったり静電気も吸収したりして、大気中の電気を集め電源として使用出来る為、将来的には携帯電話等も充電器が不要になる日が来るかも知れません

どんな風に発展するかは未知数ですが、生活が便利に変わる技術は本当に素晴らしいと思います

弊社に於いても何が生み出せるのか未知数ですが、今後もIEEEを含め、新技術の創出に意欲的な団体とは、積極的に関わって行きたいと思います。

パソコンの設定も要約完了しました、いろいろと試して見ましたが互換表示に関係なく、マイクロソフトオフィスとブラウザのバージョンの組み合わせで、表示されるものと、されないもの等、様々な事が解りました、アクセス解析も充実させセキュリティーも更に高めましたので、パソコンによっては閲覧出来ない場合や、部分的に表示されないパソコンも御座いますが御了承下さい

考えると個人的には日曜を含め、節目も無く昨日迄、かなりハードな5日間でしたが、会社としては盆休みが明けての今日からが再稼働です、最近では電力の関係だったり、交通量緩和の取組も含め、盆休みの考え方も各社まちまちですが、時代と共に様々な文化や習慣まで変化している気がします

新しい機械やシステムも立上り、新たな気持ちで頑張りたいと思いますので、今後とも、サンシステム社員一同を宜しくお願いします。

 

お知らせ

user-pic
0

日本科学技術振興財団・科学技術館(JSF)様からの御案内

15日(木)工作教室「紙ブーメランを作ろう」を開催

会場は3階ワンダー・ガレージ、受付は13時30分より16時00分、

時間内は随時受付、工作時間は約15分

16日(金)まで4階シンラドーム整理券配布

立体投影の回は整理券を配布予定、9時30分よりシンラドーム前室にて1人1枚配布します

17日(土)宇宙戦艦ヤマト、ネットワーク配信決定

4階シンラドームにて行われる、科学講演会の様子をネットワーク配信する事が決定しました

他、夏休み特別イベント「サマーカーニバル2013」を開催中、毎日多数の参加型体験プログラムを実施していますので、この機会に是非、お出掛けて見て下さい

 

昨日紹介した、千葉県立産業現代科学館同様に、お近くの科学館等へ足を運んで見て下さい、とにかく興味を持って頂ける事が大事な事だと感じています、以上、サンシステムからのお願いでした。

御礼

user-pic
0

昨日は告知通り、千葉県立産業科学館のプラネタリューム内覧会へ参加させて頂きました、科学館館長並びに職員の皆様には大変お世話に成り恐縮です

また、大平社長並びに企画広報部の大渡様始め、大平技研スタッフの皆様には御厚意賜り、この場を借りて厚く御礼申し上げます

今後ともサンシステム社員一同を宜しくお願い申し上げます。

御案内

user-pic
0

大平技研様の広報企画室より御案内頂きましたのでご紹介致します

外部告知可能なもの以外の情報や広報的な事以外は全て削除して御座いますので、文章の繋がらない部分もあろうかと思いますが御了承下さい

合わせて私達は本日、内覧会に御招きを頂いて降りますので出掛けて参ります

以下、御案内

さて、今年も千葉県立現代産業科学館で弊社のフラッグシップ機・SUPER MEGASTAR-II(投影星数2200万個)を814()825()の会期で上映させていただくこととなりました。

 http://www.megastar.jp/news/201307/081218.php   

 今年は、「スタークルーズ-300億光年の旅-」と、子供番組「七夕ランデブー-すばるとはるかのドキドキ宇宙冒険-」の2本を上映。「スタークルーズ-300億光年の旅-」は、昨冬、六本木ヒルズで開催され高い評価を受けた「スタークルーズ・プラネタリウム」(http://www.megastar.jp/news/201211/271705.php )を大型ドーム映像にリメイクしたもの。ドーム内に降り注ぐMEGASTARの星空と組み合わせた壮大な宇宙旅行をお届けします。
8/17(
)18()は大平貴之による生解説上映、およびグッズ購入者を対象としたサイン会を行います。

サイエンスギャラリーでは大平が製作した中学生のころからのプラネタリウムの実機を展示しています。

 ご多用とは存じますが、何卒ご高覧賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。

 

≪お知らせ≫

●【イベント】IHI presentsSPACE BALL」 8/2011/17 豊洲IHIビル1階 アトリウム  

 http://www.megastar.jp/news/201307/232210.php 

 ※前売チケット発売中

 

●【演劇】大平自伝が「演劇ユニット☆宇宙食堂」により舞台化 9/199/23 東京芸術劇場シアターウエスト

 http://www.megastar.jp/news/201307/171851.php  

 ※前売チケット発売中

 

●【書籍】「ツイッター宇宙講座」(ブックマン社)  大平貴之監修

 http://www.megastar.jp/news/201307/081125.php  

 

●【書籍】「大人の科学マガジン~新型ピンホール式プラネタリウム REALSTAR」(Gakken)  大平貴之監修

 http://www.megastar.jp/news/201307/081149.php  

 

宜しくお願いします。

ロボットはどんどん凄くなるな!

IEEE SPECTRAMからのお知らせ

HRP-4Cとオバマ大統領のツーショット

http://spectrum.ieee.org/automaton/robotics/artificial-intelligence/white-house-to-host-robotics-hangout-on-friday

 

お知らせ

user-pic
0

今日は商品(機械)の納品で3名が朝から出掛けます、内勤者は時間を見計らって連休前の大掃除ですが、天気予報では高温注意報成るものを発令していましたので、納品にしても大掃除にしても社員さんの体調が気に成る所です、しかしながら製造技術課に於いてはマシニング等は高額の機械に成りますのでメンテナンスも欠かさずに、お願いしたいと思います

 

墓参り以外は毎日欠かさず出社しますし、取引先も稼働していますので対応は欠かさないつもりでは降りますが、取引先毎の推奨環境と紐着けされたパソコン環境が整っているのか、ブラウザやバージョン、その他、細かな設定等を含め、少しパソコンの設定等を見直そうかと思います、またサーバーを含め、セキュリティーも万全に整えていますが、メール等もユーザーサマリーで発信元が解る様にしたいと思いますので、連休の間は他のパソコンで業務を熟そうと言うのが一番の理由です

最近は見積もり、受注、請求書のダウンロードまでもがネットを利用した形式になりますので、各社の各要件を全て満たすのは難しいかと思いますが、何とか5日間で各社の条件に合わせた最適な設定を見つけ出したいと思いますので、連休中は何かと宜しくお願いします。

弊社の夏季休暇は11日(日)より15日(木)迄と成って降ります

尚、休日中の状況としましては、今月の弊社支払条件日とされる10日(土)が金融機関の休日と成りますので、経理の方は12日(月)に金融機関巡回、13日(火)は残務と言う状況です、また取引先に於いて機械設置の為、11日(日)12日(月)の両日、2名が出社と成りますが、急な要件等は私の携帯電話迄、連絡を頂ければと思います、また急でない場合はメールを入れて頂ければ、都度、対応させて頂きますので、何卒、宜しくお願いします

取引先各社の夏季休暇も、ここ最近は日程が分散していますが、弊社に於いては、13日の迎え盆、地域によっては14日に御墓参りを1日で済ませる地域、また迎え盆の後に15日の送り盆と、この3日間は毎年、夏季休暇の基本に考えています、各社考え方は異なると思いますが、群馬県や近隣の地域では、お盆の習慣は類似している為、例年、その様にさせて頂いて降ります

住んでいる場所に関わらず、其々習慣や風習の違いがあるかと思いますが、なるべく多くの方に合わせて、取り決めをさせて頂いて降ります事を御理解頂ければ幸いです

取引先各社其々に御迷惑や御不便を御掛けしますが御容赦下さい、また連休明けは気を引き締めて、社員一同、社業に励みますので宜しくお願いします。

The naked life

user-pic
0

写真は先日ご紹介した、マザーハウスの山口絵理子社長が書かれた本です「途上国から世界に通用するブランドを作る」と言う事で、2006年にバングラディシュに渡り、現地でバッグの制作を開始し現在は日本や台湾等に店舗展開に至ります、しかも日本の店舗ではバングラディシュの現地スタッフも招き入れて営業しています。

ここでまた、メッセージ性の高いコメントをすると誤解されがちなので控えておきますが、経営者のみならず、日々の生活の中に埋もれて見えなくなっているものや、忘れかけていた何かを思い起こさせてくれる一冊ですので、御覧に成っては如何でしょうか?

 

昨日は6時15分位でしょうか、会社に戻って来たのは良いのですが、8時過ぎた頃には皆さんより御先に失礼した為、私がやるべき業務が山積していまして、これから早速、業務に取り掛かりたいと思います、私の場合、朝の涼しい時間帯が一番仕事が捗ります、それではまた! 

複合機

user-pic
0

複合機の写真をアップしようと何度かトライしたのですが、何故か上手く行かないので今朝は断念します、未だに書き込みは出来る物の設定やトラブル時の対処等には弱いのが現状です

 

このブログも私が暇で書いていると思われている方も多い様ですが、あえて否定はしません、 当初はHPのリニューアルと同時に、求職者向けに会社の出来事や技術的な紹介が出来ればと言う目的で始めたのですが、2011年3月、ブログを始めた直後に震災が起こりました

その後は 次第に輪番停電の状況報告や当時の会社の状況等を報告する手段として利用する様に成りましたが、 正直、心も荒み、精神的には追い詰められた状況に成りました、時が経ち、夏の終わり頃には要約、通常の業務が出来る様に成ったのですが、それと同時に新潟県は集中豪雨が起こり、お盆の帰省時には、私の生家近郊も流された家屋等があり、生々しいもので、なかなか気持ちを落ち着かせるには難しい事ばかりが訪れました

その頃には新たにブログを続ける理由も生まれていました、それは震災で両親を亡くし、泣き叫ぶ子供達に何か出来ないだろうかと言う思いから、本を送ったり、僅かながらも募金をしたりしていた時の事、「おじさん、ありがとう」と言うメールを頂いた所から始まったのですが、メールの発信元は福島県の、とある図書館からでした、私がこのブログを続ける理由も被災地の子供達に「同じ空の下のどこかで誰かが応援してくれている」「あの本をくれた叔父さん、毎日頑張って働いているのか」と僅かでも伝えられたらと言う思いで続けているものです

それからしばらくし、もうひとつブログを続ける理由が生まれました、今度は高崎経済大学の学生さんでM君との約束です、彼 とは彼のアルバイト先で知り合い、話をしていると、私と生まれ育った境遇が似ていた事もあり、苦労話を聞いたりしているうちに、いつしか相談に載る様になりました、更には自分の夢を持った若者で、レベルの高い国家資格を取る為に昼夜問わず働き、自力で学費や生活費をを稼ぎ、必死に勉強に取り組んでいましたが、卒業と同時に、資格取得を前にして家の事情で帰郷したのです、数ヶ月が経ったでしょうか、ある日、彼から1通の手紙が届きました、拙い手書きの文字には、いろいろな思いが綴られていましたが、手紙の最後に「お互いの夢が適った時に、必ず再会しましょう」と言うものでした、 その彼もまた、この同じ空の下で私の不甲斐無いブログを見てくれている事と思います

そんな理由で一昨年から続いたブログも今日に至りますが、被災地の子供達や、夢を志すM君と同様に、私自身も、まだまだ前を向いて歩んで行きたいと思います。

最後にブログに関する御意見や御要望は、匿名では無く、実名で御指摘頂けます様、宜しくお願いします。

私は不思議と気の合わない無い人や苦手な人に影響されたり感銘を受けたりする事が多くあります、しかし気が合う合わない以前に、私自身が相手に対して興味すら感じない場合は、影響される事も無い事を考えると、苦手とは自分自身に無い何かを持っているからこそ、そう感じるのかも知れませんね、そして苦手でも何故か話をしたり相談したりしてしまうのが私の性格の様です、そんな苦手な(群馬でも中堅に位置する有名企業)経営者から聞いた言葉が印象的だったので紹介したいと思います

「企業としても経営者にとっても、成長を望むのは『人』であり、会社はその人達が社会活動をする為の、単なる媒体である」

今では社会貢献にも積極的で群馬でも優良企業として扱われていますが、その方の10年前の姿は、この場では表現し難い部分も見られる方でしたが、その後はしばらく見ないと思いきや、社会貢献の為、世界を飛び回り、殆ど経営は任せきりの状態でした、しかし任せられる会社に成ったと言う事は、多くの人財を育てたと言う結果ですので、何か人生が変わるきっかけがあったのだと思います

何れにせよ「『人』の成長なくして企業の成長なし」に通じる名言だと、気の合わない苦手な相手から感銘を受けた次第ですが、企業に於いて問題の本質を極めた話に、「人間とは、こんなにも成長出来て、こんなにも変われるものなのか」と表面しか見て居なかった自分の愚かさに、最後は申し訳無い気持ちでいっぱいに成りました

 

本当は紹介したい話題が他にもあったのですが、長く成ってしまったので今朝は、このへんにして置きます、それでは。。。

BQzdKfgCUAA2ZPu[1].jpg

BQzX9aOCAAAavW7[1].jpg 8月20日~11月17日迄、豊洲IHIビル1階アトリウムで開催される「SPACE BALL」の案内が届いたので紹介します

メガスター本体は川崎市の科学館と同様のフュージョン、スペースボール自体は前回、テレビ東京で行われたものよりも更にグレードアップしている様です、コンテンツも大平さんが新たな作品を提供して下さる様ですが、前回の催しに行かれた方も改めて楽しめると思いますので、是非、足を運んで見ては如何でしょうか。 専門誌等ではプラネタリューム施設等の比較やメーカー各社の比較等も見掛けたりしますが、私達にとっては施設に足を運ぶ事により、純粋に星空を楽しむ事が出来て、非日常的な空間や時間が楽しめれば、それで良いのでは無いかと思いますが、皆さんは如何でしょうか?

 

今日はCADCAMの講習日になります、CAMの操作と言うよりも、既に複合機とCAMの連動作業を行い様々な設定等を行います。

黛電機

user-pic
0

今朝は取引先からの技術的な相談メールに答えて居た為、この時間に成りました、しかし私如きに相談とは、何か試されている様で怖い気もします、出来ましたら難しい相談は、群馬県産業技術センターへ問い合わせされた方が宜しいかと思います

 

話は変わり、黛電機の黛社長「おはようございます」いつも能書きばかりのブログを御覧頂き恐縮です、今朝も工場で見てくれているのでしょうか?

黛電機は上信越道の松井田ICから車で5分程の高台に工場を構えて降ります、黛一郎社長以下、息子夫婦とパートの栗原さんで構成され、業務内容は主に電装盤の配線、省力機械の機内配線等を業務として降ります

ここ数年、受注も激減した中、営業らしい営業もして来なかったにも関わらず、自らの人脈を伝手に受注を取付けて何とか頑張っております、現在は2代目の"よしあき君"に継がせるべく、親子共々葛藤中ですが、私も陰ながら応援中です、そんなわけで電気配線の御用命は是非とも、「黛電機」へ御申し付け下さい

暑い一日に成りそうですね、一日を大事に今日も頑張ります!

今朝は3時頃、近郊で火事があり消防車や救急車等が、あちこちから集結したらしく、しばらくサイレンの音が鳴り響き、寝るに寝られず、そのまま起床した次第です、皆さんも火の取扱いには御気を着けて下さい

 

ここしばらく、IEEEの学会から始まり渡辺君の研修、基礎工事や機械の搬入と、しばらく気の置けない数ヶ月でした

そして今週も早いもので金曜日、私にとって一週間は本当にあっと言う間です、毎日の様に雑務に追われ、社長の仕事は1割にも満たない気がしますが、10年後のビジョンを達成させるには社内に於いても解決しなければいけない課題が山積していて頭の痛い所です、ロボットファクトリーのテコ入れとして「夏休み特別企画」の運営、合わせて自社製品開発等も、少し進めば課題ばかりがまとわりついて、群馬大学の伊藤教授との約束も先へ進めない状態にあります、唯一、頼みの綱は三次元複合加工機の立上に加工チームが尽力を注いでくれている所でしょうか

自社商品、ロボット関連業務、既存の事業、これらの手引きとして営業職を入れる必要性も模索していますが、このへんは小林、渡辺(晃)とも連携を図りたいので、外部の方々と慎重に検討中です

私達はこの仕事にプライドを持ってやっています、社員も然り、そのプライドを胸に、今は本当に少しずつですが、様々な取組が進んでいる事を実感しています、群馬大学の皆さんにも言われましたが「毎日、考え抜く事が成功の秘訣です、出来無いからと途中で止めれば『やっぱり駄目だったか』と言われ、やり抜けば『成功』と言われ、ふたつにひとつを決めるのは、その毎日考え抜く事が出来るかどうかですよ」だそうです、変われるか、それとも潰れるか、どんな企業にも、ゴール等はありません

大手に於いても、業績が悪いからと新製品を出さなければ御終いと言われる昨今、私達、ベンチャーは尚の事、新たな取組を惰ればお終いです

一頻り打ち込んでしまいましたが長く成ったので失礼します、今朝は技術ネタではありませんでしたが御了承下さい、それではまた。

御詫びと訂正

user-pic
0

ブログ内で紹介した名称と文章に誤記が発覚しましたので、改めて正式名称をご案内申し上げます、この場を借りて御詫びと訂正に代えさせて頂きます

公益財団法人  日本科学技術振興財団(JSF)

科学未来館(JST)

以上になりますが、私の様に誤字脱字のオンパレードに成らない様、良い子の皆さんは、夏休みを利用して、これらの施設でしっかり慣性を磨いて下さいね

 

今朝は早朝から電話が鳴り、「大体、この時間に掛かって来る電話って・・・」と思いながら受話器を取ると、取引先の方が早朝出勤の為に社用の電話でした、「もう会社にいるんですか?」と問うと答えは想定通りのものでしたが、中小企業も大変ですが大手も違った形で大変なのだと感じた次第です

 

語らずも今日から8月、早いものですね、アベノミクスには翻弄されるばかりで、弊社には百害あって一利無しの如く何の恩恵もありません、自力で未来を掴み取るしか道は無いと、今日から新たな気持ちで頑張りたいと思いますので、宜しくお願いします。

このアーカイブについて

このページには、2013年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年7月です。

次のアーカイブは2013年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。