2016年4月アーカイブ

無題

user-pic
0

昨日は急遽某所へ出掛けて来たのですが、心の整理が着かなかった数ヵ月間に終止符が打てそうな予感を抱くと同時に、やはり人は人に支えられていないと生きていけない動物なのだと感じた次第です。

しかしながら精神的な復調とは裏腹に、体調は思わしく無い状態で、少し静養しないと、また入院等と周囲に迷惑を掛ける事に成りかねないので、会社の連休中は体調と相談しながら業務に勤しみたいと考えております。

そんな昨日は祝日にも関わらず、取引先から沢山のメールやファックスを頂き、捌けていない仕事が更に山積された状況ですが、取引先の休日予定が様々な状況では当然の事と捉えていますし、4日と5日には中国から設計の資料が送られて来る事に成っていますので、出来る限りの対応に努めたいと思います。

また昨日は東名高速では火災が発生する様な大きな自動車事故がありましたが、連休中は弊社の社員のみならず、取引先の皆様にも交通安全には、十分に気を着けて頂ければ幸いです。

今日の独り言

user-pic
0

今日は終日業務の予定と告知していたにも関わらず、急遽出掛ける事に成り、戻りは成り行きと成りますが、明日は取引先からの急な要請や緊急出動の依頼がない限り、内勤の予定でおります。

受注状況の方も連休間際に成り、大量に依頼を受けた為、直ぐに取り掛かる案件や数多くの見積もりに加えて、今月はロボットスクールに5名の参加を予定しており、今月は工数の足りない状況にありますが、ここは何とか乗り切りたいと思います。

またこの連休を利用して、勉強をしたり経営課題の解決の糸口を探るつもりでおりますが、遊ぶばかりでなく、知識や教養の為に休日を利用する事も時には必要な事と捉えています。

これは各人の考え方に委ねる所でもあり、人様に自らの考えを押し付けたり、理解を求めようとは思っていませんので、誤解の無いように御願いします。

才能や素質を兼ね備えて努力しなくても上手く行く人もいれば、私の様にコンプレックスの塊の様な人間もいて、努力を惜しめばゲームセットと言うシナリオを、誰よりも熟知しているだけに、自らを追い詰める事が生きる事と・・・

諄く成って来たので話題を変えますが、来月17日から弊社内に双碗ロボットを常設しますので、来社の際には是非とも御覧下さい。

連休

user-pic
0

連休の御案内

弊社は4月29日から5月5日迄を休日とさせて頂きます事を御了承下さい。

昨日は取引先5社を訪問して来ましたが、今年は例年と違い連休の予定も各社其々で、自動車サプライチェーンに於いても今年は様々な稼動状況にあり、また大手企業が全て長期連休かと言えばそうでは無く、日本のGWは海外にとって関係の無い事を考えた場合には、業績の違いや海外拠点との関わり方により、企業戦略も一社一葉と言う経営環境を読み取る事が出来ます。

また私の方は今日も諸事情にて埼玉方面へ出掛ける事と成りましたが、会社の方は大掃除を予定しており、製造部は午後から、それ以外は3時からと成っています事を御了承下さい。

明日からの連休は月末締めの状況を確認しつつ、机の上に山積した書類を片付けるべく業務を熟したり、経営課題を整理したりしながらも、要所要所に私用を挿んで行きたいと思いますが、各社休日予定が様々な事や海外拠点のフォローを含めると、今年は例年になく気の置けないGWと成りそうです。

 

今日のおまけ

経営の基本として「大将は内にいる」や「まかせる」、あるいは「指導者は上から物事を見る事」と言う格言や説法があります。

これは指導者たるもの自分は出来るだけ中央にいて、部下を使う事が大切であると言う意味で、戦国時代の武将に始まり現代に至る迄、長年語り継がれて来た有名な格言ですが、先日の講演を聞いて思い出し、以前買った文献を紐解いてみました。

文章をリピートすると長文なので、敢て内容の紹介はしませんが、部下のフォローや営業に飛び廻っている私には耳の痛い言葉でして、自らが良かれと思ってやっている事も、実は社員の成長を妨げているのではないかと打ちひしがれてしまいます。

学び

user-pic
0

20160426.JPG昨日は告知通り、経営の勉強に出掛けさせて頂きましたが、目から鱗と言うか、今後の経営に役立つ実践的な内容の御話でした。

細かな話は長文に成るので割愛させて頂きますが、経営上の方針として、中小企業はトップ企業に対抗するのではなく、ナンバー2でなければ出来ない事に拘る事が重要であり、その中でも半歩先を行く意識が必要だと言う御話の他にも、社員の意識として、マルチタスクで働く事の重要性を認識しなければいけない、そして社員が自主的に成長出来る流れや仕組みを構築する事が重要等の話が印象に残り、具にメモを取らせて頂らせて頂きましたが、正直言って講演に参加する前は、学校経営と中小企業を紐付けするのは難しいのではないかと思っていたものの、結果的には「最後は人」と言う所で共通が多く、冒頭から最後迄、全てが参考に成った次第です。

その後は2時間の講演を基に、「人作りと組織作り」と言うテーマで、1時間の討論会を行い、各企業に於ける取組みを聞いてみると、「会社は勉強する所ではなく、働く所だ」と言う意見が圧倒的に多く、「学校は社会人に成る為の基礎を学ぶ所で、会社は学びを生かして働く所だ」と言う考えの方が殆どでしたが、それに関しての私的なコメントは控えて置く事として、弊社の「社員の成長無くして企業の成長無し、幹部管理職の成長無くして社員の成長無し」と言う考えの基に於いて、とても意味のある内容と共に、経営と学びは切り離せない事を諭された勉強会と成りました。

勉強会

user-pic
0

今日は以下の勉強会に参加して参りますが、同業者が幾ら集まっても同業者としての考え方から脱する事が出来ない事を考えた場合には、異業種ならではの考え方を学ぶのも時には必要な事と捉え、話の上辺だけを聞き流すのではなく、話の本質を掘り下げて学ばせて頂くつもりでおります。

講演・テーマ
『苦境を乗り越えるための組織改革』
(共愛学園前橋国際大学の実践例から学ぶ)
講師・共愛学園前橋国際大学 学長 大森昭生 氏

共愛学園前橋国際大学は県内出身者85%で地元就職率70%と地域で選ばれる大学として発展を続けて来ましたが、4年制大学発足当初は志願者数が減り続け、苦境に立たされ、企業で言えば正に倒産寸前に追い込まれたのです。

その危機的状況から脱する為、教職一体と成った改革に取り組み、V字回復を成し遂げましたが、その過程に於いて、教職員の意識を、大学を、組織を、更には学生をどう変えて来たのか、改革の中心人物である、大森明生氏を迎え、率直な体験談から「企業改革のヒント」を学びます。

以上、レジュメより抜粋。

 

大学教授と言えば、日曜には信州大学のS教授とN教授に御会いし、御話をさせて頂きましたが、著名な教授にも関わらず、生意気な中小企業経営者の私に良くして下さる懐の深さには、感謝の念が止みません。

しかしながら、長年御付き合いをさせて頂いているにも関わらず、一昨日初めて感じた事があるのですが、きっと私の事を人間としてでは無く、小動物を見る様な気持ちで接してくれているのだろうと思った途端、なんだか惨めな気持ちになったのは言うまでもありません。

有効活用

user-pic
0

大凡の人が楽しみにしているGWも、車は渋滞し、何処へ行っても混雑している事を想像するだけで、出掛ける気持が薄れてしまうのは、私くらいかと思われますが、設備産業に関わる取引先の多くの方が、海外出張や生産ラインの改造等で出社を予定されていますので、連休中も御客様の支援を優先する様、心掛けたいと思います。

今週は4月最終週に成りますので、売上げの追い込みと共に、5月の売上げに繋がる活動に勤しむつもりでおりますが、明日は群馬県内の中小企業が集結し、経営の勉強会を行う事に成っており、また28日にも出張予定に成っていますので、経営者の仕事と社員の責任を見極めながら、時間を有効活用したいと思います。

業績

user-pic
0

昨日は早朝に加えて午後も道路清掃に勤しんだ御蔭で筋肉痛に成り、早々に帰宅してしまいましたが、今朝も日曜だと言うのに4時に出社をしていれば、人様から暇人と言われるのも頷ける気がします。

一昨日は要約前期の決算書が出来上がり、今月中には法令に沿って、納税や労働保険の支払いを滞り無く済ませなければ成りませんが、内容的には売上及び経常利益ともに目標に達しなかったものの、社内外に於ける経営分析の結果は、業績上、とても健全な状態でした。

弊社では財務公開をしており、CSR憲章を順守し、コンプライアンスを保つ為にも全ての経費に透明性を持たせ、私的な公費は如何なる場合に於いても支出を禁じ、また備品を購入する際にも社員が選定し、見積もりを取った上で購入する仕組み作りを行い、公平性を重視しています。

また弊社では、社長だからと私費の流用はしていない事を社員にも宣言しており、取引先や社員との会食も自費で行い、御中元や御歳暮等も、一般的な人付き合いの範囲に心掛け、社会通念上の枠を超えた行為を禁じています。

稲盛和夫の「生き方」にも書かれている様に、社会性を重んじ、誰が見ても納得する企業運営に勤しみ、会社の資金が不足すれば財を削り、増えれば社員に分配するのが適当と捉えていますが、しかしながら創業当時から適切だったかと言えばそうでは無く、社員が増えて行く毎に自らの至らなさを痛感し、地に足を着けて経営の勉強をしたいと言う思いから、「社長の学校」で経営の本質を学び、それを機に現在の経営スタイルに及んだ次第です。

 

おまけに松下幸之助さんの御言葉で締めたいと思います。

上司の3つの責任・部下を育てる4つのポイント

上司の3つの責任
①事業目標を達成すること
②人材を育成すること...

③新しい仕事を創造すること

部下を育てる4つのポイント
①部下に尋ねること
②方針を明確に出すこと
③権限を委譲すること
④感動を与えること

現実逃避

user-pic
0

今朝は人通りの少ない内に会社構内外と隣接している道路や歩道の草毟りや草焼きを行い、何度と無く「もう少し」と言い聞かせながらやっていると、2時間以上が経過してしまいましたが、我に返った時には腕がパンパンに張り、更に腰が曲がったまま立てなく成り、普段の運動不足を実感する朝でした。

話は変わり、自らが会社では口煩い社長だと自覚をしており、そんな私に社員が心を拓いてくれる筈も無く、近寄ろうともしませんが、其々の社員には使命を与え、やるべき事を明確に伝えてありますので、私の顔色等は気にせず、其々の使命を遂行して頂ければ、評価に値する制度と成っております。

しかしながら会社と言う場所は、年齢性別、考え方や価値観の異なる人達で構成されている事を認識し、上司や同僚と言った職場の人達と調和する事は、社会人の基本と捉える事が重要です。

またそれらが上手く行っている様に思えても、何年も技術的な進歩が見られなかったり、仕事の処理能力が乏しければ、周囲の目も次第に険しくなり、職場では孤立してしまう事に成り兼ねませんので、自らに都合よく現実逃避を繰り返すのでは無く、また「言いわけは無能の愚痴」と昔から言われている様に、出来ない言い訳を一生懸命に考えるのはなく、社員には使命を遂行する事に注力して欲しいと願っております。

user-pic
0

先日はIoTに関する最新デバイスも拝見しましたが、最近では組込み技術だとかFA等の括りが無くなり、様々なデバイスを如何に使い熟すかが求められる時代なのだと実感すると共に、メカや制御と言った括りに捉われず、新たなモノに興味を持ち、自らの能力を機械学習的に養っていくスキルを纏う事で、エンジニアとしての価値が磨かれて行くものと思われます。

確かに日進月歩進化している科学技術の分野に於いて、デバイスやツールを使い熟して行く事は大変な事かも知れませんが、それはゴールでは無く、目標や目的を達成させる為に必要不可欠なモノとして考えなければいけません。

また各分野の最先端技術に触れる事で感じた事は、その様な研究開発は大学等に任せ、弊社の様な設備メーカーに於いては、それらを如何に応用し、市場に供給出来るかが、企業価値に繋がる事ですので、今後も社員ひとり一人のスペックを高め、錆び着いた考え方を解く様、促していくつもりです。

今朝は10mにも及ぶ生産設備の納品があり、ユニック付きの大型トラックにて搬出をする関係で、午前10時位迄は駐車場にも入れない状況に成りますが、その時間に車での来社を予定されている方は、会社裏側の道路沿い事を御利用下さいます様、御願いします。

最先端技術

user-pic
0

20160420.JPG昨日は早朝から世界の最先端技術に触れて来ましたが、最近のデバイスはパッケージ化されていて、見ただけでは特徴が掴めず、説明を聞いて初めてどんな商品かを知る事が出来ます。

写真は弊社取引先の太陽誘電にて開発された、圧電素子を紹介している所ですが、個人情報を考慮して名前は出せないものの、右端でデバイスの説明をしている金髪の紳士は私の御近所の方で、今迄も諸々の開発実績を御持ちの方です。

今回は太陽誘電が参加しているとは知らずに出掛けたのですが、他にも様々な分野の企業と話をしてみると、私達の様なベンチャー系の中小企業のみならず、大手企業も形振り構わずと言った印象を受けました。

その後も先端技術を見渡した後は、医療介護向けのロボットを拝見させて頂きましたが、現段階では参入企業も絞られ、技術も出尽くした感が否めず、その様な背景には、東北地震以降、補助金を活用して様々な企業が医療介護向けロボットの参入に試みたものの、際立った技術や財力を持った企業だけが残された事と、震災以降に産総研内へ設置された認証機関の認定を得られた企業だけが生き伸びているのが現状で、更に介護業界は資金力に乏しく、幾ら良い商品でも高価では買って貰えず、商品開発後の収益性は見込めない事から、企業も撤退傾向にあるのが実態です。

これを読んで否定的な印象や違和感を抱く方もいる事と思いますが、私自身は震災以降、ロボット業界と医療介護業界、またそれらの業界に向けた商品開発を外郭団体と共に深く関わって来たが故に、様々な角度でそれらの業界を見渡して来た経緯からの観測ですので御了承下さい。

出張

user-pic
0

今日は早々に都内出張と成りますが、取引先の皆様に措かれましては、留守中も遠慮なく、沢山の御注文を御待ちしております。

出張の目的や内容は業務に関する事だったり相手のある事ですので、控える事にして置きますが、御伝え出来る事があれば改めて報告させて頂くのは勿論の事、まずは各分野に於ける世界の最先端技術と触れ合う事の出来る貴重な体験を、弊社の未来に紐付け出来る様、意識を持って望む所存です。

 

昨日は某商社の方の苦しい対応を目の当たりにしまいましたが、技術的な質問に対する回答云々はともかくとして、顧客に質問をされ、その質問に対する答えが導き出せなかった時、その場で如何に相手を当たり障りなく宥められるかは、弊社の全社員が磨かなければいけないヒューマンスキルだと感じた次第です。

話が苦手な人、説明能力の乏しい人、もしそれらに対する苦手意識やコンプレックスがあるのだとしたら、人は其々長所もあれば短所もあると物怖じせず、人を欺かず、誠意をもって、しっかりと相手の目を見ながら話をするだけで・・・

弊社に至っても性格の異なる社員ばかりですが、会社の向かう方向性や理念を共有し、社員同士が協調性を持って企業活動に勤しむ事により、ひとつの考え方に留まらず、沢山の意見や発想が生まれ、広い範囲で会社としての強みに成ると考えていますし、それが社会の中で生きて行くと言う事だと捉えています。

但し言葉の解釈を間違えると収拾が着かなくなるので、そこは制御していくのは勿論の事、これはあくまで弊社の理念や考え方であり、人様の価値観に立ち入る気は無い事を御理解頂けます様、御願いします。

二者択一

user-pic
0

この所の弊社は様々な課題に奮闘しており、メカ系では利に適った設計にも関わらず、市販部品の品質かと思われる問題を経験値で解決させようと試みたり、制御系では急な業務依頼を取引先から頼み込まれる他にも、資材管理では注文に成るか否か解らない段階から、見積もりの時点で大凡の納期も提示しなければいけない等、杓子定規的な応対では何れも成り立たない業務要件が増えています。

また弊社を取巻く産業全体の実態は、安価な受注を繰り返すが故に倒産や廃業を余儀なくされる企業も多く、企業努力の範囲を超えた価格設定をしなければ注文が取れず、その様な価格提示をしてしまえば、次は更なる要求が待ち構えているのが現実で、いつまで経ってもデフレから脱却出来ないのは、中小企業のみならず、大手弱電メーカーに至っても言える事だとしたら、社会的にも必要とされる技術を高め、求められる企業に成る事が、デフレ脱却の条件と捉え、弊社の立ち位置を明確に示す必要性を感じます。

何れの産業に於いても各企業共に潰れるか生き残れるかの二者択一ですので、生き残りのロードマップを経営環境の変化に合わせ、柔軟にシナリオを書き換えられる企業体制が必要なのだとしたら、弊社の様なベンチャー企業では、冒頭で述べた様な、取引先のイレギュラーな要請を如何にコントロール出来るかが、企業価値のひとつと言えるのではないかと捉えています。

何はともあれ昨今では倒産件数が減ったと言いつつも、不都合な隠れ倒産を表面化させない社会の風潮を真摯に受止めた上で、弊社に於ける今後の事業計画を模索して参りたいと思います。

呟き

user-pic
0

まずはJSFより御案内

4月18日(月)~24日(日)の「第57回科学技術週間」に合わせて、科学技術館では2016年4月23日(土)を無料開館日と致します。

 

あと2週間もすると多くの人が待ち侘びたGWが訪れると共に、取引先では海外出張をされる方や設備の改造等で出勤が確定している方も多く見受けられる昨今ですが、国内の設備産業と言えば、連休は設備の搬入や改造が当たり前で、後日代休と言うケースが多かったものの、近年では国内事情に関係なく、海外拠点へ出掛ける方が増加している状況を見る限り、グローバル化した今の設備産業に於いて、日本企業の生き残る術は、やはり技術力や開発力だと感じてしまいます。

 

九州地方で起きている今回の地震により、サプライヤーからの供給が滞り、受給側の工場が操業停止を余儀無くされると言った話題をメディアで見る度に、とても違和感を覚えるのですが、大手企業は仕入れ先に対し、BCPに関する圧力を掛けて置きながら、自らはリスク分散をしていなかったのかと言いたくなる様な事態に、何ともやるせなさと言うか、自己防衛が過ぎるが故に、外注を蔑にして来た付けが象徴されている様に感じるものの、寄らば大樹の陰と言う文化から脱しない限り・・・

user-pic
0

地震の被害が広がり、もしこれが高崎で起きていたらと思うと恐怖と言う言葉の他に値する表現が見つかりませんが、自然の脅威を感じつつ、出来る事と言えば、身の周りで起こらない事を願うのみです。

 そんな中、今日は朝から所用で出掛けて参りますが、早ければ10時半頃には戻れると思いますので、御用の方は連絡をされてからの訪問をお勧めします。

 またこの所は大手企業からの取引条件が複雑化され、以前にも増して受注側の附帯工数が激増し、困惑する事が多々ありますが、これらも各取引先に措ける企業防衛の一環なのかと理解を示しつつも、理不尽な要求をされる際には、大手企業の焦りさえも感じてしまう、今日この頃です。

 

今週は科学技術週間と言う事で、私自身も様々な分野の最高技術に触れる機会を与えられたので出掛けて来ますが、その合間にも日本科学技術振興財団へ伺ったり、主題とされるロボット学会やロボット工業会等の学会にも参加し、サンシステムの未来を構築する為の礎を築いて来る予定です。

 そして相変わらず心身ともに疲労困憊と言った状況は否めないものの、気持ちだけは未来の扉に手を掛けた状態でおりますので、精根尽きる前には何とか夢の扉を抉じ開けたいと思います。

感謝

user-pic
0

今朝は度重なる地震による被災地の映像を見た後に、一流と言われる方々や富裕層の人達が集まり戯れる写真がメールで送られていたので拝見しましたが、何とも表現し難い気持ちの朝を迎えています。

一流と言われたり、富裕層と言われる人達は、被災地の映像を見て何を想い、如何なる行動を起こして下さるのかと羨みながらも、一般庶民の私には、募金をしたり物資や備品を寄付する事しか出来ないのが現状です。

 

昨日はロボットのデモンストレーションに私ではなく弊社のエース2名を動員したのですが、やはり将来を担う人達に道を譲り、エンジニアとしての経験値を高めて頂く事を選択したのは正解と感じつつ、会社に戻って来た2名の報告を聞く限り、行かせて良かったと感じたのは言うまでもありません。

また昨日は別な取引先からの急な依頼で出掛けなければいけなく成り、私の方で対応しようか考えたのも束の間、そちらは「私に行かせて下さい」と申し出た頼もしい社員に委ねる事と成り、私の方は結局の所、見積もりやら取引先の対応やフォークリフトの運転に勤しむ週末と成りました。

 

この所は週末もゆっくり休めていない状況ですので、体調には気を着けながらも何とか連休までは持ち堪えたいと考えた時期もありましたが、楽をしたいとか休みたいとか考えず、一心不乱に働き、それ以上の事があればそれまでと捉える事の方が自然なのではないかと考える様に成りました。

だからと言って悲観的なわけではなく、経営には真摯な態度で望み、自分の生涯を経営と言う仕事に委ね様と言う前向きな考えですので、誤解の無い様にお願いしたいのですが、昨今ではリストラに喘ぐ多くの知人や、震災に見舞われた被災地を見ていると、無我夢中で働く事も悪い事ではなく、むしろ普通に働ける事に喜びを感じたり、感謝するべきではないか感じる今日この頃です。

突風

user-pic
0

熊本地震にて被災された方々に於かれましては、心より御見舞い申し上げます。

今朝は寝起き直後にテレビを着けてみましたが、インタビューに応じた方の「まさか自分が被災者に成るとは考えてもみなかった」と言う言葉を聞く限り、他人事では無く、防災意識の重要性を改めて痛感した次第です。

そんな今朝2時頃の高崎は、かなりの突風が吹き荒れていた為に、会社周辺も何か散乱していないかと心配になり、早々に出社をした次第ですが、普段から台風等を想定していた事もあり、何事も無く、事無きを得たものの、以前は弊社に於いても竜巻の被害に遭い、何事が起きたのかと思わせる様な光景を目にしているだけに、その時の光景が脳裏を霞め、今朝の行動に至った次第です。

しかしながら起床直後に表へ出た時には、立って居られない程の強風でしたので、何かあってから考えるだけでは無く、防災に関する意識や備えは、個人的にも企業としても、普段から考えて置く事は重要な事だと思わせる朝でした。

 

そして今日はロボットのデモンストレーションの為に千葉県千葉市へ出張して来ますが、そんな私を見かねて、昨日の夕方には著名なコンサルタントの方から、こんな事を言われました。

「もっと五十嵐さんは自分の立場を自覚しなさい、あなたは経営環境や将来に向けての土壌を整える事に専念して、社員の人にはいろんな経験をさせて上げたり、人との出会いの場を提供して上げなさい」

またしても的を得たと言うか、頷ける言葉に動揺を隠せず、胸が締め付けられ涙目に成りつつも、毎日の様に自の至らなさを追求されていると・・・

社員募集

user-pic
0

昨日は早朝から会社周辺の清掃をしていると、近隣の方に話し掛けられましたが、やはり客観的に見れば暇人にしか見えないのだろうと、またしても心が呟く朝でした。

そんな昨日は午前中に群馬県産業支援機構へ出掛けると、「ここの職員は皆、五十嵐さんの事を知っていて、ちょっとした有名人ですよ」と持ち上げられましたが、個人的には何も特別な事をしているつもりもなく、「有名に成る理由等は何もありませんし、只々必死なだけですよ」と無愛想に振舞いながら、本題の労務管理やLED補助金、工業用地、人材確保等の幅広い相談をさせて頂いた次第ですが、午後には顧問税理士より決算用の損益計算書と貸借対照表を渡され、それに伴う経営分析表を確認したのですが、業績的には問題は無いものの、労働分配率を見る限り、人手不足が顕著に表れ、最低でも3名は増員し、人員増加に見合った売り上げを図らなければいけない事が明らかに成りました。

当然、現段階に問題があるわけでは無く、より効率良く業務を進め、安定的に売り上げを伸ばす為の手解きですので、焦りはしていないものの、納得の行く結果だけに、頭の痛い課題と言うか、解っていた現実を突き付けられた感は否めません。

そんなわけで、弊社では制御設計やメカ設計、製造技術、生産技術、資材管理等と言った部門に於いて、男女を問わず、志のある社員を緊急募集しております。

足跡

user-pic
0

誰の目にも触れないブログを早朝から書き込んでいると、時々空しく成る事もありますが、入院と遠方での法事以外は略毎日の様に書き続けているわけですから、人様からは暇人と思われても仕方のない事だと自覚しています。

また家では頑固親父、会社では口煩い頑固爺ですので、何処に居ても良く思われる事は無く、社会的にも人間としての特別な価値があるわけでも無い事を踏まえつつ、人として地域社会を底辺から見上げて行きたいと思います。

これを自虐的と言うのであれば、それでも構いませんが、世の中を見下ろすのか、それとも見上げるのか、其々に見え方が違う筈ですので、世の中を上から見た時には上辺だけしか見えないのに対し、世の中を下から見上げた場合には、其れなりの世界が見える筈ですので、その様な立場で物事を見る事によって、弱者に寄り添える何かが、自分にも出来るのでは無いかと言う思想で居ます。

無論、時に上から見渡す事も重要ですし、様々な角度から人や社会を考察するスキルを重視した上での話ですので、世の中を斜陽的に捉えているわけでは無い事を御理解下さい

また立派な人や御金持ちは沢山いる事と思いますが、その様な人達の為よりも、毎日地道に頑張っている普通の人の日常、そして生活弱者や身心障害者の皆さんの役に立てる企業でありたいと考えておりますので、今後は雇用の創出を含め、何かしらの足跡を次世代の方々に継承出来れば幸いです。

自己啓発

user-pic
0

昨日は取引先数社を周り、帰りはかかり付けの医者に寄っての帰宅と成りましたが、逸る気持ちとは裏腹に、やはり体調は万全ではない様ですので、少し穏やかに過ごしたいと思いつつも、社員の体調を気遣ったり、CADの操作修得を自己啓発として促したり、設備立上げの心配等をしながら、売上げや資金計画を図るのは至難の業です。

本来は経営と業務を混同しては、冷静な経営判断が出来ないと言うのが定説ですので、今期からは本腰を入れて事業承継と経営計画の遂行に勤しむ覚悟でおります。

 

昨日は出先で双碗ロボットの紹介をさせて頂きましたが、ロボット安全法に基づく80w規制や協業ロボットと言う位置付と説明をさせて頂く中で、導入検討をしてみたいと言う御客様が多くいらっしゃいました。

どちらかと言うと難易度の高い仕事を求めるよりも、人のやっている単純作業を置き換えると言うコンセプトなので、時と場所を選んでアピールする様にしています。

まあこれでコンベアトラッキングが出来れば最高の商品だと思いますが、残念ながら、今はまだ対応出来て居ないのが現状ですので御了承下さい。

業務

user-pic
0

今朝4時頃の高崎市内は雪雲の様な雲が厚く張巡らされ、強風に寒さを感じる季候ですが、寒暖の差が激しい季節は体調管理にも気を着けたいものですね。

昨日は出社後早々に社内外の清掃やら御花見の後片付けを行い業務に着いたものの、何から手を着けようかと思案する頭の痛い日曜と成りましたが、今週は装置の納品や技術的な課題を克服しなければいけない装置の立上等がある他にも、私の方は双碗ロボットの御披露目会や産業支援機構に出掛けたりと、多忙な週と成りそうですので、木を見て森を見ない等と言う事の無い様に、業務はあくまで社員に任せ、自らは経営環境の構築に努めて参りたいと思います。

 

先日はコンベアトラッキングについて触れましたが、3Dビジョンを使ったピッキングに関しても来年末には今の2Dと同レベルまでの精度を確立する筈ですので、こちらも慌てずに機が熟すのを待つ事を御勧めすると同時に、ここ数年は無類の技術や商品、あるいは無類のサービスに繋がるモノではない限り、モノやシステム等は既存の市販品を使い熟す事に労力を費やした方が良いと感じる事が多く、その様な事の無い様に弊社の向かうべき方向性も社員へは明確にしておく必要性を強く感じています。

またそれらの経験値を高める事により、今迄見えていなかった何かが見えて来る筈ですので、弊社に於いては何処でも出来る物を安価に提供する事に努力するのでは無く、また全くの無理難題と向き合うのでも無く、少し背伸びをすれば手の届く技術を追求しつつ、市場と向き合う考えでおります。

何れにせよ様々な技術で溢れている中に於いて、市場が求めている技術があればパッケージ化された商品が出回る時代ですので、急いで使い勝手の悪いシステムを導入する事だけは避けた方が望ましいと感じる昨今です。

日曜出勤

user-pic
0

20160410.JPG今朝は6時頃から赤城南面千本桜を観に出掛けて来ましたが、見頃には早いかと思いきや、並木道を彩る満開の桜は圧巻でした。

昼間や夜間は渋滞が激しく混雑していると聞いていたので、早朝から妻の運転する車で出掛けて来ましたが、私が到着した頃には既に大勢の人がいたり、帰る頃には渋滞も始まっている状況でしたので、混雑すると言うのも頷けると共に、来て良かったと感じられた非日常的な光景でした。

帰りは一度寄ってみたいと思っていた、前橋にあるコメダ珈琲に立寄り、モーニングセットを食した後の出社と成りましたが、桜は今日が見頃かと思われますので、皆さんも是非一度、千本桜を散策して見ては如何でしょうか。

 

昨日は予定通り、会社の御花見を盛況且つ盛大に行われ、弊社親睦会理事長より乾杯の御発声に始まり、親睦会副理事長による挨拶で締める事が出来ましたが、社員全員参加で盛り上がる様子は、言葉に出来ない感動がありますので、今後も親睦会の活動は継続するべきと捉えています。

 

そんな様々な事がありつつも、私の仕事は山積したままですので、今日の夕方までには、その山積した業務を熟したいと思いますが、タイトルには日曜出勤と掲げてみたものの、よく考えてみると、入院か遠方での法事以外は、ここ何年も休んでいないのが実態でした。

親睦

user-pic
0

予定通り、社員の親睦と慰労を兼ねて、会社の御花見を行いますので、昼からは業務が滞ります事を御了承下さい。

ついこの前までは、「生まれて来なければ良かった」と心で呟く毎日でしたが、そんなコンプレックスの塊の様な私も、昨日は「こんな自分でも人の為に成っているのかな」と感じられる出来事があり、「頼りにしてくれている人の為にも、頑張って生きて行かなければいけない」と考えられる様に成りました。

経営者である以上、悲観的な事は言うべきではないと、コンサルタントや周囲の経営者からは言われますが、生きて居れば嬉しい事や幸せを感じられる時間だけでは無く、辛い事や悲しい事、逃げ出したい位に苦しい事もある筈ですので、私はそうは思いませんし、間違った考え方をしているつもりも無く、これからも自分らしさを大切にしていくつもりです。

そして社員も同様に、其々の個性を尊重しながらも、社員同士が協調性を重んじ、全員が蟠り無く連携を図り、その上で思う存分に長所を生かして頂きたいと考えていますので、取引先の皆様に措かれましては、そんな愛おしき社員一同を、どうか宜しくお願いします。

 

 

 

昨日は消防法に基づく監査を行いましたが、今回も消防署への提出書類を検査業者に依頼をし、第三者の監査を必要とするのは手間暇の問題なので良いとしても、それなりの費用が掛かる他にも、この時期は企業にとっては何かと出費の多い季節でして、消費税に労働保険、法人税に事業税、それに固定資産税の支払いに加えて、来期の予定納税も直ぐに始まりますので、キャッシュワークをメインとした、資金計画は予断を許しません。

また労務管理に関する事や社員に対する交通安全指導等、中小企業の経営者は課題満載ですので、ひと時も気が抜けず、目が覚めたら寝るまでが就業時間と言った感じでしょうか。

 

先日は設備案件の引合いを頂く中で、コンベアトラッキングを使用した設備を導入したいと言う御話を頂いたものの、御客様が指定のロボットはトラッキングのアプリケーションに対応していなかった事から、余計な事は口にせず、止むを得ず言葉を濁して来ましたが、その御客様も含め、今時は簡単に設定が出来るアプリケーションが増えているとは言え、ロボットとの相性により位置精度が安定しない場合が多く、これらが改善され、技術的に安定するのは恐らく来年に成るだろうと見ております。 

また昨今のデバイスや各モジュールの進化は凄まじいと感じるものの、富士通で開発した半導体等も要約トラッキング精度が向上して来たと言うアナウンスを聞く限り、これらの要素技術を商品としての完成度に導くには、もう少し時間を要すると言う現実を踏まえると、恐らく次回のロボット展では、ロボットメーカー各社が挙ってコンベアトラッキングとロボットを組合せたシステムを、安価で販売して来る筈ですので、私個人的には機が熟すのを待たれた方がよいのではないかと思います。

無論、早々に技術を構築したいと言う意見もあろうかと思いますが、自分達の目指す結果と商品がマッチしていればともかく、もしそうで無い場合には、市販のコンベアトラッキングに対し、システムインテグレータが手出し出来る要素は無く、トラブルがあってもパッケージング化されている為に何も出来ないのが現実ですので、「買ってみたけど上手く行かない」と言う事の無い様に、もう少しの間、安価で高性能且つ使い勝手の良い商品を待つのも悪くはないかと思いますが如何でしょうか。

 

ここ数日は少々熱っぽい症状から抜け出せませんが、花粉症の症状なのか更年期なのか、定かではありません。

課題

user-pic
0

昨日は茨城県土浦市の某大手企業へ出掛けて来ましたが、なかなか群馬県内では見られない規模の工場に驚きながらも、2時間程の打合せを取らせて頂き、その後も遠方まで出掛けるにあたり、帰路の途中にある取引先2社を訪問をしながら高崎に着いた時には疲労困憊と言った状況でしたが、私は出掛けると余程の事が無いと休憩をしない性格なので、それも疲労の原因なのかも知れませんね。

また昨日は交通安全週間初日と言う事もあり、往復路の各所でセレモニーや交通安全のパンフレットを配布していましたが、自らも安全運転に心掛けたいと思います。

 

弊社はFAと言われる生産設備の設計制作をしており、それには省力機械や自動機、検査機等が含まれますが、業界全体の歴史や現状を見渡すと、関東や近県では長野県諏訪地域を中心とした企業の技術力やコストパフォーマンスに、他県の企業は追従出来ないとされて来たものの、その地域の現状は、中堅企業も含めて倒産や廃業される中小企業が後を絶たず、残された企業も「今迄の価格ではやっていけない」と言いながらも、「販価を上げれば仕事が減るのではなく、無くなる」と言う現状の話を聞かされた他にも、新潟県長岡地域周辺でも同様の事が起きているそうです。

一体何が起きているのか、何故そうなってしまったのかを知らずして、弊社の発展は無いと感じていますので、何かのせいにするのでは無く、経営環境に順応する事も企業存続の課題と捉え、しっかりと原因を学ぶつもりでおります。

 

今日は消防法に基づき、社内の点検等が行われますが、法令や行政関係の業務は企業規模に関わらず、実施や届出の義務がある事を踏まえると、中小企業経営者は幅広い知識と行動力が求められる職業だと、あらためて感じる次第です。

またこの所は社員や家族、そして私の拙いブログを御覧頂いている皆様の御蔭で、退院後は何とか健康を維持しており、以前の様に3時半頃には起床出来る様に成りましたので、取引先の早朝残業にも対応出来る状態にありますが、心の健康を取り戻すには、しばらく時間を要する事と思いますので御了承下さい。

 

意識

user-pic
0

今日は川崎重工業ロボットビジネスセンターのコアパートナーとしての立場で、茨城県土浦市にあります某大手企業様へ出掛けて参ります。

また川崎重工業の双碗ロボット「デュアロ」は、先日の日本経済新聞でもレンタル開始が紹介されていましたが、産業用ロボットのレンタルは国内市場初と言う事ですので、高額投資は出来ないと言う中小企業等でも、導入し易くなるのではないかと期待をしております。

導入される企業が増えれば、弊社にとってもハンドの設計制作や制御の仕事も増えて来ますので期待をしたい所ですが、それよりも最も大切な事は、より多くの県内企業様に御利用頂く事で、「群馬県の中小企業は自動化やハイテク化が進んでいる」と他県から言われる事と思いますので、地場産業全体が自動化に向けての意識を共有し、その成果物として、全国からの県内受注を取込めるのではないかと言う思想でおります。

またその事により地域の連携や、各企業が切磋琢磨出来る土壌が築けると共に、更なる地元に発展に繋がるのではないでしょうか。

勿論の事、伝統や文化を継承しながらも、兼ね備えた高いレベルの技術を活かす為には、ハイテクの融合は今後の地場産業の発展に欠かせないものと感じていますが、しかしながら自動化を進めたくてもコストダウンの行き過ぎで投資出来ないと言う中小企業の実情も、各社の現実と受け止めています。

その様な考えの基に、ここ数年は県内の中小企業へ出向き、構想や概略の予算等の相談に応えて来ましたが、昨今、私の行って来た活動は前述の一環であり、単なる弊社の営業活動だけでは無い事を理解して頂ければ幸いです。

注意

user-pic
0

先月末から弊社1階工場内で機械の調整作業やデバッグを行っている為、正面にあります工場入口の閉鎖をさせて頂いておりますが、御用の方は建屋東口の通用口から入場頂けます様、御願いします。

御面倒を御掛けしますが、御理解と御協力を御願いします。

 

この所の社内は年度末と新年度を挟み落ち着き過ぎている感があるものの、私自身は多忙極まりない状況にあります。

思い起こせば昨年秋頃からはマイナンバーの対応に追われ、年末年始は例年通り忙しく、年明け早々には入院をしてしまい、退院したかと思えば直ぐに決算が待ち構えており、それが終わると同時に労働基準監督署に提出する資料や就業規則改訂届等の作成に勤しみ、今現在も営業の傍ら、様々な課題を抱えた状況にあります。

また今日も取引先へ出掛けると、夕方には商社の方やロボットメーカーの方々に御越し頂き、打合せの予定が入っている他にも、明日明後日は私の方で幾つかの企業へ出向き、ロボットのプレゼンを行う予定と成っておりますが、御注文に関しましては、弊社の優秀な社員が対応致しますので、遠慮なく沢山の御注文を御待ちしております。

 

昨日は弊社の社員に掛かって来る迷惑電話に関する対処方法を検討しましたので、会話を録音する他にも、専門のコンサルタントや弁護士等の法律相談所に加えて、警察のアドバイスも交えて参りたいと思いますが、今後のネットビジネスを考えた場合には、ITに関するリスクアセスメントや様々な対処法も、専門家を通じて取り組んで行く必要性を、強く感じた次第です。

FA

user-pic
0

昨日は桜を見に前橋敷島公園を散策し、その後は幸の池を通り抜けて来ましたが、敷島公園の桜は本当に綺麗で清々しい気持ちに成り、出掛けた甲斐があったと余韻に浸りながら、近隣の幸の池へ出掛けて見ると、夏場の海水浴場の如く人が密集しており、飲食を楽しんでいる方が多く見受けられた事もあり、桜を楽しむ状況ではないと判断し、群馬県庁まで行ったにも関わらず、引き返してしまいました。

桜に浮れて騒ぐのも良いですが、ゆっくりと桜並木を散策し、桜を観賞しながら季節を楽しむのも良いものだと感じた週末でした。

その後は会社に戻り、片付けだけして帰ろうと思いきや、その数時間の留守中にも沢山のメールを頂いており、普段と変わらぬ業務が待ち受けて居ましたが、設備構築の為に海外出張をされている方々は、休みも無く働いているようですので、私達が設計や製作をして納めた機械を、海外で起ち上げて下さっている方々の為にも、フォローアップを惜しまず、少しでも役に立てれば光栄です。

 

今日は社員3名が取引先の工場に7時入りの予定で出掛けていますが、設備産業と言えば日曜祝日や長期連休に加えて、夜間に設備の改造や機械の入替えを行う事等は日常的な事ですので、3名には何とかミッションを遂行して貰える様に祈りつつ、私自身も以前は取引先の方と深夜まで設備を起ち上げたり、2日くらいの徹夜は当たり前に熟していた時分を思い出しながらも、FA業界の変遷を回想する朝でした。

法則

user-pic
0

20160402.JPG写真は高崎公園正門入口の様子ですが、薄曇りで夕方近くだった事もあり鮮明な画像ではないものの、奥の方ではシートを敷いて御花見をされている方や屋台が軒を連ねていました。

昨日の高崎市内は渋滞が激しく、それだけでは無く市役所の駐車場内も混み合い散々な目に合いましたが、園内を散策したり、桜大橋を渡り観音山方面の綺麗な風景を眺められた御蔭で、だいぶリフレッシュをする事が出来ました。

その高崎公園を後にして、そのまま敷島公園や県庁の展望台から幸の池公園を眺望しようと思ってはいたものの、道路は相変わらず渋滞が解消されておらず、車中で気持ちも萎えてしまった為に、取りやめてしまいましたので、今日は要件が済み次第、改めて出掛けて来ようと思います。

 

御釈迦に説法かも知れませんが、ドラッカーの優先順位の法則は御存知でしょうか。

1、過去では無くて未来を選べ

2、問題では無く機会に焦点を合わせよ

3、横並びでは無く独自に方向性を決めよ

4、無何で容易なものでは無く、変化を齎すものに照準を高く合わせよ

忙しさに感け、やらされてる感や悲壮感を抱くか、それとも上記をイメージした行動を取り、人として仕事を楽しむ事が出来るか否か、何れにせよ、それを決めるのは自分です・・・

まあ60歳に近い私のミッションは、既に後輩を育てる等の別なステージに位置しているので、同じ文章を目にしても、世代によっても捉え方は其々かも知れませんね。

喜怒哀楽

user-pic
0

昨日は人間の心の裏側を垣間見る事により、良い勉強をさせて頂きました。

社会には2通りの人間が存在し、勉強や仕事が出来るとか、健常者か障害者か否かに関わらず、自分に求められている事は何なのかを、自らが考えて行動に移せる人と、聞いていないとか忘れた等と、常に言いわけを探す事に労力を費やすタイプがいる様です。

そして前者は周囲とコミュニケーションを図り、自らの置かれている立場を情報収集により察しようとする能力を持ち、後者は単に前者をを振り回すタイプだと諭す事が出来ましたが、キャリアコンサルタントの勉強をしたとは言え、まだまだ自らの勉強が足りない事や、キャリアを経験値として生かさなければ成らない事を痛感しました。

しかしながら、困っている人を助け様と手を差し伸べたり、チャンスを与えたり、そしてその御膳立てをして上げたにも関わらず、人の厚意を見て見ぬ振りをしたり、差し伸べた手を振り払う様な人の行為を受けてしまうと、善意が其の人の迷惑に成る事もあるのか、また人を成長させよう等と言う押し付けがましい事は考えず、あくまでもその人の自主性に任せ、努力をしたくない人に対しては、徐々に世間から弾かれていく様子や、堕落して行く様を見守って上げた方が人の為なのか、何れにせよ私が人にして上げられる事にも限界があると感じた次第です。 

 

「ヒトの脳は何故成果主義を拒否するのか」と言う本の文章にて締め括ります。

「出来る」と確信すれば、脳はそれを実現する為に最大限のアウトプットを行おうとしますが、逆に「出来ない」と思えば、脳は優秀なメカニズムを動員し、出来ない理由を一生懸命に考え始めます・・・

電話対応

user-pic
0

最近は定時後の残業では無く、早朝残業を導入している取引先がある事から、朝5時頃からの電話も希にあるのですが、昨日も朝の7時過ぎに電話応対に追われるものの、早朝は私1人しかおらず、ひとつの電話に出ていると、別の電話が鳴っても応対出来ない状態にある為、早朝残業を導入されている取引先の皆様に措かれましては、御理解賜りたく御願いします。

そして昨日も同様に、御客様と電話で話をしている最中にも、何度か電話が鳴っては切れると言った状況が続きましたが、流石に早朝5時頃の電話は何事かと思ってしまうのは私だけでしょうか。

 

今日は社員の慰労と懇親会の意味も含めて御花見の予定でしたが、参加出来そうに無い社員も見受けられた為、急遽9日(土)の12時からに変更と成りました。

残念ながら桜は見られないかも知れませんが、社員全員に参加して貰い、親睦を深められる方を優先したいと思いますので、当日は午後から業務が滞る事を御容赦頂きたく御願いします。

このアーカイブについて

このページには、2016年4月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2016年3月です。

次のアーカイブは2016年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。