出張見聞録

user-pic
0

DSC_0023.JPG DSC_0024.JPG先日のロボットフォーラムではロボット業界の展望からインフラに至るまでの幅広いセッションが行われましたが、参加する迄は想像も及ばなかった未来が既に現実のものとして進行している事実に驚愕しながらも、技術の進化に伴い次々に社会的なインフラが整備され始めているとの事でした。

今後の設備産業を制するのはロボット技術者と言っても過言ではなく、コストを叩かれる側で終わるのか、それとも自ら値付けが出来るシステムインテグレータに伸し上がるのか、その答えは各社区々かとは思いますが、弊社に限っては間違いなく後者を目標とし、時代に求められる企業として、継続的な繁栄を追い求めたいと考えております。

ちなみに写真下は弊社で数年前に製作した「寿司握り&ピザ焼きロボット」ですが、思いがけない再会に、思わず写真を撮らせて貰いました。

最後に成りましたが、既に30年後の未来が具現化されている現実に、それを知っているのと知らないのでは、今後の活動にも差異が生じるのは必至であり、「何事も面倒くさがらず、今後も情報収集を怠らない様にしなければ」と感じたのは言う迄もありません。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sansystem.biz/blog/cgi-bin/mt-tb.cgi/2648

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、sansystemが2018年7月 7日 09:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「御見舞い」です。

次のブログ記事は「一週間」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。