2015年9月アーカイブ

必要

user-pic
0

家庭でも使える卓上型4軸スカラ型ロボットが出ました

http://techable.jp/archives/31879

ついでにもうひとつは、ロボット掃除機の紹介

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0320150930bfag.html

次々に世に送り出される商品を見る限り、もうロボットを作ろうなんて考えるよりも、世に溢れた個体を買ったり借りたりする時代なんだと諭された気さえする昨今、10年前では考えられない事がロボット業界に起きている市場の様相は、補助金があったからこそ熟成された産業に育ったと言っても過言ではないと感じていますが、これからのロボット産業で成功するには、やはり「社会に必要とされる商品を市場へ供給する事」ではないでしょうか?

 

今朝は早々から会社周辺の清掃に勤しむも、精神的にも落ち着かない日が続いた上に、各所に出掛けたりしていた為に実務が山積してしまい、それを処理するのにも飛び込みの業務に時間を割かれ、ドタバタした日々が繰り返された事から少し疲れ気味の状態ですが、社長自らがそんな事では社員にも良い影響を与えませんので、後1時間程で自らの志気を高め、再び暑苦しく鬱陶しい社長に復活して置きたいと思います

また今日は月末で落ち着かない一日と成りますが、メインバンクの支店長が転勤の為に挨拶に来られる他にも、入社希望の方の面談や、取引先からの要請で打合せに出掛ける等の予定と成っている中、常に「社会に必要とされる企業」を念頭に活動したいと考えて降ります。

真意

user-pic
0

昨日は北関東産学官研究会の方に御越し頂き、様々な御話をする中、まだまだ弊社も地域の役に経てるのではないかと確信する事が出来たのですが、しかしながら私の悪い癖で、つい自らが熱く語ってしまい、「もっと傾聴の姿勢を持たなければ」と自己兼悪に陥っています

その後は先週から山積した業務の一部を渡辺さんに手伝って貰いつつ、自らは群馬県産業支援機構へ出向き、無事に社用を済ませる事が出来ましたが、要約一段落したのも束の間、今日から数日は月末月初の作業に入ります

先日の講習会でも、「月次決算や試算表のチェックは当たり前、それも締日の翌月10日には確認出来る様な仕組み作りが出来てなければ、税理士を変える等して見直すべき」と指摘されましたが、「コンサルタントの言う事を実行しても、上手く行く企業は4割、コンサルタントの言う事を聞かなくても上手く行っている企業は1割り」と言う話を聞く限り、コンサルタントは厭くまで助言者であり、最後は経営者の資質と捉えた方が良いのかも知れませんね。

 

昨日は外出先で、私の「図面が荒れている」発言に対しての真意を求められました

材料取りをする際にも、素地を生かした4Fで良いのか、それとも6Fなのかはコスト面でも大きく変わり、加工者は素地の指示が無ければ6Fを施しますが、指示が無いにも関わらず、勝手に素地のままで納品した場合、作り直しと言われても困りますし、もしクリーンルームや真空状態で使用する場合には、加工者にとっての重大な過失と成る為、指示が無ければ6Fで加工するのが一般的です

その様な現場の状況を考えずに、設計者の中には加工する側が考えてやってくれれば良いと安易に捉えている方もいる様ですが、それは誤りで、しっかりと4Fで良いのか、6Fで無ければ駄目なのかを図中に示す事は、図面を書く人の責任範囲として受止めるべき重要事項です

旋盤物の図面は横向きに描き、削り代が多く細い方、もしくは加工工程の多い方を右側に描く、また旋盤かフライスかを問わず、なるべく加工箇所に近い方向へ寸法を上げる等、基本的な事を御話させて頂く中で、I/Oを数えられないエンジニアの方々を御見掛けしたので、「動作を決め、タイムチャートを作製する上では必要な事です」と、基礎を学ぶ事を御勧めしたのですが、私はコンサルタントでも講師でもありませんので、どんな些細な発言も個人的な価値観の表現は、誹謗中傷の対象に成りかねませんので、慎むべきだったと反省しております。

雑誌

user-pic
0

20150928.JPGエンジニア向けの機関紙「ツールエンジニア」の10月号に弊社が紹介されました

取材に御越し頂いた記者の方から見た弊社を、2ページに渡りまとめて頂きましたが、記者の目線で書かれた文言は、やはり「プロの記者」を思わせるものでした

これに恥じぬ様、増々社業に励む所存でおります。

 

昨日は早朝から50件以上のメールに奮闘したり、あるモノを見知らぬ人に持って行かれたりしながらも、プライベートの時間を確保したりと、本当にドタバタした一日でしたが、帰宅する頃には東の空に浮かぶスーパームーンが少し見られたので、気持ち的には良い締め括りと成りました。

 また今日の午後は、北関東産学官研究会の下仁井さんと某民間企業方が訪れて下さいますが、「何か相談されていたけど、何だったっけ」と、2ヶ月前の電話の内容を思い出せない朝を迎えて降ります。

研究会

user-pic
0

20150927.JPG「第1回 群馬県HAL研究会」に参加しました

HALには作業用と福祉用があり、両者の紹介や事例と共に、その効果や臨床事例の発表が行われ、最後にはサイバーダインが運営するトレーニング施設「HAL Fit」の紹介や、サイバーダイン株式会社の歴史と、今後の取組を紹介頂きました

私自身がHALに興味があると言うよりも、生活補助ロボットと呼ばれる業界の動向を知る為に参加したのですが、山海教授が20年もの時を掛けて、要約ビジネスとしての展開が出来る様に成った御苦労も然る事ながら、過去には資金面でも大変な時代があった事も知っているだけに、またしても弊社に於いて何が出来るのかを、深く掘り下げて見たいと思います

この研究会から弊社が学ぶべきは何なのか?

私が唯一師と仰ぐ、コンサルタントの山口勝氏が言っていた、「悩み苦しみ考える作業を何度も繰り返した先に本当の答えが見えて来るものだ」と言う言葉を信じ、しばらくは自らの問いに、自らが答えを出す作業に耽る事と成りそうです。

研究会終了後は会社に戻りメールチェックをすると、設備案件の見積もり依頼が半日で50件程届いており、「有り難い事だ」と呟く土曜の夕暮れ時でした。

講習会

user-pic
0

20150923.jpg昨日の午後は「経営革新計画活用セミナー」へ参加しました

講師は中小企業診断士の資格を御持ちの経営コンサルタントの方ですが、今回は非常に明確で解り易く、計画書の作成に関しては、考え方と共に文章の書き方まで細部に渡り、御指導を頂きました

しかしながらセミナーの参加者は私世代の人は皆無で、グループワークの時間には浮いた存在でしたが、本来なら自ら勉強等する年齢では無く、指導する側の立場の年齢なのかと認識した次第です

現に講師の方も私より若く、充実した講習会の内容とは別に、会場の空気感は堪えがたいものがありましたが、経営に老いも若きも関係ありませんので「経営者である以上は日々勉強」と自らの理念を貫き通す所存です。

20150925.jpg

そんなわけで今日から来年2月を目途に、経営革新計画書の作成に着手するわけですが、これから5年後の㈱サンシステムを作り込む作業に様々な方々を巻き込む事に成りますので、御指導御鞭撻並びに御協力の程を宜しくお願いします。

日常

user-pic
0

昨日は某番組で「分身ロボット」を取り上げていましたが、昨今では毎日の様に優れた技術が公開される中、「技術的な成熟期」を迎えた昨今のロボット業界に於いて、その優れた技術者には敬意を表すと同時に、急速に進化を遂げた、この産業で生き残りを果たすには、ビジネス的な面での優位性を持てなければ、埋もれた技術として扱われる時期に突入した事も、理解して置く必要があります。

http://healthcare.itmedia.co.jp/hc/articles/1509/24/news041.html

 

技術ネタでも会社の話題でも無く恐縮ですが、一昨日の夜、自宅の直ぐ目の前にあるケーキ屋へ買い物に出掛けた所、以下のポスターが貼ってありました

催事 ジャパン・ケーキショー東京

日程 9月28日(月)~30日(水)

場所 東京都立産業貿易センター2F~4F

そこでアルバイトをしながらケーキ作りの勉強をしている学生さんに、「これって君も参加するの」と聞くと、首を縦に振りながら、小声で「はい」と言う返事と共に、「その為に毎日深夜まで御店で試作をさせて貰っているのですが、まだまだ納得の行くモノが出来ていません」と、照れ臭そうに話しをしてくれましたが、仕事に情熱を持って頑張る若者の姿を、とても清々しく感じました

その彼女の様な専門学校生だけで無く、社会人として働きつつも、自らのスキルアップの為と言いながら、休日にも関わらず、実費で研修会に行ったり、国家資格を取りに行ったりして頑張っている若者を何人か知っていますが、そんな若者達を見ていると、私自身も「まだまだ頑張らなくては」と言う気持ちに成れると同時に、とても眩しく目に映ります。 

今日の午後は、「経営革新計画セミナー」に参加して来ますが、「まだまだ頑張らなくては」どころか、立止まる事が許されない立場と言うのが現実で、今日のセミナーも受講して御終いでは無く、そこからが経営革新計画書策定の始まりと成り、新たな試練が待ち構えております。

反省

user-pic
0

IEEEからの御知らせで、下記のロボットを紹介されました

http://spectrum.ieee.org/automaton/robotics/industrial-robots/clearpath-otto-can-autonomously-haul-a-ton-of-stuff

この手のモノが既に市場争いを始めている状況に、今後のロボット産業に於ける道筋が見えているのは、恐らく私だけでは無い筈です。

 

昨日の午前中は業者の方が来社されたり、取引先からも資料や書類がメールで送られて来る等の他にも、電話攻勢に1人で奮闘していると、午後には吉澤君が稼働している取引先の要望に応えるべく、出社してくれました

「昨日の御客様から連絡頂いた件は大丈夫だったのか」

「実はその件で出て来ました」

必ずやきっと、その彼の努力と誠意が御客様にも伝わっている事と思いますが、小さな親切が大きな信頼を得られるのだと感じた出来事でした。

 

「会社が休みの間に、これだけは勉強しておこう」と思っていた事も、諸事情にて殆ど手付かずでしたが、「それが自分のいけない所だ」と反省しつつ、今月中には改正労働法とマイナンバー制度の詳細だけは熟知して置きたいと思います 

また前述の勉強に加え、人員増員の問題から工場増設の問題等、まだまだ私の課題は山積した状態が続いており、何時に成ったら心休まる日が訪れるのかと言った所ですが、一生困難と向き合う人生が私の生涯かと思いますので・・・

諄い話はさて置き、今日も一日頑張りましょう。

図面

user-pic
0

昨日は外出していると取引先から携帯電話に連絡があり、慌てて会社に戻り図面を出図していると、今度は別な取引先から電話があり、「吉沢さん居ますか」と言うので、居合わせた彼に電話を取次ぐと、何やら困った様子でしたが、適切な対応を施し、何とか事無きを得た様でした

その後、私の方は別な社用の為、またもや出掛ける事に成りましたが、今朝も含めてこの連休中は、何時もと変わらず3時頃には起床し、4時頃には出社すると言った、御坊さんの様な生活を勤しんでおります。

 

出図と言えば、昨日も100枚程の機械図面を目にしましたが、昨今では図面の書き方等が荒れている事に危機感を覚えると同時に私自身はどうだったかと言うと、ドラフターを使用し、機械図面と共に加工工程表や質量等も図面に書き込む所からのスタートでした

「部品図面は加工者にとって、最大限の情報だと思って図面を書け」

「自分で書いた図面の加工方法が説明出来ない様なら図面を書く資格無し」

「交差=コストと思え」

私の若い頃は、材料の規格や特性、加工方法や刃物の種類に加えて機械加工で実現出来る精度等、幅広い知識が求められ、日常的に上記の様なセリフを先輩達に言われたものです。

 

「とりあえず図面を書いておけば加工する人が考えてやってくれる」

この様な思想で図面を書く事は誤った行為です

マザーマシーンの法則や材料特性、また加工による歪等を考慮せず闇雲に寸法公差を書き込んだり、実現不可能な平面度を記載する行為は、エンジニアとしての資質を問うべきであり、本来は図面を書く人間の責務として、リスクやコストを抑えた設計を施す事が望ましく、加工する人が工程をイメージし易い図面を書く事も設計者の仕事ですので、それらが解らなければ加工者に聞く等して、自らの知識を高めつつ、何事も明確にした上で、図面化する思想や手法が不可欠ですので、弊社の社員には何処へ出しても恥ずかしく無い機械図面が描ける様、伝授して行くつもりで降ります

これらのターニングポイントは「3Dデータで加工出来ますか」と言う文化の始まりからですが、新しい文化が生まれると同時に、残さなければいけない文化が軽視されるのはとても残念な事ですし、モデリングと加工用図面の概念を一色単にしてしまう事に疑念を抱くと同時に、殺伐とした図面を目にする度に、「日本のモノ作りに於ける概念を取り戻さなければ」と、業界の将来に一抹の不安を感じる昨今です。

休暇の御案内

user-pic
0

20150921.JPG今朝は2時頃に目が覚めると、その後は眠れずに3時頃の起床となりましたが、早起きも躰に良いのか悪いのかと言った朝でした

今更ながら、弊社は20日(日)より23日(水)まで、御休みを取らせて頂きます事を御了承下さい

また私の方は全日出社しておりますので、何か御座いましたら出来る範囲の対応に努めさせて頂くと同時に、連休明けは改めて社員一同を宜しくお願いします。

 

写真は弊社工場の一部分で、マシニングやNC旋盤、複合加工機が配置されたスペースですが、これより手前側は、組立や調整、デバッグを行うスペースと成っており、そちらは取引先との機密保持契約により、何事も伏せさせて頂きます

御紹介の出来ない組立調整やデバッグを行うスペースでは、レーザースキャン変位計や画像処理センサーの多様化、更にはEMCの検出に伴い、それらの器材を使い熟すのに苦労している社員の姿を目にしますが、IoTの発達に伴い、エンジニアの技量が試される時代へと大きく移り変わっている様を日々実感してしまいます。

 

そんな日常を顧みながらも、私の方はこれより某所へ出掛ける為、午前中は会社を留守にしますが、13時頃には戻れるかと思いますので、宜しくお願いします。

短納期

user-pic
0

会社周辺は大規模な公営の霊園がある為、御墓参り渋滞の起きる場所で、年に数回は、会社に出入りするのにも苦労する状態に見舞われますが、見舞われると言えば、弊社でも利用している某空圧機器メーカーが、先の大雨による洪水で、社員の大半が被災された為、未だに出社出来ない状況にあり、工場の稼働が滞ったままの状態との事です

弊社に於いても利用度の高いメーカーなだけに、そのメーカからの供給が滞る事により、弊社の御客様に御迷惑を御掛けするのは必至と解りつつも、「何とかしてくれ」とは言い難い心情です

テレビ等で得た情報だけしか現地の状況を知る事は出来ませんが、精神的にも身体的にも、大変な状況は強く伝わって来ておりますので、被災された皆様に於かれましては、一刻も早い復興を心よりお祈り申し上げます。

 

今日は弊社の休暇日と言いつつも、突如として短納期の仕事が2件ほど舞い込んで来た事もあり、気苦労の多い連休と成りました

今日の呟き

user-pic
0

昨日は悲しい別れが幾つもあり、永遠と言う言葉が人間には適用しない事を強く感じた日でもありました。

取引先数社が稼働している事もあり、諸手を上げて連休等と言っても居られない雰囲気を感じつつ、今日の個人的な予定は、これから町内清掃の為、道路周辺の草刈りとゴミ拾いに勤しんだ後は、御墓参りを予定していますので、社用も限られた時間しか確保出来なく成りそうですが、今日は略それで終わってしまいそうな予感がしています事を御了承下さい。

また明日からは「経営革新計画の策定セミナー」や「第1回群馬県HAL研究会」の参加を予定しておりますので、平日か祝日かに関わらず、多忙な日々と成る為、会社を留守にする事も多く成りますが、これも未来のサンシステムを構築するにあたり、重要なミッションと捉え、望む所存で降ります。

ただ気持ちの浮き沈みが発生している事も事実で、諸々の方から「今、草津に来ています」とか、「群馬のゴルフ場にいます」等と言うメールが送られて来る度に、やる気が削がれ、気持ちが萎えては再び気持ちを立て直すと言ったループに陥っている状態ですが、働けるだけ幸せと思い、五体満足に健康でいられる事と、一生懸命に働ける喜びを感じながら、これからも生きて行こうと思います。

稼働日

user-pic
0

今日は御休みの所も多いかと思いますが、弊社は稼働日と成って居ります

シルバーウイークに於ける弊社を取巻く環境はどうかと言うと、自動車サプライチェーンは祝日に関係無く、土曜日曜以外は全て稼働している状況で、光学関連企業では来週の土曜日が稼働日と言う所も多い様です、また他の企業様に於いては、研究所や開発は休みでも、工場は稼働している所が多い様で、官公庁や教育関連機関以外は、連休の取組も千差万別と言った感があります

しかしながら取引先の中でも生産設備に携わっている方は、この連休中も出社と言う方も居れば、設備の立上や構築の為に、一度立上げが始まると1ヶ月間殆ど休みも無く働いていらっしゃる方も大勢いる為に、10日以上も代休が溜まっていると言う方等は、「10月からは、またしばらくの間は休みが取れなそうなので、この連休は代休を繋げて休んでおく」と言う方も多く見受けられます

この様な状況を冷静に考えると、設備に携わっている方は、地方の工場や海外の工場へ設備の立上や構築の為に出掛ける機会が多く、一度行けば工場が稼働していない日や夜間に調整や改造をしたりしている為、テーマが終わる迄は帰って来れないと言う状況の様ですが、何れかの業界に関係無く、その様な時代に成ったのだと感じつつ、グローバル社会の陰で努力をされている、日本企業の方々の苦労を垣間見る事が出来ます

そんな状況の中、シルバーウイーク中も時間は限定されますが、私の方は出来る限り出社するつもりで降りますので、何かあれば早目に御申し付け下さい。

傾聴

user-pic
0

昨日は次世代産業戦略会議、「第2回センサー技術研究会・カメラ画像処理編」が開催され、「ロボット用3次元ビジュアルセンサの原理と適用事例のトレンド」及び「自立走行ロボットの為の画像処理技術について」と題した講演や発表が行われましたが、今回は制御技術課の金澤、生産技術課兼設計技術課兼イベント担当の小林、2名を参加メンバーとして送り込みました

詳しい内容はともかくとして、今迄は私が全て参加して来ましたが、ここ2年程のロボット産業との関わりを振り返ると、何時迄も私が学んでいたのでは、会社として何も変わらない事に気が着いたと同時に、社員にとっても無駄か無駄ではないかを問わず、見聞を広げ、知識を身に着ける事も必要な事と、今更ながら反省をして降ります

また1度参加して得られる技術や知識と、多くの見聞により、過去の知識とリンクさせる事で気が着く事もある筈ですので、出来るだけ多くの学びの場を提供して行きたいと思います

今後は技術のみならず、ヒューマンスキルを磨く為にも、積極的に講演会や研修会を活用して参りたいと思いますが、目下のテーマはネットビジネスと既存のビジネス、及びロボットビジネスの紐付けを企画していますので、そちらはしばらくの間、私と渡邉の両名でロードマップを模索して参りたいと考えて降ります

それとは別に、個人的には感情認識エンジン(勘定認識AI)とクラウドAIのコネクトを勉強中ですが、こちらは勝機に導くには時間が掛かりそうです。

 

昨日は急遽、社員全員に下記の案内を促しましたので、私自らの戒めの為にも、この場で紹介したいと思います

文中に「出来ている、出来ていない」と言う文言がありますが、一番出来ていなかったのは私だった様です

以下原文

 「お互いのキャリア支援」に関する御願い

言い難いから言わない
言っても無駄
言うとやらされる
面倒くさい
 
 これでは各人の蟠りや愚痴、不平不満が見えない所で溜まるだけですので、もし言い難い事があれば、上長もしくは相談し易い人に相談して下さい
 また相談を受ける人は絶対に、相手を否定したり、自己の考えを押しつけない様に心掛け、相談者の問題に対し、まずは現状の状況を明確にし、その上で何に困っているのか、どんな事を望んでいるのかを、ヒヤリングする様に心掛けましょう
 
相談内容に関しては、それが正しい事か、受け入れられない事かは別として、意見や相談は、何か問題や不便を感じているから、話してくれる事だと認識して下さい
 
それらを基に、何かを改善したり、社内に於けるルールや仕組み作りを明確にしたりして、それが「出来た」「こう言う理由で出来なかった」、あるいは「出来ている」「出来ていない」で物事を判断出来る様に、意識を変えて頂きたいと思いますが、
それには以前にも誰かが指摘していた「一体感」は重要な事で、其々が違う仕事をしていても、同じ目標に向かって意思統一する意識はとても重要です
 
以上の事項で注意すべき事は、相談かディベート(話し合いや討論)かを明確にした上で、相手と向き合う事ですので、両者を一緒にしない事が肝心です
 
(以上の事柄は個人のキャリア形成で一番重要な事で、以前に職業能力開発推進者講習へ参加された方は、十分に理解されてるものと認識しています)
 
今後、皆さん自身が一体感を持ち、苦難が来た場合にも乗り越えられる社内環境を整えて貰える様、私の方も再度、襟を正し取り組んで行くと同時に、あらためて研修等にちからを入れて行きますが、今一度、皆さん自身も、心新たにして社内のルールや仕組み作りについて、深く考えて頂きたく、御願いします。
 
恥ずかしい話ですが、既にそれが浸透していると思っていましたが、まだまだルール作りが浸透していない様ですので、私自身も反省しております
鬱陶しく煩い社長だと思われているのは重々承知していますが、間違った事を言っているつもりはありませんので御了承下さい
 その全てが全員の為であり、ひとり一人が充実した社会生活を送る為の事ですので、御理解と御協力を御願いします。
 
 「情報や人間関係に於いて、風通しの良い会社作り」
 
 個人の性格や人格、家庭環境等、皆様々ですが、それは弊社に限った事ではありませんし、社会の中に於いては当然の事ですので、御互いを尊重し合い、上記の事をクリアしながら、社内の風通しを良くしていきましょう。
 今後も社員増員を計画していますので、それを持って受け入れたいと思います。
 
以上です。
 
 
まあ誰も見て居ないブログに書き込んでも、戒めには成らないか・・・
昨日は某所にて出掛け、21時30分頃の帰りと成りましたが、大手企業の国内縮小の話を聞き、決して景気は上向いて居ない現実と、今だからこそ中小企業に勝算があるのではないかと、様々な事を考えさせられた帰り道でした。

キャリア

user-pic
0

オムロンは米産業用ロボット メーカーのアデプトテクノロジー(カリフォルニア州)を買収すると発表した。買収額は約2億ドル(約240億円)の見込み。

株式公開買い付けで完全子会社にする。梱包や検査用ロボットに強いアデプトの技術と、オムロンの制御機器に関する技術を組み合わせ、自動化が遅れている検査工程などの市場を開拓する。

アデプトは搬送や組み立て、検査用のロボットを手掛ける。特に従来はロボットの導入が難しかった野菜や精肉など生鮮食品の梱包や検査分野で受注を重ねている。溶接などの加工工程は自動化が進んでいるが、今後は組み立てや検査工程の省人化が焦点になり、制御機器やセンサー、ロボットなど工場自動化の中核となる製品を、自前で一貫して開発できる体制が整う。

産業用ロボットは日欧大手が自動車向けの溶接ロボットなどで強さを発揮しているが大手と競合する既存のロボット市場は狙わないと強調、先進国の高齢化や新興国の人件費上昇で、生産現場の人材不足が大きな課題となりつつあることから、労働集約的な色合いが残る組み立てや検査工程への応用に狙いを絞る。

アデプトテクノロジー社は1983年設立で、産業用の多関節ロボットや物流用の無人搬送ロボットを手掛け、食品や医療、電子部品などの分野に強い。ロボットを制御する技術やセンサー等でも豊富な技術を持つ。15年6月期の売上高は5420万ドル(約65億円)で、従業員数は170人。
 
以上は16日付け日本経済新聞の記事の抜粋ですが、この内容からすると、日本の製造業が先細りする中、諸外国では絶対的に弊社の様な総合エンジニアリングメーカーが不足し、需要のある事が伺い知れると同時に、大手と言えども先発のライバルメーカーと競合する事を目的とせず、棲み分けをしながら、自社の市場を切り開こうとする動き等は、規模は別として、弊社の事業の参考にしたいと思います。
 
 
昨夜はNHKのテレビ番組で、人間型ロボット「パルロ」の導入現場を紹介していましたが、御覧に御覧に成られた方はいらっしゃるでしょうか? 
初めて見る光景や意外と知らない用途があったりするよりも、驚いたのは御老人達のロボットへの関心と忠誠心でした 
人間が言うと気に障る事も、ロボットが言うと笑って済ませられる事もあったりする光景を見ると、昨日もブログで紹介した、「人間型ロボットのリース開始」と言う戦略にも勝機が見えている事が、私の中では紐付けされ、「こう言う事だったのか」と、自らが身近なビジネスチャンスを取り溢した事に不甲斐無さを感じています。

 

 

話は変わり、私自身、今迄もキャリアやキャリアコンサルタントの勉強を沢山して来ましたが、私が学んだだけでは良い会社に成らないのだと思い知らされた出来事があり、今一度、自らの取り組むべき課題を考えて見ました

最近では厚労省でも「生涯現役」を推奨していますが、会社勤めをしている方にとっての就労人生は45年前後と言う現状に於いて、会社に長く務める事の難しさや大変な事は何かを考えた場合、何れの企業に於いても各人の家庭環境や健康状態の他に、社内での問題も多く考えられます

弊社に於いても、まだまだ課題と共に改善の余地は沢山あるものの「社員には長く働いて貰いたい」、定年退職の日には「サンシステムで働いていて良かった」と言って貰える会社にしたいと言い続けて来た気持ちに偽りはありませんし、長く働いて貰う為には、社員全員が、ひとつの目標に向かいながら、一体感を持ち、社員全員が協力し合える体制にする事が望ましいと認識しています

何処の会社でも見かける光景として、特定の者が上から物申す体制では、各人のモチベーションも下がる一方ですし、「言われたからやった」と言うだけでは個人の成長等は見込めません、またその様な職場では、言う方も言われる方も、蟠りばかりが蓄積し、誰も幸せには成れません

エンジニアリング会社故に、技術や知識の追求は勿論の事、それも人間としての資質が伴ってこそ、初めて地域社会や御客様から社会人として認められ、周囲からの信頼を得られるものだと思うのですが、私の考えは間違っているでしょうか?

人格や個性は様々でも、何事も任せられる様な人財育成に取組み、社員同士が一体感を抱き、社内外に於ける信頼を得られる様な体質改善に務めて行かなければ、社員全員の幸せ等は望めないと想いを馳せる次第です

それは言葉で言う程、簡単な事ではありません

今迄も散々苦しみ抜いて来た様に、多くの厳しい現実を受入れ、幾多の苦難を乗り越えなければ実現出来ない事だと覚悟の上で、私が経営者である以上、それも使命として捉え、残された経営者人生を、「あらたなサンシステムの育成」に務めて参りたいと思います。

 

今日はコンタクトプローブの入荷を待って、昼頃から21時頃まで出掛けて来ますが、それも吉澤君次第かな・・・

大丈夫か吉澤、いやっ頼むぞ吉澤と言った心境ですが、何はともあれ今日も一日全力で頑張ります。

レンタル開始

user-pic
0

今朝は人型ロボットNAOのレンタル開始に関する話題を紹介します

オリックス・レンテック株式会社(本社:東京都品川区、社長:岡本 雅之)と日本サード・パーティ株式会社(本社:東京都品川区、社長:森 豊)は、本日より、法人のお客さま向けにフランスのロボット開発会社Aldebaran Robotics社製の人型ロボット「NAO」のレンタルサービスを開始しますのでお知らせします。

本サービスは、オリックス・レンテックのレンタル機能と日本サード・パーティの技術力を生かし、最短3日間、10万円(税別)からレンタルにて御提供します。

学校や企業でのITのスキルアップやプログラミング研修の教材、各種イベントの受付や接客など、お客さまのさまざまな用途での短期の利用ニーズにお応えします。
日本サード・パーティは、オリックス・レンテックからの転レンタル形式でお客さまにご提供するとともに、NAOに会話などをプログラムする技術者の派遣や、NAOを使用したコンピューター技術者の育成サービスもご提供します。

また、2015年6月16日より、オリックス・レンテックの東京技術センター(町田市)で、NAOを活用してセンターの見学者向けに施設案内を行っています。

以下省略

 

俄かにロボットブームと言う言葉を耳にする様に成ったと思ったら、もはや「作るより借りる」時代に入った事を感じさせる話題では無いでしょうか?

ドローンさえも珍しいと思っていたのも束の間、1万円程度のモノまで販売されている昨今に於いて、ロボット市場の現状を見渡すと、技術的な要素や個体は飽和状態にあり、如何にして実用的な所に生かしていくか、もしくは勝機ある商品として構築するかと言う状況にあります

昨日も御伝えした様に、良いと思われても実用品の場合は高ければ売れませんし、嗜好品の場合には明確な市場を見出し、マーケティングに時間を掛け、コンセプトを明確にしていく必要がありますが、資金力と絶対的な市場を取込み済の販社に於いては、上記の記事の様なバラ蒔き的手法から、次の新たな市場を模索する事も強者の戦略なのかと感じています

しかしながら、この手の販売戦略を見る限り、またしても弱者の戦略を考えさせられる次第ですが、ユニクロの柳井社長の言う通り、現代に於いては「規模の経済」が優位な時代なのでしょうか?

それも一理あるとは思いますが、一歩踏み出せば周囲も同様に先へ進んで行く為、中々抜き出でる事の出来ない弊社の現状を踏まえつつ、私達の様なベンチャー系中小企業が勝機を見出す為にも、現状に甘えたり、落胆したりする事無く、更なる次のステージを目指すつもりで降りますので、どうぞこれからも、株式会社サンシステム、社員一同を宜しくお願いします。

 

今日は8時からキーエンスの来社後、10時からは取引先による立会いが行われますが、誰が来社され様と、「自分には関係無い」では無く、会社に来て頂ける以上は、直接か間接的かを問わず、少なからず関係があるから来社される筈ですので、社員にもその旨を根気強く、伝えて行きたいと思う朝でした。

展示会

user-pic
0

昨日の午後は群馬県にある某大手企業様を訪問して来ました

証券会社とゼネコン以外は何れも厳しい状況の中に於いて、製造業の業績回復と言うフレーズも、企業努力の上に成り立っている事を諭されたと同時に、会社の規模に関わらず、需要があっても高価では受け入れられず、注文を取込む為に安価な設定にすれば利益も出ないと言うのが昨今の製造業を取り巻く環境と言う事ですが、何時如何なる時も危機感を持って市場と向き合う事の重要性を教えられた、某大手企業様への訪問と成りました。

 

今日は弊社の横田さんが納品の為に幕張メッセへ出掛けますが、何はともあれ無事に帰って来て貰いたいと祈りつつ、しばらくは納品も多くなりますので、横田さん以外にも事故や怪我には十分に気を着けて欲しいと願うばかりです。

 

また直近ではグリーンドーム前橋で開催される展示会の出展も控えて降りますので、何か目玉に成るモノを出展しようと半年前には考えていたものの、気が着くと残り1ヶ月と成り、この所は自分の至らなさを痛感している次第ですが、顧客からの支払いシステム変更に伴う諸々帳票や、経営革新計画のプログラム策定に加え、マイナンバー制度や障害者雇用制度も経営者として学ばなければいけない状況等々、取組むべく事柄が多岐に渡り、この所は木を見て森を見ていない状況を自覚する毎日です。

 

今朝も3時頃には目が覚めていまい、その後は会社に来たものの、未だ4時前だった事に加えて清々しい季候だったので、30分程度、会社周辺をウオーキングしてから開錠と成りましたが、ようやく心地良い季節に成りましたね。

星空

user-pic
0

今朝は3時半頃に外へ出て見ると、綺麗な星空を眺める事が出来ましたが、その光景も久し振りの様な気がしたと同時に、大雨により被災された方々にとっては、それ所ではないのだろうと思いを馳せつつ、しばらくの間、綺麗な星空を眺めてしまいました。

また昨日は取り溢しの許されない仕事を朝から熟し、午後は月曜3時に締め切りの原稿を校正しようと思っていたものの、身も心も果ててしまい、それも手付かずのままと成ってしまいましたので、今朝は皆が来る前に片付けて置きたいと思いますが、会社に於ける組織とルール、上司と部下の関係等を掘り下げて考えた日曜の昼下がり、自らが経営者である以上、仕組み作りに徹し、何事も中途半端に口出しせず、任せるべきは任せる事が望ましいと言う結論に達した次第であります。

 

㈱Doogの大島氏が開発した、御伴するロボットの技術を生かした台車が発表された事により、弊社も同様の製品を企画しながらも、後発に廻る事と成りましたが、逆に後発だからこそ気付く事もあるかと思いますので、今後もしっかりとしたマーケティングを行い、特有の付加価値を持った商品を開発して参りたいと思います。

ライフバランス

user-pic
0

深夜や休日にも関わらず頂戴するメールを見ていると、「みんな人知れず頑張っているんだな」と、その人の働いている姿を想像してしまいます

今朝もまた然り、昨夜のうちに送られて来ているメールの中には疲れ果てて意気消沈と言った姿が想像出来る内容の文章も見受けられました

人によって働く事の意味は其々だと思いますが、誰もが人の頑張る姿を否定出来るものではありませんし、愚痴ばかり零して行動しない人達よりも、必死に頑張る人達を応援したいと思います

また頑張る理由も様々かと思いますが、誰もが働いている以上は見えている目の前の課題と同時に、見えない何かと葛藤をしながら生きている事と思います

そんな事で今日も休めそうにありませんが、それが私の経営者としてのワークライフバランスとでも言った所でしょうか。

 

昨日は予定通り検診に出掛けて来ましたが、「尿酸値が少し高い様ですが大丈夫ですか」と言う問いに、「私は医者じゃないから大丈夫かどうか解りません」と返事をした途端、一緒にいた若い看護婦さんの「グフッグフッ」と言う、何とも言葉に表現出来ない様な声を発しながら、笑いを耐えている姿がとても印象的でした

恐らく「大丈夫ですか」とは「自覚症状は無いですか」と言う意味だったのかと思いますが、その状況に於いては、待ち時間が長かったり、早く終わって欲しいと言う思いが強かったりした為、相手の事等は考えずに返事をしてしまい、今朝に成り反省しつつも、その人の於かれている状況によって言葉の受け取り方も大きく変わるものだと感じてしまいました

また毎年同じ病院へ行っている事もあり、職員や医者の顔も覚えてしまい、こちらは半分冗談で言ったつもりでも、それが相手には通用していない事もありますので、今回はちょっと言葉が過ぎたかなと深く反省する朝を迎えております。

健康診断

user-pic
0

電通は9月11日、ワン・トゥー・テン・ロボティクス(1-10Robotics)と業務提携し、最先端のコミュニケーションロボット用AI(人工知能)や会話エンジンの開発を推進していくことを発表した。

電通は2014年11月に社内横断組織「電通ロボット推進センター」を立ち上げ、「開発」「エージェンシー」「コンテンツ」の3つのビジネス領域から顧客が抱えるさまざまなロボットに関する課題解決のためのソリューションを提供してきた。

1-10Roboticsは1-10HOLDINGSが、コミュニケーション分野でのロボットの市場規模が2020年までに少なくとも現在の3倍となる6,000億円超に拡大するとの予測から設立した子会社で、ロボット関連テクノロジーの専門会社として最先端のコミュニケーションロボット用AIや会話エンジンの開発を行っていく。

すでに、1-10HOLDINGSの子会社ワン・トゥー・テン・デザインは、ソフトバンクの感情を持ったパーソナルロボット「Pepper」の開発にも携わるなど、ロボット開発分野で多くの実績を残しており、1-10Roboticsはその事業を継承する。

 

以上は昨日発表された記事ですが、私達の様なベンチャー系中小企業に於ける市場にも、容赦無く大手企業が参入して来る時代に脅威を感じると共に、頑なに拘りを持つのでは無く、自分達の立ち位置を軌道修正しながら整えて行く事が生き残りの鍵だと感じた次第です

また、後日行われる「第1回群馬県HAL研究会」に於いても、これらの動向を視野に入れながら、次世代のサンシステムを模索して参りたいと思います。

 

今日はこれから会社の健康診断の為、真木病院へ出掛けて参りますが、しっかりと検査をして頂き、まだまだ建康で長生きしたいと思います。

静岡県では「農業ロボット元年」と称したワークショップが行われたそうです

以下は新聞の記事に成ります

農工業連携の新たなビジネスモデルを考える産学官グループ「地方創生農林水産業ロボット推進協議会」(菊川市)主催のワークショップ「農業ロボット元年!農工連携で切り開く新産業」が九日、静岡市内のホテルで開かれた。初回のこの日は参加者十六人がチームを組んで除草をテーマに知恵を出し合い、自動掃除ロボットにヒントを得た除草ロボットなどユニークなアイデアが出た。

 協議会はパワーアシストスーツや自動走行トラクターなど、人手不足に悩む農業現場のさまざまな課題を先端技術を活用して解決しようと、大手メーカーや大学の研究者らをメンバーに一月に発足した。農業ビジネス支援のエムスクエア・ラボ(菊川市)の加藤百合子社長が会長に就いた。

この記事の様に群馬県でも同様の取組を御願いしたい所ですが、私の経験値を基に想像をすると・・・

もし同様の事を群馬県でも取り組んで頂けるのであれば、行政の方々によるメンバーの選出には、募集を募るだけでは無く、志を見定める上でも個別面談を行う事が望ましいのではないかと思われます。

 

第1回群馬HAL研究会開催のご案内
群馬HAL研究会は、群馬県内のロボットスーツHALを導入している病院・施
設を中心に、平成27年7月に発足しました。
そこでこの度ロボットスーツHALを活用している方々を始め、これからの導入を考えている方々やロボットスーツHALに興味がある方々にお集まりいただき、ロボットスーツHALの効果的な活用や今後の展望について、情報交換・意見交換を行う場として研究会を開催する事になりました。

昨日は上記の研究会へ申し込みをさせて頂きました

弊社に於いてHALの導入を検討しているわけでは無いのですが、弊社に於ける商品開発の足掛かり、更には介護等の現場に弊社のロボット技術を活用していければ幸いと言う思いでおります。

 

昨日は電車で出掛けましたので、高崎線が止まらずに本当に助かりましたが、大雨により被災された地域の皆様に於かれましては、心より御見舞い申し上げます。

ハッカソン

user-pic
0

ROS JAPAN Usera Group へ登録しようか検討中です

ROS JAPAN Usera Groupは国内のROSに関する情報を集約する目的で結成されたコミュニティーで、定期的な勉強会を開催する他、ロボット開発者同士のコミュニティーがオープンに出来る場と成っておりますが、6日(日)にも「第6回ROSハッッカソン」が開催されました。

そうは言いつつも、最近はキャッシュフローや人事、工場増設の検討も進めており、更には御客様の対応に勤しんでいる状況にあり、経営に纏わる役割を担いながら自らが新たな技術の追求を図る等は到底出来るものでは無いと気付きましたので、社内への指針として、方向性を示した上で、様々な業務に於ける担当者を養成して参りたいと思いますが、これは弱腰的な考えでは無く、弊社を長く存続させる為の戦術として捉えて頂ければ幸いです

やはり経営に近道はありませんので、「近道を探すのに疲れ果ている経営者」に成らぬ様、改めて将来に向けた社員教育と企業戦略を並行して進めて行く必要性を実感しています。

 

昨日は予定通り、総会へ出掛けて参りました

顔見知りのM取締役とも久し振りに深い話をしたり、突然「あれ、五十嵐さんじゃないですか」と駆け寄って来て下さるT取締役や、「五十嵐さん、厳しい時期を一緒に乗り越えて下さってありがとうございます」」と丁寧に話をして下さるO取締役の他にも、以前御世話に成った方々の顔を見る事が出来ました

肝心な企業情報の一切は控えさせて頂きます事を御了承下さい。

台風

user-pic
0

この所は目新しい情報が提供出来ずに恐縮です

昨日は11時頃から出張に埼玉県南部に出掛けましたが、轍には雨水が溜まりハンドルを取られそうに成る事も何度かある状況の中、しばらくすると突然蛇行した乗用車にトラックが追突する場面に遭遇し、危うく巻き込まれる所でした

その後は東松山から川嶋を過ぎる頃には冠水している所も多くありましたが、東松山から花園辺りは雨雲の通り道なのかも知れませんね

肝心な社用はタイトなスケジュールを難無く済ませ、20時過ぎには会社に戻ると吉澤君が真剣な眼差しでキャドを操作しておりましたが、私の方は急務と成る仕事のみ済ませて21時頃には御先に失礼させて頂きました

まだまだ台風の影響もありそうなので、車の運転には十分に気を着けたいと思いますが、道路の方も冠水に伴い通行止めの箇所もあったり、電車も一部運休する等の間引き運転が行われたり、地下鉄も浸水している駅が有る等の状況を見る限り、不要不急な外出は控えた方が宜しいかと思います。

 

今日は取引先の持株会株主総会へ出掛けて来ます

取引先の社長以下、経営陣の方々と御会いするのも久し振りですが、しっかりと近況報告等を聞き、人事や経営方針を伺って参ります

しかしながら株主とは言え取引先ですので、真摯な態度で臨みたいと思います

ちなみに取引先の株は私が経営者である事から、取引先の情報を有すると言う意味で、インサイダー取引として扱われる場合がある為、買う事に制約が無くても、売る事には制限や制約が生じる場合のある為、取引先の株を売買して儲けていると言う事は有りません事を御承知置き下さい。

セミナー

user-pic
0

2015-9-7-1.jpg昨日は「マイナンバー対応セミナー・社会保障及び税番号制度民間企業(個人番号関係実施者)実務導入編」と題したセミナーへ参加させて頂きました

写真は小さくて解り難いかも知れませんが、ITマネジメントサポート協会の専務理事をなさっている黒沢さんです

会場内には300名程いらっしゃいましたが、私は一番前の席を陣取っていた為、写真の様な構図に成っております

「見切り発車的に運用する制度」と誰もが言うだけの事はあって、雛形も用意されて居なければ、全てにおいて「努力義務」と言う所が気に成って降りますが、果たしてどうなる事やらと言った印象でした

肝心な内容に関しては膨大な資料の中から84ページを抜粋して説明を受けましたが、結果的には罰則を受けない様に自分達の判断の基に運用や手続きを行うと言う事ですので、このへんのガイドラインはしっかりと行政側から示して頂きたいと感じた今回のセミナーでした。

 

その後は次の予定まで1時間少々時間があったので、一度会社に戻り所用を済ませ、「癌と就労に関する講演会」に出掛けて来ました。

2015-9-8-1.JPG

経営者や社員が癌と診断された場合の対応措置や実際に経験された方の体験報告に加えて、社会保険労務士の方によるアドバイスや社会保障等の説明の他には、群馬県庁癌対策室の方々による行政の取組等を伺って参りました

もし経営者である自分が癌になったら、もし社員が癌と診断されたら等々、普段はデリケートな問題だけに突っ込んだ話をする機会はありませんが、昨夜は御互いに躊躇せず、深く掘り下げた討論会にも参加させて頂き、時間も21時迄の予定が30分延長に成る等、とても有意義な講演会でした。

 

そして今日は午後から取引先3社を打合せの為に出掛けて来ますので、またしても遅くなりそうですが、実績を基に必ずや「サンシステムと付き合っていて良かった」と言われる様な企業であり続けたいと思います。

仕事

user-pic
0

先日の経済産業省主催によるマイナンバー制度に於けるガイドラインの講習会に続き、今日は「マイナンバー対応セミナー」に出掛けて来ます

そもそもマイナンバーとは何なのか?

何を何時迄にしなければいけないのか?

扱う上でやってはいけない事とは?

中小企業に課せられる対応とは?

以上がセミナーの主な項目ですが、経営者として熟知する必要があるだけに朝から重い気持ちです。

 

その後は「癌と就労に関する講演会」に参加して来ますが、経営者や社員が癌と診断された場合の対応措置や、その場合の行政支援等を受講して参ります

レジュメの概要は、今現在も癌治療を受けながら会社経営を行っている私の知人が、癌と診断されてから現在に至る経験談や、従業員が癌と診断された場合の備えと対応措置、癌と就労に関する県の取組が盛り込まれており、最後に質疑応答と言う内容に成っております

私の身の周りにも癌を患った方々が多くいますので、その言葉の響きに耳を塞ぎたく成る方もいらっしゃる事と思いますが、2人に1人が癌に成ると言われている昨今に於いて、デリケートな話題だからこそ、最新の対応措置を知って置く事の重要性を感じています

参加は企業経営者のみならず、一般の方の参加も出来ますので、話を聞いてみたいと言う方は私の方へ連絡を頂ければ対応させて頂きます

日時は本日18時30分受付開始で21時00分迄、場所は群馬県庁28階の281会議室と成っております。

 

そんな事で一日が終わりそうですが、経営者の仕事とは実に幅が広いと感じるこの頃、自らの仕事は経営計画や経営指針を策定し「こうしよう」「これをやろう」と事業としての方向性を示す所までが仕事で、その先は任せるべき事だと各所で教わりましたが、正にそうだと痛感するこの頃です。

RSJ

user-pic
0

今朝は2時頃に目が覚めてしまい、その後は眠れずに起床してしまいましたが、休日も平日も関係無く、体内時計が機能している事に安堵しました

 

昨日まで行われていた、「RSJ 2015」も無事に終えた様ですが、これらに参加している若者が次世代のロボット産業を担って行くのだと感じています

http://rsj2015.rsj-web.org/of.html

大手でさえロボット分野に於いてのビジネスモデルを構築させるのは難しく、政府が躍起に成って普及させようとしても、エンジニアリング系企業は冷やかな反応を示しているのが実態です

また芝浦工業大学の某教授も「ロボット産業など補助金が蒔かれなく成れば御終いだ」と申しておりましたが、正に的を得た御言葉だと思います。

 

ロボット事業と同時に医療機器製造業許可や医療業界参入も試みましたが、ビジネスとして捉えた場合には、収益に行き着く迄の難題が多く、介護機器に於いても、手間暇掛かる割には薄利多品種少量販売が実際のシナリオと成りますので、事業の柱として捉えるのも現実的ではありません

車椅子も10万円以上は売れないと言う現実、良いモノが出来ても高価では病院や介護施設等では受け入れられない実態を、実際に現場へ足を運び話を聞き、身を持って学んで来ましたので・・・

 

話は変わりますが、昨夜も土曜の深夜だと言うのに大手企業様から図面が送られて来ていたり、別な企業様に於いても「設備の立上げで1ヶ月間、休みが無言上に毎日深夜残業だった」と言う話を聞く度に、中小企業の方が緩い様にも感じられる昨今、下記の様な文章が送られて来ましたので紹介したいと思います 

【組織崩壊 四つの要因】

1、成功体験を繰り返す

過去に成功した事に、何時迄も捉われて、同じ事、同じ様な事を繰り返す。

2、現状に甘んじる

現状を良しとして、更に良くしようとしない。

3、馴れ合いになる

ヒト、モノ、カネにけじめを付けず、お互いのルーズさを許し合い、特に責任者や当事者が失敗の責任を取らないし、それを追及しない。

4、虚栄に走る

世間体を気にして、組織の体面に囚われ、組織存続を犠牲にする。

過去の組織崩壊を通観すると上記の4項目が浮かび上がって来ますが、ひとつでも当てはまれば、あらゆる組織は必ず崩壊、消滅、衰退しています。

稼働日

user-pic
0

ロボット学会の設立は1983年で、ロボット技術研究会の設立は1981年だそうですが、それに伴い日本ロボット学会・学術講演会懇親会も33回目を迎えたそうです

私の場合は学会やシンポジュームには顔を出しても、御祭り騒ぎ的な事は遠慮しておきたいと思いますが、若者の参画を集うには、その様な事も必要だからこそ、33回も続いたのだろうと思います。

 

WBSを御覧に成っていらっしゃる方も多い事と思いますが、昨夜は日立製作所が開発した倉庫内を整理するロボットを紹介したり、日本の中小企業やベンチャー企業に就職を希望する外国人が増えていると報じているのを見て、この4年間で著しく進化を遂げているロボット業界や開発力のあるベンチャー企業が活況を帯びる傍ら、インフレと言いつつも、工賃の値下げを余儀無くされ、デフレ脱却には程遠い量産工場に時代の変遷を感じつつ、あらためて自分達が関わる仕事の重要性や、あるべき姿を考えさせられた次第です

まあ同じ景色を見ても人によって受け取り方が違う事は解っていますので、私の考えを強要する気はありませんが、IoTを始めとした次世代の技術が、かなりのスピードで私達の生活に溶け込んで来ている昨今に於いて、その次世代技術の何処の部分で弊社のトレンドを見出すかが企業戦略の鍵だと感じます。

 

今日は土曜ですが弊社は稼働しております

月間168時間の定時労働時間を確保するのは容易では無く、何れの経営者も「祝日が増える毎に労働時間が減り、売上げの確保が難しく成って来ている」と溢していますので、何も弊社に限った事では無い様ですが、それを嘆いているばかりでは無く、ユニクロの様に働き方の多様化も視野に入れながら、何らかの企業努力や対応措置を考えなければいけない時期に差し掛かっている様に感じます

しかしながら、それ以上に社員のヒューマンスキルとテクニカルスキルの向上が必要と考えた場合、その両方を並行して進める必要がありますが、何れにせよ弊社の社員に於いては、何処へ出しても恥ずかしくない人間に育って欲しいと願うばかりです。

月末月初

user-pic
0

月末月初の精神的な疲労が祟り、風邪の症状に陥りましたが、皆さんも体調管理には御気を付け下さい。

 

この所は技術ネタから遠ざかっていますが、キャッシュフローの管理も含めて経営面で時間を要する事が多く、ここ数年は休みと言った休みも満足に取れていないのが現状です

それは愚痴では無く現状報告ですので誤解の無い様にお願いしますが、通年の略毎日、早朝から仕事をしているのも嫌なら長続きはしないと自分成りに思っていますし、人に騙されたり非難されたり、僻みや嫉妬、有らぬ噂や誹謗中傷にも耐えて来れた事も、社員や家族の支えがあったからこそだと感じています

小学生時代の作文に、「将来は社長に成る」と書いたのを機に今日に至りますが、これからも使命感を持って社業に励む所存で降りますので、今後とも、より一層の御愛顧を賜ります様、御願いします。

 

熱のせいか取り留めの無い話題に終始しました事を御了承下さい。

今迄は両親を亡くした震災孤児の為に「あしなが育英会」へ寄付をしていましたが、先日は交通遺児育英会の案内を頂きました

4年半前の震災で泣き叫ぶ子供達の役に立ちたいと言う思いから始めた寄付でしたので、「交通遺児育英会」は案内を頂くまで知りませんでしたが、両親を亡くした理由は何れにせよ、未来を担う子供達には幸せに成って貰いたいと切に願います

あしなが育英会の寄付は500円から受け付けていますが、私の様に定期的な案内や冊子が送られるのを拒まれる方は匿名でも出来ます。

 

この所は業務も立て込んでおりますが、本来はこれ位の量を熟して初めて利益が確保出来るのだと感じています

人は忙しい中に居てこそ「どうしたら効率よく出来るだろうか」、「どうやって期日に間に合わせようか」と言った、ヒューマンスキルが磨かれる生き物ですので、そう言った慣性を磨き、考え抜く習慣を常習化させられる社員に育って欲しいと願っております

その逆に身勝手な解釈や本人の偏った思想により周囲と上手く噛み合わない行動をする者、愚痴ばかりを零し出来ない理由や言い訳を・・・

またもや何時もの呟きに成り掛けましたので、このブログに対する誹謗中傷的な御意見を最小限に抑える為にも、今朝はこのへんで失礼します。

分散生産

user-pic
0

昨日は予定通り、ポリテックセンターより6名の方が御見えに成りました

10分前には会社案内の準備をしようと思っていたのですが、予定より早く御越し頂いたのでドタバタしてしまいましたが、何れの方も目を輝かせていたのが印象的でした

大人しそうな人、活発な人、人は其々一葉に性格や人格を兼ね備えていますが、人の性格を羨んだり、自らが自己の性格を否定したりせず、まずは目の前の仕事に一心不乱と成り、悩んだり、深く考え抜いたりしながら、その先に生まれて来る新たな自分を自らの努力によって導き出して欲しいと思います

様々な壁を乗り越え、それが出来た暁には・・・

 

この所は日本企業の中国撤退による、日本国内及び東南アジアへの、分散生産を行う大手企業の動向が見られます

その為の設備投資が活発化している事を肌で感じられる昨今ですが、この様な設備産業を取り巻く環境は戦後初めてと言う状況の中、弊社に於いても新たなビジネスチャンネルを掘起こして参りたいと考えております

 

歴史は繰り返されると良く言われますが、時代が繰り返されるわけではありませんので、良かった頃を懐かしむのでは無く、新たな時代に相応しい経営スタイルの構築に勤しみたいと思いますが、ここ10年程は環境の変化が目まぐるしく、先の読めない時代に入ったと感じるこの頃です。

目標意識

user-pic
0

今朝も4時半の開錠に警備会社の方も困惑している事と思いますが、まあ悪い事をしているわけでは無いので、御勘弁願いたいと思います

昨日は月末と言う事もあり、数字に追われる日と成りましたが、社内に於いては個人主義では無く、一体感を持って成果が上げられる様な仕組み作りを、強化しなければいけない事が見えて来ました

何処の会社でも聞かれるのは部下の愚痴や上司の愚痴だと思いますが、愚痴を漏らしても何も解決しませんし、それでいて良い成果等が上げられるわけがありません

社員各人、自らに求められている事は何か

求められている事に応える為には、何をしなければいけないのか

今現在、何が出来ていて、何が出来ていないのか

これらを明確にする事により・・・

そんなわけで私自身が、それらを明確にして上げる事により、互いを理解し合い、全員が目標を共有化し、「やるべき事」を明確にした上でアクションプランに落とし込めるのだと思います

その結びの言葉として、私が度々社員に伝えている文章を紹介します

「我々のミッションは、プロ集団として顧客に最も望まれるサービスを提供し、最初に選ばれる企業に成る事です(オルフェスの法則より)」

 

今日は全体朝礼とアクションプラン進捗会議の後にも、機械の搬出があったり、ポリテックセンターより6名の受講生と職員の方々が会社見学に御越し下さいますので、何かと気忙しい1日と成りそうです。

このアーカイブについて

このページには、2015年9月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年10月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。