感動

user-pic
0

自らが多忙とは言え、ふと社内を見渡すと、H君が設計した商品が無事に納品される事に成ったり、K君が組立調整や配管迄を手掛けた産業機器を手本にJ君が同様の仕上がりに成る様に奮闘して居たり、T君が生産計画に基づき商品の配線が始められる様にスケジュールの前倒しを図ってくれたりと、社員の活躍に感動を覚えた週末と成りました。

また昨日は資材管理事務のWさんの労に関して、取引先の御客様から「Wさんには助けられてばかりで感謝の言葉しかありません」と言わたり、製造部のメンバーも、取引先からの依頼とは言え、難易度の高い加工技術にチャレンジしてくれている努力の御蔭で、「他社は信用出来ないので、この部品だけでもサンシステムさんで御願い出来ませんか」と言う有難い御言葉を頂いたりしましたが、その頑張る社員の後ろ盾と成り、表舞台で活躍する社員達をサポートしているYさんも、弊社に無くては為らない存在です。

これからも各々の長所は思いっきり伸ばし、短所は少しずつ改善し、社員同士が思いやれる職場環境を構築出来れば幸いとしながらも、決して「社員を甘やかす」と言う意味合いではなく、「社員を大切にする」と言う意識を持って社業に励みたいと思います。

その様な活躍している社員がいる一方で、私よりも相当若い人達から、こんな言葉を聞く機会が増えております。

「歳だから」

会社勤めをしている限り、幾ら気力や体力が衰えようとも誰が助けてくれるわけではありませんし、それを憂いていたのでは、寧ろ若い人達からは見下されるのが落ちですので、他社はともかく、弊社の社員に至っては、何事も都合良く歳のせいにせず、歳を重ねたからこそ生かせる経験値を盾に、活躍して頂ければ幸いです。

年金支給が65歳と成った社会と自分とのバランスを整えるのは、何処かの誰かではなく、自分自身だと言う現実を、誰しも理解をしていながらも、人は何故そんなに憂いたがるのか・・・

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sansystem.biz/blog/cgi-bin/mt-tb.cgi/2711

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、sansystemが2018年9月 8日 04:21に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「コンプライアンス」です。

次のブログ記事は「募集」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。