2019年3月アーカイブ

今日は地元で開催されるエンジニア向けのイベントや都内で催されている幾つかのイベントに御誘いを受けていた事から、その何方かに参加や表敬訪問を行なう予定でいましたが、申し訳ない気持ちはありながらも、かなり疲労感も高まっている事から、また入院騒ぎを起こして社員や御客様に迷惑を掛けない為にも、今日は自身の体調管理を優先し、なるべく内勤に留め、遠方や人混みで混雑しそうな所への外出は控えて置く事に致します。

昨日は早朝から出張に出掛けると、最初に訪れた取引先では、弊社の製作したあるモノに大変満足して頂き、次に訪れた取引先では、偶然にも弊社を厚意にして下さっている御客様と鉢合せをすると、詳しくは表現出来ない迄も、その直後にも更なる偶然が重なり、その次の取引先では新製品の試供品を頂いたものの、要冷蔵品だった事から、最後に訪れた取引先の御客様へプレゼントをしたりしながら、何とか御昼前には会社の戻る事が出来ました。

また昨日は埼玉県内でも、南部では桜が満開の地域もあり、「来週あたりは弊社も御花見が出来るだろうか」と言った様相です。

 

話は変わり、知人からの案内ですが「sampling」と言う作品が知人の作品だそうですので、是非御覧下さい。

以下、案内文 

MADD. Award screening 2019開催のお知らせ
MADD.は、2019 年 3 月 30 日(土),31 日(日)日本科学未来館にて、「MADD. Award 2019 screening」を開催致します。
本イベントでは、8K での実写動画,CG を対象とした次世代映像のアワード「MADD. Award 2019」の応募作品を上映致します。
皆様の御゙来場を、心より御待ち申し上げております。
■ MADD. Award 2019 screening について
・日時 2019 年 3 月 30 日(土),31 日(日) 10:00〜17:00

・場所  日本科学未来館 7F スタジオ
       (入場料無料、何方様でも御゙観覧頂けます)

・内容(1)「MADD. Award 2019」応募作品の上映
   (2)【Exhibition 上映】
      8K×3D×interactive「カナシミの国のアリス」
      (制作:NHK エンタープライズ, NHK メディアテクノロジー)

https://www.facebook.com/MADD.Award/photos/gm.629080774187502/1818690524899277/?type=3

イベント

user-pic
0

 昨日は医療機器メーカーへ生産設備の納入が行われたり、自動車電装品メーカーへ新規設備案件の打合等が行われましたが、社内に於いても様々な出来事があり・・・

余計な書き込みは控えるとして、月末と年度末が重なる事も有り、何かと落ち着かない数日ですが、今朝は6時頃から出張に出掛け、4社を訪問する予定となっており、経営に纏わる実務が滞る事から、明日と明後日は1人静かに事務所に立て籠もり、月次決算や年度末の帳票を取りまとめたいと思います。

また週末は知人が参与している某イベントにも召集を受けている事も有り、若手エンジニア集団の技術の推移を拝見したい処ではありますが、今現在の私の抱えている仕事量からすると、かなり難しい状況です。

以下、JSFより御案内

本日3月27日(水)から3月31日(日)迄、科学技術館1階イベントホールで「第77回 全日本学生児童発明工夫展」を開催中、入場無料にて、全国から寄せられた優れた発明工夫の受賞作品155点を展示している他、発明教室も行っています。

プライド

user-pic
0

一昨日は仕事帰りにコンビニへ立寄ると、仕事帰りであろう、作業着に塗料が沢山付着した容姿の塗装職人らしき方が御店に入り、その数秒後に私も御店へ入とうとすると、すぐ後ろを歩いていたわけでもない私の為に、しばらくドアを手で持ち、開けて待って居てくれた上に、「ありがとうございます」と御礼を言うと、会釈をされていましたが、気配りと言うか、見掛けに寄らない其の所作に、胸を打たれたのは言う迄もありません。

また昨日は弊社へ事業系可燃ごみの回収に来て下さる方が、何時も通りに朝5時頃に回収を済ませると、会社を出た国道脇に車を止めたので、何かあったのかと思い道路へ出て見てみると、運転手の方が車内からタオルを持ち出し、自身が運転するゴミ収集車をタオルで丁寧に磨き上げてから次の回収場所へ向かって行きましたが、その方の仕事に掛けるプライドや情熱を、しっかりと感じ取る事が出来ました。

紳士的な振舞いの塗装職人の方や、自身の仕事にプライドを持って取組んでいる清掃業者の方の様に、私自身は勿論、社員にも、余程の事が無い限り、相手によって自身の態度を変えたりせず、気配りを尽くし、また人が見ているか見ていないかで自らの行動を変えるのではなく・・・

社内の事でなければ技術的な事でもないにも関わらず、かなり諄い内容の書き込みになりました事を御詫びしながらも、その両名の御蔭で、人として大切な何かを、改めて振り返る事が出来ました。

以下は個人的に気になる話題を御紹介。

小さく賢いロボット農機が台頭、自動化と精密化を推し進める

https://project.nikkeibp.co.jp/atcldgl/business/032600117/

対処と対策

user-pic
0

月曜の朝から続いていた激しい頭痛も、昨日からは改善されつつあるものの、それと時を同じくして、自家用車の調子が悪く、エンジン音や排気音に異常を来している状態ですが、人も車も余り無理をさせると良くないと言った処でしょうか。

私事はさておき、社員に至っては、有給取得の義務化を図り、労働分配率の改善を図りながら、その上で売上や利益を上げる必要があり、何もかもが今迄通りと言うわけには行かない事から、社内に於ける業務効率化等の企業努力のみならず、大幅な販価の見直しを図らなければなりません。

また昨今では企業に対する社会的負担が日を追って増しており、環境への取り組みを始め、災害対策、ゴミの削減等々、付帯工数も相当なものですが、何れにせよ、安売り競争に加担せず、弊社が得意とする事業に於ける付加価値を高め、如何に・・・

諄い内容になりました事を御容赦頂きつつ、社内を見渡せば、気の緩みから来る課題が多々見られる事から、社内へ警告を促したいと思いますが、私が「こうしましょう」と指示をしたのでは、その時だけの対処になる事から、自らが考えて行動出来る社員に成長して頂く為にも、何らかの対策を施したいと考えております。

以下は個人的に気になった話題を御紹介。

ソニー製「ロボットキッチン」が家庭の味になる日

https://business.nikkei.com/atcl/seminar/19/00019/032200033/

厚意

user-pic
0

昨日は急遽、埼玉県内にある取引先3社を訪問して参りましたが、想定外の出張だった事から、内勤業務が滞ってしまったものの、何事も弊社を厚意にして下さる御客様があっての事ですので、出来る限り御客様ファーストに努めたいと思います。

以下は個人的に出掛けたかった話題を御紹介。

とちぎロボットフォーラム、農業自動化など研究成果発表

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO42882260V20C19A3L60000/

改革

user-pic
0

一昨日もコンサルタントに言われた、「働き方改革等と綺麗事を言って居ても数字が上がらずに会社が傾く様な事があれば御終いだ、貴様、其れでも経営者か」と言う言葉が頭の中でリフレインされた昨日は、午後になり、4月以降の景気動向を探るべく、数人の知人に連絡を取ってみた処、インフラに携わっている企業は当面の受注を抱えており、寧ろ旺盛な受注に苦慮している様でしたが、半導体関連は4月以降の設備投資が凍結されている企業が多く、自動車も然りと言った状況でした。

それを踏まえると、普段から景気の影響を受け難い企業体質を構築する為にも、受注を特定の企業に偏らせる事無く、また其の様な状況に至らない様に、戦略的な受注や計画的な営業を施すべきと実感した次第です。

何れにせよ、何事も「仕方ない」では済まされない現実を、働き方改革以前に、社内改革として、社員と共有しておきたいと思います。

組織

user-pic
0

ここ数年は「一生懸命過ぎる」と言われる機会が増えていますが、込み入った話は控えながらも、貧乏な家庭に育ち、誇れるものなど何もない私が人並みの生活を手に入れるには、自分の限られた才能を生かしながら、人並み以上に努力を重ねる事しか手立てがなく、それを人様に揶揄されようとも、また還暦近い此の歳になっても、未だに其の状況が続いているだけの事であり、今年で経営者歴30年とは言え、様々なコンプレックスから抜け出せず、不安を抱え、もがき苦しみ、人様には理解の及ばぬ心の闇を抱え、葛藤を繰り返し、常に見えない何かに怯えながら生きている私の姿が、人様の目には滑稽に映り、前述の言葉となって表現されるのではないでしょうか。

それらはネガティブな考え方に受け取られるかも知れませんが、その逆に、寧ろ「何とかしなければ」と言う前向きな考えである事を、少なからず理解をして下さる人もいる筈ですし、僅かでも私と似た様な境遇の方も、いらっしゃるのではないでしょうか。

類稀な才能に恵まれて、何不自由なく暮らせる人は別として、自分に足りないものを数えながら下を向くか、それとも自分の足りないものを補ってくれる仲間と支え合いながら上を向くか、その答えは誰しも他人ではなく自分にしか出す事が出来ないのが常で有り、私の場合は其の答えが後者な事から、だからこそ社員に対しては、「縁あって共に働く事になった大切な仲間達」と言う気持ちで接すると同時に、彼らの為に矢面に立ち、彼ら彼女らが頑張れる環境を整え、互いに支え合って行ければ幸いです。

そんな私ではありますが、自らの生き方や思想を人様に強要する事はせず、経営者として正しい道を歩んでおりますので、悪しからず御了承下さい。

その様な話題の後に何ですが、個人的に気になる話題を御紹介するにあたり、今時は組織を作る時代ではなく買い取る時代なのでしょうか。

日立産機システム、ロボットSI事業のケーイーシーを買収

 https://ma-journal.com/archives/1008

昨日は東京都内や群馬県内へ、映像用機材や生産設備の納品が行われた為、社内は朝から気忙しい雰囲気でしたが、社員の努力の甲斐あって、無事に納入する事が出来ました。

大掛かりな設備の納品にあたっては、リスクアセスメントの意味も含めて、納品の際に気を付けるべき個所や危険と思われる要因の申送りする様にしておりますが、昨日も然り、 H 君へ、納品前にはリスクアセスメントに関する摺り合わせを行った次第です。

それを繰り返す事により、何処に危険が潜んでいるのかを事前に考える能力がルーティーンとして身に付くものと思われますが、それらも本来は経営者が行うものではなく、所属の上司や諸先輩方が各納品担当者と事前に申送りをするべき事かと思いますので、徐々に役割をシフトしていければ幸いです。

馴合いで仕事が進むのは最も無謀で危険な行為となりますので、日頃からファシリテーションやPDCAを活用した職場作りが大切としながらも、私自ら、社員の為であったり、良かれと思いやってしまう行為こそが社員の成長を妨げているのかと思うと、何かと感慨一入です。

以下、個人的に気になる話題を御紹介。

 ヤマハ発動機は、直動案内機構とボールねじから成る製品群「Robonity series(ロボニティシリーズ)」を2019年5月7日に国内で発売する。市販のモーターを組み合わせることで、単軸ロボットとして機能する。同社はこれまでモーターも含めた単軸ロボットとして提供してきたが、ユーザー側で「使い慣れたモーターを選びたい」というニーズが高まってきたことから、モーターを抜いた形態での提供にも踏み切る。

https://tech.nikkeibp.co.jp/atcl/nxt/column/18/00001/01837/

 

 

本分

user-pic
0

昨朝は取引先の御客様へ提出する提案書と見積書を作成していると、早々にKさんが出社をし、ソフトのデバッグ等を行っていましたが、それ以外では、宅急便が届いた程度で、電話も少なく、静か過ぎるが故に逆に落ち着かず、いつもは祝日と言っても、自動車サプライチュエーンを始め、稼働している取引先も多くある事から、何かと気忙しく・・・

話しは変わり、昨日は新聞を開くと、米国対中国の関税問題により、日本の自動車産業が大打撃を被っている旨の記事を大きく取り上げていましたが、弊社の取引先も例外なく、しっかりと社名が上がっており、記事を読んでみると、決算月にも関わらず、大幅な計上損失と合わせて、売上と利益目標を大幅に下方修正したと書かれており、それが何を意味するものなのかを、とっさに諭した次第です。

先日の某大手半導体メーカーが操業停止に追い遣られた話題も記憶に新しく、また在庫調整局面と言われている電子部品やデバイス業界も在庫だけの問題には留まっていない実態を見る限り、景気の先行きを懸念せざる得ない、危機的な状況ではありますが、企業は利益を出し続ける事が本分であり、「景気も悪い事だし、仕方ないか」では済まされませんので、弊社に於いては、しっかりと気を引き締めて、自分達の類稀な付加価値を盾に、社業に望む所存です。

伝わる

user-pic
0

2019年度版の就業規則も要約改定版が出来上がりましたが、今回は働き方改革や健康優良企業制度等、沢山の要件を反映させました。

また来年度は働き方改革法案制定に伴い、就業規則も更なる改定を施します。

ちなみに多くの企業が労務士に委ねるのが慣例ですが、弊社では労働法に抵触しない為にも、まずは労務士に雛形を作って貰い、それを基に私が本分を制作し、改めて労務士に確認をして頂き、校正を経た上で、労働基準監督署へ届け出を行っております。

周囲からは「そんな事に経営者が時間を浪費するべきではない」と言われますが、何度も読み返す事で、綴られている内容の理解を深める事が出来たり、専門用語の意味を理解出来るまでに至っております。

話は変わり、先日は「伝える」「伝わる」を議題にした研修会に参加しましたが、その後は研修会で、ある方に言われた「社員を連れて来なさい」と言うセリフが頭から離れず、管理職を含めた社員の日常的な話合いを事ある度に思い出しております。

管理職が社員に意を伝える

社員が管理職に意を伝える

管理職同士が意を伝え合う

社員同士が意を伝え合う

御客様から社員が意を引き出す

社員が御客様に意を伝える

自分の意を相手に伝えただけでは伝わった事にはならず、きちんと伝えた事が相手に伝わったかを確認しなければ、伝えた事が伝わった事にはなりません。

これをして

あれをして

それでは駄目

出来ません

其々の言葉に対する解説は謹んで置きますが、皆さんの職場でも、その様な会話が日常的に聞こえていないでしょうか。

職場の人間関係を円滑且つ、業務を円滑に遂行する為にも、指導的会話が必須とされますので、何事も気付きを与える会話に心掛ける必要があります。

其処が個人の場ではなく、会社と言う公の場である以上、それを「面倒だ」「そんな位は解るだろう」では、次第に人間関係や信頼関係が希薄になり、企業として厄介な病に陥り・・・

これが組織破綻の流れとなりますが、今一度研修会の内容を掘り起こし、社内で聞かれる会話を上記に置き換えて考えてみたいと思います。

人を生かす経営

user-pic
0

株式会社 能作の社長が群馬県内で自身の経歴や経験を話された際の事、家業を継ぎ、工場見学を受け入れる様になったある日、焼けた錫を扱い、煤で真っ黒になった顔の工員を見た親子連れが発した、「勉強しないと、あの人達の様になるのよ」と言う言葉に端を発し、その瞬間から全てが変わったと言う話を伺いましたが、他にも能作氏の話は奥深いものがあり、いろいろと考えさせられた次第です。

弊社と能作を比較した場合には、「人材」と言う所では幾つか共通点があり、学校の勉強が出来たかどうかよりも、社会人として成長が果たせるかどうかを見極めており、常々弊社の社員に伝えているのは、居なくても良い人材か、それとも歳を取る毎に周囲から頼りにされる人財に成れるかどうかと言う事ですが、それ以上の過激なコメントをブログに書き立てるのは控えながらも、経営者のみならず、誰しも同様に、人としての潜在能力を開花させる事の出来る環境や年齢には差異があり、更には才能を開花させられるかどうかは、自らが気付く為の何かのきっかけが必要なのではないかと考えております。

スポーツの世界でも同様に、早咲きの人も居れば遅咲きの人も居たりする事を考えた場合には、私の経営者として成すべき事は、ひとり1人異なる社員の能力を見出し、そして才能を引出し開花させ、更には才能を発揮出来る所まで育て上げるのが私の使命であり、それこそが「人を生かす経営」ではないかと、信念を持って社業に励んでおります。

呟き

user-pic
0

週末に某コンサルタントと御会いした時の事、まずは挨拶も其処に自慢話から始まり、黙って居るのも何なので、御愛想笑いや相槌を打つと、その後は満面の笑みを浮かべながら御満悦の様子で持論を唱えられたものの、余りに自画自賛的な話に途中から話しが耳に入って来なくなり、「この場から早く立ち去りたい」と言う気持ちが抑え切れずに言葉となって出てしまい、その場が不穏な空気に包まれると言った出来事があり、未だに憂鬱な気持ちを引き摺っております。

そんな今朝は会社に到着する成り会社周辺のゴミ拾いをする羽目になり、前述の出来事に追い打ちを掛ける様に憂鬱な思い強いられましたが、弊社と道路を挟んで向かい側に介護施設の出入り口があり、そこが弊社に向かってスロープ状になっている事から、北風と共に全てのゴミが弊社に向かって飛び込んで来ると言うか、巻き上げられて来る様な構造になっており、酷い時にはベニア板が飛んで来たりする事もあり、それらを放置するわけにも行かず、そんな時には「何事も直向に頑張らなければ」と自らに言い聞かせている次第です。

user-pic
0

土曜の夜は愛知県稲沢市にある、S社の方から何度か電話を頂いた事も有り、感謝の意を表し、近い内に、稲沢サイト、幸田サイト、湖西サイトへ出掛けて参りたいと考えております。

また昨日も然り、今の自分があるのは多くの人達に支えられて来たからだと感じる場面が多々あり、私自身が諸先輩方から恩を受けて育って来た様に、今度は私が後者に恩を受け渡す番だと感じてはいるものの、確固たる持論を掲げ、それに該当しない意見は弾き飛ばす様な人の真似だけはするまいと感じる昨今、どんなに偉くなっても、どんなに功績を残したとしても、相手の立場によって態度を変えたりせず、経営者である以上は、謙虚さと真摯な態度で人と接するべきではないかと思うのですが・・・

引継ぎ

user-pic
0

2019年度版の環境マニュアルを作成しましたが、来年度分からは社員に作成を引継ぐ為にあたり、ノウハウ等をまとめておきたいと思います。

また2019年度版のBCPも然りと言った処ですが、しばらくは私も現役で働くとは言え、危篤の際にも社員が困らない様にだけはしておきたいと・・・

そんな中にも昨日は稼働している取引先が何社かあった事から、何かありそうな予感はしていたものの、急遽出掛けなければいけない状況となり、誰かに用事を頼もうにも社内には私しか居らず、已む無く自ら出掛ける事にしましたが、御客様の「助かりました」と喜んで頂けた事で、報われた気持ちになれたのは言う迄もありません。

伝える

user-pic
0

昨夜は研修会に参加をし、会社に戻れたのは21時30分頃となり、所用を済ませ、帰宅をしたのは22時頃だったにも関わらず、体内時計が機能してしまい、いつもと同じ3時頃には起床をし、早々に出社をしましたが、人様に言われる迄もなく、自らも今の生活が健康的なのか否かと感じている次第です。

今朝は其の研修会の様子を紹介したかったものの、講演や会場の写真を撮るのを忘れてしまい、残念ながら雰囲気を伝える事は出来ない迄も、心から「参加して良かった」と思える内容でした。

また今回は「伝える」「伝わる」がテーマでしたが、なかなか感慨深いものがありました。

研修

user-pic
0

各社共に人事異動の時期となりましたが、異動の案内も然る事ながら、今月に入り、取引先の皆様から定年退職やリストラによる早期退職の挨拶を頂く機会が増えており、会社は違っても、共に頑張って来た人達には格別な思いがあり、何とも寂しい限りです。

直接御会いする場合は別として、その様な電話やメールを頂いた際には、敢えて余り感情を表さず、御世話になった御礼と敬いの言葉だけに留める様にしているものの、やはり何かと感慨一入です。

長文になりそうなので話題を変えますが、今日は夕方から研修会へ参加の予定となっているものの、最近は何れの研修会へ出掛けても、私位の年齢の参加者は殆ど見られず、今回も複雑な想いを抱きながらの参加となります。

概況

user-pic
0

期末の業務は税理士に任せる段階に至ったものの、今度は年度末の業務に追われている昨今ですが、その様なドタバタした私の状況とは裏腹に、社内では自動車メーカーへ納入する生産設備のソフトデバッグを行っていたり、半導体メーカーへ出向いてソフトデバッグを行っていたり、医療機器メーカー向けの生産ラインの最終調整や搬送メーカー向けの省力機械を組立てたり、ベアリングメーカーへ納める機械の出荷準備等が着々と進んでおり、全ての部署の人達の其々の努力を実感する毎日です。

その様な業務を遂行するにあたり、弊社の御客様の殆どが企業でも心臓部に当る部署の人達ばかりな事から、弊社の社員には、その様な人達と対等に渡り合える技術や知識の他にも、人間的なスキルを兼ね備えて貰おうと、今日まで私なりに社員と接して来ましたが・・・

長文は控えるとして、まだまだ私も経営者として、そしてメカトロニクス  クリエーターの肩書を盾に、社業に励んで参りたいと思います。

頻繁に IoT やAi を活用した技術と触れる機会が増えましたが、今後は今迄の常識に捉われない技術やサービスを提供出来る企業が時代のトレンドと成る事を考えた場合には、何かと感慨一入です。

昨日も然り、某所にて「新たな技術を量産工程に乗せるにはどうしたら良いか」と言った相談を受け、「こうしたらどうでしょう」「この要素技術を活用すれば問題はありません」と言った打合せをさせて頂きましたが、昨今では御客様から仕様書や要件書を頂ける案件は希少となり、弊社が仕様書を作成する処から始まる案件が殆どです。

勿論、その分の費用は頂戴しますし、ルール違反が発覚した際には・・・

弊社で設備製作の際に気を付けている事は、リスクアセスメントを施すと同時に、制作にあたっては「シンプルである事」「原理原則を基本とする事」「確立された要素技術」としております。

長文に為りそうなので割愛しながらも、リスクとチャレンジを如何に捉えているかを述べるとしたら、弊社を他社と比較した場合には、リスクを嫌う傾向にあります事を御了承下さい。

ルール

user-pic
0

この所は技術的なネタから遠のいているものの、今現在も社内では、自動車、ヘルスケア、医療、電気電子、半導体、、光学、物流等、様々な分野の生産設備を同時進行で手掛けており、社員全員が例外なく、其々の立場で活躍をしております。

しかしながら近年では「設備を開発する」と言うよりも、「設備は買うもの」と考えている企業も増えており、弊社の技量が試される場面も増えてはいるものの、相手に弊社を利用しようとする動きが見られたり、ビジネス上のルール違反が確認された際には、こちらから受注を辞退する様にしておりますが、それ以上のコメントは慎むとして、弊社が御客様に誠意ある対応を御示しするのと同様に、御客様にも公平公正且つフェアな取引を御願いしている次第です。

user-pic
0

今日で東日本大震災から8年が経過しますが、いろいろと思う所があり、敢えて震災の話題には触れません事を御容赦下さい。

昨日は朝から事務所で仕事をしていると、会社前の国道も何時になく車の通りが少なく、静かな状況で職務にあたる事が出来ましたが、今週は打合せや研修会等が多く予定されていますので、如何なる場に於いても、「社長の質」を問われても困らない様に・・・

安堵

user-pic
0

昨日は早朝から際立ったアイデアが必要とされる新規設備案件の構想を難無く果たせたものの、その後もデスクワークをしていると、徐々に疲労感に苛まれ、帰る頃には完全に燃え尽きた状態でしたが、まずは先週分の職務や人事考課等を終わらせる事が出来ましたので、ひとまず大役を果たせた事に安堵しております。

それと合わせて、彼此20年以上前の事、ソニーの開発部門の方から「五十嵐さんの頭の中はソニーの宝箱です」と、御世辞とも御褒めとも捉え難い言葉を言われた当時の事を思い出しては、自らも設計さえしていれば良かった時代を懐かしんだ次第ですが、その頃は常に10種類位の設備をマルチタスクで熟しており・・・

その話になるとエンドレスになるので割愛するとして、今朝は金融機関を査定し、報告書を第三者機関へ送らなければいけないのですが、金融機関が弊社を審査するのではなく、その逆に弊社が金融機関を査定するものであり、時代も変ったものだと感じながらも、普通に考えれば自社名と金融機関名を明記するにあたり、どこまで報告を上げるべきか、疑心暗鬼を生じています。

重責

user-pic
0

昨日は終始時間に追われながらも、最後は労務士の所へ書類を届け、なんとか事無きを得ましたが、自らが重責を担っている事から、忙しさを理由に、「ついうっかり」「忘れてました」、更には「間違いました」と言う事に為らない様に、くれぐれも気を付けたいと思います。

ちなみに経営者として社会を欺く事無く企業経営に勤しんではおりますが、要らぬ迷いを生じた際には、「何が正しい事なのか」と自らを正すのと同様に、社員や御客様に対しても、嘘をついたり、欺いたりしないように努めてはいるものの、それとは真逆に、自らが日常的に嘘をつかれたり、恩を仇で返される事が多く、「どうしたら平気で嘘をついたり騙したり出来る人格が形成されてしまうのだろうか」と、遣る瀬無い気持ちに駆られる昨今です。

その様な現実を受け止めながらも、今朝は3時頃に温度計を見てみると、-1℃ と表示されており、ここ最近は気温の高い朝が続いていただけに、今朝は久し振りに寒気を感じてしまいましたが、そんな今日は1人静かに事務所に立て籠もり、様々な業務や法令の復習に勤しむ所存です。

募集

user-pic
0

某大手半導体メーカーの操業停止はショッキングな話題でしたが、半導体の落ち込みは既に昨年から起きており、今後は様々な産業に波及し・・・

また米国の某有名投資家が巨額の赤字に陥った話題に関しても、それだけ過去の経験や理論が生かされない時代に成った事を象徴するかの様に・・・

余計なコメントは慎むとして、弊社では経営方針にも織り込み済みの、ランチェスター戦略法「弱者の戦略」を持って、「いつの時代にも社会から必要とされる企業」と言った経営理念の基に、「景気に左右されない企業の構築」を目指し、半導体産業のみならず、自動車、光学、ヘルスケア、医療、ケミカル、電気電子、ロボット、運搬搬送、メディア等、様々な産業に関与して参りましたが、まだまだ道半ばと捉えると同時に、厭くまで御客様があっての事ですので、驕りを捨て、常に危機感を持ち、謙虚な気持ちと誠意を持って御客様と接し、真摯な態度で自社の経営と向き合って参りたいと考えております。

そんな弊社ですが、今現在、いずれの部署に於いても社員急募としておりますので、是非とも御応募頂きたく御願いします。

募集要項は以下に成ります。

制御(機内配線、盤内配線、配線図、PLC、ROS、C言語)

メカ(メカトロニクス全般)

生産技術(組立、配管、配線、デバッグ、設置)

資材調達(商材に関わる全対応)

部品加工(マシニングセンター・NC旋盤・複合加工機・三次元測定器)

付帯業務(納品、部品検査、汎用加工、加工に関する付帯業務の一切)

労務管理(総務・経理・環境管理・BCP・ISO)

技術営業(営業全般、シニア層の経験者のみ)

経営全般(経営に関する業務)

以上となりますが、何れの業種も「ちょっとやってみたい」では務まらず、自助努力が必要な仕事になりますので、悪しからず御了承下さい。

学習

user-pic
0

群馬県産業支援機構へ出向き、働き方改革の補講を受けた御蔭で要約理解出来る所に辿り着きましたが、改定項目に対する実務に関しては、私のみならず労務士の皆さんも未だに掌握しきれていないようでした。

また各社共に就業規則や規定の更新が必要に成りますが、弊社の場合は、今年は改定に留め、来年4月に施行される最終的な法改定を持ってリニューアルを行います。

そんな事で、この週末は群馬県労働局主催の講習会や補講の内容を復習し、何事も「忘れました」とか「覚えていません」では済まされませんので、その様な事の無い様に、しっかりと学習して置きたいと思います。

しかしながら改革をすると言う事は、良い効果もあれば副作用もあり、その弊害が如何なるものかを考えた場合には、何かと感慨一入です。

深層心理

user-pic
0

昨日は急遽出張となり、出張後は急務を熟し、再び外出をすると言った気忙しい状況だった事から、取り溢した仕事は週末に廻す事にしましたが、何事も弊社を厚意にして下さる取引先の御客様があっての事ですので、忙しくさせて頂けている事に感謝をすると同時に、驕りを捨て、くれぐれも勘違いした行動を取らない様に慎みたいと思います。

その急な出張に関しては、弊社の F 君と同行の下、往復路の車内にて、「白を切る」と言った人間の深層心理に関する話題に成り、「それを押し通すと言う事は、『この人は平気で嘘をつく人なのか』と信用信頼は愚か、例外なく人として見放される 」と言った話に終始しましたが、嘘を貫き通し、上手く人を誤魔化したつもりになっているのは本人だけで・・・

少し前に「嘘をつく人の深層心理」「人は何故嘘をつくのか」と言った書物を読んだ事がありますが、その件は割愛する事にして、人の振り見て我が振り正すが如く、私自身も困った時や悩んだ際には、誤った結果を導かない為にも、正直且つ素直に、相談をしたり、救済を求めたりしたいと思います。

日常

user-pic
0

365日の略毎日出社をしていると、殆どの人から暇人扱いをされますが、決して暇で出社をしているわけではなく、それ相応の理由があって出社をしており、同時に連日の早朝出社に関しても然りと言った処ではあるものの、その様な生き方を人様に理解をして頂こうとは思っておらず、寧ろ自分自身でも類稀な生き方であると認識をしております。

そんな中、最近では頻繁に働き方改革に関する説明会や講習会に参加をしていますが、膨大な資料を理解出来る筈も無く、昨日も帰り際に「本日の資料を全て理解をした上で労務管理に従事して下さい」と言われたものの、その資料は百科事典一冊分にも及び、全てを理解をするのは容易な事ではありません。

しかし其の様な事も言っては居られず、明日の午前中には労務管理士の処へ出向き、労働法 様式第9号  第17条関係に関する書類の届出を依頼すると同時に、改定に関する補講を御願いした次第ですが、その様に様々な声に耳を傾け、無理難題に取組みながらも、自らの職責を果たそうと努力をしているわけですが・・・

修了証

user-pic
0

P1000830.JPG弊社の J 君へ、ロボットスクールの修了証が授与されましたが、このスクールは労働省告示第49号  第18条「労働安全衛生規則 第36条 第31号の規定に基づく安全衛生特別教育規定」に基いたものであり、様々な難関を乗り越えた者のみに与えられる修了証になります。

これに限らず、積極的にロボット産業と関わって参りたいと考えております。

それもこれも「幹部管理職の成長無くして社員の成長なし、社員の成長無くして会社の成長なし」と言った処かと思いますが・・・

方針

user-pic
0

P1000829.JPG新年度の「経営方針説明会」を行いました。

まずは私から経営理念や実績報告を行い、続いて 4 部門の皆さんに部門別の方針を読み上げて頂きましたが、今後も一方的に経営者が押付ける経営方針等ではなく、全員で策定する指針作りの必要性や重要性を訴え続けて参りたいと考えております。

話は変わり、昨日は朝から御客様と某所へ出掛け、昼過ぎには会社へ戻ると、弊社の K さんが真剣な面持ちでソフトを作り込んでおり、「御疲れ様です」と声を掛けたものの、それ以上は仕事の邪魔をしない様に、私も K さんを見習い、事務所で黙々と業務を熟し、難無く2月分の仕事を終わらせた処で K さんに再び声を掛けると、「これで月曜から自動運転が出来ます」とソフトを実機にリロードしている処でしたが、こうした弛まぬ努力が他の社員の下支えになっているのは言う迄もなく、夕方には、彼の背中に向かい「ありがとうございます」と心の中で呟いた次第です。

言われた事だけを熟す人材か、少しでも多くの人達の事を考えて自ら行動出来る人財か、幾ら論理を称えた処で、最終的に何方の生き方をするかは本人の思想による処かと思いますが、弊社の社員に限っては、景気の良し悪しに関係なく、常に社会から必要とされる逸材として活躍して頂ける様な人財に導いて行ければ幸いです

リスク

user-pic
0

今日は埼玉県南部から御客様2名が来社されますが、今回に限らず、御客様に御越し頂く度に、往復路には渋滞や事故に巻き込まれない様にと、祈る気持ちが已みません。

それは性格的なものなのか職業的なものなのか解りませんが、その他にも、社内で喜ぶべき事が起きても諸手を上げて喜ぶのではなく、リスクアセスメントの習慣が身に付いている事から、そこに隠れたリスクを考えてしまいます。

そんな事から良くも悪くも周囲の人達と温度差を感じる事も度々あり、皆が大笑いしていても笑えなかったり、大勢の中にいても孤独感を感じたりするものの、それは経営者特有の感覚であり、寧ろ経営者たるや其の様な物事の見立てが出来なければいけないのだと感じながらも、単刀直入に言うならば「人間万事塞翁が馬」の教えとでも言った処でしょうか。

何はともあれ今週末も私用を挟みながら、山積した自らの仕事と向き合いたいと思います。

3月

user-pic
0

厚生労働省所轄、群馬労働局による労働法改定講習会に召集され参加して来ましたが、法律的な専門用語が多く、全てを理解するに及びませんでしたので、折を見て顧問労務士に御教示頂こうかと思います。

それらは2020年4月施行と言う事でしたが、今の所は格子案的な内容で、確定事項ではなく、今から法改正に向けて、労働局から企業側へ準備を進める様に促すのが目的との事でしたが、半日の講習会だけでもかなりの改定内容を言い渡されましたので、全てを理解するのは容易な事ではありません。

そんな昨日はマレーシアにある取引先へ出掛けていた社員や茨城県盛金にある取引先へ出掛けていた社員も無事に帰還しましたが、何はともあれ「御疲れ様でした」と言った処で、事故に遭遇したり事件に巻き込まれる事無く帰還出来た事に安堵しております。

そして自分自身はどうかと言えば、2月締切の雑務が終わらない内に3月に入り、かなり厳しい状況です。

カテゴリ

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2019年3月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年2月です。

次のアーカイブは2019年4月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。