催事

user-pic
0

IMG_20190212_134912.jpg昨日の午後は「高崎産業技術専門校との交流会・学生達と本音で語ろう」と題した催しに参加しました。

まずは群馬労働局と職業安定所の皆さんが作成をして下さった求人票を持って、就職担当をされているKさんを訪問し、弊社に相応しい学生を紹介頂けますよう御願いをさせて頂き、その後も校長や技術指導をされている皆さんと挨拶をさせて頂きましたが、ちなみに写真にあります黒の制服はメタル技術課の生徒さんで、白の制服は機械技術課の生徒さんになり、民間企業の人達は写真に映らない後方に席を設けて頂きました。

冒頭は写真の形式で着座しましたが、しばらく数名の方の講義を終えると、その後は机を並べ替えて、1時間程、グループ形式で討論会を行いました。

正直申し上げて、18歳から19歳と為ると、私より40歳も若く、どう接して良いのか解らないと言うのが本音でしたが、それでもいろいろと質問をしてみると、心を開いてくれているのが実感出来たと同時に、自分自身が若者をフォローアップしなければいけない年齢である事を改めて自覚させられながらも、最後に学生の皆さんには、「何を職業にするかと言う事よりも、人としてどう生きるかが大切な事ではないでしょうか」と諭した次第です。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sansystem.biz/blog/cgi-bin/mt-tb.cgi/2873

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、sansystemが2019年2月13日 04:27に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「採用」です。

次のブログ記事は「成長」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。