2017年6月アーカイブ

予定

user-pic
0

予定通りに環境カウンセラーの片亀光さんと面談をして来ましたが、流石に著名人だけあって、説明とアドバイスは明解且つ的確でした。

冒頭から「本当に何も知らない状態ですので気分を害されるかも知れませんが御容赦下さい」、「しかしながらそんな状態だからこそ、今日は恥を承知で伺いました」と他にも幾つか言葉を並べた事と思いますが、自らの羞恥心に怯えるが故に舞い上がっていたせいか、他に何を発したかは良く覚えていません。

その様な私の心情を察してか、その後はイライラした様子を微塵も感じさせず、虎視眈々と順序立てて話をして下さり、様々な助言を頂いた御蔭で今後の弊社が歩むべき道筋が明らかに成りましたので、直ぐにでも社員全員で取り組み、持続可能な企業経営に勤しんで参りたいと考えております。

 そして夜には管理監督者向けのセミナーへ参加をしたものの、この2週間程の間に躰を蝕んでいる病の症状に見廻れた為、無理せず座学が終わるのを待ち、実技に移ろうとしたタイミングで退席させて頂いた次第です。

 

そんな事がありつつ今朝は8時頃から東京都八王子市から埼玉県久喜市迄を周回して参りますので、かなり忙しい時間を過ごす事に成ろうかと思いますが、自家用車での移動と成りますので、くれぐれも安全運転に努めたいと思います。

著名人

user-pic
0

今日の午前は環境カウンセラーの片亀光さんとの面談が控えており、夜には管理監督者向けの研修会へ参加をし、会社に戻れるのは21時30分頃に成ろうかと思いますが、明日は朝から東京都八王子市にあります、コニカミノルタ技術開発センターへ打合せに出掛け、その後も夕方からは病院へ検査の予約をしてある為に3時間程の私用外出をさせて頂き、会社への戻りは20時頃を予定しております。

ひょんな事から著名人との面談に至りましたが、経緯は私がカウンセラーを探している旨を、群馬県産業支援機構の外部職員でもあり、弊社の労務管理に際する監査を依頼している方に相談をしたところ、その様な事に成った次第です。

意図せずして有名な方とのコラボに何だか物怖じしてしまいますが、目的は御会いする事ではなく、群馬環境GSや新エコアクション21の認証取得に向けたカウンセリングに成りますので、しっかりとした今後の道筋を導き出すつもりで望みたいと思います。

そして夜にはNs Peducationの高屋敷奈央氏を講師に迎え「誰も教えてくれなかった社員面談のやり方(たった8つの質問で社員の本音もやる気も引き出す)」と題した研修会に参加をしますが、昨日も社内で溢してしまった様に、今迄も沢山の研修に参加させて頂いて来た社長の私が出向くのではなく、弊社の管理職に委ねるべきかと考えながらも、弊社の様な技術系企業ではプレーイングマネージャー制を採用している企業が殆どである事から・・・

長文に尽き割愛させて頂きますが、何はともあれ何となく時間だけが過ぎて行ったと言う事の無い様に、気を着けたいと思います。

説明会

user-pic
0

20170628.JPG

グリーンドーム前橋、高崎ポリテックセンター、高崎産業技術専門校の其々で開催される合同求人説明会に参加出来る運びと成りました。

ここ数日は其々のイベントに向けて要求されている資料作りに奮闘しながらも、その苦労が報われるべく、良い御縁に恵まれます事を切に願っております。

そして上記の写真は労働基準監督署により受理された就業規則と各規定に成りますが、労働法は略毎年の様に改訂されています事や様式第9号第17条関係の届出は毎年提出しければいけない事を踏まえて、これから企業訪問をされる皆様に措かれましては、入社前には各社内規定が労働基準監督署へ届出が成されているか否かを確認して頂く為にも、これから開催される求人説明会では、弊社に於けるそれらの書類を持参の上で望みたいと思います。

導入

user-pic
0

20170626.jpg経済産業省主催の「新エコアクション21導入セミナー」を受講して参りました。

ちなみに写真にある緑色の作業着を着た後姿は、高崎市内にあるY製作所のT課長で、若干30歳半ばの方ですが、今迄も幾度となく様々な研修会等で御一緒した事もあり、受講後には私の方から声を掛けたところ、今では品質管理と環境管理責任者を任されていると言った近況を、生き生きとした笑顔で話してくれました。

その場ではY製作所の人財が育っている様子に関心しながらも、帰りの車中では自社に置き換えて考えてしまい、社員にとって良かれと思っている自らの厚意が、逆に社員の成長やPDCAの循環を抑制してしまっているのではないかと反省をしつつ・・・

肝心なセミナーの内容に関しては、導入セミナーと題しているにも関わらず、参加企業120社程の半数以上が既に認証取得済みだった事から、「新規の導入セミナーに何故取得済みの企業が参加しているのか」と疑念を抱いていると、やはり後半は認証取得済み企業の御悩み相談会と成り、新規の導入手順や申請先の紹介等がされる事無く終了してしまい、直ぐにでも認証取得に向けた取組みを考えていた弊社にとっては、さてどうしたものかと言った様相です。

一週間

user-pic
0

この週末は群馬産業技術センターにて開催されていた、「からくり工夫展」へ出掛けられた方も多いのではないかと思いますが、この所は企業の実践的なカラクリに着目しながらも、学生の提案には奇抜さが足りない様に感じるものの、これはあくまで個人的な感想なので、悪しからず御了承下さい。

それはさて置き、今週は公私共に何かと気忙しく、今日から「新・エコアクション21 導入セミナー」や「経営研究会」が控えており、業務関連でも各取引先との打合せが予定されており、また急な要件に対応する事も十分に考えられますので、私の方は殆ど会社不在に成ります事を御了承下さい。

まあ社長が社内に居ないと成立しない会社と言うのは聞いた事がありませんし、それでは各職場が全く機能していない事に成りますので・・・

基軸

user-pic
0

ここ数日は過激な書込みが続いていましたが、幾ら事実だとは言え、ブログの記事には配慮が必要と反省をしております。

ここ数年は会社の組織運営に関する悩みが絶えず、今迄も様々な研修や講習に参加して来たものの、著名なコンサルタントや様々な団体が提唱する内容に疑念を抱き、何となく釈然とせず、しっくり来ない所があったのですが、ここしばらくの間にヒントと成る出来事が有り、先の見えない暗闇の向こうに、薄らと光が燈った状態に至りました。

弊社の仕事は少し教えただけで卒なく熟せると言う事は皆無であり、何れの業務も知識と経験が成せる内容の仕事に成ります。

その様な弊社では、特異希な才能を持つ社員も居れば社外の人達との折衝に長けている社員など、様々なスペシャリストが混在しており、その様な人達を他社と同様の括りで縛り着ける事が果たして良いのだろうか、一般的に良しとされる事が弊社にとっても良い事なのだろうかと疑念を抱えていたのですが、沢山の学びを通し、悩み考え抜いた結果がまとまり掛けた次第です。

例えば某大手外資系企業の様に現場は全て社員に任せ、新入社員の面談さえも現場で働く全ての人が「一緒に頑張れそう」と成らなければ採用しないとか、某中堅電気部品メーカーの様に社内に於ける報告連絡相談は禁止で責任の所在は全て担当者任せで、更には面接や試験は無く、入社したい者は全て採用し、駄目なら辞めて貰うと言った企業を見ても、何れの企業も誰もが御存知の有名企業であり、其々が企業としての成功を納めている会社である事から、誰もが良しとされる事が自社にとって本当に良い事なのか・・

またしても長文に付き割愛させて頂きますが、興味が御有りの方は「社長の学校」で学ぶ事を御勧めするとして、自らも其処での学びを基軸とし、自社に於けるより良い経営環境の構築に努めて参りたいと思います。

リニューアル

user-pic
0

御客様からの無理難題にも気丈に立ち向かい、この数ヵ月は英文の取説を解読したり、メーカーのエンジニアでさえも成せないインターフェースを可能にしたり、電気的なノイズを抑制した上で解析ソフトを自作したりと全てを自力で熟し、如何なるエンジニアでさえも成す術の無い偉業を、弊社の社員が実現してくれました。

とんでもない失態を目の当たりにした時に、人は希に「やってくれたな」と言う言葉を発したりするものですが、今回は逆の意味で良くやってくれました。

とかく「無理です」「出来ません」「解りません」「教わっていません」と連呼する事を自己主張と捉え、それこそが正義とばかりに責任逃れや仕事放棄をされている方も少なくないのではないかと思いますが、エンジニアとは開発者でもあり、出来ない事を出来る様にしたり、解らない事を解る様にしたり、教わっていない事は調べると言った日常が私達の仕事でもあり、時に不可能を可能にし、それが偶然ではなく必然的に可能に成った事を説明出来る所迄が私達の仕事であり、世の中に無いモノを生出す側の人間として、そして誰にでも出来る仕事ではない事にプライドを感じつつ、エンジニアのみならず社会人たるや・・・

あまり熱く語り過ぎるのもなんですので侯爵は控えておくとして、古臭い考えと言われるかも知れませんが、資源に乏しい自国に於いては、「日本は原材料を輸入し、それを加工したモノを諸外国へ輸出をする事で国益を得ている国」と言う基本原則に立ち返り、リニューアルした「モノ作り大国日本」の復活を適えたいものです。

市場

user-pic
0

昨日は6時半頃から出張へ出掛け、早々に会社へ戻るつもりでいたものの、電車の遅延から会社に到着したのは3時半頃に成ってしまい、取引先の皆様へ御不便を御掛けする事態に陥り、御詫びのメールや電話をしまくった次第ですが、出張先では書込みの出来ない様な事が沢山起こり、やはり人の言葉を卯のみにせず、自分の経験から成る直感を元に市場と向き合うべきと改めて感じると同時に、それが正しい考えである事を実感した出張と成りました。

 

最近は中小企業やベンチャー企業が扱う様な商品を大手企業が手掛け、次々に市場へ投入して来る有様に脅威を感じていますが、ドーグと組んだ日本電産の商品も然る事ながら、オムロンのモバイルロボット等も吝かではありません。

ソフトバンクがペッパーを発売したのと同時に、あらゆる機関がヒューマノイド型ロボットの開発を中止した様に、モノが溢れ還っている今の時代には、他社と技術を競うよりも、今あるモノや既存の要素技術を組合せる事により、市場性のある商品を生出す事の方が、収益性は担保されるのではないかと考えられます。

実際に今現在も社会に出回っている商品や注目されている商品群を見渡しても、その様な現実を伺い知る事が出来ると同時に、個人的には大手企業の効率的な開発手法に着目しており、ベンチャー企業からコア技術だけを吸い上げ・・・

物議を呼びそうなコメントは控えるとして、技術の進化が凄まじく、それ故に個々の商品サイクルが短く、価値あるモノでも直ぐに安価を強いられると言った目まぐるしい市場の様相に恐怖感さえも抱きつつ、それはモノでは無く企業に置き換えた場合でも同様に、価値ある企業が明日も同じ付加価値を保てるかと言えばそうではない社会の実態に、自社の立ち位置を何処に置くべきか、経営者にとっては判断が難しい時代に成ったものだと感じています。

セミナー

user-pic
0

弊社が登録をしてあります次世代産業推進会議ロボット産業部会より案内を頂き、群馬県産業経済部次世代産業課次世代産業推進係主催「センサー技術最新動向セミナー・人とロボットを協調させるセンサー技術について」の参加申し込みを行いました。

 

以下案内文

2035年には9.7兆円市場に成長すると言われているロボット産業。
経済産業省は、ロボットを「センサー、知能・制御系、駆動系の3つの技術要素を有する機械システム」と定義しており、製造業で導入されている産業用ロボットから自動掃除機など生活支援の為のサービスロボット迄、様々なモノがあります。近年では、人が運転に関与しない車、ロボットカーの開発競争が激化しています。
そこで群馬県では県内企業によるロボット産業への新規参入やセンサー技術の強化を図る為、最新動向セミナーを開催します。

 

次第の内容は省略しておきますが、未来に向けての学びと同時に、ビジネスのヒントを得て参りたいと言った逸る気持ちを抑えつつ自は経営に特化し、社員へ学びの場を提供する側の立場である事を自覚し、私の名前で登録はしたものの、当日の参加は社員へ委ねたいと考えております。

労使見解

user-pic
0

昨日は弊社のH君と埼玉県春日部市にある某企業様にてセッションを行い、その後は1人で同県岩槻区と大宮区にある取引先を訪問して来ましたが、電車の乗り継ぎ時間が短く、各駅を縦横無尽に走り周った次第です。

そんな昨日は取引先の対応はH君に委ね、余計な口出しはせず、あくまでフォロー役に徹するつもりでセッションに望みましたが、結果的には案ずる程の事も無く、穏やかな時間と共に事が済んでしまいました。

行きの車中では彼と日常的な話をする事が出来ましたが、社員の意見を聞く事で、其々に会社の事を考えてくれている事に気付かされ、「会社を良くしたい」と言う気持ちが強烈に感じられた事もあり、今後の企業としての取組、組織の有り方、社内に於ける役割分担の明確化等々、細部に渡り見直して参りたいと考えております。

 

愚痴ばかりが先行し、改善策を考えられない人

自我ばかりを押し通す人、もしくは自己都合ばかりが先行する人

協調性の無い人

何事もマイペースな人

もし皆さんの会社に其の様な人達が居たとしたならば、其々の個性を生かしながら、職場の人達を1枚岩にまとめるのは誰なのか、またどうすべきか

 

これはリーダー研修で頻繁に言われている事であり、弊社の社員も研修時に耳にした事のある文言に成りますが、文中の誰なのかはさておき、これを基として、私自身の個人的な思想を自社に反映させる事無く何が正しい事なのかを見極める為にも、改めて「中小企業に於ける労使関係の見解」を読み返した上で・・・

長文に成りそうなので割愛させて頂きますが、何はともあれ、自らは今後も「人を生かす経営」に拘って参りたいと思います。

方針

user-pic
0

弊社でも御多分に漏れず、昨日から暫定基礎届の書類作成が始まりましたが、経営者でありながらも総務と経理の責任者であり、更には営業と雑務も兼務しているが故に、この所は何かと気苦労の多い毎日を過ごしております。

そんな昨日は今迄に経験した事の無い症状に躰が蝕まれていた事もあり、6時半頃に上がらせて頂き、急いで病院へ出掛けたところ、余りの人の多さに受付を締め切ったと言う事で診察はして貰えなかったものの、今朝は症状も緩和された様なので、しばらく様子を見ようと思います。

 

話は変わり、しっかりとした仕様書や要件書等を基に設計していた時代も終わり、この場では言い難い時代に成ったと実感する昨今、今後は技術力の乏しい企業は衰退し、技術力のある企業に利益が集中するのではないかと感じていますが、また近年では要素技術開発さえも委託される機会が多く、広く浅くと言った技術や知識では生き残りの難しい時代に入った事を実感しつつ、その様な市場の様相に対応していくには、ベンチャー企業にとって過去の成功体験は要らぬ産物と捉え、「今迄これでやって来た」と言うワードは通用せず、常に経営環境の変化に順応出来る企業であり続けるべきと受け止めております。

敬意

user-pic
0

先日はダイソーの創業者である現社長がテレビの某番組で、「無理に会社の規模を大きくするつもりはなく、倒産しない会社にしたいだけなんです」と涙ながらに語っていましたが、烏滸がましくも、それは企業にとって最も大変な事を私自身も認識しているだけに、其の為に何をしなければいけないかと考えて居たら今の規模に成ったと話されていたのが印象的でした。

一般的にマネジメントではピータードラッカー氏、経営では松下幸之助氏、本田宗一郎氏、稲盛和夫氏等がカリスマ的な存在と言われており、例外なく私自身も先人達を崇め、各人が書かれた本を何冊も読み返し、自社の経営の参考にしながらも、個人的には類い希な経営者として、大創産業の矢野博丈氏、未来工業の山田昭男氏をリスペクトしておりますが、それ以上のコメントは物議を醸し出さない為にも、この場で語り尽くすのは控えて置きたいと思います。

緩さ

user-pic
0

今迄も弊社の作業環境が緩い事は何度か御伝えしたかと思いますが、その理由に関しては、開発や設計と言う仕事は全体の構想から始まり、悩み考え抜いた先に発想が湧き上るものであり、強いて言えば機械設計や制御設計と言う業務は一定の時間を満たせば必ず成果に繋がるものではなく、知識と経験から成る直観こそが重要な仕事である事から、厳しい中にも緩さを残しているのが弊社の実態です。

また御客様は私達の考えている時間に御金を投資して下さるのではなく、厭くまで知識と経験に御金を投じて下さる事を考えた場合には・・・

その事の善悪は私自身の頭の中で常に蠢いてはいるものの、今の規模で製造と設計を分けて考える事も釈然としない所があり、社内外からも緩いと言う声が上がっている事は承知をしつつ現在に至っており、不適切と思われる行動を見掛けた際には個別に指摘をしたり、言わないまでも如何なものかと思う事も時折ありますが、今の所は社員も一定のモラルを守りながら活躍してくれているので、今しばらくは様子を見ようと考えております。

土曜

user-pic
0

今日は土曜日で会社も休みだと言うのに3時半頃には起床し、自宅での朝活を終えると4時過ぎには出社をし、社内外を1時間近く清掃したりしているのは自分位なものかと思いますが、容姿は何処にでも居そうな普通の叔父さんでも、その実態は何処を探してもいないであろう、唯一無二のメカトロニクスクリエーターだと感じております。

その様な行動パターンは休日だけではなく平日も同様な事から、平日で気温が高い日等には運動着で出社をし、会社での朝活後に着替える事もあり、先日も早々に出社をし、社用車に積んで置いた資源ゴミを子供会へ寄付をしに出掛け、6時過ぎだったかと思いますが会社に戻ると早朝出社のKさんに其の姿を見られてしまうと言った場面もありましたが、なるべく7時前には仕事着に着替える様にしておりますので、社員の皆さんには多めに見て頂ければ幸いです。

そんな事もありつつ、来週からは立て続けに、セミナーや講習会等の他にも、川崎重工業のロボットシステムパートナーによる合同研修会等や弊社の出張展示会等が予定されている為、今日は忙しさに感けて経営が疎かに成らぬ様に・・・

イベント情報

user-pic
0

グリーンドーム前橋で開催される合同求人説明会に続き、通称「ポリテクセンター群馬」、正式名称「群馬職業能力開発推進センター」内で開催される合同求人説明会に参加の申込みをしましたが、こちらも先日同様、良縁に繋がる事を期待しております。

 合わせて、群馬県、群馬県次世代産業振興戦略会議、群馬県公益財団法人群馬県産業支援機構、特定非営利活動法人北関東産官学研究会、群馬航空宇宙産業振興協議会、もの作り情報発信推進協議会の主催による、「群馬ものづくりフェア」へ参加申し込みをしましたが、本件は今迄開催されていた「ものづくりフェアinぐんま」の名称と日程が改訂された内容になりますので、例年通り、新たな御客様と末永い御縁が出来れば幸いです。

今年の出展内容は、弊社のシステムインテグレーターとしての技術を活用し、バラ積み部品のピッキングやコンベアトラッキングを多関節ロボットで行い、工場の省力化を提案したい考えでおります。

出張見聞録

user-pic
0

昨日は早朝から埼玉県内の取引先を訪問した後に都内へ出掛けて来ましたが、朝方は肌寒むかったせいかコート姿の女性も見掛けたものの、午後には靴底からアスファルトの熱が伝わり、歩き周るのが辛く成る程の暑さでした。

出張先では、軒並み業績悪化を語る企業が多く、先行きの受注は確保出来ているとは言え、原材料、人件費、光熱費、社会保障費等の高騰に加えて、労働時間云々が足枷と成り、忙しくても利益の出難い複雑な要因が社会全体を覆っている様子を伺い知る事が出来ました。

その様な経営環境下で弊社が如何に利益を追求して行くかを考えた場合には、個人的にも付加価値の乏しい商品に多額の資金を継ぎ込まないのと同様に、企業間取引に於いても付加価値を見出せないモノは安価に仕入れ、高付加価値のモノには相応に投資をするものと捉え、常に後者として選ばれる企業を目指す所存です。

それは容易な事でないのは承知の上ですが、日本の設備産業を引率するリーディングカンパニーの弊社としては、世界に誇れる企業を目指し、数十年後には弊社無くして設備産業を語る事は出来ない時代に・・・

求人

user-pic
0

グリーンドーム前橋で開催される、厚生労働省群馬労働局主催の「若者の為の合同企業説明会」へ参加の申し込みをしてみましたが、参加確定にはしばらく時間を要するとの事ですので、現段階では参加枠に入れるかは定かではありません。

来場者の対象年齢は「2018年3月卒業見込みの大学院、大学、専修学校生等の他には、群馬県内で就業を希望している概ね40歳前半迄の方」と次第に書かれておりましたが、弊社が参加企業に採択された暁には、良い御縁が出来ます事を切に願っております

 合わせて昨日は「401K」の説明を詳しく伺う事が出来ましたので、来月の全体朝礼迄に整理をした上で、社員の皆さんへ噛み砕いた説明を施す予定でおりますが、何となくと言うか、断片的な知識しか無かった私も、これで要約「401K」の詳細を理解出来た気がします。

そんな事がありながらも、弊社内では未だに「整理・整頓・清掃・躾」の面では至らない所が多々あり、何事も「とりあえず」と言った言葉が横行し、その後の対策が施せていない状態を改善すべく、何かしらのルールと仕組作りを模索しなければいけないと考えておりますので、何か良い手立てを御存知の方がいらっしゃいましたら、御教示頂ければ幸いです。

能力

user-pic
0

社内の課題を克服すべく、群馬県職業能力開発協会主催の職業能力開発推進者講習へ参加の申し込みをしましたが、今回は新島学園女子短期大学の岩田雅明学長も講義をされると言う事ですので、とても楽しみにしております。

私自身は同講習に10年以上も通っており、自らも講壇に上がった経験があるにも関わらず、未だ持って参加する度に気付かされる事が多く、また継続して参加しているが故に感じる事もあり、上手く言葉では表現しきれませんが、学び続ける事で時代の変化や経営環境の変化に順応出来ているのではないかと感じてます。

 

昨日は書類の受領に取引先へ出掛けると、各部署へ定年退職の挨拶廻りをしていると言う65歳に成る知人と遭遇し、「五十嵐さんは未だ働くの」「確か私と同じ歳ですよね」と言われ、いつも実年齢よりも上に見られる自分を恨めしく思いながらも、こうして仕事を共に頑張って来た方々が退職して行く様を見る度に、何とも言えない寂しさに苛まれてしまいます。

週末

user-pic
0

先週は信じられない出来事に憂いを引きずり、それもあってか土曜は体調不良に喘いでしまい、日曜は萎える気持ちを奮い立たせ、社用を済ませた後はリフレッショしようと運動に明け暮れた御蔭で、多少は気持ちも改善された週明けと成りました。

リフレッシュした事により、物事を冷静に考えられる様に成り、「企業は人也」と言われる通り、そこで働く人が会社の全てと言っても過言では無く、「尽力を注ぐべきは人財の育成を業とする幹部管理職の養成ではないか」と各方面から戒められた事に関しては、現実から目を背けるのではなく、目の前の現実を理想の形にする為にも、経営指針に基ずいた「人財育成方針」の再策定こそが、今の私に課せられた使命ではないかと感じています。

歯車

user-pic
0

書き込む事の出来ない出来事や、まさかとも思える信じられない出来事が毎日の様に起こり、何時に成っても気の休まる日が無く、何か手立てを講じなければと真剣に悩んでおりますが、人の心を歯車に例えた成らば、錆びていない歯車を動かすのは容易でも、錆び付いた歯車や錆び始めた歯車を動かすのは容易な事ではありません。

それは何れの企業も同じかとは思いますが、意識改革を計る上で気を着けなければいけないのは・・・

日曜の朝から込入った話も何ですので控えて置きますが、行き着く先は、やはり幹部管理職の成長無くして社員の成長無し、社員の成長無くして会社の成長無し、更には社長の器が会社の器と言った所でしょうか。

セミナー

user-pic
0

昨日は来月に開催される「AI による画像検査手法の導入セミナー」への参加申し込みをしました。

画像検査と言えば過去には二値化とパターンマッチングのみで、市販のCCDカメラを購入し、自作でソフトを作り込んだものですが、ここ最近はロボット言語と連動したシステム開発を施したキーエンスの独壇場と言った状況にある中、今回はAI の中でも急激な進化を遂げているDeep Learninng を用いた画像処理ソフトの性能や導入性等を学んで参ります。

どのレベルでのセミナーかはともかく、知ったかぶりをせず、素直な気持ちで学んで来ようと思いますが、きっと弊社のエンジニアの方が勝るとも劣らないレベルの話だとは思いながらも、今後の活動の一助に成れば幸いです。

何の為に

user-pic
0

経営者セミナーで耳にする「何の為に」と言う言葉がありますが、経営計画を策定する上では更に「どうやって」と言う文言が加わります。

何の為に経営をしているのか?

どうやって社会貢献を果たすのか?

どうやって社員を幸せにするのか?

その他にも様々な言葉を頂きましたが、思い起こせば10数年前、数多くの著名なコンサルタントの皆さんと御会いして来た私が唯一信頼している山口勝氏からは、上記の言葉に加えて、確信を突く質問を頂戴しました。

「五十嵐さん、会社をどうしたいのですか、個人商店的に数人で生涯を終えるのか、それとも企業にしたいのかを明確にしなさい」

それが何を意味するのか、どうしてそれを決めなければいけないのか、それを決める事で何をしなければいけないのか・・・

経営と言えば経理を知って居れば良しとしていた叩き上げの私には、ショッキングで刺激的過ぎるものであり、経営と言う仕事の真髄を叩き込まれた次第です。

 このまま書き綴ると長文に成りそうなので割愛させて頂きますが、そんな事もありつつ今の私は「昨日より少し成長した今日でいよう、そして明日は今日より少しでも成長した自分でいよう」と言った所で今朝の結びと致します。

目聴耳視

user-pic
0

年齢を重ねると物事を素直に教わる事が出来なく成り、説明する側に同調しながら御愛想を振りまく事で、説明する気を失わせたり、少し話を聞いただけで解った振りをするが故に結局の所は自分の身に成っていない方々を見掛ける度に、聴く側の姿勢を考えさせられる昨今ですが、人様から教えを受けたり、何かを説明して貰ったりしている間は、知っている事も含めて全てを聞き入れるのが礼儀であり、くれぐれも話の腰を折る様な言動は慎むべき行為ではないでしょうか。

解らない事を聞く事は決して恥ずる行為ではなく、逆に知ったかぶりをする方が周囲からの人格を疑われる要因と成り、時に人望冴えも失う事に成り兼ねませんので、弊社の社員に至っては極力社内で事を完結し、出来得る限り社外の方々の不安を煽る様な行為は慎みたいと考えております。

学びの場を与えられたなら、それをチャンスと受け止め、より多くの事を得られる事に集中し、知っている事を聞き流さず、話の前後や話の流れをイメージしながら聞き入れる事、そして話は耳で聞き、話の光景や内容を頭の中でイメージしながら傾聴し、相手の話し方や表情を目で見る事で言葉に表れない何かを察しながら拝聴する事。

しかしながら綺麗事で済まないのが世の常であり、誰の心の中にも少なからず澱んだ気持ちが渦巻いているのは否めない事実なのだとしたら・・・

人格

user-pic
0

今迄もキャリアコンサルタントやファシリテーターなど様々な研修に参加をして来ましたが、先日は人格障害に関するセミナーに参加しました。

以前にも学習障害を含め、発達障害やADHD等々、それらの講座へ定期的に通わせて頂きましたが、私自身は経営者でありながらも人事を兼務する立場にある為、人格障害を詳しく学んではみたものの、ひと言で人格障害と言っても、〇〇型人格障害と言った具合に多くのタイプがあり、自らも其々のタイプに該当していないかセルフチェックをしてみたところ、複数ある人格障害の全てに該当せず、胸を撫で下ろし安堵した次第です。

それらの学びを、今後は人とのコミュニケーションに生かしていかなければとは思いますが、この手の話題はデリケートな問題だけに、人前では余り多くを語らない様に心掛けたいと思います。

スキル

user-pic
0

予期せぬトラブルを如何に乗り越えるかは社会人としてのスキルとして欠かせないものですが、皆さんの周りで以下の様な人達はいないでしょうか。

他人事タイプ

いざと成ると直ぐに周囲に頼りきりな人

責任転嫁や責任逃れタイプ

自分が悪いわけではない、事の発端は自分ではないと現実逃避する人

諦めタイプ

どうせ〇〇だからが口癖な人

その他にもキャリア研修で知り得る限り、幾つかのマイナス思考的なタイプや傍迷惑なタイプが多く存在する様です。

 

解らない事や出来ない事を周囲を頼るのは良いのですが、対処の方法を教わりながら自らが解決の糸口を探す努力をしなければ、社会人としてのスキルが身に就くわけも無く、また取るべき行動は問題の本質を見出す事であり、瞬間的な感情で不本意な言動を生じさせぬ様、日頃から職場内に於けるPDCAやファシリテーションの運用を図りたいものですね。

冥想

user-pic
0

土曜は神経を使う業務を熟しながらも重量物の受入れを行い、その後は協力メーカーを周回しながら資源ゴミの持込を済ませ、一週間の業務を終えたかと思えば土曜の夜にも業務以来を頂き、日曜の朝には早目に済ませてしまおうと、数時間を掛けて終えたつもりでいたものの、ランチを取り再び会社に戻ると・・・

経営者の仕事に区切り等は無い事を思い知らされた週末と成りましたが、松下幸之助氏が「経営者の仕事とは何か」と冥想した様に、答えの無いのが経営者と言う職業であり、自我や煩悩を捨て、勝手な思い込みや身勝手なルールを捨てた所から・・・

其々を書き込むと長文に成りそうなので各文章を割愛させて頂きましたが、若干の疲労感を持込んだ週明けに成ったのは否めないまでも、何はともあれエンジニア不足の昨今、適任者の採用を急ぐ必要が有りますので、試行錯誤しながら人財の確保を図りたいと思います。

連鎖

user-pic
0

先日は仕事の御縁で知り合えた25年来の知人に、ジブラルタ生命のコンサルタント成る肩書の御方を紹介頂きましたが、生い立ちから職歴に至る全てが優秀と言う、非の打ち処の無い御方と御会いする事が出来ました。

その日は他にも著名な方々に多く御会いしましたが、人の縁とは不思議なもので、優秀な人達の縁は連鎖していくものだと感じつつ、いつも私の所で連鎖が経ち切れてしまう事に自らを戒めながらも、今後も貴重な御縁を大切にして参りたいと思います。

 

昨日は会社の休日にも関わらず、「6月3日AM必着」と記載された品物が届いたものの、到底持ち上がるものではないサイズと重さに・・・

研修

user-pic
0

今月はファシリテーション研修も控えていますが、環境省所轄の「新・エコアクション21導入セミナー」への参加申し込みを行いしました。

何れも直近の認証を迫られているわけではないのですが、今後は避けて通れない問題と成るのは確実な為、早期から知識を詰め込んでおく必要があり、自ら参加を図った次第です。

しかしながら、それらの課題は今後の課題でもあるが故に、周囲のコンサルタントの方からは、数年先の課題なんであれば次世代の人達に任せた方が良いとアドバイスを頂く機会が増えているものの、まだまだ私自身も老け込む歳でもないので、自らも頑張りたいと思います。

 

以下、解説

環境省「環境経営システム・エコアクション21」は、業務改善、社員の意識改革、取引先の要請、環境法令の遵守等、中小企業が今後直面する様々な事業課題に応える為のツールです。

このツールを活用する優良企業の事例発表を交えながら、エコアクション21に取り組む事で、地域に選ばれ続ける中小企業と成る為の手法を提案します。

取材

user-pic
0

告知通りに行われた帝国データバンクの取材は2時間にも及び、取材なのか取調べなのか解らない様な感覚に陥りながらも、経営状態が良好だった事や経営計画の将来性を認めて頂き、煽てられたり褒め上げられたりしながら終始しましたが、信用調査会社と言う事もあり、私の生い立ちから現在に至る全てを調査済みと言うのには底知れぬ脅威を感じてしまい、誰もが御金を出して依頼をすれば、必要な個人情報等は直ぐに入手出来てしまうと言う話には、個人情報保護法等は表向きの話でしかなく、実際には如何なる情報さえも売買されている実態を諭され、底知れぬ恐怖に苛まれてしまった次第です。

今回は単なる取材であり、くれぐれも弊社が何か問題を起こしたわけではない事を申し上げて置きますが、取材の内容は各所轄の広報に掲載される様ですので、経営状態及び将来性良好と明記された文章を、是非とも御自身の目で御確認下さい

月末月初

user-pic
0

今朝は6時10分頃に出社をすると、アッセンブリー工場の照明が灯り、更に駐車場にはKさんの車が止まっていたので、すぐさま「Kさん、徹夜ですか」と尋ねると、そうではなく早朝出勤だった様なので、まずはひと安心ですが、今現在も高度な技術が要求されるミッションを課せられている事もあり、精神的に病んでしまったのかと心配してしまい、早朝から心臓が止まる思いに駆られた次第です。

また私の方は、8時迄には請求書のダウンロードやWEBによる検収確認等の作業を行い、8時半からは月次朝礼やアクションプランに勤しむ予定と成っており、その後も10時からは帝国データバンクの取材や見積もりの打合せ等が控えていますが、経営者に成り何年が経過しようと、月末月初は何かと神経を使う事が多く、毎月の様に生きた心地のしない日々を強いられております。

このアーカイブについて

このページには、2017年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2017年5月です。

次のアーカイブは2017年7月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。