2014年4月アーカイブ

子供達

user-pic
0

弊社の話題ではありませんが「あしなが育英会」の紹介をします

私自身も震災時に両親を亡くし孤児に成られた子供達の悲痛な叫びを見てから少しばかりの寄付をさせて頂いてます、しかし寄付と言うと大げさに思えるかも知れませんが、これに関しては500円から始められますので、ほんの少しの想いを未来ある子供達に向けて見て頂けないでしょうか?

詳しくは下記URLにて御覧下さい

http://www.ashinaga.org/

 

しつこい様ですが、もうひとつ紹介するのはこれです

http://ecx.images-amazon.com/images/I/51ZPSPP45YL._BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA300_SH20_OU09_.jpg

プラネタリウムを作りました。―7畳間で生まれた410万の星(大平貴之)

震災孤児にも夢を持って生きて欲しいと言う想いから被災地へ寄付をした本です、発行されてからかなり時間も経っていますが、当時は私自身がソニーの仕事をしていた事もあり、大平氏の取組も知ってはいたものの、独立し個人でメガスターを作り上げたのを知った時には「凄い若者が現れたものだ」と言う印象で、衝撃を受けた事を昨日の事の様に覚えています

そんな優秀なエンジニアが被災地から生まれる事を夢見て、寄付や募金をしているわけですが、今後も子供達の未来の為にも、弊社の技術や商品が社会貢献に繋がるべく、社業に励みたいと思います 

以上、最近に成り上記の話題を振られる事が多かったので、今朝は久し振りに紹介した次第です。

現実

user-pic
0

中小企業にも広がるロボット・コスト低減・人手不足に対応

大手だけでなく、中小の製造現場でも産業用ロボットの導入機運が高まりつつある。先行事例を探ると、自動化によるコスト削減のほか、小ロット生産や最先端技術の活用でも成果を上げている。景況感の改善で人手不足も顕著になるなか、国の規制緩和や設備投資減税もあり、中小で働くロボットは増えそうだ。

社員よりロボットの方が多い――。トラックや建設機械の部品を手がける相田製作所(神奈川県茅ケ崎市)ではロボットアーム...

昨日の日本経済新聞の記事ですが、興味のある内容でしたので紹介しました

昨今では直行型の3軸ロボットやスカラ型ロボットも、ドライバー込みで30万を切る価格で販売している事も普及の要因に成っているのかと思われますが、ジョグでティーチングが出来る等の技術的な進化も導入要因を担っている様です

弊社に於いて、どんなロボットを作れば大手と差別化が図れるのか、こんな記事からも自分達の立ち位置を考えてしまいます

 

個人的には今日の祝日を含めて4連休全て山積した業務遂行の為に出社予定です、官公庁や外郭団体、更には各研究機関との連携の為、クリアしなければいけない課題と向き合う覚悟ですが、そんな私を含めて、企業にとっては結果が要求される時代だと感じています

仕事に対する意識も「頑張ってます」「終わりません」と耳にする事もありますが、スケジュール管理は社会人として責務でもあり、周囲に迷惑を掛ける事に成ります、更にスピードが要求される昨今ではスケジュールに対して効率性や段取りは社会人にとって大切なスキルとされています、厳しい様ですが社会人である以上は、どんな職業も共通して言える事ではないでしょうか?

それを現代社会に於いての厳しい「現実」だと見た場合、上記記事の様に中小企業に於いての効率性を捉えたロボットの活用は、必要不可欠なのかも知れません

数年後にはロボットの普及と共に、安価なモノは更なるコストダウンが要求され、しかしロボットには出来ない設計開発と精度物加工や複雑難形状加工は、弊社の存在価値として社会から確実に認知される時が来ると確信して降ります。

基礎講座

user-pic
0

ものづくり基礎講座

  ものづくりの基礎が習得できます。社員教育の一環としてご活用ください 。
【日  時】6月2日(月)、9日(月)、16日(月)、23日(月)、30日(月)
      5日間(各3時間) 各13:30-16:30
【会  場】群馬産業技術センター 交流棟2階 第1研修室(E-202)
【受講対象】"ものづくり"に必要不可欠な基礎的知識を習得したい方
【受講資格】県内企業に勤務されている方または個人事業者、起業を計画されて
      いる方
【到達目標】"ものづくり"に必要不可欠な基礎的知識を習得する
【講座名、内容】
 6/2(月) 講座名:金属材料(鉄鋼・非鉄)の基礎
       内  容:鉄鋼材料(鉄鋼材料とは、JISにおける鉄鋼規格、鋼の5
         元素と特殊元素、熱処理方法と機械的性質、代表的鋼材の種
         類と性質、鋼の特性)、非鉄金属材料(アルミニウム及びア
         ルミニウム合金の種類と特性、加工用・鋳造用・ダイカスト
         用アルミニウム合金、銅及び銅合金の種類と特性、マグネシ
         ウム及びマグネシウム合金の種類と特性)
 6/9(月) 講座名:熱処理技術(基礎)
       内 容:鋼は刃金、熱処理の必須条件、熱処理の種類、熱処理のル
         ール、熱処理の生命、冷やし方と冷え方の違い、焼割れ、焼
         きの入り方、ストレスと熱処理、焼入れと残留応力、3つの
         エフェクト、焼なまし、焼ならし、焼入れ、焼もどし、要求
         に適用できる熱処理、表面だけを熱処理する(浸炭、窒化、
         高周波、火炎)、表面強化法(軟窒化)
 6/16(月)講座名:熱処理技術(応用)
       内 容:状態図の見方(状態図とは、金属の各種変態、二元系平行
         状態図、合金の冷却過程と状態図の見方、すべての成分割合
         で固溶体を作る状態図、共晶を作る合金の状態図)、熱処理
         技術(熱処理とは、炭素鋼の組織の変化、炭素鋼の機械的特
         性(特例)、鋼の熱処理、焼ならし、焼なまし、焼入れ、焼
         もどし、金属の加工と熱処理、金属の再結晶)
 6/23(月)講座名:接合技術
      内 容:溶接技術(溶接とは、アーク溶接、被覆アーク溶接、サブ
         マージアーク溶接、イナートガスアーク溶接、炭酸ガスアー
         ク溶接、抵抗溶接、突合せ溶接、その他の溶接法、溶接部の
         性質、各種材料の溶接)、拡散接合、摩擦圧接、ろう付、新
         接合法
 6/30(月)講座名:故障解析方法と実例
      内 容:故障解析とは、解析の基本的進め方、破面観察、起点の観
         察、マクロ破面の観察、ミクロ破面の観察、観察例、破壊の
         事例、評価機器(EPMA、顕微鏡)、各種実機部品の解析事例 
【講  師】福田俊二 氏 (前職 群馬産業技術センター上席研究員)
【受 講 料】1日につき、2,570円 (県外企業は1.5倍の3,850円)
【定  員】各日20名(先着順、最大50名まで)
【申込締切】各講座開催日の4日前まで
【問合せ先】群馬産業技術センター 電子機械係
           TEL:027-290-3030 FAX:027-290-3040
 詳細・申込書は↓
【URL】
http://www.tec-lab.pref.gunma.jp/seminar/kosyu/140602monodukuri.html

 

産業技術センターより以上の案内を頂きました、弊社の話題では無く恐縮ですが、御興味が御有りの企業様や個人の方は参加してみては如何でしょうか。

総会

user-pic
0

先程、新潟から会社へ帰還しました

今年は新潟県が中小企業全国総会の主会場と成り開催されますので、5月のプレ総会や7月の本総会には日本中の中小企業経営者が集まるのかと思うと、生まれ育った地に対して感慨深い想いがあります

しかし市内では都市化が進み、五十嵐地区では学園都市化が推進されインフラ整備が進む一方で、周辺地域や郊外での過疎化による廃虚も目立つ等の弊害も強く感じられました、これが地域社会の問題かと言うとそうでは無く、全産業に於ける強メッセージにも感じられた次第です。

https://fbcdn-sphotos-d-a.akamaihd.net/hphotos-ak-prn2/t1.0-9/10277009_213783165499556_8689399365541674503_n.png

予定

user-pic
0

GW期間中に於ける弊社の休日予定は下記の様な日程と成ります

4月26日(土)休日

      27日(日)休日 

       28日(月)通常稼働

      29日(火・祝)休日

      30日(水)通常稼働

5月1日(木)通常稼働

      2日(金)通常稼働、但し15時10分より社内外の清掃活動

      3日(土・祝)4日(日・祝)5日(月・祝)6日(火・振替休日)

以上に成りますが、私の方は29日と3日から6日は出社しております、但し滞っていた業務の工数で4日間が終わりますので、他の対応は難しいかも知れませんので御了承下さい

先日の北関東産学官研究会の桜井さんに引続き、昨日は前年度迄、群馬県庁経済部工業振興課に在籍していた北嶋さんが、今期からは前橋産業技術センターの方へ移動と成った事により、「今度は相談に乗れる立場に成ったので、応援させて下さい」と業務のフォローを申し出て下さいました、そのフォローを受ける為にも連休中の業務は至って重要なミッションに成ります

(何もかも私のモチベーションが長く保てればの話ですが・・・)

朝はテニスに行ったりと、朝から晩までいるわけでは無いので、来社される方がいらっしゃいましたら連絡を頂いた上で御越し下さいます様、お願い申し上げます

以上ですが、皆様に於かれましては交通事故や行楽地に於ける事故にはくれぐれも御気を着け下さい。

引出し

user-pic
0

P1000493.JPG写真は弊社の設計室に成ります、いつもは取引先各社の新製品や図面を其々の机の上で見ながら設計しているのですが、今朝はそれらを取り除き、機密情報に関わり一切が含まれていない事を確認の上で掲載しました事を先に申し伝えて置きますが、ここには8台のCADを常設しており、この他には持ち運びが出来るCADが1台と事務所にもCADの入ったPCを1台保有しております、また後日UPしますがCADCAM室にも4台のPCに三次元CADCAMや2.5次元CADCAM、旋盤用CADCAM等を用意しております

今時は1人に1台以上のPCを扱う為、企業に於いてもセキュリティー対策や保守契約に係る費用負担は相当な金額に成ります、価格転嫁は避けられない状況にあるとは言え、市場に於けるコストダウンの要請は日増しに強く成り市場競争は卑劣さを増すばかりです

今は技術も安く見られがちですが、今後5年から10年で設計者の付加価値は増し、人間性にも優れたエンジニアの需要は高まると判断しています、エンジニアとは学校を卒業すれば成れる職業ではありません、そんな所からも弊社が取り組むべき課題を抽出し、人財育成と言う投資を今後も進めて行きたいと考えております

社員の個性を生かしながら能力を引出し、企業人としての才能を高める事が私の仕事です、時には渋い引出しもあれば、なかなか開こうとしない引出し、途中迄は順調に引出せてもどこかで引っ掛かってしまう引出し等様々ですが、相手が人である以上、そう簡単に行くものではありません

個々の良い所を引出し、伸ばして上げられる様、私自身も社員と共に成長して行きたいと思います。

人を生かす経営

user-pic
0

5/5に行われる埼玉県坂戸児童センターのこどもまつりで、大平貴之生解説によるMEGASTAR-FUSIONの特別上映を行います。FUSIONシステムを見ることができる貴重なチャンス。飛行機で厚い雲を突き抜けて満天の星が広がるシーンなど、FUSIONにしかできない美しい演出をご覧ください!!
http://www.megastar.jp/news/201404/231704.php

今朝は社内の話題を提供するつもりでしたが、パソコンを開けたらこの話題と併せて写真も届いていたのを見て、その写真の綺麗さに思わずこの話題を紹介せずには居られませんでした、この情報と一緒に届いていたアストロアーツ提供の写真も紹介したい所ですが諸々の問題に成っても何ですので、写真に御興味が御有りの方は別途ご覧下さい

 

ひとつだけ社内の話題を提供するとしたならば上場企業と新規取引契約に至った事です、新規御客様の御厚意に敬意を表しつつも、この契約は藤井、小林、渡邉(晃)、社員全員の努力が引き寄せた結果だと感じています、また緩やかではありますが、大なり小なりは別として確実に結果を残し、企業として一歩一歩ずつ先へ進んでいる事も実感しています

今迄とは違う今回の出来事に、今後も雷親父と言われつつ、愛情を持って社員と関わり、「人を生かす経営」に心掛けて行こうと改めて心に誓う朝でした。

表彰

user-pic
0

P1000492.JPG昨日は新規取引先との面談後、既存の取引先で今期方針説明会に出席しました、その際に弊社社員全員が考案した、VA・VE提案による感謝状を頂きました

提案要請の有無に関わらず、弊社自体がエンジニアリング集団である以上、常に考える習慣を身に着けて置く事は、職業上に於いても常識的な事であり、それ自体が私達に課せられた仕事として捉えなければ成りません

設計、資材調達、加工、組立、企画運営、其々の業務に対して、コストダウンだけでは無く、作業性、効率性、市販品への置き換え、調達先の提案等々、それらに対しては今後も「言われたからやった」「考えろと言われたから考えた」では無く、日常的に取組む事が私達の仕事の筈です、また、社員さんの能力を引出し、その様な社風や文化を社員幹部と一緒に構築する事が私の仕事でもあります

 

今朝は会社の不要と成ったダンボールやカタログ等を子供会の廃品回収に持ち込みましたが、産廃に出せばそれ迄のモノも、多少成りとも日本の将来を担う子供達の役に立つのでしたら、少しの労力も大人の務めと言った所でしょうか、それではまた。

イベント

user-pic
0

今日は私の所属している団体の総会が行われます、下記が要綱に成りますが私の方は新規取引先との照会や既存の取引先での総会にあたる調達説明会に参加予定と成りますので残念な事に、下記のイベントには参加出来ない状況です

群馬中小企業家同友会

http://www.gunma.doyu.jp/pdf/1396259546_1.PDF

 

合わせてイベントの御知らせ

大平さんの所が都内でイベントを行います、ゴールデンウイーク中の企画ですが、この機会に出掛けて見ては如何でしょうか! 

渋谷ヒカリエ2周年スペシャルイベントで「MEGASTAR上映」&「大平貴之トークショー」を行います。前身の東急文化会館閉館キャンペーンでMEGASTAR-II Phoenixを初公開したゆかりの地で、改良されたPhoenixが再びよみがえります。
●大平貴之トークショー 5/4 13:00~14:30 
●MEGASTAR上映 5/4 16:00~20:00 
            5/5、6 12:00~20:00
http://www.megastar.jp/news/201404/171000.php

 

私自身は今週末、私用で親戚周りをする位で、3~6日は静かに落ち着いて仕事を熟す予定で居ます、「何をそんなに、やる事があるんだ」と思われるかも知れませんが、社長の仕事とはその立場に立ち、何度も何度も悩み苦しみ抜いて、初めて仕事の本質が見えて来る、奥の深い職業だと思います。

脅威

user-pic
0

安川電機は創薬などの従事者がバイオメディカルロボットに作業内容を教示(ティーチング)しやすくする独自フォーマットを開発した。従事者によるロボットへの教示を容易にすることで、バイオメディカルロボットの普及を促すのが目的。大学など現場のニーズを反映させつつ、業界共通のデファクトスタンダードにしたい考えだ。
 画面上で薬剤の投入量、撹拌時間、作業全体の手順などをフローチャート方式で入力する仕組み。ピペットや試験管といった器具の絵なども挿入し、分かりやすく入力できるようにしている。この指示に従いバイオメディカルロボットが作業を進める。ソフトウエア型で大学などへ試験的に提供を始めた。
 今後ユーザーの声を採り入れながら完成度を高める。
 ターゲットとする創薬などの研究者はロボットになじみがないためティーチングが困難と想定し、容易にプロトコル内容を入力できるフォーマットを開発した。

御覧に成られた方も多い事と思いますが、上記は日刊工業新聞の抜粋です

ベンチャー企業各社が挙って同様のアプリケーションを開発している中、この様に大手が一瞬にして市場を浚って行く様を見ていると、弊社の様な企業はアカデミックな思想で技術を売るのか、それともビジネス化した商品を作り込んで行くのかを明確にした上で経営計画を立てなければ、どんな苦労も報われないと感じた記事でした

 

この様な記事を見ていると中長期、合わせて短期の指針や計画の重要性を改めて感じると共に、今は確実に自分の子供達より若い社員もいる中、まだまだ自分自身も頑張りながら、右腕左腕、更には社員を育て事業承継の準備も進めなければいけないと感じつつ、会社の経営を維持させて行く事の責任を重く感じるこの頃です。

回想

user-pic
0

奈良教育大附属中、2チーム出場へ 世界最大規模のロボ競技大会

「課題 確実にこなしたい」

世界80カ国の小中学生が参加する世界最大規模の国際ロボット競技大会「ファースト・レゴ・リーグ」(FLL)に、奈良教育大附属中学校(奈良市)が日本代表として出場する。大会は4月下旬にアメリカで、5月下旬にはヨーロッパで開かれ、それぞれに2チームが分かれて出場する史上初のケース。同校の出場としても7年ぶりで、生徒たちは「世界各国の選抜チームに負けないゲームを展開したい」と意気込んでいる。

上記は昨日の日経デジタル版の抜粋ですが、こんな頼もしい学生が増えてくれるのは、我々世代の人間にとって、本当にホッとします

以前からそうですが、メカで言えばエンジニアの養成と言ってもCADの操作や部品図の掻き方を教えるだけの教育機関が多く、エンジニアの本質を養う為の学校が見当たらないのが実情です

自らが思い描いたものを、自らが加工や組立を行い動かして見る、その過程に於いて解らない事は調べたり聞いたり、更にその中で様々な人達とのふれあいが待っている、それこそがエンジニアの原点であり、楽しさの様な気がします、あくまで個人的な意見ですが、教育機関に於いては、その面白さを先に感じさせてからCADの操作や書き方を教える方が、理に適っている気がします、大事なのは「思い描き形にする」事では無いのかなと感じる昨今です

私の若い頃は部品図と一緒に加工工程表の添付が当たり前の時代でした、また諸先輩からは「この図面はどうやって加工するんだ」と聞かれ、答えられなければ「加工方法も説明出来ない図面なんか書いてんじゃね~ぞ、解らなければ工場に行って教わってこい、それも御前の仕事だろ~!」等と怒られたものです、またそれらも含めて設計者の義務だとされて来ましたが、今でもそんな事を言っているのは、もはや私位だと思うと叩き込まれた習慣は根強いと、自分ながらに感じます

昨今の企業に於いては「効率」と言う言葉が正義と成り、コミュニケーションはデジタル化され、単刀直入にメール等のSNSだけで要件を交わし、それをエビデンスとして扱う文化が良しとされる昨今、御互いに正しく理解出来て居るのかどうかさえ確認し難い中で業務を遂行している様にも感じています

そんな風に思うのも私の世代以上の人間だけで、今後は後者が常識とされていくのかと思うと、寂しく感じます、しかしながら弊社に於いては、この事実から問題の本質を抽出し、本当の意味でのエンジニアリング集団を構築しなければと節に思う日曜の朝でした。

産学官

user-pic
0

最近、群馬県桐生市にある「産学官イノベーションセンター」へ出掛ける機会が増えて降りますが、そちらでは北関東産学官研究会が主体と成り、大学等の教育機関や民間企業のコネクト業務、各種フォーラムや研究会等のイベントを運営されたり、民間企業から協力要請があれば専門家による支援を行い、新たなイノベーションの掘り起こしを行う事が目的とされて降ります

ここ2年程、弊社も御世話に成る機会が多く成り、大変に恩を感じていますが、こう言った意味のある行政の外郭団体は本当に助かります、しかし正直な所それまでは「どうしてこんなに様々な団体が犇めき合っているのか」と不可解に感じていましたが、最近では様々な所へ顔を出す様に成り、各組織の存在意義も理解出来る様に成ったと同時に、偏った視線や表面的な部分だけで、人や物事を判断するのは良くない事だと改めて感じた「北関東産学官研究会」との出会いでした

 

話は変わり、「第7回群馬県からくり工夫展」が開催されます

場所は群馬県庁1階、県民ホール、日時は5月17日~18日の9時30分~に成ります、御子さんのいらっしゃる御家庭では、各種イベント等も開催されますので出掛けて見ては如何でしょうか、幸い県庁は駐車場が2時間無料です、詳しい案内はパンフレットを御覧下さい。

http://www.pref.gunma.jp/06/g1610023.html

 

 

先日の共育研修も含め新規取引先の確保や年次決算等、昨年度分の業務が要約、ひと段落しました

社長に成るのは簡単ですが、企業を成長させて行く事の出来る「経営者」に成るのは本当に大変な事です、人が増えれば良いか言えばそうでは無く、規模が大きければ良いかと言えばそうでもありません、事業を生み出し、それを紐付けして行く事の出来る人だけが「経営者」と呼ばれる資格があるのだと思います

企業は何もしなければ衰退します、その危機感を持ち、またひと段落する間も無く、来週からは今期の計画を少しずつ行動に移して行きたいと考えております、またロボット学会やIEEEの学会、各種レセプションへの参加と併せて、企業として各展示会へ積極的に出展して行く方針です

短期計画では「医療機器製造業許可」や「自社製品開発及びブラッシュアップ」「ネット事業の拡大」をテーマにします、手法は「小さく生んで大きく育てる」を念頭に進める次第です

生意気だと思われるかも知れませんが、私自身は基本的に機械的なモノであれば時間と御金を掛ければ出来ないモノは無いと考えていますが、中小企業の苦しい所は正にそこであり、他の企業同様に既存事業で精一杯と言うのも事実です、その現実の中に於いて、例え難易度が高いロボットを作ったとしても、「開発資金が何時回収出来るのか」と言う事を考えると、まず回収率の良い商品を市場に出そうと言う事になるわけですが、市場はそんなに甘くありません

 

創業当時から比べれば、弊社の社員幹部のライススタイルが変わったり、多少人員も増えたりしている過程に於いて、精神論では無く、きちんと理論に裏付けされた管理職や社員の資質を高める研修をしっかりしておくべきだったと後悔した時期もありましたが、4年程前には奮起し「社長の学校」に入り「経営指針を作る会」の参加と同時に、今の時代に合った研修を再スタートさせ、今期も同様に社員幹部の教育には、ちからを入れて行きたいと思います

売上げや商品開発の全てに於いて、社員幹部の成長なくして企業の成長は有り得ません、そして社員をもっとも信頼出来るパートナーと考え、企業として将来も安定した生活を社員の皆さんへ提供するには、やはり行き着く所、「教育、開発、売上げ」が今後の課題と成りそうな今期です。

社員研修

user-pic
0

10245460_401762949964836_1540076460900786672_n[1].jpg昨夜は教育研修第6講が行われました、写真は各人の成果発表等の場面ですが、弊社の吉澤、渡邉も其々に皆の前で発表をさせて頂き、無事に6か月間の全講義を終了致しました

聞いて御終いでは無く、今後は研修で学んだ事や体験した事柄を日々の生活の中に織り込んで行く事が彼等の役割と成ります

人は誰もが共通して、周囲から上目線でモノを言われても肯定的に受け入れる事の出来ない生き物です、まして研修会等も業務が終わってからの夕方から夜に掛けて行うものに関しても、参加してしまえば興味も湧いて来るかも知れませんが、最初は「会社から行けと言われたから・・・」と言う方が殆どだと思いますので、今回の様な体験型の研修会は皆さん御苦労をされたのではないでしょうか

しかしながら、この様な長期に渡る研修には心理的な意味と脳科学による裏付けに基づきカリキュラムが組まれており、そうした社員の成長の一助と成る事が私に課せられた義務でもあります

何れにせよ、様々な企業との合同研修では他社の問題も一緒に考えたり、逆に他社の良い所を自社に取り入れたり出来る事も利点として捉え、本研修会には今後も積極的に参加して参りたいと思います

ちなみにプロジェクター下に見えるのが吉澤君で、渡邉君はカメラフレームの外に位置したグループだった為に写って居ません、また私も同様にフレームから外れた所にいましたので今回は写っていませんでした。

新年度

user-pic
0

今朝は4時頃から5時過ぎに掛けてウオーキングをしましたが、沈む月から昇る朝日が見られる気持ちの良い朝でした

ここ数週間、将来の礎にはロボット事業に没頭したい所ですが、既存のFA事業やR&D事業に関して新規顧客と新規契約の確保にも神経を擦り減らしながら活動をしている昨今です、何分4月と言うと年度の切り替え後、諸々の手続きが行われる月でもありますので、直ぐに契約には取次げ無くても弊社を知って頂き、今後の理解を深めて頂く為には今がチャンスと言う事もあり、ここ最近の私は必死です

しかしながら新規契約や新規顧客に取次げたとしても、信用を失速させたり信頼を裏切ったりしては、どんなに営業をしても業務拡大に至る筈はありません、あくまで業務を遂行するのは社員や幹部です、そして取引先との信頼関係の構築も同じく社員や幹部に求められるテーマです

取引先の注文対応ひとつに関しても御客様に喜んで頂く事が弊社の方針です、また設計者に関しても、時間を掛けてでも設計図が書ければエンジニアでは無く、社会に認められるエンジニアと成れる様な資質を高め、知識、技能、経験を兼ね備えた人財に拘って行く方針を変えるつもりはありません

技術や気配りに関しては厳しい会社かも知れませんが、御客様目線で考えれば当たり前の事であり、それが出来ているからこそ、御注文を頂いている筈です、今はコストありきの時代かも知れませんが、しっかりとした理念を持って社会と向き合い企業経営をしていれば、必ずや報われる時代が再び訪れると信じて、未来へ挑戦して行きたいと思います

 

おもむろにテーマも考えなく、パソコンを打ち込んでしまいましたが、この業種で新規契約を取付けるのは並々ならぬ苦労と苦痛を強いられますので普通の精神状態ではいられません、まして研究所や開発センター、R&Dに係る事案に関しては、私個人のプライバシーや数か月間に渡り全ての素行が調べられます、反社会的勢力との関わりが無いか、企業情報の漏えいに関与していないか等が主な対象ですので、まったく問題に成る様な事は無いと自負しておりますが、私の場合、見られたくない所と言えば飲み過ぎて社員に迷惑を掛けている所くらいでしょうか。

今時

user-pic
0

昨夜は19時頃、旧知の仲にある山岸製作所の山岸社長が来社下さいました、家が近い事もあり、様々な場面で遭遇する事の多い方でもありますが「御互いに歳を取ったな~」と改めて感じた次第です

 

今時なのでしょうか、この所、会社に掛かって来る電話の数が激減して降りますが、その逆にメールの数は数倍に成って降ります、私に関して言えば外出も多いので効率性を考えたらポケットクラウドを利用して外部からも自らのパソコンが閲覧出来る様にするのが今時かと思いますが、一度は試してみたものの、この場では御伝え出来ない諸事情が発生した事に加えてセキュリティーの関係上、御客様にも迷惑を御掛けしない様、その後は利用して降りません

それ故に会社に戻らないとメールが見られない状況にあり、取引様各位に於かれましては、御不便を御掛けして降ります事を合わせて御詫び申し上げます

立場上、私個人の事ならともかく、企業としてトラブルが発生してからでは取り返しの着かない事態にも及びかねない事も含めて、企業防衛と言った観点からも便利だからと言うだけで済む事では無い事も御理解頂ければ幸いです

まあパソコンを使い分ければ良いだけの事なのですが、そのへんの必要性も感じつつ、諸々の事情から、今はそれが出来ない状況にあります

今後は「医療機器製造業許可」や「医療介護向けロボット」「御伴するロボットカスタマイズバージョン」「カメラロボットシステム」等にもトライして行く事もあり、セキュリティーや機密保持には万全を喫して行きたいと思います 

それも含め、今日は群馬県の大澤知事より弊社も関係している重要な発表がある予定ですが、未だに関係各所からは連絡が来て降りません、明日には報告出来ると思いますので、今しばらく御待ち下さい。

 

チャレンジ精神

user-pic
0

先日、来社頂いた桜井氏に早速、資料を送って頂き、昨日の朝は何度も何度も読み返して見ました

「医療器具、医療機器製造業許可申請について」

「薬事法対応について」

「医療機器、医療器具販売業申請の手引き」

以上の3種類に成りますが、聞き馴染みの無い文言が盛り込まれている為、一読しただけでは到底、理解出来るものではありませんが、これと併せて先日の学会で頂いた、「医療福祉機関によるニーズ集」を基に今後の資料作成を行っていく予定です

 

話は変わり、昨日は群馬県全域の中小企業経営者の方々と御会いして来ました

80歳でも現役で頑張っている方や「命が危ない」と言われながらも再起を果たした経営者の皆さんと御会い出来て、元気を頂けた事に感謝しながら、改めてチャレンジ精神を持って、今後も企業経営に励んで行こうと思う日曜日でした。。。

土曜着指定

user-pic
0

とりあえずパソコンも復旧したのですが、通信のレスポンスが悪い状態です、もう少し様子を見て駄目なら環境設定も変えてみようと思います

昨日は例によって、不思議と土曜日になると大きな荷物が届くと言う出来事が起こりました、まだ事前にアナウンスされていれば未だしも、各メーカー共に決まって土曜着指定に成っているのです、時には50Kg程の着磁電源や大型の油圧シリンダーが届く事もあり、運送会社の方にも素直に「御苦労様」と言えるものではありません

昨日も同様に多軸ロボットが2台も届き、大型トラックの荷台に1m50cmもある正方形状の木枠2個を目にした時には、「勘弁して下さいよ、なんでいつも土曜なんですか、聞いてませんよ」とは言ってみたものの「まあしょうがないか」と心の中で呟くも帰りには「ご苦労様でした」と見送った次第です、幸い吉澤君が出社していたので手伝って貰う事が出来ましたが、毎度の出来事に、やるせない気持ちが隠せません。

メンテナンス

user-pic
0

昨日は社用車で小林君と納品や打合せに出掛け、途中の大宮からは私が電車で都内へ向かい、夕方には某大手S社を後にした所迄は順調だったのですが、帰りは埼京線の電車内に於いて「社内での迷惑行為により、運行に遅れが出ております」と車内放送が流れ、その後は1時間程、電車が止まり、動き出したかと思うと今度はダイヤの乱れから30分程の徐行運転が続き、更には乗り継ぎも滞り、結局、高崎に到着したのは22時45分頃で2時間以上のロスと成りました、その後も信越線横川行きの最終が22時44分だった為、小走りに隣のホームへ向かいましたが間に合う筈も無く、最終電車を見送った次第です

 

ここ最近、メールの送信が出来ない日が何度かあったり、数日経過してから受信されたりと不具合が生じていましたが、今朝は送受信の両方が出来ない状況にある為、ソフトを削除してアカウント等、入れ変えてみようと思います

パソコンには強くないので、気が重い状況ですが、月曜に持ち越すわけにも行かないので何とかやってみます、そんなわけで今朝はここまで、それではまた。

先着

user-pic
0

下記は公益財団法人 日本科学技術振興財団より頂いた案内の抜粋です

【開館50周年記念イベント】

1964年の東京オリンピックの年に開館した科学技術館は今年で50年を迎えます。今週末の4月12日(土)、13日(日)には先着100名様にオリジナル記念グッズをプレゼントします、お楽しみに!

 

私も行きたいのですが、土曜は仕事、日曜は他のイベントがあって行けそうもありません、社用とプライベートの境が無いライフスタイルですが、それも社長業の宿命と言った所でしょうか、話を戻し、新しく成ったプレアデスのHPはこちらです

新WEBサイト : http://pleiades.jsf.or.jp/

 

綺麗にまとまった所で今朝はここまで、それではまた。

薬事法

user-pic
0

昨日は北関東産学官研究会から医療連携コーディネーターの桜井さんに来社頂き、薬事法対応についての説明を受けました、また昨年から多くの勉強会やシンポジュームに参加して来た内容も、桜井さんの説明で、要約、全ての経験が紐付けされた事により、無縁で程遠い世界かと思っていた医療分野への参入が現実の物として実感出来ました

まず弊社が今日から取り組む事は「医療機器製造許可」を申請し、ISO13485=QMS省令を得る所から始まります、言わばISO9001に医療機器個別要求事項及び付加要綱事項を盛り込んだ物がそれです、と言ってもここだけ説明したのでは理解出来ないと思いますので解説の方は割愛させて頂きますが、それにより認可のいらない医療機器の筐体関係だけで無く、医療機器その物を製造販売する事が出来る様になります

概ね2時間強の時間を要しましたが、費用の面でも御指導を頂き、事細かに隅々まで丁寧に説明をして下さり本当に感謝しております

最初は展示会に出展した際に解説員として参加していた小林君と桜井さんの名刺交換がきっかけで、その後、桜井さんから小林君宛に電話を頂き、その小林君から「社長、先日の展示会で名刺交換をした・・・」と報告があり、日程変更もあった中、何とか都合を着けて同席した私でしたが、これも人の縁や全ての言動が桜井さんを手繰り寄せた結果に結びついたと感じています

合わせて、ゆっくりではありますが理想に向かって着実に、全ての事が前え進んでいると実感する毎日です

医療機器開発製造許可により、「御伴するロボット」の発展性も無限の広がりを持てる様に成って来ましたが、今は焦らずに夢の階段を確実に登って行く事が必要だと感じた出来事でした

 

会社でも家庭でも、笑ったり泣いたり怒ったり感動したり、そして時に怒鳴ったりと社員や家族とは100%正直に直球で向き合っているが故に、何処へ行っても憎まれ、嫌われ役の私ですが、全員が至らない私を支えてくれる、かけがえの無い人生のパートナーです、そんな私でも「夢を持って真剣に、そして真面目に頑張っていれば、どこかで誰かが見ていてくれるものなのかな」と思わせてくれた、とても貴重な桜井さんとの出会いでした。

工場見学

user-pic
0

昨日は疲労も蓄積していた事もあり、早目の帰宅をさせて頂きましたが、早い物で気が着くと水曜日、今月の売上げも然る事ながら経営者の私には賞与の支給も気になる時期と成りました、そんな中、今迄半導体やデバイスを製造していた工場から「植物工場見学会」の案内を頂きました

 

植物工場見学会
1.概要
(1)期 日:平成26年5月14日(水)
(2)場 所:富士通セミコンダクター㈱会津若松工場
       (福島県会津若松市門田町工業団地3)
(3)対象者:戦略会議健康科学産業部会員で植物工場事業に関心がある者
       (すでに関連事業を実施しているかどうかは問いません)
(4)定 員:20名程度(先着順。申込み多数の場合は1社1名とさせていただきます。)
(5)参加費:無料

企画運営、群馬県産業経済部工業振興課 次世代産業振興係

 

興味はありますが、移動時間が往復路8時間強掛かりますので少し思案中です

この所、決算報告書の確認や消費税に伴う経費増大等、気の置けない事が続き、事業計画も停滞している事に苛立ちを感じる昨今、周囲からは「急に老けた」と言われる始末ですが、自社を守るのが私の責務ですので、今を乗り越えれば、その向こうには新たな景色が見えて来ると信じて頑張ります

 

取引先へ出掛けると新社会人の皆さんを多く見掛ける時期と成りましたが、周囲の応援を受けながらも、「自分を守るのは、自らが学んで来た技術や知識、それを生かす行動力と発言力」だと、我が子を見る様に心の中で呟く昨今です。

競合

user-pic
0

タカラトミーは、OMNIBOTシリーズ新製品の倒立振子ロボ「Hello!MiP」と犬型ロボ「Hello!Zoomer」を発表!それぞれ6/21、7/26発売で、価格は15000円(税抜)。歴代OMNIBOTシリーズもお目見え。

https://pbs.twimg.com/media/Bkl1XcxCcAEP-1i.jpg

 

上記の話題はロボット業界の方なら既に周知されている事と思いますが、技術的には難しい物では無いにしろ、弊社が製造販売するとした場合には、価格面で優位性を得る事は到底出来ません、やはり付加価値とマーケットの追求により、弱者でも勝算のある商品を提供しなければ成らないと改めて思わせる、辛い話題でした

 

話は変わり昨夜は取引先の知人と御会いしましたが、青森県弘前市から長時間の移動で御疲れの所、貴重な時間を頂戴し、恐縮した次第です、その会話の中で「サンシステムは大手と同様の企業運営をしている」と、お褒めの言葉を頂戴しましたが、「見てくれている人は、きちんと見てくれている」と感無量でした、今後も社員全員が「小さな会社だから」と、コンプレックスを持つ事の無い様、自らが経営者の資質を高めて行きたいと思います。

諸々

user-pic
0

会社の花見バーベキューの次の日は講演会や山積した業務遂行の為に土曜出勤でしたが、結局は終わらずに日曜の朝はテニスクラブで汗を流した後も終日出勤する事と成り、それでも終わらずに疲労を抱えたまま月曜の朝を迎えています、効率が悪いのかと言えば決してそんな事は無いのですが、「言いわけは無能の愚痴」と30数年前に教わった様に、まずは今日も、一心不乱に社業に励もうと思います

各企業其々、消費増税によるシステム調整の延滞や、新年度の組織変更もあり事務手続きの滞りも見受けられる昨今ですが、どちらの企業にとっても、この時期は何かと業務に支障を来たすものです

弊社も今月は社員さんの昇給に伴う届け出を行ったり、住民税の特別徴収票等が送られて来たり、健康診断の申込み、その後は暫定基礎届等、諸々の事務手続きを行う時期を迎えています

そんな今日は世界保健デーと言う事ですが、健康管理は幾ら周囲が言っても、本人が意識を持たなければ習慣付けられるものではありませんので、弊社に於いても、このテーマは各個人に委ねたいと思います

また先週末から入園式や入学式が各所で行われている様ですが、しばらくは朝の通学時間帯と重なる通勤時には、十分な安全運転に心掛ける様にしたいものです、更に初心者マークを付けた車も多く見受けられる時期になりましたが、車の運転には最も慎重に成らなければいけない時期かもしれませんね、それではまた。

学び

user-pic
0

JIN,Sの田中仁氏の御話を伺いました、企業規模に関わらず経営と言う仕事は本当に大変な仕事だと痛感する毎日、JINSの田中氏も言っていましたが、「事業展開してい行く上で新たな事にチャレンジしなければ企業として衰退し消えて行くが、しかし新たな事にチャレンジしても全てが上手く行くわけでは無く、殆どの挑戦が失敗に終わり、その失敗から生まれた新たな可能性を必死に手繰り寄せる事が出来た時に初めて、人様からは『成功』と言う言葉で表現して頂ける、苦しい事から逃げていては企業の存続は有り得ません」と言う話から始まり、イノベーションアワードの概要等に至りました

あんなに順風満帆に見える企業でも必死に立上って来たのかと思うと本当に励みになります、弊社に置き換えても、設計-調達-加工-組立-配線-デバッグ-納品と言う工程の中、大きく分けても開発と製造と言うカテゴリーに分かれ、知識や技術の他にも先端設備の導入等の設備投資が必要に成ります、規模は小さくても、開発機能にちからを入れ、複合加工から三次元測定機を兼ね備えている企業は希少では無いかと自画自賛しておりますが、今後も企業規模を気にするのでは無く、どこにでもありそうだけれど、実はどこにも無い企業を目指し、差別化による生き残りを目指して行きます

その為にも今迄に構築した知識や技術、更には充実した設備を活かし、自社製品開発に尽力を注ぐ覚悟で降ります、常に新たな事にチャレンジし続け、失敗を失敗で終わらせない思考と行動力こそが、田中氏から学んだ経営論です、客観的に見れば、私より若い経営者に学ぶのも恥ずかしい話かも知れませんが、今はプライドよりも大切なモノに目を向けて行きたいと思います、また最後にはジャケットにネクタイ、そしてリュックサック姿で席を後にする風貌にも、強いメッセージを感じた次第です。

採択

user-pic
0

平成25年度国補正予算「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業(新ものづくり補助金)」公募説明会のご案内

 革新的なものづくり・サービスの提供等にチャレンジする中小企業・小規模事業者に対し、試作品開発・設備投資等を支援する「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新事業(新ものづくり補助金)」の説明会を開催します。
【開催日時及び会場】
 ○前橋会場
   開催日時:平成26年4月15日(火) 10:00~
   場所:群馬県公社総合ビル 1階 多目的ホール
      (前橋市大渡町1-10-7)  
 【申込方法】詳細は、群馬県中小企業団体中央会のホームページをご覧ください。
【URL】
http://www.chuokai-gunma.or.jp/
【申込期限】4月11日(金)17:00まで
【お問合せ・申込方法】群馬県中小企業団体中央会
           TEL:027-232-4123 FAX:027-234-2266 

上記は群馬県産業技術センターからの案内ですが、弊社では、この他にも申請中の事業があり、休日返上で一心不乱に書類を作成しても採択されない時には、人間不信に陥ったりと心が折れます、また群馬県優良企業表彰に関しても昨年と一昨年にエントリーしましたが、いくら要綱を満たしていても、企業規模で判断されたのかと思える時には、本当に社員に申し訳ない気持ちで、正直、立ち直れない位の気持ちに陥りますが、これからも出来る範囲で社会貢献や正しいと思われる事業経営に打込んで行くつもりです

花見

user-pic
0

昨日は何かと多忙な日でしたが、今朝も始業時間前から取引先へ出掛けて参ります

書類の作成も落ち着いたかの様に思えて居たのですが、「医療介護向けロボット開発に於ける事業計画書」を今朝も8時迄に仮書類を送付した上で、明日は終日、いや終わらなければ明後日も官公庁と金融機関向けに作成しなければいけません

また、ここ数日の消費増税に伴う弊社の影響を観察して降りましたが、やはり消費増税分は販売価格に転嫁しなければ到底、企業として成り立たないと判断した上で、昨夜は21時頃にも関わらず、藤井君を含む製造技術部のメンバーへの概要説明と、その影響をデータ化する様に御願いをしました

増税に伴い3%の経費が今迄以上に重荷と成り、更には昇給を踏まえると、とても企業努力等と言う言葉だけで済む問題ではありません、次に控えている消費税10%の教訓と出来る様に、しっかりと重要な指数は抑えて置きたいと思います

そんな事もありつつ、本日15時からは弊社の御花見を行いますので、業務もその時間には終了して降ります事を御了承下さい。

感謝

user-pic
0

弊社の加盟している群馬県職業能力開発協会から、いつもの説法が送られて来ましたが、今朝は弊社に置き換えて考えて見ました

「拝むほど部下の働きに感謝する」
 小規模の会社であれば、自ら率先垂範して、部下の人に「ああせい、こうせい」と命令しつつ皆を使って、大体の成果を上げる事が出来るでしょう。 しかし、百人、千人と成れば、「こうして下さい、ああして下さい」と言う様な心持ちが無ければいけない。これが更に一万、二万人になれば、「どうぞ頼みます、願います」と言う心持ち、心根に立つ。そして更に大をなして五万人、十万人となると、これはもう「手を合わせて拝む」と言う心根が無ければ、とても部下を生かしつつ、より良く働いて貰う事は出来ないと思うのです。

いずれにしても小規模、大規模の企業にしても部下・新入社員に率先して物事に積極的に取り組む心根を植え付けることが大切である。

(松下幸之助「商売心得帖」より抜粋)

「管理職の考え方として、小規模でも大規模でも上司が傘下に示すべき道理は同様」と言う、松下氏の考えは受け継いで行きたいと思わせる最後のフレーズでした

 

【科学技術館開館50周年記念イベント】

1964年に開館した科学技術館は今年で50年。4月12日(土)開催の「米村でんじろうサイエンスショー」の入場券の前売り販売は4月5日(土)からです。 

上記は科学館からの案内ですが、でんじろう氏はさて置き、あの建物も築50年になるとは、年月の経過はあっと言うまですね。

学習機能

user-pic
0

昨日は4月度の全体朝礼で新体制の発表や昇給の最終確認を行いました、ベアに関しましては23年度に導入した人事考課制度と共に大幅なベースアップを実施した経緯もあり、今回は昇給のみと成りました、その後は会計士と前期の決算内容の確認を行い、今日は前期の各指標を見直した上で今期の指標設定を私の方で策定しなければいけません

また昨年度からの中期経営計画に伴いロボットファクトリーオンラインショップの売上げ目標を設定しました、目標は大きく掲げましたが、これらに関しても出来る出来ないはともかくとして、「目標無くして結果無し」、将来は企業にとっての柱と成れる様、取組んで参ります

弊社の長期経営計画も昨年から「10年後の新たなサンシステムの構築」を掲げて降りますが、社会に必要とされるサンシステムであり続ける為にも、中小企業の利点を生かし、社員一同がちからを合わせられる企業作りを目指して行きたいと思います

 

話は変わり、今朝はロボットやパソコンに搭載される人工知能の「機械学習」をテレビで取り上げていましたが御覧に成られたでしょうか、将棋を打つロボットや人の動きを読むロボット等、最近話題のビッグデータを活用したコンテンツやロボット等が紹介されていましたが、デンソーや日立、IBM等の事例を見ながら、「大手と競合しても勝ち目は無い、大手の参入し難い分野で『弱者の戦略』を徹底して行こう」と再認識した朝でもありました。

アドバイス

user-pic
0

一頻り会社周辺の清掃活動を終えての朝を迎えて降りますが、同時に数週間続いた消費増税に関する諸々の心配も何とかクリア出来ましたので、今後しばらくはヒューマンエラーが無い様に心掛けて行きたいと思います、そして今度はモノ作り補助金の申請書を4日迄に提出しなければ成らないのですが、開発費の試算に手古摺って降り、4日の提出には難しい状況にあります、そんな様々な悩みを抱えながらも昨日は税理士と相談の上、今後の企業運営に関しての打合せをしました

相談の内容は長期借入や当座貸越し、そして手形や消費税、キャッシュワークバランスに関してですが、他機関の方からの相談結果を持って、最後には必ず税理士のアドバイスを貰う様にして降り、偏った意見に翻弄されない様に第三者の意見を必ず取り入れ、最後は自己責任で判断する様に心掛けています

話は脱線しますがアドバイスと言っても様々なコンサルタントもいます、先日の研修会でもKGIに関する「課題の抽出」と言うテーマの中での事ですが、「性格やライフスタイルの違う人達の心をひとつにするのは大変な事ですよね」と言う私に、「会社の方針に従えない幹部や社員は止めて貰って下さい、放置しておいても会社は伸びませんし、足を引っ張られるだけです」と、きっぱりと提言するコンサルタントも居るのです、また1月の研修会でも、「営業をしていて話が合わない、意見が合わない、気が合わない、こんなお客さんは相手にしなくて結構です」と言う経営コンサルタントも居ましたが、両者共に極論だとしても私には到底理解の出来ない話でした

そんな事もありつつ早い物で4月に成りましたが、日々変化する経営環境に順応すべく、気を引き締めて参りたいと思います。

このアーカイブについて

このページには、2014年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年3月です。

次のアーカイブは2014年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。