2016年3月アーカイブ

モラル

user-pic
0

一昨日の夜には、エンジニアとしての職業意識を強く持っている者であれば、自ずと答えを見出せそうな会話を耳にしながらも、敢て自論は控えておきましたが、意識の違いにより考え方も異なるのだとしたら、エンジニアである以前に社会人として、幼児性を払拭し、年齢に見合った成長を促す事が重要だと感じた次第です。

また昨日は数名が始業前の7時30分から取引先へ出掛ける予定に成って居たのですが、その当事者でもある保坂君が早目の7時に出社をし、毎朝行っている社内清掃を終えてから席に着き、メールチェック等を済ませてから打合せへと出掛る姿を見て、とても感動させられました。

弊社では社内を幾つかのエリアに分け、毎朝全員で清掃をしているのですが、その清掃活動に関して言えば、社内には早く出掛けるから掃除は免除と言う決まりは無く、早く出掛けるのであれば、他の社員と同様に、その前に自らの清掃分担を熟してから出掛けるのは当然の事ですので、その当たり前の事を当たり前に出来ている保坂君には、とても感動させられたと同時に、他の社員も同様の思想が持てる様にと、身を持って教えられた出来事でした。

清掃も僅か5分程度の事とは言え、誰も見て居ない所でも、やるかどうかは人として大きな違いが生じる事と思いますし、見えない所でも努力を惜しまず、やるべき事やルールと決まりを守り、社会的なモラルを重んじる事が、社会人としてのあるべき姿ではないかと思いますが、これは私が社会的な一般論として捉えている思想ですので、もし違うと言う方がいましたら、御勘弁下さい。

そんな小さな出来事をブログで紹介するまでもないと思われるかも知れませんが、それらの問題を直視しなければ、いい加減で適当な人達が蔓延る企業と成ってしまい、モラルも薄れ、ルールも決まりも・・・

やはりエンジニアである以前に、社会人としての倫理観が大切だと感じた、ここ数日間の出来事でした。

御花見

user-pic
0

今週末4月1日(金)、午後3時からは弊社恒例の御花見と成っておりますが、取引先の皆様に措かれましては、事前に御迷惑を御掛けしない様な対応に努めさせて頂きます事を御報告申し上げると共に、弊社にとっても社員慰労と親睦の意味も含めて、とても意義のあるイベントと捉えております事を御理解頂ければ幸いです。

 

話は変わり、この所は毎日数十件のメールが届く代わりに、電話の鳴る回数が激減している様に感じていますが、これも時代の変化と自らに言い聞かせつつも、ビジネスや仕事上の事は、何でもメールで済ませるのでは無く、電話とメールの使い分けが望ましいと感じているのは、私だけでしょうか。

行く末は会話力や説明能力の低下が懸念され、更にはディベートにも対応出来ず、直ぐに切れてしまう方が増えて来そうな気がすると同時に、偏ったスキルが、アスペルガーやADHD等の温床に成らなければ良いがと、とても不安な気持ちに成ります。

契約

user-pic
0

かなり疲労度が増しており、心と身体が悲鳴を上げている状況だった為、昨日は外出先からそのまま帰宅をさせて頂きましたが、ここしばらくは神経を使う事が多く、自らのスペックを遥かに超えた過度な状態だった様に感じながらも、疲れきった社長ではいけないと、心の葛藤をする毎日です。

 

求人に関しての話題ですが、残念ながら今年も新卒者の確保が出来ませんでした。

それ故に来年と言わず急募として中途採用を取込みたい考えでおりますが、メカ設計(オートキャド)、制御設計(PLC・ROS)、組立(調整・デバッグを含む)、資材管理、精密機械加工(複合加工機・マシニングセンター・NC旋盤・三次元測定機)以上の職種で我こそはと言う方は是非とも御応募を御待ちしております。

 

話は変わり、弊社は川崎重工業ロボットビジネスセンターと契約を締結し、コアパートナーとしての活動を担う事と成りました。

今後は本業の他にもROS教室や、デモ機を使ったプレゼンテーションを催し、ビジネスの幅を広げる等、詳細は改めて報告させて頂きますが、これも単に弊社に於ける取組みを社会が認めて下さったものと捉え、使命感を持って日本のモノ作りに貢献して参りたいと思います。

user-pic
0

高崎市内も所々で桜が咲き、春を感じられる様に成りましたが、それも別世界の出来事と捉え、今は経営者としての意識を強く持ち、社業に励む所存です。

また私のみならず、生きていると様々な出来事があるものですが、まずは目の前の道を真っ直ぐに進み、道が無く成れば自らが開拓して行く事が、私に課せられた使命であり、その結果として、少しでも人様に喜ばれ、社会の御役に経てれば幸いです。

自問自答

user-pic
0

休日も含め、日々早朝から人目も気にせずゴミ袋を下げ、箒と塵取り、バケツに雑巾、草むしりの鍬等を縦横無尽に操り、社内外の清掃に勤しむ私ですが、「これが経営者の有るべき姿なのだろうか」と言う自問自答の繰り返しから、御蔭様で要約答えを見出せる様に成りました。

答えを見出せた事に関しては年齢的な事もあるのかも知れませんが、経営者の仕事は事業作りであり、業務遂行に当たり社長が先頭に立っている様では企業とは言えず、その様な事業の運営は幹部や社員に任せられる様な環境整備を職務とし、もっと事業の発展に尽力を注ぐ事が私の使命だと感じています。

そうは言っても今の体制に非があるわけでは無く、それを間違っているとか失敗だとは決して考えておらず、寧ろ時代の変遷に伴う経営環境の変化に良く順応して来たなと自負をしておりますし、リーマンショックや震災の時期にも雇用助成金の御世話に成る事無く、自力で乗り越えられたのも、経営環境の変化に順応出来ていたからこそだと感じています。

今最も重要な事は、今後10年先を見据えた上で、どの様な体制にするのか、その為には何をすべきかを課題と捉え、社員全員が結束し、夢の扉を抉じ開ける迄は、新たな課題に向けての自問自答を繰り返す事と成りそうです。

共存共栄

user-pic
0

もうしばらくすると重要且つ発展的な御知らせを公表出来るかと思いますが、それに先立ち、昨日は弊社の外所君が、大手ロボットメーカーの方からROSのプログラミングに関する御墨付きを頂く事が出来ました。

最初は私も直属の上司の藤井君も、不安な気持ちで居たのですが、外所君の技術や知識は私達の不安を余所に、既に想像を越えた領域に達しており、驚くべき進化を遂げて居たのです。

僅かな時間にも関わらず、類希な技術を習得出来た彼には感動するばかりでなく、社員を信じる事と、社員には成長の機会を与える事の重要性を教えられた次第です。

また他社との方針の違いから、弊社では製造技術課が特性の異なる機械や3種類のCADCAMを使い熟して居る様に、設計技術課に於いても、外所君や製造のメンバーを見習い、何事も苦にせず、様々な事にチャレンジしていく必要性を感じて居ますが、若者のみならず、ベテラン勢も年齢を言い訳にしたり、自ら壁を作ったりせず、日々進化する技術的な環境に順応し、あらためてエンジニアとしての意識を強く持つ事の重要性を感じています。

人間は得てして人の悪い所ばかり気になるものですが、相手の良い所は何処だろうと考えて見る事も時に重要だと言う事は、弊社の社員研修やリーダー研修でも学んだ事ですので、それらは社員も理解をしてくれている事と受止めた上で、人の悪口や陰口ばかりを口にするのでは無く、置かれた環境の異なる者同士が、ひとつの目標に向かって頑張り合える様にする為には、どんなルールや仕組み作りが必要なのかを、全員で考えられる職場作りをして行ける様、アクションプラン等を含め、今後の行く末を見守りたいと思います。

書き上げればきりが無いほど連続ドラマの様な弊社に於ける私の役割は、社員其々の驕りを捨て、御客様には誠意ある対応に努め、常に社員と企業が共に成長出来る環境作りだと捉えています。

成長

user-pic
0

一昨日の夜は静まり返った社内で就業規則改定や就業規則変更届等を作成し、帰り際にはゴミ出しの用意を済ませ、また昨日は早々に社員の行動予定を確認しながら、グレーゾーンを見つけては指示を出すとか明確にする等のイニシアティブを取り、数名の社員には生産計画と行動計画を連動させる様に促す等、リーダー研修で社員と一緒に学んだ1分間PDCAの手法を実践し、9時前からは弊社の保坂君を助手席に乗せ、積雪された山間部の取引先へ出掛け、緻密な打合せを済ませて会社に戻るや否や即座に社会保険労務士へ改訂書を送り、その後も両日に送付した帳票を整理しながらも、御客様の対応や見積もりに勤しみ、夕方にはモノ作り補助金の申請を行う為、業者に来て貰い打合せをすると、夜には消費税に労働保険、売上げや支払を見据えたキャッシュワークの試算を行う等、傍から見れば滑稽に見られている私自身も、もっと経営の仕事に特化すべきと反省する毎日です。

それでも昨日は保坂君と初めて2人で出掛けた事もあり、社会人としてのあるべき姿を語り合う所から始まり、御客様との話し方や問いに対する回答の仕方まで、事細かにエンジニアとしての姿勢を語り明かす事が出来たと共に、弊社の発展に欠かせない有意義な時間だったと受け止めていますが、その後も彼には取引先の方との適切な対応に感心させられる出来事があり、やはり社員の成長こそが企業の発展に繋がるのだと、あらためて感じた昨日の出来事でした。

そして今日は朝からロボットメーカーの方が打合せの為に来社される予定に成っていますが、ロボット産業を確実に自社の事業として取り込むべく、今日の打合せをしっかりと、成果に結び付けて行きたいと思います。 

難題

user-pic
0

最近はペーパーレス化が進み、請求書を取得するにも、まずは相手企業から書類のダウンロードを促す案内メールが届き、その後は相手先のホームページへログインを行い、必要な書類をダウンロードするのですが、そのままPDF等のデータだけで管理出来るのであれば未だしも、税法上はプリントアウトした帳票を7年間保存しなければいけない為、結局はペーパーレスでは無く、送る側の通信コスト削減に留まっているのが現実です。

しかしながらペーパーレスに関して批判的な考えなわけでは無く、一部のシステムだけを強調せずに、実務担当者の負担を減らすべく、全体の仕組み作りから整えて欲しいと言う考え故に、上記の様な文言に成りました事を御理解頂ければ幸いです。

 

昨日は製造技術課に難題を与える事に成ってしまいましたが、やり慣れた仕事だけではスキルアップに繋がりませんので、あえて「時間が掛かっても構わないので、何とかやってみてくれ」と御願いをした次第ですが、周囲からは強引と言う声も囁かれる中、これは社長としてでは無く、組織の上に立つ者として、社員を信じ、能力を高める機会を与える事も、時に大切な事だと言う考えによる発言であり、正直言って私自身も内心は心配しており、心中穏やかではありません。

弊社の行動指針には、こんな言葉があります。

「困難に立ち向かい解決する能力を高める、実践行動こそが企業の財産である」

まずは社員を信じ、今回のミッション達成に向けて、穏やかに見守りたいと思いますが、予測不能な経済状況に於いて生き残りを図るには、何処でも出来るモノは徹底した安価で提供するか、もしくは他に無い商品やサービスを提供するしか各企業にとっての選択肢は無いと想定した上で、弊社に於いては経営指針に基づき、事業計画を遂行して行きたいと思います。

インターバル

user-pic
0

突然ですが、我家の子供達も今では管理職としての肩書を持ち、組織を任されて居たり、責任者と言う肩書で自分より年上の方々を取りまとめたりしていますが、今では社会人として活躍している子供達も、学生の頃から国家資格取得の為に努力をしたり、社会人に成ってからも、誰に言われたわけでもなく、自らのスキルアップを図り、諸々の資格取得の為に休みも惜しまず勉強していたものでした。

子供達の詳細は人道的且つプライバシーの観点から割愛させて頂く事にして、そんな子供達も今では社会人としてと言うより、管理職としての苦労をしている様ですが、自らの子供達を見ていると、弊社の社員との接し方も自ずと変化が現れて来るものでして、ここ数年は「彼等や彼女らが自分の子供だったら」と考える様に成りました。

もちろん50歳近い社員に対しては、そんな気持ちを抱く事は無く、敢てコメントも避けて置く事にしますが、自らの子供達を見ていて感じる事は、老若男女を問わず、社員の成長出来ない職場環境や、成長しなくても良いと思ってしまう社内環境だけは避けなければいけないと強く感じております。

 

話は変わり、群馬県には北関東産学官研究会と言うNPO団体があり、名称の如く産学官の連携を目的とした活動をしているのですが、そこで活躍されていた八木さんが、今月末を持って定年退職されると言う事で、本当に残念で成りません。

八木さんには弊社を厚意して頂き、御会いする度に親身に成って話を聞いて下さったり、様々な方々に弊社を紹介して下さったりと、心優しい紳士的な方でしたので、定年退職とは言え、まだまだ65歳と捉え、再び社会の為にも何処かで活躍して下さる事と信じていますが、くれぐれも御身体には気を着けて頂きたいと思います。

年々御恩を受けた方々との別れが増えて、その最後の挨拶を交わす度に、自分は人様から嫌われているだけで、誰かの役に立つ事等は出来て居ない事に気付かされますが、私には定年がありませんので、別れの挨拶をする事も無く、自然の流れに身を任せ、フェードアウトして行くつもりです。

 

昨日は御客様でもある取引先の外注が破綻し、負債5億円を持って倒産したと知り、何故倒産したのかをしっかりと見極め、人様の失敗を自社の経営に活かしていきたいと思いつつ、プレッシャーやストレス、それ故に底知れぬ怖さから震えが止まらぬ午後を過ごした次第です。

期首期末

user-pic
0

期首期末を迎えるにあたり、人事異動や定年退職の知らせが聞かれる様に成りましたが、親しい方や御世話に成った方が縁遠く成るのは、やはり感慨一入です。

人事異動では年々海外赴任をされる方が増えており、退職される方に至っては、60歳で第2の人生を楽しんでいると言う方は余り見受けられず、新たに職を探し、慣れない仕事や職場に就き、人間関係を新たに構築すると言う事は、かなり容易な事では無いと言うのが、再就職に関する現実の様ですが、それらに関するの個人的な意見や見解は、あえて控えて置きたいと思います。

 

今日はセミナーへ参加する為、群馬県産業技術センターに出掛けて来ますが、9時に会社を出て、戻りは13時に成ろうかと思われますので、御注文や問い合わせは弊社社員まで御申し着け下さいます様、御願いします。

疲労感

user-pic
0

今日は今迄に経験した事の無い様な疲労感に苛まれており、何とかしなければと焦ってはいるものの、私用と社用の両立を図るべく、今日も多忙な日と成りそうですが、何処かで気持ちが萎えた時には無理をせず、明日からの業務に備えたいと思いますので、自動車サプライチェーンを中心とした、稼働されている取引先の皆様に於かれましては、何事も御容赦頂けます様、御願いします。

この所は人間が行っている作業を双碗ロボットに置き換える等の営業にも積極的に取り組んでおり、それ故に自動化や省力化と言った今後のFAの有り方も見えて来た様な気がしていますが、また私が生意気な事を言うと誹謗中傷の的に成るので控えて置く事にして、これからはモーターやシリンダーを駆使した機械よりも、ロボットを制する企業がFAを制する時代に入ったと言っても過言では無く、弊社の方向性は間違いなく社会が求めている事だと認識しています。

今現在も単純作業を人からロボットへ置き換えられないかと言ったテーマを多く頂いておりますが、課題も多くある事も現実で、ロボットに対する理解度や初期投資費用の認識の低さは否めず、このあたりも弊社の事業活動を通して、情報を拡散して参りたいと思います。

まずは明日の午前中に産業技術センターへ出掛ける用事もありますので、この体調の悪さを何とか克服しなければ・・・

人間らしさ

user-pic
0

先日は私が運転する車で、金澤さんと藤井さんを連れて取引先へ打合せに出掛けたのですが、藤井さんからは「運転が荒い」と指摘を受けてしまいました。

私自身、何時もは安全運転に心掛けているつもりでも、時間に間に合う様にと急いでいたり、焦って居たりした状況に追い込まれると、平常心を保てなく成る性格なのかなと、自らの弱点を見出してしまいましたが、きっと運転だけでは無く、全てに於いて言える事なのかも知れませんので、慌てたり焦ったりした時こそ、冷静な判断や行動が取れる様に改めなければいけないと反省しております。

人は誰しも表と裏の両面を兼ね備えた表裏一体の生き物ですので、如何に理性を制御しながら生きて行けるかが重要な事だと考えた場合には、私の様な起伏の激しい性格の人間は、人様よりも余計に、倫理観を損なう事無く日々を過し、人様に迷惑を掛けない様な生き方に心掛けるべきだと感じています。

 

今日は取引先の法要に出掛けて来るものの、以前から予定されていた行事に参加する事が出来ず、昨日は早々に関係者に事情を話し、御詫びの電話を入れた次第ですが、私に非があるわけでは無いとは言え、相手の残念そうな声と共に申しわけ無い気持ちが込み上げて来てしまい、昨日から罪悪感に苛まれておりますが、ここしばらくは不思議と週末に成ると何かしらの出来事があり、休みも何も関係ない日々を過ごしております。

そんなわけで昨日に引き続き今日も終日業務に着いてはいますが、2時間程は法要の為に留守をしますので、来社される方は事前に御連絡を頂いた上で御越し下さいます様、御願いします

連鎖

user-pic
0

ここ数年は休日と平日、更にはプライベートと仕事の境が無い状態で今日まで来ていますが、経営者である以上は仕方の無い事であり、それを苦にせず社長業を熟せる様で無ければいけないと言う自論を抱きつつも、人様には自らの考えを押し付けたり、理解を求めたりしない様に、意識しているつもりです。

それを踏まえた上で、事業承継を行う上に於いては、次世代の経営方法に切替えて行かなければ成りませんので、今後10年間は継続的利益の追求と共に、社員満足度を上げて行く必要があり、社長である私の仕事は、社員自らがイノベーションを起こし、目標に向かって創意工夫出来る環境作りだと考えております。

20年前の精神論で動いていた弊社も、諸々の事や時を経て変わりつつありますが、何時の時代にも社会から必要とされる企業であり続けると言う理念は、100年先にも継承して行きたいと願っております。

社会から必要とされる企業、企業に必要とされる社員、その社員が育む地域社会

この連鎖を大切にしていければ、きっと100年先にも弊社は存続している事と思いますが、綺麗言と捉えられ様とも、少なくと私は、金儲けの為の企業経営では無く、社会に役立つ企業でありたいと言う考えの基、今後も何が正しい事なのかを見極めながら、自社の経営と向き合う事を誓います。

報告会

user-pic
0

20160317-2.JPG昨夜は群馬県中小企業家同友会主催の、事業承継を行った企業事例の報告会があり、私も参加させて頂きましたが、会場内へ入るなり、事務局の阿久沢さんの何時になく奮闘する姿や周囲の方への心配りに感動を覚えつつ、またしても最前列に座って居た為、残念ながら多くの方が会場に足を運んでくれたにも関わらず、会場全体の写真を撮る事が出来ませんでした。

関係者では無い私が、この場で企業名と個人名を掲載するのは、個人情報保護法に抵触する可能性がありますので控えさせて頂く事として、写真左側が前社長で現会長(56歳)、右側が新社長(36歳)と成りますが、ビジュアル的には60~65歳位かと思っていた会長は、意外にも私と同じ歳と言う事に驚きを感じながらも、経験談等の御話を拝聴し、諸々と御話をさせて頂いた次第です。

報告会の後は参加者52名を6グループに分けて、其々のグループ内で各人が意見や感想を述べたり、参加企業が抱える問題等を話し合う討論会が行われましたが、私のグループには報告者の新社長も加わって頂いた事もあり、ここぞとばかりに踏込んだ話を聞く事が出来ました。

話の内容等は割愛させて頂く事として、会場には山岸製作所の山岸さんが最年長で、私はその次と言う空気感に、最近では違和感と言うか、もう自分が学ぶのでは無く、社員や管理職に学びの場を提供するのが私の役割の様に感じ始めています。

現に何れの勉強会に参加しても、参加者は20代から40代が中心で、経営者から一般職等、職種も様々な事を踏まえると、やはり年齢と共に自分のやるべき事が変わって来ている事を実感してしまいます。

その後は研修会が終わり21時30分頃に会社へ戻ると、沢山のファックスやメールが送られて来ており、しばし椅子に腰かけ放心状態に成りつつも、まずは片付けだけをして帰宅の途に着かせて頂きましたが、企業運営に関して言えば、この歳に成って初めて見えて来ると言うか、いといろと解って来る事もあり、その経験を生かしながら、後者を育てて行く必要性を感じさせてくれた、昨日の研修会でした。

今日は資材管理課の渡邉さんが不在ですので、生産技術課の小林さんが代行するのですが、彼もまた設計技術課の保坂さんと12時30分頃から14時位迄は納品の為に外出を予定しており、また製造技術課の横田さんも埼玉県おおみや区と見沼区にある取引先へ納品に出掛け、設計技術課の藤井さんや制御技術課の金澤さんと私も群馬県内の取引先へ打合せに出掛ける為に留守と成ります事を御了承下さい。

また昨日は決算に伴う最終的な貸借対照表と損益計算書が上がって来ましたが、御蔭様で恥ずかしく無い決算となりました事を御報告させて頂くと共に、取引先の皆様方には心より感謝致しております。

学び

user-pic
0

20160317-1.jpg昨日は告知通り、群馬県経済部次世代産業課次世代産業振興係主催、「農業現場の課題・ニーズ発表会」と題し、加藤百合子氏による講演「農業機器・ロボット開発の現状とポイント」や、群馬県農業支援センターによる「農業現場の課題・ニーズについて」等のシンポジュームに参加させて頂きました。

写真は見栄えのしない構図に成ってしまいましたが、私が会場の最前列に居た事や終始プロジェクターを使用した講演だった為に、上記の様な写真しか取れなかった事を御了承下さい。

加藤百合子氏のプロフィールは東大農学部にて農業システムの研究後、英国のクランフィールド大学で修士号を取得し、米国のNASAではプロジェクトに参画、帰国後はキャノンで産業用機器に携わるものの、再び大学で学んだ農業関連の流通に関わる様に成り、現在では地方創生農林水産業ロボット推進協議会会長を務めている事もあり、最近ではメディアからの引き合いも多いとの事でした。

今回は何を聞いて何を学ぶ事が出来たのかを説明していると、長文に成りそうなので割愛させて頂く事として、その加藤氏の御蔭で、私の中で燻っていた何かを吹っ切る事が出来たと同時に、細かなニーズにビジネスチャンスを探すのでは無く、多数のニーズを紐付するビジネスモデルを自ら構築する事が、企業家としての私の役割だと、改めてビジネスの基本と向き合う事が出来ました。

講話の後は私も幾つか質問や御話をさせて頂きましたが、正直言って企業家としての実績は浅いらしく、話の節々にぎこちなさを感じ取る事が出来ましたが、とかくこの手の話になると大学の教授や、それらの研究室が取り上げられがちですが、それとは異なり、同じ企業家として、加藤氏の様な方がいらっしゃる事に安堵した次第です。

その模様はメディアの取材が入り、昨夜のテレビでも取上げられ、NHKや群馬テレビで紹介されたものの、最初の放送を見れたのは一瞬で、もう一度放送されるだろうと思って見ていると、次に放送された時には大幅にカットされた内容でしたが、放送中に何度と無く映し出される自らの姿を見ては、「どう見ても叔父さんだよ」とか「昔は若かったのに」等と思わず呟く夜でした。

そして今夜は事業承継の講話があり、会社を引き渡す社長と、会社を受け継ぐ新社長の両者が思いの丈を語り合うと言った勉強会がありますので、参加を予定していますが、弊社も他人事では無く、次期長期計画の中には事業承継をBCPと絡めて折り込まなければと考えつつも、昨日はビジネスチャンスの模索、今日は経営ノウハウの構築と、まだまだ自らも沢山の学びが必要だと実感する昨今、自分を見失わない様、心のバランスを保ちながら人生を駆け抜けたいと思います。

号外

user-pic
0

急募

ロボット事業拡張に尽き、ロボット制御技術者を緊急募集しております。

 ROSによるプログラミング

シュミレーションソフトを使用した動作確認及びタクト計算

 定員 若干名

待遇 社内規定による

休日 社内カレンダーによる

他   経営指針書による

皆様の御応募、御待ちしております。

責任

user-pic
0

昨日は労務管理士の方により、弊社の特別条項36条協定・様式第9号(第17条関係)による所の労使協定届を、高崎労働基準監督署へ届出て貰いましたが、企業にとって期首期末は何かと気忙し時期とは言え、管理を怠る事は許されるものではありませんので、やるべき事の予習復習を欠かさない様にしたいと思います。

「ついうっかり」

「忘れてました」

「知りませんでした」

この様な言い訳がましい言葉が一切通用しないのが経営の世界ですので、経営者でいる以上は、気を引き締めて、企業運営に勤しみたいと思います。

 

昨日は資材管理課の渡辺さんが、図面の電子管理化に伴う最善の方法を導き出す為に、私も含め、同僚や上司等、複数の社員に対してヒアリングを行ない、その意見を取りまとめた上で、誰もが納得する社内のルールを構築すると言った出来事がありましたが、まさに理想のPDCAサイクルだと感じつつ、またしても社員の成長を垣間見る事が出来ました。

最近の社内は、20年前のトップダウン式では無く、社員が自主的に最善策を見出しながら各部署が運営されている感があり、今回も同様に、私の意見だけであったり、特定の人の意見だけでは無く、渡辺さんが周囲の意見を尊重しつつ、その中から最善策を見出したのだと思うと、とても感慨深いものがあります。

やはり社員の成長なくして企業の成長なしと考えた場合には、先日の保坂さんに加えて、今回の渡邉さんの取った行動は、弊社が発展する証だと受止め、今後は皆の努力が報われる会社にして行く事が私の役割だと、強い責任感を感じています。

 

今日の午後は群馬県庁主催、群馬県次世代産業振興戦略会議ロボット部会による、農業現場の課題とニーズ集と題し、農業機器・ロボット開発の現状とポイントの講演、更にシンポジュームが行われますので、私も参加させて頂く事に成っているのですが、弊社の更なるビジネスのチャンスを探すのは勿論の事、双碗ロボットduaroのニーズも探って来ようと思います。

user-pic
0

昨日は取引先へ納品と打合せに出掛けた保坂さんが、会社へ戻るなり藤井さんと打合せをしていたので近寄って見ると、そこには手書きの打合せ議事録があり、機械や治具のスケッチと共に要件に番号を着けて、詳細が明確に成る様な描き方がされているのを見て、エンジニアとしての基本が出来て居る事に嬉しくなり、思わず「素晴らしいじゃないか」と言葉を発すると、保坂さんからは「当然です」と、成長の証とも言える言葉が返された次第です。

その後も作業をしていた阿部さんに、「こっちは順調かな」と声を掛けると、「まだ順調かどうか判断する所まで行ってません」と言う言葉を返されましたが、私達の仕事は、こうしたしっかりとした受答えを瞬時に行う事が必要な仕事ですので、その短い会話の中にも、彼が長年この業界で頑張って来た証を実感する事が出来ました。

自らはどうかと言えば、3月1日迄に提出しなければいけない書類を今月中に提出すれば良いと思い込んでいた為に、夕方は各所へ電話をしまくり事無きを得る事が出来たのですが、製造の方では今現在も難易度の極めて高い仕事を抱えており、宮下さんの方は昨夜も遅くまで業務に没頭していたりと、更には他の社員も同様に、毎日がドラマの舞台の様な弊社ですが、社員に対しては事故や怪我の無い様に、そして病気に成らない様、健康には十分に気を使って頂きたいと願うと共に、病気や怪我も然る事ながら、交通事故にも気を着けて頂きたいと思います。

そんな今朝は出勤途中に時速40キロの所を50キロ位で車を走らせていると、道幅が狭い道路で追い越し禁止の区間にも関わらず、100キロ位ありそうな速度で追い越される出来事がありましたが、自らが安全運転をしていても、事故に巻き込まれる事もありますので、十分に気を着けて頂きたいと思います。

更に会社へ着くと、空き缶や煙草の吸殻が会社周辺に散乱しており、見える範囲で道路のゴミ拾いに勤しむ朝でした。

呟き

user-pic
0

今日はホワイトデーなので、今朝は妻にバレンタインの御返しを渡そうと思いきや、会社の机に置いたままだった事に気が着き渡せませんでしたが、昨日は仕事帰りに忘れずに持って帰ろうと、わざわざ会社の机の上に出して置いたにも関わらず忘れてしまい、朝から「しっかりしなきゃ」と、ひとり呟きながらも、業務では同様の事が無い様に気を引き締めて参りたいと思います。

そんな今朝は出社するなり会社構内のゴミや異物を片付けると言う、勘弁して貰いたい状況でしたが、「こんな事をしている社長も自分位だろう」と、更に呟く朝でした。

 

個人的なスケジュールで恐縮ですが、今週は農業の自動化に伴うシンポジュームや事業承継の講演、取引先に於ける打合せ等、更に週明け早々には、省エネ補助金の説明会や税務署への届出書類の確認等が控えており、個人的には多忙な状態ですので、要件が御有りの方は、出来ましたら連絡を頂いた上で、来社下さいます様、御願いします。

この所は留守中に御越し頂く方が増えておりますので、御迷惑を御掛けしない為にも、この場を借りて御願いをさせて頂いた次第です。

 

最後に成りましたが、今日の12時00分から12時50分に渡り、コンプレッサーの部品交換を行う為、社内のエアーが使えません事を御了承下さい。

会社にはスペアのコンプレッサーも有りますので、緊急の場合はそちらを使用する事も可能ですが、出来ましたら御理解と御協力を御願いします。

ミッション

user-pic
0

昨日は宮下さんと渡邉さんが生産計画に対する遅れを取り戻すべく、更には先行しようと土曜出勤をされていましたが、その遅れと言っても彼等に瑕疵があるわけでは無く、御客様の要望に応える為であったり、設計からの要求で部品の追加工等を行ったが故の事ですので、それらを総合的理解した上で、誰に言われる事無く自主的に出社し、生産計画に遅れが生じない様な対応に努めてくれた両名には、敬意を祓い感謝をしたいと思います。

願うは設計技術課のアクションプランですが、責務として与えたミッションを何時から実行してくれるのか、また来年の2月には如何なる成果を導き出す事が出来るのか、とても楽しみです。

それを実行するにあたり大切な事は、徹底した現状分析を行い、次に理想とされる結果を具体化し、その結果に対する成果を上げる為は何を何時までに、それをどうやって実行し、何時、誰にチェックして貰うのかを循環させる仕組み作りが重要な事であり、やって御終いで結果は成果無しと言う事に成らない様な計画を立てる事が鍵と成りますが、何れにせよ、言われたからやるのでは無く、全員が常に考える習慣を身に着け、その能力を高められる様な体制作りを、今迄も、そしてこれからも、幹部管理職と社員の皆さんに委ねる覚悟でおります。

会社の規模に関わらず、何時の世も経営者は指針を示すのが仕事であり、全ての責務を負わなければいけないのと同様に、幹部管理職にしても然り、社員にも同様に、其々の責務がある事を認識して頂く必要がありますので、あらためて職務要件書の再提示を行う必要性を強く感じています。

恩返し

user-pic
0

今朝は8時頃と遅めの出社と成り、霙交じりの中、会社の門を開けていると、そのタイミングで宮下さんが出社し、合わせて渡邉さんも出社するとの事でしたの、慌てて諸々の雑務を熟していたら1時間を経過してしまいましたが、会社の休日にも関わらず2人が仕事をしていると言うのに長文のブログも何なので、今日の所は短めにして置きたいと思います。

昨日は震災の日と言う事で、地震が起きた同時刻には合掌をされている方が沢山いらっしゃいましたが、車から降りて北の方角に向かって合掌をしている人や、畑の中で合掌をする人等、沢山の方が合掌をしている様子を見掛けたものの、自らは渋滞に巻き込まれ、ひたすら運転をしていた次第です。

5年前、震災当日の弊社では、御客様が設備の立会に来ており、私が全員に建屋の外へ避難する様にと叫び声を上げながら誘導し、全員が避難した事を確認した後に自らも外へ出てみると、駐車場の車は跳ね上がる様な動きを見せ、大地がうねり、それまで見た事も無い恐ろしい光景を目の当たりにしました。

その後は輪番停電により会社の稼働もままならず、家ではローソクの灯りで過ごす等、絶望感や失望感に苛まれながらも、「とにかく自分がしっかりしなければ」と奮起させてくれたのは、やはり家族や社員でした。

長く成りそうなので、この続きは何時か改めてと言う事にして、昨日は群馬県高崎産業技術専門校で生徒就職担当をされていた青木様が、今月で定年退職を迎えるにあたり挨拶に来社下さった様なのですが、私の方は取引先廻りをしていた事もあり、御会いする事が出来ず、とても残念な思いでおります。

それに至っては様々な想いがあるものの、私自身の年齢も然る事ながら、御世話に成った方々も高齢化を迎え、取引先や各機関に於いては日増しに定年退職される方が増えており、出会いよりも別れの多い年頃に成ったものだと実感していますが、私には、まだまだ成すべき事が多くある事を踏まえつつ、今迄も沢山の方々に御世話に成って来た恩返しの意味も含めて、残された人生を世のため人のために尽くし、何が正しい事なのかを見極めながら生きて行こうと思います。

非日常

user-pic
0

皆さんにとっては在り来りな話題かも知れませんが、私の中では現在進行形の話題ですので御了承下さい。

今日で震災から5年経過したとは言え、放射能の影響が無くなったわけでは無く、未だに放射能汚染水は海に垂れ流しの状態にあり、その影響を受けている人達が後を絶たない現実を知る限り、国が提唱する安心安全の定義には疑念が止みません。

また震災孤児の問題にしても然り、2万人の子供達が避難している状態にあり、心の傷は癒える事は無いと理解した上で、子供達に手を差し伸べるべきだと感じる昨今、歯痒い気持ちを抱きつつも、それらの事に関する持論は控えた方が良い事も身を持って知りました。

何れにせよ、激しい揺れと共に街中の信号や街灯が消え暗闇と化し、車にガソリンの給油も出来ず、絶望感を抱きつつも、社員の顔を見ては何とかしなければと奮起する等の出来事は、一生涯忘れる事はありません。

 

昨日は都内へ出掛けましたが、各界の著名人を始め、名を馳せる大手企業の経営者や政治家の皆さんと御会いする事が出来たと同時に、非日常的な雰囲気からか、未だ精神的な疲労感を引きずっております。

そして今朝は埼玉方面への営業を控えつつ、会社のPCを開くと、有り難い事にメールが74件も届いており、まったく見きれて居ないのが現状で、精神的疲労等と生意気な事を言う前に、まずは自らの業務を全うした方が良さそうな朝を迎えております。

いろいろな事

user-pic
0

個人的な事で恐縮ですが、御蔭様で私達夫婦は、昨日で結婚30周年を迎える事が出来ました。

長かった様な、あっと言う間だった様な、嬉しい事や悲しい事、また起業してからは苦しかった事や絶望感を抱く事等、いろいろな事がありましたが、これからも夫婦共々健康に気を着け、少しでも社会の御役に経てれば幸いと考えておりますので、引続き宜しく御願いします。

 

今日は東京帝国ホテルにて、取引先の前代表取締役社長を偲び、「お別れの会」が執り行われますので、私も案内状持参で出掛けて参りますが、留守中の注文等は、弊社の優秀な社員により対応させて頂きますので、宜しく御願いします。

また弊社が、その取引先と寄り添いながら成長して来たのは言う迄も無く、御亡くなりに成られた前社長には、「五十嵐さん、どうですか景気は」等と御会いする度に声を掛けて頂いたものでしたが、昨年の株主総会の時には既に病気が進行していると知らされ、気に留めながらも、程なくして訃報が舞い込みました。

経営者は事業を継続し、利益を出し続け、売上げの増減に関わらず社員に給料を払い続ける責務を抱えているわけですが、大手企業とも成れば経営者は底知れぬ恐怖感に見舞われる等、マクロ的な部分だけを見ても、経営と言う仕事は誰でも出来る仕事では無いと、あらためて感じた訃報でした。

生きていると本当にいろいろな事がありますが、私自身も心と身体のバランスを保ちながら、今しばらくは頑張りたいと思います。

成果

user-pic
0

今日から弊社の外所さんが兵庫県明石市へROSの講習会に出掛ける予定ですが、少しでも多くの成果を上げられる様、期待しております。

合わせて昨日の朝礼に於いて、今ではスタンダード且つ3Dが主流に成りつつあるオートキャドを年内に使い熟せる様にと、設計技術課のメンバーへ促しましたが、1年経っても何も変わって居なかったと言う事の無い様に、アクションプランに盛り込み、しっかりとした成果を上げて頂ける様、御願いをさせて頂きました。

また今後の見解として、ロボットの普及により、PLCやROSの隔たりが無くなる時代と成り、制御技術の分野も難易度が増して来る事が予想されると共に、先見の目を持ち、それらに逸早く取組んだ企業だけが生き残れるのだと感じています。

以上は制御設計や機械設計への要件と要求に成りますが、製造技術課では既に緻密なアクションプランを実行しており、ピカピカ大作戦と題した5S活動や、複合加工機、NC旋盤、マシニングセンター、三次元測定機の使用に関する標準化の推進等、しっかりとした成果に繋がっており、地道な活動も時を経て、技術や知識の習得と共に、整理整頓の考えが浸透していると実感していますので、設計技術課の方でも同様の取組を期待しつつ、絶対的な要求を促した次第です。

アクションプランに関しては、今あるモノで最大の成果を上げるにはどうしたら良いかを追求する能力を高めたり、技術や知識の習得にまずは目を向け、現状分析力を高め、考える習慣を身に着けて頂ける様に、御願いをさせて頂きました。

想い

user-pic
0

個人的には年明け早々の入院騒ぎから先日の検査まで何だかあっと言う間でしたが、経営者としても複数の展示会に出展し、大役でもある決算の締めを終える等の作業的な事は熟せた迄も、どんな結果が残せたのかを振り返って見ると、何も形付けられていない状況です。

しかしながら計画無き所に結果無しと言われる様に、結果が出せていないと反省するだけなら誰でも出来ますので、企業人である以前に人として、その反省を基にPDCAサイクルの乗せる事が大切な事だと感じています。

 

突然ですが、こんな言葉を聞いた事はありませんか。

止まない雨は無い

朝の来ない夜は無い

もうすぐ3月11日が訪れ震災から5年が経過する事もあり、最近はテレビでもよく耳にする言葉ですが、この手の言葉は好きでは無く、どちらかと言えば嫌いです。

心に傷を負い、一生背負わなければいけない何かがあるとしたら、心の中に降り注ぐ雨は止む事も無く、簡単に暗闇から抜け出す事は出来ません。

人は悲しみの境地に置かれると、耳を傾けるべき人は誰なのか、そして信じられるのは誰なのかを絞り込む生き物だと言う事を身を持って経験しているだけに、苦しんでいる人や悩んでいる人にとって大切な事は、表向きな言葉では無く、自らが信頼出来る人と、心を通わせる事だと実感しています。

それでも人として前向きに生きるのが大切な事であり・・・

なんだか重い内容になって来たので、このへんにして置きますが、私自身、残された経営者人生を、世のため人のための経営に勤しみ、結果的に社員の幸福と地域の発展に繋がれば幸いとし、それが私の生かされている理由であり、サンシステムの使命と捉え、前向きに、そして直向に頑張りたいと思います。

週明け

user-pic
0

昨日の夕方はゆっくり出来たものの、土曜は病院に検査へ出掛けたり、日曜の朝は某所へ打合わせに出掛けた他にも、僅かな時間でしたが帳票の片付けをする等、何だか忙しない週末だった事もあり、妙な疲れが蓄積している朝を向かえておりますが、私の様な者も居れば、両日共にパチンコで時間を費やす人を見掛けたり、もしくは子育てに奮闘する人や自己啓発に励む人等、何が良くて何が悪いと言いたいわけでも無ければ、休日の過ごし方まで口を挿みたいわけでも無く、考え方や性格の違いにより休日の過ごし方も其々な事を考えると、そう言った人達がひとつの会社で働くには、何が大切なのかを、あらためて考えさせられた週末と成りました。

また今日は取引先3社へ打合せに出掛ける他にも、今週はROSの講習会や、ビジョンを使用した新規設備の打合せ、更には取引先の故人に向けた御別れの会へ出席する等、様々な事が予定されていますが、これらの全てを、オールサンシステムで臨んで参りたいと思います。

保証

user-pic
0

昨日は直腸と大腸、それから小腸の奥まで検査をして貰い、結果は何事も無く、「今の状態なら5年間は癌や大きな疾病の無い事を保証します」と言われ、入院する事も無く、無事に帰宅の途に着きました。

検査前は木曜から食事制限を指示されていたのですが、大事を取って水曜から絶食し、当日は早目に病院で受付をしたものの2時間以上も控室で待たされ、検査用の着物に着替えてから更に待つ事1時間、要約検査が始まったかと思えば僅か10分程度で完了し、その場で立話程度の簡単な説明を受けてから、着替えて会計を済ませるまで、僅か数分の出来事でした。

検査直前には看護師の方に「五十嵐さんは直腸と大腸に加えて小腸を見ますが、そこまで見ると大抵の方が何らかの処置をして入院と言う事に成りますから、そのつもりで居て下さい」と不安を煽る様な事を言われ、更には何日も前から絶食等と騒いだ割にはあっさり終わり、少し気が抜けた感もありましたが、何事も無く、5年間は大丈夫と御墨付も頂いた事で、また今日から頑張りたいと思います。

 

今日は早目に諸々の用を済ませ、夕方は少し静養し、明日からの仕事に備えるつもりでおりますので、御用の方は御早目に連絡を頂けます様、御願いします。

普通

user-pic
0

今日の内視鏡等の検査を控えて居る為、水曜の朝食以降は絶食をしていますが、以前に入院した時は6日間の絶食も苦に成らなかったものの、流石に働きながらの絶食は厳しいものがあります。 

 

対外的には明朗活発で暑苦しい性格と思われている私も、光と影のどちらかと言えば影の要素が強く、何時しかその暗い部分を隠そうとしたり、照れを隠そうと振る舞っているのが現実で、それでも自は「普通」と言われる人の部類に含まれていると思っていますし、意外と私同様のタイプの方も多い様に感じます。

それは弊社の社員募集に関しても繋がる事で、性格の違いは有って当たり前と捉え、その全ての人の摩擦を減らし、各人の心を繋ぎ、結びつけるのがルールと仕組み作りであり、個人の良い所は最大限に伸ばし、至らない所は少しずつ改善して行き、其々良い所を集約しながら、最大限の結果を果たせる職場が私の理想であり、それが社会で言われる「普通」の会社なのではないかと思いますので、あくまで私同様に「普通」の方の応募を御待ちしております。

また弊社では類希な高学歴や著名なエンジニアを望んでいるわけでは無く、大きな声で人と挨拶が出来て、きちんと自分の意見を言えるだけで無く、しっかりと人の話を聞ける人、協調性のある人、そして少しずつでも技術や知識を高め合える人、弊社では其の様な「普通」の人財を求めております。

今回は技術営業及び資材管理・機械加工・機械設計・制御設計・生産技術の募集を受付けておりますので、上記に当て嵌まる方の応募を御待ちしております。

研修

user-pic
0

今月10日は弊社の外処さんがROSの講習会へ参加する事に成っていますが、何故彼が選ばれたかと言うと、彼に勝る能力の持ち主が見付からなかった故に万丈一致で、「今回のROSを習得出来るのは、全社を挙げて彼しかいない」と言う事に成り、白羽の矢が立ったと言うわけです。

詳細は専門性が高い為、この場では割愛させて頂く事として、今時は全て3Dシュミレーションシステムが当たり前で、ROSと言うよりも、既成概念を持たずして捉えるべき時代だと感じています。

少し前であればROSと言うよりOSの時代で、C++  Javaが主流でしたが、オープンソース化された昨今に於いては、スマートフォンのソケット通信等により、Androidoでも制御出来る時代ですので、頭を柔らかくして、技術と向き合う必要があります。

また5月には、双碗ロボットの操作方法や分解組立のノウハウを得る為に、こちらもまた適任者として、弊社の小林さんと保坂さんが3日間の研修会に参加し、引続き金澤さんと藤井さんが2日間に渡り、ロボット用リスクアセスメントや制御を含めたロボット安全管理に関する講座を受講して参りますが、各人の得意性を生かし、オールサンシステムでロボット業界に踏込んで参りたいと思います。

しかしながら別な視点で捉えた場合、私としては5月は連休もある為に稼働日数も短く、本来は足元の売上げを確保したい所なのですが、ここは先行投資と捉え、後に利益を齎してくれるものと祈りつつ、何時もの如く社員を信じると共に、社員の成長無くして企業の成長は有り得ませんので・・・

また長く成りそうなので、それではまた。

双碗

user-pic
0

20160303-1.jpg弊社では、自動化や省力化の際に、川崎重工業の双碗スカラ型ロボット、デュアロを御提案させて頂いているのですが、画像処理や増設バルブ、更にはI/Oの増設ユニットもオプションで用意されている他にも、細かな機能が盛り沢山のロボットですので、多彩な利用方法が想定されます。

使い方としましては、例えば片方の腕でモノを掴み、もう片方でネジ締めを行う等、今迄の片腕式のスカラと違い、人間の両腕を想定した使い方が出来る為、今迄は人間が行っていた作業をロボットに置き換える事が容易に出来る他にも、キャスターで簡単に移動出来る為、従来の据付型のロボットと違い、使う時だけ持って来て、終わったらまた違う所へ移動する等が可能ですので、是非とも導入を御検討頂き、導入の際には、メーカーもしくは弊社へ御問い合わせ下さいます様、宜しく御願いします。

アップした写真は色合いが見苦しいので編集しようと思いましたが、ブログのアプリとの絡みで編集出来ず、綺麗な写真では無い事を御了承下さい。

 

昨日は群馬県前橋市でロボット技術を勉強されていた学生からの社員募集に関する応募のメールを見つけたのですが、迷惑メールフォルダに入っていた為に気が着かず、見ると日付は1月16日と成って居り、その旨をメールで伝え、御詫びをさせて頂く出来事がありました。

その学生も他で就職が決まり、内定を受けているとの事で、安堵すると共に、返信が遅れた事にも理解を示して下さった様でしたので、まずはひと安心と言いたい所なのですが、ロボットのプログラミングやシュミレーションソフトの仕事が増える矢先だっただけに、今は貴重な逸材を逃したと後悔しております。

また改めて、我こそはと言うロボット技術者の応募を御待ちしております。

目標

user-pic
0

昨日は予定通り経営指針発表会を開催しましたが、今後は社員全員で経営指針を運用と活用を促し、それに伴うアクションプランをPDCAサイクルに持ち込む事が重要なポイントだと認識しております。

また来期からは経営指針書を策定するにあたり、会社の経営計画に基き、少しずつ社員が策定する部分を増やして行き、5年後には指針書の殆どを、社員と管理職で作れる様な環境を構築したいと考えており、その旨を社員全員に伝えさせて頂きましたが、顧客満足度と共に社内満足度を高める為にも、自分達の職場を自分達で改善し、より働き易い職場に改善して行く事は、中小企業の魅力のひとつでもあると考えていますので、何時もの如く、最終的には「サンシステムで働いていて良かった」と言って頂ける様な企業作りを目標にして、頑張りたいと思います。

 

先日の専門校訪問時にも生徒の方から「楽しい職場が良い」と言う意見を伺いましたが、私自身も大義は同様の考えでおります。

しかしながら会社と言う場所は様々な業務から構成されており、組織運営で成立している故に、ひとり一人が規律やルールに則った上で役割を担う必要がありますので、年齢性別、性格や考え方の違う人達と如何に摩擦を減らして業務を円滑に進められるか否かで、楽しいかどうかの認識に違いが生じるものと思いますので、楽しいと言う言葉の本質に基いた、明るい職場が私の理想です。

交流

user-pic
0

20160301-1.jpg昨日は告知通り、高崎産業技術専門校に於ける交流会に参加して参りました。

写真は校内の居室にて、諸田校長が挨拶をされている所ですが、今回は53名の生徒の方々と各課の指導をされている講師の方々に御協力を賜りました。

プログラムとしましては、始めに就職に関する講話を拝聴し、その後はグループ分けし、「働くとは」「社会人として」「中小企業の魅力」と題したグループ討論やフリートークを行う事により、屈託のない意見に、若者の本音や素直な気持ちを知る事が出来て、とても有意義な時間を過ごす事が出来たと同時に、新たな課題を発見する事が出来ました。

まずは開催にあたり、学校関係者の皆様及び、主催者の皆様に於かれましては、心より御礼を申し上げます。

 

就職に関する話題とは別に、弊社の会社案内を配布させて頂いた事により、この様な声を聞く事が出来ました。

「加工もやってるんだ」

「ソフトもやってるんだ」

「設計って何の設計」

「組立てって何するの」

この様に、同席した大人や生徒の方々からは挙って質問をされましたが、やはり弊社の事業内容は、社会的に認知され難いのだろうと感じながらも、何処にでもありそうで意外と無いのが弊社の強みと受け止め、今後も信念を持ち、地道な活動に勤しみたいと思います。

 

そして今日は経営指針発表会になりますが、ロボット開発の意義を唱え、社員は2倍、仕事スペースは3倍・・・

このアーカイブについて

このページには、2016年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年2月です。

次のアーカイブは2016年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。