起業

user-pic
0

昨日に引続き、財務状況の報告をさせて頂くと、弊社の期首に於ける繰越利益剰余金は 92,000,000円となっており、コンサルタントや有識者からは、企業規模からすると他企業では考えられない良好な金額と言われますが、要らぬ情報や不謹慎な助言に惑わされず、長きに渡り、真面目に自社経営と向き合って来たからこそ得られた成果や結果であり、今後も其の経営思想を全うしたいと考えております。

そんな自力で這い上がって来た叩き上げの私ですが、今時は企業の後継者や起業をされる方を対象に、2年から3年を掛けて、銀行で経営者養成の為の教育訓練を実施して下さるとの事ですので、昔に比べると本当に良い時代になったものだと実感している次第です。

ちなみに私が会社経営を始めた30年前には、その様な外部の経営支援等は全く無く、起業して間もなく、社員を募集しようと職安へ求人票の提出に出掛けると、受付の男性から「ちょっと待って下さい」と言われ、しばらくすると女性の所長が現れ、挨拶も無く「社員を募集するのは構いませんが社員の仕事は確保出来るんでしょうね」と怒鳴られた際の光景は未だに忘れる事が出来ず、また法務局へ登記に出掛けると、記入した文言に不備があり「ここを直して再提出して下さい」と言われ、「どの様に直せば良いか教えてくれますか」と尋ねると、「ここは受付をする所で教える所ではありません」と1時間程、大勢の前で淡々と説教をされたり怒鳴られたりされ、その後は役所に努めている友人に不備を指摘して貰い、一週間後に住所欄の「000-0」を「000番地0号」と直して再提出に出掛けた際の出来事も然り、その後は群馬銀行で融資を受ける際にも、何度となく呼びつけられては挙句の果てに、「忙しくて小口の面倒は見て居られないから信用金庫にでも行って相談してくれますか」と大勢の面前で詰られたり、飛び込み営業をすれば人間である事を否定されたりと、ボクシングのジャブの如く、日常的且つ継続的にショックを受ける場面が有りながらも、この話題になるとエンドレスになる事から、今朝は此れにて失礼します。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://sansystem.biz/blog/cgi-bin/mt-tb.cgi/3020

コメントする

カテゴリ

月別 アーカイブ

このブログ記事について

このページは、sansystemが2019年7月 4日 04:30に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「価値」です。

次のブログ記事は「役員」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。