2014年5月アーカイブ

イベント

user-pic
0

大平さんの事務所からイベントの御案内を頂きました、広報のOさんには何時も御気使い賜り、本当にありがとうございます、大平さんも、ここ迄、様々な事にチャレンジしている姿は素晴らしい事だと思いますが、「違いのわかる男」として、ネスカフェのCMに出て居た若かりし頃が懐かしいですね  

 イベント名:ミッション[宇宙×芸術]-コスモロジーを超えて
   開催日:6月7日(土)~8月31日(日)
   時間:10:00~18:00
       ※入場は閉館の30分前まで
   休館日:月曜日(7月21日は開館)、7月22日
   会場:東京都現代美術館(企画展示室1F/地下2F・アトリウム)
   プレスリリースは
こちら

       http://www.megastar.jp/news/201405/151540.php

 昨日は東京ビッグサイト近くの取引先へ車で出掛けましたが、会社から現地まで2時間弱でした、都内も渋滞が無ければ意外と早く着くものだと感じつつ、出掛ける前からの疲労により、赤信号で交差点に突っ込みそうに成るは、青信号ではボーッとしてクラクションを鳴らされるはで、「相当、疲れてるな」と車内で独り言を吐く様な状態でしたが、その後も埼玉の取引先へ出向き、難無く会社に戻る事が出来ました、しかしながら留守をすれば業務が溜まり、結局の所は休日も出社して処理をする状況に、いろいろと考える所もありますが、まずは今日一日を有効に過ごしたいと思います。

行動規範

user-pic
0

早い物で5月も終わりですが取引先の対応や業務に追われ、GWがあったにも関わらず振り返れば休みと言う休みは無かった月でしたが、そんな事よりも6月を含めた今後の売上げを伸ばして行く為の計画に尽力を注いで行きたいと思います

昨日は設計スタッフ数名へ、対話の大切さに加え、其々に個別行動規範を指示させて頂きましたが、受注形態が複雑化した昨今、社員其々の考え方や顧客対応の取組を掘り下げて考える必要を感じた為、其々が自分達に足りない物を自らが補う習慣や対話能力の向上を促し、幹部管理職に至っても社員と共に成長出来る環境の構築を合わせて御願いした次第です

機械設計と言う市場環境が、これ程迄に様変わりしていなければ以前の様な考え方でも良かったのかも知れませんが、今は機械設計技術者にとっても変革の時期と言えるかも知れません、しかしながら一度は設計技術の途絶えた日本に於いて、3年後には経験豊富な設計技術者の地位が高まる事も予想されていますので、今のうちに社員の資質を高め、後々の需要を取込む所存です

 

その後は北関東産学官研究会の櫻井さんと支援機構の下仁井さんに御越し頂き、今後の事業計画遂行の為、諸々の相談をさせて頂き御指導を賜りましたが、下仁井さんは自宅が御近所と言う事もあり、最初は戸惑ったものの、私と相反して誠実な人柄や温厚な性格から、技術的な事から市場開拓や薬事法の申請迄の全てを相談する事が出来ましたが、またしても新たな情報提供を頂き、目から鱗の連続でしたが、櫻井さんは本当に只者では無いと感じています、且つ押し付けがましくも無く、高飛車に振舞わない所は私も見習うべき所だと、我を恥ずしく思います

 

更に夜には小林君や横田さんも埼玉や東京への納品等から戻り、、吉澤君と保坂君も客先での打ち合わせを終えて会社に戻って来ましたが、その後も諸々の追い込みに遅くまで頑張っている姿は、とても逞しく見えました

そして今日は某所の送別会に呼ばれていますが、行けるかどうかは未定です、それもこれも今月の売上げ集計次第と言った所でしょうか。

対話力

user-pic
0

法人減税に関して、某中小企業団体代表がテレビ番組のインタビューで、取材陣に誤解を与えたと、中小企業経営者の間で話題に成っていますが、話し方や受け答えは相手に誤解を与えない様に、丁寧に話を伝えなければいけないと思わせる出来事でした、とくに業界が違ったり、一方的な既成概念を持たれている方との会話や対話は、気を使わなければ取り返しの着かない事に発展する可能性もありますので、三人称で捉えた場合、やはりメディアは怖いですね

昨今では「そんな位、解るだろう」「そんな事は前提で話している」「そんな事も解らないのか」等と思っていても、余程親しいか、もしくは心が通い合っていなければ通用しない事の方が多い様ですので、私自身も心して周囲と接して行きたいと思います

 

今日は北関東産学官研究会の櫻井さん他が御見えに成り、弊社のビジネスプランに対して諸々の御教授を授かります、また11月に行われますグリーンドーム前橋での「ビジネスマッチング展示会」にも出店予定と成っていますので、今後も手を緩める事無く、攻めの経営で行きたいと思います。

かすり傷

user-pic
0

10301174_420566271417837_3917202287038922588_n[1].jpg昨日は「社員さんと共に成長した13年」と題して、サンテックスの田村氏が基調報告をして下さいました

今回も「良い話だった」「参考に成った」等と聞いて終わりでは無く、今後の自社経営に活かせる様にして行く事が私の務めだと思いますが、田村氏の話を聞いて、どの企業の経営者も苦労は絶えない事に、「苦労をしているのは自分だけでは無いのか」と、正直ある種の安堵感を覚えつつ、経営者として何が正しい事なのかを考えさせられた基調報告でもありました

私は写真手前の7グループでグループ長を任されました、生憎、私の姿は写って居ませんが、皆さん熱心に勉強している様子が感じられる事と思います、ちなみに写真は事務局長の黒岩氏より無断転用したものですので悪しからず

講演の内容を解説すると長く成りそうなので、割愛させて頂きますが、真の経営者とは人の意見を素直に聞き、正しく生きる事だと、改めて自分に言い聞かせていますが、シンプルな様で、とても難しい事でもあります

最後になりましたが、苦悩する田村氏の心を支えた言葉だけを紹介します

エッセイスト山崎拓己「怖がらなくてもいい、死ぬ事以外はかすり傷だ」

 

そして9時半頃でしょうか、会社に戻り廃品回収物を車に積み、皆の仕事場を一頻り眺めては会社を後にした次第です。

リセット

user-pic
0

昨日は出張に出掛けましたが、偶然にも某大手企業のリストラにより退職をされる方々と、御話をさせて頂く機会が持てました、しかしながら私と同世代の場合は中々再就職も難しい様子で、そんな中に於いて、精神的に追い詰められている方には掛ける言葉も見当たらず、申し訳ない気持ちで場を後にしました

朝からネガティブな話題で恐縮です、この場で書き込むには相応しくないと思いましたが、世の中、夢や希望だけで生きて行けるものでは無いと感じつつ、健康で居れば何とか成ると言う勇気を持つ事も大切な事だと感じています

細かく御紹介する事は控えて置きますが、昨日は余りにも深く心を痛めた日だった為、世の中の現実を紹介させて頂きました、弊社も他人事と捉えずに、今日から気を引き締めて厳しい時代を精一杯、生きて行こうと思います

 

未だに心が晴れない朝ですが、時期に社員さん達が出社して来ると思いますので、それ迄にはリセットして置きたいと思います、また今日は高崎ビューホテルに於いて「経営研究会」が行われますので、しっかり勉強して明日からの経営に活かせる様、頑張りたいと思います。

週末

user-pic
0

皆さん其々の週末を過ごされた事と思いますが、ここ数か月は休日も関係無く、業務の依頼メールが沢山届いている所を見ると、設備開発や商品開発が僅かながら増加している様に思えます、しかしながら各企業共にモノ作りに対する考え方は数年前と明らかに違いを感じます

若い人達に諄い話をしても嫌われるだけですので、この場で細かく書き綴るのはやめて置きますが、最近のビジネス書ランキング1位は「嫌われる勇気」と知った時に、「その本が出版される前から、常に皆から煙たがられ、嫌われている自分って、どうなんだろう」と頭の中で自問自答を繰り返してしまいました

私が嫌われるのは構いませんが、皆さんには、こんな言葉を伝えたいと思います

「専門的な事であろうが、専門外の事であろうが、要するに物事を自分の頭で考え、自分の言葉で自分の意見を表明出来る様に成る為(中略)その為に勉強するのです」

押し付けがましい持論はさて置き、社会人に成っても社員研修等を行う理由は、そんな事も含んでいるのかも知れませんね

 

昨日は偶然にも某大手企業の取締役や、その方の引き合いで産総研の研究員の方と御会いする事が出来ました、しかしながら取引企業だったり、先週出掛けた産総研の方だったりしたので、出来過ぎた偶然の連続に未だ慄いています

更に昨日はIEEEを紹介下さった某有名大学の教授にも久し振りに某所にて御会い出来ましたが、久し振りに御会いしたにも関わらず、親しく接して下さり、懐の深さを感じると共に、上に立つ人間の、あるべき姿を教えられた様な気がします

何れにせよ偉大な方々が、私の様な者と対等に接して下さる事に感謝すると同時に、「どうしてそんなに優しく親切にしてくれるのだろう」と私自身が戸惑っている事も否めない事実です

合わせて昨日の早朝は一昨日の怠さを払拭しようと少し運動したので体調も回復して来ましたが、山積した業務に調子が悪い等と言っていられぬ状況の月曜日です。

脳波

user-pic
0

産業技術総合研究所(産総研)

5/25(日)18:30から放送のTBS「夢の扉+」は、「念じれば通じる!? "脳波を読み取る"意思伝達システム気持ちを伝える~新コミュニケーション」産総研ヒューマンライフテクノロジー研究部門 長谷川良平博士の研究が紹介される予定です。

以上は先日出掛けて来ました産総研からのSNS向け広報ですが、古くは日立製作所が同様に脳波や脳内血流を検知したシステムを研究していて、同社と高崎市小鳥町在住で脳科学の権威でもある根本先生により「アスペルガーと脳波の関係」も以前から検証されています

私自身が根本先生に興味を持ったきっかけは、「社員が鬱やアスペルガーに成らない様に勉強をしたい」と周囲に話して居た所、紹介して頂いたのが始まりで、その後は新入社員の面接も含めた対人関係の為だったり、社員の精神衛生の為にと思い、繰り返し講義に出掛けています

その後は血流と脳波に関連する研究も進み、脳波を検知するセンサーやデバイスも格段に進化していますので、ヒューマンテクノロジーの分野も想像以上の技術が生み出されている事と思います、何れにせよ今日の放送はとても楽しみです。

それはさて置き、昨日から体調不良に苦しんで降ります、参りました。

イベント

user-pic
0

日本科学館よりイベントの御知らせ

5月24日(土)11時40分から科学ライブショー「ユニバース」特別番組「H-IIAロケットによる『だいち2号』の打ち上げ」をJAXA職員をゲストに迎えて開催。打ち上げのライブ中継映像もお楽しみいただく予定です

私も行きたいのですが、今日は朝から電気設備の年次点検で、キュービクル内の清掃も含めて社内外の電気に係る全てを点検します、そしてその立会の為、出掛けられない一日と成りました、しかしながら滅多に無い機会ですので、御都合の付く方は出掛けて見ては如何でしょうか?

ちなみにHⅡ-Aロケットは、私の所属しているテニスクラブで一緒に練習している後輩の会社でエンジン部分の設計をしたそうですが、「身近でそんな人がいるなんて」と思ってしまいました

 

私が言うのも何ですが、弊社の社員は全員、良い人間ばかりです、仕事では、早い遅い、出来る出来ない等と様々かも知れませんが、人間として見た場合には、其々個性は有りつつも全員が私の大切な仲間です今後も「何が会社の為に正しい事で、何が悪い事なのか、何が皆の為に良い事で、何が悪い事なのか」、自論では無く正論で社員と向き合って行きたいと思います

そんな私の場合は、思っている事や考えて居る事が不思議と社員には感じ取られてしまうので隠し事が出来ません、故に心の中で燻らせず、想いが拗れる前に厳しい事や言いたく無い事も言葉として発する様にしていますが、今後も個々の長所を生かし、短所を少し直しながら社会と向き合って行ける人財に育てて行きたいと思います、「人を生かす経営」それが私の経営スタイルです。

 

環境

user-pic
0

日本は歴史的為替変動を機に、この1年程で産業構造は劇的に変貌しました、弊社に於いても変貌する市場の要望に応えて参りましたが、要約、ここ最近の経験を基に、自分達の立ち位置を見据えた行動が取れる様に成って来ました

新規事業と共に、既存事業も今迄通と言うわけには行きません、生き残りを掛けて戦う姿勢が無ければ企業は滅びて行きます、その事を企業内で如何に共有して行けるかが、どの企業に於いても課題だと感じています

その様な外部環境を見据えると、ロボット事業に於いて、医療介護分野を見据えた自社商品の開発と共に、ネットショップで世界展開に繋げるビジネスモデルを早急に構築しなければ成らないと考えて降りますが、現状を精査し、少しでも早く計画が進む様、内部環境を整えて行き、弊社の「次世代戦略商品」を早急に発表出来る様、頑張りたいと思います

 

今日は何故か会社前の国道や環状線では早朝にも関わらず、5時頃から車の通りが多く、いつもと違う様子に違和感を感じていますが、今月の売上げと利益を確保出来る様、一生懸命に結果を積み上げて行きたいと思う朝でした。

user-pic
0

昨日は取引先を周回し、高崎に到着した時には雨も上がり星も見えて居ました

出張や外出時でも事務関係や資材関係の業務は渡邉(晃)さんが責任を持って取り組んでくれておりますので、信頼しつつ安心していられるのですが、経営に係る私の責任に於いて行うべき業務は其の間も溜まる一方です、そんなわけで外出や出張から直帰した早朝は躍起になって業務を熟すと言うのが恒例と成っています

中小企業と言えども社長や其々の担当者の全員が、やるべき事や責任の所在を明確にする事は、企業に於いて重要な事だと認識していますので、社内全体で徹底して貰える様に自らも有言実行しようと思います

 

そんな日常ですが経営者として心に迷いが生じた時には、早朝から書棚に向かい本を立ち読みしています、そして今朝も同様に、松下幸之助「指導者の条件」を手に取り、数ページを何度も読み返した次第です

「志を持つ、指導者は常に理念を描き大きな志を持たなくてはならない・・・」

私の場合、社員や世間から「どう見られているか」よりも「10年後、更にその先の会社作り」を念頭に、経営理念と長期経営計画の実現を目指し、一心不乱に活動して来ましたが、私の様に「夢や理想だ」と熱苦しく語る人間に手を差し伸べてくれる人等は現れず、常に自らが人様の懐に飛び込んで来たと言うのが実情ですが、少しでも心に迷いが生じた時には、こうして過去の偉人達の書かれた文章を脳裏に焼き付ける事で、逆境に乗り越える勇気を得る様にしております

しかしながら私自身が松下幸之助の熱烈な信者と言うわけではありません、昨今では群馬でも、JINSの田中氏、相模屋の鳥越氏、ハラダの原田氏等にも近代経営学の良い所を学ばせて頂いております、個人的な経営論としては偉人達の功績や過去の経営学を学び、近代経営に生かす事が望ましいと考えて降ります。

感謝

user-pic
0

いつもは飛び込み営業だとか、展示会へ出展し、積極的な営業活動の末に契約と成るのですが、昨日は既存の御取引先様ではありますが、新たな部署から長期に渡るプロジェクトへの協力要請を頂き、嬉しい一日と成りました、この様な事があると、全員で真面目にコツコツと努力を重ねて来た成果が認められた様で、嬉しさと同時に御客様と社員の皆さんへ、感謝の気持ちが湧いて来ます

そんな昨日は小林君が生産計画上の遅れが生じない様にと、装置の組立調整に遅くまで奮闘していましたが、同時に渡辺(一)君と宮下君も御客様から強い要望に応えるべく、急な依頼に対応してくれている様子に、御客様への感謝の気持ちと合わせて、頑張っている3人の後ろ姿にも、感謝の気持ちを強く抱いた夜でした

以前も申し上げたかも知れませんが、これを当たり前と思わず、「企業とは、こうして頑張ってくれる社員が居るからこそ成り立っているのだ」と、感謝の気持ちを忘れずに居ようと思いますが、私が居ると皆の仕事に支障を来たしている感も否めず、会社では妙な空気を感じるこの頃です

 

以下、日本経済新聞「埼玉県と埼玉大学、3分野で産学官連携」より抜粋

埼玉県と埼玉大学は、産学連携の研究開発プロジェクトを始める。県の重点施策「先端産業創造プロジェクト」の一環で、将来の成長産業分野で事業展開する県内企業の育成を目指す。2014~16年度に研究開発を進め、17年度以降の実用化を目指す。

以上の記事を見て思う事がありました、それは先日参加したセミナーでの話ですが、東京都大田区周辺の工業団地で工場を営む企業は高度成長期から数えて1/3に減少したそうです、そして今後は群馬に於いても近い将来、工場の数は1/2に成るとの見通しとの事ですが、弊社に於いては量産工場を目指すのではなく、今後も引き続き開発機能を向上させて行きたいと考えています

また海外でも優秀な技術者が居ると言っても、技術開発の分野で創造力を発揮出来る人財はまだまだ希少な筈です、そんな世論から見ても、数年後には必ずや、開発力、設計力、加工技術を兼ね備えた企業が優位に立つ時代が来る筈です、そんな中、埼玉県は事業創出に「積極的」と言うよりも「意欲的」と言う言葉を思わせる記事だったので、紹介してみました。

筑波出張

user-pic
0

P1000497.JPG

昨日は予定通り、茨城県つくば市へ出張に出掛けて参りました

㈱Doogの大島氏と久し振りに再会し、顔を突き合わせながら御話が出来た御蔭で、改めてロボットビジネスへの志気が高まった次第ですが、御忙しい中、御共するロボットのバージョンアップや市場調査後の報告、意見交換等に対応下さった御二人には、この場を借りて深く御礼申し上げます、また今後とも宜しくお願いしたく存じます

合わせて隣接している、筑波宇宙センター、産業総合研究所つくばセンター、つくば防災科学研究所、高エネルギー加速度研究機構、筑波大学、国際会議場へと出掛けましたが、午前から廻ったにも関わらず其々1時間程度しか時間が取れなかった事が悔やまれます

群馬と比較するのも如何なものかとは思いますが、科学技術と言う視点で地域社会を見た場合には、明らかに筑波には適わないと格差を感じつつ帰路に経ちました、しかし何処で活動するかよりも、どんな思想で活動するかが重要な事だと自らに言い聞かせている事も事実で、今後も群馬に拘らずに、活動地域や人との交流の輪を広げて行きたいと思います

写真は「つくば研究支援センター交流施設正面玄関」ですが、㈱Doogの皆さんが活動拠点としていますのは、敷地内にあります「創業プラザ」と言う棟に成ります

他の施設も写真を撮って来たのですが、研究機関や教育機関と言う事もありますので、肖像権等の問題に成らぬ様、御紹介は差し障りの無さそうな、この1枚だけにして置きますそんな久し振りに出掛けた筑波でしたが、懐かしくもあり、また改めて良い街だと感じた一日でした。

四面楚歌

user-pic
0

514iRtBOnNL._SS500_[1].jpgロボットは友だちになれるか―日本人と機械のふしぎな関係 AIBOの開発に携わった著者が、ロボット工学からアニメなどのサブカルチャー、神話・小説・映画、伝統文化まで幅広く論じたロボット文化論

以上は知人に紹介された本ですが、個人的にはロボットを文化として見ている人が読む分には良いかも知れませんが、技術書として見た場合には方向性が違うものです

ロボットも震災後は俄に様々な方が取り上げていますが、ロボット技術の最新デバイス知識も兼ね備えていない評論家が蔓延する傍ら、知識が豊富で最新のロボット制御技術にも詳しい優れた若手技術者も増えている事は喜ぶべき事実だと感じています

今後はベテランの経験と最新のデバイスを苦も無く使い熟す若手のどちらかが優位性を持つかと言う事では無く、両者の知恵と工夫をコラボレーションさせる事が技術向上の鍵を握っている時代では無いかと感じています。

義足

user-pic
0

最近は技術ネタから少し遠のいていますが、忙し過ぎて「何とかしなければ」と思いつつも既存の事業に加えて、未来の会社作りにも積極的に活動し続けている事が要因と成り、精神論的な話題にシフトしている言うのが自らの分析です

そんな昨今、下記の話題に時代を感じた次第ですが、コンピューターを駆使して義足を作るアスリートの方々に対して「只でさえ大変な障害者の方が、そこまで自らを追い詰めなくても」と思うのは私だけでしょうか、健常者の私が弱音を上げているのが恥ずかしく感じた記事でした

以下日本経済新聞抜粋

ソニー子会社の研究者や陸上選手などが陸上競技用の義足を開発する会社を設立し、2020年の東京パラリンピックに出場できる選手を育てるプロジェクトを始動させた。多くの企業や個人にも協力を呼びかける。

ソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)で義足を研究している遠藤謙氏や元五輪陸上選手の為末大氏らが、新会社のXiborg(サイボーグ、東京・渋谷)を設立した。

まず短距離走に使う義足を中心に開...

 

2020年にはアメリカのREDカメラシステム社に変わり、㈱サンシステム製のカメラロボットシステムがオリンピックに使われる事を願います。

PDCA

user-pic
0

昨日は6時間強も車を運転したので、少し運動をして体幹を整え様と思い、帰りはウオーキングをしながら帰宅をし、今朝も同様に徒歩での出勤でした、私の場合は身体のどこかが怠いとか、調子が悪いと言う時にはウオーキングが一番効果的です

週明けと言えば19日(月)は㈱Doogの大島氏の所へ出掛けて参ります、また茨城県にあります産業総合研究所と国際会議場でのシンポジュームにも顔を出します、最後は取引先の水戸工場生産技術課へも挨拶に行ければと思っています

 

部下を抱える管理職や上司と呼ばれる人達は自らが自己啓発やキャリア研修に勤しんでいる事と思いますが、その立場に成ると、自らの目線から見下ろす事ばかりが習慣に成り、傘下の立場に立って一緒に成り、物事を考えると言う行為を怠ってしまいがちですが、今週は大正大学の廣川進教授の、こんな言葉に奮立たされました

「私を救った上司の言葉」

これは会社からの厳しい対応に落ち込む部下が上司に心情を吐露した所、上司の掛けてくれた言葉に救われたと言う話のタイトルに過ぎませんが、「部下を救う以前に社内では相談出来る上司がいるのか?、弊社の幹部管理職は?」と脳裏を過り、タイトルを目にしただけで胸が熱く成りました

「上司とは自らが主と成る組織内の言葉に耳を傾け、受け入れ、共に考え、共に答えを導き出す事が出来てこそ、傘下の皆さんに上司として認めて貰えるもの」と、後々この言葉を聞いた時には、解ってはいたもののガツンと来ましたが、今後も「中小企業だから・・・」と曖昧さを指摘されぬ様、幹部管理職を始めとした社員研修には積極的に参加して行きたいと思います

 

上記は私個人が講座を受けた後の感想であり、他社との比較や他企業に対して大意のあるものではない事を御断りして置きます、その前に月曜の出張迄に今日明日で仕事を片付け無いといけませんが、毎週、こんな事を言っている気がします・・・。

イベント

user-pic
0

明日から17日(土)18日(日)の2日間は「榛名ヒルクライム」が行われる為、弊社周辺は朝と夕方にはかなりの渋滞が予想されます

諸々の立場の方を含めて推定で1万人とも言え人達が一気に集結するのですから仕方の無い事かも知れませんが、昨年の例からすると18日(日)の早朝は午前3時頃から6時頃は大会関係者や選手、応援、見学者、イベント会社、報道陣の車で国道18号から国道406号及び高崎北部環状線、安中榛名線は渋滞が酷い為、一般の方は不要な外出は控えた方が宜しいかと思います

ちなみに昨年は3時頃出社したのですが、渋滞に巻き込まれた為、近隣に車を止めて徒歩で出社し、その後は6時過ぎに改めて車を取りに行ったのを覚えています、また早朝は車の交通量が多い事も然ることながら、自転車で縦横無尽に環状線や国道を走っている方が沢山いるので、一般の方は特に御気を着け下さい、大会の為に一般の方が我慢するのも如何なものかと思われる方もいらっしゃる事と思いますが、地元活性化や地域社会への貢献と言う観点で御協力頂ければ幸いです

私自身が大会に関わっているわけではありませんが、弊社も榛名山に近い所に位置している事や榛名に向かう道路沿線で会社を営んでおりますので、天気にも恵まれ、無事に大会が運営される事を祈っております

そんな状況ですので不要な外出では無く、弊社方面へ御越し頂く際には、早朝3時から6時の時間帯は避けて頂く事を御勧め致します、以上、御案内と御報告でした。

内勤

user-pic
0

昨日は久し振りに終日内勤をして降りました

懸案と成っていた群馬県庁経済部産業政策課へ提出する提案書の作成をしたり、キャッシュワークに関しても取引先からの約束手形は何時が期日なのか確認したり、その間の資金は幾ら必要なのか等を数値化して見ました

中小企業は現金売買や現金振り込みが通常の支払い条件なのに対して、大手は翌月末発行後100~120日債渡の約束手形と言うのも理不尽な話ですが、それも世の常と捉え、年末に掛けてのキャッシュワークを確認した次第です

それに関して経営分析上では「売上債権差異日数」として数字に表れますので、どの企業にとっても、その数字を如何に短くするかが企業にとっての課題です、これは弊社だけでは無く、各企業に於いて其々何かしらの経営上の課題を抱えている事と思いますが、今後もこうして、「夢への挑戦と経営分析」は切っても切り離せない様です

 

来月、群馬県前橋産業技術センターで行われます、「群馬県次世代産業振興戦略会議『次世代自動車技術動向分析事業カーエレクトロニクス技術の動向』について」の参加メンバーとして受理されました、自動車業界や医療介護業界に、いつの日か一世を風靡したいと思う今日この頃、少しずつ着実に様々な事が進んでおります!

病院

user-pic
0

P1000496.JPG写真は昨日のブログで紹介しましたイベントの様子で、群馬大学付属病院でのニーズ説明の一場面です、看護師長がレジュメに沿って日常業務の問題点を実演を交え説明して頂き、その後は大凡50名程の方と意見交換をさせて頂きましたが、、改めて医療現場の苦労を感じました、また民間企業側の参加者には今回のシンポジュームの趣旨が伝わっていたのか疑問に思われる方もいたので、一方的な意見や感想は控えて置きます

しかしながら医療現場に於いても経費節減と共に収益性が要求され、良い物を作ろうと思えば高価に成り買って貰えず、安価でも扱いが面倒では使って貰えず、モノを作る技術よりもアイデア勝負的な商品の開発を迫られると言う点では、医療介護の業界も他の業界も同様だと感じました

写真も許可を貰いましたので御伝えしても構わない内容は報告しようと思いましたが、諸々の事情を踏まえて詳細はこの程度に抑えて置きたいと思います

群馬大学病院の皆様に於かれましては、大変ありがとうございました、この場を借りて御礼申し上げます。

 

前進

user-pic
0

今日は群馬県産業経済部産業政策課先端医療産業室先端医療産業係の主催による、群馬県次世代産業振興戦略会議意見交換会に参加の為、群馬大学医学部付属病院・病院大会議室へ出掛けて参りますが、しっかりと成果に繋げられる様に頑張りたいと思います、後日公開報告出来る内容であれば報告しますが、守秘義務が絡む内容でしたら報告は御了承下さい

また来週19日は㈱Doogの大島氏と御会いする約束が取れました、打合せや御伴するロボットのバージョンアップが目的です、またその足で筑波総合研究所へも出掛けて来ますが、その目的は弊社保有の技術を明かし、ロボット事業の足掛かりを模索するのが目的です

何事もリスクを排除し、毎月の売り上げを担保した上での活動の為、本当に考えて居る事の10分の1も進んでいませんが、確実に方向性も明確に成り、それを実現する為の方法も御指導頂きました、本来は只々進むのみなのですが、社長と言えども中小企業にとっては売上げの為、日々の業務も重要なミッションですので、未来の糧と成る新事業の創出と合わせ既存事業にも尽力を注がなければ成りません

 

真剣に書き込みをしても人目に触れないブログなので、この場で熱く語るのも何ですが、未来と今を行き来している感覚から、今一歩、前へ進みたいと思う昨今です。

起業

user-pic
0

いつも月曜の朝は自宅周辺で学童の通学路をウオーキングをしながら、空缶やペットボトル、タバコの吸い殻拾いを行い、会社に来ては会社屋内外の清掃後、メールチェックやその返事をしたり、その後も自らの行動予定を確認してから生産会議の前に、一週間の設備生産計画や部品加工の生産計画をチェックしていますが、そんないつも通りの今朝も昨日のテレビ番組「夢の扉」の内容が頭から離れずにいました

起業に関しては、いつも「鶏が先か、卵が先か」的な議論に成りますが、卵を先に考えたのが昨日の主人公だったり大平さんだったりします、しかし鶏を先に考えた方でも成功者は沢山います、そんな中、自分のやってる事や弊社の取組を客観的に比較して考えたりしてみましたが、「人と比較しているうちはスタートにも立てて居ないと言う事では無いか?」と言う結論に辿り着きました

弊社にはFA事業としての歴史はありますが、今度はロボット事業に関しても社会貢献の一助を担う企業として、『弊社独自の個性を伸ばして行く事が成功の鍵』では無いかと、テレビを通じて教えられた気がします、そして今後も企業家として社員や社会に恥じぬ様、活動を続けて行かなければと感じる朝でした。

長所

user-pic
0

昨日の土曜は稼働日でしたので、社員の皆さんにとって今日は貴重な御休みだと思います、そんな昨日の夕方は取引先の方が出張のついでに高崎へ立ち寄って下さり長話をしてしまいましたが、世間では景況感が叫ばれる中、まだまだ実際の労働市場は厳しさが衰えない様です

産業構造の変化と共に新卒を始めとした若者の求人数が増加する一方で、企業のリストラは更に加速しています、大量採用してはリストラを繰り返す構図が、労働市場の実態ではないでしょうか?

そんな背景の中、昨日はこんなやり取りがありました

「五十嵐さんには随分と助けられましたね、御世話に成りました」

「いや、もし感謝の気持ちを伝えて頂けるのでしたら、私では無く弊社の社員さんに言って上げて下さい、私は『御客様に喜んで頂ける設備の提供、満足頂ける部品の提供』と言ってるだけで、頑張ってくれているのは、社員さんですから」

「そうか私は世の中の上辺しか見て居なかったのですね、この歳に成って要約、いろいろな事が見えて来た気がしますよ」

その方は人間的にも技術的にも勝る方で世間から見て何も落ち度はありませんが、その様な方でも企業は放出せざる得ないのが世の中の実態です、大手に成れば綺麗事では済まされ無いのは承知していますが、リストラとは精神的にも経済的にも人様の人生を大きく変えてしまう文化だと諭されました

その後は遅い時間に成りましたが、会社の門を抜けて行く渡辺君に手を振りつつ(気づかれなかった様子でしたが)、会社に残って居た社員の顔を見ながら「まだまだ頑張らなければ」と思う、土曜日21時40分の出来事でした。

話題

user-pic
0

昨日の朝はソニーのアイボに話題に触れましたが、時を同じくして新聞等でもアイボに関する記事が紹介されていたのを見て、何だか妙な気持ちに成りました、私自身はメディアを意識したつもりでは無かったのですが、不思議な感覚で新聞等の記事を目にした一日でした

そんな昨日は予定していた打合せも終えて無事に帰路に経とうとした所、都内の電車が全て止まり、1時間程、渋谷で立ち往生をし電車に閉じ込められてしまいました、その後はダイヤの乱れ、埼京線も途中で折り返し運転に成る等散々でしたが乗り継ぎを繰り返し、何とか高崎へ到着出来ました、そこからは通常通り、信越線で群馬八幡へ程無く到着です

「都内から4時間掛かった」と、居合わせた車掌へ事情を話した所、1980円で良いと言う事で精算して貰いましたが、何でも言って見るものだと感じた次第です

しかしながら前回も埼京線の電車内に閉じ込められた挙句にノロノロ運転で、川越から大宮迄3時間掛かったりした事もあり、電車のトラブルが続いていますが、全て帰りの出来事ですので取引先に迷惑が掛からなければ良しとしたいと思います

出張に関する仕事の話題に関しては身に成る内容でしたが、そこは守秘義務と言う事で一切の内容は伏せて行きたいと思います、それではまた。

出張

user-pic
0

今日は都内へ出張です、ソニー㈱本社や本社圏を周回して来ますが、帰りは科学館にも寄れたらと思っています、何れにせよ業務として出掛ける以上は今後の売上げに貢献出来る様に頑張って参ります

ソニーと言えば長野テクノロジーの近くを通る度に、「アイボを継続して生産していたら、どれだけ人工知能も進化していたか」と想像してしまいます、動作はマイコンにより制御されているのですが、学習機能もいつしか働き、振り返れば先日もロボット学会や人工知能学会で話題にもなった「ロボット学習機能」の先駆けだったのではないかと思いますが、技術の喪失が事の他、残念で成りません

そんなわけで、まずは湘南新宿ライン快速で大崎迄出ますが、有明サイト、インターシティー、品川駅で見掛けた方は御声掛け下さいます様、宜しくお願いします。

組込み技術

user-pic
0

4月FよりGWに掛けて気忙しい状態でしたが、連休中に処理を終えたので、要約、ネットショップ事業の充実とロボット事業部の発展に尽力を注げる状況に成りました

ネットショップは独学と外部の協力を得たり、時に研修に出掛けたりしながらコツコツと積み重ね式に経験値を上げて行きたいと思います

ロボット事業部に関しては、昨今の進化した組込みシステム技術の応用が鍵を握っていると思いますが、最近では社団法人組込みシステム技術協会へ相談する事も容易に成りましたので、可能性は増々広がると手答えを感じています

ロボットと聞くとヒューマノイドやスカラ型を創造する方が多いかと思いますが、最近ではROSや組込み技術を利用した様々な形態のロボットが世の中に出始めています、解り易い所で言えば車の自動運転システム等がそれに成りますが、ROSと組込みシステム技術の応用こそが今後のロボット技術と言えるのではないでしょうか?

そんな外部環境を見据えながら弊社のビジネスモデルを構築し、ロボット事業とネット事業、合わせて既存事業の連携で10年後のサンシステムを構築する覚悟です

人様からすれば偉そうに何を言ってると思われるかも知れませんが、企業の向かう先、指針を示す事が経営者の仕事であり、問題やチャンスを見付けては軌道修正を掛ける事も経営者の責任だと考えいますので、個人的には何を言われても構いません、しかし会社は個人のモノでは無く、企業に係る全ての人、そしてその家族のモノですので、今後も長期計画の実現に向けて毎月の売り上げを担保しながら未来に繋げて行きたいと考えて降ります

 

なんか話が脱線した様に思えますが、今から出張に出掛けますので、打ち込んだ文章を読み返す事無く今日は締めたいと思います、やはり連休前も後も時間に追われていて駄目な社長ですね、それではまた。

丸投げ

user-pic
0

ビジネス行動規範より

任せるとは「丸投げ」ではない、仕事とは常々「任せる」より自分が直接行う方が優しいのである、それでも任せるのが「任せる」と言う事である

組織に於いては、後輩を我が子の子育ての如く考えて扱うべし、とかく人間は、仕事を分担し、各自に任せ「丸投げ」しがちであるが、我が子の成長を見守る時、「何が起こっているのか?」「一生を台無しにするようなことは無いか?」絶えず心に留めている筈である。 

上記は職業能力開発協会からの説法ですが、私自身はどうかと言えば、我が子に対しても厳しく接して来たが故に、社員に対しても同様に厳しく煩い社長の様ですが、私の様な人間は今や絶滅危惧種かも知れません

また私以外の幹部管理職は取引先や社員からどんな風に見られているのだろう、また年齢的にも世間からは一人前と見られる社員は御客様や後輩からどんな風に見られているのだろうか等と考えつつ読み進めると、こんな文章も書かれていました

「確固たる事業観、社会観を持つ」
本当に好ましい人材の育成を計ろうと思えば、経営者自身にしっかりとした社会観、事業観、人生観がなくてはならない

他の者を心配する以前に、私自身が己を磨き、確固たる事業感や社会観を身に着けなければいけない様です。

集中

user-pic
0

今朝は会社周辺の道路清掃でしが通学路にも関わらず煙草の吸殻や飲料用ペットボトルの投げ捨ては後を絶ちません 

昨日は「営業所止めで荷物が届いている」と言う事で宅急便の引き取りに出掛けて来ました、その連絡をくれたヤマト運輸の営業所は会社から近い事もあり、「連休に届くなんて、どうせミスミの小物かカタログだろう」と言う勝手な思い込みから、徒歩で出掛けたのは良いのですが、営業所へ着き荷物を探して貰い、「ああこれですね」と受付の女性から渡された5Kg程の荷物を手にした途端、狼狽える私に「大丈夫ですか?」と声を掛ける女性スタッフ・・・、焦る私は思わず「大丈夫です」と返事をしてしまい、そのまま必死に成り段ボールを抱えたり、肩に担いだりして、何とか徒歩で会社に戻りましたが、その後は冷静に「車で出直せば良かった」と思いつつ、腕の傷みに耐えながら業務に勤しんだ次第です

私にとっては、そんな小さな出来事が毎日繰り返された連休でしたが、この3日間、社員や家族から事故や病気の連絡が無かった事や、会社にとって大きなトラブルが無かった事が、私にとっては何よりです、余す所、今日一日を皆が無事に過ごせる様にと願いつつ、腕の痛みも取れない中、早朝から終日に掛けて、目の前に仕事に集中したいと思います。

ミッション

user-pic
0

昨日は外出先から社に戻り程無くすると、埼玉県にあります大手取引先の方が社用で御見えに成られました

大手だから休みも優遇されていると言えば否定はしませんが、結果を求められるプレッシャーや重圧は中小企業よりも遥かに重く、祝休日に関係無く、ノルマやミッションに対する使命感を強く持たなければ、組織に於いての存在価値は認められないのだと教えられましたが、合わせて、その方の言動にも中小企業に対する強いメッセージと今後の課題いを感じた次第です

打合せは1時間もしないものでしたが、交通機関が混雑している中を御越し頂き、何か悪い事をしてしまった気持ちも否めません

 

今朝から雲の多い天気ですが自動車関連企業は明日から仕事の様ですので、今日は貴重な御休みと言った所でしょうか、また弱電関係は明日まで仕事で今週の土曜日は稼働日と言う所が多い様です、弊社に於いては以前の様に取引先様に対して休みを合わせると言う様な事は無くなりましたが、御取引先様へ御迷惑を掛けない対応だけは心掛けて参りたいと思います。

混雑

user-pic
0

昨日は公私共に時間に追われながらも充実した一日でした、午後には電車で出掛けたのは良いのですが降りた途端に突風が吹き、夜遅くになっても納まらず、自然の怖さを感じた次第です

また富岡製紙工場の来場者数が過去最高を記録したそうですが、今日も各地の行楽地は混雑される事と思います

昨日と言えば私が電車で出掛ける頃に弊社Y君が出社されましたが「休日の所、大変御疲れ様です」、こうした目に見えぬ社員さんの努力や苦労に支えながら、企業は成り立っているのだと、社員さんや、その家族に対しても感謝の気持ちを大切にして行きたいと思わせてくれた、GW2日目の朝でした。

連休初日

user-pic
0

今朝は5時頃に出社しましたが会社の前の国道も今は未だ静けさを保って降ります、それとは裏腹に業務の方は溜まって行く一方で、周囲では「せっかくのGWだから」と喜ぶ人達を横目に、何とか7日迄には溜まった仕事を完結したいものです

以下は科学館からの御案内

5月3日(土)の科学ライブショー「ユニバース」は、オーロラ特別番組~全天周3Dオーロラの最新映像を公開~の上演です。3Dのドーム映像をお楽しみください。上演1時間前から会場にて入場整理券を配布します。

http://www.jsf.or.jp/info/2014/05/post_796.php

上映作品の為に日々奮闘している制作者の方々や裏舞台で働く人達の努力や苦労も垣間見れると同時に、そこには感動が待っている事は間違いありませんので、皆さんも是非、足を運んでみて下さい。

理念と指針

user-pic
0

P1000495.JPG今朝、紹介しますのは上記にあります「群馬県医療関連ものづくり企業ガイドブック」です、昨年末に群馬県が医療特区として国から制定されたのを機に地域で医療に取り組もうと言う試みから作られたものです

ロボット事業部発足と共に医療介護ロボットに興味があった事から、医工連携会議や医療介護に係るシンポジュームに参加していましたが、平行してロボット学会やロボット研究会等に参加して居た所、両方の業界に係る各界の著名人の方々や学識経験者、現役の大学教授、各研究機関の方々等と何時しか御話をする機会も増え、某国立大学のT教授に「五十嵐さんだったら簡単に作れるよ」と言われた事を、別な国立大学のI教授に相談した所、「うちの大学や付属病院等でも全面的に協力しますよ」と言う事で、弊社も医療介護ロボットや医療介護関連機器開発に対して認知される様に成り、各方面からの協力も得られる様に成った頃、群馬県庁経済部の医療特区に係る取組にも私が顔を出す様に成ったのがきっかけで掲載される事と成りました

何れにせよ重要なのはこれからです、今迄の学びが様々な人達の御蔭で、要約、全ての事柄が紐付けされた今、「自分の取り組んで来た事は全て無駄では無かった」と実感すると共に明確なロードマップも見えています

それもこれも「10年後の会社作り」に対して、しっかりとした理念と指針があったからこそだと感じています、これからも経営理念を磨き、それに基づく経営指針を社員に示し、今後も企業活動を通じて社会貢献に関わって行きたいと思います。

 

今日のおまけ、「中堅社員とは?」職業能力開発協会より

中堅社員は、実務のベテランという意識から、ともすると独断専行の行動をとってしまっている方、あるいはやる気を失っている方までさまざまですが、多くの場合、中堅社員の抱える問題こそ、会社、職場の問題であると言えます。
管理者のフォロワーとして、若手社員の模範として、今後の会社の中核を担う人材としての中堅社員の役割・心構えをしっかりと認識させ、自己の能力開発と成長の機会とするとともに、職場での取り組み課題を明確にすることが中堅社員にとっての重要課題です

以上、もし弊社に上記の認識が出来て居ない中堅社員がいたとしたら、それは社長である私の責任と言う事を肝に銘じた便りでした。

御知らせ

user-pic
0

今日は北関東産学官研究会の櫻井様に御越し頂き、薬事法に関する医療機器製造業許可に関して、更に詳しい御話を伺うつもりで降ります

合わせて先日も支援を申し出て下さいました、前橋産業技術センターの北嶋様にも医療機器や介護用ロボットの開発に係るプロセスに関して、連休明けに面談させて頂く予定です

その前に過去3年の経営分析や次期利益(3ヵ年)計画、合わせてキャッシュワークの見極めもしている所で、更には新規取引先のアプローチ等、何もかもが私の経営責任とされる仕事になりますので、気の抜けない状態の中、社内では業務がスムーズに進み利益が担保出来る様、神経を研ぎ澄ましている所です

昨年度迄、中期経営計画で進めて来ました設備投資は数字として成果が表れ、事業計画としては成功と評価して降りますが、新たに今期からの中期経営計画では、設計部門の収益改善が最重要課題として考えて降ります、何れにせよ多忙に就き、歪んだ考えに向かわぬ様、「何が本当に正しい事なのか」を見据えた判断に心掛けて参りたいと思います

全てに於いて、中々思う様に事が進まず、夢の実現には時間が掛かりそうですが、明朝は本日某所で発表されます有る事を御伝えしますのでお楽しみに!

このアーカイブについて

このページには、2014年5月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年4月です。

次のアーカイブは2014年6月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。