2019年6月アーカイブ

注意喚起

user-pic
0

土曜日はM君の活躍により、午前中には無事にマシニングセンターの搬出を終えた事から、午後は商工会議所や群馬県庁で開催されていたイベントへ出掛けさせて頂くと、その出掛けた半日分の仕事の埋合わせの為にも、日曜日は私用を挟みながらも、早朝と午後には・・・

私事はともかく、今朝は母屋1階の復元作業を行いますが、当面は完全な復元には及ばず、新型のマシニングセンターの据付を終える迄は、かなり乱雑な状態になってしまい事から、弊社へ御越しの際には、頭上や足元等に注意をして頂きたく、御願いします。

また今日から弊社のK君が某資格取得に向けて、4日間の研修に出掛ける為、終日不在となりますが、これに限らず、社員の資格取得には、会社としても積極的に取り組んで参りたいと考えております。

自助努力

user-pic
0

明日から製造技術課に内定者1名が配属となりますが、何分、知識や経験が無い状態からのスタートですので、周囲の指導も然る事ながら、かなりの自助努力が必要とされるものの、ここが踏ん張り処と受け止め、何とか試練を乗り越えて、誰もが認めるプロフェッショナルな人財に育って頂ければ幸いです。

また来月の16日からも設計技術課に内定者1名の配属を予定していますが、行く末は既存の社員の様に、エンジニアとして活躍して頂けるものと信じております。

私の若い頃は「仕事は教わるものではなく経験して覚えるものだ」とか「会社は学校の様に教わる場所ではなく、学んで来た事を生かして給料を貰う場所だ」と言われ、出来なかったり解らなかったりすると「そんなのも出来ないのか」とか「そんな事も解らないのか」と罵られ、その度に「いつか見てろよ」と言う反骨精神を剥き出しにしていたものでしたが、昨今では「自社の人財は自社で育てるもの」と言う文化となり、弊社に於いても其の様な文化に順応するべきと考えてはいるものの、採用する側の意識改革も然る事ながら、最も重要なのは、やはり教わる側の自助努力ではないかと感じている次第です。

告知

user-pic
0

今日は告知通り、今迄使用していたマシニングセンターの搬出が行われますが、専門業者の基に、大型トラック数台と重機を使用しての作業となりますので、弊社へ御越しの際には、リスクアセスメントの観点からも、敷地内への車の乗り入れは御遠慮頂きたく御願いします。

また夕方には作業も終了するかと思いますが、片付けや清掃等で終日立て込んだ状態が予想される事から、どうしても週末でなければいけない要件が御有りの皆様に於かれましては、事前に連絡をして頂いた上で、明日の日曜に来社をして頂きたく御願いします。

急募

user-pic
0

月末には新型のマシニングセンターが搬入される為、今週末は既存のマシニングセンターを搬出するにあたり、既に搬出や搬入の準備を始めている事から、今月中は母屋1階が物々しい状態になっておりますが、何方様も来社の際には驚かない様に御願いします。

ちなみに搬出するマシニングセンターも、10年少々使用をしただけなので、部品を交換すれば、真円切削も5ミクロンの精度は保証出来るのですが、買換える事になった経緯としましては、製造部の意向も然る事ながら、弊社では精度を要するカメラレンズや微細な電子部品を扱っている事から、幅広い視点で検討した結果、買換えをする運びとなり、またマシニングセンター本体の仕様に関しては、前回購入した複合加工機と同様に、製造部の皆さんに仕様を全て決めて貰いました。

あとは制御部門へ早急に人員を増員したい所ではあるものの、今の所は適任者が見付らない状況にありますが、シーケンス制御、C言語、IoT、AI(ニューラルネットワーク)プログラミングの他にも、盤内配線及び機内配線等、是非とも御応募頂きたく御願いします。

また資材事務や営業技術等も合わせて募集をしておりますので、何卒宜しく御願いします。

日常

user-pic
0

昨日は川崎重工業より3名の御客様が御見えになり、1時間半程の会議を執り行いましたが、会議の詳細は紹介は出来ない迄も、弊社もアライアンスパートナーとして、更なる事業展開を試みたいと考えております。

その後は急いで埼玉県内の取引先4社を訪問し、納品やら打ち合わせやらを済ませ、疲労感を滲ませながら帰宅をすると、定期購読をしてある「プレジデント」と言う雑誌が届いており、開封し、御題目に目を通すと「『人間の器』の広げ方」、サブタイトルに「人の役に立つ『生き方、働き方』」と書かれているのを見た途端、「私の『人としての器』は如何程だろう」とか、「社長が自ら車を走らせて駆け摺り周っている場合では無いのでは」と疑心暗鬼を生じたのは言う迄もありません。

経営思想

user-pic
0

経営者とは、社員に夢を与え、希望の持てる会社にする事が使命であり、それと合わせて資金を円滑に循環させる経営手腕が求められる職業になります。

夢や希望に関しては、いくら綺麗事を言っても、それだけでは人の心を動かす事は出来ませんので、フォローアップの意味では時に言葉も必要かも知れませんが、本質的な所では希望を与えられる企業の内容にする必要があり、それを感じられる社風が重要となります。

合わせて資金の循環に関しては、貯め込むだけではなく、未来に向けての投資をしなければ、社員からは将来の無い会社と見做されますので、経営者として最も重要な事は、しっかりとした事業計画を策定し、それを確実に実行して行く事であり、その為にも人の意見には耳を傾け、正す所は正し、謙虚な気持ちで経営計画の遂行に努めなければ成りません。

また企業の本分として、人材の育成は欠かせず、それらは技術や知識のみならず、人として社会に適合した人材育成を施す為にも、道徳心を養い、事件や犯罪に加担しない為の社員教育も必要ではないかと感じている次第です。

今迄と同様に、今後も個々の長所は思う存分伸ばしながら、短所は少しずつでも改善して貰い、其々の短所を其々が補いながら、社員全員の長所を結集し、結果が出せる企業の構築を果たしたいと考えております。

私自身、それらが出来ているか否かはさて置き、今朝は思う所があり、私の経営思想を書き込ませて頂きました事を御了承頂きたく御願いします。

ミッション

user-pic
0

相変わらず多種多様な業務に翻弄される毎日ですが、社長の成すべき業を社員が知る余地も無く、この先5年間は今の状況が続くのだろうと察しながらも、それは別段、嫌でも無ければ苦に為る訳でも無く、心配なのは私自身の今の躰の状態が保てるのだろうかと・・・

話は変わり、実習中のF君も今日で終了となりますので、合間を見てヒアリングをさせて頂く予定でおりますが、感想に加えて弊社の長所短所を率直に聞かせて頂ければ幸いです。

また8月には高崎北高校の生徒にによるインターンシップの受入れを予定しておりますが、それ迄には全社員にインターンシップや実習生の受入れに関する意識改革を促して置きたいと思います。

そして今日は弊社のH君やJ君が埼玉県内の取引先へ出掛けますが、彼らなら完璧にミッションを遂行して頂けるものと案じながらも、そんなH君とJ君、そして実習中のF君には以下の言葉を持って今朝の結びと致します。

「マネージャーは不要、求められているのはリーダーです」

日本IBM元社長大蔵卓麻氏「より強く!現場打破の変革パワー」より。 

指導者

user-pic
0

この所は3時に起床をし、入浴や朝食等を済ませ、新聞に目を通すとウオーキングやジョギングに出掛け、4時頃には出社をしており、出社後は周辺のゴミ拾いや草むしり等の清掃を行い、そうこうしていると事業系一般廃棄物処理業者の方々が回収に来て下さると言った毎日でしたが、それもまた我が人生とでも言った処でしょうか。

また週末の2日間は事務所に立て籠もり、黙々と仕事を熟していた事も有り、今朝は疲れが抜け切れず、未だに神経が衰弱した状態ではありますが、月曜の朝から社長の疲れ切った顔を自社の社員に見せる訳には行きませんので、社員が出社して来る迄には何とか気持ちを切り替えて置きたいと思います。

そんなわけで、今朝は松下幸之助氏の「指導者の条件」を少し読み返してから仕事に就く事に致します

貢献

user-pic
0

先日は大手上場企業数社を訪問して来ましたが、それらの企業の功績や事業内容を30年間に渡り振り返ってみると、企業の有るべき姿を司る事が出来ると同時に、自ずと弊社の向うべき道筋が見えて参ります。

第三者からすれば無駄に見える私の行動も、社会を見渡す為には必要不可欠であり、先日も著名な方々の前で「最近は歳を取ったせいか人と会ったり出掛けたりするのが面倒に感じる時が有る」と話した処、「社員にとっては経営者が年齢を言い訳にするのは言語道断、社会的にも経営者が若年者か高齢者かで何かが許されると言う事は無く、経営者で居る以上は見聞を広げる為にも積極的に沢山の場所へ出掛け、出来得る限り大勢の人達と話をする事で自我が磨かれ、その成果物として『良い会社』が出来上がって行くのです」と諭されましたが、「仰る事は御尤も」と自分を戒めながらも、私が思うに経営者にとって最も大切なのは、体裁ばかりを気にしたり、カッコつけたりせず、人として謙虚になる事ではないかと感じている次第です。

私自身、経営者歴30年を迎えるにあたり、より一層謙虚な気持ちで次の30年に挑戦して行きたいと言う気持ちではいるものの、30年経ったら私も90歳になりますので、今とは違う形で自社に貢献したいと・・・

実習

user-pic
0

1ヵ月間の企業実習に来ているF君も、早いもので残り2日となりましたが、何か得るものがあったのか否かと言った処で、最終日には感想等を聞いてみたいと思います。

また実習も然る事ながら、弊社ではメカ設計、ソフト及びハード設計、電気配線、組立調整及び設置、資材調達及び事務、部品加工、部品加工補助、IoT及びITプレーヤー、AIプログラミング、ROSプログラミング、経理総務、ISO内部監査員、経営業務、営業技術等々、全ての分野で社員急募としておりますので、自薦他薦を問わず、御応募頂けますよう御願いします。

挨拶

user-pic
0

昨朝は出社早々大量の荷物を車に詰め込み、6時半頃には会社を出ると、各所で渋滞が起きており、埼玉県南部の取引先で納品を済ませ、その後は都内へ向おうと外環道の美女木ジャンクションを通過し、首都高速に入った途端に事故渋滞に嵌り・・・

私の渋滞に巻き込まれた話はともかく、某大手上場企業に立ち寄ると、社長や常務に遭遇し、「おい、どうだ」と恒例の問いを投げ掛けられ、「この手の抽象的な質問が一番困るんだよ」と心の中で呟きながらも紳士的な態度で当たり触りの無い回答を差し上げた次第です。

そんな事も有り、今日は車ではなく電車で都内へ出掛ける予定ですが、またしても平日に出掛けては週末に出社をする連鎖が立ち切れそうになく、相変わらず彼方が立てば此方が立たずと言った状況です。

ツール

user-pic
0

ここ数年は取引先からEMS、BCP、Co2削減目標の提出を要求される様に成り、更に最近では具体的な数値の提示やPDCAの運用状況定を報告するに至っておりますが、それらも5年程は私1人で担っており、当初は雛形もなければ何をどうして良いのかも解らず、様々な機関へ足繁く通い、幾度となく様々な研修会やワークショップセミナー等へ参加をし、それによって得た資料を無作為に寄せ集め、時間を掛けて弊社に相応しい内容に仕上げた次第です。

また社員に至っても、EMSはグリーン調達等で僅かながら知識は得ていたものの、BCPに関しては、当初は全く理解が得られず、Co2削減の為の省エネや節電目標等は最近になり若干浸透して来たかなと言った印象ですが、それらは体裁目的で作ったわけではなく、運用する為のツールとして捉える必要がありますので、今後は策定したツールを如何に活用して行けるかが弊社の課題と考えております。

リーダー

user-pic
0

今日は川崎重工業ロボットカンパニー 橋本プレジデントの講話を拝聴する予定でしたが、いろいろとあって朝から出掛ける事が出来なくなり、果たしてどうしたものかと言った状況ではあるものの、この場で込み入った話も何ですので、その理由に関しては控えて置きたいと思います。

また最近では働き方改革やエコアクション等、様々な研修会やセミナーに参加をしておりますが、今日も取引先へ環境調査票とÈMSを提出する事になっており、この辺りも間接人員を増員し、先任者を設ける時期なのだろうかと考える昨今、間接部門の人員を増員すると言う事は、当然の如くコストアップに繋がる事から、販価にも反映させる必要があり、しっかりと人件費計画を立案した上で、増員や外部委託を検討したいと考えております。

そんな事もありつつ、何はともあれ私の目下の役割は、やはり真のリーダーの育成と言った処でしょうか。

役割

user-pic
0

30年程前からの知人でもあり、私と同じ歳でもある経営者が危篤状態だと聞き、それからと言うもの、頑張って働ける普通の毎日がとても愛おしく感じられると同時に、病気への恐怖心も日増しに高まっており、平凡且つ当たり前の日常は奇跡の連続で出来ているのだと感じている次第です。

その経営者との出会いから今迄を振り返ると同時に、自分の半生を振り返ってみましたが、学生の頃は早朝から新聞配達や魚屋でアルバイトをする傍ら、日曜にはレストランでウエイターをしたりゴルフ場でキャディーのアルバイトを熟し、夏休みや冬休みには遊園地や郵便局で働き、社会人になると仕事が終わってからもワープロ等を覚えたり、通信教育等で勉強をしたりしましたが、その後は起業をすると、自ら設計や組立を行い、納品に出掛けては同時に複数の打合せを施し、移動中も名の知れた企業を見つけては飛び込み営業を行い、無休は愚か数日の徹夜は日常的で・・・

様な時期を乗り越えて今の自分があるわけですが、まだまだ働ける内は頑張りたいと言う気持ちではいるものの、自分の身に何かあっても大丈夫な様にしておきたいと言う気持ちが拭えず、冒頭に記した経営者の病を機に、様々な事を考えさせられている昨今です。

月初

user-pic
0

今日は月初の稼働日と言う事で、全体朝礼、アクションプラン進捗会議、生産計画会議、部門別の朝礼が行われますので、10時頃迄は業務が滞ります事を、何卒御容赦頂きたく御願いします。

また個人的な事で恐縮ですが、先週の金曜は心身共に衰弱した状態で、全く躰が言う事を利かなければ、人と話をするのも苦になる程の倦怠感に見舞われていたものの、週末は仕事の合間にも、ウオーキングをしたり、躰を解す様な運動に心掛けたり、僅かな時間ではありながらもテニスクラブへ出掛ける事が出来た御蔭で、今朝は何時も通りの調子を取り戻す事が出来ました。

私の場合は365日が稼働日故に、その様な症状に何度となく見舞われますが、私事はともかく、まずは6月度も弊社を御引き立ての上、弊社社員一同を、どうぞ宜しく御願いします。

自助努力

user-pic
0

昨日は昼過ぎ頃に社用外出から戻ると、取引先へ出掛けていたH君とF君も私が想定していた以上に早く会社に戻り、14時頃には無事にミッションを遂行し、帰宅の途に着きましたが、私自身は2人を見送った後も、心のスイッチを入れ直し、自らを鼓舞して、再び社業に挑んだ次第です。

それはそうと、昨日の6月1日は電波の日と言う事で、短い時間ではありましたが、IoTやITに関するイベントに出掛けると、昔懐かしいモールス信号の説明から始まり、高速次世代通信5Gに至る講義を受けてはみたものの、PCやSPさえも満足に使い熟せていない私には、馬の耳に念仏と言った感が否めず、しかしながら、解らないからと言って、見て見ない振りや聞こえても聞こえない振りをしたり、ましてや知る機会があるにも拘わらず、知ろうとしないのは、決して自分の為にはなりませんので、少しでも最近のトレンドに触れる機会を増やし、知識を蓄積して参りたいと考えております。

変化

user-pic
0

私達の業界もドラフターで図面を書いていた時代から、2D-CADが使われる様に成り、その後は3D-CADが普及し、更には3Dシュミレーターや解析が加わり、今現在ではVRを活用する迄に至ると同時に、クラウドを活用した、IT、IoT、AIの活用が求められる様に成り、またOSに関しても、DOSからウインドウズが現れ、最近ではアンドロイド等、過去には考えられなかった様な状況に及んでおり、振り返ってみると、この30年間は設備産業にとって、激動の時代と言っても過言ではなく、それを踏まえた上で今後の変化を考えた場合には、底知れぬ脅威を感じずには居られません。

しかしながら時代の変化を外部環境の変化と受止めた上で、内部環境を変化させていかなければ、どんなに社歴が長くても、どんなに企業規模が大きくとも、滅びて行くのは必至であり、東芝やシャープ、三洋、沖電気等々、知り合いも務めているので込み入った発言は控えておきますが、大手企業だから安心と言う時代は終焉を迎え、また中小企業に於いても、何処の大手企業と取引をしているかが重要な事では無く、企業としての付加価値、戦略戦術、資質、そして最も重要なのは時代を先取りしているか否かが問われる時代だと感じている次第です。

いずれにせよ、弊社に於いては、「如何なる時代に於いても、常に社会から必要とされる企業で有り続ける」と言う本分に基き、今後も地道な活動に勤しんで参りたいと考えております。

カテゴリ

月別 アーカイブ

このアーカイブについて

このページには、2019年6月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2019年5月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。