2014年9月アーカイブ

多忙

user-pic
0

9月も今日で終わりですが、私の方はこれから埼玉県内の某所へ出掛け、14時頃の戻りを予定しております、また明日からは10月に入りますが、ここ最近は時間の経過を早く感じると同時に、何かと気忙しい毎日です

1日には次世代ロボット産業推進室の作業部会による、ロボット用センサーの動向を学び、2日には群馬県内と近郊の企業、約300社が集結するイベントに参加したり、4日には社内設備の点検作業に続き、8日には某企業とのマッチング、9日は筑波国際会議場に於いての展示化、10日は次世代ロボット会議等々が目白押しで、11月に入ってからも、JIMTOFやグリーンドームで行われる展示会出展が予定されていますが、其々の活動が会社にとって未来の糧に繋げられる様、ただ闇雲に参加するのでは無く、真剣に取組みながら、更には次世代のサンシステムを創造するきっかけにも成れば幸いです

また11月と言えば横田さんの定年月でもあり、寂しい気持ちに苛まれながらも、定年延長後の処遇を決めた上で、65歳迄と言わずに何時までも居て欲しいものです。

消失

user-pic
0

11月2日に「第11回スペースロボット大会」が行われます

スペースロボットと言うので何かと思えば、月面探査機を想定した大会と言う事ですが、子供達の理工離れを補う為の催しに、皆様も是非、足を運んで見ては如何でしょうか、要綱等は上記の専用サイトよりご覧ください。

http://e-kagaku.com/src11/ 

今朝は書込みをした内容が消えてしまい、同じ内容を打ち込むのも空しいので、急遽違う話題に変えてみましたが、如何にせよ手短になってしまい恐縮です。

私事

user-pic
0

職業能力開発協会の依頼を受けて、某日某所にてキャリアコンサルタントを志す方々を前に実践報告を行う事と成りましたが、アドバイスの様な内容では無く、今迄と現在、そしてこれからの取組だけに限定した御話を述べさせて頂くつもりですので、告知出来る状況に成りましたら、改めて御案内差し上げたいと思います

私自身は日曜祝日、年末年始や御盆も関係無く、大凡4時頃には起床しており、これも経営者としてのマインドを鍛える為に行っている習慣で、いつしか嫌だとか面倒だとかと言う気持ちも無くなり、自分への甘えや驕りも薄れ、日常的に実践出来る様に成りましたが、大凡の人からしてみれば「おかしい」「変だ」と言うのも解りますし、御坊さんでも無ければ真似出来ない事だと思います

また毎朝、早くから会社の周りを掃除したり空き缶や吸い殻を拾ったりと道路の清掃もしていますが、それも誰に褒められたいわけでも無く、心の鍛錬として行っている習慣なわけですが、それすらも恐らく傍から見れば変わった存在かも知れません

しかしながら先日は私の理念を理解して下さる方と再会し、「五十嵐さん、それは他の人と比べるのでは無く、自分の信念を持ち、マインドを保つ為にも御続け下さい、必ずや普段の行動や言葉の重みとして発言に表れ・・・」と言葉を掛けて頂き、私の事を理解して下さる方がいる事に、とても救われた気持ちに成りました

その方は別段、コンサルタントでも無ければ著名人でも無く、某大手をリストラにより早期退職した私と同じ歳の課長職だった方ですが、信念を持って組織を動かして来た実績には私も尊敬する所があり、時折、御会いする様にしています

また被災地の子供達に対しての支援も行って降りますが、未だに事故は過去の物では無く、現在も進行している大きな事件だと認識しております

そんな綺麗毎ばかりでは無く、御酒に関して言えば、飲んでは反省の繰り返しです

洗い浚い告白しましたが、サンシステムの社長とは、こんな人間であると同時に、会社に於いては日々様々なドラマが繰り返される中、怒ったり笑ったり涙目に成ったりしながら、社長業に奮闘する毎日です。

出張

user-pic
0

P1000546.JPG昨日は予定通り、日本科学技術振興財団が運営する日本科学館へ出掛けましたが、12時からの約束に対して到着したのが11時20分頃と、約束の時間まで少し時間があった為、催事場で開催されていた「放射能対策、廃棄物処理展」を先に訪れ、防護服に始まり除染機器等の機材やプラントを拝見させて頂きながら、周囲にも目を向けて見ると、一部の方々に向けたイベントかと思いきや、以外にも沢山の来場者数には驚かされました

残念ながら業務上の内容を紹介する事は許されませんので御了承頂きたいのですが、帰りの際には科学館内で企画展示されている、東京都大田区によるモノ作り企業のブースや、幾つかのブース等の見学をさせて頂き、その後も、「サンシステムの皆様には、常日頃、御協力頂きまして、本当にありがとうございます、社員の皆様にも宜しく御伝え下さい」と言う御言葉を頂き、科学館の皆様の人間性を垣間見たと同時に、裏方である私達にとっては、心救われる瞬間でした

その後は、せっかくの都内への出張と言う事もあり、多くの方々と御会いする期会を頂き、沢山の御話をさせて頂いた事も含めて、皆様には貴重な御時間を割いて頂きました事を心より御礼申し上げます。

 

しかしながら今朝は体のあちらこちらに痛みを感じており、その理由も業務上の事なので言いたくても言えないのがもどかしい所ですが、疲れているのは私だけでは無く、昨夜も22時半頃に帰宅した社員の皆さんも同様に御疲れの事と思われる中、今日は各地で運動会が行われる様ですが、普段は運動を進めても理解を示してくれない社員数名も、子供の運動会に参加して怪我をしないかと心配です。

今日は都内のJSFまで社用の為、車で練馬インターから目白通りを抜けて皇居方面へ向かいますが、納品後はNEDOのブースへ伺い、更に都内の御客様2社を訪問しながら会社に戻りますので、帰りは21時頃を想定している為、不在時の御注文等は、弊社の優秀な社員の皆様へ御申し付け頂ければ幸いです

また土曜には外出も予定されていますが、昼前後を除いては出社して降りますので、沢山の御注文を御待ち申し上げて降ります

早10月、私の方は来年2月迄の資金計画が目下のイベントで、支払いが先行する弊社にとっては毎年この時期に成ると、夢や希望も大切な事ながら、売上げや利益が優先される時期と成ります、但し、今期は展示会も多数予定されていますので、夢や希望と共に、売上げと利益をリンクさせて行きたいと考えて降ります。

 

昨今、話し方の重要性を説くと煩さがられる時代に成りましたが、個人的には時代に関係無く、聞き方や話し方はとても重要だと感じています

自らの言葉が足りないが故、もしくは自らの言い回しが原因で相手に伝えたい事が上手く伝わらず口論に成ったり、きちんとした受け答えをして貰えずに、イライラした経験をされた方も多い事かと思いますが、「そんな位、言わなくても解るだろう」とか「そこまで言わせる」等と言った言葉も、相手にして見れば「この人は何が言いたいのだろう」と気分を害する事になるわけですから、友達同士や家族等のプライベートはともかく、仕事上の鞭撻事項であれば、どんな些細な事でも、相手に気持ちが伝わる様な話し方が必要な筈ですが、それらは話し方が上手い下手では無く、社会人として、しっかりと相手に情報を伝える技術、すなわち本来の「コミュニケーション能力」としてと捉えたいものです

またその逆も然り、人の話を聞き、理解する能力も当然必要ですが、言った言わない、聞いた聞いてない等、見解に違いが生じた場合を想定し、メールやラインをエビデンスとして扱う習慣も多い中、各企業に於いては、今だからこそ挨拶から始まる本来のコミュニケーション能力が必要ではないかと感じます。

VA

user-pic
0

上期のVA提案が11件程、社員の皆さんから提出して頂いたので、昨日はブラッシュアップをさせて頂きましたが、とかくVEとVAを混同しがちで、設計や加工方法に関しての提案に関しては線引きの難しい部分もありますが、まずは自分の考えを文章や図形として整理する能力もヒューマンスキルとして重要な事と捉え、今後も同様に試行錯誤が常習化する様、常に考える習慣を取込んで参りたいと思います

 

また昨日は取引先へ納品する設備機器の搬出が行われましたが、そう言った時には個々の機動力にも差が生じますので、社員一人一人の言動をしっかりと観察する様にして降ります

機械加工を行う製造部の皆さんは別な知識や技術が必要とされますが、設計や組立を主な業務としているエンジニアにとっては、機械の運搬や移設、納品等の全てが業務とされますので、現場力と言う観点からも、自発的に考え行動する必要があり、状況判断を誤まる事無く、事故や怪我を回避し、スムーズに事を運ぶ為には、何をどうしたら良いのかを的確に見極める事も仕事の一環と成りますが、それらは個性の違いから、同じ事を任せても若干の相違が生じる事を承知した上で、其々に現場力の重要性を伝えて行く必要があります

以上は当たり前の事であり、どの企業に於いても共通して言える事だと思いますが、周囲のコンサルタント等からは、「経営者である社長が率先してしまうのは、決して望ましい事では無い」と常に言われ続けながらも、諸々と自問自答の日々です。

出展

user-pic
0

P1000545.JPG11月5日にグリーンドーム前橋で行われる「ビジネス交流会」のチラシが出来上がって来たのでアップしてみました

群馬県内140の企業や団体が一堂に集まるのですが、今回は弊社も出展する運びと成りましたので、何かしらの成果に繋げると同時に展示会の経験値も上げて行きたいと考えて降ります

添乗員は小林君と渡邉さんで、私は説明員に徹し、地道な営業活動に勤しむ作戦でおりますので、是非とも弊社ブースにも足を運んで下さいます様、お願い申し上げます

展示会にはPOPが3枚と制作部品の展示、更にパソコンで動画を流し、私の方は御供するロボットのワゴンタイプを基に農作業用ロボットの企画を売り込み、需要を掘り起こすのが狙いですが、単なる設備産業としての営業と合わせて、今回は農作業補助ロボットと言う新たな市場を開拓する試みですので、広く大きな目で御覧に成って頂ければ幸いです。

ツール

user-pic
0

先週末から今週初めに掛けては各企業とも休日に関する取組も様々な様ですが、以前は主要取引先に休日を合わせると言う慣例も聞かれなくなり、コンプライアンスやガバナンスと言った事が謳われる様に成った昨今、パートナー企業やサプライチェーンとしての扱いでは無く、独立した見方がされる様に成りつつあります

業界では開発プロセスや知識と経験値が絶対的とされ、またそれが取引先に於いても財産と言う扱いをされて来ましたが、今では様変わりしてしまい、以前の様に独自のアイデンティティーを求められる事も無く成りました

更に設備産業のみならず、どの産業に於いても市場から求められるのは、余程の売りと成る技術、他との差別化が明確な商品力、他を圧倒するコストパフォーマンス、もしくはそれらが劣っていても克服出来る様なサービス等、何れかの優位性を備えていなければ市場から淘汰される時代へと成りましたが、モノ作りが軽視され、一品一葉の設備や開発機器も、コピー用紙やボールペンを買う様な感覚で見られがちな現状には考えさせられる事ばかりです

しかしながら経営者ひとりが環境の変化に気づいても、社員との意識の共有化が出来て居なければ急激な市場の変化に対応出来る筈も無く、生き残れるかどうかは、その意識を共有出来るかどうかに掛かっていると言っても過言ではありません

それは弊社のみならず他企業も同様で弊社だけに限った事では無いと思いますが、今後は環境の変化に対応すべく、経営指針と言うツールを最大限に生かし、社員との意識を共有しながら、次世代のサンシステムを構築する必要があります

 

今日はこれから埼玉県内へ出掛けて参ります、大宮から上尾を抜けて、そのまま国道17号バイパスを通り、本庄を経由しながら16時30分頃の戻り予定ですが、また何処かで御見掛けの際は遠慮無く、御声掛け下さい。

変換

user-pic
0

今朝はパソコンを起ち上げ、昨夜のうちに送られて来ていた大量のメールを確認したり、返事を打ち込んだりしていると7時を過ぎてしまいましたが、職業能力開発協会より頂いた内容が面白かったので見出しを紹介したいと思います

・2014年版「厚生労働白書」を閣議報告
・2015年新卒採用予定数、全業界で増加
・2013年度、「技能検定」に約28万人が合格
・介護・保育・看護・建設分野における人材確保・育成対策について議論
・大型商業施設に保育所/社員の子育て支援

これらを読み解いていくと、全体的な社会の動向として高学歴なキャリアを育てようとか、優れた人材の育成等では無く、普通の人が普通に末永く働ける社会インフラの構築や、働き方の多様化を浸透させようと言う動きへの変換期を感じます

しかしながら、それだけでは無く、文化としての変遷も必要だと指摘する方が増えている様で、例えばアメリカでは以前から、「自由な国」を象徴するかの様に、高学歴で且つ要素技術に長けている人と、叩き上げの人達が対等にディベートを行いながら商品開発を行う環境を構築しているのに対し、日本の場合は一方の方だけが地位を誇示する傾向にありディベートに至らず、市場主義では無く作り手側の想いが先行し、市場投入後の商品寿命が短命であったり、目新しい商品が生まれ難いと言う文化が構築されて来ましたが、昨今、日本企業に於いても外国人の幹部やスタッフを設ける動きも、それらが要因の様です 

また昨日は久し振りに再会した知人からも、経営や人財に係るアドバイスを頂き、「人」としてのあるべき姿を御教授頂きましたが、まだまだ私も学ぶべき事が沢山あると認識させられた有意義な一日でした

来客

user-pic
0

今朝は取引先を早期退職された方と、午後には中国出張から国慶節により帰国される方が来社される事に成っているので、ゆっくりと御話を伺おうかと思いますが、労働市場も改善されつつあるとは言え、年齢が嵩めば嵩む程、再就職は厳しい様です

ちなみに私が所属している中小企業団体に於いても、定期的な新卒の採用を重視し、中途採用は控える傾向にありますが、何れの理由にせよ、退職や再就職は精神的な負担を強いられる事と成り、周囲の支えも必要かと思われます 

下記は北九州地域における取組の一環だそうですが、地元だけでは無く各地域を見渡すと其々に関係各位の御苦労を伺い知る事が出来ます

 

ロボット導入に関心のある地元中小企業を対象に、産業用ロボットの基礎知識を学ぶための「ロボット道場」を開設します。
ロボット道場では、産業用ロボットの機能や取り扱い方法等に関する講座や、実際にロボットを使っての実習を行います。

(1)日時
     第1回:平成26年10月21日(火)13:20~17:20
     第1回:平成26年11月18日(火)13:20~17:20
     第1回:平成26年12月16日(火)13:20~17:20
(2)場所
     北九州学術研究都市 技術開発交流センター
(3)定員・受講料
     ・1回あたり4名程度、3回開催で合計12名(先着順)
     ・受講料は無料

詳しくは、チラシをご覧下さい。  表示PDF

付加価値

user-pic
0

今日の彼岸の入りは当初の予定からすると休日の予定でしたが、来週の土曜27日と振替をさせて頂きました事を御了承下さい、また自動車サプライチェーンや電機連合等では休日に関する取組に違いがありますが、弊社に於いても、月21日間の稼働日数を確保するにあたり苦慮しております

昨日は面白いモノを紹介されたので、お知らせします

一般的には高価な高精度ロボットアームが、2000ドル以下という破格値でKickstarterに登場した。アーム先端につけるアタッチメントの交換で3DプリンタやCNCフライス盤などとして使える。

このスカラロボットアーム「FLX.ARM」の作業領域は、XY平面で(リーチ)406.4mm、Z軸は203.2mmとかなり大きい。XY平面上に±0.025mmの精度で位置決めできる。アーム先端の移動速度は毎秒1mだ。

3Dプリンタとして使用する場合、全金属製のホットエンド使い、PLA、ABS、HIPS、ナイロン、ポリカーボネートなどのフィラメントでプリントできる。最小積層ピッチは100μm。パーソナル3Dプリンタと比べて大きな造形が可能だ。

https://fabcross.jp/news/2014/09/20140919_flxarm.html

上記は3Dプリンターにフライス機能が盛り込まれたモノで、価格も20万円程度と破格値で提供されていますが、今後も様々な付加価値を持った新商品が出て来るかと思うと、早過ぎる時代の変遷に戸惑いを感じてしまいます。

出張報告

user-pic
0

昨日は7時45分に吉澤君の顔を見る成り出張へ出掛けて参りましたが、富士フィルムオプティクス水戸工場からキャノン光学研究所へと出掛け、近くにあります本田四輪技術研究所ではアポ無しの飛び込み営業だった事もあり、想定通りに守衛所で門前払いをされたものの、その後は富士フィルムオプティクス佐野工場へと出掛け、無事に一日を過ごす事が出来ました

しかしながら行く先々で「五十嵐さん、随分と御疲れの様子ですね」と御声掛け頂き、帰りの際には何度も鏡を見たものの「只の草臥れた叔父さんと例えた方が正しいのでは」と呟きつつ、自宅に戻ってからも運転ばかりでは身体に悪いと思い、1時間程ウオーキングをしていると、以前、私と同じテニスクラブに居た方と出会い、「しばらく見ないうちに随分と顔がやつれましたね」と言われる始末で、最後は物寂しい気持ちで一日を終えましたが、藤井君にも「1年に3歳ずつ歳を取っている」と例えられている様に、「やつれた」とか「疲れた表情」と言うのも傍から見れば、否めない事実なのかも知れませんが、そんな疲れた叔父さんも、まだまだ夢の途中で、社員と共にインベーションを起こすつもりで降りますので、今後とも宜しくお願いします。

戦略

user-pic
0

今日はこれから茨城県常陸大宮市と栃木県佐野市まで出掛けて参りますが、何処かで見掛けた方は御気軽に御声掛け下さい

ちなみに一昨日の地震の際には、社用を済ませ埼玉県内の県道を車で走っていると、道路脇に知人が立っており、「どうしたんですか、こんな所で」、「こんな所でと言われても、ここが妻の実家なんです」等と思わぬ所で知人と遭遇した次第ですが、人の縁とは摩訶不思議です

 

この所、アメリカの半導体景気指数が上振れている様ですが、日本では円の暴落と言われながらも、製造業では高卒の求人が増加していると言う現象が起きている様に、市場を見渡せば確実に利益を出しているメーカーもあり、それらの多くは挙ってロボットを扱っている企業で、日本国内の企業だけでも、不二越、安川、川崎、ファナックと言った所は、今や産業用ロボットの分野では世界的にも名を馳せる企業と成って降りますが、その様な事例を基に、来期からの中長期経営計画として盛り込んで行く必要性を感じております

昨日もテニスの錦織選手が名誉賞を辞退するに至り、「まだ夢の途中」と言うフレーズには再び心踊らされましたが、弊社に於いても、社員と共に夢を追掛け、利益を追求し続けて行きたいと思います

そして今は未だ道半ばですが、厳しい現実から目を背けずに、社員ひとりひとりがイノベーションを起こせる企業へ成長させなければ生き残りは無いと認識しております。

 

更に産学官連携事例の御案内、お時間ある方は下記も御覧ください

工場用機器を手掛ける伊東電機(加西市)と大阪府立大(堺市)は17日、産学連携プロ­ジェクトの一環で同大学内に設けた全面人工光の植物工場を報道陣に公開した。伊東電機­が開発した自走式搬送ロボットを導入し国内で初めて栽培工程を無人化した。最新技術の­採用で従来よりもコストを4割程度削減でき、収益性の高い植物工場のビジネスモデルを­構築する。

http://youtu.be/pI1an1yieWw

余震

user-pic
0

昨日は出張時に地震が起こり、震源地近くにいた事もあり、今迄に体感した事の無い揺れでしたが、幸い会社の方は被害も無く、通常稼働して降りますので御安心下さい、また御心配を頂き、御電話を頂戴した皆様には心より御礼申し上げます

私は運転中で、突然の大きな揺れに車が制御出来なく成り、一体何が起きたのか解らないまま車を止め、揺れが納まるのを待とうとしたのも束の間、私と反対車線ではトラックと軽自動車を含む車3台の玉突き事故が起こり、自分の方へも突っ込んで来そうな様子に狼狽えておりましたが、揺れが納まる迄の間、ほんの僅かな時間だったのかも知れませんが、私には相当の長い時間に感じました

事故を起こした反対車線のトラックも恐らく私同様に、ハンドルを取られ慌てふためくままに前の車に追突してしまったのだと思いますが、その様な状況からも車間距離の大切さを痛切に感じました、また幸い私自身は高崎から取引先まで一般道を走っていたから良かったものの、「高速道等で大きな揺れに遭遇していたら、どう成っていた事か」と想像するとぞっとします

地震直後には、電話をして安否の確認や状況確認をしたかったのですが、「電話が繋がりにくい状態です」と言うアナウンスに、しばらくは電話も出来ず不便を感じつつ、その後は約束をしていた取引先へ行くと、机や棚が動く程の状況に「緊急会議」と構内でアナウンスをしていましたが、次の取引先では、「机が動き棚が倒れ、いろいろな物が散乱していて業務が出来ない状況」と言う事でしたので、「今日の所は失礼します」と早々に帰路に経ちましたが、道路も規制が行われている中、何とか会社に戻る事が出来ました

今回の地震は東関東大震災の余震と言う事で、高崎は然程「大きな地震」と言う印象は無かったとの事ですが、震源地周辺で体感した恐怖感に苛まれる程の揺れに、改めて防災に関する意識が高まり、備えの大切さを痛感した次第です

尚、この度の地震により、被害に遭われた皆様に於かれましては、謹んで御見舞い申し上げます。

現実

user-pic
0

関越自動車道の交通事故も7時間の通行止めで、渋滞に巻き込まれて大変な思いをした方も多い様ですが、自らも慎重なを運転を心掛けたいと思います、また会社の健康診断も無事に終えましたが、病気になる前の予防にも心掛けたいものです

昨日は何とか資料を作り、関係各所に送付する事が出来ましたが、今週はともかく、来週からは何かと気忙しく成り、私の方は留守も多く成ります事を、御了承頂きたく、御願い申し上げます

企業には光と影の両面があり、光を浴びながら活躍するのが社員で、それを陰と成り、社員を輝かせるのが社長である私の役割ですが、それは大変な仕事で、なかなか報われないのが現実です、そんな気持ちを抱えながら、今週も新たな気持ちで頑張りたいと思いますので、どうか宜しくお願いします。

励み

user-pic
0

今朝は5時からウオーキングをしながら出社し、6時頃からは協力メーカー3社を廻り、お茶を頂き話し込んだりしていると8時半頃の戻りに成ってしまい、その後も来社された方の対応に追われたりして10時半頃に成りましたが、今日は明日提出期限の書類を仕上げなければいけない為、諸々の用事を割いてでも社業に専念しなければ成らない状況です

 

先日は私が考えるロボット産業のインフラ整備及びロボット産業が取組むべき障害者雇用の展望に関して御話をさせて頂く期会を与えて頂きましたが、共感して下さる方が居た事に安堵感を覚え、光栄に感じています

ロボットを物質的な見方と産業としての見方をした場合、後者に関しては人手不足の解消と言う理由で、ロボットの普及を促す考え方が蔓延していますが、それでは障害者や生活弱者の労働市場をロボットに奪われ、今迄以上に高齢者や障害者は社会から淘汰される事に成る事は必至です

健常者と障害者や高齢者が共に質の良い労働環境を構築し、両者が共存出来る様なインフラ整備と共にロボット産業を発展させ、先進国に相応しい社会の仕組み作りを行う事が日本の発展に繋がり、最終的に障害者や高齢者社会を支えるロボット産業と成れるのだと信じています、またその事が健常者、障害者、高齢者にとっての「平等」と言う成果物を生み出し、平和な社会が保てるのではないかと思います

しかしながら中小企業のオヤジがひとり呟いた所で何が変わるわけも無く、更にはロボット産業を取り巻く昨今の御祭り騒ぎ的な状況にも嫌気が差して来た最中に於いて、共感し理解を示してくれた方が表れた事には大変励まされました。

行動力

user-pic
0

P1000544.JPG写真は昨日も御紹介した高橋氏から頂きました御自身が御書きに成られた本ですが、タイトルだけ見ても間口の広い仕事をしている事が伺い知れます、ましてや弊社の様な中小企業から大手企業、更には行政団体から大学迄を自らが足を運び、自分の目と耳で実際に起きてる現実を確かめる行動力には驚かされます

話は変わり今日明日と連休の所も多い様ですが、弊社の様に様々な業界に縁をしていると、平日はメールのやり取りが多く、電話の数も少なく成った昨今に於いて、会社が休日の時に限って電話が鳴り止まなかったりする事も多く、内容次第では対応を拒まざる得ないのが実態です

休日に至りましては今後も同様に、出来る限りの事は誠意を持って御協力させて頂きますが、出来ましたら平日の弊社担当が降ります時に御連絡頂ければ幸いです

私の方はテニスがしたい気持ちを堪え、ジョギングで痛めたアキレス腱周囲炎を労りつつ、仕事の傍ら頂いた本で気分転換したいと思いますが、運動前後に必ず準備運動也、ストレッチをする様、皆さんも御気を着け下さい。 

アキレス腱周囲炎

スポーツをする際に、ストレッチや準備運動もせずに行き成り始めると起こり得る、踵後部から数センチ上に起こるアキレス腱の炎症で、テーピングを施し、1~2週間安静にしていれば痛みは消えるそうです。

来客

user-pic
0

昨日は㈱企画塾の高橋憲行氏に来社頂き、2時間少々の間、貴重な御話を伺う事が出来ました

私自身は以前から高橋氏を存じ上げており、御多忙な方と言う印象を持っていたので、その様な方が群馬の中小企業にわざわざ来るとは想像もせず、表敬訪問したい旨の連絡を頂いた時には他のスタッフが来るものだろうと思い混んでいましたが、御本人様を目の前にした時には正直、感動しました

略歴は京都工大講師、近大講師、各地の自治体顧問。ニュービジネス協議会委員会委員等を歴任。 企業や官公庁等へ20年以上のコンサルタント歴。ビジネスに不可欠な企画と企画書の体系を創始、 大企業を中心に多数の企業に導入、以下は企画塾のHPよりご覧下さい

www.kjnet.co.jp

この場で話の内容や目的を述べるのは適切では無いと思われますので控えて置きますが、本来は「先生」と呼ぶべき所を、「高橋さん」と呼ぶ私に対して嫌な顔ひとつせす対等に話をして下さった事には懐の深さを感じました

また来社されて、粛々と会話が進む中、私自身の都合により、せっかく東京から御越し頂いたにも関わらず、申し訳ない事をしたと言う気持ちと同時に、何か勿体無い事をしたと言う気持ちに伏せておりますが、御土産に数冊程の本を頂きましたので、早速、読ませて頂きたいと思います

その後は結局の所、出掛けられたのは15時45分頃になってしまい、急いで取引先へ出掛け、僅かな時間でしたが退職される方への挨拶を交わし、会社に戻れたのは9時10分頃でしたが、皆の帰った後の社内を見渡しては、「一週間、御疲れ様、でも明日も頑張ろう」と自らに言い聞かせ、一週間の成果と結果、各人やチームの売上げは立っているのか等と冥想しながらも、社員ひとりに電話を掛けてみましたが繋がらず、何とも言えない寂しい気持ちを背負いながら、帰宅の途に就いた次第です

そして今朝は、昨夜送られて来た業務依頼の返事や見積もり、更に製造部の横田さんに頼まれたミッションを遂行すべく、夕方には終わりにしたいと思います。

実用化

user-pic
0

10615596_722439424477362_1549608529360886706_n[1].jpgIEEEに所属しているオーストラリアの科学者により、様々な物に印刷出来るタイプの太陽電池パネルが開発され、近々実用化されるそうですが、個人的には自然界の景観を損なうメガソーラーよりも、建物の屋根や壁面、窓ガラス等の建築物、あるいは道路のガードレール、高速道路や鉄道の遮音壁等、既存の施設に印刷したものを張る方法で、自然界との調和を図った方が望ましいのではないかと思います

とは言え震災直後は既存の技術に委ねるしかなかった事も否めない事実ですが、今後は少しずつ、自然を破壊せずに発電出来るシステムが街の景観として彩られる事を期待しております

 

昨日も埼玉県の取引先2社へ出掛けて来ましたが、横田さんに「16時には戻って来て下さい」と言うミッションを仰せ付かっていたにも関わらず、高速道を使わずに国道17号で往復した結果、会社に戻ったのは15時55分で、結果的に高速道も国道も然程差がありませんでした

行きは新バイパスで行き、帰りは旧道で熊谷市内を通り、行き帰り共に工業団地周辺を寄り道しながら社に戻りましたが、一昨日の東松山から寄居の辺りとは裏腹に其々の地域にある工業団地も廃虚や売却物件が目立ち、工業団地の過疎化が進んでいる様にも見受けられました

衰退する産業もあれば、思いも寄らずに時代の波に乗る産業もあったりと、先行き不透明な時代ではありますが、自分達の手でイノベーションを巻き起こしたいと野心を抱かせてくれた、この2日間でした

また本日の午前中は著名な方が取材に御越し下さる事に成っていますが、午後は取引先の方がリストラにより退職されると言う事で挨拶に出掛けて参ります、また明日は夕方まで出社しておりますので、恐縮ですが何かありましたら、夕方以降の要件は明日早々に対応させて頂きます事を御容赦下さい。

イベント

user-pic
0

イベントのご案内

弊社の出展が予定されている展示会を御案内申し上げます

 

「2014筑波銀行ビジネス交流商談会」

【会期】 平成26年10月9日(木)10:00~15:30
【会場】 つくば国際会議場

 

「ビジネス交流会」

【会期】 平成26年11月5日(木)10:00~15:00
【会場】 グリーンドーム前橋

 

「ものづくり技術展示商談会inぐんま2015」

【会期】 平成27年2月3日(火)14:00~17:30    2月4日(水)10:00~16:30
【会場】 ビエント高崎

 

他にも幾つか打診されていたのですが、まだ展示会馴れしていない事もあり、徐々に形式や営業の方法を模索し内容も充実させながら、最終的にはビッグサイトや幕張メッセへの出展も視野に入れて降りますので、宜しくお願いします。

 

昨日は外出先から直帰の旨を伝え、急な要件が無い事を確認した上で、埼玉県内の国道254号を北上しながら下道で高崎へ戻りましたが、東松山市からは意外と大手の企業も多く、ボッシュ東松山工場やホンダ小川工場、その後は新しく出来たホンダ寄居工場があり、近郊には幾つかのショッピングモールが見られました

気になっていたホンダ寄居工場は地形を利用し、自然に溶け込んだ印象があり、駐車場からは山の斜面成りの階段が設置されて居たり、商談コーナーが山の頂上にあったり、山と山の間の谷間に入場口が設置される等して、以前の様な山を切り開いて工場を立てたと言う印象は感じられませんでしたが、それも今時の自然との調和を盛り込んだ設計なのでしょうか

他にも小川町と本庄市内を散策してから帰路に経ちましたが、私が会社に居ない方が社員の皆さんも伸び伸びと仕事が出来ている様ですので、内勤は極力、社員さんが休みの日に集中してやれば、会社としての生産性向上に繋がるのでは無いかと感じた次第ですが、自ら社員さんとの調和を図りたいのならば、まずは人から嫌われる今の性格を早く何とかしないといけませんね。。。

社内の出来事でも無ければ技術的な内容では無く恐縮ですが、テニス歴35年半で、今でも時々試合に出場している私としては、やはり錦織選手の話題は外せません

全米オープンでは日本人として、そしてアジアの選手としても素晴らしい功績を残し、勇気と感動を与えて貰いましたが、テニスから離れた視点で見てみると、多くの人達が称賛し、100年に一度の逸材と言われる中、偉業を成し遂げたにも関わらず、「初の快挙を逃す」「初のアジア勢、5位成らず」等とネガティブな表現や、錦織選手が人生の半分をアメリカで過ごし、現地の名門テニススクールの出身者である事から、「日本人扱いするのには違和感がある」と言う持論を語り出す人達まで表れた時には、まず上目線で物事を捉え、正しいかそうで無いかは別にして、強い口調で言い切る者が一目置かれると言う、ビジネスの世界に共通する何かを感じました

また錦織選手の試合後に、フェデラー氏がテレビのインタビューで、「なぜ日本人は世界に通用しないのか」と言う問いに対し、「日本には車椅子テニスで世界1位の国枝慎吾氏がいるじゃないか」と発した時には、自ら驕らない姿勢に心から感動し、更にはコートの上で錦織選手が発した「自分を支えてくれたチームに感謝します」と言う言葉からも、人を敬い自らを奢らない「心技体」の精神を改めて学びました

私自身も例外無く、野次や罵声もスポーツ観戦の醍醐味だと思いますし、持論を語りながら仲間内で盛り上がるのも楽しみ方のひとつだと思いますが、公の場に於いては、悪気は無くても自己中心的な批判や誹謗中傷を先行させ、相手を敬う気持ちを見失しなわぬ様、職務にあたっては自も発言には気を着けたいと思います

そう考えると、スポーツから学ぶべき事は沢山ある様に思えると同時に、今後も出来る限りテニスを続け、そこで経験するスポーツマンシップを企業活動にも生かして行ければ幸いです。

来客

user-pic
0
この度、新潟大学は県内にある中小企業と連携し、「学要実践のダイナミズムで企業変革を支え、新しいリーダーを育成する」をテーマに学内での講座を開設する事と成り、いよいよ第1講がスタートする運びと成りましたが、今後も生まれ育った郷里へ、積極的に貢献して行きたいと思います

 

 昨日は予定通りに群馬県庁経済部工業課次世代産業推進室から2名の方に御越し頂き、行政の取組や今後の政策等を御聞かせ頂きましたが、私の至らない話にも御付き合い下さり、申し訳ない事したと反省している次第です

起業したての頃は「技術があれば行政には頼る事は無い」と、粋がっていた時期もありましたが、その後は次第に「企業活動も社会活動の一環」と捉える様に成り、行政と民間企業では交わる事無く、常に平行線ではあるものの、互いの存在を尊重しながら、その距離を遠ざけてはいけないと感じる様に成りました

これからも行政の取組と弊社に於いての活動をリンクさせて行きたいと考えて降りますので、より一層の協力関係を構築して行きたいと願います。

アイスブレイク

user-pic
0

P1000540.JPG昨日は早朝出社したものの、その後は公用にて新潟へ出掛け、用を済ませ白山駅周辺を歩いていると、風と共に懐かしい潮の香がしたので、思わず海岸まで足を運んで見ましたが、雲ひとつ無く綺麗な景色に、思わず写真を撮って見ました

海岸沿いも私の子供の頃とは違い、今では新潟大学周辺も、短大や専門学校、高校や中学等が集積した学園都市の様な街に様変わりしていますが、その光景を見る度に、子供の頃に見た、松林だけの何もない、広々とした海岸沿いの景色が記憶として甦ります

私の両親は新潟県東蒲原郡三川村にある分校の教師と生徒で、私はその村にある母方の実家の大広間にて産声を上げましたが、それからしばらくすると父親の転勤で海に程近い新潟市内の横七番町へ引っ越し、新潟地震に被災しながらも、その後は父親の転勤で引っ越しを繰り返す事となるわけですが、山奥で生まれたにも関わらず、海辺にも思い出があると言うのは、そんな経歴が理由です

この所は終日休むなんて事は無く、それでも土曜や日曜に成ると合間を見ては、読書をしたり、テニスやジョギング、更にはゴルフの練習場へ出掛けたりと、リフレッシュする様にしていますが、「それもまた我が人生」と、自らに言い聞かせる昨今です。

生産性向上

user-pic
0

政府は生産性向上促進税制制度により大手のみならず、中小零細の企業に於いても工場の自動化や産業量ロボットの導入を推進していますが、昨今ではサービス業に於いても国からの助成金が認められて、受付ロボットや飲食業界、あるいはサービス業、更には事務的な分野にもロボットを普及させる動きがありますので、弊社に於いても「お供するロボット」のカスタマイズ版を各業界向けに、リエンジニアリングを施し、商機を探る構えで降りますが、其れに関しては弊社HPのリンクから御確認の上、以下の認証機関でもありますロボット工業会のHPと合わせてご覧下さい

http://www.jara.jp/img/header1.gif

 

昨日は御蔭様で健康診断も無事に終えましたが、ここ数年、歳を重ねる毎に健康でいる事の大切さやありがたさを感じます。

今日は高崎市にあります真木病院に於いて、社員の健康診断を行いますので、社内には誰も居らず、電話の対応が出来ない事を御容赦願います

また弊社担当各位に関しましても病院内での検診の為、携帯電話の対応が出来ない状況にある事を御了承頂きたく存じます

来社される方の為に門扉は解放して置きますが、会社の方は警備された状態と成って降りますので、不意に建屋周りを散策されない方が宜しいかと思います

私の方は終わり次第、会社に戻りますので、留守中の用件はメールかファクシミリにて送付頂ければ、折を見て対応させて頂きます

以上に成りますが、御理解と御協力を御願い申し上げます。

稼働日の変更をお知らせします

御取引先様各位に於かれましては企業カレンダーにて稼働日と休日を御伝えして御座いますが、諸事情により9月度の休日を一部変更させて頂きます

当初9月27日(土)は稼働日の予定でしたが、その日を休日として、改めて20日(土)を稼働日とさせて頂く運びと成りました事を御了承頂きたく存じます

この件に関しましては、公の行事により業務上の支障を来す事を避ける為の措置として、社員の皆様にも相談の上、その意思を尊重し決定させて頂いた次第です

以上、御理解と御協力の程、宜しくお願いします。

抽出

user-pic
0

自らが様々な産業に関与していると様々な情報を頂いたり、深く関わる事により改めて気付かされる事が多くあります

守秘義務もありますの自分の立場を弁えた範囲の文面とさせて頂きますが、この2年間、医療介護と言った分野にも多く関わって来た中で得た情報や、ロボット業界にも深く関わって来た中で見えて来た世界、IEEEやICEピークへの参加で驚かされる技術等、様々な発見や驚きと共に落胆する事も多くあった2年間でした

しかしながら私は研究者では無く、社員を抱える以上は企業家としての使命を全うする義務があり、其々の業界の方々と共に何かを生み出すのが役割では無く、それらの経験から事業に生かせるアイデンティティーを抽出するのが私の役割と捉えて降りますので、振り返れば7月位迄は周囲に踊らされていた感も否めませんが、それも良き経験と捉え、今月からは気を引き締めて、新たなるイノベーションを起こしたいと思います

 

この所の周囲で起こる様々な出来事に、今迄にも増して体調が優れない状況が続いておりますが、今朝も4時半頃でしょうか、会社周辺を散歩されている名も知らに御老人と立話をしながら、「自分よりも元気そう」と思わず呟く朝でした。

共感

user-pic
0

ロボットの業界紙に書かれていたコメントですが、的を得た内容に思わず共感してしまいました

「将来も有望視されているロボット産業ですが、産業用ロボットを除いては、現在のロボットビジネスはまだまだマーケットが狭く、利益が生まれる体質にはなっていません」

国がロボット政策にちからを入れて居るとは言え、現状のロボット市場を見渡たした場合、上記にあります文言は充分に納得の行くものと考えられます

また下記は経済紙の抜粋ですが、盛況振りを感じると同時に人件費の高騰が自動化による工場の無人化に繋がり、今後の量産工場の行く末を物語るに相応しく、脅威を感じます、また別な視点で記事を読み解くと、「日本で作るから高い」では通じない時代に、元ソニーの出井氏に言われた、「ソニーの社員がソニーの製品を作っていたのでは儲からない」と言う言葉が思い出されます

 

ファナックは2日、栃木県に工作機械や産業用ロボットの頭脳となる数値制御(NC)装置の生産拠点を設けると発表した。総投資額は500億円規模。2016年に稼働する。

賃金上昇などを背景に、中国やインドなど新興国で生産自動化の需要が高まると判断した。世界シェアトップの基幹部品について生産能力を高め、国内外の需要増に対応する。

稲葉善治社長は「極力自動化を進める」と、自社ロボットを使いコスト競争力の高い工場を建設する方針を示した。

 

以上が記事の抜粋ですが、場所は清原工業団地から本田技術研究所のある辺りでしょうか、何れにせよ群馬にも同様に整備された大型工業団地が出来ないものかと落胆するばかりです。

訪問

user-pic
0

来週は県庁経済部工業振興課次世代ロボット戦略会議推進室のNさんとSさんが御見えに成る予定ですが、戸惑う事無く、訪問を御受けした次第です

ロボットに関しては、信州大学の元名誉教授のS氏より紹介された、IEEEの参加をきっかけに、ここ数年間は様々な学会やシンポジュームへ参加して参りました、それと同時に医療介護の分野に関しても様々な集まりに参加して参りました

それらの場で定義される、各種ロボット、あるいは医療機器や介護機器に基づく製品を制作しようとした場合には、AI、ROS、メカの3分野をコーディネート出来る逸材が必要なのだと感じます、それらをトータルでやっている大学生や高専の学生、あるいはホンダや村田製作所と言った企業もありますが、一般的に形として名が知れ渡っている所では、ロボットクリエーターの高橋さんが代表されると思います、また高レベルな多軸制御と言う観点で捉えると、プラネタリュームクリエーターの大平さんが開発しているメガスターも、一種のロボットとして見る事が出来ますが、ひとりで全てを手掛け、商品として作り上げる事が出来る逸材も、私の知る限りでは少ないと思います

経済産業省が定義付けしている「ロボット」と言う括りにも疑問を感じつつ、各方面の方々への、立場やプライドを考慮の上、一個人が、この場で余計な事を述べるのは、慎みたいと思いますが、それはさて置き私が敬愛するIEEEに関する情報は下記よりご覧下さい。

http://jp.ieee.org/

9月

user-pic
0

今朝は出社途中にトラックと軽自動車の追突事故に遭遇ましたが、軽自動車の方は運転席部分まで潰れ大破した様子を見ると、悲惨な事故を招かぬ様、自らも慎重な運転に心掛けたいと思います

また早いもので8月も終えて9月に入り、小さな御子さん達は今日から新学期と言う所も多い事と思いますが、特に通学路では慎重な運転に心掛けなければと言い聞かせつつ、今日も車にて埼玉県岩槻市から久喜市へ出掛けます

 

社長と言う仕事は経験して見なければ解らない世界だと思いますが、弊社は社員が主役の会社で、社長は主役の潜在能力を引出し、その能力や個性を生かしつつ活躍して貰える環境を作り、その成果として利益を生み出し、それを分配する仕組み作りが、社長である私の仕事だと捉えています

自分の子供達が社会人に成り、親元を離れて活躍している姿を見ると、要らぬ心配をしたり、逆に気付かされたりと様々な事がありますが、同じ様に、社員にも心配してくれる人達が居たり、守るべき家族が居たりする事を考えると、様々な経営スタイルがある中に於いて、前述こそが弊社の理念として歩むべき道だと心から感じる今日この頃です。

このアーカイブについて

このページには、2014年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年8月です。

次のアーカイブは2014年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。