会議

user-pic
0

昨日は生産計画や各人の行動計画に思う所があり、生産会議の場では社員全員の様子を具に観察して見ましたが、重い空気に包まれ、社員全員が口を紡ぎ、心に蓋をしている様子に、今後は会議のあり方自体を見直す必要性を悟った次第です。

今迄は朝礼のあり方に関しても、報告型ではなく会話型の志気が高められる朝礼に取組む様にと何度と無く社員にも指導をし続けて来ましたが、毎朝の朝礼は其の日の業務が議題だとしたら、生産会議は其の週の出来事が議題となりますので、会議に関しても、報告や発表するだけの場ではなく、会話や対話を行う場だと言う認識を促す必要性を感じています。

アドラーの文献にも書かれている通り、職場の腐敗は幹部管理職を始めとしたベテラン勢の馴合いが原因で起こるのだとしたら、朝礼や会議で幹部管理職らが下を向き俯いていないか、諸先輩方が何事も面倒臭がらず、前向きな会話を通じて傘下の人達を導けているか否か、それら企業の原理原則に基づき、今一度、会議のあり方を見直したいと思います。

社長自身が自社の恥ずかしむべき話題を公表するのは企業としてのマイナスイメージに繋がるのに何故と思われるかも知れませんが、良い所の自慢をしても決して会社は良くは成らず、寧ろ辱めを曝す事で人様から良いアドバイスを仰ぎ、様々な取組みを実践する事により企業としての経験値も高まり、更には日々改善に取組む事が企業としてのあるべき姿だと考えております。

まずは其れ以前に、社員同士で御礼や感謝の気持ちを伝え合う習慣が必要であり、社員同士が「ありがとう」も言えず、感謝や御礼を言えない職場では、連帯感や一体感等は育まれる筈も無く、寧ろ「ありがとうも言えないのか」と感情を逆撫でしてしまい、人間関係に歪が生じ・・・

朝礼や会議の有り方以前に、まずは社員同士が御礼や感謝の気持ちを言葉で表現したり、互いの労を労える人間関係の構築こそが重要と受止めながらも、還暦近い私が言う迄もなく、然るべき人達に気付いて頂ける事を切に願う昨今です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sansystem.biz/blog/cgi-bin/mt-tb.cgi/2341

コメントする

このブログ記事について

このページは、sansystemが2017年9月12日 04:18に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「無題」です。

次のブログ記事は「朝活」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。