2014年8月アーカイブ

報告

user-pic
0

P1000539.JPG早いもので8月も今日で終わりかと思うと、諸々の焦りもありますが、経営指針として、皆で掲げた目標を何とか達成させたいと願いつつ過ごす毎日です、また明日は月初1日で、しかも月曜日と言う事もあり、全体朝礼に始まり、生産会議、アクションプランシートによるPDCA報告会、その後、部門別朝礼と続きますが、私の方は、今日のうちに8月度の損益計算と貸借対照表による大まかな数字をまとめて、全体朝礼では社員の皆さんの前で、報告したいと思います

左の写真は、昨日、出掛けた際に埼玉県深谷市駅前で見掛けた深谷市のゆるきゃらで、深谷ネギをモチーフにした「ふっかちゃん」とか言うものらしく、せっかくなので写真を撮って頂きましたが、朝4時出社で事務的な事を熟し、慌しい中、9時前に出掛けたにも関わらず、会社に戻ったのは午後4時半で、朝やり残した書類整理を終えてからの帰宅と成りましたが、自ら御疲れ様と言い聞かせた次第です

また今朝は請求書のダウンロードやら検収状況やらをネット上で確認作業を行って降りますが、一昨日の夕方には藤井君に「締め迄に、まだ48時間も有るから」と大きな事を言って置きながら、既に時間が押している状況です。 

学会

user-pic
0

昨今ではロボットを語る上では欠かせないAI学会も、以前と違い様々な研究が成されている様ですが、どれだけの人達がロボットと人工知能の位置づけを認識しているのでしょうか、しかしながらスマートフォンやアイフォンの構造等は知らなくても、誰もがそれらを使い熟している現状を踏まえると、一般の方々にとっては知らなくても良い事なのかも知れませんね

御興味の御有りな方は下記にありますAI学会の内容を御覧下さい、またエンジニアの方々にとっては「興味が無い」では済まされない時代に差し掛かっている様に感じると同時に、ロボット技術に関する今後の展望から見ても人工知能とメカの紐付けが今後、より一層、重要では無いかと考えられます

http://b.hatena.ne.jp/ivory_rene/AI%E5%AD%A6%E4%BC%9A/

今日は諸事情により埼玉県へ出動ですが、あちらこちらと周回する予定と成って降り、夕方には会社に戻れるかとは思いますが、急な御要件の方は携帯電話の方へ連絡頂きたく御願い申し上げます、御迷惑お掛けしますが宜しく御願いします、また月末と言う事もあり、気忙しい状況です。

買収

user-pic
0

(一社)日本医療機器テクノロジー協会の 医療機器技術マッチングサイトに登録申請をさせて頂きました

最初に御声掛け下さったのは群馬県庁経済部からでしたが、登録名簿には名の知れた大手ばかりが犇めく中で、弊社が登録申請をするのは身の丈に合わないのでは無いかと思い、届出を保留にしておいたのですが、北関東産学官研究会の医療連携コーディネーターの櫻井さんより連絡を頂き、背中を押された形で届け出申請に踏み切った次第です

今後はどんな展開に成るかは解りませんが、薬事法に基ずく医療機器製造業許可の申請も視野に入れつつ、その分野でのロボット開発にも貢献して参りたいと思います

何れにせよ他力本願と言われるかも知れませんが、弊社が独自に医療機器を開発するには原資が必要と成りますので、業務提携して下さるメガディーラーとのコネクトを模索したいと考えて降ります。

 

これは弊社の話題ではありませんが、寂しい御知らせがあります

群馬の方はお馴染みの「旅がらす清月堂」が同業者でもある「ドンレミ」に買収され、高崎にある1店舗を除き、全て閉鎖するとの事ですが、個人的には家族の誕生日には決まって清月堂にケーキを予約したり、手土産には決まって旅がらすを買い求めていた事もあり、とても寂しく受け止めております。

近況

user-pic
0

未来工業の山田氏の書かれた本や沢山のビジネス書を読んでみたり、様々な団体の研修会に参加したり、長期のキャッシュワークから、幾ら売上げなければ良いのか算出しいると、周囲からは「毎日、パソコン睨んでるけど、何しているんだろう」と思われているのは何となく肌で感じる昨今ですが、経営者の仕事は徹底した「儲けの仕組み作り」だと痛感します

社内に於いては製造技術課の渡邉(祐)君も昨日から復帰し、稼働率も回復して来た所で、小林君率いるFA設備の立上では、アイテクの金澤氏にも参戦して貰い、幾つもの産業用ロボット付自動化ラインを納品に向けて調整中です

また資材の渡邉(晃)さんの方は御客様の要望に応えるべく奮闘しつつも、小林君や藤井君と共に展示会の準備やネットショップの模索をしている所です

こんな状況が弊社の置かれている実情ですが、急激に変化した日本の産業構造に追従し、更には先を読んだ経営を営むのは至難の業で、大手中小問わず昨日迄と同じ事をしていては生き残れぬ昨今、長期事業計画を遂行すべく、着実に前へ進んで行きたいと思います、以上、今日は社内の様子を御伝えした次第です

最後に成りましたが、昨今のサーボモータを使用したロボットはオートチューニング機能のみでマニュアルチューニング機能の無いモノが殆どに成って降りますが、ロボットのスペックを高める為には、それに見合った装置全体の剛性が必要に成りますので、設計時には十分に注意をしなければ成りません

実際に使ってみると「カタログ値と実力値が違う」「速度が上がらない」等は大凡が、装置本体の剛性が足りない為に、チューニング時にロボット側で共振周波数を拾い、位置ゲイン、速度ループゲイン、積分時定数を自動的に抑制しているのが理由のひとつで、コストダウン設計ばかりに気を取られて、本来必要な剛性が足りずに、最後はタクトが間に合わないと言う事に成らない様、注意をしなければいけません、

機会があればモーターとメモリハイコーダーを繋ぎ、マニュアルチューニングでいろいろ試してみると良いかと思いますが、ロボサーボはまた別なので御承知置き下さい、またステッピングモーターは・・・これはまた次回にしましょうか。

正論

user-pic
0

この所、社内の出来事では無く恐縮ですが、昨日の日経に私の気持ちを代弁して下さる貴重な記事が載っていましたので紹介させて頂きます

安川電気会長兼社長の津田純嗣氏曰く

「米国では民間が作ったロボットを軍事や災害などで実際に使い込んで次の開発に生かすというサイクルが働いている、民間ベースでは採算割れになる為、日本では同様のサイクルが働かない」

以上は記事の一部ですが、さすが世界のロボット市場を牽引するリーディングカンパニーの社長と、強く共感しましたが、要約、世間も現実を直視してくれる様に成ったと言う想いで記事を読ませて頂きました

政府の新成長戦略にロボット産業が盛り込まれているにも関わらず、あらゆる災害に於いてロボットが使われていない現実、これだけゲリラ豪雨や土砂災害が起きても目新しい器材が開発されていない事実、未だに被災地では復興作業を代行してくれる様なロボットや最新機器が見られない昨今に於いて、国のロボット開発費は、一体何処で何の為に誰が浪費しているのか疑問に思います

ちなみに私自身の考案するモノに対して、こんなセリフを頻繁に言われます、「それでは売れませんね」「それでは駄目ですね」、否定や批判をするにしても、「〇〇でなければ売れない」「その機能がもっと〇〇でなければ駄目だ」と言って欲しいのですが、またこれ以上ロボット開発に於ける補助金申請をしても採択されなかった人間の被害妄想と言われぬ様、コメントは控えて置きますが、災害対策に関してのロボットや復興支援用の補助機器が早急に必要だと思うのは私だけなのでしょうか?

記事にも書かれている津田氏の発言通り、結果的に有効で無いにせよ、使って見て御終いでは無く、その後はブラッシュアップやPDCAサイクルを組込む事が望ましいと言うのは正しく「正論」だと思います、

大会

user-pic
0

8月23日、前橋市総合福祉会館で開催された「サンデン前橋ロボコン2014」に過去最大の174チームが参加し、手作りロボットでカーリングに挑んだ
昨年からスポンサードしているサンデンの担当者は「認知度が上がり東京、埼玉、栃木など県外からの参加もあった
優勝は小学生の部「チームOo(ダブルオー)」(前橋市)、
中学生の部「あべしっ!?」(伊勢崎市立あずま中学校)、一般の部「チーム中嶋」(前橋市)だった、優れたアイデアを選ぶアイデア大賞には「キングあんちゃんず」(伊勢崎市)と「Sho3's」(太田市)、「ホワイトピーチ」(高崎市立片岡中学校)が選ばれた。

今朝は弊社の出来事では無く、先日行われた「前橋ロボコン」の記事を紹介しましたが、今は沢山のロボットキットやパーツが市販されているので、小中学生でも、この手の大会に参加し易く成ったのだと思います

それに比べ、私の小学生時代と言えば、野山を駆け回り、海や川で遊ぶ毎日で、其れらしき事と言えば、学研の「科学と学習」の付録で感光写真や電池と豆電球を使った並列直列の実験、トランジスタラジオの組立キット等が当時のトレンドで、そんな些細なモノでも幼心に心躍らせたものでしたが、もはや人工知能搭載型ロボットが198、000円で売られる昨今、時代の変遷を感じさせる大会でした。

起伏

user-pic
0

今朝出社すると、日頃から御世話に成っている方から、人柄と好意の大切さを促すメールが届いていましたので、一部抜粋して紹介させて頂きます

海外旅行の行先として台湾の人気が急上昇で訪れた方の感想ではグルメや名勝は勿論、台湾の方達の人柄の良さを耳にしますが、旅行先で親切にされた思い出がリピーターを生んでいる一因でもある様です
そんな台湾の例からも、人柄や好意がビジネスとして大切な資源のひとつである事を実感させられますが、ビジネスライクではなく、人柄が感じられる対応や好意的な態度からは信頼感が芽生えます、
人柄と好意の大切さは、観光に限らず、ビジネス全般に共通するかも知れませんね

以上に成りますが、何事も、やらされてる感や嫌々感を幾ら誤魔化そうとしても隠せるものではありませんので、頂いたメールを基に、御客様に対しては、誠意や好意、そして信頼感を抱いて頂くには何が大切かを、社内に於いて見つめ直したいと思います

 

昨日は帰宅後にテレビを見ていると、ある人物が逆境に耐え抜いた後に成功を納め、その成果に対してのインタビューを受けている場面を目にしましたが、「自分のやって来た事は本当に良かったのだろうかと、ここ数年は常に自問自答の繰り返しでしたが、これからも強い気持ちで自分を信じ、頑張りたいと思います」と言っているのを聞き、私自身、物凄く共感し、励まされた気持ちに成ったのも束の間、その後は別の番組で某大学の教授が出演し、研究成果を目にした時には、その素晴らしい研究結果を称賛するも、「やはり人脈や人財、多くのスタッフ、そして研究開発の原資、更に充実した研究器材を含めた全てにおいて、大学の研究室には適う筈が無い」と呟きつつ、気持ちの起伏が激しい一日でした。

夏バテ

user-pic
0

最近はテニスやウオーキングをしても直ぐに疲れてしまったり、宴の席でも直ぐに帰宅したりと、要所要所で夏バテを実感する事の多い日々ですが、読書や運動で程良く気分転換をしながら猛暑を乗り切りたいと思います

昨日は製造技術課の宮下君が出勤し、諸事情での計画の遅れを取り戻すべく、2台のマシニングを稼働させたり、CADCAMでプログラムの作り込みをしたりと頑張っていましたが御疲れ様でした

昨日と言えばロボコンの進捗や報告を多数頂きましたが、相談の内容も多く送られて来ました、その中で最も多かったのは機械剛性を上げる為の設計方法やモーターの選定で、後はギヤの材質等の問い合わせが多くありましたが、制御方法に関しては、やはり若い方の方が新しい制御デバイスを使い熟すのが得意らしく、頭の柔軟性を羨ましく感じる次第です

そして今日は藤井君が、私用なのか、果たして社用なのか、中間的な位置づけのまま、取引先の方に招かれて市内某所へ出掛ける事に成っていますが、昨日の宮下君同様に大変御疲れ様です

平穏無事そうに思える毎日も、宮下君、藤井君の様に、人を支え合う意識等、皆の努力があってこそだと敬意を感じる今日この頃です。

資質向上

user-pic
0

今日は「かわさきロボット競技大会2014」の予選へ出席予定でしたが、法事が入り、そちらを優先する事にしました、しかしながら若手ロボット開発者の登竜門とも言われている本大会を、皆さんも機会がありましたら、是非、御覧に成って下さい、以下、案内となります

各位

第21回かわさきロボット競技大会を次の通り開催致します。

入場・見学自由ですので、是非、ご来場ください。

<バトルロボット部門>

予選トーナメント 平成26年8月23日(土) 10時~17時

開場9時30分 試合開始10時

決勝トーナメント 平成26年8月24日(日) 10時~17時

開場9時30分 試合開始10時

会場 川崎市産業振興会館1階ホール             

駐車場がございませんので、ご来場は公共交通機関をご利用ください。

第21回かわさきロボット競技会事務局

http://www.kawasaki-net.ne.jp/robo/

 

昨夜も某所でロボットの定義に関して熱く語ってしまいましたが、エンジニアでも無ければ、ロボットと言うと、ソフトバンクのペッパーの様な個体をイメージする様です、またTRONやV-sido、ROS、ソケット通信等と深く掘り下げても、一般の方には何だか意味不明の様ですが、それが現実だと思います

以前もブログで紹介した様に、今や機構部分をキットとして組立てた後は、外観を3Dプリンターで好きな形に造形する昨今、それ自体に大きな付加価値は値しない時代に於いては、人工知能とデバイスの進化がロボットの進化と言えます

代表的なモノで例えれば、今後発売されるカーナビゲーションもそのひとつで、音声案内を自分好みの声に変えられたり、人工知能の機械学習機能と音声認識技術との組み合わせで、会話の出来るカーナビも発売されます、それらも含めてロボット技術として捉えた場合、多くの若者には、かわさきロボット競技会の様な場で、エンジニアの資質を高めて欲しいと思います

今回、招待を受けたにも関わらず会場に行けないのは残念ですが、今日はエンジニアとしてでは無く、社長としての立場を優先した次第です。

特異性

user-pic
0

P1000535.JPG先日も話題に取り上げた山田さんの書かれた本を読み返して見ましたが、やはり変な叔父さんです、しかしながらその特異性が良い方向へ向いているからこそ実績として残せた様に感じます

客観的に本を読んでいると、山田さんの理念とされる一字一句が当たり前の事過ぎて、そんな当たり前の事が出来て居ない自分に不甲斐無さを感じつつも、特異希な経営者の真似だけでは上手く行く筈も無く、今後も優れた経営者の良い所を真似ながら、自社の経営に活かして行きたいと思います

 

昨日は外出先から直帰をさせて頂きましたが、昨夜のうちに20件程のメールを頂き、今朝から対応に追われています、そんな取引先の皆さんが遅く迄頑張っている様子を見る限り、「やはり山田さんの会社は特異希な会社」だと思わざる得ない朝でした。

ノウハウ

user-pic
0

9月4日から行われるロボット学会は開催地が九州と言う事で断念したものの、今回は充実したプログラムだったので、未だに諦めきれずに降ります

前回の学会では、「最近は様々なロボサーボや安価な3Dジャイロセンサー等のデバイスが出ていますが、それらのカテゴリーに於いて、規格や安全基準は無いのでしょうか、また人工知能搭載ロボットに於いてのロボット安全基準は存在しないのでしょうか、最後にROSは規格化されていくと思いますか」と、ある有名且つ著名な方に質問した所、「それは車検さえ通れば、ボロ車でも改造車でも一般道を走って良いかと言う意味ですか」と言う御言葉が返って来たので、「そこで例える必要があるでしょうか」と答えて激怒され、その直後には「なんか間違った事を言ったかな」と大勢の著名人を前にして頭が真っ白に成った経験をさせて頂きました

こう言った場では「話の本質を急がない、相手の話を否定しない、急がせたり慌てさせる言葉を発してはいけない、相手を持ち上げつつ話を引出す」、これがノウハウだと悟った前回の学会でしたが、様々な研修会やシンポジューム、または講演会等でも必ず質問をする様に意識している事もあり、大勢の前で恥を掻くのは日常茶飯事ですが、社員には恥を掻かせぬ会社にしたいと願う、今日この頃です。

出資者募集

user-pic
0

昨日は知人から「福島県南相馬市へ来ています」とメールが届きました

私自身、正直、現地の様子はテレビから得られる知識だけでしたが、原発事故の影響を受けた地域では、未だに電車やバスは途中迄しか運行していない状況で、途中からはタクシーしか交通手段が無く、深く入り込もうとすると、民間の交通機関すら無い状況らしく、その彼のメールで現実を知らされた時には、原発の問題は過去の事では無く、今現在も進行している未解決の事件だと痛感しました

被災地では災害用ロボットだとか救助用ロボット等が現地で作業をしたり、人の役にたっている等と言う光景は全く見られず、理不尽さを感じつつも、結局の所は国で何かしてくれるわけもなく、民間企業に依存するしか無い現実と合わせて、企業にとっても復興支援ロボットを開発したからと言って、収益に繋がらなければ事業として取組む意味も無く、互いの事情が平行線と成っている現実も知らされました

被災地の事に関してはデリケートな話題だけに、私の意見は控えて置きたいと思いますが、昨今の著しいロボットの進化は誰の為のものなのか、また必要と思われる所に限って、ロボットが普及していないと感じるのは私だけでしょうか

中小企業に於いては資金に余裕が無く、自費で開発するのは困難ですが、国で御金を出資してくれるのであれば、どんなモノでも作ってみたいと意欲だけは・・・

この場を借りて、しばらくの間、被災地復興の為、沢山の検査機器や測定器材を持込み、ひとり奮闘している彼に、心からエールを送りたいと思います。

次世代ロボット

user-pic
0

群馬県庁経済部工業振興課次世代産業推進室の中村さんから次世代ロボットに係るシンポジュームの案内を頂いたので、早速、申し込みをさせて頂きましたが、御題目は産業用ロボットの安全基準、生活支援ロボットに係るISO、自動車用センサー技術研究所の発足発表等が主な内容になります

今迄も同様のシンポジュームに参加して来ましたが、これと言って突っ込んだ話は無く、一方的に決まり事や政策を話して御終いで、質問しても技術的な回答は得られないのが通例でしたが、落胆せずに今後も多くの会合に参加して、人脈を広げたり、少しでもビジネスのヒントを得られる様にして参りたいと思います

 この手の会合や学会に多く顔を出す様になり、自分自身にも変化が起きて来ました、それは私ひとりが肩肘張って、世間を「あっ」と言わせる様なモノを作りたいと思っても、今はそうすべきでは無いと感じる様に成った事です

今は社員の能力を最大限に引出し、現状の中で創造し、出来る事を形付けて行く、その努力から湧き出でるイノベーションを育て、更に次の世代に繋げる事が私の仕事だと思う様に成りました

もう起業当時の三人三様の会社では無く、その三人が社員と共に生きて行く道を選んだのならば、社員と共に一枚岩に成る道を選ぶべき・・・次世代ロボットの話から脱線してしまい恐縮です、しかもあまり人目に触れないブログで熱く語るのも何でしたね

諄い話はこのへんにして、連休明けで仕事が溜まっている方も多い事と思いますが、くれぐれもヒューマンエラーには気を着けましょう!

ぼやき

user-pic
0

昨日は某テレビ番組で紹介していた「動力不要の歩行アシスト」を複雑な思いで見させて頂きました

一昨年の暮れに成りますが、私が類似したシステムを某国立大学へ提案した所、変人扱いされて封印された事や、パーマトルクを利用した動力不要のアシストユニットを提唱した所、同様に変人扱いされた事を思い出しながら複雑な気持ちで見て降りましたが、この手のモノを実用化させるには、中小企業のちからだけでは事足りず、膨大な時間と御金、更に長期に渡り、様々な知識を持った方々の労力が必要だと再認識させられました

介護機器は認証が必要無い為、直ぐに市販化しても良い事に成っているとは言え、実際には医療介護施設に於いては、どんなモノでも最初は臨床期間を求められる様で、先日の某国立病院でも言われた事ですが、「何らかの商品が実用化されたとしても、購入する前には幾つかサンプルを提供して頂き、しばらく使わせて下さい」と言う話になります

何れにせよ中小企業に於いては、開発条件から言っても大学の研究室には適いませんし、何よりも社会的な立場を比較しても適いません、また今日迄、私が何を提案してもアカデミックな方々からは相手にされず「中小企業に何が出来る」と言う視線で見られて来た事は、自分自身が一番強く感じている事で、更にその様な経験は私個人の胸のうちに閉まって置こうと思っていた事でしたが、昨夜の番組中に見る、あまりの置かれている環境の差に、ついぼやいてしまった次第です

今後はロボット事業部を掲げてからの様々な人との出会や様々な場所へ出掛けて来た経験を生かし、進むべき方向性を見極める時期だと感じています

最後に成りましたが、弊社に於いては時間と御金があれば様々な医療介護ロボットを作る自信があります、しかし目先の事業資金と将来的な収益性が伴わなければ、企業として捉える意味がありません、それを踏まえた上で、今後はロボット事業部を収益性のある企業の柱として育てて行く事が大きな課題です。

回想

user-pic
0

あっと言う間の連休でしたが、明日からまた新たな気持ちで頑張りたいと思いますので相変らず御愛顧の程、宜しくお願いします

話は変わり未来工業の山田昭男さんが亡くなられて半月が経ちますが、あくまで私個人的な気持ちとして、何だか心に穴が開いたと言うか、ひとつの時代が終わったと言う感覚に苛まれております、また孫さんや柳井さんの様に偉大な経営者は現れるかも知れませんが、中小企業の延長線上に於いて、あの域に達する経営者は、今後、現れない様な気がしています

考えない様にしようとしても、いつの間にか思い出してしまうのが山田さんの経営理念で、世間から見たら何の変哲もない商品を製造販売しているにも関わらず、企業としての社会的認知度が高い所も学ぶべき特徴のひとつなわけですが、晩年は会長室に籠り、冥想に耽っていた様子をテレビで見たのが最後でした

私がまだ20代後半の頃だったと思いますが、山田氏と未来工業の社内を初めて見た時には、汚い鞄を持ち歩いて「薄汚い叔父さん」と言う印象で、社内の徹底した節約振りに、正直「湿気た会社」としか目に映りませんでしたが、当時の社員はそれでも「働き易い」と言う言葉に、若かりし頃の私は「何故」と思ったものでした

また今でこそメディアも企業の御手本の様に取上げていますが、当時はメディアも面白おかしく取り上げて居たのを未だに覚えています

そんな風に世の中が変わっても、己の理念を変えなかった山田氏は企業家として見習うべき経営者だと感じつつ、あえて今一度、山田氏著書「へんな会社の変な決まり事」を読んでみようと思いますが、改めて山田氏の功績に敬意を表し、御冥福をお祈り申し上げます。

誇り

user-pic
0

ある雑誌に、「ソニー、AIBOに関するサービス終了」と言う見出しで、こんな記事が書かれていました

技術者として長年ソニーに勤めた乗松伸幸さんは、2010年に(リストラの為)早期退職し、株式会社ア・ファン~匠工房~を設立、業務内容は古いオーディオ機器など、メーカーが受け付けなくなった製品の修理を請け負うも、以前1匹のAIBOを修理したことが口コミで広がり、現在、20匹が入院中だ

毎日のように問い合わせがくるが、態勢が整うまで待ってもらっている状況で、「企業として利益の出ないサービスを終了する判断は仕方ないが、その中で取り残されてしまうお客様がいる、ソニーの技術者として、私たちは誇りや理念というものをたたき込まれている、お客様が望む限り、責任を持ってサポートしたい」

以上が記事に成りますが、特筆すべきは退職されてからも企業理念を持ち、更には企業人としての誇りを持っていると言う所だと思いますが、弊社の社員さんにも同様のセリフを言って頂ける様、共に成長して行きたいと思わせてくれた記事でした

業務の方も、ひと段落したと思うと新たな仕事が飛び込んで来たりしていましたが、要約、あと半日程度の仕事を残すのみと成りましたので、安心して明後日からの稼働日を迎えられそうです、それではまた。

実感

user-pic
0

先日は予定通り、帝国データバンクの面談が行われましたが、弊社の経営指針に基づき、短期、中期、長期に渡る経営計画及び売上げ計画、また社員育成に伴う理念等を御話させて頂き、御理解を得られた事と認識して降りますので、この内容を基に各取引先へ報告書が行き渡る事と思います

くれぐれも御伝えしておきますが、社会的に認知されている企業であれば、大手企業や中小企業を問わず、各企業が同様に、且つ定期的に行われる企業調査ですので誤解の無い様にお願いします

今回は弊社の情報提供だけでは無く、先方からも、現状、製造業が置かれている生々しい話等も伺う事が出来て、私自身、とても刺激を受けた一日と成りましたが、その内容に触れるのは敢て控えさせて頂きます

その後、昨日もハードな一日と成りましたが御盆に関係無く稼働している取引先が多い為、御客様に対しては社員さんが休みの間、私の方で出来る限りのフォローをさせて頂きます、と言うと聞こえが良いかも知れませんが現実は諸々の社用や書類作成に勤しむ今年の御盆と成り、田舎にも帰れず会社にいると言うのが正直な所です

昨日あたりからは一部を除き道路も空いており、多くの企業が休暇に入った事を実感しますが、県外ナンバーの車も多く、通勤途中での交通事故も何度か目にしていますので運転には十分に気を着けたいと思います、それではまた。

御案内

user-pic
0

御盆休みの所もあれば稼働している取引先も多く、昨日も業務の依頼や問い合わせに追われる一日と成りましたが、弊社も昨日から夏季休暇に入らせて頂いた事もあり、期間中は御不便を御掛けする事もあろうかと思いますが、御理解頂きます様、宜しく御願いします

また出来る限りの事は私の方で対応させて頂くつもりでは降りますが、弊社、各社員の責任範囲に踏み込む事は控えさせて頂きますので、弊社各担当者の意思決定や判断が必要な業務に関しては、恐れ入りますが連休明けの18日(月)に改めて御連絡頂けます様、合わせて御願いします

今日はまだ会社前の道路も静けさを保っていますが、間もなく八幡霊園渋滞が始まる事と思います、それではまた。

外出

user-pic
0

毎日出張の話題で恐縮ですが、昨日は車の渋滞と合わせて、暴風雨に見舞われ、散々な一日でした

早目に会社を出発したにも関わらず、高速道路では時間を費やし、更に北関東道、上三川ICで降りてからは、台風の様に荒れた天候に見舞われ、現地へ到着した時には、既に朦朧とした状態でしたが、取引先の皆さんに励まされ、私の拙い話等も熱心に聞き入れて下さり、恐縮しながら帰路に経ちました

その後も暴風雨に巻き込まれながらも栃木県にあります、本田技術研究センターやキャノン光学研究所に立ち寄りつつ、再び渋滞の中に身を委ねたのは良いのですが、高崎の到着した時にはグッタリとした状態でした

そして今日と明日は留守中に溜まっていた業務を熟しながらも、午後には外出して御墓参りに出掛け様と思います

高崎で私が檀家に成っている所は、13日に迎盆で15日に送盆と成っていますが、私の実家、新潟県東蒲原郡阿賀町では14日に御墓参りの日とされています、このへんの習慣も地域によって様々な様ですが、皆さんの所は如何でしょうか?

ちなみに弊社周辺に大きな霊園施設がある為、今日から3日間は会社前の国道では午後から法事渋滞が始まりますので、弊社へ御越しの際は裏道からの来社をお勧めします、それではまた。

出張

user-pic
0

昨日は渋滞を避ける為に下道をひたすら走り続けた1日でした

埼玉県大宮区迄は渋滞している対向車線を横目にしながら順調でしたが、そこからは栃木県佐野市迄は高速や国道の渋滞を避ける為、市街地や住宅地を抜けながらも1時間半程で目的地に到着し、打合せを終えての帰路も渋滞を避ける為に下道で帰ろうと思っては見たものの、今度は国道の渋滞が始まり、次第に混み具合も激しく成った所で、御客様が来社している事もあり、最後は僅かな区間でしたが混み合いながらも時間の読める北関東道で帰社しました 

また今日も茨城県常陸大宮市にある取引先へ出掛けますが、せっかくなので帰りには栃木県清原工業団地にあります、キャノン光学研究所や本田技研R&Dセンターにも立ち寄りたいと思います

そして明日は帝国データバンクの方と4年振りに面談がありますので、私の方は通常出社と成りますが、これに関しては経営者で無ければ知らない世界だと思いますし、だからと言って怪しい内容ではありませんので御安心下さい、各企業同様に企業調査担当者の方が定期的に企業経営者と面談し、過去数年の経営状況や、今後の経営計画を話し合ったりするもので、これが基と成り、各取引先等へ報告書として配布されるものと御理解下さい、しかしながら、これだけを捉えても、やはり経営者とは特殊な職業ですね

今後も規模を拡張するだけでは無く、市場性、社会性等を見据え、実力を着けながら会社を大きく成長させたいと思いますので、今後とも御支援賜ります様、宜しくお願いします。

繁忙期

user-pic
0

今日は埼玉県おおみや区へ出掛け、そのまま栃木県佐野市の取引先へと向かいます、また弊社には業務の関係で早朝より取引先の方々に御越し頂く予定と成って降りますので、なるべく早めに帰社しようと思います

また明日は茨城県常陸大宮にあります取引先へ出掛けますが、帰省ラッシュや行楽に巻き込まれての渋滞や混雑だけは避けたい所です

 

昨日は何時も通りの時間に出社し、何時も通りの業務を熟し、その後、しばらくしてテレビの台風情報を見ていると、8時頃だったと思いますが吉澤君が出社して来ました、階段下で「おはようございます」と言う声が聞こえたので運送業者かと思い、荷受けの印鑑を手にした所で吉澤君と解った次第ですが、何時も通りの支度をしている吉澤君とは裏腹に、テニスウエアで短パン半袖の自分が少し恥ずかしく成り、自ら「こんな格好で済みません」と思わず発してしまいました

あえて出社の理由や状況は聞きませんでしたが、人が頑張る姿に嘘偽り等あろう筈も無く、ひたすら結果を出そうと一生懸命に努力する彼には惜しみないエールを送りつつ、私の方が先に会社を後にしました

忙しいと言えば、メッキ等の表面処理業者も繁忙期を迎え、「何とか御盆明け迄に」と言う取引先が多く、休日出勤で何とか対応していると言う事でしたが、皆さんの所は如何でしょうか

瞬間的とは言え、少しでも忙しいと「この仕事量が分散してくれたら」と感謝の気持ちが薄れがちに成るものですが、何時の時期も自分本位では無く、御客様に喜んで頂ける技術と品質の提供、合わせて納期の対応に努めて参りたいと思います。

イベント

user-pic
0

日本科学振興財団・日本科学館様より御知らせ

シンラドーム 整理券配布

8月10日(日)~15日(金)の期間は、9:30より会場にて、1人1枚、4階シンラドームの3D番組投影の回につきまして整理券を配布します。

jsf.or.jp/info/2014/08/8

 

千葉県立現代産業科学館でイベントを行っている大平技研様同様、こちらも弊社の大切な取引先に成りますので、是非、御立ち寄り下さいます様、お願い申し上げます、シンラドームの後は、でんじろう先生の科学実験やNEDOのブースもお楽しみ下さい

学校が夏休みと言う事もあり、それに合わせたイベントの多い季節に成りましたが、車で御出掛けの際は運転中の携帯電話や、はしゃぐ子供達に気を取られたりして、事故を起こさない様、十分に気を着けたいものです。

交流

user-pic
0

メールチェックと返信メールを打ち込み、我に返ると7時を回って降りました

御客様からの激励メールや業務に関するメール、更には各大学も夏季休暇に入り、取組んでいる研究成果や途中経過の報告や相談が届く様に成りましたが、SNSの手軽さから日本各地の大学とコミュニケーションが取れる様に成り、私の様な年輩者でも自分の子供達より年下の方々と交流が持てる様に成りました

外部には手解きを施しますが、最近では社内で行われる設計に意見する事は控えています、時に上手く行かずに苦労する場面も目にしますが、何でも教えるだけが技術者育成に繋がるものでは無いと気付いたからです、とは言え上手く行かなかったり、時間だけが過ぎてしまう様では御客様に迷惑が掛かるので、時に雷も落としますし暴言も吐きます

それもこれも我が子同様に愛情あっての事ですのが、最近では社員の皆さんも物怖じせずに「またか」と言った感じで受止めている様ですので、そういう意味では逆に社員さんの方が大人なのかも知れませんね

そんな所で、そろそろ吉澤君が出社の時間と成りますので今朝はここまで。

飛躍

user-pic
0

先日は孫社長がテレビ番組の中で、「崖っぷちを走るのに慣れた」と仰っていましたが、規模は違っても何だか解る気がします、また「ホラ吹きと言われても常に前向き」と言うのも理解出来る気がします、まあ企業規模に雲泥の差があるにも関わらず、解った様な発言をするのも失礼な話だとは重々承知しての事ですが、中小企業経営者は常に危機感を持って企業経営に取り組んでいるのは事実ですし、やりたい事に取り組んだり、向かいたい方向を示しても、俗に言う「人・金・時間」の問題から、発言するにはしたけれど身動きの出来ない状態、あるいは進展出来ない状況にあると言うのが嘘偽りの無い中小企業を取り巻く現実です

経営に近道はありません、近道を探そうとして疲れ果てている経営者には成りたくもありません、だからこそ時間を掛けてでも一生懸命に社員の自主性や思想を磨く事が私の・・・2日間に渡り諄い内容に成り恐縮です

 

昨日は弊社を取り巻く各支援団体へ、「少し時間を頂き、今迄の情報を精査させて下さい」と申し出をしました

弊社がロボット事業部を発足すると共に、様々な団体との交流や著名な文化人との御付き合いも始まり、ロボットや医療、介護、薬事法等の情報が逸早く入手出来る状況にありましたが、そうこうしているうちに政権交代後は、モノ作り補助金から始まり、その後も俄かにロボット産業が社会現象化され、医療介護ロボットも国の重点分野に指定されると、今度は群馬県が医療特区に制定され、昨年から参加させて頂いて降ります、産学官医工連携会議に始まり、関東圏の行政や外郭団体も精力的な活動が目立つ様に成って来たと言うのが、ここ1年程の状況です

その事自体は悪い事ではありませんが、あまりの急展開に私自身が整理の着かない状況を感じ始めた為、最近では弊社の方向性をしっかりと見出し、ビジネスチャンスを逃さない様、利に適った支援を要請出来る様にしたいと思う様に成ったのです

せっかくの支援を無駄にし無い為にも弊社の状況を御理解頂き、改めて今後とも、群馬県産業支援機構や北関東産学官研究会、群馬県庁産業経済部工業課、前橋産業技術センター、職業能力開発センターの皆様に於かれましては、引続き、御協力賜ります様、御願い申し上げます。

常識

user-pic
0

多忙な状況に加え暑さも増して、毎日遅くまで頑張る社員の皆さんも流石に御疲れの様子です、とは言え全ての仕事をシュア出来る筈も無く、部品加工や設計、組立調整等の仕事量にはバラ付きが生じ、更には部品加工も手配しきれない状況があったりする等、規模は小さいながらも開発機能を持つ企業として、大手と同様の問題が生じるのは否めない事実です

また3人で始めた会社ではありますが、早い物で約20年近くが経ち、其々が年齢を重ね、家庭環境も変化しつつ、少しずつ社員も増え、何よりも設備産業の置かれている環境も大きく変化した今、未来に向かって行く為の企業基盤と成る3分野の事業構築、更に経営基盤の安定化が今後10年間に行うべき私の使命です

様々な業界の経営者と御会いする事が多い昨今、誰しも一様に考えを御持ちの方々が多く、一葉に理念が違います、また学びの場を求めては様々なコンサルタントの御話を伺うものの、その話に該当する様な経営者は意外と見当たらないと言う現実、今一度、自分の中にある経営の本質を引出して見たいと感じる、ある方との刺激的な出会いでした

最後に、経営者にとっての常識とは何でしょう、開発者にとっての常識とは、では身体障害者や心身障害者にとっての常識とは、改めて考えてみると・・・長く成りそうなので今朝はここまで、それではまた。

イベント

user-pic
0

P1000531.JPG昨日は千葉県立現代産業科学館20周年記念イベントに招待されて出掛けて参りましたが、写真を撮り忘れたのでパンフレットのみの紹介と成ります事を御了承下さい

午後からのイベントでは館長の挨拶に始まり、リニューアルされたプラネタリュームの紹介を含め、館内の企画展示内覧会では学芸員の方々の説明を受けたりしましたが、弊社の取引先でもありますマブチモーター様も出展していた関係上、挨拶も交わしつつ帰路に経ちました

先程知った話ですが、大平技研のスタッフの皆さんは、大平さんやアレックスを含め、本日6日(水)からの上映に向けて、徹夜で作業を行っていた様ですが、華やかな舞台は、こうした苦労の上に成り立っているものだと感じます

そんな帰り道、観光バスの後部に大型トラックが追突し、トラックの運転席が半分程潰れ、更にバスに内側に車体が入り込んでいる状況を目にしましたが、仕事上のトラブルも運転も、何かあってからでは取り返しの着かない事に成りかねませんので、十二分に慎重な行動を心掛けたいと思います。

愚問

user-pic
0

昨日は、㈱本田技術研究所四輪R&Dセンター開発責任者、浅木泰昭氏の講演や名刺交換会に出掛けて参りましたが、最後に私が投掛けた「今後、ホンダが向かおうとしている開発のトレンドや方向性を教えて下さい」と言う愚問に対しては「それは秘密です」とバッサリ言いきられる始末で、120名以上いらっしゃる会場内で辱めを受けたと言うか閥の悪い思いしてしまいました

講演の内容は、ホンダと言う会社は御客様が喜ぶと思えば社内の秩序等は御構い無しで、徹底した顧客優先企業だと言う企業紹介から始まり、ホンダが軽自動車から撤退しようとした出来事や、5年前には経営状況も悪く、三菱自動車に回収されるかも知れない等のマイナス面が前術で、後半は他社との差別化を図る為に、普通は衝突しても潰れる事の無いエンジンを敢て潰れる構造に改良する等の細かい話等を御聞かせ頂きました

しかしながら次世代型自動車の開発として、具体的な取り組みには一切触れず、そこから先は「言わない」と言うよりも、ホンダとして同業他社との協業では無く、差別化を模索している「端境期」と言うのが私の受けた印象です、更には車業界を取り巻く社会情勢や環境問題等の外部環境が劇変している事から、方向性が見えて居ない様にも感じました

この様にして弊社を取り巻く外部環境を周知しながら、自社の方向性を模索して行くのが私の仕事でもありますので、同様の講義には積極的に参加して行くつもりですし、何とか取引契約に結び付けられる様に努力を惜しまないつもりです 

そして今日は千葉県立現代産業科学館へ出掛けて参ります、それではまた。

電力事情

user-pic
0

1380140_217748051682833_1198472721_n[1].jpg何とか気分転換を図ろうとした週末、セキュリティーの関係上、私でなければいけない取引先とのパソコンでの作業や官公庁に提出する書類を仕上げる等に悪戦苦戦しましたが、そんな中でも僅かな時間ではありましたが、テニスクラブや地元の御祭りにも顔を出したりして、少しは自由な時間を過ごす事が出来ました

8月は各企業共に夏季休暇が予定されていると思いますが、夏場の電力事情に伴い、夏季休暇をシフトした企業には電力の割引制度が適用されると言う事で、弱電セットメーカーや自動車関連企業は様々な取組をされている様です、中には完全に休みにはせず、半数を交互に稼働したりする輪番稼働を適用している企業もあります

弊社の場合は100Vは元々が一般家庭並みで、200Vの動力電源も省力タイプのキューピクルを導入している為、節電に努める範囲の努力とさせて頂いて降ります

 

話は変わり、昨日の夢の扉は御覧に成りましたか?

ホンダの象徴である翼の意味を初めて知る事が出来たり、企業が求めるリーダーとしての姿勢を学ぶ事が出来ましたが、偶然にも今日は私の方がホンダR&D四輪開発部門の講義と名刺交換会に出掛けて参りますので、何としても成果に繋げて来たいと思います、また最後に成りましたが、以前にもブログでアップしたホンダの販売店に掲げてあった社是を紹介させて頂きます、良く読んでみると昨日の主人公の思想と重なりあう事が伺い知れます。

開発費

user-pic
0

P1000530.JPG昨日は藤井、吉澤の2名が早朝6時入りにて取引先へ出向き、昼過ぎには無事にミッションを遂行して帰還しました、また昨今では宮下、渡辺(一)も新製品の立上を行っている御客様の要望に応えるべくして毎日遅く迄頑張っていますが、諸事情により工数の欠けている職場内のフォローも含めて、前向きな2名には敬意を感じずには居られません

そんな折を見て、藤井、外所チームで御伴するロボットのカスタマイズを行いました

写真がそのスタンダードグレードですが、手押し台車をイメージしたモノで、次回はモーターのギヤヘッドを変える事で出力軸の回転数を下げてトルクを稼げば、強く推しても極端に前へは進まず、トルクを稼げる分、重たい物も運べる事に成りますので出来ればラジコンのオフロード4WD用の大きな車輪を取付けたいですが、試作希望のスポンサーがいらっしゃいましたら、直ぐにでも製作致します、またパーマトルクを取付ける事により更に用途は広がる事と思いますが、今年は開発費の捻出が厳しく、様子を見ながらと言う事に成りそうです

いろいろとやり遂げていくつもりでいた週末も成果が上がらず終いで明日の月曜を迎えそうな気配を感じていますが、どこかのタイミングでリフレッシュしないと仕事の効率が上がらない気がしているこの頃です、それではまた。

賛同

user-pic
0

P1000528.JPG「『最新アクチュエータ理論』と言う、おもしろい本が出たので読んでみたら」と紹介されたので、近隣の戸田書店へ問い合わせをした所、在庫があると言う事でしたので、早速、仕事帰りに立寄ったのですが、そこで以前にも感銘を受けた事のある、楠木健さん著書の新刊を見付けてしまい、その瞬間、紹介された本は頭からリセットされた次第です

少し前に流行ったドラッカー系の内容では無く、現代的な思想を取り入れ、自らの経営センスを磨きましょうと言う内容のものですが、受け取る人によっては不愉快に成る方も多い様で、その事実すら文中に盛り込む所が、私が楠木氏に引き込まれた理由のひとつです

楠木さんの理論は至ってシンプルです、偉人とされる松下幸之助氏や稲盛和夫氏の様な倫理面を唱える経営手法では無く、それらを熟知した上で、「オリジナルな自分自身のビジネススタイルを完成させましょう」と言う考え方の持ち主で、私は個人的にも楠木さんの考え方に賛同しています

まだ完読していませんが、精神論では無く、経営者としての本能や嗅覚を磨けと言わんばかりに書かれている内容に、久々に心地良い感動を受けたと同時に、かなり救われた気持ちに成ったと言うのが正直な所です

 

話は変わり今日明日は地元の御祭りで、夜には花火大会も予定されていますが、天気予報を見る限り、昨日の様に夕方から夜に掛けての雷雨も心配されますので、御出掛けの際には雨具の用意をされた方が宜しいかと思います、それではまた

成熟期

user-pic
0

いつもは子供会へ寄付する会社の不要な段ボールも、今朝は何時になく山積されていたので、束ねて資源回収業者へ引き渡したり、木枠をバラして資源ゴミに出したりと汗だくに成りつつも何とか小一時間で終えましたが、「うちの会社の社長は朝から何をやっているのか」と思わず自ら呟く有様です

話は変わり、何だかロボットに対する政府の本気度が伺い知れる話題が飛び込んで来ましたが、下記はNEDOによる事業概要の発表です

 

本事業(「環境・医療分野の国際研究開発・実証プロジェクト/ロボット分野の国際研究開発・実証事業/災害対応ロボット研究開発(アメリカ)」)では、我が国のロボット技術を核とするロボットシステムの開発、実証を海外と協力して行うことにより、我が国のロボットシステムの普及や国際的な地歩の確立等を目指します。また、国内外における災害ロボットの安全性等に関する基準、適合性評価体制の整備等を目指す取り組みと連携を図ることにより、我が国ロボットシステムに係わる産業競争力の強化に資することも目指します。

具体的な研究開発項目は以下のとおりです。また、下記3つのカテゴリーに関して、その成果を広く一般に公表することを最終目的とし、例えば国際ロボット展等の実演会への参加等も予定しています

 

以降は余りに長文になるので掻い摘んで説明すると、以上の概要に加え具体的な内容としては、 災害対応ロボットの開発・実証や シミュレータ開発、 性能評価手法の開発(タスク開発)が上げられますが、民間企業からの参与も公募があり、採用された場合に1年間はNEDOから人件費の一部が提供されると言う仕組みも取られており、今回は税金のバラ蒔きでは無く、かなり成果が期待出来るものと思われます

但し、私が取り組んで来た事は何ら意味を成さなくなってしまう事も以上の内容から読み取れる様に、驚愕している企業も多い事と思います、また先日もロボットを産廃に出した知人を紹介しましたが、今後は弊社を含め、各企業共に数年先を読み、何を持って市場と向き合うのかを明確にしなければ生き残れない時代では無いのかと考えた場合、産業構造の変化は物凄いスピードで進んでいると実感せずには居られません、何れにせよロボット市場も成熟期に入るのは時間の問題だと思える話題でした。

このアーカイブについて

このページには、2014年8月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年7月です。

次のアーカイブは2014年9月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。