2014年2月アーカイブ

経営指針

user-pic
0

お供するロボットのカスタマイズ品の受付を開始しました所、大きな反響を頂き、この場を借りて御礼を申し上げます、部品メーカーでは高齢者や弱者の為に搬送台車として部品を移動する他、農作業の収穫や病院に於いてもベッドのシーツを新しい物を古い物の両方の籠を載せて歩く等、変わった所では、センサーを車椅子に取り付ける事で誘導する人は荷物を持ったままでも、車椅子を連れて歩ける等の利点があります、今後はこのニーズとシーズのインターフェイス役を弊社が行い、機能部分の設計を進めます、またFA設備との融合も勿論考えていますし、IFAも視野に入れながら今後は進めて参りたいと考えております

 

そんな事を思いつつも今日は決算の締日です、処理しなければいけない事が多過ぎて、3人区の業務を1人で熟している状態ですが、3月末迄はこんな状況が続きます、そして明日は来期の経営指針説明会を行いますので、資料も精査した上で、会社の方向性や経営方針を経営者と社員がしっかりと共有し、目的をひとつに出来る様にしたいと思います、それではまた。

自動更新

user-pic
0

今朝はブログのソフトが自動更新されていて、何か気持ちが悪く、調べて居たら遅い時間に成ってしまいました、結果的にはセキュリティーも万全で信頼しても大丈夫な様ですので、まずはひと安心です

昨日は久し振りに内勤が出来ましたが、御客様からの技術的な相談や諸々の対応に追われ経営面での業務は滞ってしまいました、そんな折、一昨日は東和銀行執行役員の白石氏の紹介で経済産業省の方々と御話した事もあり、弊社渉外担当の田中さんが「モノ作り革新事業の補助金申請」の第一次公募のアナウンスに来てくれましたが、弊社は今月が決算の為に集計と棚卸し、合わせて経営指針書の作成も追い込みに入って降り、最近の私は社員に支えられながら右往左往している状態です

少しは自分自身の業務改善をしなければいけないとは思いつつ、中小企業家としての役割や責任を果たさなければいけないと言う使命感が入り混じり、あまり良い循環に無いと感じる昨今、私の尊敬する山口先生との再会を楽しみにしている次第ですが、その3月14日迄は、何とか皆さんに支えられながらも頑張りたいと思います

この所、精神論ばかりで恐縮です、それではまた。

心配り

user-pic
0

昨日は気忙しく、メッキ業者へアルマイト処理の部品を持ち込んだり、その後は3軒の取引先へ出掛け、帰りは高速道路が通行止めになっても迂回出来る様にと新たな近道を探しながら下道で岐路に経ちました

高崎に着いてからは疲労を感じつつ、熱も気に成ったので行きつけの医者へ出向きましたが、診察する事無く、看護師の方に血圧を測って貰い体温を伝えると「五十嵐さん、今日は混んでるからって理由では無いけど、少しゆっくりすれば体調も戻るからそうして」と診察前の門前払いを受け、「そうか・・・」と帰宅した次第です

慣れ親しんだ関係も良し悪しですが、結果的にはインフルエンザでは無い事が解かったので一安心です、しかしながら改めて考えて見ると、待合室は咳込む受診者が多く、その場にいるだけで具合が悪く成りそうな空気感に、「今日は帰れ」と言う言葉は、ある意味、慣れ親しんだが故の「心配り」だったのかも知れませんね

プライベートの事を書き綴って申し訳ありませんが、考えてみると先週の除雪後は毎日が納品や打合せに追われ、家族の結婚披露宴も朝夕は会社に来て業務を熟し、一昨日の展示会では説明員役を担当し、最後は昨日のドタバタに続き、とても社長の仕事とは思えない行動をしていますので、少し反省しなくてはいけない様です

そんな至らない社長ではありますが、今後も皆様の御支援や社員に支えられながら、まだまだ頑張って行きたいと思いますので、何卒、今後とも宜しく御願いします。

昨日は展示会に出展して参りましたが、私が会場の場所を思い込みから間違えてしまい、何とか時間には間に合ったものの、慌てて設営を行い直ぐに開会式式が始まり、そうこうしている内に来場者が入場して来た事もあり、写真もアップしようと思っていましたが、そんな事情と営業に必死だった事もあり、撮影を忘れてしまいました、恐らく新聞や雑誌で紹介される事と思いますので、その時には改めて紹介したいと思います

人生何が起こるか解りませんが、しかし今回は社員の方がしっかりと冷静に物事を見ていると言う事に気づかされた出来事でもありました、社員の二人は木を見るより森を見ていた感じがしますが、私の方は木を見て森を見ようとしていなかった様な気がします、次回は反省点や改善点を反映させた展示出展に成る事が期待されますので、機会が御座いましたら弊社の展示ブースへ御立ち寄り下さい

更には御供するロボットも高評価で、搬送台車や車椅子、手押し車の共同開発を申し出てくれる方も居ましたので、徐々に輪を広げて行きたいと思います、また経済産業省経済産業局の方も弊社のブースへ御出で下さいました、FA事業部とロボット事業部の取組に関して理解を深めて頂き、激励の御言葉を頂戴した次第です

 

但し、展示会は紹介の場に過ぎませんので今日からは足を運んで下さった方への営業展開を開始します、一昨年巻いた「挑戦」と言う種が、要約小さな芽を出すに至りました、芽を出す迄にも様々な困難がありましたが、今後も慌てずに大切に育てて行きたいと思いますので、今後とも宜しくお願いします。

イベント

user-pic
0

昨日は人生に於いての大きなイベントがあり、精神的疲労が否めない月曜となりましたが、今日は会社にとってのイベントを遂行させなければ成りません、今後は参加出来るイベントには積極的に参加して行く方針なので、そのきっかけとなる今日は、終了後に反省点や改善点を洗い出す等も行いたいと思います

既存の事業を成長させながら新たな事業を作ろうと言う今は、敵ばかりが見えたり利用しようとする人ばかりが目に付きますが、今日からまた新たな気持ちで経営に取組み、今後はパートナーの発掘にも尽力を注いで行くつもりです

今月号のプレジデントに、こんな事が書かれていました

「あなたは何故、解って貰えないか?」

「『人間同士、説明すれば解って貰える』」は嘘である」

これを読んで頷ける部分が沢山あり過ぎて、私にとっては逆説的な文章に心地良さえ感じた次第ですが、様々な学びから未来の企業作りにちからを入れて行く所存です。

ひと段落

user-pic
0

今朝は降雪の心配もなく、何もかもが「ひと段落」と言った気分です

昨日の朝は大島氏と電話対談で今後の方向性等を話し合いました、双方で成長戦略を検討し、協力関係を構築して行ける様、今後は詳細な打合せを重ねて参りたいと思います

また昨日は吉澤、保坂、藤井の3名が出社でしたので昼食を取りながら、久し振りに皆と談笑出来た気がします、皆が其々いろいろな悩みを背負って頑張っているのも、よく把握出来た貴重な時間でした

午前中は事務作業で午後は経営者としての仕事です、そして更に19時頃は某取引先を退職された方が、広島から私用で高崎に来るついでに挨拶がしたいと言うので、僅かな時間でしたが駅構内で30分程、御話をさせて頂きました

しかし私用と言っても「お世話に成った皆さんへ挨拶回りの旅をしている」と涙ながらに話す相手に、私も目頭が緩く成り、感情を抑える事が出来ませんでした、如何なる事情かはともかく、リストラは人の人生を狂わせるものだと改めて痛感した次第です

 

早朝、こんな名言を見付けました

「人生は短い、新しい物事に挑むことは最高の贅沢だ」ニコラス・ネグロポンテ

これを読んだ感想は人其々だと思いますが、くれぐれも突込みや中傷的な御意見は受け付けて降りません、あくまで私自身、弊社自体の事ですので悪しからず。

 

今週の初めは社員さんと共に除雪作業に追われ、それからは毎日が納品と打合せの日々でしたが、今朝は危機管理者としての緊張感と交通網の混乱から、要約、解放された心境です、今回は高速道路の閉鎖と共に、電車も運休が続いた事で混乱が大きく成ったものと思われます

但し「良く来てくれましたね」と普段は見られないモノを見せて貰ったり、普段は御会い出来ない著名人の方々にも御会いする事が出来ました、更にはビジネスの良い話も頂いたりと、悪い事ばかりでも無かった一週間でした、やはりここでも「人間万事塞翁が馬」を思い出した次第です

 

明後日、月曜は某所にて展示会に出展しますが、今後は各展示会へ積極的に参加活動を行い、事業の発展と社会貢献に努めて行く方針です、展開としてはFA事業とロボット事業、更にその両者の融合が弊社の強みとして活かし、更に今後は大島氏の協力を得る事で様々な人間追従型ロボットの開発を強化して行きたいと考えて降ります

 

そんな事を考えつつ出社してみると、昨日の直帰が仇と成り、今日は山の様な業務が控えていて、来期の事業計画書や経営指針の策定は何時出来るのやらと言った感じです、今週は経営者では無く危機管理報告書の作成と事務作業で締め括る一週間と成りそうです

最近、あまり触れて居ませんでしたが「あしなが育英会」への募金も、是非、お願いしたいと思います、皆様の僅かな志が子供達に夢と希望を与えるものと思います。

関係構築

user-pic
0

昨日の告知通り、今日も納品に出掛けて参ります

本来の経営者としての仕事では無いのは承知の上ですが、交通網の混乱は収束しつつあるとは言え、未だ安定的では無い状況にあり、今は社長だ社員だと言っている場合ではありませんので、御客様への迷惑も最小限に抑える努力を惜しまない様にしたいと思います、また運送会社によると来週には落ち着くとの事ですが、それまでは社員一丸と成り、難を乗り切る様、頑張ります

 

昨日は都内へ出張して来ましたが、13時の打合せ迄、30分程時間があったので皇居内を散策したり日本武道館を見学したりした後、まだ時間があったのでNEDOのブースを見て待ち合わせ場所に着きました、業務に関する事や御取引先様の一切は義務として伏せますが、今後益々の関係構築に努めて行きたい思います

 

ドラッカー氏の優先順位の法則 4カ条第1「過去では無くて未来を選べ」

やはり他力本願では無く、自力で未来を作り上げて行く企業だけが生き残れる時代だと感じる昨今です。

ヒトの脳

user-pic
0

今朝は5時に会社へ来て窓を開けようとすると凍結している所もあり、無理をして壊れても困るので閉めたままにしてありますが、もう雪も氷も見たくない心境です

一昨日に続き昨日も取引先へ車で出掛けて来ましたが、今日は都内の御客様の所へ電車で行き、明日は再度、車で神奈川県横浜市、埼玉県所沢市、大宮区、岩槻区、久喜市、千葉県松戸市へ納品を予定しています、物流が安定していない事が理由に成りますが、ビジネスに理由や言い訳は通用しませんので出来る限りの事を行い、御客様には誠意ある対応に努めたいと思います、また最大限の努力は致しますが、その限りでは無い場合は何卒、御容赦願いたいと思います

そんなわけで経営計画や事業計画は災害的要因が元と成り、来週からの再開と成ります、まずは足元を固めて基盤を安定させる基軸を置き、周りを見渡せる状況を作ろうと思いますので、何卒、御理解賜ります様、お願い申し上げます

 

そんな状況に、自ら、こんな言葉を言い聞かせています

「出来る」と確信すれば、脳はそれを実現する為に最大限のアウトプットを行おうとします、逆に「出来るわけが無い」と思えば、脳は、その優秀なメカニズムを動員して、「出来ない」理由を考え始めます。

「『ヒトの脳』は何故、成果主義を拒否するのか」より抜粋

理事長

user-pic
0

一昨日は経験した事の無い渋滞が起こりましたが、昨日の朝は社員の皆さんも早目の出勤をされて学習機能を基に危機管理と自己管理も然る事ながら、社会人の心得をしっかりと兼ね備えた思想や行動に感心させられました

私の方は皆の出勤を確認してから埼玉県内の取引先へ出掛けて参りましたが、積雪量も埼玉県の東松山から坂戸あたりは群馬と変わらず、越辺川を渡り上尾に入ると景色は様変わりして雪も疎らに見える程度でした、岩槻近郊の御客様に聞いた所、雪も降るには降ったそうですが土曜と日曜で殆ど溶けて無く成ったそうです

関越自動車道も綺麗に除雪がされていたものの路肩には山積みされた雪が残っていて崩れている部分も所々に見られ、更には車に積まれて残っていた雪が道路に落ちて散乱して降り、そんな中でも私の倍以上の速さで走る抜けて行く輩もいて、危ないと言うより「人を巻き添いにしなければ良いが」と言った状況でした

 

話は変わり、今朝の上毛新聞に前橋工科大学の佐藤理事長が載っていましたが、御覧に成られたでしょうか、先日も某所で御見掛けしましたが、その時も相変わらず見た目と同じで穏やかな語り口調でした、プライベートに関する事は慎むべきだと思いますので控えますが、素晴らしい才能を羨ましいく思いながら新聞記事を拝見した今朝の一時です

 

最近、技術ネタから遠のいていますが、中小企業は何かが起こると直ぐに事業計画や経営計画に遅れが生じてしまいます、但し、これも課題として少しずつですが改善改良を施して行きたいと思います

何事も、「種を蒔かなければ芽は出ません、それを育ててみなければ次の問題は見えて来ません、問題が見えたら改善して新たな種を蒔きます、その繰り返しの出来る『人』が育ってこそ企業に於いては質の良い成果物が収穫出来るのだ」と言うのが私が学んで来た経営学であり持論でもあります

あせっても種を蒔き、土壌から育てなければ成果は出ないと言う事ですが、生意気な私の持論等、誰も興味は無いと思いますので、今朝はここまで、それではまた。

除雪

user-pic
0

昨日は社員全員で除雪作業を行い、御客様を御招き出来る状態に成りました

社員の皆様に於かれましても大変、御疲れ様でした、御蔭様で御客様に御越し頂く事や業務中の転倒や事故の心配も排除され、更には皆が気持ち良く出社する事が出来ます

昨日は危機管理者として、終日、会社に降りましたが21時に遠方から御客様が荷物を引き取りに来て下さる等の事態も発生し、御取引先様に於かれましては御理解と御協力を賜り感謝申し上げると共に、心よりお詫び申し上げます

インフラの方も関越自動車道や高崎線、上越新幹線も通常通りと成り、まずは一安心ですが、未だ路肩や日陰には雪が残った状況です、そして個人的に困るのは軒先の雪を道路へ大量に捨てる方です、明らかにスコップ等で道路へ掻き出したであろう雪の塊は、本当に勘弁して欲しいものです

昨日は渋滞も激しく、社員さんも通勤時間に2時間掛かった人も居ましたが、改めて危機管理の大切さを思い知らされました。

user-pic
0

諸々の心配事等、考えた所で何も解決しないと解りつつ何とも言い様の無い月曜日を迎えて降ります、また業務の方は今朝の生産会議で先週末から来週迄の内容を整理したいと思います

昨日、ヤマト運輸に荷物の発送をお願いしたのですが、道路事情から荷物の配達が出来ない状況だと言う事でした、集荷担当の方の話によると「荷物はお預かりしても配送の目途が経っていないので、お預かりはしますが配達日は成り行きに成りますが宜しいでしょうか」と言う事でした、また佐川急便はどうかと思い、電話をして見ましたが同様の回答でした、スーパーマーケットやコンビニエンスストア、マクドナルド等も配送の車が動けない為、品薄状態の様ですし、ガソリンスタンドもタンクローリーの配送が出来ずにガソリンの販売を休止している所が多くあります

また電車道路の事情も間引き運転や通行止めの所も多々ある状況ですが、インフラが回復する少しの間、外出は控えると同時に荷受けや納品に支障を来たす事を御了承頂きたいと思います、経営面でも多大な支障を来たす所では御座いますが、何とか乗り切りたいと思います

そんな自分達の置かれている状況を客観的に見た場合、やはり災害としか例え様の無い事態だと思える次第です

 

気になるのは国道18号をノーマルタイヤで登った車が移動出来たのかどうかですが、無謀な1人の行動に3日も車中に閉じ込められている人が沢山いると思うと、自分も気を着けなければと思う今朝でした。

御詫びと報告

user-pic
0

前橋高崎地域は記録的な積雪により、災害とでも例えた方が正しい状況でした

会社の方は金曜日の5時10分前に私が取引先より会社に戻ると直ぐに帰宅命令を下し、社員の皆さんにはノーマルタイヤでの帰宅禁止と合わせてスタッドレスタイヤを装着している社員に乗り合わせでの帰宅を指示した上で、短縮勤務とさせて頂きました、また土曜日も稼働日でしたので早朝より業務の対策を電話ミーティングした後、結果的には臨時休業とさせて頂きましたが、取引先の皆様に於かれましては精神論では乗り越えられ無い災害的状況を御理解頂ければ幸いです

しかしながら社員の皆さんも、少しでも御客様には誠意ある対応に心掛け様と言う意識がある事も御理解頂きく存じます

渡邉君も土曜日曜共に納期の心配から、とても家から出られない状況にも関わらず「御客様に迷惑を掛けたく無い」と申し出てくれました、また宮下君は雪の中を家から徒歩で2時間近く掛けて出社をして納期対応後は「月曜に皆が車を何とか止められる様に」と、しばらく除雪作業を行ってくれました、更に藤井君、保坂君も同様に取引先への対応の為、日曜出勤をして取引先の対応を行ってくれました

そんな社員さんの努力や誠意に免じて、何卒、諸々の御不便を御容赦頂ければ幸いです

 

私の方は土曜も会社に来てみましたが、雪の壁に阻まれ会社に入れない状態の中、近所に声を掛けて停めさせて貰い、会社の門前を除雪後、要約、会社に入れたものの、スリップで車が動かず散々な思いをしたり、除雪作業で体力の限界を感じたりした週末です、今日は早めに帰宅をして明日に備えたいと思います、それではまた。

協働力

user-pic
0

1507872_372264199581378_1601440155_n[1].jpg左記は群馬県前橋市が主催と成り行われる「子育て中の方のための、再就職応援セミナー」の案内ですが、出産の為に会社を離れたり、育児休暇を取った後に職場復帰をしたとしても、子育てをしながらの就労は大変な事だと思います

最近では職種さえ拘らなければ、様々な勤務体系を取られている企業や職場も多いので、以前に比べれば社会的な認知もされて来ている事は事実としても実感して降ります

もう何十年も前の話に成りますが、私の母親も育児をしながら働いていましたので、その苦労は強く共感出来ます、同じ境遇の方が多くいるのであれば少しでも御役に経てれば幸いです

詳しくは下記URLを御覧下さい

http://www.city.maebashi.gunma.jp/kurashi/214/216/217/219/p009142.html

 

 昨日は製造技術課に御取引先様から重大なミッションを授かりましたが、弊社社員の迅速な対応に、御客様も御満悦の様子でした、やはり何事も使命感を持てる人間は素晴らしいと誰もが感じた出来事だったと思います、製造技術課の皆様、本当に御疲れ様でした

その前に社員の皆さんが、このブログを見ている筈も無く、斯く言う私も8時半入りの約束で遠方へ出掛けますので、5時には会社を出発しないといけませんが、何分、雪で道路が通行止めに成らない事だけを祈ります。

 

 

消費税

user-pic
0

昨日は埼玉県内の取引先を訪問後、消費税に関するセミナーへ参加して来ました

消費税の仕組みや消費税の歴史から始まり、企業や個人に於ける増税による負担額、物価上昇率や振替伝票や元帳の仕訳方法迄、駆け足で説明を聞いて来ましたが後半の討論会は諸事情により辞退させて頂きました

弊社の様な通常課税を取り入れている企業は税込方式か税抜き方式かで勘定科目の仕分けや部分的な数値に違いがあるものの、利益率が変わる事は無く、しっかりと仕訳をしていれば結果は同じと言う事です、また売り上げ規模の少ない簡易課税業者の場合は消費税が低いうちに駆け込み購買等を行うとメリットがある様ですが、何れにせよ個人や企業に於いては負担増と成るのは間違いの無い事実です

 

昨夜は9時30分頃に会社へ戻る予定でしたが、早めに切り上げた事もあり9時頃には会社に到着し、その日の宿題を片付けての帰宅と成りました

しかし会社に戻ると、まだ多くの社員さんと金澤さんが残っており、みんなの頑張る姿に私自身も励まされた次第です、遅くまでやるのが良いと言ってるわけではありませんので誤解の無い様に願いたいのですが、納期に間に合わせる為、御客様の要望に応える為、更には緊急対応も含め、仕事を通じて御客様に喜んで頂ける事が私達の使命です、その使命を全うしようと頑張る姿に感動を覚えるのは、おかしな事では無い筈です

 

企業には様々な困難や課題が待ち構えています、そして、それを乗り越えるのは「人間力」しか無いと思います、小さい会社だからと言って社員さんには肩身の狭い思いはさせたくありません、逆に小さい会社の良い所を強みに変えて社会と向き合う・・・長いし諄いですね、それではまた。

セミナー参加

user-pic
0

昨日は藤井君と保坂君も、取引先での打合せから戻ったものの、業務を終えたのは15時頃でしたが、御客様の要望に真摯に対応してくれた2人には、心からエールを送りたいと思います、また「休日の所、悪いね」と声を掛けると「いいえ、仕事ですから!」と答える保坂君には社会人としての成長を感じてしまいました

彼も吉澤君同様、年齢的に猶予が無かった事もあり、社会人の資質の向上とエンジニアとしての質の向上を短期間で修得して貰う為に、厳しくして来ましたが、もう私の出る幕は無く成ったと感じています

本来、私が育てるべきは管理職であり、今迄の手法は私が出しゃばり過ぎていた為に管理職の成長性を基調とした意思決定能力や教育的指導能力を封じ込めてしまっていたのかも知れないと感じています、管理職の成長を抑え込んでいた事も含め、社員の皆さんには済まないと言う感情が溢れて来ました

 

本題ですが、今日は夕方から「消費増税、その対策を考える」と題してセミナーがありますので出掛けて参ります

正直、企業にとっては増税による負担も然る事ながら、適切な税の申告を行う為にも、蔑にするわけには行きません

弊社の場合で例えると、4月に納品する商品の設計を今からやって居れば、当然、納品の際には設計費用を8%で計上しなければ成りませんが、装置等の仕入れ部品は3月末迄に商社へ発注し、3月締日前に入荷すれば5%に成ります、但し弊社の様な2月末決算の場合、決算時は設計費を5%で計上、しかし販価には8%が掛かり、来年の決算には8%で消費税の申告を行うと言う、ややこしい作業が待ち構えていると言う事です

既に御察し頂いたかと思いますが、企業にとって、しばらくは5%と8%が混在した中で仕訳を行わなければ成らず、また原則課税か簡易課税かでも大きく変わりますが、弊社の場合は原則課税申告なので、きっちりと仕訳を行う必要があります

中小企業経営者は幅広い知識と判断力が必要と言う事でしょうか。

トークショー

user-pic
0

BgHxrV2CAAATr2e[1].jpg私の尊敬する山中俊治教授のトークショーが行われます、嬉しい事に日曜開催なので出来たら出掛けたい所ですが、今の所、諸々の事情で微妙な状況です

山中教授を知らない方でも、作品やデザインは必ずや目にしている事と思います

人に感動や喜びを提供出来るエンジニアが理想だと解っていても、実際の現場では、今やコストとスピードの時代に於いて、エンジニアは育っても機械設計技術者が育つ環境が失われつつあります

出来たモノに対して評価するのは簡単ですが、モノを作る側の立場も考えて欲しいと思う理不尽な事も多く感じられる昨今、ここはひとつ、山中さんの話を聞いて心落ち着かせたいと思います

 

今朝は藤井君と保坂君が打合せの為、取引先へ出掛けますが、2人が出社する前に、会社の駐車場に残っている雪と氷を何とかしたいと思います、それではまた。

中止

user-pic
0

1898038_371188036355661_1320684163_n[1].jpgどなた様も除雪作業で御疲れの事と思いますが、私自身も例外無く、気力体力共に限界を超えた感は否めません

その雪と凍結により、この2日間、自宅から会社の往復路で交通事故を5件程、見掛けました、最初は会社近くの片側2車線の道路で烏川に掛かる環状線の橋でした、ガードレールに衝突し、車が横を向いたまま動けなく成った状況に遭遇し、その後も同じく環状線で、車の屋根の雪がフロントガラスに滑り落ち、視界が塞がれた為か、急停車した所へ後続の車が追突する現場を見ましたが、他人事と捉えず気を着けたいと思います

また会社近くの群馬銀行や高崎信用金庫、榛名脳外等も多くの職員が日曜にも関わらず雪搔きをしていましたが、弊社はと言えば、会社前の国道に除雪車が出たらしく、その掻き分けられた雪は50cm以上にも及び会社の前を覆っており、とりあえず門の周辺は何とか除雪してみたものの、疲れも頂点に達したまま月曜日を迎える事となりました

 

そして最後になりましたが「群馬アビリンピック」は中止に成ったようです、写真は某団体で、会場へ行かれた方の写真を流用させて頂きました。

除雪

user-pic
0

久し振りの大雪で昨日の夕方から今朝に掛けては除雪作業に追われながらも、会社に来てみると、駐車場に車が入れられない程の雪に覆われており、近くにある銀行へ車を止めての出社となりました

今日は終始、除雪作業と成るのかと思いますので、昨日も紹介しましたイベントには行けそうにありませんが、出場者の方々に於かれましては御検討をお祈り申し上げます

疲れを癒す日曜日では無く、疲れの溜まる休日と成りそうです、それではまた

user-pic
0

今朝は予想に反して久々の積雪でしたが、皆さんの地域は如何でしたでしょうか?

明日は障害者の方によるイベントが行われる為、出席予定でしたが、天候を見極めての判断に成りそうです。

 

 ■雇用率向上にむけて「障がい者問題」への理解をひろめる
(以下、群馬県のホームページより)
----------------------------------
ぐんまアビリンピックは、障害のある方が日頃培った技能を競いあうことで、職業能力の向上を促進し自信と誇りを持って社会活動を送れるようにするとともに、障害のある方に対する社会的な理解を深めていただくことを目的に開催しています。
成績優秀者は、アビリンピック全国大会への出場推薦対象となる場合があります。
選手達の熱い戦いを、ぜひ会場でご観戦ください。

1.開催日時
平成26年2月9日(日) 午前9時30分~午後4時

2.競技会場
ポリテクセンター群馬(群馬職業訓練支援センター) 高崎市山名町918

3.主催
独立行政法人高齢・障害・求職者雇用支援機構群馬障害者職業センター

4.共催
群馬県

5.競技種目(参加対象障害者)
ワープロ(身体・知的・精神) 
パソコンデータ入力(知的) 
木工(知的) 
喫茶サービス(身体・知的・精神) 
ビルクリーニングA(身体・知的・精神) 
ビルクリーニングB(身体・知的・精神) 

6.参加資格
次の全てに該当する方
  a.. 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を所持されている方、または診断書、判定書を所持されている方。
  b.. 群馬県内に居住している方、及び群馬県内の事業所、学校、施設等に通勤、通学、通所している方。但し、勤務先事業所等の参加承認が得られる方。
  c.. 平成25年4月1日現在で、満15歳以上の方。
  d.. 過去の群馬県障害者技能競技大会において、同一競技で金賞を受賞していない方。


  e.. 競技に耐えられる健康状態にある方。

7.入場料  無料

8.申込方法  事前申込みは必要ありません、当日、直接会場にお越しください。

9.問合せ先  ぐんまアビリンピック事務局(群馬障害者職業センター雇用支援課内)
〒379-2154
前橋市天川大島町130-1

電話:027-287-1511 FAX:027-287-1512

10.その他
詳細については、以下の見学者募集チラシ及び競技概要をご覧ください。
http://www3.jeed.or.jp/gunma/poly/top/openplan_gunma_02.pdf

収束

user-pic
0

昨夜は取引先のソニーより「PC事業の収束とテレビ事業の再編について」と言う案内が送られて来ました、プレスリリースと同時に弊社の様なパートナー企業にも一斉配信された様です、そして今朝は新聞等のメディアで公表されていましたが、テレビ事業ではトリニトロン、そしてパソコンではバイオ、足早に時代を駆け抜けて来たブランドを懐かしむと共に、そこで働く人達や、その家族にとっても複雑な心境なのではないかと思います

 

また弊社の事を心配して下さった方々からも一報を受けましたが、新規事業としてロボット事業、医療機器開発事業、また科学館等やNEDOを対象とした科学技術関連への事業転嫁を推進している事もあり、売上構成もメーカー依存を50%、委託研究開発や自社開発製品を50%にする売り上げ比率を推進中です

ソニーの沿革を客観的に見た後に我社を重ね合わせて考えた場合い、市場環境に合った企業体質に変換する事も経営者の責任だと強く感じました、何が伸びる産業なのか、何が衰退産業なのか、自社の外部環境を見極めながら社内の取組も変える必要があります、中小企業の良い所は手遅れに成る前に手が打てる事、「やろう」と言えば直ぐに出来る事、悪い事ばかり考えず、「良く成る為には」と考え、環境の変化に対応しようとする者だけが生き残れる時代だと私は思います、それが出来る未来志向型経営者か、そうで無い現状維持縮小型経営者か、私は苦しくても前者を目指したいと思います、何故なら、それが私の使命だからです。

マイスター制度

user-pic
0

 <若年技能者の育成にお悩みの皆様へ>

 若年技能者の育成をお手伝いするものづくりマイスターの情報を公開中。
   
https://www.monozukuri-meister.javada.or.jp

以上は職業能力開発協会の案内で、様々な職業のスペシャリストを「マイスター」と称し、各企業に出向いて若手技術者の育成を図ろうと言う企画です

しかしながら最近のロボット制御やメカ設計が含まれていないのが残念ですが、その分野に於いてはベテランと言うよりも、若手技術者の方が勝っていると言う事かも知れませんね

 

昨日はコストダウンに関する報告を社内に通達しましたが、業界の常識も少し前と今とでは、180度転換したと言っても過言では状況を実感しています、深く突き詰めて見ましたが、だからと言ってマイナス面ばかりを探さずにプラス面を探せば、そこにはチャンスもある筈です、要は「考え方ひとつで結果も変わる」と言う事を意識する姿勢が必要なのだと感じています

その中で生き残りを賭けたり社会から必要とさえるには「言われたからやる」「言われた通りにやる」では無く、「言われた事を深く考え抜いてからやる」を習慣着ける事が、昨今のエンジニアに求められるスキルだと思いますが、それにはやはり経験を積み、基礎技術を高めなければ良い結果も導き出せないと思いますので、どの企業にとっても若手技術者の育成は重要な課題では無いでしょうか?

弊社の門は雪が降ったりすると凍結して開かなくなるので、今朝は「凍る前に出社して開けて置こう」と3時半頃出社しましたが、時既に遅く見事に凍結していました、社員さんが出社して来る時間迄には何とかしないといけない状況です

そんな朝を迎えた今日は、立命館大学の仁場邦彦名誉教授を御招きして「地域活性化セミナー」が行われます、また取引先創業者の贐として社葬が執り行われますので、其々に参加させて頂く所存ですが、その前に急務とされる重要な社用も待ち構えて降り、タイトルの言葉を思い起こさせる出来事に心中穏やかではありません

 

『新事業が豊かな果実を生み出す時は、種を蒔く人、水をやる人、収穫する人、それぞれの持ち味が、それぞれの段階で上手く発揮される時である』、人にはそれぞれ持ち味があり、それを活かしながら前段階の人の努力に敬意を払って収穫を行えば、再び良い環境を繰り返す事が出来る。
種蒔き型の人間を効率が悪いとけなしたり、収穫にあたる人が種蒔き、育成の苦労に敬意を払わずに手柄を誇ったりしては、チームワークは育ちません。

今朝は、この言葉を何度も読み返して見ました、社員ひとりひとりの顔を思い浮かべては、何度も何度も読み返す朝のひとときでした。

補助金

user-pic
0

今年も懲りずに経済産業省管轄の「モノ作り補助金」に応募させて頂きました

昨年はかなりの労力を注ぎ採択申請をしましたが駄目でした、しかしながら今年は大島氏との約束を果たすべく、ロボット業界への新たな提案が可能と成った事と、昨年導入した三次元複合加工システムを活用し、ニッチ分野への参入を計画しております

技術的な壁等ありませんが、今期の開発資金を使い果たしてしまった為に(中小企業はそこが一番重要且つ、弱点でもあります)現在、計画の方は遅れ気味です

 

ここ最近はロボット事業の活動と共に、「モノ作り補助金」の申請書類作成や、医療機器開発事業者の申請、また新規顧客開拓の為に「マッチング事業の申請書」等、会社の将来に関係する仕事をしつつも、取引先での打ち合わせや納品、事業計画から資金計画迄、一人何役も熟している私ですが、弊社の行動指針第三章にも謳われております様に「困難に立ち向かい解決する能力を高める事、実践行動こそが企業の財産である」、これを自らが実践しなければいけない立場にありますので、社員の手本と成る言動に心掛けて参りたいと思います


確固たる事業観、社会観を持つ(松下幸之助「経営心得帖」より抜粋)

 本当に好ましい人材の育成を図ろうと思えば、経営者自身にしっかりとした社会観、事業観、人生観が無くてはならない、そういうものがあれば、それに基づいた、その会社なり商店なりの使命感が生まれて来て、従業員に対しても「この会社はこういう使命感を持っている。この使命を十分理解して、その達成の為に大いに努力して貰いたい」と言う事が言える。 そう言う事を聞けば、従業員の人にも、「なるほど、この会社はこういう使命をもっているのだな、自分が働くのは、その使命達成のためであって、自分の利益だけのためではないのだ。これは大いにがんばろう」と言ったものが生まれて来やすい。

さすが偉人達は名言を残していますね、それではまた。

開発依頼

user-pic
0

今朝は昨年末に亡くなられた、太陽誘電㈱ 名誉会長川田様の「お別れの会」が、今月5日に高崎ホワイトインで行われると新聞に掲載されていました

一時代を築き上げた故人の理念を、今後も現役員の方々に継承される事と思います

先日の親族で行われた葬儀にも参列し、礼拝させて頂きましたが改めて御冥福を御祈り申し上げます

 

理化学研究所の案件が話題に成っていますが、「日本は研究開発迄が得意で、アメリカはそれを利用してビジネスモデルを作るのが得意」だと、メディアで取り立たされていますが、私もその事に関しては同感です、日本ではコアな技術や要素技術の開発は得意ですが、目新しい商品と成るとアメリカ製が圧倒的に多く、しかし使用されている部品やセンサー、レンズ、カメラ等のデバイスは日本製と言うのが実態です

ヒット商品を生み出すには新たな技術を開発しなくても、「商売」と考えた場合には、マーケティングや販売戦略が持てれば、既存の優れた技術を利用するのも有効な手段なのかも知れませんね 

今日は朝9時の約束で、群馬大学と東和銀行に紹介され、商品の開発依頼を受けていた、某有名企業へ出掛けて参りますが、その商品も市販されているモノを組合せる事により出来てしまうもので、新たな技術と言うよりも、上記の通り、既存の技術で出来てしまうものでした

この場で紹介したいのは山々ですが、やはり企業間取引では相手の立場も考慮して、何事も控えて置こうと思います、それではまた。

本の紹介

user-pic
0

51bzMQv+fYL._SS400_[1].jpg「絵でわかるロボットのしくみ」瀬戸文美著 平田泰久監修、これは最近になり発刊されたものらしく、昨日、ある所で紹介を頂きました

既にロボット関係者の間では話題になっているものだそうですが、最近話題の HRP-2とHRP-4CDRCも既に紹介されており、DRCのSCHAFTに至る迄、紹介されている様ですので、皆さんも、是非、御覧に成って下さい

そうは言ってもなかなかロボットビジネスを事業計画から利益計画に結び付る事は難しく、開発から市場を取込む迄に労力は何とかなっても費用と時間が掛かります

25年前に取引先の部長に説法を受けましたが「技術は小さく生んで大きく育てる」、その教えの如く、頑張りたいと思います。

 

今日は群馬県産業経済部に提出する書類の作成ですが終わるのかなと言った所です、それではまた。

イベント

user-pic
0

科学館からの御知らせです

【2/2(日)から追加上映!】迫力の全天周オーロラ映像「Aurora 2013 Solar Maximum」を上映します。会場は4階シンラドーム。時間は12:00~、15:45~の1日2回(約7分間)。

詳しくは財団法人日本科学振興財団、 JSFのHPよりご覧下さい、私も思う所があり、なんとしても見たいと思います。

 

今朝は月初めなので全体朝礼とアクションプラン会議を行いますが、アクションプランに関しては、まだまだ見ようとしない、あるいは触れようとしないテーマが沢山あります

個性を尊重した上でのルール作り、安全性や効率性を担保した作業手順、5S活動、売上げ目標達成の為のロードマップ、環境活動や社会貢献等、まだまだ目の前の課題が山積した状態です

しかしながら、これは皆が気持ち良く働く為のルール作りであったり、皆の成果として売上げを確保する為のツールですので、私が介入する事は出来ません、ここはあくまで昨年の研修者と今年の研修者に委ねてみようと思います

信じる事への不安も当然ありますが、今は社員ひとりひとりが「自分教育」に取り組める環境作りが私の仕事として捉え、社員と共に私自身も成長しなければいけないと心に言い聞かせる毎日です。

このアーカイブについて

このページには、2014年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年1月です。

次のアーカイブは2014年3月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。