2013年9月アーカイブ

現実

user-pic
0

昨日は取引先から「年内を持って廃業します」と書かれた案内が郵送されて来ました、最近は中小企業だけでは無く、大手さえも活き残りを模索しながら必死に事業の可能性を模索している様が見られます、また個人企業家等も高齢化が進み、年齢を理由に廃業する方が増加しています、これには時代の変貌を感じると同時に、あらゆる産業構造の変化を生々しい形で感じている所です

弊社のみならず、周囲の状況と言えば、工場閉鎖やリストラ、更にはコンプライアンスや業務の効率化から価格面に特化した仕入れと外注先の選択、これは特定の企業を示すものでは無く、何れの企業に於いてもスタンダードな手法に成っています

外部環境を嘆いても何も生み出す事は出来ません、だからと言って自ら明かりを燈す事も容易な事ではありません、内部環境はと言えばトライ&エラーを繰り返しながら良い方向へ向かっていると変化を実感います、しかし実社会へ「ロボットファクトリー」の看板を掲げ、前へ進みたいが故に錆び付いた何かを動かそうと前向きな発言すれば誹謗中傷を受け、行動すれば上からも横からも打ちのめされる事も数知れず経験して来ました、また綺麗事や、やる気だけでは通用しない文化が根深く社会に蔓延っている現実も身を持って知りました、そしてその全てが私にとっては社会に於ける現実であり、逃げ出す事の出来ない事実です

何もせずにいれば、穏やかに時が流れていくのかも知れませんが、それが何を意味するのか私には解っています、いつかはこの手で自ら灯りを燈せる会社にしたいと奮闘中ですので、今後とも御指導、御鞭撻の程、宜しくお願い致します。

マニュアル本

user-pic
0

51J0EYBP2SL._SS500_[1].jpgロボット作りの全てが書かれているもので、機械・電気・電子・センサ・プログラム等の要素技術から複合的な構造設計に関しての理論が盛り込まれていて、熟読すれば誰でもロボットが作れてしまうと言う優れものです

弊社の社員も「自社製のロボットを作ろう」と言った時には「どうやって作るの?」と疑念を抱いていましたが、今時は特別な知識や技術が無くても数多くのマニュアル本が出て居て誰でも簡単に作れてしまうのです

では「弊社でも作って売れば?」と思われるかも知れませんが、悪戯に市場へ出しても価格や機能、商品の付加価値と言う点では、まだまだ先発メーカーを追い越す所に至ってい無いのが現実で、市場を考えた場合、闇雲に球数を増やすのではなく社会貢献に繋がる何かや、社会に必要とされる付加価値を追求しなければ商品として振り向いては貰えないと考えております

それをブレークスルーさせる取り組みを現在、私の方で各方面や著名な方々との意見交換から模索中と言った所で、また販売方法等も少しずつ渡辺の方で現実を見据えた取り組みを行っている最中です、その後は社員の皆さんにブレークダウンさせた形で発展性を持たせたいと考えて降りますので、長い目で見守って下さい。

メールで通知

user-pic
0

今朝は夜間に届いていた取引先からのメール対応の為、ブログの書込みも滞ってしまいましたが、毎日、様々な方から遅い時間にメールを頂戴していますが、それら見ていると、自らの生活や家族を守ろうと頑張る気持ち迄もが伝わって来ます

ある方は「明日は子供の運動会で出社出来ない為・・・」と24時過ぎ迄、頑張っていた様子で、その方の仕事をしている姿を思い浮かべては、朝早は起きれたのかな?、等と想像してしまいました、こうして誰もが皆、見えない何かと戦いながら頑張っている姿は、立場に関係無く応援したくなるものですね

 

今日は認知症の徘徊などを防ぐ為、以上をメールで通知出来る見守り介護ロボットを紹介します 

http://www.kobe-np.co.jp/news/himeji/alacarte/201309/0006371531.shtml

最近、類似したモノが多く見られますが、以前の様にメカ、制御、通信と言った切り分けで考えるのでは無く、古い拘りは捨てた、突き抜けた発想が、これからの新しい時代に必要な事では無いかと思える様に成りました

実は昨日の「安倍総理や麻生大臣、菅官房長官の前で発表しなければいけない・・・」と仰っていた財務省から御越しの方との訪問の様子を御伝えしようと思ってましたが、そちらはまた後日、それではまた。

原発ロボット

user-pic
0

 三菱重工業と千葉工業大学は25日、原子力分野向けロボット分野で技術協力協定を締結し、千葉工大が新たに開発した原子力発電所向け軽作業用ロボット「櫻弐號(さくらにごう)」を三菱重工が生産・販売すると発表した。

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0720130926eaak.html

昨日、ご紹介しようと思っていたのですが出張報告を優先してしまい恐縮です、昨今、本田を含め原発向けロボットへの参入が増えていますが、今後は開発と生産を切り分けた形で、シーズとニーズのマッチングをビジネスモデルとした取り組みが増えて行くのだと確信しています、まさに恩師が悟す「小さく生んで大きく育てる」詞の通りだと感じて降ります

他人の紹介だけで無く、早く自社のオリジナルをお見せしないといけませんね・・・

これに関しては深く反省しております、しかし多くは語れませんが、世の中には出る杭もあれば、叩き戻そうとする人達も大勢いる事を事実として御理解下さい

また要らぬ勘違いをされても困るので実態も程々にしますが、今日は財務省関東財務局からお客様が参ります、決して何かやらかしたわけでは無く、弊社に興味を御持ちの様ですので承諾した次第です、その内容はまた後日、それではまた!

NCM_0007.JPG

昨日は日本科学振興財団様が運営する日本科学館へ社用で出掛けて参りました、東京駅から地下鉄で行けば早いのですが、いつもは丸の内のオフィス街を散策しながら皇居横を通り、20分程徒歩で行く様にしています

その日は休館日にも関わらす大勢の人が右往左往していたので覗いてみると、正面玄関左のコンベンションホールで催事が行われていました、覗いて見た所「放射能除染、廃棄物処理国際展(世界の叡智を結集、除染の最適化と・・・)」と題しての展示会でした、あまり縁の無い世界かと思ってましたが、意外と聞いた事のある企業が参入していた事と、その参加企業数の多さに驚き感じた次第です

本来の目的とされる社用内容は如何なる些細な事も守秘義務上、申し上げられない事を御了承下さい

 

個人的に衝撃を受けた話題ですが「福祉展2013」に出展のパワーアシストを紹介します、バネと重力だけで機能するモノで15万円で市販予定との事ですが、これには立ち直れない位のショックを受けました、そして全ての計画が、矢継ぎ早に先を越される昨今、フラストレーションを抱えて降ります

http://response.jp/article/2013/09/25/207126.html

先日、弊社藤井と「パーマトルクを使って、動力源の要らない『パワーアシスト』を作ろう」と、世の中に無い商品の開発に着手しようと気持ちも高振っていた直後の話題に、毎回出鼻を挫かれる辛さを痛感しています

但し、名古屋工業大学でも10年掛かったと言ってますので、弊社に於いても、それ位掛かるのかも知れませんね、先日の医工連携の場でも厚生労働省所轄担当の説明で、医療分野の商品を販売する場合、国の認可を得る為に、臨床に3年から8年、その後、許可申請でも同様に3年から8年程度掛かるとの事でしたので、医療介護の分野に於いて、成功を見届けるのは私が還暦を過ぎてからに成る様ですので、今後とも次の世代に託せる企業作りをして行きたいと思います。

シーズ&ニーズ

user-pic
0

557194_561966107191362_317448071_n[1].jpgIEEEが提案したスマートフォンです、製造元は写真のロゴで解ってしまうと思いますが、アメリカで生まれたIEEEも、今では世界レベルの団体に成りつつある事の証かも知れませんね

恐らく技術提供がオープンに成れば、他のメーカーも同様の商品を市場へ排出する事と思いますが、曲げても落としても濡らしても大丈夫とくれば、リストバンド型等、様々なタイプの商品も期待出来るのではないでしょうか、また同様の製法で下敷き型タブレット端末や自動車の窓ガラスに張り付けられる情報端末も自動車業界で利用される事と思います、ちょっとした技術が様々な次世代の商品を生み出す、そんな話題でした

また経済面で個人的に興味のある話題と言えば、東京エレクトロンが示したアメリカ企業との資本提携です、更にはLIXILの欧米メーカーとの買収も同様に驚きを感じましたが、世界市場を見据えた各社の経営戦略に、日本企業のあるべき姿や今後のトレンドを象徴したニュースだと感じたのは私だけでは無い筈です

私自身、IEEEの学会等で学んだ事は、技術開発と商品開発を一緒に考えるのでは無く、こんな技術を何か商品として利用できないだろうか?もしくはこんな商品を作りたいのだが、技術提供してくれる所は無いだろうか?この両者を分業した形で掘り下げる事の重要性を学びました、シーズとニーズのマッチングとも言いますが、その他にもロボットッファクトリーの開設を通じて、それまで御付き合いの無かった業界や団体、また別世界だと思っていた様な格上の方々とも歓談する機会も与えられ、カルチャーショックを受けながらも勉強中です。

Desingn Spark

user-pic
0

ついにこんな時代が来たのかと、脅威を感じた話題です「無料のパワフルCAD『Design Spark』がダウンロード開始!」、特筆すべきはライセンスや期間限定では無く、完全にフリーな3D CADの登場です

http://makerslove.com/wp-content/uploads/2013/09/1a802d910ab0ce49c858ac82e5395b8b.png

マイクロキャドが約300万、オートキャドに至っても保守契約やライセンス契約が必要とされる時代は終焉を迎えた気配さえ感じられます

http://makerslove.com/2427.html

安価な3Dプリンターも含めて、ソフトやデバイスが新たな時代に突入した感覚を、肌で感じた話題でした、是非、皆さんも上記、URLからご覧下さい。

出張見聞録

user-pic
0

今朝は他愛も無い話に御付き合い下さい、昨日は急遽、新潟へ出掛けて来ましたが、その帰り道、いろいろな事を考えてしまいました、日本は戦後の高度成長期の初めから、その成長期のピークに創業した会社や、それを機に成長を遂げた企業が多くあります、ソニーやホンダ、松下、京セラ等を含めて中小零細も同様です

創業当時の事を各企業の創業者が謳っている通り、眠る時間も惜しみ仕事に打ち込み、その土壌が今の企業の支えと成っているのは大手のみならず中小零細も同様で、今では問題視される様な事も当時は企業の規模を問わず日常的な事でした、その叩き上げの経営者達は其々の手法で個性を武器に同業他社と切磋琢磨しながら企業の存在を誇示して来ました

いつしか精神論が通じる時代は終わり、今迄は良かった事も「それでは駄目」と言われる事も増えましたが、これは教育問題から始まり様々な事とリンクした問題にも思えます、そんな社会を見渡しながら10年後のサンシステムの姿を確実なモノにしようと心に誓う、日曜日の出来事でした

 

今日一日、諸々の指標の集計と考察を行いたいと思います、事業の創造こそが私の本業だと基軸を守りながら今日一日を大切にしたいと思います。

ゲームショー

user-pic
0

昨日は稼働日だった事と取引先へ、経っての願いで納品を兼ねて打ち合わせに行って参りましたが、事故渋滞に巻き込まれかなりに時間を取られてしまいました、皆さんも行楽等でお出掛けの際は慎重な運転に心掛けて下さい

そして先日から幕張メッセで行われている「東京ゲームショー2013」も、いよいよ今日迄です、ゲーム自体には興味が無いのですが、世界中の主だったメーカーが一応に参加しているので通信技術を利用した玩具やゲームが見られる筈です、お時間ある方は下記のURLを参考に出掛けて見て下さい

http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2013/index.html

私自身も勉強の為に見学したかったのですが、急遽、新潟市内へ出張と成りました、白山駅から海沿いは新潟大学を始め、短大や専門学校が立ち並び、学生の街へと変わりましたが、個人的には集約し、街自体も活性化されて、とても良い事だと思います

明日は終日出社の上、社長業に勤しんで降りますので、お近くへお越しの際は、お立ち寄り下さい、それではまた。

 

「メカニカルスーツ、スケルトニクスで本年度の未踏に採択されました。」http://www.ipa.go.jp/jinzai/mitou/koubokekka_index.html

上記はIPA独立行政法人情報処理推進機構様が発表した記事ですが、個人的には衝撃的な内容が含まれていました

水面下で活動して来た為に、また情報漏えいや機密保持厳守を維持したかった為、社員にも告知せずに(藤井君には夜間に打診した事はありましたが)ライセンスの取得を待って、社内とメディアに発表しようと思っていましたが、その前に一手、先を越されたニュースに慌て戦く朝でした

内緒にしていたとは言え、周囲も薄々解っていたと思いますし、聞き慣れない各種行政団体や国の機関が動いていたわけですから気が着かない筈も無く、またこの手の技術開発も私自身はかなり前から考えていた事ですが、世間では俄かに騒ぎ始めた事に戸惑いさえ感じています

話を戻しますが、先日、群馬大学の伊藤教授との面談で「スーツでは無く、間接に取り付ける、動力源を持たないパワーアシストユニットを開発したい」と告知をした所、群馬大学内のあらゆる部署で臨床実験から商品化迄のプロセスをアドバイスやフォローアップをして頂ける事に成っており、しかも商品化迄、大学内に於いて情報の一切を外部流失しない所迄、約束されていたのですが、それも先を越される形に成りました

大学側からは「それは何時頃から活動し始めましょうか?」と言う問いに、私の誕生月の10月から、お願いします」と言う会話も、つい先日の事の様に鮮明に覚えていますが、10月を目前にした突然のニュースに、正直、混沌とした気持ちで降ります、しかしこれで終わりではありません、これからもこの繰り返しに成るのかと思います、著名な方々からも「考え抜く事、そして考え続ける事が大切です」と教わった様に、人間は挫折と本能との葛藤から・・・長く成ったので、この辺りで止めて置きますが、この1年近く、裏切りと挫折で何度も谷底に突き落とされて来ました、更に今回は半年間の苦労も一瞬にして崩れ果て、「あいつ何やってるんだ」と言われたわけではありませんが、己の後手後手に思える結果に嫌気が差す、そんなIPAの結果でした

しかし落ち込んでばかりも居られません、弊社は研究開発だけが仕事ではありませんので、定期的な設備投資を行い、更なる利益を追求し、様々な可能性を模索する、そんな企業活動の基本を見据え、今後も躍進して行きたいと思います

 

医療介護ロボット展も行けず、今週は私の想いが果たせぬまま終え様としていますが、私と同様に理想と現実の狭間で暮らしている人達が殆どなのだと思います、今日はサブタイトルとして「現実は厳しい」と言う話題でした、それではまた。

地震

user-pic
0

夕べ2時頃の地震ですが体感的に大きな揺れに感じたので、その後は寝るに寝られず、3時頃には起きてしまいました、少し揺れた後に一瞬だけドカンと揺れた時には「大丈夫か?」と心臓の鼓動を大きく感じてしまいましたが、その後は細かな揺れが続いただけで次第に納まり、安堵感を抱きながらも、自然の怖さを感じてしまいました、しかし今朝は、そのお蔭で朝日と満月を同時に見る事が出来たので、自然の驚異と素晴らしさを同時に感じた朝でした

夏休みも碌に取れなかったと思いきや、その後は何かと気忙しく、休みも無く馬車馬の様に社業に励んでおります、先日の連休も台風で入り込んだ雨水を掻き出したり、換気扇から入り込む水を雑巾で吸わせては絞り出したり、更には台風が散らかして行った後始末等が止めで、心身共に異常を感じている次第ですが、サンシステムを必要とし、打合せ依頼を下さった御取引先様の気持ちを励みに、今週も後2日間を実のある結果に結び付たいと思います

そんなわけで今日も2件の引き合いがありますが、1件は私、もう1件は藤井が対応させて頂きます

 

昨日に引き続き、技術ネタでも無ければ社内の出来事でも無く成りましたが御了承下さい、数日、まとまらないブログになりましたが、本当に恐縮です、それではまた。

十五夜 社日

user-pic
0

社日(産土神(生まれた土地の守護神)を祀る日) ・十五夜(新月から数えて15日目の夜 。旧暦15日の夜。

言わずとも今夜は十五夜ですが、今朝も4時頃の月は、くっきりと輪郭が整った満月でした、そして西の山間に低く構え、大地には靄が立ち込めて、何か物悲しい雰囲気さえも漂わせておりました

十五夜は皆さんご存知だと思いますが、今日は社日でもあります、これは上記に御示ししたものですが、私には思い入れのある日でもあります、私自身は新潟の生まれで、その新潟市内には五十嵐と言う地名の場所があります、今では新潟大学を始め、学園都市並みに多くのキャンパスが軒を連ねていますが、私が子供の頃は本当に殺風景な場所でした、その五十嵐には清水が湧き出ている泉があり、それが川と成り五十嵐川と呼ばれています、それが海に流れ込む海岸には五十嵐浜と言う海水浴場があり、夏には賑わいを見せております

その水の湧き出でる泉の畔には五十嵐神社があり、1年に1度、全国から五十嵐と言う名字の人達が集まる「五十嵐の会」があるのです、元々は社日の言い伝えが基で始まった行事の様ですが、それにより何時しか私も十五夜と共に「社日」と言う日を知りました

 

話が途中ですが、あまり興味が無いと思うのでこのへんで失礼します、会社の話題でも技術ネタでも無く恐縮でした、今日はこれから茨城県常陸大宮市盛金へ出掛けて来ます、それではまた。

宇宙太陽光発電

user-pic
0

2016年にISSから地上へレーザー送電実験実施、赤外線レーザー出力500W、受信出力80Wと、かなりの出力、これが三菱重工の宇宙太陽光発電衛星構想で、以降40万kWで400tが目標、これは火力発電所並みの出力

軽量化を図らなければ採算性が損われる為、2030年に40万kWのパイロットプラントを建設、打ち上げ単価は5億円/tだが、これはH-3ロケットを利用する事で達成可能と成り発電単価は20円/kWh、実用プラントは100万kWで将来は1億円/tのロケットを開発し、発電単価8円/kWhを目指す。

上記は幾つかの記事を私がまとめた内容ですが、こうして断片的な記事を繋ぎ合わせると全体が見えて来ると言うのも、別な角度で考察してみると、記事を作成する記者の方にとっても、それだけ全体像が把握出来ていないと理解し難い技術なのかも知れませんね、私も僅かながら最近のメディア対応で、そんな事を感じています

 

話は変わりますが、最近は私の不在時に新規の方から御電話を頂戴しておりますが、留守が多くご迷惑をお掛けしてしまい恐縮です、本日も10時30分頃から社用外出で埼玉へ出掛けて参ります、一端社に戻れる時間があれば戻りますが、時間によっては直接「リーダーの聞くちから」と題したセミナーに参加して来ますので、21時30分頃の戻りと成ります

また明日も10時頃から茨城県常陸大宮へ出掛けて参りますが、戻りは17時頃に成ろうかと思います、何せ初めての場所なので時間が読めませんが御了承下さい

以上の予定で行動してますので、御気を悪く為さらぬ様に、お願いしたいと思います、御用の方は要件を伝言頂ければ幸いです

社長と聞くと余裕がある様に思えるかも知れませんが、朝は4時前後に起床、4時30分頃には家を出てゴミ拾いや会社の敷地と周辺の清掃、生産計画に目を通し、各人の行動予定を確認、遠方や泊りの出張でも無い限りは、休日も含め365日の殆どが、そこから一日がスタートします

上手く話が結べていませんが、そんなわけで今日も一日、宜しくお願いします。

御詫び

user-pic
0

台風も一夜明けて、会社の窓越しにも、いつも通りの穏やかな朝日が差し込んで来ました、合わせて前向きな自分と反省を繰り返す自分、両者の葛藤が再び訪れる朝を迎えております

この半年程、業務提携や取引に関する御依頼を数多く頂いて降りましたが、せっかくの御声掛けにも関わらず、御縁了させて頂く事や、時期早々と見送らせて頂く事が多く心苦しく感じてります、皆様に於かれましては、いつしか弊社の発展と共に、改めて御縁をさせて頂ければ幸いに思います

弊社もまだ、ちから不足な点や発展途上な点も多々御座います上、皆様の期待に応えられずに歯痒い気持ちで降りますが、何卒、御理解賜りたく、お願い申し上げます

今後、皆様の益々の御発展を祈念致しまして、結びの言葉とさせて頂きます。

今朝はいつも通りに起床後、自宅周辺の散乱したゴミや空缶等を拾い集め、その後は雨で冠水している所を迂回しながら何とか会社に到着すると、自宅周辺と似た様な光景に唖然としましたが、放置して置くわけにも行かず、一頻り片付けを終えた所です

時間と共に風雨のレベルも高まって来ている気がしますが、こうしていても風の唸る音と共に雨脚も強まり、電線が揺れ電柱が撓り、木々の枝葉が飛び交い、会社前の国道も雨水で川の様に成っています、また会社の工場内部も2カ所、何処からとも無く、雨が入り込んでいる様です

本日、来社をお考えの方は午後に成って、落ち着いてからの御出掛けをお勧めします、私の方は昨日今日と終日に渡り待機しておりますので、何かありましたら御連絡頂ければと思います

会社の稼働日と言う方もいらっしゃる事と思いますが、外出はなるべく控えた方が良さそうですね

個人的には、ビッグサイトで行われている「ホビーショウー」を勉強の為、見に行きたかったのですが残念です、機会があれば皆さんにも是非、ホビーの領域を超えた技術の祭典を御覧頂きたいと思います、また合わせて「現地で御会いしましょう」と約束をされた方々には、この場を借りて御詫び申し上げます、それではまた。

研究者と話そう

user-pic
0

JSFからの御案内

9/15(日)「理研DAY:研究者と話そう」を開催。大竹淑恵チームリーダー(理研 光量子工学研究領域 光量子技術基盤開発グループ 中性子ビーム技術開発チーム)による「10倍楽しむ『中性子が拓く日本のものづくり』」です。 

jsf.or.jp/info/2013/09/p

最近は高崎原子力研究所開発機構の皆さんの御話も聞く機会が多く、この手の話も良く耳にしますが、中性子ビーム等が身近な商品を作るのに使われたりしている事にも意外性を感じたりする面白い内容だと思いますので、一般の方も是非、この機会にお出掛け下さい

 

個人的には今日明日と所属しているテニスクラブの合宿が予定されていたので、1日だけ日帰り参加の予定でいましたが、台風の接近に伴い、会社で何か起きた場合の緊急時に備え、あえて欠席とさせて頂きました

私の様に連休で予定を計画していた方も多くいらっしゃる事と思いますが、残念な連休になりましたね、しかし、それよりも台風に通過に伴い、周辺で災害が起こらぬ様、願いたいと思います。

1175112_307322329408899_1849611320_n[1].jpg最近はこの手のイベントが多くありますが、今回も12日の開示を待って、早速申し込みをしました

前橋のイベントですが高崎からは弊社が参加すると同時に、演目後半には、こちらも高崎に事務所を構える、㈱アドテックスの佐藤さんが事例紹介を行う予定です、アドテックスは24年前の創業当初から知っている故に、お互い歳を取ったものだと実感します

佐藤さんには日産自動車の車体設計の仕事を紹介頂いたりと、幾つかの想いでも、つい最近の事の様に覚えています

ちなみに「産学官」までは耳馴染みもありますが、「産学官金」とは、金融業界が参与されるので、産学官に加えて、その様なタイトルに成っています

今回は次世代とか異次元と言う感じでは無く、より具体的且つ身近な要素を含んでいるもので、比較的、成果物に繋がり易いものでは無いかと感じています

また先着80名と比較的、少ない定員数な為、もし興味のある方がいらっしゃいましたら、お早めに申し込みされた方が宜しいかと思います、ちなみに先日、企画された産業技術センターによるファクトリーツアーはエントリー受付の当日、定員に達した事例もありますし、また医工連携研究会も150名と多くの参加が御座いました

http://www.city.maebashi.gunma.jp/jigyousya/331/332/006/index.html

当日は、しっかりとシーズとニーズを掴み取りモノにしたいと思います。

 

介護ロボット

user-pic
0

昨日、ロボット協会から送られて来た、民間情報です、

「介護ロボット『利用したい』60%」

先日も、群馬大学の某教授にアドバイスを頂いたのは「たとえば車椅子等を利用している方の大半は高齢者等のいわゆる生活弱者で、毎日使う車椅子でさえ10万円を超えたら買わない、そして買えない方が多くいらっしゃる」との事でした、付加価値を高め様と利便性を追究したり、乗り心地を良くしてもコスト面での魅力が無ければ見向きもしない方が大半と言う事の様です

介護福祉の分野のみ成らず、作り手のエゴで付加価値を追求しても、利用する方にとっての満足には至らない事の方が多いのだと戒められました

まだまだ計画も、プレゼンから先には進み難い状況です

 

ロボットファクトリーの看板を掲げ、各方面へ出掛けていますが、それに関しての感想や体験談は止めて置きます、しかし、そう遠く無いうちに、サンシステムの社員と一緒に、社会全体に貢献出来る様、頑張りたいと思います。

P1000334.JPG新聞に医工連携研究会の記事が紹介されていたのでアップしてみました

写真は群馬大学の外科兼資材担当の竹吉先生ですが、「この先生に手術をして頂いた」と言う方も多くいらっしゃる事と思います、実に御話の丁寧な方ですが、それでいて気さくな面も併せ持った先生でした

 

今後は、この研究会の内容を基に、どの市場をターゲットにするのか、それに対して、うちの会社に出来る事、そしてその先にある可能性、更に長期計画としての目標をどこに置くのか、それに向かって、単年度短期中期計画を、どの様な指針で組上げて行くのかを精査しなければいけません

これ以上は精神論になりそうなので誤解を与えぬ様、やめて置きますが、群馬県経済部や群馬大学の伊藤教授、写真の竹吉先生を始め、各大学との連携、更には原子力研究機構等がパートナーとして増えましたので、今直ぐでは無いかも知れません、また試行錯誤の繰り返しかも知れませんが、日々の理念と行動により少しずつ可能性も広がり、いつしかアウトプットに繋がるのだと実感しています

久し振りのセリフになりますが、幾多の苦難を乗り越えてでも、サンシステムを必ずや次のステージへと導きたいと誓う、一昨日の研究学会でした。

NCM_0045.jpg昨日は何かと忙しい一日でした、朝4時頃出社、6時頃には荷物を積み取引先へ出向き、8時頃には機械の調整を始めました、時間が押していましたが御客様に甘えるわけにも行かず、最後まで責務を果たし、今度は医工連へと向かいました

思いの外、会場周辺の道路も混雑しており、余裕かと思いきや最後は小走りに会場内へと向かい、無事に受付を済ませ席に着く事が出来ました、写真は開演前に撮影したものですが殆どがピンボケで、その中でも1番まともそうな写真をアップしてみました(本題まで、能書きが長かったかな?)

正式名称「平成25年度 第一回 医工連携研究会」

~医療産業分野の新たな展開を目指して~

主催、群馬大学 前橋工科大学 群馬県経済部 日本原子力研究機構、以上

内容は医療分野に於いて、医薬品や医療機器の法改正に基づいた、民間企業が参入可能な事案の紹介を、ロードマップを用いて解り易く紹介して下さいました、その後は研究発表とシーズやニーズの紹介でしたが、予想以上に民間の製造業を意識して頂いた内容に、今後の期待が高まる研究会だと思います

多くが実のある御話でしたが、群馬大学大学院臓器病態外科の竹吉泉先生の言葉が印象的でした、手術のビデオや手術ロボットダビンチの紹介も、もちろん興味ある内容でしたが「今日は製造業が多く来てる筈ですよね、(簡単な手術器具の写真を見せながら)これは1個、幾らすると思います?」「1個38万もするんですよ、しかもこの手のモノは6割以上がアメリカ製なんです、優秀な研究や新しい商品もいいいけど、こう言うのを安く日本で作ってくれませんか、私は購買もやってますが、競争相手が居ないと思って言い値で買わされるんですよ、こんな事では病院が潰れますよ」と言う話には特に共感しました

また日本原子力研究開発機構高崎量子応用研究所 産学連携コーディネーター吉井文男氏の「技術は惜しまず提供しますから、それらを利用して市販の機械を作ってくれませんか?」と言う御話も聞き入ってしまいました

話は尽きないので紹介と報告も程々にして置きますが、大幅に時間延長したにも関わらず、結局、最後まで話を聞くのに夢中になり、また先日も御世話に成った上毛新聞社の方や、同じく参加していた群馬県産業支援機構の方とも歓談する等、他にも様々な方と御話をした後、帰路に立ちました

しかし、いつもながら私の場合は話を聞いて終わりでは無く、成果物に繋げられる様、使命を全うしなければいけません、最後に成りましたが、群馬大学伊藤先生を始め、関係者の皆様には大変お世話に成りました、この場を借りて心より御礼申し上げます、それではまた。

P1000333.JPG

写真は社員の皆さんで作成している、アクションプランシートに成ります、機密保持と言う内容では無いのかも知れませんが、あえて文字も読めない程度に雰囲気だけ、お伝えしたいと思います

前回、参加した「リーダー研修」を機に宮下君、小林君が中心と成り、始めたものですが、社員さんが毎月月初に「アクションプラン進捗会議」を開き、業務改善や5S活動に役立てているものです、タイムスケジュール表と進捗状況の確認、問題点や新たな気付きを盛り込みながら、皆の仕事が気持ち良く進められる様に、また全員がスムーズ且つ迅速に業務を進められる様に話し合いの中から考案し、全員で一生懸命作成したモノのです、これからも、この取り組みを推進して行こうと思う朝の一時でした

 

今朝は6時前には会社を出て午前中は埼玉方面へ参ります、午後は「医工連」の学会へ参加し、最後はレセプションに少し顔を出して帰宅に成りますが、この手の学会では著名な方々が多く見受けられるので、毎回、コンプレックスを感じていましたが、図々しく成ったせいか最近は要約、開き直る事が出来る様に成りました、兎にも角にも、成果物に繋がる事を目標に活動して参ります、それではまた。

諸々の出来事

user-pic
0

今朝はまず、東京オリンピック招致を喜ぶべきでしょうか?

7年後も楽しみですが、7年間の様々な変化も楽しみに見て行きたいと思います

そんな思いを胸に出社した今朝でしたが、早々に取引先からの電話でドタバタしました、そうこうしていると今度は6時30分、協力メーカーのツースリーセイコー、田村さんが来社です、業務上のやり取りも終えて、今度は・・・重なるときは朝から様々な事が重なるものですね

昨日は「前橋フェスタ2013」へ出掛けたものの、山本市長の姿は見えず、雨の為、出店を控えた所が殆どの様で、指折り数える程の店舗数でした、更にはイベントも中止でしたが主催者や関係者の方々は大変な御苦労をされた事と思います、夕方には青空も見えていましたが、この週末はスポーツ競技の大会等も多く開催されていた様子でしたので、微妙な雨量に困惑された方々も多かったのでは無いでしょうか?

明日は前橋工科大学へ出掛けて参りますが、そちらの辻学長が今夜20時00分から放送される群馬テレビの番組に出演しますので、興味のある方は御覧下さい

また今日は『新生会』の加盟を頼まれたので、諸事情に就き、登録をしなければいけませんが、せっかくですので実の得られる入会にしたいと思います

取り留めの無い話題に成りましたが、今週も様々な事が私達の周りで起こるのでしょうか、それではまた。

秋のイベント

user-pic
0

7日(土)17時~「渋川スカイランドパーク」にて、『渋ナビ』主催の「大人の遊園地が企画されていましたので顔を出そうかと思っていましたが、生憎のの天候で断念しました、渋川周辺の人気のある居酒屋を含む飲食店や小物雑貨、衣料品店が出店し軒を連ね、ステージでの催し等も企画されていたので楽しみにしてましたが、次回は是非、伺いたいと思います

8日(日)11時~「前橋駅ケヤキ並木」に於いて「前橋ケヤキフェスタ2013」が行われます、こちらも『山本龍市長』の顔を立て、同じ勉強会の同志として挨拶に顔を出したい所ですが、小雨決行、荒天中止と言う判断を、どの時点で見極めるかも市長次第と言った所でしょうか

渋ナビも山本龍市長も、私と同じ企業家団体に加入しているので、参加表明をして置きましたが、せっかくの企画も、秋の長雨に翻弄されている様で残念ですね。

  P1000332.JPG  昨日は製造技術課4名の居るCADCAMと三次元測定機のある部屋へ行き、何気なく壁を見渡すと、上記にあります「目標シート」が掲示してありましたが、思わず写真を撮ってしまいました

数日間、気が着かずに居た自分が恥ずかしく成り、申し訳ない気持ちと同時に、恐らく朝礼やグループミーティングで話し合い、其々がテーマを出し合い、またディベートを繰り返し導き出した課題なのだと思います

 

会社とは、人が社会で生きて行く為に集まる公の場所であり、その、人が集まる公の場所には、人々が共同生活をする上に於いての指針が必要です、それらを理解した上で取組んでいるこの成果を「当然」「当たり前」等と言える理由がありません、今回は、こうして自発的な行動と併せて、自らの成長を惜しまない社員の皆さんに、高い人間性を感じたのは言う迄も無く、心打たれた出来事でした

写真

user-pic
0

  BTaCoAgCUAAlyCp[1].jpg  

ロボットクリーター高橋さんの写真を勝手に紹介しますが、私と高橋さんの間柄なら許してくれる事と思います、恐らく・・・

キロボの向こうに見えるのが宇宙船のソーラーパネルで、その奥に見えるのは地球だそうですが、校正や修正は一切加えて居ないのに「綺麗に撮影出来た」と言う事で紹介していた写真です、宇宙には塵や埃り等が舞っていない事も要因かと思いますが、個人的には、どんなカメラで撮影したのかも気に成る所です

いつもながら、ロボットクリエーターの高橋さんを始め、プラネタリュームクリエーターの大平さん等には、潜在的な才能の他に、その道の常識を超えた奇抜な発想にも驚異を感じております。

産業技術センターのファクトリーツアーに引続き、群馬県産業経済部工業振興課の橋本さんより「医工連」の事前案内を頂きました、著名な方々が御越しに成る様ですが、立場に関係無く、結果を残して行きたいと思います

また昨日は職業能力開発協会より「職業能力開発推進者講習」の案内が送られて来ました、年に全2講が行われるのですが、第1講の受講が条件で第2講の参加が出来る取り決めに成っています

昨年は第1講が私1名、第2講は私と伊藤晃子2名の参加でしたが、今年も第1講を受講済なので第2講にも社員2名を送り込む予定です

更に来月10月からは昨年に引き続き「リーダー研修」に2名の参加を予定して降りますが、これらの研修を2名毎に続けても、10名が体験出来るのは5年も掛かります、それを考えると私共にとって、社員教育は「忙しいから」と怠らずに継続させなければいけない絶対的なテーマです

全員が同じ研修を体験出来た頃には私も60歳、自らの描くロードマップを達成するには健康で居なければ・・・健康と言えば明後日は真木病院で健康診断があります、何事も無ければ良いのですが、悪いのは性格だけにして置きたいものです。

講演会

user-pic
0

本日4日より6日迄、第31回ロボット学会が行われますが、今回は久し振りの東京会場になります、私自身、前回は参加しましたが、今年は色々と有り・・・です、プログラムを見ていると、ロボットに関わらずとも、エンジニアの方なら、きっと興味のある内容が多く感じられる事と思います

プログラムはこちら↓
http://rsj2013.rsj-web.org/files/rsj2013_program_0821.pdf

第31回日本ロボット学会 学術講演会
http://rsj2013.rsj-web.org/

首都大学東京
http://www.tmu.ac.jp/

オーガナイズドセッションのヤングロボットセッションでは、2012年高専ロボコン出場のフレンドルフィン(小山高専)やエンペラー(鈴鹿高専)などのロボコンを通じて製作されたロボットの機構や制御、システム等に関する発表もあるそうですが、これは、なかなかない機会なので、見逃せませんね

※本セッションのみの発表者・参加者は、原則会員資格不要、参加登録費無料に成っていますので、興味のある方は是非、お出掛け下さい

場所は首都東京大学ですがキャンパスが複数ありますので御気を着け下さい、また首都東京大学はテナントビル内にあり、他の大学キャンパスをイメージすると見つかり難い場合が御座いますので、事前にストリートビュー等で検索して行かれた方が宜しいかと思います、(以上は現に近くまで行き見つからずに居た私の実体験ですが、他の人は大丈夫かも知れませんね)まずは御気を着けてどうぞ。

心得帖

user-pic
0


・・・・・・・良識ある人間を育てる・・・・・・・・・
社員の人間的な成長に、会社としていっそうの努力をすべきだと思います。
そして人間的なものの考え方を基本として、社員に正しい企業人としての常
識を培養する努力をしていくことが大切です。
そのためには、まず企業人として、また社会人として、ものの正しい価値判
断ができる人を養成しなければなりません。
ものづくりも同様、技術伝承で高品質の商品をつくる人を養成しなければなり
ません。

・・・・・「主体性の確立」・・・・
 常に自らの考えや意見を持ち、常に一歩先を読む努力をし、積極的に行動す
ること。間違っても、指示待ち族にならないように行動する事が大切です。

   (松下幸之助「商売心得帖」より抜粋)

 

先日、職業能力開発協会から送られて来た資料を見て居たら、上記のフレーズが謳われていたので、今朝は出社早々、棚にある本を手に取って見ました

読めば読む程、感じる事は、時代と共に中小企業と大手では経営環境に大きな差異が生じ、また高度成長期と違い、大小問わず、其々の企業間に於いても抱える問題に特異性がある様に思えます

その問題の解決には『常識を打ち破る発想と、道徳心のバランス』、そんな所にヒントが隠されているのかも知れませんね

 

そんな中、下記は中小企業に於いて、また私にとっても永遠のテーマです

・良い会社を作ろう

・良い経営環境を構築しよう

・良い経営者に成ろう 

時代と共に様々な事が変貌しています、継承すべき事は何か、変えるべき事は何か、様々な事を考えさせてくれた松下幸之助氏の「商売心得帖」でした。

追記、あくまで私個人の考えであって、個人団体に対する意見では御座いませんので御了承下さい。

昨日の雑務も3時頃には何とか終わり、新たに9月の稼働を迎える事が出来ました、雑務が増えたりと、NET社会には便利な反面、時に不合理さも感じます

 

国内最大規模の産学マッチングイベント「イノベーション・ジャパン2013」

2013年8月30日

 NEDOは8月29日から30日までの2日間、独立行政法人科学技術振興機構(JST)と連携して「イノベーション・ジャパン2013」を東京ビッグサイトで開催しました。
 10年目を迎えた今年度は、「ビジネスマッチング」エリアにおいて、NEDOの技術開発支援制度を活用して、企業や大学、研究機関が技術開発した成果を発表・展示するほか、分野毎の直近のNEDOの取り組み、成果、新企画等の紹介を行いました。
 また、29日には同会場内で「産学官連携功労者表彰授賞式」が行われ、NEDOプロジェクト成果6件が「経済産業大臣賞」「文部科学大臣賞」「環境大臣賞」「日本経済団体連合会会長賞」「日本学術会議会長賞」などを受賞しました。

 

上記は先週、お誘いを受けていた催事でしたが、丁度29日~30日は会社の一大事で、会社に残らなくてはいけない出来事があり、参加したくても出来ない状況でした、どちらも社長の仕事と思いますが、当然ながら会社の大事を優先させた次第です

新たな時代に相応しいビジネスを模索しに今回の様なイベントには積極的に参加しようと言う思いでおりますが、産学官の「産」にとっては、しっかりと収益を上げられるビジネスモデルの構想を立てなければいけない所が「学」「官」との違いと感じています

 

上記に記載した「一大事」は解決し、今朝は月初日で更に月曜日なので、全体朝礼に生産会議、アクションプラン計画会議と進捗確認、その後、グループ朝礼が行われます、社員の皆さんも週明けの月曜から大変かと思いますが、気を引き締め士気を高めて貰いたいと思います、それではまた。

 

アイスブレイク

user-pic
0

新聞掲載を機に弊社HPを御覧下さっている方々も多いかと思われますので、技術的な事柄では無く、SNSを通じた日常の紹介をさせて頂きます

昨日は取引先からの突然の対応に社員2名が大変お疲れの様子でしたが、弊社に問題があるわけでは無く、対応自体も良く考えれば月曜でも良かったのかも知れませんが、素早く応じた御礼に夕方には感謝の電話を頂戴しました、対応された2名に、技術者として、また人間としての高い資質を感じた出来事でした

そして今日は9月に入り、明日からの業務に備えて、今度は私の方が雑務を終わりにしないといけない状況です

また昨日は、ある取引先の方が中国から帰国した報告を貰いましたので、今月は愛知県稲沢市迄、社用で出掛ける旨を伝えましたが、企業戦士もアジア各国を駆け巡り大変お疲れの御様子でした、そのついでと言うわけではありませんが、帰りには長野に足を運びアイボ設計者の話を伺って来ようかと思います

更に昨日は群馬県産業支援機構の石川様からエールを送って頂き、心温まる出来事もありました、最初は肩書が表記されて無く、メッセージには「石川」とあるだけだった事や、サングラスを掛け、エレキギターを引いている写真も一緒だったので「どこかの見知らぬ輩か?」と思っていましたが、「そう言えば産業支援の石川さん、バンドやってるって聞いた事があるけど?」と良く見ると、その本人でした、60歳を過ぎた諸先輩方の楽しんでいる様子に、頬笑ましくもあり、羨ましくも感じたメッセージでした

 

自分の人生を振り返ると、今迄も仕事ばかりで家族や周囲の方々には相当の負担や迷惑を掛けて来た事と思いますが、社長と言う聖職を仕事としている以上、人の上に立つ人間として、更には会社代表としての社会的責任を重く受け止め、自らに厳しく、今後も生きて行こうと思います。

このアーカイブについて

このページには、2013年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2013年8月です。

次のアーカイブは2013年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。