条件

user-pic
0

この所は国や行政を含めた各機関や自治体からの企業に対する圧力が激しく、まず環境関連では省エネに伴う節電の次は環境汚染やCO2排出の大幅削減の要請を受けると、その後もリサイクルや廃棄物削減への更なる取組の強化を称えられ、また先日は要約弊社でもBCPの策定が整ったと安堵するや否や、今度はBCPに災害廃棄物を盛込む様に促されており、それらに関しては勿論異論はなく、企業の責務として誠意を持って取り組むべく内容だと理解はしているものの、全てを同時に加速させるには社員の理解を得るにも時間が掛かり、それ相応の工数が大幅に必要とされる事に戸惑っておりますが、何事も数年前と今とでは企業を取巻く環境が激変した事を痛感する毎日です。

これらも時代が求める経営環境の変化と捉えて粛々と対応に努めておりますが、社会に必要とされる企業を志すには、これからも様々な経営課題に順応出来る企業で有り続ける事が条件ではないかと真摯に受け止めております。

 

話しは全く変わりますが、先日はA&D研究開発センターへ出掛けた際に、隣にあった富士重工業(スバル)の埼玉工場が閉鎖されたと言うので見てみると、工場が建っていた場所が跡形も無く更地に成っており、なんとも言えない脅威を感じると同時に、あと数年後には世界が様々な局面を迎える事を案じた次第です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sansystem.biz/blog/cgi-bin/mt-tb.cgi/2730

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、sansystemが2018年9月27日 04:09に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「現況」です。

次のブログ記事は「出張見聞録」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。